甲斐犬ジロー通信
DiaryINDEXpastwill


2010年03月31日(水) 2時間半の贅沢

何が楽しいかって、、、、魚河岸場内に入って魚を見る事、そして何を作ろうか考えながら買うまで店の人とのやり取りがたまらない。

持っていきなーーーー!

のひと声でゲット、楽しくてワクワクします。




なんだなんだ?
まんぼうの仲間なんだそうで、河岸の人も写メール撮っていましたよ。
ジロ母は図々しくも触らせてもらいましたが、かなり固い魚でした。
美味しいのかな・・・・?  どんな料理に使うのか聞きたかった。




今日は空いていて、素人の私がモタモタしていても怒られず、感じ良かったです。




いつも立ち寄るエビ専門店で、もう店仕舞いなんだから安くして〜〜〜
交渉中です。
ジロ母は残ったボタンエビを安くしてもらい嬉しかったです。




今日のお買い得はこの「背黒いわし」ピカピカ光るほど新鮮で犬用にと大箱買いしました。




家に帰ってバットに移したら、山盛りでした。
人間用にも梅干しと煮たら美味しそうですね。
先ずは生のまま、腸のまま犬と猫におやつとして与えましたが、大喜びしました。
冷凍保存して、ジロ飯の魚部門として登場してもらいましょう。




エビも種類が多くて、どれが良いのか迷ってしまうほどですが、新鮮さは
とびっきりなので、こちらのお店のエビは外れがありません。




サーモンは半身づつ分けて買いましたので、犬達にもストックして
人間用にはサーモンパイを作って見たいと思います。




すずき、鯛は捌いてもらいました。
すずきはお刺身とカルパッチョ、ちょっとお洒落にソテーもしてみたいです。
待っている間に見てしまったメジマグロ。
本マグロで、今美味しいんですよ。
店の方が

「喰えなくなるから、買っていきな〜」

もっともなことを仰いましたが、私も喉から手が出そうなくらい欲しくなりました。
しかし、小ぶりとは言え12Kもあるんですよ。
どうやって持って帰る?
まぐろをおんぶして帰れるか?
あ〜、後ろ髪引かれる。。。。。。。

カートも満杯、それに両手の袋も一杯になり、最後のちりめん屋さんへ向かいました。




今の季節は野菜も魚も鹿児島が旬、これから北上してそれぞれの港から
美味しい魚が届くのです。




魚河岸は元気の素、、、、ジロ母にとって最高の遊び場です。
出掛けることが困難になっているこの頃ですが、近場に遊び場があって
助かります。
そして、今日はプロに同行したので、より楽しかったです。


2010年03月30日(火) 素晴らしいエッセイ




映画監督の小栗康平さんの本です。
小栗さんは現在、甲斐犬を2頭飼っていらっしゃるそうですが
先代の甲斐犬「天狼」との別れの時を綴ったエッセイ

「ありがとう、の別れ」



しみじみと読みました。
犬飼いさんには是非読んで頂きたいと思います。



ジロ家の近くに咲くさくらは寒くても、着実に開花しています。


2010年03月29日(月) タイショウの道は険しい



タイショウも玄関から居間に入りたいらしい。
トレーニングの日は居間で行うので、終わってからも、ヒンヒン鳴いて入れてくれと言います。
でも、希望を叶えることは出来ないので、こちらも無視をしていますが
暫くすると諦めます。
その代わり、お散歩でカバーしてやろうと思っています。


今日はジローが居ないので、少しの時間、室内に入れてやりました。



かなり嬉しそうにはしゃいでいましたが、猫ズはタイショウを軽〜く
見ていて、ジローに対するように鷹揚ではありません。

なんだお前、10年早いぞ!

まだまだタイショウの修行の道は険しいのである。


2010年03月28日(日) 寒い日曜日



今日も寒い一日で、ジローは屋上でおシッコする以外はずっと部屋で過ごしました。
ジロ母も同じく何処へも出ず、ジローと一緒にマッサージ婆さんしていました。
動いては疲れて寝て、また目を覚まして動いては寝るという繰り返し。


猫達もすっかり慣れて、スリスリしちゃってますが、ジローは何とも思わないらしいです。


猫は老いた同志を労わるような仕草をします。


2010年03月27日(土) タイショウの家



タイショウの小屋を置いてあげたほうが良いので、取りあえずあるものでと
組み立て途中で設置しました。
監視の目がある場所なら良いけれど、留守番の時に破壊しますよ〜と
トレーナーの先生に言われてしまいました。
そうだろうなぁと納得しました。


タイショウは暇を持て余すとやりかねませんから、、、、。
破壊されないハードタイプのケージに変える事にします。


家猫にも慣れて、追いかけなくなりました。


2010年03月26日(金) 桜咲く

東京は桜の開花宣言がありましたが毎日寒いんですよ。
今日は樹齢60年のさくらを愛でる会にお邪魔させて頂きまして
泡盛と黒糖を頂きながら、日本の春を堪能するひと時を過ごしました。

桜も泡盛も黒糖も八重山の舞いも素晴らしかった。
本当に感動しましたが、、、、、



甲斐犬シゲちゃんと


母犬、朱さんには桜も泡盛もかないません。
甲斐犬、なんて素晴らしいんでしょう!
ジロ母、至福のひと時を過ごさせて頂きました。

帰りには京都から上京しているサイママさんと新宿でお会いしました。
短い時間でしたが、1月にお星様になったサイちゃんのお話を聞かせて頂き15才3カ月迄、サイママさん共々、本当に頑張り通した様子に
帰りの電車の中では、ジローと被ってしまいました。
サイママさんと、お話が出来て本当に良かったです。
今夏、ジローの体調が良ければ、また陶器市に出かけたいと思うジロ母です。

タイショウの夜散歩は人形町の飲み屋街を歩きました。
毎日、行き先を決めるのはジロ母の独断なのですが、どうしても
飲み屋横町チェックになってしまいます。


タイショウも夜の街は好きなようで、声をかけられるとホイホイ近づいて
愛嬌振りまいています。
酔っぱらいも上手にかわしていますし〜。



2010年03月25日(木) トレーニング



8年前と現在ではジロ母の体力はかなり落ちていて、多分、視力や視野
聴力にもそれなりの老化が起きていると思うし、咄嗟の判断力も鈍くなるのは避けようもありません。
衰える飼い主と体力を持て余すタイショウとのこれからは正直、不安という文字が残像のようにあります。
ジローを飼い始めた頃は体力の事なんて考えもしなかった。
当時13K以上のジローを小脇に抱え、毎日5階迄一気に上がっていましたから、私は鉄人のような女だった訳です。

タイショウはジロ家の子どもになったので、これからは都会の犬として育犬しなければいけないと感じます。
雑踏でも行儀よく歩けること、呼び戻しの徹底、信号待ちでは座って青信号を待つ、オシッコをやってはいけない場所とやって良い場所を教える
人に声をかけられると喜んで飛びつくので、気持ちは分かるけれど
危険を伴うのでいけないと事とする、突然の引っ張り時の制止、、、など課題があります。

私達がタイショウとトレーニングを進めるには、信頼関係を深める事が一番の課題でもあります。
日々の生活を通して、先ず信頼出来る飼い主になる事だと思っています。
飼われる犬は飼い主の性格に似てくると聞きますから、正に鏡であるジロ母を見て育つタイショウのこれからはどう成長していくのでしょうか。

鉄は熱いうちに打て!



今日2回目のトレーニングを自宅で行いましたが、楽しい時間でしたね。
沢山遊んでやる事が今の時期は大事なのだそうです。
退屈しないように知恵を絞ってみます。


2010年03月24日(水) ご飯

朝から寒くて冬が舞い戻ったようなお天気です。

今日のジローのご飯ですが、たんぱく質中心の1回目ご飯



生馬肉と小鯵と白菜
タイショウはこれに炭水化物が加わります。

2回目は夜のご飯になりますが、大豆、海藻、豆腐、里芋、アボガドなど
肉、魚に加わります。
有機ニンジンを切らしてしまったので、注文しなきゃいけません。
8年間の悪い食餌の残留からきているとか、今さら間に合わないと言われますが、体に良いと思う事は信じて続けて行こうと思っています。


1回目より少し量が増えます。
以前は1回食でしたが、現在は2回になって体重が800g増えていました。
13埣度、病気なのにちゃんと体重は増えるものなのですね。
これ以上、肥らない様に気を付けつつ、しっかりした食餌を続けます。
馬骨も鶏手羽肉もおやつにバリバリいけてますので、まだ歯は丈夫そうです。

明日は温かくなって欲しいですが、雨続きではお散歩の距離が伸びない
タイショウには悩ましいです。
室内遊びで発散しなければなりませんね。



そうそう人間のご飯は、今一番美味しい鹿児島産タケノコです。
昨日は煮て、今日はタケノコご飯、明日は何にしようか?
暫くタケノコに嵌る日々です。


2010年03月23日(火) ジローの一日

朝は音を立てなければ熟睡していますが、ジロ父のバタバタ足音に目覚め
フラリフラリ起き上がり、動きが鈍いです。
人間お年寄りそのものなんですよ。
6時半にジロ父が屋上に連れてあがりオシッコをさせ、一休みした後
ジロ父特製、りんごのヨーグルトかけを食べます。
これはタイショウも頂けるので、楽しみにしているようです。
7時15分から30分に、ジロ母が抱っこしてお店まで連れて下り
定位置に繋留し、ここからジローの店番犬の一日が始まります。



登校途中の小学生や出勤する人達を眺めています。
時に立ち止まって、ジローに話しかける人や犬が居るので目が離せないのでしょうね。
刺激的な時間帯です。
9時を過ぎると大好きなおばちゃんが来るので、寝ないで待っていないといけませんが、その方と抱き合って

今日一日「お互いにガンバロウ!」って誓い合うんです。

ささっ、昼寝でもするかという気になるのがここからです。
郵便屋さんが来ても、この頃はグッスリ寝込んでいて出てこなくなったと
言われますが、本当に寝ない犬が寝るようになりました。
午前10時30分に2回目のオシッコ散歩

午後はご飯が来るのを待ちます。
ひたすら階上を見上げ


なかなか来ないと

はよ、持って来てくれ!

と催促吠えをします。
ハイハイお持ちしましたよ〜、軽食程度のご飯を食べて歯磨きガム食べて
グッスリお休みタイムに入ります。
午後2時30分〜3時に3回目のオシッコ散歩。
出す物を出したら、もう寝るっきゃないと思うのか、深い眠りに着くのがこの時間帯です。
でも寝っぱなしでは無いんですね、時々起きて吠えてみたりお客さんに
撫でてもらったり、ガラスドアー越しに外の動きに反応したりです。

6時に店のシャッターが閉まるので、ジロ父から4回目オシッコ散歩に出してもらい、やっとこれで本日の店番犬からの解放です。
寝てもいますが、かなり長い時間、店番犬仕事をしているので労働基準法に反するかもしれませんね
散歩から帰ったら店内ノーリードで、気ままに過ごし午後9時30分に
自宅に帰る準備に入り、5回目の最終散歩後、ジロ父と5階まで掛け声かけながら上がってきます。


お疲れ〜〜〜〜! ドタドターーーー!

と叫ぶ勢いで夜は俄然元気に帰宅。
夜型なのか、自宅に帰ると弾けています。
楽しみな晩ご飯を食べて、ノーリードでフラフラ室内散策後


マッサージを施してやると

あっしは、老体に鞭打って働いているんですぜぇ

とばかり、グッタリしてしまいます。
ジローの一日は老犬にとってはかなり刺激はあるのでしょうね。


2010年03月22日(月) ワンニャンランド化

ジロ家は人間住人より、ワンニャンの方が多いので動物園のようです。

人間2、犬2、猫5

最近のジローはサークルに入らなくても、物にぶつからずに過ごせるので
自由にさせています。
間違って、家具の間に入ると

オット間違えちまった!

とバックして戻ります。
意地悪参子の脅かしパンチも上手く避けるので、目が見えなくても動物の勘から心で見えるのだと思います。

ではワンニャン会議の動画をどうぞ〜〜〜。


2010年03月21日(日) 里親会に出会う

先週に引き続き、今日もまた青山のファーマーズマーケットに行きました。
今朝の大嵐で一旦、開催中止になったそうで出店数も少なかったですね。
で、犬の「里親会」も同時開催されていて、私とティティママさんは
野菜より犬が気になって、買い物は後回し、犬を見に来ている家族に
抱っこさせたり、犬の飼い方レクチャーなどしつつ、すっかりスタッフの一員のような気持ちになってしまった。



緑のリボンを付けているワン達が里親さんを探しています。
現在は預かりさんの家で温かく面倒をみていただいているので、綺麗に手入れされ、どの子もフレンドリーで穏やかな子達です。



気がかりなのがこの子ウエスちゃん。
飼育放棄犬で目が見えないそうです。
お散歩させてもらったことが無いため、外を歩く事が恐いのか固まってしまうけれど、室内では慣れると歩きまわる事ができるそうです。
こうして抱っこされているのが安心なのか大人しくいつまでも抱かれています。
表情に乏しく、飼育環境の悪さが感じ取れる子ですが、愛情をかけてもらえれば、この子はお散歩にも行かれるようになると思います。
緑のリボンの子達を迎えたいとお考えの方、下のサイトに飛んで見て下さい。

パレット〈保護犬の新しい家族探しをサポートするポランティア〉
http://palette240.blog12.fc2.com/

ドッグライフセービング http://members3.jcom.home.ne.jp/doglifesaving/

エンジェルズテイル
http://ameblo.jp/angelstale0729/

アニマルプロテクション
http://www.maroon.dti.ne.jp/shiawase/index.htm


皆幸せになんるんだよ。 しっかり幸せをつかむんだよ。


沢山のボランティアの皆様、ありがとうございます。

ティティママさんと後ろ髪ひかれるように国連大学前を後にして、神宮にあるお店に行く途中に、、、、!


あらぁ!ビックリ!


2010年03月20日(土) 生きがいとは



ご飯を食べる時のジローは真剣そのもの。
未だに食べ残しはありませんが、嫌いなサプリを弾き飛ばしたりすることが
あるので、ジロ母との知恵比べの毎日です。
多分、生きがいの癸韻食べる事だと思うので、日々の元気度チェックは
食っぷりだと思います。
しかし一昨日の朝のことですが、ジローの生きがいは食にあらずという事実に遭遇、自分の知らないジローを見ることとなりました。

タイショウの散歩から帰って1階の玄関を入ったとたん、見なれない女性が飛び込んで来られたので、ビックリしました。

ジロー君の散歩から戻ったんですか?

と聞かれたので、ジローでは無くこの子はタイショウと言って2番目の子ですよ説明をしました。
するとその女性は、ジローでは無い事に気付き、 足元まで来ているジローに駆け寄り、抱擁をしました。
ジローも自然に女性に近づき、されるがまま、なんと熱い抱擁を受けているではありませんか。
その姿が、まるで旧知の仲以上の、同志というよりもっと濃い、、、
何と言ったらよいのか二人の世界なのです。
お互いに必要としている関係なのが伝わるので、私はジローの知らない一面を見ているようで不思議な気持ちになりました。
飼い主以外に、ここまで心を許している人が居るという事実にショックに近いものを感じつつ、私とタイショウはその一部始終を立ったまま、あんぐり口を開けた状態で見ていました。

ジロ父から、ジローのファンがいるよ、、、ということは聞いていましたが
お会いしたことも無く、毎朝、ジローに挨拶をしてくれる人くらいに思っていましたから、この事実には物凄く考えさせられることになりました。

その方はジロ家沿線に住んでいて、一旦、ジロ家の駅で下車して、会社経営しているお隣の区まで歩いて通勤しているそうです。
不況のあおりを受け、厳しい日々を送っているので、時には行き詰まりで悪いことも考えてしまうが、毎朝、高齢犬のジローが頑張って店番する姿に励まされ、今日一日が元気になれると言います。
どれだけ勇気付けられるか、自分にとってジローは恩人のような存在で
感謝の日々だと話されました。

はぁ〜〜〜〜、ジローが家族以外の人の心を支えているとは驚きです。
手術後、前足の筋肉が落ちて以前から比べると、随分弱っているように見えますが、気持ちは十分に満ち溢れているのだと思いました。
毎朝、出勤するように私に抱かれてお店に降りるのもジローにとっては、かけがえのない人を待つという使命を感じているのだと気付かされ、病犬だと思ってはいけなかったと反省しました。
そして、ジローの生きがいとも思える、女性との関わりを大事にしてあげたいと心から願っています。

もうひとつジローの生きがいともとれる行動は5階迄の上りです。
獣医さんからは絶対にさせてはいけないと言われていますが、プライドが許さないので、仕方なくベストで吊りながら上がります。
犬はプライドをきっと死ぬまで持ち続けるのだと思います。





2010年03月19日(金) 春なんですねぇ〜



さかんに鼻をヒクヒクします。

春の香りを確認するようにタイショウは長い時間、鼻先を上げて目を細め
季節の到来を喜んでいるようです。




公園には今年、しだれ桜が植えられましたので楽しみです。




花壇にも沢山のお花が咲き、お散歩中に立ち止まる事が多くなりました。
テラスのドッグランに誰も居なかったので、今日はボールで遊びました。
未だ抜糸が済んでいないので、犬と遊ばせることは出来ませんが、ジロ母と
持ってこい遊びを楽しみました。
おとぼけタイショウと遊んでいると、時間の経つの忘れてしまいます。




2010年03月18日(木) 良い日もあれば。。。

ジローの体調は不安定なのだと感じます。
調子の良い日もあれば不調な日もあります。
今朝は不調ではないのでしょうが、タイショウが散歩から帰った時
ベタ〜っと寝て起きようとしません。



大丈夫かい?  ジローーー!

呼びかけましたが、起きる気なし。


タイショウは優しいんですね、起こさない様にクンクン臭い嗅ぎして


兄貴、しっかりして下さい。
とばかり顔の前に近づいて語っているようです。
寝る時は本当にグッスリ寝ているので、ジロ母としては以前のように
立ったまま店番されるよりはるかに安心です。

夜には金太郎の術後癌検診に同行しましたが4カ月になり、転移が見られないという素晴らしさにホッとしました。
金ちゃんは優秀です。
飼い主さんがしっかり手をかけてくださっているので、正しく愛情の賜物だと感謝の気持ちでいっぱいです。
金太郎は病院でも、落ち着いて検診を受ける事が出来る子なので獣医さんからは特優甲斐犬と認定されていると思います。


2010年03月17日(水) 昨日のこと

昨日はジロ父の誕生日でした。
62歳になりましたが、最近の物忘れはお笑が入って来まして
天然なのか年なりなのか訳分かりません。

母が昨晩、高熱を出したと言うので様子を見に行きました。
もう、平熱に下がっていて料理番組を見ながら過ごしていたので暫く一緒に見ました。

料理人も几帳面な人と大雑把な人、がさつな人がいるそうで、今日のこの人は几帳面で、刻んだ食材の始末が実に綺麗なのだと母は楽しそうに話しましたので、実母ながら突っ込みを入れたがる習性はまだまだ健在だと思うひと時でした。

今日は麦とトマトとパセリのサラダを作っていたので、ジロ父の誕生日の1品はこれで決まりと思い、母に材料を復唱させてみました。
ちゃんと材料を言えましたし、作る手順も聞いてみたら間違いなく言えるので、頭はまだ大丈夫だと確認出来ました。
この分なら、安心だわと思い帰ろうとしたら、ジロ父の誕生日祝いにと
チキンライスの素を手渡されました。
何か事づけないと悪いと思ったのでしょうか、、、、頂いて帰ってきましたけれど、、、、。



夜には札幌の息子からジロ母のお祝にとワインが届きましたので、食卓に並べて記念写真を一枚。
豚肩ロースの蒸ものと麦サラダと粟麩の煮物、チョコレートケーキでささやかにお祝が出来ました。



ジロ母の還暦祝いにはiphoneが届いたのですけれど、住所録の移行や面倒な手続きで大変でした。
一斉メールで変更をお願いしましたので、丁寧なご挨拶もせず失礼いたしました。
タイピングに慣れたら、おひとりずつご挨拶メールを送らせていただきますので悪しからず。
ジローの介護生活に入り、出掛ける事が難しくなったこの頃、iphoneで何が出来るか勉強します。



2010年03月16日(火) タイショウ頼みますよ



ジェントルマンへの道は続く。。。。。



タイショウは誘惑に弱い男です。
オイオイ大丈夫かい?と心配になりますが、ジロ母が買いもの中に
ヘロヘロしながら道行く人に愛想を振りまき、すごくだらしない男になっています。
頼みますよ、、、、名犬タイショウ!


2010年03月15日(月) 春になると〜

隅田川テラスドッグランで遊ぶワンコ達が

チョイとお兄さ〜〜ん、こっちこっち!

呼ばれるまま、吸い寄せられるようにホイホイ近づくタイショウ。



こんにちは〜〜〜〜あなた誰?



ウッフ〜〜〜ン、ブチュ〜〜〜〜〜〜!



目を細めてご挨拶されるタイショウは離れがたく、後ろ髪を引かれる思いで
テラスを後にしました。


2010年03月14日(日) マルシェ・ジャポン国連大学前

今日はティティママさんが青山にある国連大学前で行われている
マルシェ・ジャポン通称ファーマーズマーケットに連れて行って下さいました。
ティティママさんは良く買いものに行かれるそうで、なかなか出られないジロ母を2時間半で帰れるように車で送り迎えして下さったのです。
ありがたや〜〜〜。

行ってみたかったファーマーズマーケット。
なんたってオシャレ〜な街の市ですから、これは一度偵察してこなくてはと
思っていました。
野菜、卵、お米、ジャム、天然ハーブなど安心素材がこじんまりと出店されていて丁度良い件数なので、何度も見て歩けます。



お天気も良く、ドライブ気分で青山まで来ましたが、昨日から購買意欲に燃えていたジロ母は大きな袋を持参して、イザイザ気持ちは充分盛り上がっています。


ティティママさんは先ずトマトをお買い上げに。
続いてジロ母も、、、トマトの糖度と酸味を好みで選べるので酸味系と中間のものを買いました。


ジャムも色々な種類があって美味しそうでしたよ。


山梨からの卵屋さん、卵も餌別に分けられていて、貴重なウコッケイの卵もありました。
ジロ家は卵の消費が多いので、他の店でも沢山買いこみました。


ルッコラ見つけて早速購入、菜の花、パプリカ、小松菜、大根、葉とらずりんごなどで袋はパンパンに膨れて来ました。
有機栽培ハーブがあまりにも良い香りなので、二人で買ってしまいました。
今夜はコロッケの予定なのでハーブも使ってみましょう。



帰りに青山の街を案内してもらいました。
ティティママさんにはお庭のような場所ですから、気の効いたショップや素敵なお洋服を見せてもらい、気分は上々でした。

驚き〜〜〜〜〜!
この風変わりなビルは紀伊国屋です。
すっかり変わってしまったのですね。 今度中に入ってみましょう。
並びにあるナチュラルハウスでも再び買い込み、行商のおばちゃん姿で骨董通りまで歩いて戻りました。
お陰さまで、沢山の食材を持ち帰る事が出来て本当に嬉しかったです。

ティティママさん今日はありがとう!

さてさて帰ってみたら、ジローは祖相もせずスヤスヤ寝ていました。
持ち帰った食材を並べて、今日は新鮮有機野菜オンパレード夕飯にします。



コロッケを沢山作りました。



ひじきにも有機野菜がいっぱい入りました。



トマトとルッコラが美味しくて沢山食べてしまった。



そうそうオーガニックビールも売っていたので買ってきましたが
優しい味のするビールで美味しかったです。
犬達にも有機野菜いっぱいのご飯を作ってやりました。

また、珍しい食材を探しに行ってみたいです。


2010年03月13日(土) ジェントルマンへの道

都会で飼う犬の宿命だと思うのですが、オシッコ場所の躾は必須なので
タイショウは現在、オシッコマナーの修行中です。
ペットボトルを持ってオシッコした後は洗い流すのがマナーとなっている
ジロ家地方ですが、ジロ父は夜でも、臭いが残ってはと洗い流してします。

犬のオシッコごときで、、、と思う方もいるかもしれませんが街中で
好き放題オシッコをさせてしまうのは問題なんです。
犬は飼っていないけれど犬好きの友人は

あなたを前にして悪いと思うけれど、犬飼いの人は信用出来ないと言います。
理由は、う*ちを拾わない、ノーリードで歩かせる、辺り構わずオシッコを
させる、花壇に入れてオシッコをさせる無神経な人がいる。
傍若無人で何を考えているのか分からないと言います。

なるほどそうだろうなぁと思います。
八百屋さんの前でジローが突然オシッコをした時、ジロ父は怒られたそうです。
老犬だから仕方ないなんて言えないので、物凄く神経を使いながら散歩のコース取りをしています。
でタイショウは都会で生き続ける以上、マナーを身に付けておく必要を感じて只今、お勉強中です。



お気楽タイショウの禁止事項の一つ、電柱にオシッコかけは禁止。
今のところオシッコ場所に行く迄、大丈夫です。


信号で赤信号を待つ時はお座り。


青に変わったら「渡って良いよ」


ジェントルマンへの道は険しいのでしょうか?
頑張るべ〜タイショウ!


2010年03月12日(金) 走ってます!



抗がん剤を切って1週間、お天気の良いことが相当気分を良くしてか
店番もしながら昼寝して、散歩に出せばこの通り走るじっちゃんです。


2010年03月11日(木) タイショウ、去勢手術を受ける

今日はタイショウの去勢手術の日です。
もっと早く受けさせたかったのですが、予約でなかなか順番が回って来ませんでした。
マーキングらしき仕草がここ数日のお散歩で見られるようになっていたので、滑り込みセーフだったような。
タイショウは相変わらず待合室では愛嬌をふりまいて、尻尾フリフリ二階に上がって行きましたが、体重は12、7圓任気曚描えていないようです。


手術当日の写真が無いので話題を変えて、数日前のお散歩の様子です。




有機野菜など扱っている店を見つけて、この所夕方になるとタイショウと
買いものに行きます。
イチゴや大根がとても美味しくて、ついつい買いすぎてしまいますね。




帰りに通る甘酒横町のお煎餅や、「天下り許しま煎餅」を売りだして熱血ぶりをアッピールしています。
タイショウと横目でチラッと見ながら通り過ぎるのですが、いかがなものでしょう?




家路に向かう道すがら、梅や椿を愛でながら暫し優雅な気持ちでお散歩です。


2010年03月10日(水) 信じられな〜い



タイショウはこういう格好で寝ていることがあります。
ジローは決してしない格好です。
丸くなるか横たわるか、警戒心があるのか絶対に腹を出して寝る事は
無いのでタイショウのお気楽姿には驚きです。


訳分からない格好です。
こんなに無防備で良いんですか?!タイショウ!


2010年03月09日(火) 抗がん剤治療中止




ジローの抗がん剤投与は当初、副作用も見られずこのまま順調に進むのかと思いましたが、やはり嘔吐が始まり、気持ち悪いのか横たわったままで
このまま続けたら体力を消耗し、老いた体にかかる負担は大きいと見て取れました。
今日は病院で抜糸をするので、獣医さんと相談して抗がん剤治療を止めて頂くようお願いするつもりで向かいました。

獣医さんは選択は自由だけれど後悔するよと仰いましたが、苦痛を伴う延命のみの治療は高齢犬のジローには意味を成さないと思ったので、私はむしろ止めることで後悔はせずにいられると感じています。
汗腺癌は弱い癌なので、今すぐ危険な状態にはならず、転移が遅ければ、寿命を全うできると思います。
癌に立ち向かわず、仲良くお付き合いをしながら過ごす犬生もジローにとっては案外向いているかもしれないです。

今まで通りサプリを飲みながら、有機野菜のニンジンを食べて、年相応のじっちゃんらしい日々を過ごせたら何も言う事はありません。
そういういことでジローは癌と戦わず、今まで通りの生活に戻ります。


突然冬季オリンピックの話題ですが、何度見ても感動する荒川静香さん。
気品と優雅さと大人の女性の魅力を美しく魅せてくれます。
フィギュアスケートはやはりこういう魅力が必要なのだと感じます。


2010年03月08日(月) 今日も自我自祝



赤いちゃんちゃんこの代わりに真っ赤なトマト、グッドアイデアのプレゼントを頂きました。
そして、大好きな赤ワインも頂いたので、今日は後夜祭と称してプチお祝膳を作りました。


春野菜の菜の花やウドが美味しい季節なので、炊いたり含ませたりして


シャンパンやワイン、お酒を並べて賑やかな食卓です。
3日続いたお祝も今日でお仕舞い、あ〜楽しかった!



ジローの傷口はしっかり塞がりましたので明日抜糸します。


2010年03月07日(日) 本日本祭り

自我自祝の本日は喜内古家さんに作って頂いたケーキと自分で作った
カナッペで祝杯をあげました。
なにせ自分で祝うのが好きなので、今日は独りで盛り上がりました。



しかし、、、、喜内古家のママさん張り切ってくださいましたねぇ。
開けてビックリ、大盛りなんですもの。
すべてが安全食材を使うお方なので、お味も精神が貫かれていて別格です


ジロ父と頂きましたが、なんて美味しいのでしょう!!!
記念日にふさわしいケーキを作ってくいださり最高の気分です。



最近はこういう本を集めて読んでいますが、人間にも言えることが多く書かれていて、腹八分、緑黄色野菜や根野菜を多く取り残留農薬の多い食材を使わない、魚は養殖は避けるなど気を付けることは同じです。

抗がん剤にも割合強いと感じていましたが、倍量に増やして3日目に3回吐き戻しグッタリしました。
直ぐに薬を切って、様子を見ていますが術後の抗生剤は飲んでいても大丈夫です。
でも、食欲は衰えず普段通り食べていますので、直ぐに元気を取り戻し散歩もしていますが、どうしようかねぇ〜、ジロー。
薬の威力というか、破壊力というか凄まじいのだと実感しています。



犬も猫もちっともお祝気分じゃないようです。


2010年03月06日(土) 前夜祭

ワタクシ明日が誕生日でございまして、還暦を迎えることとなります。
長い人生の途中ですが、無事にここまで過ごす事が出来、恵まれた人間だと感謝しています。
今日はジロ父と次男がお祝をしてくれました。

ジローのことがあるので、限定2時間半で帰ってこれる距離を希望して浅草を次男が選んでくれました。



夕闇せまる浅草雷門。


定番の雷おこし


すきやきを食べさせてくれるようだ。


すきやきの鍋って、昔からこの鉄鍋が一番美味しいんですよね。


いやはや家では食べられない大きなお肉に感激しました。


若いころからすき焼き店なのに変わった店名だと思っていましたが、こちらは江戸時代に犬の狆(ちん)を売っていたそうで、今で言うペットショップ業ということでしょうか。
獣医も兼ねていたそうです。
明治時代になってすき焼き店を開き、その時に狆から「ちんや」と命名することになって今に至っているそうです。
犬繋がりの良いお店で、なんだか嬉しかったですね。



帰りには「アンジェラス」によってコーヒーを飲みました。
男二人はケーキを食べていましたが、私は満腹でとても無理。
次男は来月、阿佐ヶ谷に引っ越すそうですが、ジロ父は段々遠くになるんだぁ、、、ってぼやいていました。
子供達は将来に向かっているので、ジロ母は何処に住もうが、元気に暮らしていれば気になりませんけれど。

そんなことでジロ母還暦祝いの前夜祭は暮れて行きました。


急いで帰って、ジローのオシッコ散歩を済ませ、小脇に抱えて5階まで上がりましたが、腕力の衰えはお陰さまでありません。
これもジローのお陰ですね。
さてさて、明日は盛大に自分を祝うつもりです。

* 遅ればせの年賀状を送りました。 3名の方にお年玉が当たる事になっているのですが、未だにひと方だけお知らせが無いのですが、遠慮されているのでしたら無用です。  お知らせ下さいね。


2010年03月05日(金) タイショウ焼き鶏屋の前で待つ



焼き鶏が出来上がるまで外で待つタイショウ。
10分ほど待ちましたが、大人しくしていました。



お帰り〜〜〜!
僕ちゃんお利口にしていたでしょ!
焼き鶏の臭いはたまらないね。


2010年03月04日(木) パンが欲しい

おかしな状況なのですが、、、、抗がん剤を飲み始めてから偉く元気で
今日も喜内粉家さんまで、ヒョコヒョコ歩いて行きました。
お天気も良いので気持ち良いのかご機嫌。
しかし、ジロ母が持つパンの袋を欲しそうにします。
何か言いたいジローの顔、文句有り気に邪魔して行く手を阻むんですよ。


2010年03月03日(水) 収容犬の事

熊兄さんが毎日、全国の収容施設に保護されている甲斐犬及び甲斐系(雑種扱いも)の犬をBBSにアップして下さっています。
毎日のこの作業はとても大変で、ジロ母は1時間かけて調べても終わりません。
それだけでなく、熊兄さんは個人で保護預かりの犬、捜索願いが出て居る犬もチェックしていますから、たまに保健所に電話して確認する事もあります。
すべての犬が家に戻り、また里親さんに引き取られることが理想ではありますが今の状況では、とてつもなく難しいです。
私達に出来ることとして、せめて同犬種だけでも飼い主さんに繋がることが出来たら助かる命も多いのではないかとこれまで続けてまいりました。

池袋コマちゃん、涼ちゃん、熊兄さんのお散歩仲間の甲斐犬はすべて熊兄さんが保護センターチェックからのお手柄なので、熊兄さん無くしてこの取り組みは成り立ちません。
探している飼い主さんが確認に行ったが、残念ながら愛犬では無かった、でも見捨てる事が出来ず、雷蔵君、金太郎君、タイショウが引き出しという幸運に恵まれました。
それも、1頭の犬を引き出すのに数十人の人が関わり、熱い思いと努力の末
やっと命が繋がる、、、、たった3頭の子しか引き出しが出来なかった事
本当に無念で仕方ありません。 
二度と不幸な結末を迎えさせてはいけないと怒りを感じる傍から、新たに収容される犬が後を絶ちません。

熊兄さんと収容犬の現実について話をする事がありますが、つい先日こんなメールを頂きました。
(熊兄さんの了解を得て転記させていただきました。)


いつも掲示板使わせていただきありがとうございます。ご存知の通り収容犬が頻発しております
ここのところ私の収容犬データファイルを集計してみますと、年間で百頭位でています。今年はこのままでいくと昨年以上の数になる見通しです

いやはや・・・

不測の事態で愛犬がいなくなりそれっきりというのは何ともやりきれないことでしょうね。

過去の岩手の係留されて放置された犬や、愛知の甲斐犬一家まるまる収容等の件は心に強く残っています。収容犬のほとんどが飼い主の気付かぬところで期限を迎えてしまうケースだと思うのですが
前述のああいった飼育放棄の収容犬が増えないことを強く願うばかりです。


以上が熊兄さんからのメールです。
年間100頭を超す勢いで、甲斐犬及び甲斐犬系の犬が収容とは驚くべき事態です。
希少犬種でこの数は異常だと感じませんか。
山梨の愛護団体は飼い主の老齢化からの飼育放棄が増えているとの報告がなされています。
不景気からブリーダー崩壊もあるそうです。
飼い主の事情により飼えなくなったケースなど、事情は様々なのでしょうが
中には放し飼いによるもの、何かに驚いて逃走してしまったなど飼い主のチョッとした不注意からなどもあります。
いつかそのうち帰ってくるだろう、、、、届け出を出さずに、只待つ飼い主さんも案外多いのです。
捕まってしまったら帰るに帰れないのですから、保健所、警察署には届け出を出して頂きたいです。
大事な愛犬をもっともっと心に留めて頂きたいのです。

立て続けに収容犬のアップがあると、ズッシリ重くなってしまいますが、私が元気にHPを存続できるうちは続けてまいりますので、1頭でも家に帰る事が出来るよう皆様のご協力宜しくお願いいたします。



今日はひな祭りですね。
大慌てして夕方、ちらし寿司の材料を買い出しに行き、あるもので作りました。



独りばあさん姫なので、蛤のお吸い物と揚げ物とで美味しいワインを頂きました。




2010年03月02日(火) 病院へ

今日はジローの診察と治療の相談です。
抜糸の予定だったのですが、もう5日抗生剤を飲んでからという事になりました。
抗がん剤治療について、ジローの体力が持ちこたえる事ができるか、免疫力が低下するのは間違いありませんから、そこのところが気になって先生にお聞きしましたら

ジローは同じ年齢の犬とは比べものにならないくらい、体がしっかりしていて堪えうる体であること、癌が散らない様にここで叩いておけば長生き出来る犬だと話されました。
治療を続けるうえで、体の変化を細かく報告し8日単位で治療を進めるので
もし、嘔吐や下痢症状が見られたら薬を止め様子をみるそうです。

それなら私が、もう中止して欲しいと申し出ても受け入れてくれる体勢なのだと理解できたので、このまま抗がん剤治療を進めることにしました。
そして今日から薬の量が倍に増えました。
今は元気で薬の影響は見られませんが、どの時期で変化が現れるか観察を続けます。

気休めかもしれませんが、食材も有機野菜、おとうふやさんのおからや豆乳、新鮮な肉、養殖以外の魚を毎日食べさせて元気の源作りをしています。




タイショウは階段遊びに興じています。
下の玄関でジローに挨拶をしたら、リードを離してジロ母は一人で階段を上がります。
途中で「タイショー! カ〜〜〜ッム!」
と叫ぶと、勢いよく駆けあがりそこで再び待てして呼ばれるのを待ちます。


毎日、そんなことして遊びながら自宅に帰るタイショウです。


2010年03月01日(月) 3月になりました

散歩に出かける時、玄関前で熊さんとバッタリ。
一緒に熊さんが帰る方向へ歩き、交差点を渡っているときジロ母はタイショウのリードを持ったまま、大回転してしまいました。
膝を打ってイタタタタッーーーーーー!
どうにか歩けるので、散歩続行して公園で遊びました。



熊さんは体が締まってカッコいいです。


タイショウは洋犬の体つきだと思いますね。 腰も少し下がっていて体型の違いが良く分かります。



夕方の散歩でようやく足上げシッコが完全に出来るようになりました。
少し成長が見られるこの頃、ハーネスもそろそろ止めて首輪だけにします。
今月は去勢手術の予定とトレーニングに入るのでタイショウにとって激動の月になるのかもしれません。


ジローの母さん |MAILHomePage

My追加