Going with Zephyr@仙台サンプラザホール

2019年08月30日(金)
実は去年もA.B.C-Zツアー仙台行ったんだよ6月
ぜんぜん更新してないから書いてないけど。

まー夏の仙台過ごしやすい
暑かったけど、風もあるし道が広くて清々しいの。
駅ビルでさっそくナポリタン食べて
あれ美味しいのよ!ナポリタン。毎週食べたい。
クレソンのサラダもおいしかったー
住めるー

仙台サンプラザも二度目
今回はデジチケで事前に席がわからなかったけど
着ブロだったから安定して見やすいお席だった。
始まる前からのA.B.C-Zコールもあったかいよね

オープニングからかっこよかったなー
友だちがCD予習させてくれてたから
どわー!1曲目これかよー!好きー!!
ってなった。
また衣装が良い。クラシカルな感じというか。
きらびやかながらタイトなシルエットで
ダンスの動きがすごくきれいに見えるんだよね
五関さんの羽根がはえてそうな軽やかさ。

今年もバックなしの5人だけ。
やっぱり5人ていうのはバランスが良いなといつも思う。
五角のフォーメーションてキレイだし
横一列になってもおさまりがいい。
5人の個性もホントにバラバラなのにまとまってる。

ただでさえステージと客席が近いのに
客席内通路をメンバーが練り歩いたり、
お立ち台に立って歌ったりする演出がある。
あんなのキスマイでやったら
客が移動してきて地獄を生む、、と思うけど
えびのお客さんはマナーがよくて
メンバーが手を伸ばすまで触ったりしないし
移動してくる客もいない。すごく平和。
そういう中でハイタッチやファンサしてもらって
喜んでるお客さんの様子見るのも好き。

MCも河合くんが不憫でかわいかった
曲中はあんなにキメキメでかっこいいのにね。
五関さんが俳優の三津谷くんと遊びすぎ!
てメンバーが嫉妬してておもしろかった。

シンプルなセットながら、
奥に段差を作った立体的な構図とかが演劇っぽかったり
背景の画面に女性ダンサーのシルエットが映って
ペアダンスのように見せたり。おもしろかった。
女性のシルエット演出は
キスマイでたまちゃんソロでもやってたし流行りなのかな。
熱くならない火花の演出もやってた。
男子新体操の動きを取り入れた「ボクラ〜LOVE&PEACE」
すごかったなー
揃ったアクロバットや大技もあってかなり本格的。
装置がなくても、動きだけで見入ってしまう
こういうのが身体能力の高さだなーと感心する。

広いところだとアクロバットのすごさって
伝わりにくい部分あると思うけど
この距離だと動きも表情も
画面や双眼鏡なしで伝わる。
客席降りにしてもそうだけど
規模とパフォーマンスのバランスが素晴らしい。

かっこいい〜〜と痺れてると
急に寸劇が始まって、塚リカちゃんが現れて
もうめちゃくちゃ笑った。
4年前の代々木ぶりに会ったよ塚リカ。
豪快なウインドミル。白いパンツ。

笑いすぎてこっちの呼吸は荒れているというのに
直後からエンディングへ向けて駆け抜けるような
かっこよく魅せる曲のラッシュ。
堂島さん提供の「Black Sugar」から
最高だったなー
歌も、はっしーだけが目立つような構成が少なくなって
全員が強くなって見せ場が増えてるような
おとなの魅力が底上げされてる。

けどね、最後の「FORTUNE」だったと思うけど
はっしーが上着脱いで、インナーの裾をぐっとしまって
汗で濡れた髪を手で荒っぽく掻き上げてオールバックにして
そのときの顔が、すごく気合が入ってるというよりもう
鬼気迫るような力の入った目で
そこからのパフォーマンスには釘付けになった。
FORTUNE自体が、アンセムっぽいというか
個人的にはキスマイのI Scream Nightを思い出すような
夏の暑い夜の温度、暑くて楽しくて、切ない曲だから
すごく刺さったね。
アツいパフォーマンスでした。A.B.C-Zかっけー

そしてアンコール。再びの客席降りなんですけど
最後は2階や3階の席にも来てくれるんですね。
すぐ近くの扉からとっつーが現れて、
すごーい!近いー!なんてキャッキャしてたら
こちらへもずんずん歩いてきて
ずんずんずいずい、、気付いたらもう目の前中の目の前に居て
あんな綺麗な顔近くで見たら目が潰れるぜ
って2階席から見下ろしてる状態でさえ思ってたのに!
私の後ろの席のお子様たちを構いにきてくれてたのでした。
よかったねお子様。
私は石になったよ。
美しさが強烈すぎて、私から手を伸ばすなどできやしなかった。
すっかり石化したんだけど
すごく甘い匂いがして、ぶわっと目が覚めたのでした。
ジャニーズの残り香が甘いのって都市伝説でしか知らなかった
マジなんだ。

石になったり興奮して汗吹き出したりして
アンコール記憶ないです。せっかく終電もやってたのに。
メンバーみんな後ろの席のお客さんのとこまで歩いていって
お客さんもメンバーも全員笑顔で終わりました。
ダブルアンコールはなかったけど、スタッフに追い出されるまで
コールして仙台のお客さん熱かった!
来年は2公演だな。

担当でもないのに毎回めちゃくちゃ楽しい
A.B.C-Zかっこいいし、おもしろいし、お客さん優しいし。
距離感がすばらしいよね
そりゃジャニーさんも好きだよえび
代々木でジャニーさんが隣にいたときびっくりしたけど
一緒にコンサート観れたこと、一生の思い出。

駅まで歩いて、あーだこーだ喋って楽しかった
甘い残り香でだいぶ記憶が侵食されたけど。
また一緒に観たいな。

1.Welcome to the Night
2.Crush On You
3.Moonlight walker
4.Fantastic Ride
5.JOYしたいキモチ
6.Saw me tight
7.Want You Back
8.Move that body
9.hazy love
10.EVERLASTING LOVE
11.Twinkle Twinkle A.B.C-Z
12.SPACE TRAVELERS
13.Reboot!!!
14.Za ABC〜5stars〜
15.ボクラ〜LOVE&PEACE〜
16.DAN DAN Dance
17.Chance to Chance
18.夜明けのガスリンガー
19.リンネ
20.Shake it Like it!
21.SHOWTIME!
22.Man and Woman faat.塚リカ
23.Black Sugar
24.Sweet Addiction
25.幸あれ
26.FORTUNE

E1.Walking on Clouds
E2.パイアール。
E3.Take a “5” Train
E4.終電を超えて〜Christmas Night


2019年08月12日(月)
え。なんかもう100年ぶりに更新したんじゃないの
という気分。

そんなことないんだけど。
ヒマなときほどなにもしないのに
忙しかったり疲れてたりするほど何故か更新したくなる。

吐き出したいんだよな
たぶん
なんにもなくてだらだらしてるときは
アウトプットなんかしたくならないの


目次にアンケート置いてることも忘れ去ってますけど
5年ぶりに新しいコメントが届いていて驚きました。
↑これは本当。

全然見てなくて申し訳ない。
返事する機能もないのでアンケートは貰いっぱなしですけど。
あたたかい一言を頂けて、本当に嬉しいです。
ね。なんかね。照れちゃうね。ありがとうございました。

書きたいことはいっぱいあるけど、筆進まぬよね
一週間疲れすぎて土曜日はずっと横たわっちゃうし
100年ぶりにやる気出たからもうちょっと更新したいぞ。
と言うだけ言っとく。


聖地巡礼〜ナツフィッシュ〜@渋谷WWWX

2019年08月06日(火)
7月めっちゃヒマだったんだよ
ライブもなくて。
海の日過ぎても梅雨明けなくて長袖手放せなくて

それが下旬の梅雨明けとともに
なぜか仕事も上層部からの常軌を逸した命令により
むちゃむちゃに忙しくなってしまい
こんなじゃ定時で帰ってライブなんて行けねえわ!!!

と怒りの午後半休を使って、今日を迎えたのです。

ナツフィッシュって言葉、何年ぶりに聞いた?書いた?
何度か行ってるはずだよね。だいたいクアトロでさ。
ナツフィッシュじゃないけど、なんのときだっけ
もう何年も前に、髭ちゃんと一緒にアナログが出たとき
本当に心が動かなくなってしまってて、
それ以降聴いてなかったし、ツイッターのフォローも外してた。
それくらい遠ざかってた。

で、そんなアナログフィッシュも結成20周年なんだって。
そのお呼ばれなので、今日はGRAPEVINE先攻

リキッドより小さいハコも久しぶりだったかな?
なので結構前で待ち構えてたんですけど
登場するなりタナカさんが、黒シャツで客がざわつくざわつく
え、黒だ!なんで。黒?え?
とか声に出ちゃってるみなさん。
シャツが黒なだけで、男女問わずざわつかせるのすごいな。
まあ、タイトめな黒シャツちょっとえっちすぎるな
とは思いました。

ここ最近からの流れで、特に驚きの選曲とかもなかったけど
お兄さんたちとしてはのびのびやりつつ
一発かましたんで、くらいの気合も感じましたね
特にミチバシリからGod only knowsの流れ
たまらんかったー
音でガーンと殴られるような揺さぶられるような

そのあとCOREで、もう私は。
金戸さんがっつり目の前に見える場所にいたから
ずっっと見た。COREは金戸曲と思ってる。
今日は前に出てきての煽りとかなかったけど、
めちゃくちゃ堪能した。あー最高。一生やって!!

シメはやっぱりArma
そんなに爽やかな曲でもないはずだけど
この曲の持ってる、明るさや幸せな空気って不思議
夢や理想じゃない、この日常の諦めや気怠さも含みつつ
憂いているだけじゃない
それでも、この道を歩いていく
というような、確かな強さもある。

リフレインが少なくて、すっと終わっていくのも珍しくて
余白が残ってる感じがいいんだよね
抜けがいいというか。
うん、いい曲。

>>FLY、Alright、すべてのありふれた光、Wants、ミチバシリ、
God only knows、CORE、光について、Arma


気分がよくて、酒を追加しに退避して
後攻アナログフィッシュは、後ろから見ました。

サポートが入って4人になってた。
当然、知らない曲ばかりだった
とんでもなくオシャレなリズムの曲があったりして
すごく盛り上がってて、
当たり前に、私の知らなかった時間に
彼らは大きくなってたんだなあ、なんて思って。

下岡さんは淡々と見えつつも
すごく熱を含んだ、湿度が高く感じる曲で、
ササケン(こう呼んでる人いまもいるのかな)は
見た目の暑苦しさからは飛び抜けるような
ポップさや爽やかさがある曲で
ふたりのバランスが変わってないのが懐かしかった。

バインがさっき「アナッシュ」と妙な略称で呼んだのに対して
「グレバ兄さん」と返すように呼ぶ、おかしな流れ。
「晃の部屋で、一緒に光についてでMステ出たの見たよな!」
と興奮するササケン。
20年前は憧れでしかなったグレバ兄さんと
仲良くなって、一緒にライブもできて幸せだと言ってた。

好きだったバンドが
こうして今でも仲良くしてるのを見るのもふしぎな気持ちだよ。

ササケンボーカルで「風待ち」をカバーしてくれた
ありがとう季節感。
しかもコーラスがすごくきれいで、アレンジもおしゃれだった。

PHASE、Fine、荒野のラストスパートは
知ってる曲だったのもあったし、
この曲まだ大事に歌ってるんだなーと思って少し嬉しかった。

本当のことを言うと、フロアの前の方で観るのが怖かった。
またあのときみたいに、自分の中が冷えてしまったらどうしよう
と思ってたから。
でも、今日は、そんなことなかった。
最後は自然と手拍子したし、歓声も上げて、惜しみなく拍手した。

かっこよかった。
昔よりずっと、味が濃くなったような
短い時間だけど、濃密な音の波に乗れた気分だった。

ナツフィッシュ、ごちそうさまでした。
夏だなー!

>>Sophisticated Love、SHOWがはじまるよ、
There She Goes (La La La)、Ring、Time、Baby Soda Pop
Uiyo、風待ち、City of Symphony、PHASE、Fine、荒野



前の日 もくじ pd / mail / MY+ / A+

Design : maybe / Illustration : ふわふわ。り