Always thinking something
DiaryINDEXpastwill


2009年04月25日(土) 自己応募してみた

機会は多い方が良いとのポリシーで、
自己応募もたくさんしています。

今のところ、2次にすすめている会社は自己応募。
そこも事務だけど、営業としての私のスキルを絶賛してもらい、
どちらかというと営業よりで・・というお話。

面接官の話によると、事務、というだけで、
輝かしい経歴の持ち主がたくさん応募してくるけれど、
事務だけ出来る人が欲しいわけではない、ということ。

要約すると
「何十年の事務より一年の営業」
ということらしい。

恐ろしや(;´Д`)

その日のうちに二次面接の話をいただく。
世の中はやっぱり営業を欲しているんですね。

正直な話、新卒の時は自己応募で法律違反ばかりの会社だったので、
不安がすごーーーーくあります。
エージェントを通せばそんなことないみたいなんですけどね。

やっぱりこれは直感を信じるしかないのかな。


2009年04月24日(金) エージェント まとめ

2人のエージェントに会ったので、感想などをまとめ。

・E社/与えてくれる求人がすごく多い。
   ひとつでも条件がマッチしていたらくれる。
   なので情報が膨大なので、絞れない人には不向き。
   履歴書のアドバイスも軽いため、
   情報がたくさん欲しい方にはおすすめ。

・R社/がっつりと履歴書の添削、内容の補助をしてくれる。
    希望とマッチした所の求人のみ出してくれるため、
    情報量は割と少なめ。
    右も左もわからない初心者さんにおすすめ。


2009年04月23日(木) エージェントに会う(R社)

大手のR社のエージェントと面談。

E社にはすでに面談したことを伝える。
R社は前職でのことを深くつっこんで聞かれ、
じゃぁ自己PRはこうしましょう、ああしましょうと、
色々と対策をしていただきました。

すごく熱い方で、この方にアドバイスされた後に出した
職務履歴書や履歴書の通過率が非常に良い。

2人のエージェントから
「書類の通過率は10〜20%くらいです」
と言われました。
すなわち「不況なんだから落ちても気にするな」と。(笑

1ヶ月くらい休んでから就職活動しようかと考えていたけど、
そんなに少ないならばと応募していたところ、
書類の通過率がすごく良く、面接が今立て込んでいます。

贅沢な悩みですが、休む時間どうしようという感じです(・д・;)

とりあえず、R社の方に会えて良かった。


2009年04月22日(水) エージェントに会う(E社)

新卒の頃、エージェントに会うことは避けていました。
なぜなら。
人と会うのが怖かったから。

そんな人見知りな私は1年の営業生活で激変。
人が怖くちゃ営業はやってられないのでね。

今回は真っ先に就職エージェントに会いにいきました。

行ったのは大手のE社。
担当してくれたのは私と同年代くらいの若いお姉さん。
まずヒアリング。
最終学歴から前職について、そして退職理由。
何を今後して行きたいか、希望条件等。

PCスキルがあるのと、前職の営業で懲りているので、事務がいい。
と伝えたんだけど、
「初対面の人とも臆せず話せる対人能力が優れていますね〜」
と絶賛され、なぜか営業プッシュ・・。

正直な話、新規開拓じゃなくて、教育制度があれば、
営業でも構わないのでそのことを伝えるとお姉さんにっこり。

それもそのはず、事務の仕事ってものすごく倍率が高い。
この不況の中、切られているのは事務。
そして事務は経験者が優遇される世界。

経験も無い第二新卒の私が事務一本でいけるわけがないのだ。
正直な話、事務にこだわっているかといえばそうでもなく、
仕事に関わっている方が向いて居るんじゃないかという自己分析もある。

この日はお姉さんに営業・事務・その他の求人をたくさんもらい、帰宅。
2〜3枚しかもらえないと思ったら、20枚以上求人票を頂く。


2009年04月21日(火) 解雇

「解雇」

自分には縁の無い言葉だと思っていました。

営業として数字はあげていたし、「ゆとり」と言われるのが嫌で、
ひたすら頑張っていた1年間。

人づてに色々と高評価もいただいていました。

しかし、私にとって納得いかない理由で
私は解雇されることとなりました。

転勤前の職場が嫌で嫌で仕方がなくて、辞めようとしていたので、
退職に関しては異論はありませんでした。が。
気持ちの上で、転勤後の上司の下で成長したいという思いが強く、
非常に悔しいことになりました。

聞いた話では、理由は数字だけではなく、
私の今後を考えて、とのことでした。

正直法律違反ばっかりやっている会社で、
体がボロボロになっていたので、
その理由を聞いたときは若干ありがたかった。

そこで私は自分に有利になるよう会社と戦い、退職。
転職を決意。今後は、転職について記述します。


YI |MAIL