新古今東西お笑い見聞録



見聞録を書かなくなったわけ

2004年01月09日(金)

M-1などショーレースはその場で面白い
面白くないよりも、技術や潜在能力、知識など
その他のネタも垣間見える部分を重要視するべきだと思っています。
その場で面白いということが重要と言うことになれば
ネタをとちり捨て身の笑いに走ってそれが
たまたまこの世のものとは思えないほど面白かったという場合
それが一番と言うことになってしまいます。

ABC新人お笑いグランプリでキングコングが
グランプリを受賞した時のコメントで

もう1年延ばそうかなと思ったけど
ここでとらしてあげな腐るんじゃないかなぁと思って

というものがありました。

将来が有望だからここで賞をとらせて
さらにステップアップさせようという気持ちの
あらわれの部分があったとかんじます。

今回のM-1を見ると
フットボルアワー以上に技術、知識等の熟練度が
高い漫才師はいなかったわけで、このコンビに優勝させないと
いうことは正直考えられませんでした。

たしかに笑い飯のネタは、去年酷評した
小学生の目立ちあいからプロの味付けが加わり
とてつもない成長がかんじられ、最初のネタは
去年はかんじられなかった面白さがあったものの
2度目は成長度による新鮮な感動がなくなり
結局2番煎じになってしまった感は否めません。
これは技術だけではなく将来性にもかかわってくる
重要な部分に思えます。

そしてアンタッチャブルは技術、知識、練習量
すべてにおいてフットボールアワーを越えている
感じはしなかったことはたしかです。

またフットボールアワーのネタが秀逸だったのは
1度目のネタと全く同じ枕から全く違うネタに
持ってくるというとてつもない技を見せることで
他の2組を枕の時点で格下にしてしまったというもので
この二人のゆるぎない自信と、負けられないという
気合がかんじられるものでもありました。

これだけ多くのことが絡み合っているにもかかわらず
面白いと思いませんでした。
の一言で否定しようとする人たちがおり
幅をきかせているのだろうと思ったことが
今後の若手の成長の困難さをかんじさせる原因となり
若手のお笑いの番組を見るモチベーションを下げさせました。

(続く)


見聞録を書かなくなったわけ

2004年01月07日(水)

そんなこんなでお笑いの番組は見るものの
見聞録は書く気がしないという日々が続き
M-1がやってきたのですが、それまでも
エンタの神様や見る頻度は落ちたものの
OAバトルも見てきていました。

正直OAバトルは全体的なレベルが低下している
事実が如実に出ていますし、エンタの神様に
いたっては正直さっさと番組を閉じてほしい
と思うほど笑いをわかってない製作サイドには
憤りを感じていました。

このような番組制作しか出来ないテレビ業界の
レベルの低さ、不勉強さに嫌気がさしていたところに
常にあったのはますだおかだが2002年のM-1に
優勝した時に行ったライブに来てくださいという
言葉ではありました。

しかしライブに行くにしても
満足できる芸人は一握りで
その一握りはライブでなくても十二分に
実力を発揮しているということで
ライブに行くことすらもしようと思いませんでした。

そして2003年M-1グランプリ
個人的には2003年一番満足のいく
若手お笑いの祭典だったと感じたのですが
その後ふと目にしたM-1グランプリ公式サイトのBBSでの
的外れな意見がこの書かなくなったわけを
書かせるきっかけになった気がします。

(続く)


見聞録を書かなくなったわけ

2004年01月06日(火)

8ヶ月何も書かずに突然前触れもなしに
M-1の総評だけ書いたのですが
これまでなぜ沈黙していたのかを
書こうと思い今日からその理由を
すべて書こうと思います。

一番の理由は笑いに対するモチベーションがなくなったと言うこと
若手の笑いを元にお笑いを評論してきたのですが
日々笑いの質が低下していっていることに憤りを感じ
批判するばかりならば書いていても楽しくないではないかと
思ったことにはじまりました。

昨年夏に梅田花月へ移ったメンバーを最後に
吉本の若手のレベルはたかが知れており
評論するに値しないメンバーが多く
目にするネタは何の工夫も広がりもない
恋愛ネタばかりと正直嫌気が差してきていました。

立川談志家元はこういいました。
談志の笑いを求める客は談志レベルまで笑いを勉強して
談志についていこうとする。

笑いは消耗品でも大量生産品でもなく
嗜好品だと思います。
すべての人に合わせた笑いを作るのではなく
演者の笑いを追求していけばそれでいいのです。
客に媚を売る必要は少しもないのです。

しかし現状は目先のうけだけを狙い
安易な恋愛ネタが増える始末。
ちょっとコアな話題のネタをすると
ちんぷんかんぷんでどこで笑っていいかわからない。
本来の笑いどころではないところで
なぜか笑いが起きる。

正直この状況に憤りを感じ
これを書くことすら嫌になっていました。

ここで落語の話をよく書いてきていましたが
「古くてリアリティがないから面白くない」や
「古くて面白くない」などもっともらしいことを
言って敬遠している人もいると思います。
これは自分の無知を露呈しているだけだと思ってください。
笑いは嗜好品です。
その時代の風土、経済状態、風俗、習慣などを知ってこそ
面白さがわかるのです。

当然漫才もコントも同じで
その演者の知識と同じ知識を持ってはじめて
その笑いがわかるのです。

正直現在のお笑い番組を見ていても
その知の部分を感じられなくなってきているので
私が書く意義はないと感じていました。

(続く)

 < 過去  INDEX  未来 >


ご意見ご感想、リクエストはこちらからメール下さい
PCに関する日記も書いてます
おおかみ
引越し前からの合計のカウンタです
本日は番目のアクセスです。
また昨日は人のご来場者がありました

My追加


古今東西お笑い見聞録が携帯用メルマガで復活します。 登録は下から!
Email:
Email:
お世話になっている企業です。


ホームに戻る