ふすまのおく
細々、ぼそぼそ書いてます。

2022年10月20日(木)

久し振りにちょっと長い夢を見た。
夢って昔と現在が不思議な形でつながるから、いつもこんな風に夢を見れたら楽しい。


小学生低学年の頃まで住んでいた家の近くを、
現在の私がピンクのスーツケースをもって旧国道を西に向かって歩いていく。

姉夫婦が途中、黒いヘルメットをかぶり、一台のバイクに乗っている。
バイクの二人乗りが並列にできるわけないのに、なぜか二人横に並んでいる。
(サイドカーじゃなくて二人の目線がバイクに乗った高さだった)
私が「行ってくるね」と言ったら、じゃあね、みたいに声をかけてくれた。

歩く私の周りを普通の犬がじゃれついたので、よしよししてあげた。
それじゃまた歩こう、と思って西に向かおうとしたら、
さっきの犬よりちょっと小さい犬が膝に飛びついてきてよしよしした。
本当に行かなきゃと思ってまた歩いたら、
西の遠くの方からちっちゃい犬が私の方に全速力で駆け寄って、
肩のところにまで登ってきたので、しょうがなくよしよしする。
さっきの犬と合わせて3匹をとりあえず家に引っ込めようとしたとき、
まだ何かいる、と思ったら、猫も顔をひょいっとさせてきたので、
犬(中)と犬(小)と猫を犬(普通)の背中に乗せた。
でもこれから向こう(西)に行かなきゃなのにどうしよう、と思った。
そこで目が覚めた。
ちなみに犬は昔一匹だけ飼っていたことがあるが、この三匹のなかにはいない。


犬三匹と猫一匹に溺愛される夢だったけど、
私はどこに行こうとしていたのか、合計4匹は西に行く私を止めたかったのか。
でもこんな夢ならまた見たい。犬でも猫でも溺愛されたい。


 <past  index  


襖 [MAIL]