笑う角に光りあれ...オレステス・デストラーデ

 

 

God Saved the Animals - 2022年10月21日(金)

40歳を明日に迎えた今日、家を買った。

長いこと悩んだ結果の決断だった。
思えば家を買うタイミングは過去にも何度もあって、長男が生まれた時、京都を去った時、長男が小学生になる時、その都度悩みはしたものの、決定打(と言うか背中を押すもの)もなく、なし崩し的に先伸ばしてきたのだった。

ここ3年ぐらいのコロナを巡る社会情勢もある。
出勤ありきの労働体系から逸脱する企業のニュースを聞き、新幹線通勤も視野に入るようなよりフリーな働き方を夢想したものだが、迎えた結末は週3出勤で、儚くそんな夢も散った。

長女の小学校進学、長男の中学受験、押し寄せるイベントの数々を目の当たりにすると、もはや買わないと言う選択肢はあまり考えることができなかった。
もちろん、場所さえ問わなければタダ当然で買える物件が数多ある状況は理解していたけれども、今この日常を投げ打って新たな人生に踏み出す勇気も無いし、何よりこの街の暮らしにそれなりに満足していることも大きかったのではないかと思う。

果たして25年の住宅ローンを組み、金利の上昇に怯え、すっからかんになった預金残高と格闘する日々が始まったのだった。


-



 

 

 

 

ふりだしへ
ありしの君へ

 Home