untemporary melancholy

2020年04月28日(火) 新しいiPhone SE、魅力な点がなかなかなさそう

 先日、新しく発表された iPhone SE がなかなかよさそう
http://www.enpitu.ne.jp/usr7/bin/day?id=75950&pg=20200419
と書いたけれど、いくつかレビューを見てみると、自分の使い方だと今使っているiPhone6Sから変える利点があまり分からなくなってきた。(以下、全て自分の使い方視点)

iPhone6Sから新しいiPhone SEに変えてよくなるのは、

  • 買い換えればストレージの容量が増える(新しいiPhone SEは買うなら絶対に256GBモデルに確定だし、今のiPhone6Sは空きが1GB未満 …完全にうちの環境の問題(苦笑)
  • iPhone11シリーズと同じ最新のプロセッサが搭載されているので動作がキビキビしている(と思われる)
  • 充電池が当然新しいので電池の持ちがよくなる
という点以外に思いつかない。

画面サイズ(4.7inch)や解像度(1334×750)、使われている画面が液晶であること、メインカメラの画素数(1200万)は全く変わらない。
iPhone11Pro だとホームボタンがなくなるが、iPhone SEならiPhone6S同様あるのも変わらない点か。

劣化しているのは3.5mmジャックがないのでイヤホンを(そのままでは)使えない点で、この欠陥がとても大きい。充電しながらイヤホンを使うこともあるので、その機器(MFi認証品)として約5000円以上の追加出費を強いられてしまう。
また、iOS10まででしか動かないアプリをいくつか常用しているので、iPhone SEのiOS13になってしまうとそれらを使えなくなってしまうのが非常に痛い。
あとは細かい点だけどiPhone SEでは3D Touchが廃止された(別の手段で同様の機能を実現)のも残念。

やはり、4年半前にiPhone6Sを買うときに128GBモデルではなく「64GBモデルにした」のは大きな失敗だった。




2020年04月21日(火) 電子マネーゆめか、値引券vs電子マネーとしてチャージ

 電子マネーゆめかの値引積立額が500円以上貯まったときに、従来は自動的に値引券が発券されていたが、いつからかは知らないけれど、従来通りの方法と電子マネーゆめか残高へのチャージにするか選んで設定できるようになっていた。

さっそく、どっちが得なのかと思ってExcelで計算表を何時間もかけて作成し、色々な数字で試算してみたところ、先に結論を書くと値引券のほうが得という結果だった。

値引券なら税抜価格に対して適用される一方、ゆめか残高は支払いに使う、つまり課税後の金額に対して使うという点がとても大きい。

たとえば税抜501円(税率10%)(※注)の商品を買うとき、値引券なら500円引かれて1円の支払いで済む一方、ゆめか残高だと551円と50円分多く支払いが必要になってしまう。
ゆめか残高で支払うとそれに応じた値引積立額を獲得できる(逆に、値引き券を使うとそのぶん値引積立額が対象外になってしまう)が、それを差し引いても値引券が有利なことには変わりがない。

(※注)値引券は税抜501円から利用可能

ただ、ある1つの条件ではゆめか残高へのチャージのほうが有利になるが、それを狙うのは困難なので、迷わず値引券発券にすることをおすすめしたい(但し、発券後の有効期限に注意)。

なお、そのある1つの条件というのは、キャッシュレス還元5%の店舗を値引積立額5倍デーに利用したとき。そもそも、その双方が行われている店舗や日程は限定されるし、この条件を分かった上でも相当計画的にしないと、ゆめか残高へのチャージをして買い物をするのはなかなか難しい。
(値引券発券からゆめか残高へのチャージへの変更、またはその逆への変更の反映は、設定の翌日で即時に変わるわけではないため。)




2020年04月19日(日) 新iPhoneSE、なかなかよさそう

 先日、新しいiPhoneSEが発表されたけど、価格と機能面のバランスを考慮したら、今欲しいiPhone11 Pro 512GB(税込約17万円)と同じくらいに魅力的。容量がラインアップ最大の256GBでも7万弱(税込)は値頃感がとてもいいのではあるが、長くは使えないかな…(長く使っているうちに空き容量不足になって苦しむ←今の自分の状態)

今使っているのはiPhone6sだけど、64GBにしたのは大失敗だった。(「64GB」にしたという点に於いては、人生最大の失敗した買い物と言っても過言ではない)。当該機種最大容量の128GBにすべきだった。

64GBにしてしまったのは、それまで使っていたiPhone5Sの感覚で選んだからで、それが大きな過ちだった。

このような類いの製品は、

  • 新機種ではカメラの性能や解像度も上がり、写真のサイズが従来より大きく容量を食う

  • 既存のアプリも年月を経るうちにバージョンアップでサイズが肥大化する

  • 時代が進むうちに様々なサービスが登場して、それを利用するための専用アプリも増える

  • 従来の何らかのサービスがスマホアプリ版に移行したり、スマホアプリ版でなければ損をするなどという理由でも、インストールするアプリが増える
などのようなことがあって当然なのに、そこまで全然考えていなかったのが要因。
(※iTunesなどから音楽データ等を入れる気が元々なかったので、それほど容量を使わないだろうと甘く考えていたのもある。)

そして、iPhone6s には Pages、Numbers、Keynote、GarageBand などがプリインストールされているとは全く知らず、思ったほどの初期の空き容量がなかった。これらのソフトがあることをあらかじめ知っていたら絶対に128GBを選んでいた。(プリインストールのアプリは削除したくない性分。)

 まとめると、簡単に言えば「大は小を兼ねる」。欲しい端末に複数の容量がある場合は最大容量を選ぶべき。選んだほうがいいですよではなく、選ぶべきと強調したい。




2018年10月25日(木) enpitu、もう管理されていない?

久しぶりに更新…
(実は2017年3月29日の草稿が残ったままだった。)

この日記サービス“enpitu”のサポートデスクに問い合わせのメールを送ったところ、何日経ってもなしのつぶて。
改めて別のメールアカウントから再送すると、今度はエラーメールが返ってきた。(一部分は伏せてます)


The original message was received at Thu, 25 Oct 2018 **:**:** +0900 (JST)
from ***.***.**.jp [***.***.***.**]

----- The following addresses had permanent fatal errors -----

(reason: Insufficient permission)

----- Transcript of session follows -----
maildrop: maildir over quota.
550 5.0.0 ... Insufficient permission


maildir over quota、つまり相手方が「メールディレクトリの割り当てを超えている」ということで、サポートがメールを受け取れていない状態。つまりこのサービスが管理されていないも同然。
今現状はもしかして放置状態?ならば何らかの原因でサーバが落ちたとしても2012年当時とは違い何日経とうと復旧されなさそう。

この日記サービスに見切りを付けるべきなのか…。軽いしデザインも簡素なので見やすいし、せっかく有料版再契約の検討もしていたのだが、サポートに連絡がつかないサービスに料金を払うのも躊躇する。
今時のブログみたいな重厚長大なサービスを利用するほどでもないし、そもそもブログ形式のサービスを求めていないのだが、ウェブページスペースに置くにも更新ごとに自分でHTMLを書くのが面倒。




2017年03月31日(金) 広島ガールズユニットMMJ 活動休止

3月26日、3月末で活動を休止する、広島ガールズユニットMMJのファイナルライブを観に行った。あまりに感動すぎて言葉にできないほどの内容だった。
言葉にできないのをなんとか言葉にして、記録しておきたいと思う。


当初MMJ(当時はMMJ48)【※補足1】はフラワーフェスティバルのステージに1回出るだけのために結成されたグループで、今回ライブが開演した最初は幕が上がる前に、その初ステージに向けての練習風景や出演シーンが幕に映し出された。そして引き続き、好評のため活動継続し、最初のオリジナル曲をリリースするまでの過程の映像も流れたが、そこからシームレスにその楽曲「恋愛アジェンダ」でステージが始まったときは、懐かしさで感涙必至だった。
(「恋愛アジェンダ」ほか多くの楽曲は前のプロデューサーが手がけた楽曲で、MMJがこのプロデューサーの手を離れてセルフプロデュースに移行してからは披露できなかった楽曲)。

新旧入り交じったMMJ楽曲が披露され、この時間が永遠に続いてほしいと思ったほどずっと観ていたかった。

アンコールのラストにはメンバー16人全員揃って【※補足2】「青空エンドレス」で締めて、今まで観たライブ(MMJだけに限らず)の中で一番感動的で、ライブが終わってもその余韻に浸る以外の方法が思いつかなかった。
結成当時ほとんどのメンバーは学生だったけど、今はもうみんな社会人や夢を追ってMMJに時間を割けなかった方ばかり。そんな忙しい中全員が揃ったのは感謝でしかない。ファンのためにみんなありがとう。

広島県内での活動やその周辺県での出張活動のみならず、全国的にいえば、NHKの全国『あまちゃん』マップのリアルGMTにも選出され、恋する地元キャンペーン地元自慢年間総合1位など輝かしい功績は忘れようがないことばかり。
MMJは解散ではなく活動休止。これからも何らかの形で生き続けるのではないかと思う。


【※補足】
(1)MMJのグループ名の由来は、「もみじ・まん・じゅう」のローマ字の頭文字
(2)MMJは出演できるメンバーが出演する方式なので、ステージによって出演者や人数はまちまち。自分が見た中で一番多かったのはいつだったかのひろしまフードフェスティバルのイベントの15人で、16人フルはこのラストライブが初めて。

【ライブ情報】
MMJ 〜7年の感謝と笑顔を込めて〜MMJ★FINAL★LIVE
主催:中国放送/MINTJAMS
企画・制作:MINTJAMS/YUMEBANCHI
協力:YUMEBANCHI
広島クラブクアトロ
2017年3月26日(日) 16:30開場 17:00開演
オールスタンディング




2014年06月22日(日) なんとまあ3年1か月半ぶり

ふと舞い戻ってきてみたら3年1か月半ぶりだった。
日記削除されててもしかたないなと思ったが無事なのが意外。だけどよかった。
このenpituもどうにか活用したいものだけど。

有料版再開しようかな…




と超久しぶりにアクセスしたのも、PHS内蔵Webブラウザのブックマークを触っていたから。
もう404や廃止になっているページやサービス、ドメインがたくさん出てきて少し泣ける。
一方、まだ変わらずそのまま残ってたり、形は変わっても同様のページもあって懐かしい。




2011年05月08日(日) MMJ&奥華子

 とはいっても別の時間の同じステージですが。

■MMJライブ

 今日で通算5日目の観覧となるMMJのライブ。
やっぱり生でステージを見るのはいいものだなぁ。
今回はFFの時とは違って物販やサイン会などの時間がたくさんあったので、
物販もゆっくり利用でき、サインも2人からもらうことができた。
しかしサインをもらうタイミングはまだつかめないな…。


■奥華子ライブ

 初めて生歌を聴いたが、やはり来てよかったなと思った。
物販のチャリティー手ぬぐいは、販売価格1,000円。そのうち必要経費を
除いた700円の全額が東日本大震災の義捐金になるとのこと。
指定の物販を買った人には握手券を配っていたので奥華子さんと握手が
できたのが感動だった。
再び来広された際は、機会があればまた見に行きたいな。




2011年05月06日(金) 連休はMMJ三昧

■連休はMMJ三昧

 今年のFFはMMJステージ三昧でした。当初は、3日間で6ステージのうち
どれを観に行こうかと思っていたところ、先日のMMJchannelでの
「全部追っかけてきた人には何かあげます」「何かあるかもよ」の一声で、
何かもらえるとかどういうこと関係なく全ステージ見に行くことに決定。

全ステージとも観に行ってよかったなと思った。
特に最終ステージは、MMJ1周年ということでメンバーみんな感涙。
MMJの存在そのものは以前から仕事関連を通じて知っていたけれども、
実際にステージを観たのは今年の4月19日が初めて。もっと早くから
観に行っておけばよかったなと今更ながらに思う。



 < 過去  INDEX  


飛鳥丸 [MailForm] [BBS] カウンタ