新古今東西お笑い見聞録



落語

2002年06月27日(木)

火曜日から、頭痛、胃痛、腰痛、下痢に悩まされ
日記の更新が微妙に疎かになっています。
もうしわけありません。
今日も体調はあまりよくないのですが、
昨日何も書かなかったので昨日の分と
今日の日記を今日中に書こうと思っています。

さて昨日の分なのですが、私が常々話題いにしている
落語に関して書きたいのですが、演目と解説と
その演目のあるリンク先を書くのでご自分で読んで
楽しんでいただきたいと思っています。

まず最初に私が最も好きな「阿弥陀池」です。
この噺は本題の中の伏線が絶妙で落ちできちんと笑わせてもらえます。
勘のいい人は後半で気づくとは思いますがそれでも面白いです。
この阿弥陀池こそが私が常々言っている質の高い笑いの代表です。
この面白さがわからなければそうとう・・・・だと思います。

次に好きなものは
「初天神」です。
この噺は小憎らしい子供が出てくるのですが、その周りを取り巻く
人々も非常に味があって面白いです。
凧屋の店主など最高に笑えるので是非読んでみてください。
ただ仕事中などにこそっと読むのは控えたほうがいいと思います。
私自身が笑ってしまいちょっと焦った経験があるので
一人のときに存分に楽しんでください。

さて他にも紹介したいのですがきりが無いので
これを最後にしたいと思いますが
最後に紹介するのは「桃太郎」です。
これにも小憎らしい子供が出てくるのですが
非常にためになる話になっています。
この噺も伏線がきちんと効いていて最後になるほど〜と
終わる事が出来非常に面白く感じるでしょう。

以上3点ですが実際読んでもらうと
その面白さがわかると思います。
そして実際に聞いてもらうともっとよくわかると思います。
さらに実際に落語を見ると・・・・

とにかく一度読んでみてください
それに要した時間は損したものにはなりませんから。


品川庄司

2002年06月26日(水)

今回は前からここで酷評をしている品川庄司です。
以前から面白い品川庄司を見たいと言っていたところ
知人からOAバトルで480台を出した時の
ビデオを見せてもらったので今回書くことにしました。

最初に結論から言わせてもらうと私はボールを入れません。
面白いか面白くないかで言うと、面白くありませんでした。
理由はネタの構成がまずいこと、メリハリがないこと
後半間延びしすぎで飽きてしまうこと、流れが悪いことが
挙げられます。

以前から書いてきてはいるのですが
きちんと昔からの笑いの文法を勉強してほしいものです。
漫才はノリだけでは完成することはありませんし
ファッションでもありません。

漫才は古くから受け継がれてきた話芸であって
そこには伝統と歴史があるのです。
本当に質の高い漫才をするのならばそれを知り
勉強しそして現代の感性を加えていくことが
重要だと考えます。

東京のNSCで東京を拠点にしていることが
ひょっとしたらマイナスになっているのかもしれません。
関西の若手はNGKなどで先輩と話しができる機会が多くあります。
東京でも島田紳介や松本人志からアドバイスはもらえるはずです。

そして関西から強力なライバルが多く東京に来たはずです。
ライバルだからと距離を置くのではなく真摯に語り合うのも
いいのではないでしょうか。

東京NSC1期生として品川庄司にはもっと面白く
そしてレベルの高い漫才をしてほしいものです。


コーヒーブレイク〜サッカーチーム〜

2002年06月25日(火)

日本のサッカーチームって
アパートとかマンションの名前に似てない??
先輩が言った一言がその後こんなバカな話に
発展するとは思っても見ませんでした。

たしかに「ブランメル仙台」「コンサドーレ札幌」
「ヴィッセル神戸」「サンフレッチェ広島」と
アパートやマンションの名前として使っても
違和感の無い名前ばっかりなんですが
この話の後でサカつくが流行ってしまうとは
だれも想像しなかったわけです。

サカつくを仲間全員がやりだしとやはり話は
それに偏るわけで各自の持っているチーム名にの
話題になったわけです。

A:俺アパートの名前つけるつもりで考えたよ
B:俺も俺も
C:Aはなんて名前にした??
A:ハイツ堺
C:お前そのまんまやん(笑)もっとひねれよ
A:ほなお前はなんてつけてん
C:メゾン岡山
B:結局その程度かいな(笑)俺はもうちょっとマシやで
A:なんてつけた?
B:コーポ静岡
C:なんやみんな考える事は同じか(笑)さっきから黙ってるDは?
D:俺はいろいろ考えたで
C:言ってみいや
D:メンソーレ沖縄
C:確かにアパートみたいやけども、ひねってあるけども

これを実話ととるかネタととるかは皆さん次第
でも是非沖縄にサッカーチームを作るときは
メンソーレ沖縄としてほしいものです。


ちゃらんぽらん

2002年06月24日(月)

今回は中堅のちゃらんぽらんを書いていくのですが
私ははっきり言ってこのコンビが好きではありません。
このちゃらんぽらん「ちゅ〜とはんぱやなぁ」で
一世を風靡し上方お笑い大賞も上方漫才大賞もとっている
実力派なのですが、どうにも好きになれないのです。

理由は下ネタの多さと下品さ、それで十分ひいているのに
さらにワンパターンなネタ、これがどうにも好きになれない
原因ではないかとおもわれるのです。

吉本の多くの漫才師はテレビの収録のないNGKの舞台で
下ネタを多用することは珍しくないのですが
このちゃらんぽらんは過去にゴールデンタイムの
寄席番組で下ネタ全開の漫才をしていた記憶があるのです。
しかも当時中学生くらいだった私にはどうしても
受け入れることができず。いまだにちゃらんぽらんに対して
下品な下ネタをするワンパターン漫才というイメージを
ぬぐえずにいます。

逆にいえばこのイメージを私から消せずにいるちゃらんぽらんは
その頃からなにも変わっていないということになると思うのです。

まぁなにはともあれ中堅どころがあまり好きではない私としては
その好きでない筆頭のちゃらんぽらんは見たくないと
言ったところなのです。
今後中堅どころも書いていくことになるのですがいいことを書かれる
コンビは少ないのではないかと思われます。


OAバトル

2002年06月23日(日)

今回のOAバトルはいつもの感じといったところで
可もなく不可もなくといったかんじでした。
まぁ一つあるとすれば中川家はちょっとといった感じでしょうか。
では総評です。

江戸むらさき
今日はいまいちパンチが弱かったような気がします。
いくつか読めるネタが多かったので今までで
一番いまいちだったようなかんじかしました。
今回のネタは終始小笑いのみで大笑いが全くなく
物足りなかったように思えました。
ただ非常に評価できるのはショートコントだけで終らず
伏線をはりつつ落ちを持ってくるというところで
これだけネタをきちんと構成できるのなら漫才をやっても
良いのではないかとも思います。
一日も早く漫才にステップアップすることを期待しています。

エレキコミック
相変わらず何が面白いのかわからないコントです。
この程度なら普通に話ししている方が面白いのではないかと感じます。
落ちも趣旨がわからず笑いには直結しないものでした。
ストーリー性、ネタの構成、間、テンポをもっと考えるべきだと思います。

アメデオ
相変わらずボケが中途半端で意味不明です。
漫才のボケとツッコミは微妙なところを突いてくるからこそ
おもしろいのです。以前にも書きましたが現実と非現実の間で
ボケたり突っ込んだりするからこそ面白いのです。
しかも後半は台本を棒読みしているだけで落ちもありませんでした。
ネタをもっと練りこむことと練習が必要だと思います。

チュートリアル
このコントは以前BaseTVボカンッで見てあまり面白くなかった印象が
ありました。それはチュートリアルらしくないネタの構成で
漫才のときはあれほど緻密に構成されているのにコントになると
どうしてああなるのかが不思議でたまりません。
他のコントもいくつか見ましたが、やはり漫才の方が
クウォリティが高いと感じてしまいます。
できればコントには浮気せずに漫才一本でやってほしいものです。

中川家
中川家が出てもいいのでしょうか。
はっきりいって貫禄が違いすぎます。
NGKでも後半部を勤めるほどなのではっきり言って中堅です。
若手が出るOAバトルという認識があるので反則なのでは?と
正直思ってしまいます。
間違いなく面白いのでいいのですが他の若手も見たいので
中川家には遠慮してくださいといったところです。

さて来週は陣内ライブで最も面白いと思ったコントが見れそうです。
録画の用意を忘れずにと言ったところです。


今日から再開することにします。

2002年06月22日(土)

予定では明日OAバトルを書いて
エンピツでの更新を開始という予定だったのですが
少し予定を早めて今日からということにしました。
エンピツに引っ越してきたのですができるだけ
今までのスタンスは崩さず、コンパクトにまとまった
文章を心がけて書いて行こうと思っていますので
引き続き愛読していただける方、
そしてエンピツではじめて知ったというみなさま、
よろしくおねがいします。

さて更新を今日に早めたのはワールドカップがつまらなくなった事と
baseTVボカンッ!で総集編と称して今までやった名作漫才を
放送していたということでせっかく見たわけだし更新しようと
思ったというわけです。

今回見た漫才は、ビッキーズ、麒麟、キングコング
レギュラー、次長課長、シャンプーハットなど
計10組だったと思います。
その中で特に印象に残ったのがキングコングとシャンプーハットで
正直に言うとどちらも良い意味では印象に残っていないということです。

最初から読んでもらっている方はご存知かと思うのですが
私はここまでキングコングを誉めてきていたのですが
どうにも最近伸び悩んでいるような気がしてならないのです。
今日その核心をつかんだとは言いませんが、今日見たネタは
というよりも最近のキングコングのネタは
どうにも幼稚なような気がしてならないのです。

何が影響しているのかはわからないのですが
ABCの新人大賞をとった時と比べてどうにも後退しているような
気がしてならないのです。
ファンが甘やかしているのか、それとも本人たちも悩んでいるのか
私が思うにキングコングの二人は客を意識してネタを作っていると
感じます。

しかしキングコングほどの実力の持ち主になり、
そしてある程度ファンもつかんだ芸人は客を意識するのではなく
自分たちが面白いと思う物を自身を持ってすれば
客が、ファンがそこに追いつこうとするものなのです。
キングコングは今後本当に自分たちが面白いと思う物を
追求していくことが王者への道ではないかと思います。

次にシャンプーハットなのですがハッキリ言って
こちらはキングコングよりも幼稚でした。
何年漫才をやっているのか聞いてみたくなりました。
以前にも書いたのですがこの二人仲が良すぎるのが
伸び悩んでいる原因ではないでしょうか。

お互いに気をつかって面白くないものも面白いと言う
といった感じではないのかと想像してしまいます。
突き放す厳しさも優しさであると知ってほしいものです。

さて明日はOAバトルの総評を書いていきます。
エンピツに引っ越して字数制限がなくなったので
一組ずつ今まで以上に書くことができるので
実は楽しみにしています。
みなさんも明日のOAバトル期待してお待ち下さい。


引越しが完了しました

2002年06月19日(水)

某所からの引越しが完了しました。
引っ越し後最初の更新は23日のOAバトルから
自分の文章力の低下から立ち直るために
文字制限という足かせから離れようと
引越ししてきました。

がんばって更新して行きたいと思っていますので
よろしくお願いします。


ただいま引越し中です

2002年06月18日(火)

某所日記ページから
字数制限のないこちらに引っ越しています。


ケンコバ

2002年06月17日(月)

知人が美容院で美容師に
「最近似非ベッカム増えてません?」
と聞くと
「もう15人くらいやったで!ピンクもおったし」
と言われたそうな。

ベカッムってケンコバのまねしてるのに・・・
ケンコバのほうがあの髪型したの早いのに
ベッカムなんてついこないだまで丸坊主やったで!!

ベッカムがケンコバのファンまねしてあの髪型したって知ったら
みんなの反応見てみたいなぁ〜


OAバトル

2002年06月16日(日)

今回はリアルタイムに書いていたのですが
999.5文字なのに文字数が多すぎますと言われ
さらにバックアップを忘れていたため
全部消えてしまいました。
めちゃめちゃショックです。

全体的にいうと今回は非常にいまいちで
どうせいまいちならだいたひかるの不思議ワールドで
ぼ〜っとするというのでも良かったのではないかと思います。

毎回期待ハズレのおぎやはぎ、
小ネタばかりで主題の暈けたネタの$10
意味のないコントのバナナマン
アナウンサーになった方がいい星野卓也
ネタがバラバラで一貫性のない三拍子。

どうにも今回は不作でした。
その分来週はチュートリアルに中川家と楽しみにできるのではないでしょうか。
ただチュートリアルのコントは私が知る限りでは
すごく面白いものはないので今回はあまり期待していません。
それから中川家はOAバトルに出てもいいのでしょうか。
あとレギュラーも出るので来週は辛口になりそうな予感です。
まぁ全てはOAされればのはなしですが


ワールドカップ

2002年06月15日(土)

日本代表、韓国代表トーナメント進出おめでとう
今日は歴史的な日となったと同時にポルトガルの
1次予選敗退が決まってしまいました。
正直言うとアメリカにはワールドカップ自体に出てほしくないので
ポルトガルと韓国は引き分けて両方がトーナメントに
出てほしかったところです。
次回から北中米予選で3カ国という枠を無くし
アメリカ予選として北中南米で8カ国としてもらいたいものです。

さてくだらない話しは置いておいて今日の日本代表の
私の評価を10点満点で書いていきたいと思います。

楢崎 7.5
松田 7
宮本 8
中田浩 7.5
戸田 7.5
稲本 6.5
明神 7.5
小野 8
中田英 8
鈴木 7.5
柳沢 7
市川 7
森島 7.5

トルシエ 7.5

今日のゲームは全員がよくがんばったと思います。
次はトルコ戦、今までのように簡単には勝てないと思いますが
良いゲームを期待しています。

さて明日はデンマーク×イングランドです。
蒸し暑くなればデンマークの一方的なゲームになると思うのですが
涼しくてもイングランドが勝つことはないと思います。
ベッカムファンはしっかり見ておきましょう。

最近ワールドカップのネタばかりで申し訳ないので
今日は待っていました土曜日のあの日です!
最近サボっていたので今日はきちんとOAを見ながら
書いていきたいと思います!!
ル・マン24時間耐久レース!!!

さて冗談はさておきワールドカップは今日から
決勝トーナメントということですが
ワールドカップが終ってからのこの日記の予定を
書いていこうと思っています。

前からリクエストをもらっていたのですが
若手から中堅、大御所に広げていきたいと思っています。
ちゃらんぽらんやこだまひびき、大助花子など
多く書いていくつもりです。

それからまだ予定なのですが7月30日は
NGKに行ってこようとも思っています。
劇場レポートも楽しみにしていてください。

さて懲りずにサッカーの話しに行きますが
今日からは控えていこうと思っているので
一気に書きたいこと書いていきます。

決勝トーナメントのベスト16の勝敗予想です!

デンマーク×イングランド:デンマーク勝利。イングランドは暑さに負けます。

ドイツ×パラグアイ:ドイツ勝利。チラベルトの能力ダウンは痛いです。

ブラジル×ベルギー:ブラジル勝利。今回のブラジルはイメージが合ってます。

メキシコ×アメリカ:メキシコ勝利。総合力でメキシコは世界の上位

スウェーデン×セネガル:スウェーデン勝利。堅守のスウェーデンが有利

スペイン×アイルランド:スペイン勝利。今大会のスペインの充実度は素晴らしい

日本×トルコ:日本勝利。昨日の戦いができれば!

韓国×イタリア:イタリア勝利。トッティ次第で韓国にも勝機が!

取り敢えず今日書いておけば18日までは持つので
これでお笑いに専念しようと思います。


デンマークミスから3失点!!
小学生以下の内容
フランスを完封して気がぬけたにしても
ミス多すぎ

イングランドはベッカムが今日は切れてるだけに
あと何点取るか楽しみやねぇ

前半のデンマークには失望した。
オランダがいない代わりに期待してたのに


不思議

2002年06月14日(金)

最近いたるところで似非ケンコバを見る。
いつのまにケンコバがブレイクしたのだろうか。


忙しくなる前に懲りずにサッカー

2002年06月13日(木)

今日もワールドカップネタです。
今日から週末まで忙しくてPCの前に座る時間が限られるので
すきを見て書こうと思います。

さて昨日アルゼンチンが1次リーグで敗退しました。
今回のワールドカップは非常に波乱の大会となっていますが
Fグループに関して言えばどこが出てもおかしくない
ところなのでもう一度すれば結果は変わっていたと思います。

昨日でベスト16の試合4試合の組合せが決まったのですが
予選以上の好試合が期待できる組合せが見えてきました。
まずはデンマーク×イングランドですがこれはベッカムファンには
申し訳ないですがデンマークが勝つのではないかと思います。
そして世界最高のGK対決のドイツ×パラグアイ、
今大会最も充実しているスペインとオランダを撃破して登場の
アイルランドのゲーム、そして堅守のスウェーデンと台風の目セネガル
今の段階でも十分期待の膨らむ組合せとなっています。

優勝候補の筆頭といわれたアルゼンチン、フランスが敗れたおかげで
多くの国に優勝の可能性が出てきました。
私の考えではドイツ×パラグアイの勝ったほうとスペイン×アイルランドの
勝った方が準決勝であたるはずです。
逆のブロックからはデンマーク、ブラジルが上ってきそうな予感がします。

まぁなんにせよまだまだ見逃せないゲームが多いということです。


開き直ってコーヒーブレイク

2002年06月12日(水)

今日もワールドカップネタで申し訳ないです。
昨日はフランスが1次リーグ敗退ということがありました。
そしてそのほかでは続々とトーナメント進出国が決まってきています。
ある程度トーナメントの顔ぶれも見えてきたので
今日は優勝予想なんぞをしてみようと思います。

その前にまずは昨日のドイツ戦から
昨日のドイツ×カメルーン正直面白いゲームではありませんでした。
主審が厳しかったというか、機械のような判定をしていたため
ゲームが止まりすぎてサッカーの面白さが消されていました。
その上カードを出しすぎていたため少しの接触で選手は倒れ
セットプレー狙いのゲームとなってしまっていました。

サッカーは選手、サポーターだけでなく審判も良くなければ
面白いゲームにはなりません。
それを考えるとイングランド×アルゼンチンのときの主審は
世界一のジャッジだと言われるだけにゲーム自体も
引き締まった非常に面白いものになっていました。
決勝トーナメントは選手、サポーター、審判が一体となった
素晴らしいゲームばかりであることを祈るばかりです。

さてでは優勝予想といきたいと思いますが
ピンポイントで国名を出してもフランスのようなこともあるので
大まかな戦力分析による注目国という感じで書いていきます。

最も強いと思われるのはアルゼンチンで選手の能力や
層の厚さを考えるとやはり一番強いのではないでしょうか。
そしてスペイン今回のメンバーは非常にチームワークが良く
勝つための組織力が充実しています。
ドイツは相変わらずな組織力で選手間の信頼関係は
世界一なのではないでしょうか。
イタリアはデルピエロやインザーギを控えに出来る層の厚さは
アルゼンチンに匹敵しますが組織力に難があると思います。

ブラジルは南米予選のときと比べて組織力が格段に上がっています。
1次リーグを見た感じ優勝候補に名乗りを上げたと思います。
イングランドですが確かに強いです。でも優勝争いをするほどの
潜在能力は持ち合わせてないと思います。

それから忘れてはいけないのはクロアチア
このチームの守備力は世界一です。攻撃陣も充実しており
全大会に続く好成績も期待できます。

とりあえず今回はこの辺で残りのチームの評価は
明日という事で期待してください。

昨日のフランス×デンマーク私は良くて1−0で
フランスの勝ちでフランス1次リーグ敗退と思っていました。
セネガル戦とウルグアイ戦で結果を出せなかった以上
デンマーク戦でいい試合が出来るとは思えなかったからです。

デンマークというチームは日本では非常に
マイナーなのですがかなりの強豪で代表選手の
プロフィールを見てもらえばわかりますが
ヨーロッパ各国のクラブチームに所属している
超エリート集団なのです。

過去には世界最高のGKといわれたシュマイケルや
ラウンドルップなど本当に優秀な選手も多く
現在4点をあげているFWのトマソン(9)は
フェイエノールトの選手だったりします。
他にもウディネーゼに所属するヨーゲンセン(10)や
PSV所属のロメダール(19)など非常にタレントがそろっており
攻撃力もありそして伝統的に守備力もあるチームです。

ウルグアイ戦が終わった時点でフランスはトーナメント進出が
絶望的だったと言うことがここからもわかるはずなのですが
私個人としてはもう少しプティのプレイが見たかったので
フランスにはトーナメントに行ってほしかったというところが
正直な気持ちです。

でもデンマークはもともと好きなチームだったので
トーナメントも楽しみなところです。
前回のフランスワールドカップ準々決勝以上の成績を
あげてもらいたいものです。


開き直ってコーヒーブレイク

2002年06月11日(火)

おはようございます。
ワールドカップに夢中になってお笑いが
疎かになっているのでもう開き直ってしまえという事で
今日からワールドカップ期間中はサッカーの話を
そしてOAバトルの日やその他なにか見た日は
そのお笑いの話題といった感じで毎日更新したいと思います。

さてさて昨日を終わった段階でDグループは非常に
混沌とした状態になってきました。
今の段階でもっとも有利なのはアメリカで
開催国の韓国は非常に厳しい状態になってしまいました。

今大会が始まる前日本のいるH組のほうが有利で
韓国のD組は厳しいというような見方がありました。
しかし本来はポルトガルが3連勝するはずで
韓国は1勝1敗1分でトーナメント進出と
ポルトガル戦の負けは計算できたはずなのです。

しかし慢心しきったポルトガルがアメリカに負け
そして昨日韓国がアメリカと引き分けたことで
韓国はポルトガルに勝たなければ自力進出は
なくなってしまいました。

開催国である韓国と日本がトーナメントに行かないかぎり
今大会の成功はありえません。
日本はとりあえずトーナメント濃厚ということと
日程が韓国より少し早いという事で、
最後の韓国対ポルトガルは日本サポーターも韓国の応援をし
韓国の後押しをしたいものです。

私はポルトガルチームが好きなのですが
昨日ほど負けてほしいと思ったことはなかったと思います。

慢心により格下に負けたチームに魅力はありませんから
だから今回のフランスにも魅力は感じられません。

ワールドカップの呪縛から逃れたスペイン
ゲルマン魂で最後まで試合に集中するドイツ
王者復活に燃え連携が生まれつつあるブラジル
衰えはあるが潜在能力は高いクロアチア
そしてサッカー発祥の国イングランド
これらチームがやはり注目なのではないでしょうか。

15日から決勝トーナメントです。
そのなかに日本、韓国ともに名前があることを
祈っています。


やってしまいました

2002年06月10日(月)

昨日の夜にOAバトルを書く予定だったのですが
つい日本代表の試合に見入ってしまい
ビデオを見返すことが出来ませんでした。
ワールドカップ期間はこういうことがまだあると思いますので
申し訳ないですがご了承ください。

90年イタリア大会以来この4年に一度の祭典を
楽しみにしてきたので仕方ないと目を瞑ってください。

ワールドカップが終われば通常に戻りますので
よろしくお願いします。


ちょっとした疑問

2002年06月09日(日)

昨日といい最近OAバトルでパペットマペットが
連勝しているようです。
他にもっと面白い芸人がいると思うのですが
気のせいでしょうか??
どこが面白いのか教えてもらいたいです。

さて昨日のOAバトルですが
今日の夜に書きたいと思います。
ご期待下さい。


今日からまた頑張ります。

2002年06月07日(金)

少しの間日記を休ませて頂いていましたが
今日からまたはじめようと思います。
今回はプラン9です。
だれ??という人が多いと思いますが
非常に面白いです。

このプラン9基本的にコントなのですが
久馬さんの意表をつくボケがベースとなった
ネタなんだろうと想像できます。

ただ問題はローカルなネタが多いような気がして
関西以外の地域にいる人はさっぱりわからないと
いうネタではないかとも思うのです。

メンバーは5人ですが今のところ3人でする
コントしか見たことはないので全てを見たわけでは
ないのですが、久馬さんだけではなくほかのメンバーも
個性や、能力も高く、非常にいいところを突いた
笑いをもってきます。

GAORAでbaseTVボカンッによく出ているので
注目して見ていただければと思います。
結成は去年なのですが非常にレベルも高く
意表を突く笑いなので今後がまた楽しみです。

みなさんも注目していただけたらと思います。


お詫び

2002年06月05日(水)

最近文章が荒れていて説得力に欠けてきています。
理由は色々あると思うのですが
どうにも集中力が切れてきているようです。
今日はじっくりビデオ等を見て研究をしますので
明日以降の日記にご期待ください。


OAバトル

2002年06月04日(火)

大変遅くなりましたが先週のOAバトルです。

飛石連休
おもしろいです。
以前にここで誉めたことがあるのですが
今回見てこの二人に非常に似た漫才コンビが吉本に
いることを思い出しました。
それはティーアップなのですが飛石連休は勝るとも劣らない
物を感じます。非常に期待しています。

アルファルファ
コントが漫才や落語より容易なのは場面設定が客に
伝わりやすいことがあります。
本当に質の高いコントを目指すならその場面設定は
補助的においておいて内容を充実させる必要があります。
しかも今回のネタは陣内智則とかぶってしまったので
非常に残念でした。

アメリカザリガニ
今回のはあまり面白く無かったです。
話しが極端すぎていまいち嘘すぎます。
漫才とは言え全く嘘は面白くありません。
日常と非日常の間が一番面白いのです。
一番良い時を知っているだけに物足りなかったです。

インスタントジョンソン
勝率五割の芸人ですね。笑いどころがありません。
舞台の上だけで楽しんでいるだけで客まで何をしたいのか
伝わってきません。学芸会のほうがレベルが高いのではないかとも
思ってしまいます。
舞台である以上客との距離をもっと考えるべきです。

ニブンノゴ
設定が不自然すぎます。
日常と非日常の間・・・・・
古典落語が面白いのは全ての演目がこの間を楽しむものだからです。
過去の偉大なコントの先輩は例に漏れず落語を勉強していました。
それもきちんと知って努力してほしいものです。

今回は飛石連休だけが面白かったという感じです。
来週に期待したいものです。


OAバトルはしばらく待ってください

2002年06月03日(月)

土曜日のOAバトルを書こうと思ったのですが
サッカーを見ているのと、今日は間の悪いことに
BS2で談志師匠の番組があったので
その番組の方を見ながら更新という事にしました。

最近どうも書く量が減ってきていますが
今日も少ないと思います。
明日はちゃんと芸人に関して書きますので
しばらく付き合ってください。

今見ている番組ですが談志師匠のこ気味良い話術が最高です。
ボクシングで言うなら華麗なステップで四方八方から
ジャブが飛んでくる。そして強烈なパンチが飛んでくる。
といった感じです。

打たれれば打たれるほど気持ち良いパンチは
テレビの前に釘付けにさせられてしまいます。

思うのですがN●Kは若手の芸人に対して
非常に良い番組を作っているのではないかと思います。
OAバトルにしても常に客前で甘えられない状況の
ネタ見せの番組なことはたしかですし、
以前も談志師匠を呼んで座談会もしていました。

民放の無能な製作者が作っている浅はかな番組とは違い
スポンサーの意向など関係のないN●Kだからこそ
出来ることなのではないかとも思います。

これからもこのような番組を多く作り
そして若手芸人をこき下ろしてクサしまくってほしいものです。
大御所といわれる方々に面白くないといわれて
どう言う風に変わるかでその芸人の質もわかります。

案外N●Kが今後伸びる若手芸人と消えていく芸人を
篩にかけているのかもしれません。
これからもこのような番組を創り続けてほしいものです。


OAバトル〜落ちた2組編〜

2002年06月02日(日)

今回はワールドカップの方に重きを置いてしまったために
OAバトルまだ見ていません。申し訳ないです。
たまたまチャンネルを替えたときにアメリカザリガニが
OAされていたのと、落選組みのジャッジペーパーの
ところだったのでとりあえずそこから書きたいと思います。

今回COWCOWとブラックマヨネーズが落ちていたようで
正直な感想は、「おちたんや〜」といったところです。
この二組OAされる確率は五分五分と言ったところでしょうか
COWCOWに関してはもっと低いのではないかとも思います。

このOA率の悪さは二組の漫才の特異性にあると思います。
どちらも好き嫌いがハッキリする漫才をするので
嫌いな人はとことん嫌いで全く肌に合わないということに
なると思うのです。

正直私はこの二組の漫才は好きではありません。
COWCOWに関して言えば嫌いです。
理由はあのリズム感というか、キャラクターというか
ネタというか、どうにも肌が合いません。

ブラックマヨネーズに関して言っても以前書きましたが
ツッコミで好き嫌いが分かれるはずです。

オーソドックスが良いとは全く思いませんし
特異な漫才が悪いとは言いませんが
キャラクターが強いのは損をすることがあるということです。

たぶん今回はそのキャラクターを受け入れてもらえなかった
ために損をしたといったところではないでしょうか。


コーヒーブレイク〜ソフトモヒカン〜

2002年06月01日(土)

ベッカムって・・・・ケンコバファン??(爆)

 < 過去  INDEX  未来 >


ご意見ご感想、リクエストはこちらからメール下さい
PCに関する日記も書いてます
おおかみ
引越し前からの合計のカウンタです
本日は番目のアクセスです。
また昨日は人のご来場者がありました

My追加


古今東西お笑い見聞録が携帯用メルマガで復活します。 登録は下から!
Email:
Email:
お世話になっている企業です。


ホームに戻る