人生事件  −日々是ストレス:とりとめのない話  【文体が定まっていないのはご愛嬌ということで】

日記一覧past


2021年09月15日(水) 作っても、食べても、

夫が亡くなるまでの約半年、私は夫の好物ばかりを作っていた。

進む病に食べられないことが多くなっていた夫の身体は、日々痩せていっていた。食欲も失せ、食卓に着いても箸を持ち上げられないことも多々あった。

きっと我が子たちは、父親と最後に一緒に口にしたものなんて覚えていないと思う。だけど、私は覚えている。上の子とは私の手作りのマグロのたたきの細巻を、下の子とは豚タン焼肉を、最後に食べていた。それぞれ日が異なるので食べたものが異なるのだが、忘れられない。

夫が亡くなってから、細巻は買ってきたものしか出していない。豚タンは私も好物だったけど、喉を通る気がしなくて買っていない。

食事って、大事。出会ってから何食も何食も、共にした。好きなものが被ってて、すごく楽させてもらった。好きな料理を得意な料理にまで、格上げできた。

今日は食べられるかもしれないから、あなたの好きなものを作る。作り続ける。

私の料理という名のラブレターが届いていたのか、それを知りたい。

今日はあなたの好きなおでんを作ったよ。


佐々木奎佐 |手紙はこちら ||日常茶話 2020/3/15




↑エンピツ投票釦
My追加