愚痴日記

2020年04月22日(水) 私なりの断捨離・・・孝


断捨離とは作家のやましたひでこさんがが提唱する、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想のことで、いまは片づけの代名詞のような扱いになっているが、やましたさんは商標登録されている。

 家に不用品や使わないものがあふれている現状で、断捨離できないことはだらしないというか、自己規制ができない人間のように思われる場合もあるようだ。
私のように片づけが苦手な人間にとっては、かなり頭の痛い言葉だ。

そんな思いもあって気分の乗った時などに着れない服や、使わない台所用品などを少しずつ処分してきた。
他のシンプル生活を推奨される人たちの本やブログを読んでいたら、消耗品でさえ切れたら買う、というストックしない生活を勧めておられるのも多い。

が…世間はコロナ騒ぎで、紙製品など本当に無くなってきたから買おうと思ったときには店に在庫が無いようになった。
私など花粉症ではないからマスクの在庫などない。
買おうと思っても買えないし、足が悪いからこまめにドラッグストアをチェックもできないし、開店時間に合わせて並ぶこともできない。
私は家にいるからマスクなど必要でないから買い物と病院ように手作りのマスクでしのいでいるけれど、仕事に行く旦那には持たせたい。
いきおい家であるもので間に合わせているけれど、それとて下手な断捨離のせいで細ゴムなど捨ててしまっているのだ。
ハンカチマスクが簡単でいいけれど、それとて大量に処分してしまっているのだ。

他にも処分してしまって後悔してる品がいくつかある。

もちろん断捨離は自己責任で、こんなコロナ騒ぎなど誰しもが予想だにしなかったことではあるけれど、いくら物があふれていようと自分の思った通りに生活していけばいいんだと、今回はつくづく思った。

くり返すけれど、断捨離は自己責任で。。。






 < 過去  INDEX  


孫二人 [MAIL]

My追加