かなしいうわさ
home 日記の表紙 前↓


2021年01月12日(火) おれ的わたし的2020ベスト

遅ればせながら!


【2020年アルバム】


・Sault /untitled (black is)
・GEZAN/ 狂(KLUE)
・Moment Joon/ Passport & Garcon
・Isayahh Wuddha/ Urban Brew
・米津玄師/ STRAY SHEEP
・夜のストレンジャーズ/ フリーバード
・Moodymann/ Taken Away
・Y Bülbül/ Fever
・Common/ A Beautiful Revolution (Pt 1)
・The Altons/ In The Meantime


【2020年シングル・EP】


・鴨田潤 feat.寺尾紗穂/ 二
・電気グルーヴ/ Set you Free
・BTS/ Dynamite
・民謡クルセイダーズ & Frente Cumbiero/ 民謡クンビエロ
・LITTLE TEMPO meets ALKDO/ Sketch of AMAMI vol.3 (LIVE at.ASIVI, 奄美大島)
・Yo La Tengo/ Sleepless Night
・Phoebe Bridgers/ If We Make It Through December
・海野高校ていぼう部/ SEA HORIZON /釣りの世界へ
・Thundercat/ Fair Chance [Floating Points Remix]
・ケロポンズ/ にじ


アルバムで挙げた3枚目までは、圧巻。ブチかまされた。最高。
Saultには、ブリストルを感じる。セカンドまでのMassive Attack、Smith &Mightyとか。スカスカに乾いたブレイクビーツ、ダブの沼、時折みせるトライバルさ、甘いメロディをうたうソウルフルなヴォーカル、ラフでルーディな肌ざわり。僕にとっての理想の音楽。

Moment JoonとGEZAN。この2枚は、BGMにできない。耳の穴かっぽじって歌詞ねじ込まれる。コロナ禍で疲れ切った心が求めたのは、なぜかこういうヒリヒリした音と言葉だった。

Isayahh Wuddha。まったく予備知識なくApple Musicでジャケ聴きしてハマった一枚。超ローファイでLowだけど、ダビーでタフで。ダルダルなフィッシュマンズという感じ。着古して身体に馴染んだシャツみたいにしっくりきて、一時期ひたすら聴いていた。2020年にはフルアルバムも出たんだけど、こちらのデビュー盤のほうが生々しくてハマり度の高い曲が多くて好き。

米津玄師。邦楽のなかでは一番ファンクを感じた。藤井風とかKing Gnu、長谷川白紙、浦上想起ら奇才のなかでも、突出した才能。ポップスとしてもファンクとしても気持ちいい。機能的でエロい。「Flamingo」がとくに好きで、この曲にあわせて踊れないダンスをよく踊った。

夜スト。待望の新作。冒頭の曲をきいてガッツポーズした。ライブで聴いて感動した、ダブリナーズのカバー「ウヰスキーインザジャー」は労働中に頭の中で何度もリピートした。早くレッドクロスあたりで彼らのライブで大騒ぎしたい!

Moodymann。Pファンク化が激しく、歌もの多め。ネトネトしていて、とても好み。所謂ハウス的な評価はどうなんだろうか。あんまり褒められているのを見かけないんだけど、黒人音楽の先達たちの影響を隠すことなく自分の音楽に取り入れていて、すごくいい進化してると思うんだけどな。「Just Stay A While」なんて本当に美しいディープハウスだ。

Y Bülbül。トルコ生まれロンドン育ちのアーティストの1stアルバムとのこと。Voodoohopやモダン・フォルクローレ勢、Nightmares On Waxのスモーキーなダブ、それにCanまでごった煮にしたようなドロドロさトリッピーさ、それらがバレアリック的に心地よくスムースに整理されているところがとても好み。これから彼がどんな音楽を作ってくれるか、とても楽しみ。

Common。グラスパーらが参加した音づくりの格好良さ心地よさと、アメリカ大統領選挙にあわせてリリースされたメッセージ性が見事に合致。路線としてはここ数年の作風と変わらないんだけど、2020年の音楽として新鮮に響く。歌詞がわからずとも背筋は伸び、勇気づけられる。「Say Peace」の格好良さ、スティーヴィー・ワンダーが参加した「Courageous」の美しさ。日本語対訳がつくようなので、2月にリリースの国内盤CDも買うぜ。

Altons。LA発チカーノシーンから出てきたバンドらしいごった煮ラテンな風味と、ギターポップな清々しさとキュートさ、一癖あるサイケっぷりが合わさって唯一無二な雰囲気。音はぜんぜん違うけど、Primitivesの「Crash」を思い出したりして。バンド名はAlton Ellisから。


シングル・EP
鴨田潤 feat.寺尾沙穂。リリカルでぬくもりがあるイルリメの曲・歌詞と、凛としつつも時折キュートな寺尾さんヴォーカル、双方のいいとこどり。それぞれのソロも大好きだけど、継続して活動してほしい...!


蛇足です。
いろいろあり、CDを聴く環境を無くして、本格的にサブスクに移行しました。今まで使っていたオーディオも一旦しまって、iPhoneでApple Musicを流し、BOSEのBluetoothスピーカーとSonyのノイズキャンセリングイヤフォンで聴く体制に。
確かにCD・レコードショップを彷徨って未知の音楽を探したり欲しかった音源をついに手に入れて喜びに震えたりすることはなくなりましたが、サブスクならば新譜をガンガンに聴いていけるし、SNS等々で知ったものは即聴けるし、どこにいてもいつでも何でも聴けるし...音楽きちがい的には夢のような環境。
盤を売っていた頃と比べて業界やアーティストにとって厳しい状況になったのは想像に難くないけれど、リスナーにとって夢のように楽しい状況であることもまた事実。認めたうえで、音楽もそれにまつわるよしなしも無くなってほしくないいちリスナーとして、コロナ禍もコミで、何ができるか考え続けて、楽しみ続けたいです。

うんざりするような日々ですが、みなさん、生き抜きましょう。

We're gonna have a real good time together.

真面目に誠実にコツコツやっている不器用で内気な人々に、この世のありったけの幸福が訪れますように!!!!!!
 
 


2019年02月20日(水) 「20120201スンダ」という名の選曲CDR

昨日に引き続き。
 
こちらも冬な感じでよかったです。
超いい。最高。蕩ける。たまらん。
本気で大好きな曲しか入れてない。


欲しい方は下記メールフォームからどうぞ。
どしどし、どうぞ。
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=73064

 



 
 
 
 
 

2019年02月19日(火) 「2011冬チル」という名の選曲CDR

2011年の冬に、某古書店で販売しようとした冬用選曲CDR
 
手前みそだけど、今聴いてもとてもいい。

いる人いますか?
下記メールフォームからご連絡ください。 
http://www.enpitu.ne.jp/tool/formmail.cgi?id=73064


 




 
 
 
 

2018年12月14日(金) おれ的わたし的ベスト 引き続き育休いただきます

表題のとおりです。
 
昨年6月に生まれた息子は毎日ニコニコと踊りバクバクと食らいグーグー眠り、
姉もますますイッチョ前の人間ぽく可愛らしく成長してきており、
楽しい日々を過ごしています。

さりとて、多忙な共働きで家事育児回していますと時間もなく…
ほぼ毎日定時に会社を出て、2児それぞれの保育園へのお迎えに行き、帰宅後すぐに食事を与え、食器を食洗器につっこみつつ息子のオムツを替えて、布団の部屋で2児とボール遊びやお父さん登りや相撲等をして、間髪入れずにお風呂に入れて保湿クリームを塗りたくり着替えさせて、歯磨きをさせて娘にDVD鑑賞その他娯楽を与えつつ、水筒に夜中に飲むお茶を準備し加湿器をつけたのち、まずは息子を寝かしつけ、30分程度で終わり次第、嫌がる娘を布団へ誘い絵本を読み聞かせて寝かしつけ、一緒に寝落ちししないように頑張って起きると22時過ぎ、そこから翌日の食事を作ったりゴミを捨てたり洗濯したり部屋の掃除をしたり生協の発注をしたり保育園の連絡ノートを書いたり、むりくり定時帰宅してるとどうしても発生してしまう持ち帰り仕事などこなしているうちに深夜1時やら2時やら…
という有様ですので、体制整うまで、引き続き「おれ的わたし的ベスト」は、育休をいただきます。
年一回しか更新しないここを、わざわざ見ていただいている皆様には、恐縮しきりです...
いやいや、育休は、堂々と取らないといけないな。

休みますよ!
ドーン!!!
 
さて
子供ができると、「親」は、どうしても文化的な活動に制約が出てきます。音楽リスナーとい視点だけみても、ライブやクラブにはなかなか行けませんし、家にいても自分の好きな音楽を自由気ままに聴けなくなります。童謡全般や「おかあさんといっしょ」の曲やプリキュアやプリチャンの主題歌やケロポンズの「エビカニクス」を聴く時間が増えますし、DA PUMPの「U.S.A.」に至っては、毎日5回くらい聴きますが。

でもしかし
子供と一緒だからこそ、今まで気がつかなかったり、避けたりしていた「文化」と触れ合える機会が沢山でてきます。
「おかあさんといっしょ」の曲はけっこう渋谷毅が作っててそれがどれもスゲーいいんですわ...とか、「シャキーン」の思い出野郎Aチームとモモエちゃんの歌最高すぎて月曜の朝から元気出るわ!とか、今期のプリキュアが様々な弱者をエンパワーメントしまくっていてめちゃ泣けちゃうとか、そのほか「デザインあ」や「ミミクリーズ」や「ピタゴラスイッチ」等々大人が観ても超新鮮じゃんとか、そういう、大人が子供向けに作るモノが、子供騙しではない、全く手を抜いていない、いやむしろ力入りまくっていて、ほんとうにいいことだなぁ、とか、
地域の行事って、ちょっと腰が引けちゃうし自分が都合いいイベントだけつまみ食いできりゃいいかな?程度の認識だったのに、子供を通じて触れ合う地域の人たちとのふれあいがあたたかく、下町人情ってこういうことかいと腹落ちして、人情ものの落語聴いててもなるほどなるほど…と合点がいったり、
自分の好きな音楽をかけていたら子供たちが思いのほか盛り上がり、皆でニコニコとダンスフロア(リビング)で倒れるまで踊り続けたり、
今まで生きてきて何度聴いてもさして芯に響いてこなかったラブソング達が、思いを寄せる対象が「彼女」から「我が子」に自然に代入されることで「あああああこういう心情を歌っていたのかああああ」とビンビンに染みわたり泣き崩れたり(コーネリアスの「あなたがいるなら」とか、特に)しています
面白い。
 
僕は昔は正直「子供がほしい」なんて全然思っていなかったし、子供がいなくても楽しくやっていただろうし、今でも、いる・いないが損とか得とか、何も思ってません。
結婚する時も、子供を迎えようと思った時も、それなりに「覚悟」がいりました。
でも、今は、当時の自分に、
「すげえ大変だけども、ぜんぜんおもしろいからな」
「本質的には、なんも変わらないからな」
と声を掛けにいきたい気持ちでいっぱいです。
 
さてさて
自分自身はこれまで通り音楽はたくさん聴いてますし、投稿いただいていたみなさんも同じかと思います。
ですので、またいずれ、お会いしましょう。
ご自身のブログやSNS等でベスト的なものを投稿されたら、教えていただけたら、めちゃくちゃ嬉しいです!

石井


2017年12月10日(日) おれ的わたし的ベスト 育休いただきます

表題のとおりです。

今年6月に第二子に恵まれまして、
それはそれはかわいく楽しい日々を過ごしています。
ただ、夜泣き対応で数時間しか寝られない、
それも抱っこしたままソファーに崩れ落ちて朝を迎えるなんてこともしばしばあり
構ってほしくて不機嫌な姉に全力で遊んであげつつ、という生活です。
40過ぎた共働き夫婦が全力で対応するのも精一杯で
そもそも余暇がほとんどない。
猫も構ってくれなくて拗ねております。
ですので、体制整うまで、おれわたも育休いただきます。

自分自身はこれまで通り音楽はたくさん聴いてますし
ここに投稿いただいてるみなさんも同じかと思います。
ですので、またお会いしましょう。
ご自身のブログやSNS等でベスト的なものを投稿されたら、教えていただけると嬉しいです!

石井


2016年11月27日(日) ■おれ的わたし的2016ベスト ごあいさつ&応募要項

みなさん、今年もお疲れ様です。
石井です。
こちらでは、ご無沙汰してます。
今年も「おれ的わたし的ベスト」の投稿を募る時期となりました。
お付き合いいただける方、よろしくおねがいします。
 
今年は、自分からSNSで広く募集したりせず、ここだけでひっそり告知しようと思います。
 
 
■「おれわた」とは
「おれ的わたし的ベスト」と称して、
ここ一年でよく聴いた音楽を紹介しあって
新しい発見をしまくって笑ったり踊ったり生きる糧にしたりする、
音楽バカによる音楽バカのための企画です。
今年で15年目になります。なんとまあ。
 
過去分リンク
2015年
2014年
2013年
2012年〜2003年
 
 
 
 
 
【応募要項】
■応募方法
下記の項目を、メールに記載して、石井までお送り下さい。
whistleman_アットマークhotmail.com (「アットマーク」を”@”に変更して下さい) 
※メールが石井に届いたら、数日中に「必ず」お返事します。
 返事が無い場合は、届いていない場合がありますので、お手数ですが再度ご連絡下さい。
 
※答えたくない項目は省いてもらってOKです。
 
———ココカラ——————————————————————-
■お名前(匿名OK)
 
■サイト名、アドレス(SNS等含む)
 
■2016年にリリースされた音楽で、良かったものベスト10
 一枚づつに感想があると嬉しいです
 10枚でなくても、多くても少なくてもかまいません。
 
■2016年にリリースされた作品以外で、よく聴いた音楽
 同上
 
■今年のこの1曲
 沢山ある方は複数でも。YouTubeや各種ストリーミングサービス、Bandcamp等々の試聴できるリンク先も嬉しいです
 
■ライブ、イベント等々で良かったもの
 いくつでも
 
■音楽以外でのベスト10
 なんでもどうぞ
 
■自己紹介
 なくてもいいですが、あると嬉しいです
 
■2015年はどんな年でしたか?
 なくてもいいですが、あると嬉しいです

■石井への連絡が何かあれば(サイトには掲載しません)
 なくてもいいですが、あると嬉しいです
 
 
———ココマデ——————————————————————-
 
■締切
 2017年1月15日(日)終日中 
 ...としてましたが、いつまででも受け付けますので、いつでもどうぞ。
 
■お願い
 ジャケット画像のデータを一緒に送ってくれると、とてもありがたいです。
 もちろん、なくてもOKです。
 
■できれば
 リストだけではなく、どれだけ好きかとか、どんなふうに好きかとか、どんなふうに聴いてるというような、
 個人的なコメントを添えてもらえると、とても面白いので、とても嬉しいです。
論理的だったり感情丸出しだったり、クールだったりホットだったり、自由にお願いします。
 
■選定タイトルについて
 今年リリースされたタイトルがメインの企画ですが、再発/リイシューもアリです。
 さらに、リリースが2016年以外のタイトルも、入れてもらってOKです。
 たとえば、全部旧譜でも全く問題ありません。
 もちろん、ダウンロードのみ、ストリーミングのみ、限られた場所で限定的に配布された音源なども大歓迎です。
 
 
以上です。
肩の力を抜いて、いい感じに、好きなように、エエ加減に、楽しくやってください。
 
 



2015年12月01日(火) ■おれ的わたし的2015ベスト ごあいさつ&応募要項

みなさん、今年もお疲れ様でした。
石井です。
今年も「おれ的わたし的ベスト」の投稿を募る時期となりました。

■「おれわた」とは
「おれ的わたし的ベスト」と称して、
ここ一年でよく聴いた音楽をみんなで挙げ合って
新しい発見をしまくって笑ったり踊ったり生きる糧にしたりする、
音楽バカによる音楽バカのための企画です。
今年で13年目になります。

過去分
2014年
2013年
2012年〜2003年


どんな日々でも、音楽は溢れて、奏でる人は奏で、観る人は観て、聴く人は聴き、踊る人は踊ります。
これは、人種、文化、言語、宗教、気候、貧富、政治体制、時代、世代... 様々なものが違っても、世界中どこでも同じみたいです。
なんか、そういうのって、いいですよね。

世知辛い世相だからこそ、せっかくひねり出した遊興費は、落とすべきところに粋に落として、存分に楽しみたいものです。
この企画には、毎年、音楽キチガイたちが、ヤバい音楽を投稿してくれます。
そんな音楽キチガイ達の独り言が寄り集まって、少しでも皆さんの楽しみや生きる糧の手がかりになったら、とても嬉しいです。



【応募要項】
■応募要項
下記の項目を、メールにてお送り下さい。
whistleman_アットマークhotmail.com (「アットマーク」を”@”に変更して下さい) 
※メールが石井に届いたら、必ずお返事します。
 メールしてから数日経っても返事が無い場合は、再度ご連絡下さい。

———ココカラ——————————————————————-
■お名前(匿名OK)

■サイト名・アドレス

■2015年にリリースされた音楽で、良かったものベスト10
 一枚づつに感想があると嬉しいです
 10枚でなく、多くても少なくてもかまいません。

■2015年にリリースされた作品以外で、よく聴いた音楽
 同上

■今年のこの1曲
 沢山ある方は複数でもOK。YouTube等試聴できるリンク先も嬉しいです

■ライブ、イベント等々で良かったもの
 いくつでも

■音楽以外でのベスト10
 なんでもどうぞ

■自己紹介
なくてもいいです あると嬉しいです

■2015年はどんな年でしたか?
 なくてもいいです あると嬉しいです

■石井への連絡があればどうぞ (サイトには掲載しません)
 なくてもいいです あると嬉しいです


———ココマデ——————————————————————-



■締切
 1月17日(日)終日中
 以降も受付はしますが、いったんこの日で締切とします。

■お願い
ジャケット画像のデータを一緒に送ってくれると、とてもありがたいです。
なくても大丈夫。

■できれば
どれだけ好きかとか、どんなふうに好きかとか、どんなふうに聴いてるというような、個人的なコメントを添えてもらえると、とても嬉しいです。
論理的だったり技術的だったり、感情丸出しなフルチン状態の文なんかもいいですねー。
 
■選定タイトルについて
今年リリースされたタイトルのリコメンドがメインの企画ですが、再発/リイシューもアリです。
リリースが2015年以外のタイトルも、どんどん入れてください。
たとえば、全部旧譜でも全く問題ありません。
むしろ全部旧譜なのに今の時代の空気が出ているセレクトなんて是非読んでみたいですね。
フリーダウンロードの音源も大歓迎です。

■今年からの変更点
・掲載する画像は、〆Gリリースのもの、∈Gリリース以外のもの、それぞれ10枚まで。11枚目以降は掲載なし。
・ ↓以外の項目(今年の一曲、ライブ、音楽以外)については、画像の掲載はなし。
・YouTube等の動画サイトの貼り付けは、文字リンクのみ。プレイヤー形式での貼り付けはなし。

...制約が増えてしまって、すみません。
今後も続けていくために、ご理解ください。

いろいろ書いてしまいましたが、まー、肩の力を抜いて、いい感じに、好きなように、楽しくやってください。

お待ちしてます!!!
 
 
 

前↓


石井 | home