愚痴日記

2002年08月29日(木) トンボになった父

8月29日、父の祥月命日、丸3年

 3年前の夕方、父はまるで私が行くのを待っていたかのように
 ひっそり、静かに死んだ
 慌てて 二人の弟に連絡して 弟たちが来るのを待った
 一人で父の顔を見ていたが ふと 窓に目をやると
 窓枠に一匹(?)のトンボが止まっていた
 私とトンボの目が合った
 (トンボは複眼だけど 確かに目が合った)
 その瞬間 私は父がトンボになったんだと思った
 私の家族と二人の弟だけの簡単な見送りをして
 火葬場から帰ってきた時、車の中にトンボが入ってきた
 みんなは偶然だと言うが私はやっぱり、父がトンボになって
 最後のお別れに来てくれたんだと思う

 今日 父の骨を納めたお寺に 朝早くから出かけた
 そのお寺には今までにも何回か出かけたが
 電車、バス、お寺の往復だけで 周辺のことは何も知らなかった
 !!!!!・・・・・
 びっくりした・・・
 マピオンで調べたとおり、娘のワンルームが徒歩圏にあつた
 わずか5分か10分くらい
 まるで父が呼び寄せたような・・・
 わざと そこへ行ったような・・・
 
 
 でも 娘の部屋を確認しただけで チャイムは鳴らさなかった
 もし 居たとしても 会うのを拒否されそうで 怖かった
 手紙だけ入れて そっと帰ってきた

 
 でも たまらなく娘の顔がみたい・・・





 
 



2002年08月27日(火) 占い・・・

 きのうは途中で日記を書くのをやめてしまった


 占いの鑑定士の人が言った言葉
 もし居所が分かっているのならほっておいてはいけません

 本当はわたし、娘の引越し先、知ってる
 出て行く日、引越し業者が持ってきた見積書を
 娘が荷物をまとめている時に そっと盗った
 そこには携帯の番号も書いてあった
 でも 書置きには 2度と顔を出すなと書いてあったし
 親を捨てるとも書いてあったので思案していた
 へたに訪ねていっても かえって刺激するだけだろうし
 携帯も番号を変えられたらおしまいだと思って・・・
 
 だから 11月の誕生日ぐらいに
 あんたが出て行って3ヶ月たちましたが元気ですか?
 という手紙を出すつもりにしていた
 住所は地名しか分からないのでマピヨンで大体は調べた
 すると ちょっと不思議なことが分かった
 私の父の骨を納めたお寺のすぐ近くだということが・・・
 そのお寺に娘を連れて行ったこともないし
 なにより ほとんど会話がなかったのだから知ってる筈もないのだ
 その父の命日があさっての8月29日
 もちろん その日はお寺に行くつもりをしていたので
 その後 娘のワンルームをさがすつもりはしていた

 鑑定士の人に言われなくても 
 私はこのままにしておくつもりはない
 ただ しばらくはそっとしておくのもいいのではないかと・・・
 冷却期間みたいな日々があってもいいのではないかと・・・
 私としても 親に捨てられたという誤解を解かなければならない
 絶対に 娘を捨てる訳がないと!
 どんなことがあってもお母さんはあんたの味方だよ
 たとえ お母さんに力がなくても 
 お母さんの存在は忘れないでいてほしい
 いつも いつも あんたの身を案じているよ!





2002年08月26日(月) 占い・・・

 占いを信じるか?

 今までの私はほとんど信じなかった
 テレビや雑誌の星占いもほとんど見なかった
 でも2.3日前の新聞に入っていたチラシの四柱推明学が
 ふと目に入り、何かに押されるように出かけていった
 なんとなく 中年の少しふっくらした女の人を想像していたが
 私と同年輩の男の人だった
 生年月日や姓名判断で総合的に見て
 うちの娘の場合、家族運とか愛情運とかほとんどないらしい・・・
 そりゃ 悩みがあって出かけているんだし
 いろいろ話をしたら誰でもそう言うだろう
 でも なんとなく説得力はあった

 ただこの子はかなりしっかりしているから
 どんなに困っても泣きついてはこないだろうと・・・
 かなり自己中心的で 妥協は決してしないだろう
 そして人に裏切られたら 絶対に忘れないだろうとも・・・
 あなた(私のこと)が 愛情いっぱい育てられたことはわかりますが
 この娘さんには孤独運がしっかり出ています
 でも 23歳くらいから男性遍歴の気がでているので
 悪い方に向かなければいいのですが・・・
 男の人には尽くすタイプですが
 おとなしく家庭に収まる娘さんではありません
 こういう娘さんには、しっかりした職業をつけさせるべきです
 もし 居所が分かっていれば決して目を離してはいけません


 



2002年08月21日(水) 本当の気持ち・・・?

いつまでも うじうじしていたらしまいにダンナに怒られると思う

 でも 何処にいても 何をしていても
 娘のことが頭から離れない
 今頃 何をしているのだろう
 夜中に目が覚めても まだ起きているのだろうか

 健康保険も換えていったし 郵便局にも住所変更をしていったみたいで
 当たり前といえば当たり前だけれど あまりにも寂しい
 ふつう 24歳9ヶ月の娘が一人暮らしをするのは
 自立ということで ほんとうは門出なのだ
 だのに 何故 こうも辛いのか・・・
 
 3週間ほどたって あの子は案外、気楽にやっているかもしれない
 嫌いな親の顔を見ずにすんで、鎧もつけないでいいし
 自分の好きなように生活しているかもしれない
 私だけがいつまでも、誤解を解けずにもんもんとしている・・・

 ダンナへのこだわりもなくなった訳ではない
 確かに 
 「お前もいっしょに出ていけ! すっとするわ」
 と 言われたのだ
 衝動的に言った言葉ではない
 絶えずではないにしても 確かに心の中にある感情だろう
 私も常に離婚したいと思っているのだから・・・
 本当に娘と一緒に出て行けばよかったのだ

 何故 出て行かなかったのか?
 結婚して28年・・・染み付いた感情がほどけない・・・
 自分にもよく分からない?




2002年08月18日(日) 叶わぬ思い・・・

お盆も終わった

11日から18日まで休みだった息子も帰ってこなかった
息子には息子の世界があるのだから
たとえ 一日でも帰ってほしいと思うのは私のエゴだと思う
でも ダンナに言えない娘への思いを聞いてほしかった
そこには完全に子ばなれしていない 母の情けない姿がある
思えば 兄妹の仲も良くなかった
ほんとに いつから こんなになってしまったのか?
やはり 親が悪かったのか・・・?
過ぎ去った日々は決して戻らないけれど
もう一度 もう一度 あの頃に戻りたい!
息子と娘のぬくもりを直に感じられたあの頃に・・・

この夏はことさらに暑く感じる・・・



2002年08月13日(火) ドナルド

 今日 ドナルド(マクドナルドのキャラクター)に会った

 パートに行っているスーパーにマクドがあって
 そこのお盆の催しで ドナルドのショーがあった

 ドナルドの着替えというか控え室が、従業員の食堂の奥にあって
 至近距離でしっかり見れた
 赤い髪に鼻、白と赤のTシャツに黄色のサスペンダーズボン
 白い顔で背も高くて ほんとうにドナルドそのものだった
 
 みんなは 別に何てことはない様子だったが
 私はうれしくて、うれしくて思い切り手を振った
 (私は ドナルドに何故か娘を見た
 似ているはずもないが 会えないものに会えた気がしたのだ)
 ほんとうは 抱きつきたかったけれども
 さすがにそこまでは出来なかった
 他のパートの人が 「この人 何?」って顔をしていたが
 そんなことはどうでもよかった
 ドナルドも 何度も何度も手を振る私に答えて 手を振ってくれた
 
 ただそれだけのこと・・・

 母である私は 娘にとって 何の値打ちもないのか?





 



2002年08月07日(水) 慣れろ!

 娘が行って1週間
 2階の娘の部屋はあまりにも明るい!
 窓を隠すくらいあったアニメがなくなって窓が全開になり
 白いレースのカーテンがはりついている
 
 娘の存在は私にはとても大きかった事を改めて感じた

 引越し先も告げず 初めて持った携帯の番号も教えてくれず
 本当に親を捨てたのか?
 
 置いていったベッドに寝転がると涙がでてきた
 
 耐えろ!
 耐えろ!
 
 いや・・・慣れろ!!

 自分というものを持っていなくて、自己の確立が出来ていなかったのだ
 自業自得だ!








 



2002年08月03日(土) ついに・・・

 ついに 娘が家を出ていった
 辛くて 引越し家さんの前でボロボロ泣いてしまった
 荷物の梱包も手伝わしてくれなかった
 あとで 娘の部屋に入ったら 走り書きの手紙があった


 あんだけ大騒ぎしてもう仲良く二人で旅行か!!
「色々あったけど まあ頑張ってください、さようなら」
 みたいな手紙よう書けたな。夜は二人でTVみて笑いながら
 追い出し作戦成功でうれしいやろう!!
 台所用品はこれ持って行きやとか
 連絡先は教えてやとか
 お金(通帳)持って行きとか  楽しそうに言うな!!
 そんなに私が出て行くのが楽しいか!!
 ぐうたら暮してる娘を追い出せてうれしいか!!
 今回みたいな芝居までして 出て行かす
 姑息な手を使いやがって最悪じゃ!!
 ひと芝居して、離婚とか言って まんまと私がひっかかって楽しかった
 やろ!!  まだ1ヶ月もたってないのにもう二人で仲良く過ごしてる
 二人の葬式にも出ませんので、一生 顔見せるな  勝手に死ね
 2度と声もかけるな
 どうせ 市役所かで住所調べるやろうけれど
 これから 一生会わんですむからとにかくうれしい
 今回、うそつかれ 裏切られ 芝居までされて傷つけられた
 この両親に生まれてきたことを 一生 後悔する
 25年間 最悪やった
 好きで引きこもりやうつ病になったわけでもない
 「おかえり」といつも子供の頃は 毎日おとんに言っていたが
 返事が返ってきた事は一度もなかった
 そのうち あいさつすんのをやめた
 今回 私は親に捨てられた
 私も親を捨てる
  

 思いも及ばない娘の書置き
 確かに旅行の計画はある
 はっきり言ってダンナも私には悪いと思っているのだろう
 だから 仲直りのつもりなのだと思う
 私はあんまり気がすすまないけれど、毎日 炎天下で働いている
 ダンナをこれ以上 怒らしたくないだけ
 TVを見て笑っていたのも 心からのことではない
 まして 芝居して娘を出て行かすなんてとんでもない
 確かに 親が話かけてるのにシカトしてメンチきる娘にたいして
 いつになったら自立してくれるのだろうと 毎日思っていた
 だからといって なぜ 芝居までしなきゃならないのか
 思い違いもはなはだしい
 25才にもなって 親に捨てられたなんて 甘えるな!と言いたい
 高校中退のあと しばらく引きこもりで その後 バイトを繰り返し
 専門学校へ行くというので ローンを組んで学費も出したよ
 去年の暮れに私が骨折した時に 家事 手伝ってくれた?
 知らん顔だったよネ  お母さん、悲しかったよ
 自分の食事の後かたずけさえしなかったよネ
 変なダイエットをして胃が痛くなった時 「おかゆ 作って」 と
 言って お母さん すぐに 作ってあげたよネ
 毎日 仕事に行くお父さんに 「いってらっしゃい」「おかえり」
 言ってるけど お母さんなんか28年間 返事もらってない
 これは お父さん特有のテレです
 わかってあげてほしい
 マンガを買うお金はあっても あんた 家に一円でも入れた?
 国民年金も親が払ってたんだよ
 お母さん あんたの考え 知って 立ち直れないよ
 私の方が うつ状態になって デパス飲んでるよ
 しんどいわ・・・


 < 過去  INDEX  未来 >


孫二人 [MAIL]

My追加