ジョージ北峰の日記
DiaryINDEXpast


2020年06月22日(月) 沖縄の基地を返還してもらう?

 これまでの、沖縄県がアメリカ軍基地の撤去求めて、大変な努力をされてきました。が、成功していません。現在の日本の状況のままでは、おそらく絶対に不可能でしょう。

 やはり、通常兵力では、日本がアメリカ軍に依存しなくてもよいだけの強力な兵力を築くことが大切です。どの国も日本には手を出せない程の兵力を保持することが絶対に必要です。
 但し原子力兵器は日本は持つべきではありませんので、この部分はアメリカに依存しなくてなりません。相手に原子兵器を使わせないためにもアメリとの同盟関係はこれまで以上に重要にと考えています。

 、私の政治信条は、平和主義者であり、人権、民主主義を標榜する日本国憲法は最も大切だと考えている日本人の一人です。戦争は絶対にするべきでないと考えています。

 それでも、国の防衛を何時までもアメリカに依存する体質は脱却しなければと考えています。自分の国は、自分で守る気概は必要だと考えています。

 ただ、戦争に巻き込まれない為には、誰にも手が出せない程の強力な戦力を保持し、ある意味で、アメリカにも尊敬され、頼られる国にまで成長する必要があると考えています。

 それ以外に、沖縄基地の返還はありえないでしょう。(いつまでも、子供の、”おねだり”とも思える返還交渉はやめるべきです)

 戦力を増強するには、憲法を変えなければいけないのでしょうか? 
 私は今のままの自衛隊でよいと考えています。(他国からの批判もその方が半減するすると考えていますから)
 
 私は理系の人間ですから、言葉にはこだわりません。実質が大事だと考えています。国防軍とか、軍だとかという古臭い言葉より、自衛軍の方がよほど新鮮でカッコよい言葉に 私に は聞こえます。

 しかし他国に、日本を侮辱し攻撃したら、とんでもない結果を招くかもしれないと知らしめることが最大の自衛力になる考えています。
 
 それに、これから、戦力は人間ではなく小型のAI兵器になっていくでしょうから。 つづく
 


ジョージ北峰 |MAIL