携帯アフィリエイト 深く,深く,真紅の海へ。
深く,深く,真紅の海へ。

DiaryINDEXpastwill自己紹介他者紹介


2005年01月27日(木) 扉を開けるのには血が必要なの。鍵をかけるのにも血が必要なの。

今日はRさんの勧められてるので、カウンセリングルームに行こうかと思ったのですが、結局いけませんでした。
昼にムリヤリ以降と思ったら、行けたと思うし、帰りに補講があって、17時ギリギリだったとは言え、少しは話を訊いてもらえた可能性があったわけです。
でも、私にはムリだった。
恐ろしくて恐ろしくてたまらなかった。

私が今まで見ない振りしてきた、見てはいけない、見たくないものを入れた部屋・・物置・・・
あの部屋をあけるのはとてもおそろしくて、むりだった。
カウンセリングルームをあけるのは、その扉を開けるのと同じ意味を、私は感じている。
恐ろしいのだ。とても。
アノ扉を開けたら、私はどうなってしまうのだろう?
家族は?友達は?
もう、変化はうんざりなんだ。要らない。何も変わらなくていい。
そんな気持ちがあるのも事実なんだよ。

多分、カウンセリングルームに行く前、私はトイレで斬るだろう。
終わったあとも斬るかもしれない。

だって、アノ部屋を開けるのはとてもとても恐ろしいから、勇気が必要なの。
だってアノ部屋を閉めるためには、鍵をかけるためには、血が必要なの。
だから、仕方ないんだよ。

もぅ、許して欲しい。放って置いて?



============================================================

[My追加] また,読んでくれる?(音瀬はMy告知してません。)


音瀬柘榴 |手紙