職業婦人通信
DiaryINDEXpastwill


2006年10月11日(水) OLたちの憂さ晴らし

私の勤務するフロアには
多くのエライ人(役員たち)が生息しているのだが
その中に、我々女子社員の間で
どうにも評判の悪いオヤジがいる。

----

常に女子社員をバカにした態度をとるばかりか
セクハラ、パワハラはお手の物。
フンゾリ返ってばかりいて
どうにも鼻持ちならないヤツなのである。

偉いくせに金離れが悪くてケチだし
気まぐれに部下たちを叱り飛ばしてみたりと
イヤなところは枚挙に暇がない。臭いし。

シモジモの者たちの
彼に対する嫌悪の念は日増しにつのる一方であった。


さて、そんな彼は
毎日、なぜかコンビニでおにぎりを1個買ってきて
自分の机で食べる習慣を持っている。

そしてそのおにぎりを必ず一口だけ残して
ゴミ箱に捨てるのである。

ゴミの分別にうるさいビルなので
毎日、帰り際に我々女子社員が
ゴミ箱の中身を分別して捨てているのだが
嫌いなヤツの食ったオニギリの残りかす
(しかも時間が経ってガビガビになっており
ひどい日はゴミ箱の底にヘバりついている)を
触ることになるため
これまた、女子社員からは
ひそやかなブーイングが巻き起こるのであった。

どうにもムカつく。
でも偉い人だし、文句も言えないし。

というわけで(どういうわけだ)
女子社員のあいだではじまったのが
ヤツの食ったオニギリの中身が何かを当てる遊びである。

ルールは以下のとおり。

====

〜案の17時までに
 派遣のAちゃんにメッセンジャーで
 翌日のオニギリの中身を予想し、エントリーする

Aちゃんはエクセルで結果を集計すると同時に
  出目表を作って傾向を分析、全員に情報を開示する

E日のゴミ捨て当番が
  ヤツの食ったおにぎりの中身を確認
  (ゴミ箱に捨てられているおにぎりのフィルムパッケージを見ればわかる)

し酲に結果を集計し、トップ賞をとったコには
  みんなのオゴリでバーミヤンのランチ1回が贈られる
  (バーミヤンなところに最下層OLの悲哀が溢れる)

====

夕方になると
トイレでばったり会った女子社員同士が
化粧を直したりしながら

「明日、どうするよ?」
「コンブかな〜 でも今日もコンブだったんだよね」
「アタシ、梅にするわ」
「なんで?」
「たぶんアイツ今日飲みに行くじゃん、飲んだ翌日は梅でさっぱりって感じかなっと思って」
「すげー読み深いんですけど!!そっかーどうしよっかなー」

などと語りあうのである。

----

心底くだらない賭けなのはよーっくわかってるのだが

嫌いな人間のことを
グチったり、悪口言ってるだけよりは
ネタにしてるほうが精神衛生上マシだし、
ストレス解消にもつながらなくはないし、というわけで

最下層OLの憂さ晴らしには
もってこいの遊びなのである。

せっかくお気楽無責任OLやってんだから
少しでも明るくいかなきゃね。


千代子 |MAIL
ご感想をどうぞ。





My追加