紀姫日常。

2018年12月04日(火) 冬のはじまりの話

今日はS田さんに久々に会った。
久々なのに、会った早々、疲れてる?仕事キツいんじゃない?とか言われて、やめてよーーって感じでした。昔なじみすごいね。

S田さんの子はとてもかわいらしく、S田さんにそっくりですくすく育ちそうな子だった。

おうちでごはんを食べたあと、3人で近所のショッピングモールで買い物して、飲み物をテイクアウトして公園に行った。

しばらくベビーカーを押しながら歩いて、ベンチに座ってくつろいだ。

大した話はしてないけど、私はあんまり普段は言わないようにしてる小さい望みとかを言って、S田さんはそれに相槌を打っていた。
私は、もう少しのんびり仕事したいなぁと言った。S田さんは私の仕事の様子は知らないけど、それを特に否定しなかった。お金がたくさんあるわけでもないのに、のんびり仕事したいなんて、自分としては何言ってんだって感じだったんだけど、そういう風に思ってもいいのかな。

まぁ…私、明日も休日出勤なんだけど…笑
いや、笑えないんだよねぇ。少し気になる体調の変化があって。
保険入っとくかー。

この間、アイドルの子がパニック障害で活動休止になったニュースをやってて、こりゃあ他人事じゃないなと思ってしまったよね。
心の方はなんとか騙し騙しやっていけるけど、身体は騙せないもんな。
そして、心も本当は騙してはいけないんだ。

ずっと日記を書けずにいた。
書こうと思っても、すぐに手が止まってしまってできなかった。
今日、こうしてすらすら書けるのは自分の心の声が聞こえているから。
S田さんと会って、自分の心の声が聞こえたんだ。

そういうわけで、明後日もS田さんに会うことになった。
仕事帰りだけど、たまにはいいよねって。
2018年はもうすぐ終わるけど、残りをもう少し穏やかに自分のために過ごしたいなと思う。


 > 後  目次  


紀姫 [MAIL]

My追加