愚痴日記

2004年07月29日(木) 本の始末


テーブルの上が片付かない

読み終わった本の余韻を楽しみたいのでしばらくテーブルに置いておく
あまり面白くなかった本はさっさと次の本と変えるために図書館に返却に行くが
感情移入してしまった本はいとおしくて手元に置いておきたい
買った本はもちろん側に置いておきたい
2階に本棚を置いているのだが
往生際がわるくていつまでもテーブルに置いている
9年前にマンションから今の家に越してきたのだが
引越しの時に本の処分でずいぶんとしんどい目にもあったが
どれも手放したくなくて
さりとて本棚を増やす事も出来ないので
子供たちの絵本類はマンションのエレベーターのところに
「自由にお持ちください」と張り紙をしておいておいたらいつの間にか全部なくなった
なんだかとてもうれしかったことを覚えている
私の本は娘時代(そうよ、私にも娘時代があったのよ・・)の古い本が多かったので
思い出もあるが茶色く変色しているものは思い切って捨てた
本も人によって多少は好みもあるから
私が死んだらたぶん息子が全部捨てるだろう・・たぶん・・




2004年07月27日(火)


今日も無事にパート勤めを終えて
ダンナとふたり、ささやかな夕食を食べ
見たいテレビもないので
静かに 子供を思う
ふたりとも どんな夕食を食べたのだろうか・・
ことしの暑さに負けてはいないだろうか・・
いくら子を思う親心とはいえ
うるさがられることを恐れて 
こちらからはなるべくなら連絡しないでおこうと・・密かに決めた
お盆には息子は帰ってくれるだろうか
元気な顔を見せてくれるだろうか
張り裂けそうな気持ちを抑えて夕食の後始末のお茶碗を洗う
息子と娘のお茶碗を洗った頃がなつかしい・・
会いたい・・娘は特に・・
寄せては返す波のように激情がこみあげる・・



2004年07月26日(月) パワハラ



 パワーハラスメント(パワハラ)という言葉を初めて聞いた

パワハラとは「社会的権限や社会的勢力をバックに部下や同僚、また取引先に対して行われる職務の適切な範囲を超えた言動や、職務とは直接関係ない嫌がらせの働きかけ」を指します。
一般的には
 /Ω△覆匹離僖錙爾鯒愀覆砲靴
◆)寨茲龍般海糧疇を超えて
 継続的に
ぁ/由覆搬左靴鮟つける言動を行い
ァ―∀者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与えることと言われています。
パワハラはセクハラと違い、まだ公的に決められた定義はありません。
しかしパワハラは被害者に対するダメージのみならず、職場環境、会社にダマージを与える問題として昨今の職場の問題・社会問題として捉えられるようになりました。

日常業務の中で、上司は部下に教育をすると共に仕事の指示をします。
時には注意すること・叱ることもありますが、健全な企業活動の中でならば必要なことです。
しかし、パワハラを行う人はそれがパワハラだとは気づかず、行き過ぎた「自分のやり方」を貫き通していることが多いようです。



でも、今の会社ってパワハラが横行しているのではないだろうか
部下がミスをしたときに人前であろうとなかろうと罵倒するような上司の発言はどこでも見られる光景だと思う
上にはへつらい媚ても、部下には全く反対の態度にでる
ある意味、真の社会の姿を表していると思う




2004年07月24日(土)


18日の大雨で災害があった福井県に匿名で2億円当選の宝くじが届いたらしい
災害の復旧に役立ててください、と書いてあったそうな
なんと・・
私にはとても出来ることではない
福井にゆかりのある人なのか
ふるさとなのか

たくさんの人が週末を利用してボランティアで復旧作業に参加しているようで
日本人もまだまだ捨てたものではないんだ、と強く思う
こういうニュースを見ると少々、自己嫌悪に陥る
私は毎日、愚痴だらけの生活でだらだらするばかり・・
何かせねば・・と思うばかりで50歳を過ぎた今も何も見つけられないでいる


作家の 中野 孝次 さんが亡くなられた
先日の 野沢 尚 さんに続いて私の好きな作家だった
この人の 「暗殺者」 では私は主人公の母を強く思った
延命治療を望まないという 「死を考える」 という作品も読んでいたので
どんな終焉を迎えられたのだろう・・ととても知りたい思いでいる



2004年07月21日(水) 今日は丑の日


父の日にステーキを食べよう

という売り込みで、ステーキの売りあげが地区で一番になったので
土用の丑の日の「うなぎの蒲焼」の売り上げに力をいれている
売場で作業していたら 水産のパートさん3人に取り囲まれて
「鰻を買ってください」 コールで逃げようもない
私が 承知して申込書にサインしたら また 別のパートに声をかけにいく
そんな光景があちこちで何日も見かけられて
きのうの従業員用の冷蔵庫はお買い上げ済みの「鰻の蒲焼」で満杯
もちろん一般のお客様にも買っていただこうということで
売場は例年にも増して 鰻の蒲焼が並んでいる
店長はこういうことがよっぽど好きらしい
『地区で一番』ということが・・


二の丑がある年は暑い、と暦ではいわれるようにことしは八月二日も土用の丑の日だ
それにしても ことしはほんとうに暑い
まさに酷暑で 外で作業する業種の人や営業のサラリーマンのお父さんはさぞかし・・と思う
だけど 新潟や福井ではひどい水害のようで自然の恐ろしさを見せつけてくれる
この暑さでは復旧の作業もたいへんなご苦労だと推察される



2004年07月19日(月)


5月13日に亡くなったパート仲間の話題もあまり出なくなって
正に 去る者日々に・・・・・
このパート仲間のご主人が夜の8時ころに
食品売り場で惣菜を買っている、ということは聞こえてくる
二人の子供さんは結婚して別に生活されているから
このご主人は一人暮らしの寂しさと不便さを身をもって感じておられるのだろうか・・
今まではいくら古女房でも(いや、古女房なればこそ)
仕事から帰れば「おかえり」 と 夕食の用意があっただろうから

亡くなられたパートさんの後任には
新規のパートが採用できないので事務所からひとり、配置変えになった
事務所勤務だったのがいきなり教育もなしで売場に出ろ、というのもあんまりだが
さりとてパートの誰もがそんな思いをしているのも現実なわけで・・


たまに2階の娘の部屋で寝る
娘が置いていったベッドでせめて娘の夢をみたい・・と寝る・・




2004年07月17日(土)

上期の決算が下方修正になるとかで いろいろ細かいことを言われる

・ 残業の禁止
・ 有給休暇の消化は下期に
・ 店経費(雑費的なもの)の8月20日までの転用禁止
・ 出張の際の日当の廃止
・ 新規のパートやバイトの採用は下期に

パートには関係のない項目もあるけれど
売り上げが芳しくないとかですごい締め付けにかかっている

どんなに考えたって 売り上げが毎月、毎期、右肩上がりになることのほうが変だと私は思う
それより 品切れをなくすとか、お客様のお尋ねには必ず答えられる従業員の育成とか、レジで決して待たせないとか、そういうことのほうが大事だと、先決だと私は思う



2004年07月15日(木) 不都合

きのうの夜 PCを終了するときにはどうってことはなかったのに
今朝 PCを立ち上げたらマウス(トラッドポイント)がうんともすんとも動かない
フリーズしているのだと思って
私の乏しいPCの知識で午前中いろいろしてみたが 直らない
SOSのつもりで仕事中の息子のお昼休みをねらってTELしたが繋がらない
仕方なくPC会社のサポートセンターに電話して指示を仰いだ
購入して2年を経過しているので有償ということだったが
指示どおりにキー操作をしたら何とか動き出した
でも・・
家計簿の日付が今日は41年7月18日になってる・・
何、コレ、どういうこと・・
何でいきなり25年後にワープするの・・
私、生きててもしわくちゃくちゃのおばあちゃんだよ〜
このエンピツ日記も登録されてません・・とかいう表示になって
あわてて設定し直したけれど・・1回目は何故か出来なかった・・
何でこういうことになるのか・・
他にも何か不都合が生じていなければいいのだけれど・・


民主党の前の代表である管さんが
すげ笠、白装束姿で四国八十八か所めぐりを始めたとか
自分を見つめなおす、ということらしいが私もお遍路さんに行きたい・・



2004年07月14日(水)



きのうの朝から耳鳴りがする

頭の中で蝉が鳴いている

ずーっとトンネルの中に入ってるよう・・

予感としてもうじき めまいもするだろう・・


更年期って結構、辛い・・
もう治まったと思っていたのに・・
私の場合、90%くらいは心の不調からきてるんだろうな・・

もう死語になりつつあるのだろうが
オバタリアンもけっこう 繊細でナイーブです(自分で言うな)
暑さのせいもあるのかなぁ・・

気分転換に今日は髪を切りに行こう!!



2004年07月12日(月) 超 私見



自民党の完敗でもないし
民主党の圧勝でもない

たぶん ほとんど何も変わらないだろう・・
たかだか 56や57%くらいの投票率では・・
比例区なんて1位から6位まで公明党が占めてる
宗教団体である
ちょっと変だと感じるのは私だけだろうか・・


私のような政治音痴というか
知識がないに等しい人間が思うことだけれど・・
会社で しっかり仕事している人や実績を上げているような人が急に辞めるようなことになったとき
周りはこれからこの会社はどうなるのだろうかとか
この部署はこれからちゃんと動いていくのだろうかという不安がある
でも しばらくはもたつくことがあっても そのうちにちゃんと機能する
時によっては こんな人が・・と思っていたような人間が思わぬ力を発揮する
もちろん うまくいかないこともある、がそれでも3番手、4番手になるような人間が現れる
世の中とはそういうものだと思う
だから いつまでも同じ政党というか自民党がこの国の舵取りをすべきでないと思う
戦後60年になる、ひとつの政党が政権をつかさどるには長すぎる
おごりやマンネリが溢れている
もちろん平和に進むのなら構わない、が日本は今どっちを向いているのか
国民ではなくてアメリカを見ているのではないだろうか・・

今度の選挙で大きな変化があったわけではない





2004年07月07日(水)


今日は七夕

熱帯夜の七夕だが 彦星と織姫さんは会えるんだネ

曾我 ひとみさんもあさってには家族に会える・・一年九ヶ月ぶりに・・

よかった・・ほんとうに・・

うらやましい・・


もうじき2年になる・・

私も娘に会いたい・・




笹飾り 願いたくして 空を見る

七夕の 空を見上げて 手をあわす



2004年07月06日(火)


きれいな空気があって
清らかな流れの川があって
まぶしいくらいの緑の山々が連なって
みんなでカラスが鳴くまで遊んだ原っぱがあって
そして 母のぬくもりがあって
そんな私のイメージするふるさとはもう私の心のなかにしかない

父に叱られてすねたことや
舗装されていない道が雨が降ればぬかるみになったことや
畑のトマトの青臭さもきゅうりのイガイガも
井戸に向かって声をだせば 少しの間があって響いたことや
たらいの中でおおきなスイカを冷やしたことや
はしゃぎまわる弟の髪が汗で額に張りついたことも
そんなこともみんな思い出でしかない

私はそんな思い出をこども達に与えることができただろうか
ぬくもりを感じさせる母であったろうか
たとえ何年か先であろうと そんな思いをこども達は感じてくれるだろうか
何故に・・こうも・・感傷的になるのだろうか



************************

偏執的妄想被害者の心理

自由にならない相手を独占したいという欲求は、その人間のこれまでの歴史の中で、愛する者に拒絶されたり見捨てられた時の感情に根ざしている。相手との関係を空想化することで自分の歴史を修正して、過去に自分が満たされなかった部分を、全部満足のいくように書き換えようとする・・・・・。

                破線のマリス   野沢 尚 著



2004年07月04日(日)



来週は選挙

家とパート先の往復だけでは、どなたの演説も耳に入ってこない
まして 徒歩で出かけるパート先ゆえ 駅でのいわゆる立ちん棒にも無縁だ
小泉さんも岡田さんも来県しているようだが、わざわざ出かけていく元気はない
でも 小泉さんのおごりを諌めたい気持ちを抑えられない

ある無所属の人のホームページに
小泉さんの言う 
この国を想い
この国を創る というスローガンをもじって
あの米国を想い
その属国を創る というのがあった
笑ってしまう・・

ある評論家も言う
アメリカと仲良くはしないといけないが
ブッシュとは仲良くしないほうがいいと・・

図書館のロビーに飾りつけられている七夕の笹飾りに
かわいらしい子供の字で
戦争がおこりませんように、というのがあった
ほんとうに 子どもたちに安心して暮らせる未来を残したい・・と想う



2004年07月02日(金)



「元気」
ううん、あんまり・・

「頑張ってる」
ううん、頑張れない・・

「暑いね」
うん、暑い・・

「どうしたん」
うん、ちょっと凹んでる・・

「元気 出しよ」
うん、ありがとう・・



*****************************



いつも行く図書館のロビーに今月の歌として詩が紹介されている

          手紙 

                     鈴木 敏史

ゆうびんやさんが こない日でも
あなたに とどけられる
手紙はあるのです

ゆっくり過ぎる
雲のかげ
庭にまいおりる
たんぽぽのわたげ
おなかをすかした
のらねこの声も
ごみ集めをしている人の
ひたいの汗も

みんな手紙なのです
読もうとさえすれば



2004年07月01日(木) 店長の見ているのは数字だけ!



何で何も言わないのだろう

私がキャンキャンしすぎなのか
だけど まるで私たちが何もしていないような言い方をされて何故黙っている
何故 変だと思わないのか
ゴメンね 一緒に熱くなれなくて・・(何故 そんな言い方になるのか)
組織で動いている、と言うのなら確かにそのとおりなのだから
何故 特定の人だけを褒めるのか・・
パートなんて 
みんなが歯車なのだから誰の手も借りずに一人の人間がかかわることはありえないのに
じゃぁ 私は褒められたいのか
そうじゃぁない
お膳立てをしたのは私らだよ
結局は私の姑根性なのか


どうも日本人は黙っていることが美徳みたいな
口にだす人間はうるさいだとか、目立とうとしているだとか
じゃぁ 黙っていることが正しいの?
人の悪口ではなくて 変だと思うことを口にしてはいけないのか
何で 私はこうも凹むのか・・
夢にまで出てくるよ・・まったく・・もぅ・・


 < 過去  INDEX  未来 >


孫二人 [MAIL]

My追加