ものかき部

MAILBBS

「 死の大地の上に、ちょこんと立っている 」
2020年12月01日(火)


 たべのこしたカップラーメンの、ねばねばと茶色い汁

 うっかり、手帳を落として、洗い流せない でも仕方なく使っているような部屋

 そんな部屋が、私の青春時代のイメージ

 ねばねば 茶色 仕方なく 部屋の中 なにもできない

 そんなイメージが、私の青春

 人間関係も、金銭感覚も、社会への気持ちも同じだった

 
 安定しているのが現在

 分析をし、対策を考え、自分を律しようとし、安定へと向かう

 経験が分析を生むのかどうかは判らないけれど、
 物事を分析する癖が、フライパンから取れない焦げ付きのように、
 心にへばりついている

 青春時代のねばねばの原因を こんな風に分析するほどに へばりついている

 
 肉体はご先祖様、英霊、あらゆる世の中の物事のつながりの中で生じてきたもの、私の心が生じさせたものではない

 そういう分析はできている

 けれども、この肉体が無くなること

 つまり、死ぬことが恐くて、怖くて、こわくて 

 こわくて めがさめる

 ドッ ドッ ドッ と大きな音を心臓が跳ね飛び上がって 目が覚める

 分析の癖はこびりついた

 でも、死ぬことが こわい 
 
 こわくて 仕方がない


 青春の茶色の、その仕方がなさ と同じ

 どうしようもない くるしくて どこにもいけない

 分析など何もきかない
 
 家族に、輩(ともがら)に、他人に、世の全てに感謝する

 分析して、その結果、感謝する

 合理的判断で本能を捻じ曲げて安定へと向かわせようとする

 けれども、その奥こそには 

 けれども、青春時代を思い出す老人の心の奥底には

 死へのこわさ が大地のように横たわっている

 その上に、ちょこんと小さく立っているだけ


BACK INDEX

複製、無断転載、二次配布等を禁じます。
All Rights Reserved©ものかき部

My追加