遊戯王ARC−V感想とか雑文とか(遊戯王の謎)
日記&アニメ感想の目次前の日


2015年01月28日(水) 「混沌帝龍−終焉の使者」復活と漫画5D's最終回感想とジョジョ感想と5D's再放送 第153話「ぶつかり合う魂」


ついに私の手元に『混沌帝龍』がやってきました。
まさかVジャンプの付録になる日が来るとは…(´∀`*)
といっても、このカード、 アニメじゃ社長が1回しか使っていない(それもアニメオリジナル回)なので、カードに疎(うと)い私からすると、超有名な割に「顔が思い出せないクラスメート」みたいな存在になってます。
10年の歳月を超えて、ようやく私のような下々のところにもやってきたので、ちょっと福の神がやってきたような気持ちです゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ。


サイトに「アンケート」、「同郷人を探せ」、「タイピングゲーム」などを置いているのですが、最近、プログラムを置いていたサーバーがメンテナンスをしたようで、一時、表示がメチャクチャになっていました。
覗いてみて、あまりのひどさにビックリした人もいるかもしれませんが、直しましたので、まだ登録する気があるようでしたら、是非、登録したり、ゲームで遊んでみてください。
ただし、タイピングは自己記録を登録とかちょっと出来ないので、単純に遊ぶだけにしてもらえると助かります。よろしく(´ω`)ノ


ジョジョ・エジプト編感想

オインゴ・ボインゴの歌が脳内で無限ループ!アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ
まさかEDになるとは!!
オインゴ兄ちゃん、歌うまい!
ボインゴ、カワイイ!!
ジョジョはスタッフに愛されていますね〜。

劇中で出てきた漫画、すごく味があって、あのテイストで荒木先生にはもう一度第一巻から描き直して欲しいとさえ思ってしまいます。
一番好きなのはポルナレフの顔!
似てないけど、似てる!
花京院とアヴドゥルの顔も見たかったな…。
承太郎のTシャツ姿とか、「うっ!」という顔とか、今回は大笑いでした。
ギャグ回だけど、予言の「毒」や「爆発」の言葉が衝撃で、ハラハラしながら観ていました。
最後はどうでも良い兄ちゃんたちにボコられて、お気の毒でした。
でもこれって承太郎たちの強運が凄すぎるんでしょうね。
「ぬるいコーラ」とか、旅ネタの「あるある」もあって面白かったです。
あと、「ウケッ、ウケケケッ、ウケケッ」がすっかり口癖になってしまっている自分が恐ろしいヾ(´∀`*)ノ ウケケ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

漫画5D's RIDE-66 儀式を制し者!!

終わったぁぁぁ。
遊星が勝ってホッとしたけど、過去組の3人が成仏するシーンは読んでいてツライものが…。・゚・(つд`)・゚・。
何か見返りでもあれば良かったのに…と、思わずにはいられません。
「人間を倒しても邪神倒れず!」と、負け惜しみを言いながら神消滅!
このポジティブ思考は見習いたいところです。
遊星が願ったことは伏せられていましたが、何を願ったかは各自で考えて!というラストは良かったです。

表紙は星空をバックにした遊星さんでした。
絵のどこかにスタダさんがいるんじゃないかと探してしまいました゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

アニメだと遊星は科学者になるようだけど、漫画じゃチラリとも暗示させるものがなかったので、この先、どうなるのかな…と想像するのも楽しいです。
とりあえずジャックは養父ゴドウィン長官の莫大な資産を継いで、マハラジャみたいな生活するんだろうなと。
アニメのジャックなら三ヶ月くらいで使い果たしそうだけど、漫画のジャックは堅実に資産運用しそう。
そしてアニメじゃ市長にまでなったイェーガーさんは、ゴドウィン長官の面影を求めてメソポタミア地方へと旅立つのであった…(嘘)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5D's再放送 第153話「ぶつかり合う魂」

ジャックの場に召喚されたトークンが、「ポリンキー」とか「おにぎり」とツッコミ入れながらの視聴!
今回も熱い闘いでしたヾ(´∀`*)ノ

デュエルは熱いのですが、それより「お前がそうさせる」のセリフに乙女魂がドキドキでした。
もう完全に腐った頭で観ていましたぜ!
この勢いで結婚しちゃえよ!(ノ∀`*)キャー♪


遊星
 お前がそうさせる
    ↓
 ジャックが熱いから、自分も熱くなる
    ↓
 つまり、闘いが盛り上がるかは相手次第
    ↓
 結局、自分で盛り上げようとか思わない
    ↓
 気持ちはすっかり引退(頼まれたデュエルはするよ)


二人のデュエルを観ていると、富岡時代を思い出します。
スタダは本当に拾ったのか、何か入手経路に隠された秘密があるんじゃないか…とか想像していました。
5000年前のマヤ人だったころの遊星と愉快な仲間達のエピソードが入るかも…と期待していました。
シグナーのドラゴンは前半で全部揃い、赤き竜と共にダークシグナーを倒すと思っていました。

途中で富岡さんがいなくなってしまったことが、最大の絶望でしたね…。・゚・(つд`)・゚・。


2015年01月25日(日) 遊戯王ARC-V感想−第40話 「アカデミアの戦士」


遊戯王ARC-V感想−第40話 「アカデミアの戦士」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【今日のお言葉】  

    バレット : あなたに降りかかる火の粉を払うのがプロフェッサーから与えられた私の使命

バレットさん、無駄にセリフがカッコイイ!
でもいきなり負けて、払う火の粉を全身で浴びてしまったのが情けない!・゚・(つ∀`)・゚・
良い人っぽくて安心しましたが、セレナの言い方が偉そうでカチンと来ました。
彼女はきっと小さい頃からボディガードを何人もつけられたので、慣れというか、接し方がキツクなっているんでしょうね。
倒れたバレットさんをそのままにして場を離れようとしたところは、ちょっと幻滅でした…(´Д`) ヒドイ
バレットさんは使命感ギンギンで職務忠実なところを見せていますが、今後、この人ってどういう風に話に加わっていくのか楽しみです。


セレナ登場!
顔は柚子にそっくりでした! って、声優さんも一緒でした。
でも性格はかなり差がありました。
彼女もツンデレっぽいです。
用心棒までついているってことは、彼女はプロフェッサーにとって大切な人間であることが分かります。
赤馬社長は彼女のことを知っているようでしたが、やはり妹なのであろうか…。


柚子の相手、美技代の超アイドルっぷりが可愛かったです。
観客の目を意識している点も好印象で、女版「遊矢」だと思いました。

  「みんなのハートを特殊召喚!(´∀`σ)σ バキューーン♪」

こういう事を言われちゃうと、ハートきゅんきゅんですね!(ノ∀`*)キャー♪
所属チーム名が「デュエルっ子クラブ」というのも良いです!
久しぶりに華やか系デュエリストの登場で嬉しかったのですが、デュエルが最後にチョロっとしか流れなかったのが残念でした…。
ちゃんと観たかったです。
柚子が彼女にライバル意識を燃やしていたのも良いですね。
エンタメデュエル塾の看板娘が制服でデュエルするっていうのが、そもそもヤル気のなさを醸し出していたので、彼女からファッションや観客の扱い方などを学び、良い刺激を受けて欲しいです。


遊矢は元気がなかったですね…。
勝鬨との勝負、やっぱり自分でも納得いかないみたいです。
でも「闘いだし、しょうがないんだよ」とあのデュエルを肯定しようとしていますね。
そういうの、遊矢らしくないな〜と思います。
ユートの感情と融合してしまった理由を明らかにするとか、自分の心の弱さを反省するとか、具体的な行動が見たいです。


イライラの黒咲登場!
毎回、イライラしてますなぁ〜彼は。
飼い殺し状態なのは良いとして、毎日何をしているんでしょうね。


私の北斗がカードになってしまったぁ!。・゚・(つд`)・゚・。
クソ、セレナめ!
そのカード、言い値で買おう!
せめてどんな顔でカード化されているのか、ちょっと見せて!((((((っ・ω・)っ


【絵とか脚本とかデュエルとか】


「二人合わせて200人力の熱血と男気」にドキドキでした。
特にゴンちゃんのカットは個人的にお宝です。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


デュエル中にバレットさんの過去描写がありましたが、「グレイモヤ」がマジで地雷になってた!
なんで片目になった描写が入ったのか、良く分からなかったのですが、ひょっとしてあの罠を仕掛けたのはエクシーズ次元の人間なのだろうか…(´・ω・`)
融合次元の人間は人をカードに封印し、エクシーズ次元の人間は地雷を仕掛けたりして応戦しているのか…。
なんだか嫌な、絶対に関わり合いたくない異次元の戦争ですね。


今日は赤馬社長が見事でした。
融合にエクシーズ、そしてペンデュラム召還と、まるで召喚法の玉手箱やぁ〜(彦麻呂風に)
まぁ強いて言えば、戦術が完璧すぎて、面白みに欠けるかな。
勝つための積み木をダダダダダと積み上げているだけというか。
バレットさんが堅実な戦術だった分、よけいに感じたのかもしれません。


バレットさんが『パンサーウォーリア』を召喚!
すっごく久しぶりに顔をみました!
この色づかいは、やっぱDMですね。
胸当ての藍色とか、ちょっと懐かしく感じました。



「次回予告」
    遊矢:あの夜、消えてしまった素良
    もっとも真実に近い男「黒咲隼」と舞網チャンピオンシップ2回戦を終えても
    いまだに会えてはいない
    そんな中、赤馬零児は融合次元から来た柚子と瓜二つの少女『セレナ』と3年ぶりの再会を果たしていた

    遊矢:次回 遊戯王ARC−V 「野望の地 デュエルアカデミア」


    お楽しみはこれからだ!


    あのハゲオヤジはひょっとして…プロフェッサー?(^ω^#)
    ということは、赤馬社長のとうちゃん??
    髪の毛が…いや、問題はそこじゃない!!
    というか、親子? 似てないな〜。
    社長は母ちゃん似なんだな、うん


    零児とセレナは過去に会っていたんですね。
    しかし3年前とは…。
    社長って今いくつ?
    実年齢は17歳くらいでも、成人年齢は28歳にしか見えん!
    成長期の二人だし、社長はメガネ男子になっているから、セレナは覚えているか微妙ですね。


作画監督=Lee Sung-jin
脚本=田村 竜
絵コンテ=児谷直樹
演出=児谷直樹


2015年01月20日(火) 「銀」が王様で「金」が表くんの「不思議」とジョジョ感想と5D's再放送 第152話「進むべき未来」


「決闘者の栄光 記憶の断片」の中身について雑談板で色々と報告が上がっていますが、カード名を目にするだけで懐かしくなり胸が熱くなります゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
ところでパッケージは王様と表くんですが、どうして王様が『銀』なんでしょうね。
ファラオと言えば「黄金」
とうぜん王様が『金』のパッケージで、表くんは『銀』だと思うんですが。
これってやはり「もっと腕とかにシルバー巻くとかよ!」の呪いでしょうか。
きっとそうだ! ぜったいそうだ!!


ジョジョ・エジプト編感想

ンドゥールの声はイトケンさんでしたが、良いですね〜!好きな声優さんです゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
聴覚の良さで目が見えない欠点を補っていたけれど、あそこまで愉快な仲間達を追い詰めるとは!!
ディオの新たな用心棒の実力、恐るべしです。
今回はイギーの大活躍…と書きたいところですが、本人はまったくヤル気なしですね。
でもそこがイギーらしいというべきか。
承太郎はいつの間にかイギーを気に入っているようで、打ち解けたら意外に良いコンビになるのかもと感じました。
ンドゥールは心の底からディオに心酔していましたが、「悪には悪の救世主が必要なんだよ」というセリフ、確かになぁ〜と思いました。
スピードワゴンさんも悪系だったけど、ジョナサンに出会って人生変わったように、ンドゥールもディオじゃなく別の誰かに出会っていたら、また違う人生になっていたんじゃないかと思いました。
ディオにとってはンドゥールの生死なんて一つの駒を失った程度の意識しかないだろうなと思うと、自分から命を絶ったンドゥールが気の毒でなりませんでした。
花京院とアヴドゥルが倒れ、この先、どうするつもりなのか、次の展開が楽しみです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5D's再放送 第152話「進むべき未来」

私服の遊星、私服の遊星ヾ(´∀`*)ノ まったく垢抜けないところが逆に好き!!

私服のみどころ
(仕事用)
 ・青いシャツをズボンの中に入れる(遊星がシャツを着ているというだけでドキドキ★(゚∀゚*)
 ・無駄にデカイ、白衣の襟
(プライベート用)
 ・地味なブレザー
 ・さらに地味な灰色のTシャツ
 ・どこで手に入れたのか分からない変なアクセサリー

遊星にアクセサリーって似合わないな〜と思いました。
チャラチャラした飾りとか嫌いそうというか。
まてよ!そうかアレはロケットチャームになっていて、中には小さい工具が入っているんだ!


それぞれの道
イェーガーさんは良い市長になると思います。
この世界には「国」という概念がなさそうなので、市長というのはかなり高いポジションじゃないかと察します。
イリアステルが長官だった時は地下に潜伏し大変な生活をしていましたが、今は妻と子供も喜んでいるでしょうね。


龍可の姿に頬そめる龍亞。
双子で同じ顔なのに頬とか染めちゃって!(´- `*)ポッ バカ兄め!(´ω`*)
龍可の場合、遊星に見せるためにオシャレするって感じですね。
アキも頑張ってミニスカだったのに、遊星の目には入っていないのが丸わかりなのが可哀想。
まぁ遊星が女子の服装を褒めるなんて想像つかないし、こんなもんでしょう。
それに遊星はオレの嫁!(ノ∀`*)キャー♪


今回はジャックが張り切ってました。
武者修行ということで、ボマーさん、鬼柳、シェリーの顔もサービスで登場でした。
ジャックは常に上を見ているのが良いですね。


遊星が立ち上げた「フォーチュン」
一緒に阿久津さんも回っていましたが、ならず者のような遊星をよくまぁ「チーフ」として研究チームに加えたな〜と思いました。
それだけ遊星が優秀だってことですね。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
裏でイェーガーさんが推薦したんでしょうが、目の付け所がさすがです。
ゾーンたちの世界では機械の暴走がありましたが、今度は大丈夫そうですね。


2015年01月18日(日) 遊戯王ARC-V感想−第39話 「逆鱗の覚醒」


遊戯王ARC-V感想−第39話 「逆鱗の覚醒」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【今日のお言葉】  

    フトシ : シビれるくらい怖ぇぇぇ…Σ(´□`;)

腕踏まれて怒りスイッチ入った?
自分の言うことを聞いてくれないし、、「闇墜ちしろ」とか命令されたので怒った?
タイトルに『逆鱗』ってついているし、よっぽど頭に来たのかな〜?(´・ω・`)
ユートと合体するキッカケの心理描写が曖昧で、表現が弱すぎるなと思いました。
こんな些細な理由でユートと融合するなんて…遊矢のメンタル弱すぎです。


目が赤くなった途端、ホラー漫画みたいになりました。
遊矢とユートが融合すると、こんな禍々しい性格になるとは…まるでどこかの覇王様みたいです。
リベリオンさんを使いこなす点では中身はユートっぽいですが、完全に乗っ取られているのかどうか…それは遊矢本人にしかわからないです。
会場のお客さんがドン引きしていましたが、エクシーズモンスターが出たことに驚いたのか、それとも遊矢の体から発する黒いオーラに恐怖を感じたのか…。
子供たちがおびえるくらいだから、よっぽど禍々しいオーラだったんでしょうね。


消えたはずのユートはどっから沸いて出てきたんでしょうか。
あっちの世界に帰らず、幽霊みたいに遊矢に取り憑いていたのか?
それともリベリオンのカードに魂が吸収されて、カードの中から遊矢の魂に交信をしかけた?
呼ばれて、飛び出て、ジャジャジャジャーンなユートですが、デュエルで人格交代って、思いっきりDMを意識していますね。


梁山泊塾がしっかりした設定を持っていることが意外でした。
全寮制とか厳しい塾則(外出禁止、面談禁止)とか。
名前負けのお笑い塾かと思っていた私を許して!(つД`)
扁額の「ドロー入魂」は気に入りました。
まさに少林寺のような厳しさです。
プロ輩出率が高いところが売りのようですが、こういった塾で一番大切なことはやっぱり就職先の保証でしょうね。
それにしても列をなす受験者…儲かってますね!


勝鬨のエピソード、面白かったです。
遊勝さんって普段もあの格好か…(^ω^#)エンタメも大変だ
チビ遊矢は天使のごとき可愛いらしさ! う〜ホッペすりすりしたい!!
勝鬨は父親と仲良くする遊矢をうらやましそうな目でみていたのが気になりました。
ひょっとして梁山泊塾へ行くことは自分から希望したことじゃなく、家の事情とか?
まさか借金の代わりに売られて…とか?
彼のデュエルから明るさが感じられず、どこかデュエルを憎んでいるように感じられます。
遊矢との闘いを「運命」とか言っちゃう”青さ”が私は好きです゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
今回負けて退場になりますが、彼の素性をもっと知りたいです。


【絵とか脚本とかデュエルとか】


ゴンちゃんの目隠しプレイ!!!!ヾ(´∀`*)ノ
目隠ししていても強いですね。
順当に勝ち上がっていて嬉しいです。
さすが跡取り息子、貫禄が違います。


フィールドが『仙界竹林』とうことで、パンダの登場を期待していたのですが…
出なかったよぉぉぉぉぉぉ。・゚・(つд`)・゚・。
次回、きっと次回は出るよねぇ! 期待しているよ!!


勝鬨のモンスター『ハヤテとイダテン』イケメンですね。
雰囲気も勝鬨に合っていると思いました。
勝鬨は動きも戦術も無駄が無くてカッコイイのに、ターンエンドのポーズはちょっとダサイですね…( ´艸`) クククク


遊矢がアクションカードを取らないよう、竹を投げたりしていましたが、遊矢に当てないように気を遣っているところは優しいなと思いました。
意外とズルは嫌なタイプみたいですね。


「次回予告」
    遊矢:勝鬨とのデュエルに勝利したオレ
    そのデュエルで勝鬨を笑顔にできないヒドイ勝ち方をした事にオレは後悔していた
    そんな中、赤馬零児は一人の少女と出会う
    その出会いがオレたちに不穏な影を落とそうとしていた…


    遊矢:次回 遊戯王ARC−V 「アカデミアの戦士」


    お楽しみはこれからだ!


    隻眼のオッサン来たぁぁぁぁぁ!ヾ(´∀`*)ノ
    ヤバイ!超タイプですぅぅ (ノ∀`*)キャー♪
    このオッサンはミゾグチ枠なのであろうか…。
    となると、この少女を「お嬢様」とか呼んじゃうのかな?
    楽しみです。


    まさか赤馬社長が女の子と絡むとは!
    男だらけの遊戯王の法則が…(^ω^#)
    大きなお姉さんたちの絶望が深まるぜ!
    それにしても以外と簡単に社長と会えるんですね。
    黒咲ニャンコは会わせろと暴れていたのに…。
    この少女、柚子に似ている設定の子?
    あんまり似ていないし…違うかな??


    柚子の相手、カワイイですね。
    こういう女子力高い子、楽しみです。
    デュエルの腕はどうなのか、柚子は負けてしまうのか、次回も楽しみです。



作画監督=宍倉 敏
脚本=田村 竜
絵コンテ=竹下健一
演出=望月敬一郎


2015年01月14日(水) 王様と表くんとジョジョ感想と5D's再放送 第151話「集いし願い」


10日発売の「決闘者の栄光 記憶の断片」パック、買いました。
王様と表くんが袋を飾っているので特別な感じがします。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
新宿のヨドバシへ行きましたが、男子高校生などが買い求めているのを目撃しました。
ミレニアムレアはヒエログリフが光るようになっていて、カッコ良いですね。
中身はこんな感じです。

武藤遊戯
 闇よりの罠 ノーマル
 天使のサイコロ ノーマル
 メタル化・魔法反射装甲 ノーマル
 ハーピーズペット竜 ミレニアムレア
 死者蘇生 ミレニアムレア
 究極竜騎士 レアカード
 仮面魔獣デス・ガーディウス レアカード

闇遊戯
 ガルマソードの誓い ノーマル
 パペットキング ノーマル
 電磁ミノ虫 ノーマル
 痛恨の呪術 ミレニアムレア
 神獣王バルバロス ミレニアムレア
 ハーピィの羽根箒 レアカード
 黒の魔法神官 レアカード


上野の国立科学博物館で「ヒカリ展」をやっているので観てきました。
展示会を観て「ヒカリ」について何も知らなかったんだな〜と思いました。
光は波長によって色が違うとか聞くと、なんかスゲーってなりますね。


ジョジョ・エジプト編感想

イギーって見た目は犬だけど人の言葉がしゃべれるんだとばかり思っていたので、本当にタダの犬だったことに驚きました。
それもかなり悪ガキだ。
ポルの髪の毛、むしりすぎ!(´□`;) ヤメテー!!
そのまま毛根死んだらどーすんの!!
しかし凶暴さばっかりじゃなくコーヒー味のガムが好きだなんて…カワイイところもありますね。
でも、あんまり食べると虫歯になるよ!
スピードワゴン財団のヘリ乗組員さんたち…お気の毒でした。
一般の人が簡単に殺されちゃうのを観ると、とても気の毒になります。
今度の敵はくやしいけどイケメン!
殺すには惜しいけど、乗組員さんのかたきをぜひ取って欲しいです。
でも敵のスタンド、強いですね…なんでも切り刻む水か…オソロシ。
目を切られた花京院は大丈夫なのだろうか…。
綺麗な顔に傷跡とか残らないと良いけど…(´・ω・`) 心配ですよ
ポルと花京院が仲良しさんでした〜。
すっかり打ち解けて、良いコンビです。
二人のナルシストっぷりがとても好きです。
ディオは手下増強で、準備は万端ですね。
一体、いつになったらディオと承太郎は対面出来るのか…。
でも承太郎はまだディオに比べて闘いの経験値が低いので、雑魚相手に腕を磨いて欲しいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5D's再放送 第151話「集いし願い」

時械神が攻撃力を上げるシーンは「こりゃヤバい!」と思って見ていましたが、さすが遊星というか『集いし願い』を引いてから、一気に逆転しました。
ゾーンに攻撃する際、色々と懐かしい顔が出てきましたが、最後のブルーノの笑顔にすべて持って行かれました。
ゾーンのライフがゼロになり、身も心もボロボロになり、かつての脅威は失せて、ただの枯れ木のような老人になり果てた姿は気の毒というか哀れに思いました。
でもゾーンが出現したことで未来が揺らぎ、新たな希望がこの世界に生まれただけでも彼の人生は意味があったんだと思います。

遊星の代わりにゾーンがモーメントにぶつかっていくところは、自分が蒔いた種は自分で刈って欲しいと思っている私には妥当な流れでした。
でもそれはゾーンの命を軽く見ている訳じゃなく、他に方法があれば誰も死なない方法を探して欲しかったです。
アーククレイドルは消滅し、遊星は戻りました。
モーメントが消滅するとき、ゾーンたちの魂がどこかの時代に跳ね飛ばされ、再び生きなおす展開でも良かったんじゃないかと思ったんですが、そこまでの描写はなかったですね。

赤き竜は気を利かせてタクシーとしてシグナーたちを運んでくれました。
5000年後にまたシグナーとダークシグナーの闘いがあるのか…そこんところは良く分かりませんが、赤き竜が存在をアピールしているってことは、また5000年後に遊星たちの魂と再会することを狙っているんでしょうね。
迷惑な話だけど。


2015年01月11日(日) 遊戯王ARC-V感想−第38話 「4つの次元」

遊戯王ARC-V感想−第38話 「4つの次元」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【今日のお言葉】  

    遊矢 : 勝鬨勇雄、オレはお前のデュエルを認めない!

遊矢ってこんな性格だったっけ?
自分の考えを他人に押しつけるような子じゃなかったのに…。
最近の変化にちょっと戸惑っています。
今までイジケることが多かった遊矢なので、これを”成長”と呼んでも良いのかもしれないけれど、押しつけ方がなんか一方的過ぎるというか…。

  「オレのデュエルでお前の心に笑顔を取り戻してみせる!ヽ(`Д´#)ノ ウォォォォォォ!」

ジャイアン遊矢の暴走がちょっと怖いです。(^ω^#)


ミエルのパワー・インテリアに目が釘付け!!
怪しげな香を焚きすぎて部屋が煙ってる!
あれを吸い込むほうが体に悪そうですが、彼女の必死な思いが伝わってくるので責めることは無理ですねぇ。
母ちゃんと柚子がうまく彼女を追い出しましたが、さすが亀の甲より年の功です( ´艸`)ククク
私も遊矢の灰色スウェットはあまり好きじゃなかったので、緑と白の格子柄パジャマ、大賛成です!d(・ω・´)
後半、元気な遊矢に抱きつこうと飛んだ瞬間、交わされてしまったところは可哀相でした…。
でもめげずに再アタックして欲しいです。
やっぱ恋に一途な女の子は応援したくなります。


「サンキュ! ミエル」の遊矢絵に不覚にも笑ってしまったぁぁぁ(^ω^#)クヤシィィィ
でも10年後くらいには遊矢もあんなイケメンに変わるかと思うとヨダレが〜(ノ∀`*)キャー♪


柚子に似た姉ちゃん出た!
アユが目撃してましたが…隣にデカイおっさんが!!
この子は素良の話を盗み聞きしていた子と同一なのか…な?


ゴンちゃんが相変わらず遊矢好き好きで笑いました。
どんだけカワイイんだか゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
本当に心配していたんだな〜伝わってきました。


フトシ、負けたことを遊矢にちゃんと報告するところが良かったです。
コイツ、実は男らしいな!


なんと母ちゃんがおっぱい要員だったとは!
人妻・熟女…これは監督の趣味でしょうか!!(*´ -`)(´- `*) ぜったいそうだね


黒咲がすっかり飼い殺しになっています!
さすがにここまでやられると、気の毒に感じました。
だから赤馬社長と手を組んじゃダメだと言ったのに…。


【絵とか脚本とかデュエルとか】


北斗さん、マジ強いっス!
今日はカッコ良かったです。
演出も凝っていて、数秒の登場なのにすごく印象的な闘いを見せてくれました!(・∀・)ノ
あの北斗七星型のヘアバンドが彼をオモシロキャラにしていますが、デュエルの腕は相当なので彼が他のチームとどんなデュエルをするのか、じっくり観てみたいです。


刃は好きキャラだったので応戦していたのですが…負けてしまいました…(´・ω・`) ショボーン
カチドキって本編ではパッとしない顔だったのに、予告の方が数倍イケメンになってて驚きました。
負けたシーン、どれをみてもリアルファイトでボコられてライフを失ったようにしか見えなかったんですが…。
ジュニアと銘打っていても担架で運ばれるようなダメージを受けることもあるなんて…。
梁山泊塾、容赦ないなぁ。でもだからこそ興味あるある(´ω`*)


「次回予告」
    権現坂:梁山泊塾『勝鬨勇雄』
    去年のジュニアユース選手権準優勝 実質、今年の優勝候補ナンバーワンと見て間違いない
    柚子:でもそんな選手があんな乱暴な闘い方をするなんて!
    フトシ:痺れるくらいすさまじかったぜ
    アユ:遊矢お兄ちゃん、大丈夫かな

    遊矢:次回 遊戯王ARC−V 「逆鱗の覚醒」


    お楽しみはこれからだ!


    遊矢発光!! 何、どうしちゃったの?
    カーっとしすぎて発光しちゃったの?
    逆鱗って言うからには触れてはいけない何かにカチドキさんは触れちゃったのか…。
    最近の遊矢は余裕がないというか、怒りっぽいなぁ。
    黒咲病が伝染しちゃったような感じ。


    カチドキさん、水色の瞳!!乙女来たぁ!(゚∀゚)ノ
    美人登場で楽しみです。
    中華系なファッション+竹林ということは…ひょっとして、パ ン ダ 出 ま す か!?
    期待して待ってるぜ!



作画監督=Noh Gil-bo
脚本=上代 務
絵コンテ=岩田和也
演出=茉田哲明


2015年01月07日(水) 謹賀新年と漫画ゼアル感想


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末はコミケに行きました。
申込み用紙の購入を頼まれたのですが、今年は旅行と手芸が同じ日だったので、普段は見られない雑貨を見られてとても楽しかったです。
猫系、犬系にまじってインコ系が超カワイイ!サンショウウオもありました。
ぬいぐるみに財布にハンカチにカバン、シール、目移りして大変でした。
旅行系は相変わらずでしたが、擬人化コーナーで鉄道に混じって航空機モノを見たときの衝撃!
JALとANAみたいな…(´ω`*) 姐さん方の気合いを感じました。

紅白に出場したジバニャンズはどれも可愛かったですね。
あんなに仲間がいるとは知りませんでした。

年末はCS三昧でした。
ハンター×ハンターの全話一挙放送(ほぼ4日間)は体力的に無理でしたが、成し遂げた勇者はいるんでしょうか。
ジョジョも一挙をやっていましたが、さすがに途中で寝てしまいました。
ハイジは2日間に分けてくれたので楽でしたが、それでも朝から夜までハイジ漬けでした。
私もヨーゼフを枕がわりにしてアルムの空を眺めたいです。

映画は「海月姫」を観てきました。
アニメのファンなので実写化はどうかな〜と思っていたのですが、能年ちゃんの月海はピッタリだったし、まやや様、ジジ様、ばんはさん、千恵子殿の尼〜ずも期待を裏切らないオタクっぷりでした。
”もこちゃん”(速水もこみち)も出ていて、お得な映画でした。

読書は月刊ムーをまとめ読みしてました。
毎月「超能力者になれる方法」とか「絶対に当たる占いの方法」とか掲載されていますが、もし買った当時から真面目に修行していたら、私も能力開発して超人になっていたかも…と妄想しました。
でもほとんどの占い師が1999年に人類滅亡、第3次世界大戦が来る!と予言していましたが、外れましたね。

5D's再放送は正月休みで休止だったので感想は無しです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

漫画ゼアル感想

ランク49 新しい希望!!

e・ラーとの闘いも佳境となりましたが、ここでシャークさんが退場…(´;ω;`)
シャークさんには八雲を道具扱いしたe・ラーに鉄槌を下す役目を担って欲しかった…もちろんグーで!
そしてカイトより先に退場したことはウーム…というか何というか。
まぁハルトがカワイイので許します。
カイトのエースモンスター「希望魁竜タイタニック・ギャラクシー」が殴り、e・ラーのライフを3000ポイント以上削ったところは、ヤターヾ(´∀`*)ノ という爽快感がありましたが、火に油というか、かえってe・ラーを逆上させた展開は○でした。
e・ラーですが、最初は美人神というか、エステサロンの女社長みたいな優雅さがあったのに、だんだん狂気のオバサンっぽい雰囲気に変化してきたのも面白いです。
神と言っても中身は人間と変わらないのだなぁ〜と思いながら読みました。
ラストに登場した「アンチホープ」はどんな姿なのか、次回が楽しみです。


2014年12月28日(日) 遊戯王ARC-V感想−第36話 「動き出す運命」


遊戯王ARC-V感想−第36話 「動き出す運命」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【今日のお言葉】  

    ユーゴ : 何が「ユーゴー」だ! オレの名前は「ユーゴ」だ!間違えてんじゃねぇ!!ヽ(`Д´#)ノ

新キャラ『ユーゴ』は口が悪くて、ちょっと短気なシンクロ使いでした。
「融合」を自分の名前と思いこんで、いちいち反論するんですが、そのやりとりは寒いギャグに感じました。
スタッフはユーゴを「ちょっとおバカな子」という印象を与えたいみたいですが、なんか不自然に感じました。
遊矢たちと顔が似ている分、性格をきっちり分けたかったのかもしれませんが、これはちょっと逆効果です。
でもそれ以外は良い感じでした。
ヤンチャ系キャラは大好物です!゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


ユートとユーゴは互いに誤解しあっているようですが、相手の言葉をちゃんと聞こうとしない態度は見ていてイラっと来ました。
こちらは二人の関係が良く分からないので、デュエル自体が時間稼ぎに感じられて不満でした。


余裕を見せていたユートが負け、遊矢にカードを渡すシーンは、ユートが別人化していて驚きました。
「その仏様のような微笑みはナニ!」と思いました。
だってさっきまで敵として戦っていたのに、急に仲良しになるなんて不自然!!(^ω^#)
どうしてユートがあんな笑みを遊矢に見せることになったのか…まったく謎です。
遊矢が言った「デュエルで笑顔」という言葉に共感したせいでしょうか。
こんな簡単に人を信じる子だったとは…。
意外と中身はチョロいですね。
BGMの「あ〜あ〜あ〜」がちょっと不気味でした。


柚子が本格的に物語の中心になりそうですね。
「4番目のピース」−どういう意味でしょうか。
遊矢が四人兄弟であるように、柚子も四姉妹という設定なのかもしれません。
うーん、主人公とヒロインが4組も出てくるのか…。
ニギヤカだけど、これはこれでややこしくなりそう。
「ユーリ」は遊矢に一番似ていますが、なんか邪悪そう、
柚子を誘拐するために派遣されるので、さてどうやって柚子に近づくのかお手並み拝見なのです。


ユートとユーゴの目が光り、相手に対して容赦ない攻撃をしかけるという演出はどういうことなのでしょうか。
何者かに乗り移られている? それともあれが彼らの本性??
もし洗脳だとしたら、誰が、何のために…。
二人の闘いは激しさを増すにつれ、オロオロする遊矢…。
誰も遊矢にちゃんと真相を話してくれないので、オロオロしちゃうのも仕方ないですね。
というか、この世界で勝手に闘うな! って感じでしょうか。


【絵とか脚本とかデュエルとか】

ユーゴのモンスターが「けん玉」や「ヨーヨー」を原型に使っていたのが面白かったです。
ひょっとしてユーゴのデッキは「懐かしの昭和玩具デッキ」なのか?


立ちユートとDホイのユーゴがどうやって闘うのかと思ったら、やっぱりちょっと無理があるなと感じました。
ユーゴのDホイは公園内をクルクル回り、時に加速し、時に横滑りと、落ち着かないったらありゃしませんでした。
これならユーゴをDホイから引きずり下ろし、二人で立ちデュエルにしてくれた方が見やすかったんじゃないかと思いました。
私はユートが何か乗り物を出すのかな…なんて期待していたんですが、それも無かったのが残念です。
ダメージは実体化していたのにね…。


デュエルは一進一退で面白かったですが、ユートが負けてしまったのが意外でした。
どうせまた邪魔が入って…と想像していたので、ここで決着をつけるとは思いませんでした。
で、ユートはどうなったの?
カード化されてしまったのか…な。


「次回予告」
    遊矢:融合、シンクロ、エクシーズ、そしてオレたちが住むスタンダード次元
    素良は融合、ユートと黒咲はエクシーズからそれぞれやってきた
    あの夜、語られたことは真実なのだろうか
    ただオレの手には『ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン』のカードが握られていた


    遊矢:次回 遊戯王ARC−V 「4つの次元」


    お楽しみはこれからだ!


    遊矢のパジャマが意外すぎるデザイン!!
    緑の格子柄か…。
    今時の男の子ってこういうパジャマ着るんだ〜ポッ(*´ -`)(´- `*)ポッ
    入院するほど具合が悪くなっていたとは…異次元人とのデュエルは注意しないと!


    フードをかぶった女の子が登場!
    これが黒咲の妹なのか!?
    彼女はどこに潜伏しているんだろう。


    刃くんと梁山泊塾の子が闘うようですね!
    これは楽しみ!!
    意外と梁山泊塾の子がイケメンで、これはどっちも応援したい!(ノ∀`*)キャー♪


    黒咲がニガニガしい顔して中島さんに文句言っている…。
    一度で良いから黒咲の爽やかな笑顔が見てみたい。


次回の放送は、2015年1月11日(日)になります。


作画監督=君野 敏
脚本=上代 務
絵コンテ=小野勝巳
演出=前園文夫


2014年12月24日(水) 不安な映画情報とテラフォー感想と漫画5D's感想と5D's再放送 第149話「蘇った英雄」

劇場版の詳細が少しずつ明らかになってきましたが、今回の映画は王様抜きになるようですね…。
王様のいない遊戯王なんて…。・゚・(つд`)・゚・。
今、ものすごくションボリしています。
DM抜きなら気にならないんですが、表くんや社長が出るのに王様が出ないというのは寂しいです。
さて、こんな心境で私は映画を楽しめるのでしょうか…。


ワンピースはキュロスの純愛に泣きました〜・゚・(つ∀`)・゚・
なんてピュアなハートなのだぁ!
スカーレット王女もいい女だ。
ここのところ血なまぐさい話が多かったので、今回はマジでジーンと来ました。


テラフォーマズ 最終回

記憶に残ったのは、つぶらな瞳のGの顔だけ…(ヽ´ω`)

これが最終回だと!?
謎も解明されないままで終わったことにショックでした。

【私的テラフォまとめ】
貧乏人が借金返済や食い物のために改造手術を受け、Gを倒しに火星へ行く。
行ったらGも改造手術を受けていて、逆に人間がタコ殴りされる。

人間がGより優位に立つんじゃなくて逃げ回るだけで終わったのは残念でした。
まぁ昆虫や生物のことを知るキッカケにはなったけど。

アドルフさんのように無駄死っぽい描写や他の乗員もあっという間に殺されたりと、人間が虫けらのように殺されてしまうシーンは悲しかったけど戦いだし、こういう内容になっても仕方ないかなと思いました。
あと若者たちが恋したり、裸を見たがったりと普通に描かれていたことが良かったです。
主題歌が好きでした。
文字がGに変わり、もぞもぞと動くのが面白かった。
最後に全体を通して画面が暗すぎて、何がなにやら…も多かったですが、続きがあるならまた観たいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

漫画5D's感想 RIDE−65 集いし光!!

カラー表紙でした。
龍可の表情が暗かったのが、ちと不満です。
やはり少女はキラキラしていて欲しいです。
初期の頃をイメージして描いたのかもしれませんが、せっかくのカラー表紙なので、もっと良い笑顔が見たかったです。
アキは目ヂカラがあって男どもよりたくましさを感じました。

遊星が絶対絶命のシーンで、心を落ち着かせるシーンは印象的でした。
アニメじゃ描ききれなかった「クリアマインド」ってこれなのかな〜と思いました。
でも、ちょっと目が狂気を帯びていて、笑ってしまったけど。

シンクロモンスターズが次々と召喚されるなか、最後に出てきたスタダさんはカッコ良かったです。
あのプロポーション、さすが主人公のエース・モンスターだけあります。

ゴドウィン長官は勝利を確信したのかノリノリですが、でも勝って何をしたいのか、それが良く分からないのが残念というか。
悪役に将来設計とか、新都市開発のビジョンとか期待しても無駄なんでしょうが、ちょびっとは聞いてみたいです。
やはりアニメのようにゴドウィン長官も『ゾンビ神輿』に乗りたいと思うのでしょうかね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5D's再放送 第149話「蘇った英雄」

ゾーンの過去が明らかになり、当時も色々と意見が出ました。
改めて見直しても、やっぱりゾーンの選択は何とも言えない気持ちになります。
たとえば遊星の後継者を名乗り、人々を導く方法もあったのではないかと思うんですが、自身を遊星に改造するのはやりすぎとしか言えないです。
実行できる頭脳と機材、そして孤独が、こんなバカな行動を起こさせたのかと思うと、ゾーンもまた恐怖の被害者なんでしょうね。
しかし街の人も遊星のことしか聞く耳持たないというのもなんだかね…。
目の前に大暴れしている敵がいるのに悠長なことです。


『遊星ドクロ』は何度観ても笑ってしまいます。
伝説の人間の骨格がなぜ分かる!?
写真や動画から3Dデータを起こしたとしたら凄いです。これだけでも大変だ。
まさか墓を暴いて本物をスキャン…(´ロ`ノ)ノ イヤン!
 

「時戒神」がゾロゾロと召喚されました。
女顔のモンスターが美人です。


次回の雑文は1月7日になります。
今年も駄文を読んでいただきありがとうございました。

では、良いお年を〜(´ω`)ノ~~~


2014年12月21日(日) 遊戯王ARC-V感想−第35話 「共鳴する竜」


遊戯王ARC-V感想−第35話 「共鳴する竜」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【今日のお言葉】  

    遊矢 : エクシーズ次元とか融合次元とか、いったい何なんだよ!!ヽ(`Д´#)ノ

多次元設定はGXでもあったけど、まさか召喚方法で切り分けられていたとは!?
遊矢のセリフを聞いたとき、「マジかよ!」と声が出ちゃいました!(つω`*)テヘ
あっけに取られていたらDホイに乗ったバナナが出てくるし。
今回は詰め込みすぎな感じでしたが、色々と謎が明らかになってすっきりしました。


バナナくん、名前は「ユーゴ」。
「遊矢+ユート+ユーゴ」=同じ顔。
しかし、やはり印象としてはあまり似てないです。
でも性格は明るめで、中身は遊矢に近いと感じました。
白がイメージカラーなのかな。
見た瞬間、カイトを思い出しました。
品のある雰囲気で、ちょっと好きかも゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


「アカデミアがエクシーズ次元を制圧した!」
素良キュンがそう言っていましたが…プロフェッサーと呼ばれる人物が赤馬零王なんでしょうね。
生徒を使って人をカード化って…(´Д`) ハゥー
それに従う生徒も完全に洗脳されてますが大丈夫なんでしょうか。
素良キュンを見ていると明るくて礼儀もちゃんと心得ているのに、人を「獲物」だって…病んでるなぁ。


赤馬社長は本気で父親・零王の野望を止めたいと思っているみたいです。
赤馬家は「父と息子の対立」で、榊家は「父を乗り越える息子」という構図なのかな。


ハートランド市はユートたちの次元だったんですね…。
「アンティーク・ギア・ナイト」っぽいモンスターが破壊してましたが…「アンティーク・ギア・ゴーレム」好きとしては胸が痛みます。・゚・(つд`)・゚・。


【絵とか脚本とかデュエルとか】


タイトルの「共鳴する竜」のシーン、呼び合うだけで特に目立った現象が起きなかったのが残念でした。
5D'sで見せたスタダとレモンの様にすごい衝撃が街を襲ったりするのかと思っていました。
でも、やる気モードのオッドさんがガチ勝負を挑んでいたのが面白かったです。
頭突き勝負、萌えましたぁ(´ω`*)
ドタドタ走るだけじゃなく、ちゃんとカッコイイ、アクションシーンが出来るんですね〜惚れたぁヾ(´∀`*)ノ


デュエルは素良キュンが消滅したことで、終わりになっちゃいましたね。
まぁユートも遊矢も素良キュン絡みで参戦しただけだから仕方ないですが、もうちょっと見たかったかも。


素良キュンが呼び出そうとした「最強の融合モンスター」って、どんな姿なんでしょうね。
アカデミアがこりゃいかん!と止めたくらいだから、よっぽど凄いモンスターなんでしょうね〜。
早く見てみたいです。


「次回予告」
    遊矢:オレたちの前に現れた、バイクに乗ったデュエリスト
    「融合の手先」ユーゴ!
    なんでアイツもオレとそっくりな顔をしているんだ!
    しかもバイクに乗ったままデュエルだって?
    そしてシンクロ召喚で現れる白いドラゴン
    「なんだ…この感じは…胸が熱い…」


    遊矢:次回 遊戯王ARC−V 「動き出す運命」


    お楽しみはこれからだ!


    バイクのユーゴと立っているユートのデュエル…。
    見た目は変だけど、盛り上がりそうで楽しみです。
    ユーゴの白いドラゴンのデザインも楽しみなのですが、ちゃんとデュエルが成立するのかが気がかりです。


    シンクロ召喚使いなのに融合の手先なの?
    それってシンクロ次元が融合次元に征服されちゃったということでしょうか。
    うーむ、それはそれで残念な事態です。



作画監督=佐藤道雄/飯飼一幸/井前論
脚本=上代 務
絵コンテ=セトウケンジ
演出=畠山茂樹


遺跡馬鹿 |HomePage

My追加