愚痴日記

2008年05月27日(火)

きょうは京都の桃山御陵に行ってきた
桓武天皇陵と明治天皇陵
今の皇族は亡くなられたら東京の多摩御陵に葬られるようだけれど
「陵」とは天皇、皇后、太皇太后及び皇太后を葬る所のことで、その他の皇族方の場合は「墓」となる という決まり事があるようだが、この桃山御陵には監区事務所があって当然宮内庁の職員もいることになる。
それにしても明治天皇陵の立派さに少なからず驚いた。
架空の人物である神武天皇と違って、こちらは実在された今の時代からも近い天皇だし、さざれ石を敷き詰めた上方下方墳というこの地は数字的にどのくらいの規模なのだろうか。
参拝者には宮内庁の「陵墓のしおり」というパンフレットも用意されていたが広さにはふれていないのだ。
きょうも職員の方なのかそれとも業者の方なのか、ず〜〜っと敷き詰められた玉砂利を掃除されていて木の葉一枚も落ちてはいない。
その明治天皇陵のすぐ東側には奥さんの昭憲皇太后の陵もあってこれもかなり立派。
私も奈良県のあちこちの天皇陵に行ったけれど、どの天皇陵も昭憲皇太后ほどにも立派ではなかったのだ。
それにしてもこの桃山御陵は豊臣秀吉が築いた旧伏見城の本丸跡地に、明治天皇陵が大正2年、昭憲皇太后陵が大正4年に営建されたとある。
これは正直に書いてあるとは思うけれど何だかなぁ・・。

そして明治天皇崩御のその日に夫婦して殉死した乃木大将をおまつりする乃木神社がすぐ近くにあったことにも驚く。
それにしても あまりの明治天皇陵の立派さに、先に行った桓武天皇陵がかすんでしまって、これは見ていてよかったとつくづく思ったことだった。









 



2008年05月25日(日)


以前 レストランで食べた焼肉ランチというのに、付け合せではなくてお肉の下にボイルしたような玉ねぎのスライスがしいてあって、それに肉汁がからんでとても美味しかったので我が家ではそれからよく食卓に登場する。
パートに出た日はとにかく簡単で手早く出来るメニューが必須で、
レンジでチンした玉ねぎは私のおはこ料理かな(それは料理とは言わんか)
ポテトサラダにいれる玉ねぎも塩もみではなくてチンしたものを入れる。
そんな玉ねぎの入ったポテトサラダがダンナのお気に入りで、きょうはそれをサンドウィッチにして食べたいというリクエストだ。
私はフランスでよくやっている固いパンにワインを浸して食べたいと常々思っていたので、きょうはそのサンドウィッチとワインのパンを食べようと思う。
安いワインしか用意できないが多分に味音痴の部分もあるので良しとしよう

先日 植えた朝顔も双葉になってきた。
何色の花を咲かせてくれるのだろう・・と楽しみにしている。


朝顔が双葉となりて 雨の朝

雨ゆえに しばし猶予の衣替え
















2008年05月23日(金)


きのうは頭痛こそなかったものの
ここ最近ないくらい疲れて9時過ぎに寝てしまったらしい
次から次へのセールの準備をしても
フロアマネージャーのダメ出しが多くて 先週も
「こんな売り場 潰してしまえ」と言われて 撤去したのだ
何を売りたいのかわからない
何をテーマとしているのか見えない と言われて
その言い方にフロアの大部分の社員やパートがやる気をなくしている
だって事前にフロアマネージャーに了解してもらって出来たはずの売り場だったから・・
だけど頭で描いていた売り場と実際に出来た売り場ではイメージが違うのだそうだ
だったらお手本示してくださいな・・

そんなこんなでかなり頑張って売り場を作ったから、寄る年波には勝てず疲労困憊して自沈してしまったようだ・・お風呂も入らんかった・・ZZ・・

そして息子のお嫁さんの夢をみたようだ
十日前に結婚して1年が過ぎた
あっという間でした・・とお嫁さんは言っていたけれど
市の嘱託保育士に登録していたら仕事の依頼があったようで
GW明けから3時間のパートに出ている
親バカなのか私が様子を見に行っている夢だった
何も心配することなんてないのに・・


少し寝すぎた感じがあって今朝のほうが頭痛がする
だけど きょうも忙しく動けば きっとすっきりするだろう











2008年05月22日(木)


たかがスーパーのパート勤めだが
次から次へのセールの準備で毎日が目まぐるしい
今は お中元と父の日の準備と秋冬物のパターン決め
ほんとうに毎日が流れるように過ぎていく

先週にパート仲間だったYさんのお義母さんの訃報が届いた
田舎ゆえにこういう行事はたいへんなようでYさんは芯から疲れていた
今年初めからの入院の付き添いから続いているのだもの
今まで身近で当たり前に生活していた人が亡くなるのだから
嫁という立場のYさんの苦労をいろいろ聞いていただけに

すこし落ち着いたら一緒にご飯でも食べようと約束した









今 私の頭の中でアニメソングが繰り返されている


花のささやき
主題歌 (オープニング)
作詞:なかにし礼/作曲:森田公一/編曲:服部克久
歌:下成佐登子
.....
私の胸の 片隅に咲いてる
小さな花に 名前はないけど
悲しい時は 赤い花びら一枚
目がしらに あてるの
すると涙が 消えてゆく
私だって 泣こうと思ったら
声をあげて いつでも泣けるけど
胸の奥に この花あるかぎり
強く生きて みようと思う

明日はきっと 今日よりはいい日と
祈りを込めて 星空を見ると
淋しくたって 一人ぼっちじゃないよと
ささやいて くれるの
胸に咲いてる 赤い花
私だって 幸せほしいけど
ほかにもっと 大事なものがある
それが愛か 優しい心かは
生きてみれば わかると思う









2008年05月17日(土)


最近は少しマシになったけれど
屋根の点検だとか外壁の補修だとか
リフォームに関する笋筌瀬ぅ譽トメールがやたら多い頃があった
今も0になったわけではないが
相変わらずリフォーム関連のチラシがポストに入っている
この家も建ってから早や13年
お風呂のボイラーの音も気になるようになってきたし
壁の一部にひびも発見した
ダンナと私のなかではすこし手を入れたい希望はあるけれど
今の我が家の経済状態ではいかんともしがたい
給湯器が故障すれば仕方なく思い切ることもできるのだろうが
不都合なく動いてくれているのだから、もうちょっと・・もうちょっと・・という思いでやり過ごしている
そんなリフォームのチラシについていた朝顔の種をプランターに植えてみた
去年の秋に、私の家に入る狭い路地にあった解体されたアパートの住人が植えていただろう朝顔のこぼれ種もひらっていたのを思い出したので一緒に植えつけた
これは忘れず水遣りしないとね



雨上がり きのうと違う 草の丈

間引き菜に 我を重ねて もらい来る













2008年05月15日(木)


奈良の今朝の最低気温は8度
何でこんなに寒いのか
こたつを終ったことを後悔するようなここ何日かの寒さ
昼間はそうでもないのだけれど 朝晩は寒くてかなわん
せっかく洗ったカーディガンなんかを引っ張りだしてまた着込んでいる
まぁ もうちょっとの辛抱でしょうがねぇ

ただれたようになっていた指の傷あとに
ダンナの勧めでアロエ軟膏を塗ったらキレイになってきた
エライ効くもんだと歓心しきり
パートでの作業は軍手をしてこれもかなり楽
もうちょっと、もうちょっとの辛抱

私の膝の痛いのを知っている歴史教室の友達が
市の観光物産展で見つけたという黒いサポーターをくれた
去年の秋に飛鳥歩きのあとで私が
黒いサポーターを捜しているけれど思うものがなかなか見つからない
と言ったのを覚えていてくれたようだ
お礼に夏糸で編んだ巾着をもらってもらったのだけれど
これが案外 評判がよくて他の友達にも編むことになった
でも糸を掛ける左手の人差し指が・・う〜〜ん・・
ほんとは何かを編みたくてうずうずしてたことは事実
昨夜もアロエ軟膏を塗って寝たけれど 今朝はまたかなりの好転
ありがたいなぁ










2008年05月10日(土)

朝から雨のスタート
天気予報だときょうは一日雨のようだ
そんな中 コキントーさんが
唐招提寺と平城旧跡に来るとかで
雨だから雨かっぱを着た警察官の護衛になるのだろうな
きょうは 比較的気温が低いからまだ楽だろうけれど
気温が高い日に雨かっぱでの作業は蒸し風呂のようで苦行なのだ
コキントーさんに 来るな! という抗議もあるそうで
そういうことも含めて 
唐招提寺の近くを通って仕事に行く主人にも交通規制があることだろう
(気になる私の質問に主人は抜け道を行くから、と言っていた)

それから 私はパンダはいらないと思っている
パンダだって異国の知らない土地で暮らしたいだろうか・・
石原さん 断ってくださいな












2008年05月08日(木)


指に怪我をして10日
やっと包帯がとれて テープだけという本来のスリムな指になった
もう水に浸けてもいいという許可ももらったので 家事も楽になりそうだ
さりとて まだまだ傷口は生々しいし何かに当ったら飛び上がるほど痛いけれど、水を使ってもいいというのがうれしくてならない
家事もお風呂もパート先での店出しや母の日のラッピングも、人差し指と中指に包帯を巻いた状態では何かと不自由で不便だった
まずはこの10日間にいい加減だったレンジ台の掃除と言いたいところだけれど、それよりも両手で水をすくって顔を洗おう





















2008年05月06日(火)


きのうは立夏
もう 夏であります
朝晩はともかく 昼間は25度を超す夏日が続いている
店長以下 エライさんは
「もはや 初夏ではありません、真夏です
夏物を前面に押し出してください」 と 連日の連呼
母の日も一週間を切って 再度売り場の手直し
きのうまでの統計によると
件数は去年を上回っているようだけれど客単価が下がってるんだって
そんなこと私、知りませんがな・・

窓から見えた光景を見て泣く私に
ダンナが
「あんまり 人のことはうらやむな」と 言う
向かいのMちゃんが帰省しているようだ
ふだんは東京に住んでるMちゃんは娘の友達だった
幼稚園からの友達で小学校では金管クラブで一緒にトロンボーンを吹いていたのだ
最近はうちの娘をとんと見かけないものだから
Mちゃんのお母さんともお互いの娘のことは話さないようになっていた
でも こうしてなつかしいMちゃんの姿を目の当たりにしたら、私はうらやましくてどうしても泣いてしまう
娘はいるが娘のいない状態に・・・






















2008年05月03日(土)


うちの子供たちはダンナのことを いつも『俄かキレイ好き』と言っていた
夜 仕事から帰ってきてご飯を食べたあとはお風呂に入ってゴロンとテレビを見るだけで縦のものを横にもしないし、休日に子供と遊ぶといったマイホーム的な部分は何もなかった
もちろん子供の運動会とか父親参観もみんなパスしてきた
だのに ある時急に思いついて「ここが汚い、あそこも汚い」と言い出して
私や子供たちを総動員して片付けをやりだす
その俄かキレイ好きが久々に登場した
急に暑くなったせいもあって、こたつやホットカーペット類を片付けると言い出した
先週 私が頼んだときには知らん顔だったのにだ
でも丁度いい
私の手が不自由なのでダンナに全部やってもらうことにした
すべて二階の物干しで干してほこりも叩きだし仕舞ってもらった
雑巾で水拭きもしてくれた
ここんとこ掃除もかなりの手抜きだったから、かなり小ざっぱりして気持ちいい
正に怪我の功名の一日だった
















2008年05月01日(木)


きょうから風薫る5月だ
長い連休の人もおられるだろうし
カレンダー通りの人もおられるだろうが
我が家はダンナも私も3・4日が休みなだけで
あとはすべてお仕事
私も医者通いしつつパート三昧・・
最近 また目がとても疲れていて酷い頭痛を起こしそうな予感・・
だから手が不自由なこともあって しばし編み物はお休み

どうしても読みたい記事があって ある雑誌を買った
あぁ 読みにくい
やっぱり私は雑誌とアニメは苦手だなぁ



さまざまに おのれを見せて 山笑う

風はらみ 空に漕ぎ出す こいのぼり











 < 過去  INDEX  未来 >


孫二人 [MAIL]

My追加