時々管理日誌
時々だけ書く管理人の日誌です。
サイト運営や創作について、日々の雑感など。

2019年10月08日(火) 台風の話 その4

ひまひまに書いてるうちにずいぶん経ってしまいましたが、台風15号の停電の話、続きです。
自分の備忘録になるよう、時系列順に振り返っておきます。

9月8日深夜、台風通過。
9月9日、未明より停電。スマホはまだ通じていた。
信号は消えているが、普通に出勤。
職場は電気も水も来ていた。
帰りに行きと違う道を通ろうとしたら(曜日や時間帯によって混む道が違うから、よくやる)、途中が倒木で通行止めになっていて、迂回させられる。
車内でラジオを聞くも、普通の番組をやっていて、やっとニュースがはじまっても、台風については東京の交通麻痺の話題だけで、すぐ組閣等の通常ニュースに。
帰ってきたら引き続き停電中。
水は出るけど、お風呂のお湯はソーラーが動かず沸かせない。
タンクに昨日のお湯が残っていて、ぬるいお湯がシャワー一回分くらいはありそうだけど、途中で冷たくなると嫌だし、一日くらいいいやとシャワーは我慢。
ランタンの明かりで肉とゴーヤを料理して食べる。

10日(停電2日目)
仕事は休日。スマホが通じなくなる。
早朝から庭の片付けをして大汗かいたので、タンクに残ったぬるま湯でシャワーを浴びる。
今なら暑いから途中で水になってもいいやと思って。
が、だんだん水の出が悪くなってきたような……?
と、思ったら、広報無線で、これから断水するとの予告が。
(シャワー浴びた後で良かった!)
鍋やヤカンやバケツや空きペットボトルに水を汲む。
これ、たまたま家にいたから汲み置きができたけど、仕事に行って帰ってきたら断水してたら困っただろうなあ……。
ペットボトルは、冬場に苗の霜よけに使うために洗って取ってあった1.5リットルボトルが大量にあったのでラッキーだった。
昼間、ものすご〜く暑くなる。最高気温35度くらいだったらしい。
家にいると暑いので、スマホの電波を求めて車で遠征。
電波が入るコンビニを見つけて情報収集。
夜はまた大量の肉とゴーヤを調理。
この日が一番辛かった……(T_T)

11日(3日目)
休日。朝から停電・断水・電波障害続行中。
アクアライン避難通路の見学ツアーに参加後、実家にプチ避難。
入浴、洗濯。
スーパーで乾電池や飲み物や冷蔵庫用の氷を買い込む。
夜、帰宅。相変わらず停電・断水中だけど、スマホの電波は不安定ながら通じるように。

12日(4日目)
相変わらず停電・断水中だけど、スマホの電波は不安定ながら通じるように。
仕事に行く。
午前中家にいた夫が、溶け始めた冷凍庫の肉を全部調理してくれる。
その後、夫は車で仕事に。
仕事先が非停電地域なので、車に保冷ケースを積んでいって、帰りに氷を買って帰ってくる。
氷は、とけた後は飲料水になって一石二鳥だった。
夜は、溶けかけた冷凍煮豆や冷凍ベーコンを消費するため、買い置きのホールトマト缶を使ってポークビーンズ的なものを作る。
ポークビーンズはもともとが野外料理だから、なかなか非常時向け。
お風呂は、やかんで沸かしたお湯をバケツに入れて。

13日(5日目)
免許の更新のために休みをとってあったので、予定通り、幕張の免許センターへ。
千葉北西部も台風の爪痕はまだ生々しく、被害の大きさが伺えたけど、停電や断水はもう回復していた。
帰りに銭湯で入浴、スーパーで氷等を買って帰る。
スーパーはだいたい普通に営業してたけど、氷は一家族2袋までの制限があったから、近くにまだ停電してる区域があったのかも。
夜、遠方の創作仲間から救援物資が届いて感涙!
ずっと、ネットの仲間は、どんなに長年の付き合いでも住所も本名も知らないのが当たり前で、電脳世界の中の存在のような感覚だったのですが、最近、本を送ってもらったので住所を知っている方がいたのです。
遠くの仲間が私を案じてくれているという温かさに、じーんとしました。ありがとうございます!
井村屋のえいようかん、美味しかった!

14日(6日目)
県内他市で一人暮らし中の息子のアパートの電気・水道が回復したというので、仕事帰りにお風呂を借りに行く。(息子のアパートは、私の職場からわりと近いので)
11日に実家で洗濯して以来溜めていた洗濯物を持っていって洗濯させてもらう。
まだ大量に残っていたゴーヤも持っていって、水が出る台所で料理させてもらい、一部はその場で食べ、一部は佃煮にして家に持ち帰る。

15日(7日目)
今日も帰りに息子のアパートでお風呂に入ろうと、お風呂支度一式や水を汲ませてもらうための大量の空きペットボトルを車に積んで出勤したら、市のツイッターに断水復旧の知らせが。
息子のアパートは、近いとはいえ、行って帰るだけで合計1時間半近くかかるので、水さえ出れば家で水シャワーでもいいやと、そのまま帰宅。

16日未明、ついに電気復活\(^o^)/
その夜は大雨でしたが、朝、起きてからツイッターを遡ったら、フォローしていた東電のアカウントから真夜中に『○○地区の停電はまもなく解消の見込み』のツイートが。
作業員さんは、こんな大雨の夜中に夜通し作業してくれたたんだ……。
ありがとう、ありがとう!

作業員の人たちも、ほんとに大変ですよね……。
近くのショッピングモールの駐車場に全国の電力会社の車が集結してたけど、作業員の人たちは車内で寝泊まりしてたらしいし、当然宿泊設備なんかない商工会館が東電職員の臨時宿舎になってたという話も聞きました。

職場では、電気がついたのはうちが最後だったので、通電を報告すると、みんなが拍手で祝福してくれました(笑)

結局、停電は一週間、断水は5日間に渡ったわけですが、うちは赤ちゃんや病人や年寄がいない健康な成人2人の家族だし、家屋にたいした被害はなかったし、車も無事でガソリンもあって、少しだけど屋根のソーラーから電気が取れて、ガスも使えて、食料の買い置きも普段から豊富にあり、しかも防災の日に非常持出袋や防災備蓄の点検・補充をした直後という幸運もあって、わりとそれなりに乗り切ることが出来ました。

うちはたまたま恵まれていましたが、小さいお子さんや病人のいる家や、高齢の方、家屋の被害が大きかった方は、比べ物にならないほど大変だったはず。
台風明けの当日は、まさかこんなことになるなんて思わなかった……。

それにしても、防災の日の非常持ち出し袋の点検なんて、昔はあんまり真面目に考えたことなかったけど、本当に役に立つんですね。
やっておいてよかった。
非常持出袋の中の食品は賞味期限をチェックして入れ替えてたのに、取り出した古い分の管理が甘かったので1996年賞味期限の乾パンが発掘されてしまったりしましたが(笑)

ちなみに、その乾パンは、普通に美味しく食べられました。
缶詰は缶が破損したり膨らんだりしてなければ食べられますから。
でも、他にも2014年賞味期限の乾パンが見つかって、それはちょっとシケっていました。
1996年のほうは昔から定番のサンリツで、2014年期限のほうは、安かったから買ってみた他メーカーだったので、やっぱりサンリツの乾パンは高いだけのことがあると思い知りました。
もちろん他社のも、ちゃんと賞味期限内に食べれば問題なかったはずなので、食べ忘れる私が悪いのですが(^^ゞ

そうこうしているうちに、また台風が来そうなので、「サンリツの乾パンは賞味期限切れでも食べられる」(笑)という以外にも、もしかすると誰かの役に立つかもしれない情報を流しておきますね。

ツイッターでもさんざんおすすめしましたが、今回使って一番便利だった照明器具は、半透明のジャバラのついたソーラー充電式折りたたみランタン。
普段は手のひらに乗るサイズの円盤型の懐中電灯で、ジャバラを伸ばすとランタンになり、ソーラー以外にUSBケーブルでも充電できるやつです。
ジャバラ部分が乳白色なので、光が拡散して眩しくないし、取っ手がついるので、そこに紐を通して高いところから吊るせば部屋全体が明るくなるし、手に持ったり首に下げたりして持ち歩けて便利です。
覆いが乳白色でないランタンの場合は、白いスーパー袋等に入れると光が拡散されて良いらしいですが、袋なしで使えるもののほうが持ち運びやすいですよね。
開閉の回数が多いと蛇腹部分の強度が若干不安な気がしますが、災害時にしか使わないなら大丈夫かと。

うちはこれを、いつも、コンパクトに折りたたんだ懐中電灯形態で、ガラス越しに光が入る玄関の窓際に置いて充電しています。
USBケーブルも、いざというときに見失わないよう、ビニール袋に入れて本体に結びつけてあります。
取っ手には紐を通してあって、いざというとき、さっと手に持ったり肩にかけたりして持って逃げられるようにしてあります。

あ、もちろん、ソーラーランタンしかないと、天気が悪いとあまり使えないので、乾電池式のと両方必要ですよね。

あと、これも前から言ってるけど、懐中電灯やランタンには、置いたときに目立つ場所に蓄光シールを貼っておくと便利です。
もともと真っ暗だった夜中に停電したときには役に立たないけど、直前まで電気がついていたときは、しばらく光るので、見つけやすいです。
そして、スイッチの位置が手探りで見つけにくいものには、スイッチのそばにもシールを貼っておくと役立つかもです。


 < 過去  INDEX  


冬木洋子 [HOMEPAGE]