Sotto voce
DiaryINDEXpast


2022年03月02日(水) 「さよなら」を始めよう。

前の日記から半年経ってしまったよ(笑)

結論から言うと、パートナーとはもう連絡とってません。

彼は誰かの言葉を借りるなら「おしゃべりクソ野郎」。

自分の言いたいことばかりしゃべり、
基本的には人の話を聞かない、
平気で人の話の腰を折って自分の話題に持っていく。

愚痴をこぼすときもそう
とことん愚痴りまくりなうえにエンドレスループ。

何か意見を言おうものなら、
そこで図星を指そうものなら
「アドバイスは求めてない」と半ギレ。

とにかくしゃべりだしたら止まらないので
私の勤務が早かろうが遅かろうがお構いなし
寝ずに仕事に行ったことも多々あり。

そんなんだから、いつしか彼からの着信が
とんでもないストレスと恐怖すら感じるようになり。
最後に連絡とってから約2か月、
彼からの連絡がないことがこんなに気楽だったとは(苦笑)

バンドマン同志だから
私の知らないバンドも情報も人脈も
彼からいろいろ教えてもらったことが、
今やっているバンド活動にとても役に立っている。

現バンドメンバー二人が、
バンド活動から長く離れていたり、
よそから引っ越してきて我々と出会ったというのもあり
そんなに地元のバンド事情に明るくないので。

この二人と出会ったことが、
私の新たな音楽人生を開くきっかけになり
同時に、パートナーと一緒に音楽を続けることも
人としても、彼と一緒に居続けることも
しんどく感じるようになってしまったのだ。

(続く)


安積 紗月 |MAILHomePage

My追加