堀井On-Line



7896,閑話小題 〜何やら色々あったが…

2022年10月31日(月)

   * 明日から11月になるが…
 今のところ、何事もなく済みそうだが、何といってもロシアのウクライナ
侵攻である。今どき、隣国に侵攻するなぞ、あり得ない状況が発生した。
プーチンのロシア、西側諸国がパンデミックで他国のことまで面倒みていられ
ないと思い込み侵攻。プーチンなら然もありなんだが、それでもマサカである。
NATO/アメリカ軍から、武器援助を受けたウクライナは、善戦しているが、
ここで戦術核を使う可能性が出てきた。ナトウ軍は、非核の武器で、ロシアを
解体まで追い込むと意気込んではいるが、さて見ものである。
 ロシアの言い分が、<ナチ化した勢力が、ウクライナをNATO勢力圏に入れ
ようと…画策している! もし、ロシアが敗退の危機なら核使用も有りうる!>
と宣う。まあ、気の毒なくらいに、平常兵器の戦いは、ウクライナ軍が優勢!
徴兵対象の男達は、兵役逃れで国外に逃亡。モスクワの市庁舎の3割が国外に…
クーデターが、何時起きても変でない
事態とかYouTubeのプパダンガが!
 それと時を同じくして中国の5年に一度の共産党大会が開かれて、習書記長が
3期目の延長就任を決めた。何やらTV画面で、NO1の習書記長が、NO2を会場から
つまみ出す露骨な映像が流れていた。これで、粛正の始まりになる。台湾海峡を
めぐる危機が一挙に高まった!

・・・・・・
7564,閑話小題 〜コロナ禍の中の総選挙と、ロシア・中国の威嚇訓練!
2021年10月31日(日)

   * 何やら不思議な患者数の減少…
 ワクチン効果だろうか?このところコロナ禍の患者数が激減している。
この時節の総選挙の強行… オリンピック同様に無理がある。 何らかの
カタチで、その歪みが出て当然。その最中、ロシア・中国の連合艦隊が、
津軽海峡を堂々と、すり抜けていった。野・与党も、それを非難しにくい
のが現状。何たることだ!
 ――
   * 国辱もの ―いくら何でも遣り過ぎ!
 総選挙の最中、この脅しともとれる共同訓練…国辱ものである。
マスコミは、何故に非難をしないのか…? 太平洋戦争の敗戦国の実態とは、
こんなものか! プ〜チン流の、自民党系応援の一環だろうが、国交断絶もの
の酷いもの。北朝鮮と韓国も、その対応を見ているのだろうが…
【 日本海で合同訓練を実施していたロシア海軍と中国海軍の軍艦10隻が、
 2021年10月18日に津軽海峡を太平洋に抜け、西太平洋の合同艦隊訓練を実施。
中国やロシアの軍艦とりわけ今回のような強力な艦隊が津軽海峡を抜けると、
日本の一部の政治家や反中・反露勢力から、「特定海域」の設定に対する非難
の声があがる。
 日本政府は津軽海峡などの5つの海峡を「領海及び接続水域に関する法律」
(1977年5月2日公布、以下「領海法」)で「特定海域」に設定している。
特定海域という制度が存在するがゆえに、中国やロシアの軍艦が大手を振って
津軽海峡を通過し軍事的威嚇を加えているのだから、このような制度は廃止
してしまえ、と領海法の不備を指摘するわけである。 】
< おい、烏合の衆の野党よ… 何が改憲反対か!> と言いたくもなる暴挙。
 骨抜きされて75年、これが現状。

・・・・・・
2020年10月31日(土)
7170, 閑話小題 〜あと数日で、米国大統領
   * この大統領選挙、何とも面白い!
 4年前に大方の予測を裏切ってトランプが大統領に当選した。面白味では、
これで良かったが、落日のアメリカの陰がリアルに浮き出てきた4年間であった。
世界の縮図であるアメリカ社会とは、こんなものとリアルの露出させただけでも
価値があった。アメリカの影の支配する白人層は怒り心頭が見え隠れする。
面白味では、あと4年間、世界を破壊し尽くすのもありかと! 白人ファースト!
の本音そのままを、地にいってるのが世界の現実。白人が有色人種から奪略を
してきたのが歴史的事実。特に、人口の57%を占める黄色人種の時代に代わろう
としている! …これにインドが加われば、世界の大部分の層が、白に変る。
トランプ、この世界を4年かけて、破壊した! その自覚がないのが、恐ろしい! 
〜以前のベストセラー【世界が100人の村だったら】から見ると!

≪ 全世界を人口100人の村に縮小するとしたらどうなるでしょう。
 その村には・・・
57人のアジア人
21人のヨーロッパ人
14人の南北アメリカ人
8人のアフリカ人がいます。

52人が女性で48人が男性です。
70人が有色人種で30人が白人

70人がキリスト教徒以外の人たちで
30人がキリスト教徒
89人が異性愛者で
11人が同性愛者

6人が全世界の富の59パーセントを所有し、その6人がアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調で苦しみ
ひとりが瀕死の状態にあり、
ひとりは今、生まれようとしています

ひとり(そう、たったひとり)は大学の教育を受け
ひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように縮小された全体図から私たちの世界をみるなら、
相手をあるがままに受け容れること、自分と違う人を理解すること、
そういう事実を知るための教育がいかに必要かは火を見るより明らかです。

次のような視点からもじっくり考えてみましょう。

もしあなたが今朝、病気というよりは健康だなと思って目覚めたなら…
あなたは今週生き残ることのできないだろう100万の人たちよりめぐまれている。

もしあなたが戦いの危険や、投獄される孤独や、獄門の苦悩、あるいは餓えの
悲痛を一度も経験したことがないのなら…世界の5億人の人たちより恵まれている。

もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕、拷問または死の恐怖を
感じることなしに教会のミサにあずかることができるなら・・・
世界の30億の人たちより恵まれています。

もし冷蔵庫には食料があり、着る服があり、頭の上には屋根があり、寝る場所が
あるならば・・・ あなたはこの世界の75パーセントの人々よりお金持ちで

もし銀行に預金があり、お財布にもお金があり、家のどこかに小銭の入った
入れ物があるならば・・・
あなたはこの世界の中で最も裕福なものの上位8パーセントのうちの一人

もしあなたの両親がともに健在で、そして二人がまだ一緒なら・・・
それはとても稀なこと

もしこのメッセージをよむことができるなら、あなたはこの瞬間2倍の祝福を
受けるでしょう。あなたのことを思ってこれを伝えている誰かがいて、そのうえ、
あなたは全く文字の読めない 世界中の20億の人々よりもずっと恵まれている
のですから

昔の人がこういいました。 わが身から出るものはいずれわが身に戻り来る、と。

お金に執着することなくよろこんで働きましょう
かつて一度も傷ついたことがないかのごとく人を愛しましょう
誰も見ていないかのごとくに自由に踊りましょう
誰も聞いていないかのごとくのびやかにうたいましょう
あたかもここが地上の天国であるかのように生きましょう

このメッセージを人に伝えてください、そしてその人の一日を照らして
ください。
  
 【アメリカの友人よりのメッセージ  2001.3】   ≫

 ――
▼ 一神教とは、何ぞや?を根本から考え直す機会と、
 この「コロナ禍」で問い直しの必要あり!

この20年で世界は、決して改善されてない。むしろ悪くなっている。
2001年の「9・11テロ」「リーマンショック」を経て、この『コロナ禍』で、
寒空に怪しげな空気が漂っている。

 ・・・・・・
2019年10月31日(木)
6804,,閑話小題 〜自転車乗りも終わりですか
   * 電動アシスト自転車を乗り始めて10年
 今日の随想日記を書きあげて、過去の同月同日分を読み返したところ、
4年前の内容に出くわした。とすると、電動アシスト自転車に乗り始めて、
まる10年になる。 …で、急遽、このテーマに変更することで、上奏が遅れる
ことに。 15年程前に知人の帆立カヌーに、数回、同上させてもらった経験が
あったから。それも忘れはしない台風直後の増水の阿賀野川・河口で対岸まで
渡ったり、魚市場のある通称「魚のアメ横」近くで… 。私に勧められたが、
私向きでないと、判断した。 そこで考えたのが海を道路とみたてたチャリ。
 である機会に電動アシスト自転車の試乗をしてみて、これは正しく「道路を
車輪で走るヨット」と直感し、ネット上でみつけて買うことに。以来、10年、
早朝のポタリング習慣が続いている。10年経過した現在、街中で、あまり
見かけないのは? まして、クロス自転車は皆無。 疎らな土手を独り、快走
する気分は、何ものにも替えられない。 特に、これを書上げた直後なれば、
尚のこと。 これも、あと一月足らずで冬休み(11/20〜3/30)。
4ヶ月の冬期間の休止は、毒素が溜まってしまいそうな。春先の1ヶ月は、
一回ごとに、毒素が身体から抜けていくのが実感できるほど。
 ――
 ところで、過去文を読み返して、数年間の当時の自分と出会っている感覚が
我ながら面白い。ほぼ毎日、こんなことを、繰り返し、ぼこぼこと脳の底から
沸き上がってきている。 人間なれば、多かれ少なかれ、事象が少し違えども
似たようなものか? 過去に垂直に立ち上がった自分との邂逅も書き残す
秘儀ということ。 残るのは垂直に立ち上がった永遠の純粋の「わたし」。

・・・・・
2015年10月31日(土)
5343,閑話小題 〜電動アシスト自転車を乗り始めて6年
  * 電動アシスト自転車を乗り始めて6年
 6年前の、この31日分の文章をみると電動自転車のことが書いてあった。
まる6年間乗ったことになる。年間200日×6年=1200日。さらに一回15キロ
として1万8千キロ走ったことになる。地球半周近くになる。2年前に、4年間
乗ったマウンテンバイクから、現在のクロスバイクの乗り換えたが、今では
早朝の日常生活の一部になっている。それまで、殆ど、自転車に乗ることは
なかった。しかし、これを乗りつけると便利な代物。 しかし、何故か街中で
見かけることが思ったより少ない。買換えの時期に来ているママチャリに
電動アシストを家内に勧めても、「近くだから必要ない!」の一言!
試乗を1〜2度しても、いま一つピンとこないようだ。あくまで、スーパー
の買い物の手段としてしか見てないため。乗っていること自体を楽しむ、
着想が持てないため。こうした感動を書き残していると、当時の光景が、
そのまま伝わってくるからよい。
 
――――
2006/07/31
1945, 満水の阿賀野川河口でカヌーに乗る
                    (。^0^。)オッ
 豪雨で満水の阿賀野川河口でヨットカヌーに乗った。
大学時代のゼミの後輩Mさんが、最近ヨットカヌーに凝っていて、
「今度、是非カヌーを乗ってみませんか」と誘われていた。
先日行われた「新潟県活性化の会」を仕掛けている人だ。

 来県の前日の27日に電話があり、
「車の上にカヌーを乗せて東京の自宅から来たい」という。
天気予報では豪雨注意報が出ていたので、「カヌーなど絶対に無理」と
言ったが、それでも車の上にカヌーを乗せてやってきた。
「出来ないとしても、帰りの道すがら何処かの河で浮かばせるから!」
という。好きな人はそういうものだ。

 天気予報では豪雨、絶対にこんな時にカヌーなど不可能と、
服装などの準備は全くしていなかった。
一昨日の29日の朝、どういうわけか打って変わった穏やかな天候になった。
(前夜半はかなり降ったようだが)

 前回にMさんが来て、一緒に飛行場周辺を見て回った時に、
阿賀野川の河口がカヌーの最適の場所と目を付けていた。
当日そこに行ってみると、数日の豪雨のため河は溢れていた。
しかし、Mさん「平気で大丈夫です、乗りましょう」という。
    
 この玩具みたいなカヌーでこの河口を乗りまわるなど、とんでもないと
思ったが、本人は「平気、平気、何でもないですよ」という。
そして、ドンドンカヌーを組み立て始めた。    (o_o ;)

 岸沿いを漕ぐのかと思いきや、どんどん河の真ん中の主流に出て、
そして対岸まで行ったしまった。         \(゜ロ\)
当然この満水の中、他のボートは1隻も見当たらない。
沿岸にはモーター・ボートが20艘ほどあったが、この洪水一歩手前
の中、誰も乗るはずがない。      ヽ(///>_<;////)ノ

 始めは少し恐怖があったが乗っているうちに、恐ろしさが全くなく
なってきた。地元の人からみたらとんでもことであろうが・・
それにしても、面白い!
豪雨のため大きな流木が彼方此方流れてくるが、それを避けながらボート
を操るのだ。 ふと気づくと2時間近くたっていた。

 そして、午後は寺泊の海岸に移動、再びカヌーを浮かべた。
また河とは違ったスリルがある。風が不意に舞うのと、海流の動きを
みながら操る。河とは全く違う面白さがある。

 Mさん、「このカヌーあげましょうか」というが、
私が乗りこなせるものではない。 丁重にお断りをした。

Mさん、ヨット歴をいれると30年は舟に乗っているという。そりゃそうだ。
あの川幅のある阿賀野川の満水の中、流木を避けながらヨットカヌーを乗り
こなすには長年の経験が必要だ。
    
 Mさん、その日は遅くなったので急遽、長岡に宿泊。
殿町を深夜まで飲み歩いた。( ^^)/▽☆▽\(^^ )  
そして、翌日の15時過ぎまで午前・午後カヌーを楽しんで16時に東京に
帰っていった。やってくる前日、知人の通夜があり、数時間しか寝ないで
新潟にきたというから、凄いエネルギー!これも、能力というのだろう。
   ー阿賀野川の満水の河渡りは、一生ものの思い出になった!ー
                (@´∀`p★)゜*。
――――
2006/08/01
1946, 満水の阿賀野川河口でカヌーに乗る−2
            Good☆':.*^ヾ('c_'ヽ,,)*.:'☆Morning

 その日(7月29日)の夜、松下さんと長岡市の駅近くの「一心堂」という
スナックで飲んだ。そこで、「阿賀野川の河口で帆付きのカヌーで向う岸に
渡ってきた」と、酔っ払いの自慢話。ところが、マスターとスタッフが、
そこをよく知っていて、「大きな川の河口は恐ろしいところで、あそこでは
エンジン付きの舟以外は誰も乗らない。知らないだけで、とんでもないこと。
何も知らない子供が、寝ている虎の背中に乗って遊んでいるようなもの。
少しでも川の流れが変化したら、どうなったことか・・・」と、呆れていた。

 翌日、会社で近くに住む人に話たところ、もっと厳しい指摘。
「あそこは海の波と川の波がぶつかり合っていて、いつどういう波が来る
か分らないところ。毎年何人か人が死んでいる。そのため誰も泳ぐ人もいない
危険地帯。この豪雨の翌日にカヌー遊びなど危険とかいう問題ではない。」
流木が多く流れていて危なそうだと思ったが。
誰も泳いだり、ボートなどに乗ってないはずである。
松下さんは海が主流で川では乗らないといっていた。
さらに大きな川や、その河口も初めてと言っていた。
知らぬが仏だったのか。たまたま、そのような幸運なTPOSを遭遇したのか。

 カヌーも経験すればするほど深い世界であり、のめり込んでしまうという。
一人でカヌーを持って川に行き、組み立て、そこで遊び、また解体して車に積み
込み、一人で帰ってくるのが良いという。こういう趣味を持っているのは羨ましい
限りである。おまけに、河口湖に別荘を持っていて、そこでカヌー遊びなど・・・
人は人、我は我だが・・・ こういう羨ましいと思った時、自分の趣味を持って
いると、余裕を持てるからよい・・・
「趣味は、その人をそのまま現す」というが、そのとおりである。
永年かけて一人で自分の世界を作り上げていくプロセスを楽しむもの・・
人がとやかくいう世界とは別物。

 ――
(ところで、一心堂というスナック開業70年という店。
私の母とマスターの母が同級生。その上、私の兄とマスターも同級生ときている。
こういう老舗が地方都市には多いが、最近どんどん廃業している。
このテーマと関係ないが)
                 バイヾ( ̄ー ̄ヾ))))


7895,閑話小題 〜:年内に一騒動ならば、それ何…

2022年10月30日(日)

   * 何故に,かくもロシアは弱いのか
 このところ、部屋に閉じこもってYouTube三昧である。
特にロシア対ウクライナ戦争の戦闘のライブ。当初は,その生生しい映像に
辟易したが、それも慣れてしまえば、気の毒という感情は消えてしまう。
旧態依然のロシアのジェットへりと戦車… 対 組み立ての戦闘ドローンと、
ジャベリングの戦い。経費対費コストは10〜100分の1でしかない。ウクライナ側
が一方的に戦闘効果を出している。 宇宙経由の衛星から情報を取り入れて、
戦闘用ドローンに情報を送信してロシアのジェットと戦車に攻撃を仕掛ける。
これでは勝てるわけがない!  
 ー
 問題はプーチンを初めとした佐官、将軍クラスが、それに気づいていない。
で…プーチンは、将軍クラスを前線に出すが、何を知らないかを理解できない。
現場の戦闘員は、すべてを捨てて逃げるしかない… 何も知らない、そのクラスの
人たちは、黙るしかない漫画のような世界。 最新の戦車とジェットへりは、
その機能を生かすことなくウクライナ軍の成されるまま!この情報化時代の大きな
問題そのままが現れ出ている。全体主義は、一見… 情報化に適しているようだが、」
現実は真逆である。ソコは、自由が見当たらない。その辺りが、社会主義の難点
になる!人が人間たる由縁はまずは自由で明るいこと

・・・・・・
7563,閑話小題 〜 明日、衆院選挙
2021年10月30日(土)
   * やはり森元市長ですか…私は!
  ◉ この月末、11月当初にかけてコロナ禍と、政情不安の隣国から考えて、
 この衆院選挙の結果が見もの。特に安倍政権系の政治の流れが如何なる方向に
向うのか… 地元5区の衆院候補を考えた末に出てきた私の結論は、実績も含めて
『森候補』。 駅前再開発の先見があったこと。これは良い! そして全国区の
政党は‘維新の党’。他には見当たらないため。何処が、誰かではなく、純心に
考えた判断である。
  ◉ 阿部自民党と、その流れの総括選挙。
 阿部自民党、批判はあるが、世界が激動期に入っている中、誠実に国の行末を
考えて導いているため、良しといえる。 10年前に会社清算をした経験からして、
弱者に対する手当も、出来上がっていることを実感した。これも、野党の存在も
あるとしてもである。このコロナ禍で、バランスを考えると与野党拮抗の均衡が
必要のようだ。 始末の悪いロシア、中国、北朝鮮の独裁国家の存在からしても…
 じゃあ、アメリカは如何だというのか…の疑問が沸いてきてもだ!
  ◉ 皇室家のご結婚が無事…
 比較的に問題が最小に終わり、マスコミなどのバッシングも収まっている。
アメリカの法律事務所の勤務は、順調にいけば、ベストだろう。マスコミの記事
を売らんかなの中で、国内では無理の話。小さな籠の中での、野鳥たちの虐めは、
それは残酷。
  〜偶然だが、丁度良く、繋がっていく〜

・・・・・・
7169,読書日記 〜 内田樹の『生存戦略』 〜6
2020年10月30日(金)
                <『生存戦略』 内田樹著>
    * 結婚するキッカケが見つかりません!
 結婚は人生そのものを大きく左右する一大イベント! 特に女性にとっては、
8〜9割は左右するため、全エネルギーを使いざるを得ない。『生存戦略』の
最たる要件である。 人間の徳性に、ウノボレがある。勝手に自分を2ランク上
に想いがちになる。それに気づくには失恋の手痛い経験がある。勝手に互いに
誤解して結婚後に、理解して離婚の羽目に至る。子供は至極当然に、母親に… 
その結果に貧困シングルマザーに! 無知の成せる業である。不幸の親には、
それが身に付くとはこのこと!
 当然、互いに保険かわりに、同格の学歴、家柄、教養、容姿を求める。…が、
無意識に1〜2ランク上に絞るため、良過ぎると、絶対数が絞られる矛盾が生じる。

≪ ☆ 「結婚するのは、「こんな生活で良いのだろうか?」の不安です」に!
 結婚は本質的には、安全保障です。そんなものは必要ないという人には、
結婚する必要がない。風邪をひいているときに、見舞いにきてくれたとか、
缶コーヒーを一本、手渡されて…『お疲れ!』と言われたとか、「ホロッ」と
した時とか。≫
 ―
 私ことでは、最愛の父親を亡くし数ヶ月、茫然としていた時に家内に出会い、
その純真さにホロッとしたこと。 家内も、然程に自分は良くないと気づき、
身の納め時の23歳だった! 深く考えると、ホロッとする対象には、そう出会
える機会が少ない! 昭和20,21年生まれは、終戦年代で極端に同期が少ない。
男子にとっては幸運。その後の5年間は団塊女子が潤沢に存在していた。 
 20〜27歳は、その年代の男にとっては、それはそれは! その時節に婚期を
逃すのが「結婚は男の墓場」と遊び、持て過ぎた男たち。 人生には、
15歳、20歳、25歳、30歳アラウンドと、それぞれ旬がある。その時節が狩り時、
狩られ時になる。潜在的を含めると、9割が破綻が手痛いシッペ返しが解って
いても、一度は通らなければならない道。 …あの可愛い娘が、年々、鬼瓦の
ごとく様相に変る。それが性格も比例するため… 
人生は75歳が境目になる。 あとは、オボロで丁度良い。

・・・・・・
6803,閑話小題 〜デフォルメとは
2019年10月30日(水)
    * デフォルメの意味とは
  〜ネット検索によると〜
≪「デフォルメ」という言葉の意味を聞いたことはあっても、何となくでしか
 理解していない。その意味は、絵画などで対象物を変形させて表現する行為。
フランス語。  本来は単に「形を変える」という意味だが、芸術の分野で
「意図的に対象を変形させて表現すること」を指して使われようになった。
自然の形態の忠実な模倣を離れて強調,変形して表現することをいう。 ≫
 
▼ 何処にも存在する、あれら内幕情報屋について、
 デフォルメの事例を上げると、<『具体と抽象』細谷功著>で、何処の小さな
社会の中で、時のニュース性のある対象に言葉巧みに近づき、具体的内幕を調べ
上げ、それを餌として触れ回ることを本分とする輩と…。「悪魔の代弁者」を捩り、
『悪魔の大便』とも言う。 誰も持っている群衆の心理。その傾向の強い人物を、
以前から「子狐」として、頻繁に非難してきた。俗にいう「世間教」の伝道師。
 500m以内しか生きることが出来ないため、具体的な噂話が主となる。 
抽象的表現方法を持たないため、触れ回った対象者の反応も、世間教徒の物語の
材料になる。娑婆には、更に古狸や、呆け貉が加わるため、物語がねじまわり、
変容する。これが「世間様」の正体であり、彼らの世界には現実として通用する。
面白いといえば面白いが… ドップリ浸かると、それは自身の生き辛さになる。
 【彼らをデフォルメし、揶揄している御前は、何だというのか?】 
‘地域社会は、この子きつねをペットして飼っておくが、シラミが… 

〜で、‘子ぎつね’で検索すると、アルアル… ‘毒消し’ということ?

 ――――
2018/11/14
つれづれに哲学 〜アドラーから学ぶ −3                
             <「生きづらさからの脱却」岸見一郎著>
   * 「価値低減傾向」と虐め
 本書で、虚栄心に満ちた人に見られる「価値低減傾向」について取上げている。
誰でも持っている内幕情報など覗き込み願望も、これ。‘子ぎつね’‘腹グロ’
と敬遠され、その場の空気が汚れる為、名前を出すことすらしない。自分に甘く、
他人に厳しくが、もっとも端的に現れるから始末が悪い。特に、これを営業ネタ
と活用をしているコテコテの小悪党。その毒は、対象の人間を自殺に追いやる程、
効果がある。当人が、どれ程、怨まれているか、全く気づかない。
人は短所の特徴で他人を呼ぶ傾向がある。 子供の頃から『アダナ』など、
自然と「価値低減傾向」をしているのである。
  〜この言葉をネット辞書で検索すると
≪ 優越感を持とうとするあまり、他人の価値を貶める発言や行為をする… 
 …いわゆるマウンティング。相手をケナすことで自分の価値を上げようとする
ものの、実際には相手をケナしたところでその人本人の価値が上がるわけでない。
ところが本人はそのことに気づいていないため、必死にそれを繰り返す。
優越感を持ちたい人は、家族や知人間で価値ある人間だと思われたい。
そして自分に価値が無ければ家族や仲間が離れてしまう恐怖を抱えている。
そのため家族や仲間が離れていかないよう、自分にそれだけの価値があると
思わせたい。しかし自分にそれほどの価値があると証明できないなら、家族や
仲間の価値を下げればいい…というNot-Self(自分らしくない状態)に陥る。≫
 ―
▼ 娑婆には、このコテコテの小キツネが面白いほど存在する。
 他人の不幸は蜜の味と、蜜を振りまいている輩たち。
『メシウマ』=「他人の不幸で今日も飯がうまい!」。
『メシマズ』=「人の不幸でメシが不味い!」と、粗探しを酒のツマミにする。
それが、「生きづらさを自ら生産していることに自ら気づかない。
アドラーは、この性を「価値低減傾向」と名づけ戒める。 
 ところで、私たちは、これを自分の過去に対してしているのでは? 
青少年期頃の若気の至りのフラッシュからウジウジして… 酷いのになると、
痴呆症の悪例として、身近な人に、遥か昔の妄想に脚色をつけた窃盗などを
ぶつける。『価値低減傾向』より性質が悪い話を聞く。日本社会の特徴の一つに
「同調圧力」の強さと「自尊意識の低さ」がある。自尊心が無いため、他者に
対する異質を取上げ、攻撃にまわる。 それは、歪んだ自虐でもある。
 淀んだ社会では、仕方がないのか。
 
――――
2016/12/04
つれづれに哲学 〜嘆きの谷
               「生きづらさからの脱却」岸見一郎著
   * アドラーの「嘆きの谷」
 私がみるに、悲観的傾向が強い人が、女性で3人に1人、男性が4人に1人
の割にいる。その中で更に強い人は1割ぐらいか。知人にも数人、非常に悲観的
思考の強い人がいる。連れ合いとの不適性があるが、何もかもを悲観的に捉える。
ある婦人、目を見張るほど美人だが、いや、だった?が、常時、ウツ状態。
誰も躁鬱の波を乗越えて生きているが、問題はマイナスの程度。アドラーはカント
同様、クル病だが、そのハンデを乗越え、フロイト、ユングにつづく三大心理学者
の一人になっている。根には、「その程度のことで、何で落ち込んでいるのか!」
があるため、説得力が強い。 
  〜その一節から〜
≪ 世界を「嘆きの谷」と見ようとし、いつも苦しんでいる人がいる。
 アドラーはそのような人は「途方もない重荷を担って人生を歩もうと不断に
努力をする」と言っている。些細な困難をも誇張し、将来についても悲観的に
しか見ない。身のまわりで喜ばしいことが起ると不安になり、どんな対人関係
にも「影の面」を持ち込む。
 「嘆きの谷」という言葉は元もと旧約聖書の『詩編』に出てくる。
エルサレムに巡礼する人は、乾燥のため枯れ果てた谷底の道を歩まなければ
ならなかった。このような人が、世界を「嘆きの谷」と見ようとするのはどう
いうことか。アドラーの解釈と違って、『詩編』では、神によって勇気を出し、
広い道を見ている人は「嘆きの谷を通る時でも、そこを泉とするだろう」と
言われている。生きている限り、「嘆きの谷」を避けては通れないが、勇気
ある人はそれを「泉」と見るのである。ところが、この世界の嘆きの谷とみて、
どんな喜べる機会にも、「カッサドラの叫び」しかあげない人がいるとアドラー
はいう。ギリシャ神話に出てくるカッサドラはアポロンに愛された。アポロンは
カッサドラに愛を得るために彼女に予言能力を与えた。しかし彼女は、アポロン
の求愛を断った。そのため、アポロンは誰も彼女の予言を信じないようにした。
カッサンドラはトロイアの滅亡を予言されたが、無視された。
アドラーは、<この世界を嘆きの谷とみて、「カッサンドラの叫びしかあげない」
というのは、不吉なことしか言わないという意味だが、決して、トロイアの滅亡
を望んでいた訳でない。
 〜ネット検索に、「嘆きの谷」で調べると、
≪・アドラーは仕事の課題、交友の課題、愛の課題という人生には避けては通る
 ことができない課題がある、という。これらの課題を解決する能力がないと
 考える人は、なんとか理由を考えて、人生の課題から逃れようとする。
・アドラーが「劣等コンプレックス」という言葉を使う時、次のような意味と
 して使っている。すなわち、「Aであるから(あるいは、Aでないから)、
 Bできない」という論理を日常のコミュニケーションの中で多用するという
 意味である。このAとして他の人がしかたがないと納得しないわけにはいか
 ない理由を持ち出すのである。
・神経症はこの劣等コンプレックスに他ならない。人生の課題を前に直面しよう
 としなかったり、「ためらいの態度」を取って立ち止まる。「はい〜します、
 でも、(yes...but)といって、結局課題に取り組まない。神経症に限らず、
 人は意識しなければ、すぐに「でも」といってしまう。
 <何かをしようと思う、しなければならない、「でも」と…>
・カウンセリングの時、あまりに頻繁に「でも」という人があって僕はその人が
 「でも」というたびにカウントすることにした。本人はそのことを意識して
 いなかったからである。やがてこんなふうにいわれるようになり、次第に
 この言葉が用いられる回数が減っていった。「まだ今日は一度も『でも』と
 いってませんから、一度だけ『でも』といわせてください」
・人生の課題に挑戦する時、失敗すること、敗北することを恐れる人は、課題
 から退却しようとする。何をする時にも必ず成功しなければならない、と考え、
 成功するという保証があれば挑戦する。しかし失敗が少しでも予想され、
 成功することが確信できなければ最初から挑戦しようとしないか、失敗しても
 そのことによって致命的な打撃を受けることがないように、いわば綱渡りをする
 人が転落することを予想して下にあらかじめ網を張っておくようなことをする。
 症状はこのような目的のために創り出される。
・人生の課題を前にして敗北を恐れる人は、課題に挑戦することを回避する
 ために時に神経症になって、「足踏みしたい(時間を止めたい)」と思う、
 とアドラーはいう(『人はなぜ神経症になるのか』)。
――
▼ 上記の「カッサドラの叫び」しか上げない人に、マイナーな視点の話題を
 ふると、大きく首を振り、どんどん話が進む。何処にも、『内幕情報屋』が
存在して、ネタを探し出して人の懐に飛び込む。それが、万引き、置き引きと、
同じくらい、いや、それ以上の犯罪行為でしかないことを知らない。
で、その毒は、喜んで聞いてしまう方にも、同様に罪になる。誰もが持って
いる要素だから始末が悪い。

――――
2003/11/25
965, 悪口についての一考察
 悪口については、随想日記の中では何回も書いている。
しかしテーマにしたことは無い、一番イヤなテーマであるからだ。
昨日、新聞を見ていたら‘メジャー’ヤンキ−スの松井は中学校二年生以来、
悪口を言ったことがないという。(所詮は勝ち組が言っているから注目
している部分もあるが)
それでは「私の場合は如何だろうか?」と考えてみた。
本音でいうと
 可能な限り言わないようにしている。その為には嫌いな人のいる場には
 極力行かないようにしている。例えば、ライオンズとか商工会議所などである。
 痴呆名士志向の子狐的人間である。  地方で頑張っている人はこういう
 傾向が強いから始末が悪い。自分より肩書きや収入が多い人間には媚び
へつらい、下の人間には尊大な人だ。 仕方ないのは解っているが。
「お前の姿でもある」といえば、そうかもしれない。
  人間にとって自分は善人であり他人は悪人なのである。
 自分を理解しろと必死になるが、嫌な人を理解しようとはしない。
 それは、怠惰という無精者に過ぎないことに気づいていないからだ。
  〜辞典には
 ー悪口は「他人について、劣っていると(事実に反し、また実際以上に)
 いう言葉」とある。
 ー陰口は「その人のいないところで、いう悪口」と書いている。
 悪口とは事実に反してと書いている。
 
 週刊誌などは、それで持っているいるようなものだ。
 大衆の一番弱いところを狙っているのだ。
 辞書のとおりならば、悪口の経験のある人は虚言罪で天国の門は間違っても
 叩かれないことになる。
  ☆ 思いつくまま「悪口」について頭に浮かんだことを書いてみる。
・「悪口はドロボーより悪い!」と曽野綾子の本にあったが、まったく
 曽野(その)とおりである。ドロボーは人を殺さない、しかし悪口は時に
 人を殺す。
・悪口は結局は、自分の事をいっているに過ぎない。
 したがって根は深い。ただ自分で気がついてないのだ。
 悪口はその人の歪んだ心象風景といってよい。
・悪口にも色いろある。
 本人に面と向かっていう悪口と
 陰でいう悪口がある。
・宗親(居酒屋おやじ)「馬鹿野郎!これで俺等居酒屋が、
 商売でもっているんだ!でも酷いもんだよ!
 サラリーマンの悪口は耳を塞ぎたくなるより、
 『その対象の奴より、言っている本人を張り倒したくなるよ!! 
 まあ、そうでもしなくては精神のバランスが保てないのだろうがね』


7894,閑話小題 〜:年内が一騒動に…

2022年10月29日(土)


   * ロシアと中国経済が崩壊一歩手前
 ロシアは、ウクライナ侵攻の制裁で崩壊一歩手前だが、ここに中国もクローズ・
アップされてきた。民間と中央政府機関の隠れ債権が表立ってきた。上からの指令
で数合わせが問題を捻らせていた。隠せば隠し通せるのが、一番の問題。独裁国家
の最大の問題。今回も、共産党大会も、何やら不可思議な空気が漂っていた。
共産主義、社会主義のトップは、品位より目先の上役の評価が上になる。気づいた
ときには、時が遅いのが計画経済の悍ましさ。

 ウクライナ戦争!プーチンの唯我独尊の逆上せが生み出した戦争。結果は欧米、
NATOの思惑にし

してられた結末が悲惨さをさらけ出している。死なば諸共で、
核弾頭ミサイル発射の可能性もある。中国も然り。ドン様も一度手に入れた権力を
自から脱皮不可能。そこには呆けた老人が一人。百年前のあれらと同じ姿。

 ・・・・・・
7562,閑話小題 〜 あと2日で、衆院選挙
2021年10月29日(金)
   * 面白いのが、地元5区の選挙
 このところ、数回、地元5区の衆院の選挙選の成り行きを取上げているが、
前、元県知事に対し元地元市長の争い、元市長が不利と予測されている。
16年以上も地元で辣腕をふるい過ぎた結果、残ったのは憎しみだけ、終わって
しまえば、ただの人。あまりに長岡的! これも御国柄、城下町小唄の世界!
前、元県知事の因縁の争い… 初老の独身男の下ネタには、男社会は寛容。
 で、調子良さと表づらが良さだけの元・県知事は、その本質を見抜かれて、
いま一つ。家内が柏崎出身も有ってか、その心情は、「地元を騙した地元英雄?」
憎しが根強い。 当然といえば当然だが! それらが入乱れた因縁の選挙、傍目
で面白くない訳がない。さすがに、真紀子嬢の応援演説はない。
 この地元の捻じれ、思いの他、強い。

・・・・・・
7168, 読書日記 〜 内田樹の『生存戦略』 〜5
2020年10月29日(木)
              <『生存戦略』 内田樹著>
    * 北朝鮮が何ゆえに潰れない…?
 素朴な質問だが、「あまりに時代錯誤過ぎて手を付けられないのが現状」。
何やら、的を得てはいるが… 
【 <進んで奴隷になる方が楽だということを北朝鮮人民が学んでしまった!>
 辺りが本当のところ! 時代錯誤の公開処刑と、交互監視で体制を確保して
しまい、独裁体制が故に、自己変革が不可能にしてしまった! そして、恐怖
写真を隣国の韓国、日本、アメリカに流して、間接的に、恐怖を植えつける。
朝鮮労働党の初期政治委員は金日成外全員が、粛清と交通事故などの変死で
消えてしまった。 以来、「ドン様、万歳」と言って置けば、心配ない。
定期的に失言で公開処刑も、体制維持のための御膳たてになる。】
 ―
▼ 隣国の中国、韓国、ロシアは、古代ギリシャの民主主義の差別の
「3,30,67%の法則」で、金王朝体制を維持させて おけばよい。
67%の奴隷層は、そんなもの!と、批判能力をゼロにしておく! 
彼等からの強奪は、その社会システムそのもの! 、カタチを変えて、
世界に満ちている。それを破壊し、改革すべく、社会主義が考え出されたが、
それも藻屑の泡で消え伏せた。こと政治システムは、改革されてはいない。
世界は、白、赤、黄色、黒色の階層があり、その垣根は高い! 北朝鮮は、
当分は変化をしない!のが、現実。日本も、明治維新以来、学力優先主義で、
国家つくりをしてきた。それでも、旧来の家柄第一主義を打破できずに、
旧来のまま。5Gアイフォンが、情報の均等に推進をかけるとしても!

・・・・・・
6802,読書日記 〜小さな習慣 〜2
2019年10月29日(火)
           <『小さな習慣』 スティブン・ガイズ著>
   * 習慣の本質
 習慣の力に気づき、それを多々、利用してきた。 早朝の時間利用は両親の
生活習慣から学んだ。小学校後半あたりから、まずは地元紙と、朝日新聞と、
日経新聞を目を通していた。これは父親の、あと追いの習慣。生まれが商家と
あって、読書と、図書館通いの習慣がなかった。この青春期の欠落は、生涯を
通して大きな壁になった。上京をして、学生仲間や、読書や、授業で痛感する
ことに… それでも、気づいただけ良かった。 一日、数時間の読書習慣を
自分に課すしかないと… 誰も読書をしていると口外はしない。 
学生時代は、友人と壁隔てなく、自由に、読書の話題を交わすことが可能に
なるのが最大のメリット。 コンパやゼミで自由に討議出来る特権もある。
 モラトリアム」とは一般的に『猶予期間』のことを表している。
この言葉を初めて心理学的に使ったのがフロイトで、その後現在の解釈と近い
意味で用いたのがアメリカの精神分析学者のエリクソン。人生とは如何に良く
生きて、死ぬかを見定めるための執行猶予期間ともいえる。 

 習慣で、いや何ごとにも大事なことが、小さく入って大きく膨らますため
の最初の一歩。「小さすぎて失敗する訳がない」という効果が肝心と… 
デューク大学の研究によれば、私たちの「行動の45%が習慣に成立っている」
と言われる。 著者の習慣に関する提議は…
「あまりに簡単のため、しないよりするほうがいいと思える行動」
私の場合、一日、一週、一ヶ月、一年、3年、5年、10年単位を節目にした
習慣を取入れてきた。習慣の力は、繰返しの継続から生まれて、強化する。
 このブログは、あと一年半で20年に。 作成過程は、フローの時間に!
ストレスと、悪習慣は、負のサイクルに嵌ったら、そこから這い出すには、
絶大なエネルギーを要する。周囲を見渡せば、直に理解できる。
俗にいう「ゾンビ」。良くないのがストレスの蓄積。 他者のストレスに
濃度が高いほど、反応し、負の連鎖を生む。それも老化によるストレスは
如何ともし難い負の連鎖を呼び起す。その死にきれない屍が『ゾンビ』。
悪魔の代弁者。こと、「悪魔の大便」という人種。これから脱出するには、
長年かけたライフワーク。 『小さな習慣』を積上げた …『大きな習慣』。
 これは、人生のシェルターとしても、有効になる。

・・・・・・
6438,閑話小題 〜群れとは、そもそも何? −1
2018年10月29日(月)
    * 群れとは何匹・何人から言うかって?
 『群れとは?』と検索すると…
   Yahoo!知恵袋に
<一匹オオカミ以外は「群れ」だよ。>の答えが実に明快で良い。 他にも、
<二匹は「番(つがい)」だから、三匹以上かな?>
<「群れ」を英語に直すと「group」だから…、 人間の場合も3人以上>
 二人=コンビ、三人=トリオ、四人=カルテット、五人以上=グループ>
 ―
  ☆「みんな」って何人以上の事? の問いに…
<一般的には3人以上です。2人のときは「どちらも」「2人とも」などト言います。
「2」と「3以上」を分ける傾向があり、複数の中から一つを選ぶときも、選択肢
 が二つの時は「どちらにする」と言うが、三つ以上のときは「どれにする」
 となります。「AとBのどれにしますか」とは言いません。>
 「2」と「3以上」を分けるのは「2」が「1」よりも1だけ大きい特別な数だから。
 同じ複数でも、「2」と「3以上」を分けて考えるのは自然なことだと思います。>
<3人以上。 2人は「両方」「両名」、またはこれらに「-とも」をつけます。
 たとえば英語でも2人はboth、3人はallですね。このように他言語でも同じ
 ような感覚が生まれるのは、3人は2人対1人に分かれることができる「集団」
 であるから、だと思われます。「集団のすべて」、イコール「みんな」です。>
 ―
▼・学生の頃、7歳年上の3番目の姉が、『もっと収入があったら、あと一人を
 欲しかったけどね。親子連れを見て、3人の子連れで、はじめて群れの感じで、
家族的空気になるが、今の家計では…』と言っていた。とすると、5人になる。
メンバーにもよるが、飲み会で3人は、2対1になり、1人が浮くケースが往々に
してある。浮き役の立場として割切っていれば、それはそれ。
・「群れ」の言葉のニュアンスは、一匹オオカミに対し、野犬の群れの「群れ」。
一匹に成りきれず大勢に従う生き方。「人」と「人間」の違いは、社会集団の
一員の意味合いが加えられて人の間に生きるため「人間」。
「離れ猿」がいる。集団から追い出されて、距離をおいて生きる離れ猿。
ライオンは、成長すると、集団から追出された若いオス同士が、ペアを組んで、
助け合って敵と対処し、生抜くケースが多くある。二匹のペアが襲われるケース
は少ないため。8人兄姉の末っ子で、父親っ子のため、少し距離を置いて、独り
遊びが常。今でも、その延長にあり、唯我独尊を地にいっている。これも家族
の長男、末娘、末息子、一人息子など、様々な立ち位置で、性格が決まる。
・相方は自然と、長女で、家庭的温みのある、自然体の人に魅かれる。
長女、次女は母猿のアシスタントの役割で、末っ子の相手になってくれる。
だから、自然に魅かれる。 とすると、アシスタント代わりのメス猿連れの
「離れ猿」?が我姿? いや、過って小さなテリトリーを持っていた元ボス猿。
成るほど、地元高校の校訓、「和して同ぜず」。「同じて、和せず」が群れの
特性になりがちだが。
<何があっても、強くあらねばなりません! 誰一人助けてくれません。
生きている間は闘い続けなければ!それが人生だから。諦め、無関心になり、
流されてはならない。傷を抱えて生きるしかないと悟ること。同行二人の一人
は親鸞。南無阿弥陀仏の念仏で、孤独から救われる>と親鸞が教える。
群れるなら、確かな宗教。人間は本来、弱者。長年かけて構築された教えが
必要となる。それが凡夫なら尚更のこと。とどのつまり、宗教ですか!

・・・・・・
6073,閑話小題 〜割合で理解する法則 〜5
2017年10月29日(日)
   ● 誕生日のパラドックス(の法則)
 一堂に会した23人で50%、41人で90%の確率で、同じ誕生日の人が存在すると
いう法則。これは一見、「40人いれば自分と同じ誕生日がいる」と思いがちだが、
この数値は「40人のうち、誰かしら同じ誕生日の組が存在する確率」のこと。
◎ 50人位のセミナーで講師が、「今月の誕生日の人は手を上げてください!」
 というと。7〜8人の人が手を上げた。12分の1で4人と思いがちだが、2倍になる。
「講師は因縁とは、こういうもの」と、説明していたが、この向きの科学的研究
もあるような。因縁の「因」は直接原因、「縁」は間接原因、この二つがあって
因縁が生まれる。哲学の大命題に「存在論」がある。いま、ここに、存在する
不思議の問題に繋がっていく。 
 ―
   ● 90:9:1の法則
 OSやブラウザ、検索エンジンなどのITサービスにおいて、市場に参入する企業の
シェアが90:9:1の比率になるという「90:9:1の法則」がささやかれています。
・最も人気を獲得し多くの人の支持を得たサービスが市場の9割を独占し、
・2番手が9%を、
・3番手は、1%を確保するのがやっとで、他のサービスは数字上は存在しない
 に等しいという、弱肉強食の世界を指す。
◎「20対80の法則」より、一強に力が集中する現象を示す比率。これは進化速度
 の早いIT産業なればの法則だが、社会的格差にも適応する。優勝劣敗の徹底の中
こそ、進歩が生れるが、残り1%しか99%に行き届かない社会問題に行き当たる。
日本の先をいくアメリカ社会を知るにつけ、日本も同じ道を歩むことになる。
 〜以下の文章は、2ヶ月前のテーマ〜 これが現実。
――
『超一極集中社会アメリカの暴走』 
 2017年8月30日

 図書館から『新潮45・6月号』を借りてきた面白いリポートがあった。
【 世界を呑込む「超一極集中」社会〜アメリカの暴走」を著者が解き明かす―
 上位0.1%の超富裕層がすべての富を牛耳り、ますます金持ちに
 (小林由美)】のレポートがあった。
 〜ネット検索をすると、ジャーナリストの池上彰の解説があった〜
  〜ネット検索をすると、ジャーナリストの池上彰の解説があった…
【 アメリカ“強欲資本主義”の現実
 <池上彰が『超一極集中社会アメリカの暴走』(小林由美・著)を読む>    
・アメリカのトランプ大統領による予算教書が五月に提出されました。
アメリカの大統領には予算編成権がありません。予算を編成するのは議会。
そこで大統領は、「こういう予算を組んで欲い」という要望を予算教書として
提出するのです。 トランプ政権は所得税や法人税の大幅減税を打ち出して
います。金持ちほど大幅に税金が戻ってきますが、庶民には恩恵がありません。
その一方で、貧しい家庭に食料を支援したり、低所得者が医療を受けられる
ようにしたりする施策は予算が大幅にカットされます。去年の大統領選挙で
トランプに投票した支持層が打撃を受ける予算案です。金持ちは一段と金持ちに、
低所得者はさらに生活が困窮していく。アメリカの現状を象徴する予算案。
金持ちの一極集中が進むアメリカ。書名通りの事態が進行しています。
・アメリカの所得格差が大きいことは日本でも知れ渡っています。国民のわずか
1%の人が富の大半を所有している。そういう認識を持っている人が多いと思い
ますが、もはやそんな状態ではないと著者の小林由美さんは指摘します。
上位0・01%の2014年の平均年間所得は2009百万ドル(約32億円)という驚く
べき数字です。上位0.1%で見ると平均所得は6百万ドル(約6億6千万円)ですが、
上位1%で見ると、126万ドル(約1億4千万円)に下がります。 過去の歴史を
見ると、1980年代以降、上位0・1%の所得は増え続けているのに、それより
下位はほとんど増えていないという現実があります。
・こんな格差社会で我が子を「勝ち組」にするには、質の高い教育を受けさせる
必要があります。そのためには幼稚園から私立に入れる。ところが私立の幼稚園
の学費は日本円で年間300万円。私立大学の四年間の学費は計3300万円。
いったい誰が払えるというのか。もちろん奨学金制度はありますし、学費ローン
を借る手もありますが、大学卒業と同時に多額のローンの負債を抱えることに
なる若者も少なくありません。「大学を卒業して社会人として第一歩を踏み出す
時には、多くの人が既に多額の借金を負っている。これがアメリカの現実です」
・こんなアメリカで繁栄を謳歌しているのが金融業です。資金を集めて投資する
ファンド。その周辺には、アナリストやトレーダー、ブローカー、投資顧問、
コンサルタントなど数多くの人が群がります。「こうした介在者の増大が金融
サービス従事者を増やし、その人件費と利益が金融サービス業の付加価値として
国内総生産(GDP)に現れ、不動産金融も含めると、金融サービスはGDPの12%
近くを占める主要産業になっています」
・強欲資本主義の支え手である富裕層は、自らの利益のため政治家に接近する。
「民主党は都市の進歩派富裕層やハイテク産業から政治資金を得て、都市部に
集中しているマイノリティを取り込み、共和党は重厚長大産業やエネルギー、
金融界から政治資金を得て、中西部や南部に集中している貧しい白人を取り込んだ」
アメリカという国が分断されるわけです。アメリカという国を分析する著者の筆法
は鋭く、ときにアメリカに対して絶望的な気分になりますが、他方でアメリカの
強さも知ることができるのです。(池上 彰)

▼ トランプ大統領になって以来のアメリカの分断は、この本を読むと、理解
 出来るようだ。10年前に、同じタイトルの本を出している。出だしからして、
<アメリカ人は4種類しかない。超金持ちと、仕事のプロと、貧乏人と、社会的
 落ちこぼれだ--。>である。この現実が社会問題にならないのは、誰もが、
アメリカンドリーム、「いつか私も大成功し… 」の妄想があるため。現在の
日本も、同じ傾向になっている。 情報機器も含め4割が情報関連を占めている
現在、若い人は、何はともあれ上質な情報と知識に対し、敏感であらねば。

・・・・・・ 
5706,マネー・ワールド � 〜資本主義の未来
2016年10月29日(土)


7893,閑話小題 〜世界は激動期に入りつつある!

2022年10月28日(金)

   * ロシアと中国経済が崩壊一歩手前
 ロシアは、ウクライナ侵攻の制裁で崩壊一歩手前だが、ここに中国経済も
クローズアップされてきた。民間と中央政府機関の隠れ債権が表立とうしている。
隠せば隠し通せるのが、一番の問題。独裁国家の最大の問題。今回も、共産党
大会も、何やら不可思議な空気が漂っていた。共産主義、社会主義のトップは、
その品位より、目先の上役の評価が上になる。 そこには品位も何もない。
 そのため、身近な物価や品不足で初めて、事に深刻さをしることになる。

 気づいたときには、遅いのが大衆の悍ましさ。このウクライナ戦争!プーチンの
唯我独尊の逆上せ上がりが生み出した戦争。結果は欧米、NATOの思惑にして
やられた現状が、その悲惨さをさらけ出している。しなば諸共で、核弾頭ミサイル
が発射の可能性もある。中国も然り。ドン様も一度手に入れた権力から脱皮不可能。
そこにいるのは無教養な老人が一人。百年前の、あれら独裁者と同じ姿。

 ・・・・・・


7892,閑話小題 〜今さらだが

2022年10月27日(木)

   * 人生…ってのは、何だろう?
 毎日、私めの人生って何だろうと考えること屡々だが、何ものでもないと
解っていながら、それでも、この自問自答は止まらない。一杯いっぱい、
問い詰めて答えを出したつもりだったが、それでも同じことを繰り返す日々。
そして、それにしても素晴らしかった!と、再認識する。至福体験そのものの
中に、人生の意味が有るのだろうが… 長嶋選手の体験の中に、垣間見れるが、
それも想像の産物、自らの自問自答の中から、産れ出ずることになる。
オノレなど存在しない方が良かった?かも知れないが、老いと供に、この事実
が確信に変わっていく事が、老いということかと! この80年近くの人生の
行蔵のお宝も、非常に良いのが多い。それが自覚可能なのは、上の7人の生き
様+両親のそれ。 それらの行蔵+オノレの行蔵= 潜在能力として、日々を
プラスの方向に導いてくれている。必死のオノレとの戦いの中に、それが光って
見えるが、やはり、若さが必要なような!

 ・・・・・・
7560,閑話小題 〜何でやねん… ?
2021年10月27日(水)

   * 元県知事、前県知事、前市長の三者の争い
 この三者の競う国会議員の選挙… 関係の少ない地元・選挙区で、前県知事、
元県知事、そして前市長の順そのままの支持率は当然ということか。複雑だが、
利権を考えると…  森・前市長は辣腕をふるったが、残されたものにとって
使い捨てた政治家など、この程度の見返りしかないということ… 
当然、森と思いきや… 私の感覚は錆びついてしまったということ…?
 いや、地元住人だろうに!
 ――
   * ロシア、中国の艦隊の本州一周の脅し
 これは日本への脅しというより、衆院選挙の自民党応援の一かん。プ〜チンの
考えそうな示唆行為。 この選挙は、与野党拮抗の結果が予測される。空気は、
台湾海峡の緊迫と、コロナ禍を煽った中国の政情の不安定の誇張で…
中国。北朝鮮ラインのホットラインが、一挙に尖閣列島・台湾まで下りてきて
しまった。現在のニュースといえば、今までの速度の6〜7倍速の超高速ミサイル
の実戦配備。 これだと、空母で優っていた、西側の軍事的圧倒が、激減する。
今さら核戦争でもないが、在れば使いたくなるのが政治家、いや政治屋。
 ――
   * コロナ禍も収まりかけたが…
 晩秋にかけて第6波云々が、そろそろ出てきそうだが… 冬季オリンピックに
向けて中国は、その予防に神経を尖らせている。夏季オリンピックは無事に
完遂?したが、中国が如何なる事態に! …見ものである。ワクチン効果か、
第6波のコロナ禍が少し治まりかけてはきたが、このままでは世界的経済恐慌
に入る可能性が強いが!
 
・・・・・・
7166,読書日記 〜 内田樹の『生存戦略』 〜4
2020年10月27日(火)
              <『生存戦略』 内田樹著>
  * <借金大国の日本で、自分の財産を守れるか不安です>の問いに!
 さすがに売れっ子。何気ない難しい問いに、アッサリと、その本質に返答する。
30年前になるが、姉夫婦が倒産した時に、ある姉が失意の姉に… 
<貴女には、行蔵と歌があるじゃない。私には何もないの。それで充分じゃない?
それまでカタに持っていかれないよ!> との励ましの言葉! 『バカボン』の
作家の赤塚行雄が、晩年、中南米の国家の1つか2つは買える程 漫画のごとく
遊びまくったという。漫画のごとく遊んだ男には悔いは無いはず!

【 使ってしまいなさい! 国として債務不履行で、現金の価値が皆無になる
可能性がある。ロシアと、アルゼンチンもデフォルトしたし、韓国も通貨危機が
あり破産直前まで言ったし、ありうること! しかし国家が消滅するわけでなし。
日本でも、これぐらいのことはある。ですから、どんどん使いなさい! 
使ったものを債権者は取り立てようがない。服を買って、美味しいものを食べ、
旅行をし、使い切るのが良いと思います。資産を守る一番、良い方法は、
「しちゃった」んだから、誰も奪えない! スコット・フィッツジェラは、
1929年の世界恐慌では資産を1ドルも失わなかったことで有名ですが、恐慌以前
に贅沢の限りを尽くして、きれいに資産を使い切ったいたからです。
 ―
▼ アッサリと事業からの撤収が出来たが、この負債総額と有料資産と、何が
違うのか。その微差こそ必要だが! 漫画家の赤塚行雄の『これでいいのだ!』
の言葉!が ニャロメと頭に過ぎった。(そう想うしかないこともあったが!) 
小さい手応えがあった。この45年間は?何だった? 何でもなかったのである。
その位のことは、45年間、考え尽くしてきた。ドン・キホーテの騎士のごとく、
ありもしない、敵に向かって突進した。それで充分。
【2,021年10月27日:何を言おうが…負け犬の遠吠えでしかないじゃないかい!】

・・・・・・
6800,読書日記 〜『小さな習慣』
2019年10月27日(日)
       < 『小さな習慣』 スティブン・ガイズ著 >
   * 人一倍、無能を自覚すればこそ!
 私の場合、「天性が全くない」の自覚から、まず一歩が始まる。
一歩といえば、行動になる。それは小さいほど良いと。それも変化への一歩。 
人間の第二の天性は習慣で追加可能。その組み替えには、節目時がチャンス。
 51歳の母親の死をキッカケにして、
<・還暦まで、捨身?で80歳までの30年分を圧縮する>ことにしてきたことは、
 ここで繰返し書いてきた。このブログも、それらの記録と公開である。
だが、中途半端なればこそ、会社を整理するはめに? 
還暦の到達時には、憑き物が落ちたような充実感が残っていた。
・次の節目時は、65歳時の事業清算。これまた結構。生活習慣に孤立条件を
前提にスケジュールを変えた。それぞれの節目に、思考習慣と生活習慣が
変わっていった。
 …この本に魅力は、「ちょっとしたポジティブな行動」から変えること。
2ヵ月前に、ソフトボール大の充電式マッサージを購入。マッサージといえば、
10数年前に通販で、足裏専用マッサージと、腰叩き用のパッセンジャー、
海老反り器具を購入、週に2〜3度は使用し続けてきた。腰痛の極み対策である。
そこに、これが。 TVタイム時の‘ながら’に、持ってこいの代物。
小さな習慣の一つと相成った。 習慣には良い習慣と、悪い習慣がある。
実生活で意識すれば、違った切口の習慣化が可能なことは、幾らでも存在する。
 ― 
 〜ネットで、感想を検索すると…
◉ まずは毎日1回の腕立て伏せ “小さな習慣"が大きく変える
 タイトルの「小さな習慣」とは、〈毎日これだけはやると決めて必ず実行する、
本当にちょっとしたポジティブな行動〉のこと。たとえば腕立て伏せ1回。10年間
も運動不足だった著者は、そこからスタートして今では、本格的な筋トレをこなす
ようになったとか。シンプルな提言と、心理学、脳科学など、それを支える骨太な
科学的記述が読者に受けてか、刊行から半年余り、順調に版を重ねている。
◉ 「下訳を読んだ時点で、コンセプトが明快で、しかも説得力のある内容だと
 思いました。ですから装丁や紙面のデザインはシンプルなものにしたんです。
本文の構成にはやや複雑なところがあったのですが、その点も日本で独自に内容が
イメージできるような見出しをくわえ、より読みやすい形に編集しました」(担当)
 ――
   〜Amazonの内容紹介〜
【小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっと
 したポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標
 を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗
 しようがない」のですから】

科学的に実証されたデータを引用し、脳の仕組みからなぜ人は「はじめたことを
続けられないのか」を説明し、「小さな習慣」こそが「大きな変化」をもたらす
ことを説く、潜在意識の法則の本質を解明する本です。

なぜ、「小さな習慣」がすぐれているかというと「脳には新しい変化を嫌い、
同じ行動の繰り返しを好む」、という傾向があります。私たちの毎日の行動の
ほとんどは「習慣化」=「何も考えずにやっている」ことで、
脳は「習慣化された行動」が大好きなのです。

習慣化されていない行動をするときには、モチベーションや意志の力が
必要となるのですが、これが「何かをするとき」に大きな障害になります。
モチベーションは感情に左右されるし、意志の力には決断などさまざまな要素
が必要になり、それはとても不安定なものだからです。

それに対し「小さな行動」はモチベーションも意志の力も必要としないし、
とても簡単な「目標」なので失敗することなく、「成功」体験を感じることができ、
その「小さな行動による成功の繰り返し」が自己肯定感を生み、それが自信となり、
繰り返し行うことで習慣となっていきます。習慣化された行動が大好きな脳は
こうしてやっと「新しい変化」を受け入れます。
 ――
▼ 無知無能の自覚があればこそ、第二の天性である良き習慣に縋るしかない。
人生の節目時の度に、新しい習慣を身につけて立上るしかなかった。 大きな
ショックがないと、これがなかなか。しかし、腕立て一回なら直に可能。
<目標は、ばかばかしいぐらい小さくしろ!> の副題もよい。

・・・・・・
5704,自分のための人生 〜
2016年10月27日(木)
   ◆これが人生だ!
 幸福であるためには、充実した時間の積み重ねが必要である。
停滞した社会の中で、人生は、日常を暖かく明るく営むことことだ。
 〜以下の一節が良い。
≪ 何よりも大切なことは、彼ら人生の達人が自分自身を愛しているということ。
「成長したい」という願望に促されて彼らは行動する。どちらかを選択せよと
 言わたら、必ず彼らは自分を大切にするほうを選ぶ。自己憐憫や自己否定や
 自己嫌悪に陥る隙を、自分に与えない。彼らは幸福を追い求めたりはしない。
 生きることがすなわち、彼らにとっての幸福である。
  次に引用するのは、これまで述べた<充実した生き方>の要約である。
< 幸福を見つけようとすることが、何よりも幸福から遠ざかってしまうこと
 なのである。 歴史家のウィル・デュラントは、知識の中に幸福を見いだ
 そうとしたが、見つけたものは幻想だったと書いている。
 彼は次に旅行の中に幸福を求めたが、退屈しか見いだせなかった。
 さらに、富の中に求めたが、仲たがいと心配しかなかった。
 著述の中に幸福はないかと探したが、疲労しかなかった。
 ある日彼は、眠っている赤ん坊を抱いた女性がクルマの中で夫を待って
 いるのを見かけた。しばらくすると、夫が列車から降りて近づいた。
 そして、その女性にやさしくキスをし、次に、その赤ん坊にも眠っている
 のを起こさないようにそっとキスをした。
 それから、その家族はクルマで去っていってしまったのだが、後に
 残されたデュラントは、そのとき、はたと幸福の実体に思い当たった。
 むきになって幸福を追求するのをやめてみたら、
「日常生活のすべての営みが幸福を含んでいる」ことに気がついた。
 現在という時を最高に充実させることによって、あなたも、幸福の傍観者
 ではなく、幸福な人間のひとりになれるのである。> ≫
▼「いま、ここ、わたし」の垂直が永遠につながっている。その垂直を大事に
 して生きればよい。そのためには、日常が充実してなくてはならない。
メーテルリンクの夢幻劇。 <貧しいきこりの子の兄妹チルチルとミチルが、
クリスマス・イブの夜、仙女の訪問を受け、その言い付けで「青い鳥」を探し
に出かける。「思い出の国」「夜の宮殿」「未来の王国」などを探しまわるが、
どこにも「青い鳥」は見つからない。ようやく自分たちの家に帰ってきたとき、
すべては夢だったことがわかる。そして「青い鳥」(幸福)は家で飼っていた
キジバトだったことを知る…> 人生も、気持ちの持ちようの日常にある。

・・・・・・
4607, そして、人生はつづく ー7
2013年10月27日(日)


7891,閑話小題 〜 買い支えも、いつまで持つか?

2022年10月26日(水)


   * ロシアの敗戦が間近だか…
 かの陰湿なロシアで、暗殺を有力手段で生き延びてきたプーチンも、何時まで
権力維持が可能かである。今では少しでも将来にタジロギがあれば、瞬殺になる。
ことは当人が熟知しているはず。本人が暗殺ともなれば、、核ボタンを押す
仕組みになっている。だから核弾頭ミサイル・ボタンを数m以内に置いておく。
大統領、副大統領、防衛長官は、同じ飛行機に乗らない規定が、核保有国の首脳
に義務つけられているようだ。

 パンデミックに、ウクライナ戦争で世界は緊張の極みの中で、次なる黒鳥が
温和しく控えている。次なる黒鳥とは、世界経済恐慌である。これは恐ろしい!
アメリカが、欧州から少し離れているため、一般投資家の動揺が少ないが、何を
しでかすか得体の知れない国がアメリカ。ロシアも経済悪化の極みにある。
呆けたプーチンに次の一手打てるかどうか! 資源国家なるが故の強みがある。

 事業撤退は聞こえは悪くないが、それでも背筋が凍り付く経験だった。戦争も
事業も、問題は撤退。鶴翼の構えで、まず撤収の手を打っておく。攻めから守りに
入り、撤退の時節を読むこと。ロシア、ウクライナ国境が問題だが、何やらロシア
の総崩れの兆しがみえてない。とにかく核弾頭が最後の砦だが、こんなに早く
直面するとは、誰も思いもしなかった。来月半ば辺りですか?

・・・・・・
7559,閑話小題 〜ブラウニーBrownie 〜
2021年10月26日(火)

   * 欧州、特に北欧で…
 北欧に行くと、お茶の添え物にブラウン色のチョコレートに覆われた
お菓子が出てくる。またクルブシほどの小さな妖精の人形が飾り物として
置いてある。
日本ではコケシ感覚で、自宅の居間に鎮座している。TVでも、時どき
取上げられ世界的にも馴染みの妖精でもある。これは原則としてその土地、
その家に憑く存在だが、気に入れば人間にも憑くようだ。 その人間が
引っ越せば、荷物に紛れて転居先にまでついてゆくこともある。
北欧の寒さを部屋に過ごす幼女のファンタジーのイメージそのもの。
  〜ネット検索をすると…
≪ ● ケルトの家付き妖精
 ブラウニーは中世のケルト(ヨーロッパ北西部)、特にスコットランドや
コーンウォール地方(イギリス中西部)にて信じられた妖精の名前。
各家庭に必ずひとりはいるとされ、性格はきわめて温厚かつ忠実。
部屋の中を散らかすようなイタズラもするのですが、ゴブリンやホブゴブリン
ほどの狼藉は働かず、もっぱら人間の手伝いをして過ごします。
「手伝い」と言ってもまったくのボランティアではなく、ミルクをカップに
1杯とか、クリームをお椀に一盛りくらいの報酬を用意する必要があります。
しかも毎日用意しなければならず、もしうっかり忘れると家族の身体をアザに
なるほど強くつねられるか、またはボガート(悪い妖魔)に変身して家の中を
徹底的に荒らし回ります。
彼らの名前にはしばしば虫を払う力があり、特に蜂の被害に遭ったときは
「ブラウニー!ブラウニー!」と叫ぶと、目には見えませんがどこからともなく
この妖精が現れて、虫をどこかへ追いやってもらえると言います。
 ―
● シャイな小妖精
彼らは手伝い好きなわりに、かなりシャイな性格をしていて、自分の仕事へ
口出しされたり手出しされることをひどく嫌います。あまりに構い過ぎると家を
飛び出し、永遠に戻ってきません。さらに、姿を見られるのもあまり好まず、
彼らを見ることが許されるのは子供か正直者だけだと言います。
それ以外の者が姿を覗こうとしても、巧みに物陰へ隠れてしまいます。
 ちなみに、ブラウニーを「実際に見た」という人の話では、この妖精は非常に
小さくてくるぶしほどの大きさしかなく、裸かボロボロの古着に身を包んでいると
言います、なぜか頭のてっぺんから足の先まで茶色でコーディネートされており、
そこから「ブラウニーBrownie(茶色さん)」という名前がつけられました。
茶色の服を好む理由は分かりませんが、単にその色が好きだという説と、
全身が茶色の巻毛で覆われているから、という説の二つがあります。 個人的には
それに「ドブネズミや野ウサギを妖精と見間違えたと言う説を加えたいところ。≫
                             〜つづく
・・・・・・
7165,閑話小題 〜「瞬間、死の恐怖に!」
2020年10月26日(月)
    * 死ぬのは死ぬ! 
 一昨夜の寝入りしなに、胸が苦しくなり、呼吸困難に! このままなら、
死んでしまうのかと不安がよぎる。自らの死期を75歳と仮説を立て生きてきた
ので、3ヶ月早いだけで、然もありなんと冷静だったが、母親や近くに住む叔母
の死際に立ち会った時の呼吸と同じ。「もしかして、脳内出血か脳梗塞では…
呼吸が荒く、短くなる。このまま、逝くのがベストかもと、楽観的な想念で、
荒い呼吸を続ける。家内は居間で、呼べば救急車騒ぎになると…躊躇している
内に、その事態が治まっていた。 その後、トイレで、その理由が判明した。
ズボンがキチキチの上に、腹が張っていたのが原因! ジッパーを外すと、
何も無かったように元通り! その時… <死ぬ時は、こんな感じか!>
と至って冷静! (いや、現実感が全く無かっただけ)
 年末、大学の同級会で、脳梗塞で半身不随や、急死などの具体的内容を聞いて
いた。 こんな感じで、苦しんで死に至ったのだろう。死ぬ時は死ぬ、死なん
のは死なん。あのまま救急車で搬送されていたら、精密検査で、いまだ病院か!  
当日、ステーキ店で、ランチを食していたので、死出のランチになるところ!
強気ではなく、笑い話で憂さ晴らしをしている自分が面白い! 75歳の壁は、
高くて、固いようだ!
 この数年で亡くなった数名の同期の死でも、自分が死ぬとは微塵だに思いも
しない、呆気ない最期だったのでは!  死者は帰らず、経緯は語れず。
 死の間際の呼吸困難は、傍で見るほど苦しくないというが!
 ―
    * トラちゃんが敗けそうだが…
 この4年間のトランプの行蔵と、予測からして、トランプ大統領の敗戦が濃厚!
あと一年は、裸の王様によるアメリカ崩壊の過程を賞味したいが、これだけは、
ミズもの! 下層の白人層も、それに気づいてか、否か。アメリカ人、いや白人
の本音、まる出しも、何時までも続きはしない。逆さまにすると、インドの
最下層の少女と頭の中の構造は変わりはしない。 その男に核戦争のボタンが
握られてる現実が怖ろしい! 10日ある… 何やらの事故には、気を付けないと!
このまま、終わらないのがアメリカの政治世界の物語! 

・・・・・・
6799,閑話小題 〜 セ・リーグも指名代打制にしたら!
2019年10月26日(土)
   * 野球も、時代と共に変わらないと
 現在のセ・パの実力そのままの結果か、何と巨人が4連敗。
その力の差は指名打者制にあるようだ。 打てる割合が少ないピッチャーに
打撃専門打者を組込めば、そこに当然、強打者が… 打者にとってチャンスが
増えるが、投手もまた、質の向上が求められる。 当然、何年かするうちに、
それが、選手の質の向上につながった結果が、これ。 セ・パ交流戦で、
セ・リーグがアウエーの試合の方が圧倒的に面白いことからして… 何故か、
セは今まで通り。 …マイナス要素もあるから、実施しないのだろうが。
 今回は、ラグビーのワールド・カップに人気が取られてしまい、盛上りの
ない試合が多かった。試合前から巨人が勝てる空気が全くなし。
 9番ピッチャーが、4番クラスの強打者に!なら、面白くない訳がないのに。
 ―
   * 野党も野党、よく言うよ
 経産相の秘書が地元の有権者に香典などを配った疑いが浮上した問題。
それも10数年前の問題に、野党も野党、よく言うよである。菅官房長官まで
「菅原大臣自身が必要な説明をするよう求め」辞任を迫った。今さら、この
程度の問題を掘り起こすこと自体が問題。大臣なったなればこそ、掘り起こ
された問題。マスコミにも責任がある。これでは誰も大臣、次官になれない。
韓国の政治混迷の醜態が、「まだマシ」とカバーしてくれているが。
 ―
   * カラス撃退と、電動マッサージの…その後
◉ 玄関前の電柱から大量の糞をバラ蒔かれ、このままではと、我家の庭を
 テリトリーにしたカラス撃退を決心。「来なくなるまで、手立てを加える」
と、まずは隼のカタチをした鳥人形と、ハロウィンの鬼形相のカボチャ型の
ボンボリをベランダに掲げた。それ以来、何故か虫の鳴き声もなし。しかし、
一月もしない内に庭のカラスが、人形に対して威嚇を始めてきた。
そこで、更に一匹の隼と風車を百均で追加購入。 さらに黒い靴下をカラスの
死骸に摸して… 現在に至っている。 野良猫にも、効果があるようで…。
◉ 2ヶ月程前に導入したマッサージボール、充電式で携帯可能で、部屋移動
 の度に 持ち歩けることもあって、主にTVを見ながら、両手、両足、首筋に、
腰まわりに1〜2時間は利用している。何気なく足裏をみて吃驚。裏全体が
ピンク色に。
 
・・・・
2711, 臨死体験を経験できるヘルメット
2008年09月06日(土)
 何の知識無しで初めて幽体離脱を経験したときの驚きをリアルに憶えている。
それを契機に、キュープラ・ロス、立花隆の臨死体験などの本を読み、その経験
の意味を知った。ところが最近になり、アメリカでパーシンガー博士の開発した
ゴッドヘルメットと呼ばれるものがあり、これ装着すると万人が体外離脱できる
という。博士はてんかんの治療で、脳を電極で刺激する手術を400例以上やって
いて、その手術の際に側頭葉のシルビウス溝と呼ばれる、右耳の上を電極で刺激
すると、体外離脱がおこることを発見した。これで体外離脱した意識が、遠くの
ものを見てきて、現実と一致したり、霊が他人の体をジャックしたイメージも
起こるという。これまでのように脳を開いて直接電極を押しあてたりせず、電磁気
で脳を刺激して、反応を見る研究が盛んのようだ。体外離脱とは、脳の中の幻覚
ではなく、アストラル体のような意識が、抜け出している状態ともいわれる。
実際に体外離脱の経験者に装着したところ、同じような経験をしたという。それまで
一部霊能者とか、そういう体質を持った人だけしか経験できなかったことを、科学者
は誰にでも体験できるようにする。何年もしないうちに、家電店頭で並ぶかも。 
これを被って気が向いたら幽体離脱をするのも面白いだろう。そういえばアルファー
波を発生させる器械を買ったことがあった。またマリファナを吸ったと同じ気分に
なるCDのセットも買ったことがあったが、少し酔ったような気分の状態になる。
私は酒に酔いの方が好きだが。他のTPOSが面白いだけであるが・・・恐らく、これを
被っても、私の経験した幽体離脱の緊迫した感覚とは違うだろう。色いろな状況の
中で独りで、誰にも言えない奇妙な体験だから神秘的なのであって、ヘッドギアの
器械で幽体離脱をしても、味も素っ気もないだろう。しかし、面白そうである。
前に書いたことがあるが、欧州の帰りの飛行機の中での夢。「自分の身体が突然に
フワフワ空に向かって上昇して、電信柱が下に見えてきた辺りで恐怖心が出てくる。
夢から早く覚めて布団に身体を戻さないと、我に返った。ところが、そこは飛行機
の中で、身体が地上に在るはずなのに逆に、その遥か上を猛スピードで移動している。 
そこには、飛行機も、シートも、周囲の人たち消えて、独り宙を移動している」
身体が凍りつくとは、このことだろう。 恐らく、死ぬ瞬間とは、あの感覚になる
のでは? 絶叫をしそうになったが、ギリギリ抑えることができた。
人間は大地の上で生きているのである。 死ぬと、大地から離れるのである。
幽体離脱で元の身体に戻ってこれないで、狂ってしまうケースもあるというし、
自分が外に出ている間に、動物か彷徨っている霊が入り込む場合が往々にあるという。 
オウム教が騒がれていた頃、ニュースなどの映像で、ヘッドギアをしている信者の
姿を見かけたが、あれがゴッドヘッドだったのか? 集団維持の手法や典型的カルト
の教え否定されるべきだが、宇宙からの視点とか、こういう幽体離脱の手法は、
なるほどと感心する。脳はまだまだ未知の世界である。脳は3?しか使われておらず、
10?も使えば天才になれるという。神様(自然)は何を脳にさせよとしたのだろう。
我われ凡人は、パソコンなど、道具を有効に使ってせめて5〜6?を使えるように
すればよい筈だが?
・・・・・・
2018/04/24
閑話小題 〜死のむこうには?
   <魂でもいいから、そばにいて─3・11後の霊体験を聞く奥野 修司 (著)>
   * 霊的なものは身体や脳という物質を介さなければ…
 霊的な世界を簡潔に説明している個所である。霊感に関しては体質の問題で、
全く霊体験をしたり、持ったことのない人には、解りようがない。何度か経験
してきたが、現在は薄れている。私は父親の霊?が、10年近く体質化して心底に
あり、不思議な現象を度々、経験をしていた。孫のようにように幼児の頃から、
愛され育ったこともあり、元もと、脳内などに染み込んでいたことも…
それにしても、死ぬまでの、生への渇望のエネルギーには、驚いてしまった。
 丁度、27歳、起業へのジャンプ台から飛び出すに、このエネルギーが、その
まま原動力になっていた。 
以下は佐伯啓恩の『反・幸福論』のー死後の世界と生命についてーの一節。
≪ 実際、この宇宙にはまだとらえられてない、不可思議なエネルギーが存在
 するようで、それどころか、宇宙を構成している物質の殆は未知のエネルギー
とか、物質だか、正体を知りえないものだという。そこで仮にそうした霊的
エネルギーが存在するとしましょう。それでもそれが人間の精神を形つくると
するには、やはり人間の身体や脳という物質がなければなりません。そうで
なければ、この不定形で停泊場所をもたない宇宙的なエネルギーが我々の
意識や精神になるとは思えません。仮に人間のうちに霊的なもの、つまり、
「精神」と呼ぶようなものがあるとしても、それは、物的な身体性と不可視
の霊的エネルギーの結合というほかないでしょう。とすれば、身体が消えれば
意識も精神も消えてしまう。それは宇宙に拡散して存在するかも知れません。
しかし、それは「私の霊」ではないでしょう。「私」がないのだから「私の霊」
などというのはありません。
 …確かに死ねば何もなくなるかもしれないが、『魂でもいいから、そばにいて
─3・11後の霊体験を聞く』奥野 修司 (著)という本がある。東日本大震災に
後に、多くの霊的現象や体験が報告されている。その聞き込み取材を行った
著者によって、多くの事例が紹介されている。… これらの全てが錯覚だと
いう勇気がないが、少なくとも、地震や津波で身内を失った多くの人達が、
何か説明のつかない体験をしたと信じていることは事実であり、しかも、
多くの場合、その霊的体験によって、残された家族が多分に安らかになった
という事例を読めば、そのことに疑いをさしはさむ必要もありません。≫

▼ 具体的な霊的現象の記述を、ここで数限りなく書いてきた。霊体質とか、
 霊的経験のない人からみれば、『いい歳をして、馬鹿か?』でしかない。
脳内現象では割切れないことは、世界には現にある。
 兎にも角にも、以下の内容を… 

・・・・・・
[204] 霊体質ー3
 今まで起きた実際の事実を書く!信じようが信じまいがその人の判断だ。
シンクロニシテー(意味ある、考えられない遇然の一致)と重なっている。

1、5〜6年前柏崎の義父の葬式の帰り、峠で行く先々で7〜8回虹ができ
  その下を通った。100回以上そこを通ったが虹が出たことは初めて。
  かつ虹の下なぞ通ったのも初めての経験である。
2、近くの堀井といううちの分家にあたる従兄弟が、7〜8年前「自死」を
  したときの事。丁度通夜の日、ジャイアンツの二軍が悠久山で試合があった。
  それで天侯を憶えていたが、午後3時過ぎに突風がふくと天気予報がいっていた。  
  3時に納棺であったが、その時突風がふき桜の花が納棺の最中吹荒れた。
  終わったと同時にピタッと止んだ。彼は毎年桜の花を写真に撮るのを
  趣味としていた。その年は桜の当たり年で、私もかなり多くをとった。
  彼もそれを覚悟で多くの写真を撮っていた。
3、母の葬式の日、‘おとき’のかえり天気なのに突然雨が降ってきた。
  涙雨といってよくあるそうだ。その時初めて知った。
4、昨年東京の叔母の葬式の時、丁度焼き場に遺体が行っていて、式場で家族以外が
  待っている時、急に気分が悪くなった。ハッとした、今叔母が私の処にきている
  のが解った。横を見ると鏡のついた柱があった。「鏡は霊を呼ぶのかーと思った。」

  ということは、10年前に抜けた霊体質がまだ残っているのかもしれない。
 また以前の文をコピ−しておく。

------------
S6201霊的体験
私には少し強めな霊的感覚があります。今回より数回シリーズで実体験を公開。
“A”さんが数年前になくなった時の事です。同じ会社仲間だった“B”さんと
十日町の彼の家へおまいりにいきました。その途中の車中で“B”さんと
般若心経の話になりました。 そこで彼の供養も含めてお経をとなえました。
その後、Aさんの家の確認のため車をとめ地図をみました。何げなく“B”さん
の顔をみると、彼の顔がまっ青になっているのです。やはり車中で“C子”さん
の話をしていたのです。
“A”さんが入社試験にやってきた時、彼(A)が優秀という事であり、
同じ十日町出身の美人C子さんにお茶を出させ、郷里の話をさせたのです。
そのせいかどうか彼は私の思いどおり入社したのです。
そのおもい出話をした事であったのか数万分の一、いや数十万分の一の確率で
彼女の家の前に車がとまったのです。十日町に出店をした時、彼女の家の前を
“B”さんが通って知っていたのです。私がそこに“偶然”(?)車をとめて
しまったのです。
“B”さんはあまり霊的な事を信じない人ですが、その時は最後まで信じられ
ないという風でした。私自身またかというのが実感でした。 

ーーーー
霊的体験‐                 
平成4年7月
 20年近く前になるが、父の四九日の終わるまで何度か不思議な体験をした。
死後一週間後位か妙な夢をみた。私自身父の気持になり“死にたくない。


7890,閑話小題 〜朝から晩まで、YouTubeで戦争ものを…   

2022年10月25日(火)

   * 鬱ぽくなって当然である!
▼ TVといえば動画投稿モノのYouTube… そ戦争もの。あとは、ボクシングの
 テーマ別編集もの。歌番組、料理もの、どれを見ても飽きないからサスガ!
これでは目がやられる!その上に、鬱っぽくなる。昼間は、その間にSJと、
図書館、スーパーに酒とツマミの買い出しぐらい。それが嫌にならないのも年齢
のなせる業ですか! …一線を退いた人が、早々にお亡くなりになるのは成る程
と実感する日々。頼まれた訳でもないのにブログを書き続けているので何とか
精神のバランスを保てているが…
 ー
▼ 今朝方の夢が面白い! お医者さんの診察で…
「最近、針治療をしたが、これが痛くはなく、快適。それを話しているうちに、
そう言えば、針治療した記憶がないのに、何を言っているのだろう!と言う思い
が沸きたってきた。4丹名紊猟子で恐怖心で固まってしまった自分」
何でまた、こんな夢をみたのか自分でも分らない。最近、若い自分’震えながら
「助けてください」と声を絞り出したところで夢から覚めた。最近、様々な夢を
みることが多い!
 ー
▼ ウクラナで戦術核が使われそうな! このウクライナ攻撃は、明らかに失敗に
 なる可能性が大。…ならば戦術核の使用と拳を振り上げ建前上、どうも…やる
可能性がある。NATO/アメリカ軍は、その対処を考えているのだろうが… 
やれば自滅が見え見え!
 中国も、不況のおり経済成長も停滞気味の中で3期目の総書記に就任。
明らかに台湾有事を狙っている。当然… 沖縄も巻き込まれる事になり、他山
の石では済まされない。 …これが21世紀の姿胡散臭い現実である。
 ー
▼ SJやスーパーなどで凄い目つきで睨まれることがある。これが世間の亡霊
 かと、不快感残存期間を図るのがツネ! 人生何が楽しくて生きているのか?
のような想いつき固定観念で周囲を固め、自らを縛り、内々にエネルギーを向け
ていくと言えば…自分のことか! 考えてみれば、これじゃ私自身のこと!

 ・・・・・・
7558,閑話小題 〜中国の政情が変… ΑΔ箸辰討きは‘極超音速ミサイル’
2021年10月25日(月)
   * 極め付けの‘極超音速ミサイル’とは
 最近、ネットや、YouTubeなどで、‘極超音速ミサイル’なる言葉が目につく。
敵に察知される前の数秒が勝負で、時速にすると6000キロもするとか… 
これを人工衛星として宇宙ミサイルとして、空母、主要都市などに、先制攻撃に
役に立たせるもの。敵国相手を牽制するに、空母艦隊を、幾つかを国境境界線に
集中させるのにベストとされている。現にアメリカや、英国が中国けん制に実施
しているが、これが実戦配備となると、それも時間の問題! アメリカ軍事力の
絶対有利も、いとも簡単に崩れ去ってしまう。中国の習体制も、不動産価格の
バブル崩壊からくる中国経済の打撃で風前の灯になってきた。で、台湾有事の
可能性が日々、増している。日本は怖ろしい限りで、首都圏に政治、経済機能が
集中傾向にある。
  〜ネットで<極超音速ミサイルとは?>と検索すると…
≪ 低高度で音速の5倍以上の速度で飛行するミサイルを極超音速ミサイル…
放物線軌道を描いて目標へ向かう弾道ミサイルとは違って望む方向に機動可能で、
米国・ロシア・中国など軍事強大国が開発に拍車を加えている次世代武器だ。
北朝鮮も先月28日、極超音速ミサイル「火星8型」の試験発射を実施し、
開発競争に加わった。 ≫
 ―
▼ 空の向うから、核弾頭ミサイルの攻撃とは… 相手が地球上に子孫を数百年
 かけて配備してあるため消滅することはないため、始末が悪い。孫子の兵法の
鶴翼の構えの背景が不気味である。チベットで虐殺の限りを尽くした相手だけに… 
現在はウィグル地区住民に対しての粛清…? 習主席が、反対勢力の元・主席を
前に、<この混乱を政治目的にしたら極刑を辞さない!>と、恫喝していたが…
YouTubeで政治評論家が曰く…<江沢民・前主席も、習・現主席も、蔭に廻った
粛清以外には、何もしてこなかった… 共産党に巣食うならず者仲間でしかない>
も頷ける。

・・・・・・
7164,読書日記 〜 内田樹の『生存戦略』 〜3
2020年10月25日(日)
              『内田樹の生存戦略』
   * 人をほめる時の基準とは
 とにかく、褒めろ、褒めてほめちぎれ! <可愛い! お美しい! 
大好き! モテるでしょう! 貴女を対象になる人が少ないでしょう! >
 …まとめて、『可愛い美人が大好き』を口癖にするべし! 
 
 日本にはスナック・居酒屋文化のプライベート空間が存在している。
家庭を1、娑婆世界を2とすると、1.5の俎板と想定すればいい。
家庭内で満たされない人たちの仮想家庭の役割を果たしている。
…ママ、パパの大方は、そこから弾き出された人達…が故に、その辺りを熟知
しているからこそ、「好き」の想念は直に伝わる!TPOSで3〜4人に絞り! 
若い時の特権を最大限に使うべし。創価学会員と聞けば、一緒に太鼓を叩かな
ければ…1人の魂は獲得できない。失敗すれば薮蜂取らず! 
  
   〜以下は、その辺りを理解しやすくまとめてある。
≪ 人をほめる時の基準と問われれば…
 <人間の個性的ところは、見方を変えれば、どんなふうにでも褒められること。
「ぼんやり」は「鷹揚」に、「せこい」は「細やかに」、「優柔不断」は
「臨機応変」に、と何とでも言える。
 あらゆる欠点は、その人の個性の根幹の部分とつながっている。
そこからしか際立った長所も出てこない。欠点も、長所も裏腹です。
だから、そこをピンポイントとして、「いいね」と褒めればよい。
 …機会あるたびに褒める。気がついたらほめる。 あと、どんな人にも、効果
あるほめ方は「ルックスがいい」です。誰もが、微妙に自信があるような、ない
ような際どいポイントだからです。男の場合は、自分に対して、ルックスを意識
している。自分に対する期待度が高すぎて、努力が追いつかないことがある。
だから「素材がいいよね」「センスいい」と言われると、『そんなことはない』
と言いながら、堪えきれずに笑みがもれます。≫
 ―
▼ 女性中心の職場が多かったこともあり、その扱いには苦労すること屡々! 
 そこでは、「単独者」「2〜3名名」と、「7〜8名」と、扱い方が微妙に変る。
異性には、年齢に関係なく間隔を置く。そして次に、何処に同調するのか? 
まずは、「かわいい」と認めて、それを繰返す過程で、相手の性格を理解する!… 
そして「かわいい!」を只管、繰返す! ただ、気を緩めない… 自分の魅力に
絶妙な自信とコンプレックスが入乱れている。「純心のところが、魅力的!」を
加わえるとパーフェクト!
 金沢のスナックで、流しのアルバイト・ホステスから教わったテクニック! 
客あしらいのポイントの問いに… 男の生理を知り尽くした『まずは可能性よ!』
の一言。さすが流離いの言葉。 後年、省みれば流しの○○である。
 そうか…『安心感や、安全より、危ない感!も必要ということ。 
それぞれの都市物語が生まれては消えていく日々。これを書き続けている
意義とは、これもある。 外は秋の豪雨が鳴り響いている。 ベ

・・・・・・
6798,閑話小題 〜韓国の様相と日本
2019年10月25日(金)
   * 何でしょうか、韓国大統領!
 海をこえた隣国のこととしても、その混乱は、あまりに酷い。
そこに前・法相の妻が、逮捕されたニュースとくる。
< 子供の入試不正と私募ファンドの不法投資、証拠隠滅に関連した11件
 の疑いが持たれているチョ・グク前法務部長官の妻、チョン・ギョンシム教授
が拘束された。これにより「頂点」であるチョ前長官を狙った検察捜査も加速化
することになった。>
 とかく噂のあった人物を強行突破で、法相に任命したが、その疑惑で辞めざる
を得なくなった。野党は、「泥棒を法務大臣にする!」と猛抗議を無視した上の
人事。これで本人が逮捕をされることがあると、一挙に、体制崩壊が現実化か?
権力を失えば獄につながるため、必死に踏ん張る大統領。悲劇と喜劇が混濁した
様相は、財政の貧困なるが故? 近隣に、北朝鮮、中国、ロシアに囲まれ、幾つか
の財閥に企業が独占されて、将来の夢は断たれ、日本に、その怒りの刃を向ける。
合せ鏡で日本を省みると… 未だ明治維新の薩長の血筋が権力を把握。
 彼らを米国が間接的に実権を維持しコントロール。横須賀には米国の第七艦隊
が鎮座し、日本と韓国と、中国、ロシア、北朝鮮を威圧する。
 象徴天皇制を主とした憲法を与え、そのまま薩長の残党にコントロールさせて、
はや70数年も経過する。アフリカや中近東の欧米支配による奪略の構図そのままが、
我が国に当てはまる。それでも、中国、ロシアに対抗する地政学的な意味合いが
あるため、露骨な搾取はない?が。 韓国を笑っている立場にない。
 その国際政治の狭間の環境下。奇跡的な経済成長の大波に、何とか溺れずに、
ここまで来たのは、非常に幸運といえる。 …生臭いが政治と官僚は重要な要。

・・・・・・
6434,定期的に、魂と心の話を… 〜1
2018年10月25日(木)
   * 見え隠れする魂のイメージ
 一昨日、8年前の10月23日分のテーマ、『魂とは』が、考えさせられた。
幽体離脱の経験が難度かあるので、高橋信次の娘・佳子の『魂』の説明が、受け
入れやすい。深いところで、亡き両親と繋がっている感覚が現にある。 
誰にもあるのだろうが、その感覚を、
< 私たちの心・想いは、平和で満ち足りた天上界から苦しみばかりの地獄界まで、
あらゆる世界に通じています。その魂の抱いている内宇宙とは、それにとどまらない。 
魂の次元は過去・現在・未来が一つになり、自他を超えるもの。魂とは、この人生
だけでなく、永遠の生命として経験してきた幾度もの人生の記憶と限りない智慧を
湛えた存在であり、私たちを超えた無意識の膨大な経験と記憶の貯蔵庫、宇宙の源
という次元に繋がっています。> 
 とすると… 両親から受継いだ愛情に繋がっているような感覚が納得できる。
心とは、岩から流れ込んだ淡水と海水が混濁した洞窟内に。魂は外海に例えると
理解しやすい。自他の自が洞窟、他が外海。心・魂の説明の簡潔な解釈は、他に
多くある。他と繋がっている感覚は、両親の愛情の温もりと同じ感覚。
『魂を込める』といえば、「いま ここ わたし」に心を集中した状態である。
それが永遠の世界にコンタクトした垂直の時間になり、刻印される。


7889,閑話小題ウクライナ戦争とは…

2022年10月24日(月)

    * 神と崇めたてられた初老男の惚けから始まった奇行
 この戦争、冷静に顧みると、ロシア・プーチンと、中国の習主席の初老性の
痴呆を起因とした業の結果である。社会主義とか、資本主義も何もあった結果
ではない。第一次、第二次世界大戦とホボ同じ奇行の繰り返し。
 これで社会主義、共産主義の危うさが表立ってしまった。100年前には、それを
声高々に述べることなど、出来ようはずがない。ロシアのスターリン、アメリカ
大統領のルーズベルト、中国の毛沢東などを一括りで批判なぞ、到底無理の話。
それが出来なかったことが、プーチンに隙間を狙われたことになる。なんだろう、
病人でしかないプーチン。そうそう新たなる事件が起こるのだろうが!
 ーー
   * キューバ核戦争勃発危機より瀬戸際?
 追い詰められたロシア! これからは諸々あるのだろうが。独裁は良くない。
として何でしょうか? 欧米も脅しに腹を括ったようだ。その上に、中共である。
「一強」は下り坂には暴走するのがナリワイ! これが21世紀の生の姿。結局は
弱者にしわ寄せがくる。
 
 ・・・・・・
7557,閑話小題 〜  …衆院選挙の街宣車のガナリ声が
2021年10月24日(日)

   * これほど面白い選挙選は珍しい!
 全国的にも、地元5区でも…因縁が複雑に絡みあった面白い選挙選は珍しい! 
地元・5区は県内で顔なじみの元、前県知事と、元市長の御三方。常識的見ても
元市長の森候補だが、地元長岡は、どう転ぶか… 県知事選挙で、地元候補の
森候補を落選させた後悔の念が残って然るべきだが、ヤリ手過ぎもあって、愛憎
半ばだった。 …元市長は実績が後押しをするものと思いきや… ヘドロ化した
歪みを県知事選では見抜けなかったのが森候補の敗因だった。今度は…その轍は
踏まない筈だが… 
 ――
   * コロナ禍は果たしてピークを過ぎたか?
 問題は、この冬越え。今度の御出ましのコロナ菌は如何なる性格を持つか。
10年前のリタイアで引籠り状態に、他の人たちが漏れ落ちてきた様な感覚!
これでリモート化がすすみ、日常が様変わり。第三の居場所を演出して商いを
してきた者にとっては、この2年は塗炭の苦しみだった。 これまで際モノで、
割切ってしまえば、居酒屋、スナックは温みが有って居心地が良いところ。
7〜8割は以前に戻っても2度と元には戻らない。何故なら、大型TVと、PCが、
進化し、ゲームなど遊びを代替させてくれるため! この2年で、世界が逆転
してしまった。淋しい人たちが、ネットを通して直接、繋がった!第3の空閑、
空間が飲食街から、手元のスマートフォンに移動したため。
 ――
   * 中国って、如何なってる…?
 中国・北朝鮮をみると、独裁国家の権力の蜜は甘くて、脳を狂わせるようだ。
密告制度を緻密にさせ、秘密警察を強化させ、公開処刑で恐怖心を植えつけ、
イヌコロに充分にエサを与えて取り締れば、烏合の衆は黙るものと北朝鮮が、
それを証明している。 …としても、‘永久・主席’とは、言語道断だが、
独裁制が、これを可能にする。独裁者は、その皇帝のような生活に酔いしれ、
挫折するのは良く解かる。遅かれ早かれ、クーデターで、その座を追われるが、
その引き延ばしは可能である。 <中国って、如何なってる…?>の答えは…
 <暴君の失政が分っているが、止められない! 何れの時代も同じ!>  

・・・・・・
7163,閑話小題 〜大統領選の討論を見て…
2020年10月24日(土)
    * 日本の平凡人の目線で見れば
 残念ながら、1回目の2人の候補の討論を見てないが、100〜200年後にも
残るアメリカ史上に残る醜態だったようだ! としても、トランプの最低の
ヒール役者にバイデンが引込まれた感が残ってしまった。低学歴白人の本音が
何とも痛ましい! プロレスの善玉、悪玉の争いの構図が、その役割を超えた
赤裸々な醜態を世界に向けて発信していた。民主主義、自由主義そのものが、
問われかねない事態である。歴代大統領も、これは拙いと震えているだろう。
いくら、ロシアの陰謀とはいえ… この4年間を核戦争もなく、何事もなく、
経過しただけでも良しとしなくては! 
  〜ネットニュースによると…
【(CNN)米大統領選に向けて22日に開かれた候補者による最後の討論会で、
 民主党候補のバイデン前副大統領が勝利したと評価する有権者は53%と、
共和党候補のトランプ大統領が勝利したと見る有権者(39%)を上回ったこと
がわかった。CNNの世論調査で判明した。】
 ―
▼ 選挙は水モノというが、トランプの4年間の行蔵が悪すぎ! 
 あと数日あるが、如何なることやら! 香港、台湾、南北朝鮮辺りが特に
危険になる。あとは、為替、株式、穀物相場の暴落! 

・・・・・・
4971,閑話小題 ー飛行機の座席にみる社会構造
2014年10月24日(金)
   * 人生を憎めば、人生は憎しみを返す
「あなたが人生を憎めば、人生は憎しみを返す」。
これを「人生を愛せば、人生はあなたを愛し返す」と言い直すことが出来る。
現在の私の状況は、まさに、この二つの間で揺れ動いていい筈だが、しかし・・
この状況を肯定することで何とか平静を保っている。不幸系の人は、まず憎しみ
を持った受止め方をする。何でマイナーな考えを持つか? よく観察すると、
育った環境が大きく左右している。 まず、親を憎むことが、そのまま自分の
人生を憎むことなる。「相方には、両親に愛され育った上に、運がある人かを
第一にして見分けなさい」という。幼児から20歳代までに、プラス・マイナス
の両極端の世界を垣間見てきた。やはり金持ち喧嘩せず。異性に惹かれるのは、
自分と違った要素を持つ人。しかし、それは短期間だけで、長い目で見れば、
その違いが性格の不一致になる。そこから憎しみが湧き出て、争いが子供に
大きく影響し、その結果、子供は両親を憎むことになる。90%の夫婦間が
実質破綻をしている?というが、子供はたまったものでない! そこで、
「されど、妻(夫)を愛す。人生を愛す!」が、人生を生抜く要諦になる。
   
   * 飛行機の座席に垣間見える社会構造
 飛行機は、集約された社会構造が、そのまま露出する場所。
見てみないふりしかない。飛行機の座席のランクには、一般的にファースト
クラス、ビジネスクラス、エコノミークラスがある。
  ーその料金体系といえばー  (欧州の場合)
・エコノミー: 12万〜50万(12万は格安、50万は割引の無い
        正規運賃で、サーチャージ込み)
・プレミアムエコノミー: 20万〜50万(本来はエコノミーの正規料金
             を支払っている人に対するサービス)
・ビジネスクラス:   36万〜90万(90万は割引の無い正規料金)
・ファーストクラス: 150万前後(割引料金は基本的にありません)
▼ 私のような格安パックツアーは、大型機の後部座席が主で、旅行代理店が
 年間契約で3万5千〜7万円の格安で仕入れ契約をする。だから少々、窮屈を
我慢をすれば格安旅行が可能になる。ちなみにホテルも、観光シーズンのピーク
を除けば、三分の一、五分の一の仕入れが可能。 だから、パックツアーに慣れ、
使いこなせば、結構、価値ある旅行が可能になっている。私は格安パックツアー
もあって、エコノミーだが、たまたま満席で、ビジネスクラスを5〜6回、
一度だけラッキーなことにファーストクラスに乗ったことがある。4分1の
確率で、窓側3人席に家内と2人になるが、ほぼビジネスと同じ環境?になる。
露骨な格差を目前で見せつけられても、そこは非日常世界、瞑想には最適時空。

・・・・・・
6797,読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か 〜5
2019年10月24日(木)          
           <僕が旅に出る理由  NIPPON DREM PROJECT>  
  【同月同日の文章を読み返してみて、当たりと外れ日がある。
   今日は当たり日!最後まで、ご覧あれ!】

   * 閉じこめられた社会からのトリップ
 ヨガや座禅の目的は瞑想! これは現実社会からトリップすること。
アルコールや薬物でなく… 沈思黙考で。 その他の手っ取り早い方法が、
「旅に出ること」。これは非日常でトリップ出来る味なもの。 人間は、文化、
文明をつくり上げる過程で、不公平、不自由、合理的だが、不快感な共同体を
つくり上げた。優劣の力のあるものにとって有利な代物だが、不快。
それが進化?するほど、ヘドロ化して、私達の脳に、重く圧し掛かっている。
 時どき、そこからトリップし、ガスを抜かないと、統合失調症に陥り、
『悪魔の代弁者』に相成り街を徘徊する。映画に出てくるゾンビは、それを
象徴した生きた屍。 もう一つの手軽にトリップ可能なのが、シネマ館。
そこは別世界に私達を誘う。他にも、読書、ネットサーフィンなど、周囲
には幾らでもある。そこでストレスを殺ぎ落とす。もっとも料理の香辛料と
して、これを幾つか抱えておく必要もある。(ストレスがないのも辛いもの)。
 歓喜も必要だが、絶望も人生には大きな役割がある。 当然、退屈も!
飽食の上での退屈なら、まだ良いが。抑え込まれた上の退屈に問題がある。
洗脳され、押しこまれた退屈、それも自覚できない人の、ストレスである。
ストレスが最たるのがイスラエル、とりわけエルサレム。30年前に行ったが、
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地で、世界中から観光客で満ちている。
 そこは、際どい緊張感が漂っていた。 この本で、その衝突に出会って
しまった経験が書かれていた。 文化と文明の境目のイスラエルという国。
 この旅行の全てが『瞑想』のような錯覚させられた濃厚な… 
余命、半年と宣言され、動転しているなら、是非、行かれたら!
殺伐とした砂漠の景色の先に、生の輝きを垣間見ることになる。
  ―
 〜30年前の社内報に書いていた文章が手元にあった〜
(生の体験そのままを書き残す意義とエネルギーを感じる内容である)
これでも、実感のほんの僅かしか書ききれてない。 再度言う… 
自分が主人公になるしかないインドとイスラエル、是非とも!
『 今さら遅い? 生きて煉獄の一端を味わえるのだからこそ行くべし。』 

≪ * 1999/0105 〜イスラエル聖なる旅〜 
 この旅行は、四千年の旧約・新約聖書に出てくる歴史と出会う旅であった。
四国の面積とほぼ同じ中に、数えきれないほどのドラマがあった。
現地の日本人ガイドのシャワ−のような説明が新鮮かつ面白く驚きと感激の連続。
その為か帰ってきて、新約・旧約聖書をじっくり読む事ができた事が最大の成果
となった。関連を含めると十冊を前後二ヶ月たらずで読んでしまった。
考えてみたら私の人生の転機の度に必ず聖書か聖書関連の本があった。
人生のもっと早い段階で、じっくり読むべきであった!。

旧約は先入観で固く難しそうであったが、読んでみれば何もむずかしくない、
ただただ面白い!内容であった。旧約はユダヤとユダヤ民族の歴史の書であった。

また新約は出会い=イエスの心との出会いの書と言ってよかった。
印象の強い順に列記してみると、

◉ まずは何といってもエレサレムである。イスラエルがそのまま凝縮されている
といってよい。四千年の昔から神の名と民族の誇りをかけ、数え切れない戦いの
舞台となった。そして現在も続いている。
この街を歩く事は世界の歴史の生き証人と出会い同行することかもしれない。
イエスが十字架を背負って歩いた悲しみの道=ヴィア・ドロロ−サ。
磔刑に処せられたゴルゴダの丘。最後の晩餐の部屋。イスラム教の重要な寺院
=岩のド−ムとアクサ寺院。 ユダヤ教徒にとって最も貴い嘆きの壁と広場、
そしてダビデの塔。旧市街を囲んでいる城壁は四千年の歴史の深さをそのまま
物語っている。
◉ 次はモ−ゼの十戒で有名なシナイ半島のシナイ山である。
 深夜の二時に三時間かけて登って山頂からのご来光とシナイ山の山並み。
そして、その麓にあるカタリ−ナ修道院と、神の声をきいたという“燃える柴”。
そして帰路にたちよったベトウィンの部落。そして、そこで飲んだ紅茶。
“マサダの要塞”=この旅行までは全く知らなかったが、キリストが死んだ
四十年余り後に、ロ−マ軍に追いつめられた熱心党員のユダヤ人九六七名が
たてこもった自然要塞。陥落の前日、そこの指揮者ベン・ヤイルの演説の後、
七名を除く九六〇人の集団自決のあった場所であった。
その時の詳しい内容が生き残った者の証言で残った
(ヨセフスの“ユダヤ戦記”に生々しく残っている)。
=「奴隷にされる前に...自由の状態におもむこうではないか。」
=自殺を厳禁しているユダヤ教徒の集団自決であるからその意味が違ってくる。

イエスの生まれたベツレヘムの岩のほら穴の馬小屋と岩の飼葉桶。
ユダヤ教エッセネ派の“死海写本”が発見されたクムラン洞穴。
一九四七年、近くを歩いていたベトウィンの少年が、洞穴で土器に入った
巻物を発見。壷に納められた六〇〇を越える巻物には、イザヤ書全巻や旧約聖書
等々記されていた。今世紀最大の発見といわれている。ここで他にとんでもない
事が記された文書があった。

―イエスキリストが主張された大すじが、そのずっと昔のこの文書の中にあった。

“イエスはエッセネ派の指導者の一人でしかなかったのでは?”という疑問が
でてきたのである。そうすると西欧キリスト教の根底が変わってしまう。
あと十年後に振り返った時、恐らく今回のイスラエル旅行は私の内的深奥で
一大転機の経験となるのではないだろうか。旅行は外界を訪れるだけでなく
内奥の自分との出会いの機会でもある。

【別記】
この旅行と旧約聖書を読んで今の日本に絶望的気分になった。
四千年間の他民族・他宗教と血と血で争う闘いが現在まで続いている。
六十年前には六〇〇万人ものユダヤ人がナチに殺されている。
現在も一歩間違うと今の国土より追放されかねない緊張感・危機感が全土にあった。

男子は三年、女子は二年の兵役があった。国中どこにいっても機関銃を持った兵隊。
一歩家の中に入ると機関銃が無造作においてあるという。といってその手の事件は
一切ないという。その銃の目的は敵に使うもの、国を守る為のものというのが
はっきりしているからである。今の日本の防衛に対する考え方甘さが対比すると
浮き彫りにされた旅行でもあった。 [1999.4.14〜4.24 -ryokou ]

・・・・・・
6433,死について考える 〜『樹海考』書評を読んで…
2018年10月24日(水)
 数年前に青木ヶ原の樹海を舞台にした日米映画をTVで見た。そういえばと、
HP内検索をすると、4年近く前に、書いていた。二本とも暗く地味だが、『死』
に直結するシリアスの内容だが、TVの興味を引くだけのレポートとは一線を
隔している。死を求めて彷徨う姿を通して、自分の死の問題を考えさせる。
 まず、アメリカ映画
《 樹海へ赴いたアメリカ人と、そこで遭遇した日本人との出会いを描いたもの。
 自殺の名所として知られる日本の青木ヶ原樹海を舞台に、マシュー・マコノヒー
&渡辺謙共演で描いたドラマ。 人生に絶望して自殺を決意したアーサーは、
富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を訪れる。磁石が狂い携帯電話も通じない森の
中で、出口を求めてさまよう日本人タクミと遭遇したアーサーは、怪我を負って
いるタクミを放っておけず一緒に出口を探すことに。過酷な状況に立たされる中、
アーサーは運命共同体となったタクミに次第に心を開く。やがてアーサーは、
自分が死を決意するきっかけとなったある出来事について語りはじめる。》
  
  一方、邦画の『樹海のふたり』は、
《 お笑いコンビ「インパルス」の板倉俊之、堤下敦を主演に、自殺志願者を
 取材したテレビディレクターたちの体験談をもとに、悩みや苦しみを抱き
ながらも生きていくことへの希望を見出していく人々の姿を描いたヒューマン
ドラマ。フリーの落ちこぼれテレビディレクターの竹内と阿部は、なんとしても
視聴率のとれる番組を作ろうと、富士山麓の樹海で自殺志願者を追う。
しかし、彼らの人生に触れるうちに良心の呵責を感じた2人は、自分たちの行動
に疑問を抱きはじめ、それぞれが抱えていた問題に向き合っていくことになる。》

 あまりにシリアス過ぎた記事で休刊に追込まれた『新潮45』10月号の書評に
<『樹海考』村田らむ著>があった。書評としても、なかなか的をついている。

≪・青木ヶ原樹海のイメージというと、多くの人は『自殺の名所』と答える。
 実際に樹海を擁する山梨県では自殺対策事業を続けており、自殺防止として、
ボランティア監視員を多数、配置している。私などは、人工的な都会生活に
疲れた人が樹海に死に来ると思っていた。死までが管理されている都会ではなく、
野生動物がそっと消えるように自分の意思で自然に還りたいと考えると…。
・これまで20年にわたり、100回以上樹海に入ったという著者自身も、樹海を
歩くと自然の大きさを感じ、自分が大事にしているモノ、仕事や家族や、
お金や、命などどうでも良いモノなんだと思えてくるという。大自然である
樹海を前にしたら、人間などひれ伏すしかないと。
・だが本書で著者はいきなり、樹海はコンパスがグルグル回って利かなくなる
人外魔境ではなく、洞窟やキャンプ、名物料理まで楽しめる観光地という。
自殺スポットとして脚光を浴びたのは自動車文化で気楽に樹海に訪れるように
なったためだが、それは外周部の話。その内部はディープの内容で満ちていた。
 風光明媚な観光地であり、同時に死と隣り合わせた異界でもある。美しさと
怖さの陰陽を兼ね備えた場所、それが青木ヶ原樹海だ。本書はガイドブックと
ノンフィクションを兼ね備えた‘樹海’のような一冊といえよう… 
・864年の貞観大噴火の溶岩が湖を埋めてできた樹海。たかが1200年しか
歴史がない。地面は溶岩のため、木々は値をはれず、成長すると倒れて
しまうため、生命の種類が少ないという。それが異界の不気味さを増す。≫

写真をみると、ヤクザの死体の捨て場という噂が、然もありなんと思わせる…
自然に還りたいという本能が、樹海で野垂れ死の願望になるのか

 ・・・・・・
7557,閑話小題 〜  …衆院選挙の街宣車のガナリ声が!
2021年10月24日(日)
   * これほど面白い選挙選は珍しい!
 全国的にも、地元5区でも…因縁が複雑に絡みあった面白い選挙選は珍しい! 
地元・5区は県内で顔なじみの元、前県知事と、元市長の御三方。常識的見ても
元市長の森候補だが、地元長岡は、どう転ぶか… 県知事選挙で、地元候補の
森候補を落選させた後悔の念が残って然るべきだが、ヤリ手過ぎもあって、愛憎
半ばだった。 …元市長は実績が後押しをするものと思いきや… ヘドロ化した
歪みを県知事選では見抜けなかったのが森候補の敗因だった。今度は…その轍は
踏まない筈だが… 
 ――
   * コロナ禍は果たしてピークを過ぎたか?
 問題は、この冬越え。今度の御出ましのコロナ菌は如何なる性格を持つか。
10年前のリタイアで引籠り状態に、他の人たちが漏れ落ちてきた様な感覚!
これでリモート化がすすみ、日常が様変わり。第三の居場所を演出して商いを
してきた者にとっては、この2年は塗炭の苦しみだった。 これまで際モノで、
割切ってしまえば、居酒屋、スナックは温みが有って居心地が良いところ。
7〜8割は以前に戻っても2度と元には戻らない。何故なら、大型TVと、PCが、
進化し、ゲームなど遊びを代替させてくれるため! この2年で、世界が逆転
してしまった。淋しい人たちが、ネットを通して直接、繋がった!第3の空閑、
空間が飲食街から、手元のスマートフォンに移動したため。


7888、変化の兆しが変化の兆しが

2022年10月23日(日)

   * 家も築後60年近くともなれば…
 鉄骨なれど、来春には60年近くになる。2年前には風呂場と、屋上の
防水ビニール・シーを改修したが、今度は台所である。その費用たるや年
金暮らしには厳しい。それでも生活シーンの大事な要素。とはいえ、こと生活
には非常に快適なるが故に、建て替えなど想像も及ばない、庭も現在のコスト
ならば4桁は優にかかる。家内と折半が基本にあるため何とか遣り繰り出来て
いるが…10万の家賃?の借家と割り切り、修理代を加算と、それはそれで快適。
家内が言うに物価高の加算! 何やら違った世界に突入してきたような!
本当に厳しくなるのは、これからだろう!
 ー
 ロシアが、本気で戦術・核弾頭ミサイルを撃つかの秒読み?に入ったか!
何やら、かなり厳しい自体に入りつつあるのがプーチン。破滅型指導者の典型
と思われる人物。何やら袋小路に追い込まれたロシア。キューバ危機以来の事態
というが、核使用も視野に入ったト見るべきだろう。

 ・・・・・・
7556,閑話小題 〜中国の政情が変… ァ歇,魯灰蹈焚劼6波が、はてまた?
2021年10月23日(土)
   * ただならぬ日々
◉ 中国のバブル崩壊が、いつ何時、起きるか固唾をのむ日々。次はコロナ禍・
6波が、はてまた?中国から発生する世界的不動産・株価の証券価格の崩壊か…
YouTubeは、主に恒大の破綻の可能性と、その影響を取上げた議論が多い。
 21世紀に入って、9・11テロ、地元・中越地区での二つの大地震、リーマン
ショック、東北大地震がたて続き、事業撤退をしたが… それは日々、驚きと、
苦悩は並大抵ではなかった。ここまで続くと諦めもがつく。一瞬の間の判断は、
意外と間違う判断は少ない。 2年近く前の、このコロナ禍の一連も、10年前と
酷似している。何やら恐ろしい事態である。

◉ 拡大路線で、不動産バブルを煽り、今では国家存続の危機さえ感じられる
一連の失政。 ロシアと組んで、パー?の不動産バブル王を大統領に選出させ、
世界が右往左往させて、米国大統領選挙のドサクサに、コロナ禍を利用して、
香港を奪取し、次は不動産バブルと、経済崩壊を利用して貧民国を隷属化する
戦術、戦略は、それは見事。あれだけ賑わっていた首都圏と、地方有力都市
の繁華街も、コロナ禍もあいまって今では閑散。多大投資をしてきた不動産・
ホテル業界など、この数年は世界各国が濁流に飲みこまれること必定。
戦争でも引き起こし、その責任を有耶無耶にするしかない。

・・・・・・
7162,読書日記 〜 内田樹の『生存戦略』 〜2
2020年10月23日(金)
              『内田樹の生存戦略』
    * 若い人の自殺について
 自殺に至るには、それなりの訳がある。とはいえ、せっかく与えられた人生、
勿体ないと感じ得ないと感じ得ない。 私の人生から得た実感は
<良いコト7割、悪いこと3割>。 受け取り方で、<良いこと1に、悪いこと9>
に変ってしまう。
 自殺は誰もが、人生の中で行き当る壁! 見渡すと、他者の顔色を覗い、
自分を押し殺し、年中、行選挙運動のように、自分を良く見せようと、駆け
回って… それも性格なら仕方がない! 若い人の自殺は、知識と、経験不足を
起因することが多い! 人間としてのベースの「言葉から他者の経験、知識を
受け止める知恵が不足しているためである。ここで、著者の内田樹の実感は、
的を得ている!

≪ 少し前、若い俳優さんが3人も自殺、他界された。(ご冥福をお祈りします)
 みんな有名な方らしく、私のように芸能界に疎い者でも、あの人たちが出演
されていたテレビドラマはみたことがある。何が原因なのかはよくわからない
ようだが、何であれ、自分で死を選ぶとはよくよくの事情があったのだろう。
有名無名にかかわらず、また自殺・他殺、事故にかかわらず、若い人の死を
聞くと、ほんとうに痛ましく感じる。
(「人生の重み」に長い短いもない、老い若いもないとはわかってはいても)

自分が年よりになるまでは、若い人の死を同情したり可哀そうとは思っても、
「痛ましい」という感覚まではなかった気がする。
それまでは家族のことを含め自分の生活と仕事に追われ、若い人の死を聞いても
感情を乱すのはそのことを聞いた一時のことだった。
「しょせん、他人ごと」(老いて「他人ごと」が「自分のこと」になったわけ
ではない)
たとえ悩み苦しみがわかっても、他人の苦悩を代わって背負うわけにはいかない。
他人は他人、自分は自分。冷厳な事実。

ずっと前に書いたことあるけれど、私は)若いころ、ひどく落ち込んでいたとき
ボゥーっとみていた『天才バカボン』、赤塚漫画の単純な絵(野原だった)に強く
惹きつけられたことがあった。何でもいい。そういうものがあったらあの人たちは
死を選ぶことがなかったと信じる。 ≫

 ―
▼ 明日にでも、末期ガンで余命宣言をされ、一挙に、地獄へ落され、直にでも、
死にたいと心換わりする可能性がある。それでも、それまでは、人生の何たるか!
地球の美しさを味わいたいもの。 生きてさえいれば、苦しみの何倍も楽しみ、
人生の味わいを必ず与えたもう! 絶望の先に、乗越えた壁が高いほど、多いほど、
その見返りに、喜びを重く、深く与えてくれる。 とにかく一日を生きろ!
生きていれば面白いから… 良いことは、その見返りに降り注ぐ! 

 これは、そう遠くない未来への… 私への言葉?
なる程、後期高齢の門前の妄い言葉? ですか。

・・・・・・
6796,読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か 〜4
2019年10月23日(水)
        <僕が旅に出る理由  NIPPON DREM PROJECT>   
   * 旅は流離い ですか
 18年半にわたって、この随想日記を書き続た御蔭で、退屈など有得ない状況。
そんな暇があったら、読書やネットサーフィンでネタ探しをしていた。左程、
毎日、書き続けるにはエネルギーをようするもの。しかし、些細なことでも、
それを物語化を続けると、何時の間にか、それが娯楽化してしまうから不思議。
直近にシネマ館で見た映画や、TVのドキュメント、同期会など、全てが物語の
ネタになっていく。習慣は第二の天性というが、貧弱な私の天性に、絶対必要
条件である。

 高齢者の貧困や孤独死が急増 ー認知症も5人に1人とは怖しい。これは
「令和リスク」としての大問題。 私の死期を75歳と公言してきたが、あと
1年と3ヶ月になったが、現状をみると、あと5年は大丈夫? 
 駅前や繁華街で、通りすがりりの人に、突然インタビューをする番組が
流行り。また駅構内や、飛行場の待合にピアノを設置して、自由に弾かせる
番組で、その人の人生を挟んだり… 「世界タクシー」のテーマで、運転手に
行先を任せて、何ゆえにドライバーに?とインタビューをするものも。
なかなか深堀の人生が滲み出る。その走りが『家についていっていいですか?』。
これは、何度も此処でとり上げてきた。人生80ゆう余年となれば様々なことが。
それをギュ〜ッと凝縮をしたのが非日常の最たる遊びの『旅行』。
それも大した分別のついてない若い時分の時に、味わっておくべきこと。 

 行き帰りの航路の機内で、行きは期待と不安、帰路は充実感で、様ざま考え、
行蔵の御宝としてパッケージ化する。これを重ねているうち、自分の人生が、
他の宇宙から地球に遊ぶにきた宇宙人のようなイメージが湧きあがってくる。 
人生を旅行に例えると、「地球上の80年限定パックツアー」。 なら、何を? 
大自然の絶景か、人類が数千にわたって創り上げた文明と文化。そして生命と
しての息ふき。喜怒哀楽、感激、感動を味わい尽くす魂の真髄を経験し尽くす
ことこそ、人生が充実したことに。 当然、絶望と、歓喜も必要。
『物語の主人公』に一番に手っ取り早くなれるのが『旅人』になること。
そこには「流離う」というイメージが出てくる。「流離い」… そこには
「自由」…それも「何々」からの「自由」よりも、ただボーッとした「自由」
が感じとれる。                   
                        〜つづく
・・・・・・
6432,閑話小題 〜安ければこそ!
2018年10月23日(火)
   * 眼鏡業界も様変わり
 去年の今時分に、iPadを購入して一年が経過する。7年前のは、ほぼ使う
こともなく居間の片隅にある。チラシに一代前のミニ・iPad(7・9インチ)
の中古品が出ていたので現物を見に行くと、セールステクニックで最新機種を
勧められ、買うところだったが、冷静に?当初の中古品を購入した。
PCの中古は?と思ったが、使ってみれば、これで充分。安さは多くを解決する。
 廉さといえば、眼鏡。地元の眼鏡店から、眼鏡スーパー、眼鏡市場、現在は
ジーンズと、格安店に移動している。 安い御蔭で、寝室TV前用、居間用、
パソコン用、外出用と、4つの眼鏡を、それぞれの場所に置いて、使い分けて
いる。 家内が‘ジーンズ’で度付きサングラスを2つ購入。値段の割には、
ファッショナブル。 そこで免許証書換の検査を機会に買うことに… 。
安さもあってか、ガラスも、柄体も薄いが、その軽さと値段に驚いた。
これまで7〜8万以上したものが、7〜8千と10分1の価格。で、これで充分に
満足できる… 。 眼鏡業界も様変わりをしていた。

   * プロ野球も日本シリーズへ
 セリーグが広島、パリーグがソフトバンクが日本シリーズ進出に決定。
終わってみればパリーグ?… 次に控えるストーブリーグが面白そう。
ドラフト会議が明後日に行われるが、何故かパリーグが圧倒的に籤運が強い
のは何故? 巨人の次期監督が三度目の原辰則というが、新鮮味が全くない。
球団トップに長期的展望が出来ないのなら、外部委託で決めるべき。
原監督は改善。 いま必要なのは思い切った改革! とすると球団社長が
落合? 監督が松井、桑田辺りで? 2人とも花があり過ぎ?
 いまの巨人じゃ、絶対に無理。ガチガチだもの。
それより、まず指名打者制の導入ですか! これも巨人で駄目?
 
・・・・・・
5700,「現代に求められる知性とは何か」
2016年10月23日(日)
                『知の読書術』佐藤優著  
   *「現代に求められる知性とは何か」
・・・・・・
4970,野心のすすめ
2014年10月23日(木)
   * 野心という山登り    〜「野心のすすめ」林真理子著
 創業の準備を含め45年間、その最後は、この様だったが何故か後悔はない。
野心があったからこそ出来た様々な成功と、挫折経験は何物にも変えがたい。 
自分の限界の壁が常に目の前に立ち上がっていて、何時も溜息をついていた。
 野心を持っていると、「棒ほど願えば針ほど叶う」になる。棒ほど願わなくて
は針ほども叶わないのである。創業の頃は、高度成長期の絶好の環境があった。
それに、条件づくりに父が陰で協力をしてくれたこともあった。
野心は志と似ている。自分では志と思っても、人から見れば野心というのだろう。
何かに志をたてると、それが高く、大きいほど、その差が見えてくる。
そして、途中で、頓挫させるような難関が次々と立上がってくる。しかし、今さら、
後は引けないという瀬戸際で、壁が崩れ、内在した力が沸々と湧き出てくる。 
 ー以下の内容が、野心を解りやすく要約している。  
≪ 野心を持って努力をし続けるのは、本を読むことにも似ています。
 本を読み始めると、自分はどれほど無知なんだろうとか、この分野を知らない
のはまずいなあとか、この先また別の本を読んでみたいなと思う。努力をする人
にはいろいろなページが開いてくるんです。反対に、本をまったく読まない人は、
何を読めばいいかわからないし、そもそも本の存在すら意識下に入ってこない。 
自分はこういう人生を送りたいという目標を決めたら、歯を食いしばってでも
頑張ってみることです。野心が山登りだとすると、少し登り始めると、頂上が
どんなに遠いかがわかってくる。少しクラッとするような場所まで来て、下を
覗いてみると、登山口の駐車場ではみんなが無邪気にキャッキャッ楽しそうに
群れている。でも、自分はぜったいその場所にはもう下りたくないと思う。
自分はこの先、あの高いところまで登れるのかという不安を常に抱えながら、
ズルズルと下に落ちたくないから常に手を抜けない。なぜ、わざわざ辛い思いを
してまで山登りを続けられるのでしょうか。それは、必死で登って来た場所から
見る景色があまりに美しく、素晴らしい眺めを自分の力で手に入れて味わう
満足感と幸福をすでに一度知ってしまったからです。そうなったら最後、
もっと美しい景色が見たい、もっと満足したい、もっと幸福を味わいたい、
と、さらに上へ上へと登りたくなる。 平地で遊んでいる人間には一生見えない
美しい景色、野心を持って努力をした人間だけが知る幸福はあります。
もちろん辛い試練だって待っているかもしれないけれど、野心という山を登ろう
とする心の持ちようで、人生は必ず大きく変わってくる。チャレンジしたから
こそ初めて手に入れることのできる、でっかい幸福が待っている。
人の一生は短いのです。挑戦し続ける人生への第一歩を踏み出して
くださる方が、増えることを祈ります。さあ、山に登ろう! ≫
▼「やってしまった後悔は、日ごと小さくなるが、やらなかったことの
 後悔は日ごと大きくなる」の彼女のモットーが、良い。三年前の経験で、
つくづく思ったことは、山の麓で遊んでいた人たちほど、攻撃してきたこと。
特に、城下町の体質が、人間関係にられ一生を棒にふった人の割合が多い。
それが、「他人の血で、自分の一生を棒にふったという傷口を洗おうとして
いる姿そのもの」に私には見えていた。しかし、実際に、人生の夕暮れ近くに
なって、それも有り!ということに気づいた。 山登りの景色も、麓の景色も、
大して変わりはしない、ということ。しかし、麓でも何かにチャレンジして
ないと、麓の美しさ、面白さに気づかない。 ともあれ、何かに挑み、闘い、
変化する中で、人生は面白くなるようだ。せっかく、地球に知的生物として
80年を頂いたのだから! 有りがたく頂戴しないと!
・・・・・・
5335,島地勝彦の〜柴錬、今東光、開高、乗り移り人生相談〜 ー
2015年10月23日(金)
    ー結婚しなさい。いい相手を俺が紹介してあげようー
 私に今東光が乗移ったら、『サッサと転職をしろよ。次の職場で後悔する
状況に直ぐに陥るから、少しはマトモになるはずじゃ!』というだろうに!
 ≪ ◎ 質問: 信念や主張がなく、すぐ諦める自分がもどかしい
〈 私の悩みは「こだわり」がないことです。そのためか、人にただ流される
 生活をしているような気がします。仕事をするうえでも、周りの人が
「こうするべきだ!」と強く出してくると、「だったらそ札でいいんじゃない」
と迎合しがちで、会議などでもあまり意見はいいません。何かを強く主張を
して揉めるくらいなら、初めから諦めてしまうほうが面倒がなくていいと
思ってしまいます。人材開発・組織開発の仕事をしていますが、この仕事は
すぐ結果が出るような類のものではなく、周囲とのコンフリクトが当然の
ようにあります。それだけに、信念やこだわりがなく、すぐ諦めてしまう
自分がもどかしいです。三十歳を超えて、このままだと仕事は中途半端な
ままで終わりそう、と不安です。(三十歳女性) 〉
  ◎ 答え=人生で最大の罪悪は退屈すること
・シマジ: うーん、難しいな。俺とは全く違うタイプだ。何が原因で自己主張
を諦めるようになったか分からないが、相談者は人生に退屈をしているんじゃ
ないか。主張しない、迎合する、すぐ諦める。これではノッペリした平板な毎日
で退屈で仕方がないだろう。俺は人生で最大の罪悪は退屈をすることだと思うよ。
何だっていい。何か一つのことに十年ものめり込めば、間違いなく自分の世界が
できる。確固とした価値観や美意識が形作られ、オリジナルの主張や、譲れない
一線としうものが生まれる。すぐに諦めることもなくなると思うがな。
・アソシエ: 趣味に打ち込んでみたら変わりますかね。
・シマジ: 実のところ、「たしなむ」レベルではあまり変わらない。結局のところ
「道楽」でもまだ足りず本当は道を極めるところまで行かないと世界は作れない。
つまり「極道」まで行く必要があるんだが一まあ、そこまで要求するのも酷だから、
まずは何か打ち込めそうなものを探してみてはどうかね。空手なんかどうだ。
・アソシエ: いきなり空手ですか。 (略)・・・
・シマジ: 経済力があって頼れるいい男を見つけて結婚すれぽ、相談者は
昔ながらの良妻賢母になり、幸福な結婚生活が送れると思う。何も仕事で成功
するばかりが人生の幸福でほない。自分の意見を強く主張し、周囲と競い合って
仕事で成果を上げるということが向いていない人もいるんだ。そういう人は無理
をして仕事場で「できる女」を目指さなくてもいいと思う。
というわけで、相談者には旦那さん候補としてこ人の男性を紹介しよう。
じつは、いい人がいたら紹介してくれと二人の男から頼まれているんだ。
いま、その男たちの写真を持ってくるよ。
・アソシエ: まっと待って。それは人生相談の範疇を超えているような気が。
・シマジイ: どうしてだね。人生相談というのは相談者の悩みに真剣に対峙
 するものだろう。少なくともシバレン先生、今東光大僧正、開高健文豪は、
相談者に胸襟を開き、自らこれと信じるということを真剣に語った。
人生に正解なんてありはしないんだ。だから人生相談にも正解やあるべき姿
なんてない。語るだけでなく、人助けの実践的サポートまでやる人生相談が
あってもいいじゃないか。俺は、この相談者の幸福は結婚にあると思っている。
そして、良妻賢母になることを確信している。相談者に結婚する気がないなら
無視してくれれぽいいだけだ。もし、その気があるなら、連絡してくれ。≫
▼ こういう人は、男にもいる。学生時代など20歳半ば頃までは、
 経験の絶対量が少なく、まず周囲と同化することに神経がいって当然。
女性なら家庭に入ることで逃避する道があるが、男は、そうはいかない。
人生に正解はないとしても、より良い道は自分でしか切り開けない。
で、知恵を絞り出すしかない。この後の二人の対話が面白いが、止めておく。


7887,閑話小題 〜7 周知の談合は、談合とはいわない1

2022年10月22日(土)

   
   * 今年のドラフト会議は ー2
 何やら例年とは違う成り行きで終わったトラフト会議であった。
紳士協定があったような、なかったっような。実質的支配権を持つ巨人が、
一番手の選手を一対一のクジで引き当て、目出度しめでたしで終了した。
何やら批判が出てきそうだが、出てこないところが日本的である。
ナベツネの意向もあったのだろう。

 あとは監督、コーチ陣と選手のトレードオフになるが、これも見もの。
松井、イチロウ、江川など、監督としての逸材が控えているが…日本のプロ
野球の背景が良くない。アメリカの二軍化は、仕方がないが、それでも年々、
日本のプロ野球は進化している隠れた存在だった。次は、システムの根本的
改革になる。

 今年も、漫画本から出てきたような、花形の大谷選手が輝いていたが…
これも、情報化が生み出したきらいがある。騒がれていた和製・ベーブルース
が期待されたほどでなく、大谷が、大化けをした。だから面白いのである。
最近、YouTubeで往年の大選手が、語り始めた。特に江川が面白い!
地頭が良いのである。地頭が良いとは、誠実さが、語り口から滲み出てくる。

   ・・・・・・
7555,閑話小題 〜中国の政情が変… ぅ蝓璽泪鵝Ε轡腑奪の10倍というと!
2021年10月22日(金)

 中国の政情が変だが、不動産バブルで断末魔が… これは日本の不動産価も連動する為、他山の石と高見の見学ではいられない。YouTubeで学者が言う
には<リーマン・ショックの10倍>とか。10年前に、事業整理をしたキッカケが
リーマンショックの金融危機のため、それを直撃したことも有り、この事態が
弱体化した日本経済への直撃は、想像しただけで末恐ろしくなる!
 ほんの数ヶ月前までの論評は、リーマンほどではなく一過性だろうと…。
あの10倍とは、想像を絶する事態。選挙選で、注意がいってないが、今月末
辺りから、世の中の空気が様変わりすることになる。 この1週間、YouTubeを
中心に、その実態を見ているが、習主席の言動は異常である。 今では、
<明日今日にも政情に何かが有っても不思議ではない。共産圏に投資するなど、
もっての外と! …まあ世界の政治は、何でも有り。

  * 【断末魔の中国】
≪ ◆ 世界の金融・株式市場震撼「恒大発」大恐慌 連鎖倒産すでに数百社、
     市場は「金欠」状態 中国政府は見捨てる方向へ
 中国の不動産業大手「中国恒大集団」の巨額債務返済危機。中国共産党は
不動産バブルの崩壊を巧みに避けてきたが、庶民の不満をそらすために恒大集団
などを見捨てる方向へかじを切ったとみられる。
 恒大集団の危機が表面化し、各地で取り付け騒ぎとなり一部で暴動となった。
危機が表面化した9月以降、世界の金融・株式市場を震撼(しんかん)させている。
 金融機関や社債保有の投資家に加え、下請け企業への未払い、資材メーカー
から工事請負業者まで、全体の経済的悪影響は計り知れない。連鎖倒産はすでに
数百社とされ、金融市場は「金欠」状態だ。
  ◆ 「毎日1社、大手不動産会社が潰れています」と中国経済通は語る。
 この危機に直面した中央銀行は資金を逐次投入し、金融市場を安定化させよう
とするが、こうした連鎖倒産回避策には限界がある。「打ち出の小づち」はない。
中国の金融危機は、リーマン・ショックの10倍程度の規模となることが予想され、
国際金融界は恐怖におののいている。≫
 ――
▼ こうなれば、権力維持のための戦争が考えられる。中国とアメリカの衝突が
 意外と早く生じる可能性がある。とすると、台湾、尖閣列島の海域が狙われる。
 脅しどころのミサイルの…ねらい何所は、柏崎沖か、東京湾沖あい。
 

・・・・・・・
7161,読書日記 〜 内田樹の『生存戦略』
2020年10月22日(木)
   * 「移民受け入れの是非」
 人口減が問題になりつつある現在、移民受け入れの問題が現実化しつつある。
鎖国を300年続けてきたこともあり、日本独特の清潔感と道徳観が、移民には
快適のようだが、日本人には、不潔感が、どうしても残ってしまう。
このコロナ禍で、日本国内は、室内のスリッパ履き、毎日の入浴、手洗いの
文化が、諸外国と比べて、けた違いに少ない! それらを犠牲にしても、経済面
からみても、彼らを受入れなければならないジレンマがある。
 あらゆる点で、日本の先行きに大きな境目になる問題を、このコロナ禍が、
時間短縮をして判断を迫っている。その側面からして、素晴らしい切口になる。

 〜解説から〜
< 月刊誌『GQ』に連載の人生相談、2012〜16年の5年分を一冊にまとめたもの。
「人のほめ方」「腹がたったときの対処法」「貸した金が返ってこない」といった
身の回りのことから、北朝鮮、安倍政権、日中・日韓関係、沖縄独立の是非などの
シビアな政治・国際問題まで、どんな相談にもうてば響くような回答がとびだす。>
 ―
  〜共感したのが「移民受け入れの是非」〜 なかなか、洞察力ある秀逸な内容!
【「僕は移民拡大には反対です。移民対策で成功した国は一つもないからです。」
 第2次大戦後に労働力不足を補うために、アルジェリアから移民を大量に受け
入れたフランス、トルコから受け入れたドイツ、全部失敗している。
なぜうまくいかないか。それは「安い労働力」としてしか移民をみていないから。
◉「移民の側の宗教や生活習慣に配慮する」気持ちがなく、「同胞として迎え入れる」
気がない。安く働いて、消費してくれて、用がすんだら自分の国に帰ってほしいと
思っている。「フランスの場合、人口6000万人のうち10%がイスラーム系の移民。
 移民が始まって2世代、半世紀が経ったけれど、彼らはいまだフランス社会に
溶け込んでいない。種族的・宗教的な分離はむしろ深まりつつある。」
◉「(政府は)移民問題の処理にエンドレスに桁違いの予算を投じなければなら
なくなっている。」これが2014年11月の回答です。 この2か月後の2015年1月7日、
パリの風刺週刊誌「シャルリー・エブド」が、アルジェリア系フランス人の
イスラム過激派に襲われた。「ISの扇動」だけでは片づけられない、社会の
最底辺にくぎ付けにされたイスラムの若者のテロだった。
ものごとを深く見ている人の洞察力には、驚嘆するしかありません。
「異邦人との共生は『成熟した市民』でなければ担うことのできない困難な仕事。」
「できないことはしない。これもまた市民的良識だと僕は思います。」 】

【 日本社会には現在、約60万人の永住韓国人・朝鮮人が生活している。
日本国籍を取得している朝鮮系日本人もあわせると、その数は100万人を超えると
みられている。それほど多くの朝鮮系の人々が日本で生活しながら、その大半は
通名で生活 ...。】
『「在日」という生き方 :  差異と平等のジレンマ』(朴一著は、日本人でもない、
韓国・朝鮮人でもない「異質」な存在として日本社会に生きる「在日コリアン」
の姿と生き方考え方を、個別の具体的な人生を通して描いた好著だ。】

 ――
▼ 移民受け入れ… 云々よりも、ネット社会が現実社会を覆ってしまった上に、
 ネット化が人種の壁を壊しつつある。そして、このコロナ禍である。
移民受け入れは、<在特会>のような、移民排斥の特殊な組織が根を張る可能性を
含むこと! それは自民党の生還保持に利用される可能性があり、これも問題!
 先日、YouTubeを見ていたら、白人女性がイスラム教女性二人に何やら喚いて、
被っていた衣服を外そうとして、近くにいた白人男性に、止められていた映像が
流れていた。元を糺せば、白人女性も移民でしかないのが、無知なるが故に自覚
出来ないのである。城下町長岡人の、それに同定できること! 

・・・・・・
6795,読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か 〜3
2019年10月22日(火)
           <僕が旅に出る理由  NIPPON DREM PROJECT>
   * 何かを求めて、探し続ければ退屈など滅相もなし
 新潟駅前の土地取引先の、老境というより死期に迫った老夫婦の御婆さんが、
最期に語ったことは! 『2人でいっぱい旅行をしてきた。もう人生に何を
求めるでなし。いつ死んでも悔いはない。』と… 辞世のような言葉を残して
亡くなっていった。そう、両親2人とも同じようなことを言っていた。
 結局、人生に残るのは、生活圏から逸脱した解放感!ということになる。 
その予行練習を、学生時代に一度、経験すべしということか… 

 私のライフワークの一つが『秘・異郷旅行』というより、『秘・異郷ツアー』
このテーマは、今まで数限りなく書いてきた。 老境真只中になる程に、この
ブログと、ツアーの蓄積は、大きな心の拠り所になっている。人生、退屈という
のは少なかった。20歳の頃、キリスト教倫理の教授に、夏休みの課題を与えられ、
考えあぐねた結果、出した結論が「両親の生き方の肯定」。
「私も父親の生き方を目指す」と…。 
 ぼんやりと人生を生きてきた、それまでの自分から、40〜50年スパンの人生設計
の土台つくりが、その時に決まった? 周囲の状況が全く変わって見えてきた。 
内向きだった性格が、外向きに変わっていった。25部屋のシェアハウスの共同の
私生活が、まずは赤裸々な人間の内面を曝け出す舞台そのもの。クラブも然り。
何より鮮明に見えてきたのが、授業内容の多彩さと、途轍もない金持の別荘群の
ある軽井沢の山荘のアルバイト。

 何よりも感じたのが、凡庸の己の器。そして、それぞれが背負った荷物の質量。
そして、脱クラブ、寮仲間との超越。そこに、山荘仲間からの自由な発想の感化。 

 安保闘争の真只中で、『何だ、世界は自由に満ちている。まずは、

小さく固まった行動範囲を広げること!』と。そして、欧州一周の旅に
繋がり、それをキッカケに武澤ゼミの一員になっていく。
 「退屈で凡庸だったのは、それまでの自分」という逆上せが、そこに生まれ52年
経過する。「退屈で卑小なのは、間違いなく自分!」 早々、自分の小さな器が
粉々に破壊されて、良かったと! あの悪魔の代弁者に固まるところ… 
 …正しく人生は旅である。 退屈なのは、自分の凝り固まった狭い視野のせい。
 
  達磨さん、ちょいとこっち向け、世の中は、月雪花に酒に女だ

・・・・・・
6431,閑話小題 〜アメリカ上院、下院総選挙 〜2
2018年10月22日(月)
   * 露骨な中間選挙用映画
 先週末のシネマは、『デス・ウィッシュ』。年金後の土曜日で、同年代の
人たちで40人はいただろうか。 〜内容といえば…
《 警察すら手に負えない無法地帯となったシカゴで救急患者を診る外科医
 カージー。ある日、彼の家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘はこん睡状態
になってしまう。警察の捜査は一向に進まず、怒りが頂点に達し、復讐の鬼と
なった医師は自ら銃を取り、犯人抹殺のために街へと繰り出す。》
「デス・ウィッシュ」とは<死を祈る、死の願い> 御前ら悪党よ、俺様
の手で死んでくれという意味。チャールズ・ブロンソン主演「狼よさらば」の
リメイク。白人の外科医が、ラテン系や、黒人のギャングを容赦なく殺して
いく姿は痛快だが、有色人種を虫けら扱い。助ける医師の立場から、ギャング
狩りの殺人に… 最後は、殺したギャングに罪を擦り付け目出度しめでたし。
現在のアメリカ(白人)第一主義を地でいった筋立て。世論は、痛快にギャング
を殺戮する処刑人に好意的。 … これって、中間選挙目当て?
 
 朝鮮半島情勢、今のところ安定しているが、ここだけは何が起きるか? 
これもアメリカの中間選挙次第。中間という意味は大統領選挙を挟んだ中間
という意味。4年に一度の本格的な議会総選挙。トランプといえば、その正体が
露呈しスキャンダルが連発。側近は、次から次へと辞任。国家自体の自己否定
とさえ思える大統領。 専門家の見立ても、世論も共和党に悲観的。 
< 予測専門サイトの一つが3つのモデルで選挙結果を予想、下院における
 多数党交代の確率は、9月下旬時点で70%台後半から80%。また、バージニア
大学政治センターが紹介する4人の専門家の予測モデルは、下院における民主党の
議席増を27〜44議席とはじき出す。多数党交代に必要なのは23議席の変動であり、
モデルどおりなら、共和党は「青い波」に屈する。共和党とすれば、想定以上の
苦戦だろう。「強い経済」と「トランプ大統領の熱狂的な支持者」という2つの
強靭な防波堤が、多数党の座を守ってくれるはずだった。だが今回の選挙では
これらの防波堤は十分に機能してないどころか、共和党の弱さとなっている
気配すら感じられる。> 
 しかし、そこはトランプ。起死回生の奇策を狙う可能性も。
ロシアのプーチン。トランプを大統領にした策略だけでも、その任を果たした。

・・・・・・
5334,島地勝彦の〜柴錬、今東光、開高、乗り移り人生相談〜 ー
2015年10月22日(木)
  元・プレーボーイ編集長の島地に、亡くなった三人がのり移った設定の人生
相談だから、面白くないわけがない。ランダムだが、面白そうな相談から紹介する。
   ー大企業で出世する男の見分け方を教えてくださいー
〈 私がつき合っている男性は慶応大学卒の28歳、某大手電機メーカー勤務です。
有名企業ですが、このご時世、サラリーマンの一寸先は闇。彼が出世競争を勝ち
抜ける人かどうかを知りたいのです。私も大手といわれる保険会社勤務ですが、
ずっと仕事を続けるつもりはありません。というか、専業主嫁になりたいです。
ただし、貧乏臭い節約生活は送りたくありません。銀座で気軽にショッピングを
したり、一流のレストランでランチができるくらいの余裕のある生活が希望です。
そのためには、旦那さまにかなりの稼ぎがないことには。かといって、ベンチャー
経営者なんていうのは、蟹産の危険と考中合わせで不安定だからイヤ。大企業で
出世する人がいいのです。そういう人の共通点って何でしょうか。どんなところ
で見分けられるでしょうか。こんな質問をしたら、コメントは欄では非難轟々
かもしれませんが、本音でお蜀きします。(27才女性) 〉
  ーお答えー
〈・シマジ:その慶応卒の彼氏とやらに会って、食事をしながら二時間も話せば、
出世するかどうかをぴったりいい当ててあげるよ。だが、一般論として出世
する男はこうだとはいい難いな。それこそ千差万別だ。だから、会わずに語る
のは無責任だな。無責任だが、これだけはいえる。この男が大企業の中での
競争を勝ち抜き出世するだけの知力と感性の持ち主なら、相談者を一生の伴侶
として選びはしない。すなわち、相談者を妻にするような男なら出世の見込みは
薄く、出世する男なら、いずれ相談者と別れるだろう。
・アソシエ:辛口ですね。
・シマジ:相談者の本音の質問を本音で答えたまでだよ。出世をする人間の
大事な条件の一つが人を見る眼力だ。大きな組織の中でこれぞという先輩や
上司を探り当て、その人に教えを請い、その人を尊敬して命がけでついていく。
あるいは営業マンなら、取引先のキーパーソソを見極め、そこにしっかりと
食い込み、人脈を広げていく。いずれにせよ、そうした人を見る眼力があれば、
女のたくらみも見通してしまうだろう。それにしても、相談者の考えは浅いな。
だってそうだろう。日本の大企業の中で課長に出世をする男には眼力が必要だ。
課長になり、部長になり、ついには役員になったとして、どれほどの生活が
できるというんだ。第一、子供はどうする。子供が二人もできたら、優雅に
お買物にラソチになんていっていられなくなる。しかも、教育に金がかかる。
こういう相談者だから、子供に有名幼稚園や小学校をお受験させるだろう。
そのうえで、有閑マダムよろしくブランド品のショッピングに精を出し、
高級レス.トランでランチ三昧なんてことをしようとしたら、数千万の可処分
所得が必要になる。ということは旦那は税込みで一億円近く稼がなくては
ならず、サラリーマンには到底無理な話だ。〉
▼ 以前、田圃や小川に生息する〈タガメ〉について書いた。蛙や、小魚に
 抱きつき、栄養分を死ぬまだで吸い取る昆虫で、日本の専業主婦に酷似
しているという分析の書籍を、ここで紹介した。 何か、誰かさんみたい?
   〜二年前に取り上げた内容を下にコピー〜

・・・・・・
5699,老老介護の現実
2016年10月22日(土)
  * 姉夫婦と従兄弟が老老介護の年齢に
 先日の通夜に東京から日帰りでやってきた従兄は、老老介護の真只中。
総武線沿線の葛飾と千葉市近郊に、姉夫婦が三組、父方の親戚が三組が住む。
そのうち姉夫婦の一組と、いとこの二組の連れ三人、4分の1が亡くなっている。
そして残る三組は老老介護の真最中。平均年齢が80歳代に入った老老介護は
日々是戦場状態。長寿が果たして幸せかどうかの問題につき当たる。それでも、
近くに親戚と子供たちが住んでいるのが幸い。連れ合いは、生きているだけ
でも老いの身には支えになる。末っ子のため、従兄弟も含めた自分の数歩先の
モデルの人生、山あり谷ありが垣間見える。 さほど多くない市内の従兄弟や、
義兄が、去年から今年にかけて3人も亡くなった。後は誰が先か後かの問題。
<死ぬまでは生きている、死んだ瞬間から無になるから、自分の死はない。>
と思えば気が楽。現実は、「先に逝ったもの勝ち!」「先に呆けたが勝ち!」
 ブログ内検索で『老老介護』を入れたところ、以下の文章があった。
  実にシリアスの内容である。
――
2011/09/14
閑話小題 〜老老介護
  * 老老介護
 先日、近くのチャンコ鍋チェーン店に久々に食事に行ったところ、
案内され小座敷の隣に80歳は超えている老夫婦の先客がいた。
少し妙な直感がしたが、別に気にはとめてなかった。しかし私たちが入店
した時には食事が終わっていたのに、私たちが帰る直前まで、そのまま御茶を
飲みながら周りの客の話を聞いている雰囲気が伝わってきた。それは別に問題
ないが、家内がセルフ・サービスのコーヒーを取りに行ったところ、帰りかけで
入り口にいた御婆さんが、家内に「足が痛くて歩けないんだけど、どうしたら
よいですか?」と話しかけてきたので、家内は戸惑い「私には、どうにもなら
ないんで、店の人に御願いしたらどうですか」と、少し冷たく答えたという。
連れもいるのに見知らずの人に訴えること自体が変で、明らかに痴呆症が半分
入っている風とか。私も腰痛を持っているので、その酷いときの辛さを痛感する
ので(痴呆が入ってなくとも)誰彼なく言いたいのも分かる・・・
長生きは有難いが、そこに精神的、肉体的苦痛の代償を自然は与える。老いた
だけ、無念が増す、ということか。 本気で「来年は存在ない」という思いで、
一日一日を生きる時節になってきた。あの人は誰かに愚痴を聞いて欲しかった?
のか。長生きはしたいが、老いたくない。この矛盾が老いの問題になってくる。 
――
2015/05/17
人生相談という気晴らし! 〜
             『人生、しょせん気晴らし』中島義道著
 さすがの個人主義の哲学者も、老老介護の相談には歯切れが悪い


7886,閑話小題 〜6

2022年10月21日(金)

   * 今年のドラフト会議は…
 あまり騒がれた花形選手も、いない地味なドラフト会議になった。
NOIは、巨人が二球団の抽選で引き当て、念願の選手を引き当てた。
これからは、秋のストーブリーグに関心が移っていく。燻っている隠れた
実力者を、何処が見つけ、トレードオフで体裁を整えるかである。
問題は、監督、コーチと…  投手になる。パンデ閑話小題 〜6

   * 今年のドラフト会議は…
 あまり騒がれた花形選手も、いない地味なドラフト会議になった。
NOIは、巨人が二球団の抽選で引き当て、念願の選手を引き当てた。
これからは、秋のストーブリーグに関心が移っていく。燻っている隠れた
実力者を、何処が見つけ、トレードオフで体裁を整えるかである。
問題は、監督、コーチと… 投手になる。パンデミック真っただ中で難いが! 
特に監督は、松井、イチロウ、江川、篠塚、など逸材がゴロゴロ居る。
 勝ち癖の染みついている経歴を持つ人物。
 ーー
   * ロシアの原爆は、何時はなたれるのか?
 本当に戦術核としても原爆は使用されるのか…見もの。何処が一番、失う
ものが多いのか、如何だろう? ロシア! アメリカか? プーチンも、ふり
上げた手前上、振り落としどころに右往左往している。実際のところ困って
いるのだろうが! 死なば諸共の精神でないと、テロ国家の首長は務まらない。

・・・・・・
7554,閑話小題 〜踏んだり蹴ったりの〜夜の飲食業界!’
2021年10月21日(木)

   * 夜の商売は、廃業の瀬戸際か…
 この総選挙… 保守派が50議席のマイナスで与野党が拮抗だと良い!
それにしても革新系の存在価値も少ない。あれだけの人材を抱え乍ら何だろう?
理想論を掲げバッシングするなら、じゃあ実権をもたせて、その理想論と
やらを実施させると、結果は、あの様で説得力はゼロである。小沢一郎も米国の
情報機関の策略でスキャンダルをはられて今では存在価値がゼロ。
自民党も、実権を持つと、アベノミクスやらのドンチャン騒ぎ。 その辺りは
他人事ではないが、アルコール漬けになると…本性が露わになる…
 
 で、この選挙の投票先の人物といえば、元市長になる。前、元県知事は、
5区には消去法からして、そぐわない。 県知事時代… 土着を舐めているのが、
ありあり。 地元長岡は長岡商業高校の地盤が強い。 いや、強すぎる。
コンプレックスの塊りの大方67%の長年、培われてきた歪みが、しっかりある。
それも私の主観だろうが、年一の「長商」同窓会の夜の人出と、エネルギーは
尋常ではない。TVを見ながらタブレットを見ていたら、各党の首長が政見放送が
聞えてきたが、何故かコミックとしか思えない内容。
 
 ・・・・・・
7160,閑話小題 〜さて、恐怖の大統領選挙前のオクトーバーでは
2020年10月21日(水)
   * あと2週間で米国大統領選挙が…
 4年に一度の恐怖の10月に入ったが…! 今のところ、ホワイトハウスの
集団感染とアラスカの大地震以外は、大した動きはない。衆人環視の中では遣り
辛い? ロシア、中国が何か仕掛けてくるはずだが… 有るとしたら米国内のテロ! 
高見の見物だが… これも興味本位でオーバーに予測するとフェイクニュースに
される。としても、この4年の所業は悪すぎ!
 欧州では、コロナ禍の第二波が猛威をふるいだしてきた。深刻だが、
予定どおりのためニュースにならないのが事態の深刻さを端的に現している。 
しかしコロナ禍が着々と拡大! 違う現象を含めると、20〜30年スパンの一連と
すると、生易しい事態ではない。 政治中枢の権力者は、ワクチン・ネタと、
東京オリンピック・ネタで、目先を誑かすしかない。
 ――
   * 3〜5年スパンの腰痛が始まった!
 この半年来、恒例の腰痛が始まった。3〜5年スパンの腰痛だが…季節変りの
要因だが、これが、なかなか治まらない。鈍重にシビレが加わり、一歩先を
進むに冷汗が出る。ジッとしていれば済むのため、リタイアの身もあり、それが
如何した!レベルの問題でしかない。 知人がSJで、階段を後向きに一歩ずつ
ソロッと下りていたのは、これか?と吾が身となって初めて気づくことに。 
 あと数ヶ月の後期高齢者の壁が一つずつ立ち現れている。なる程、この壁は
高くて、硬い! …「独居老人の不安は並大抵ではないのだろう」の言葉が
自然と浮かぶ。

・・・・・・
6794,読書日記 ー退屈なのは、世界か、自分か 〜2
2019年10月21日(月)
           <僕が旅に出る理由  NIPPON DREM PROJECT>
   * 旅の目的地は、新しい自分
      ;編者が100人の学生の旅行体験から感じたことは:

「旅の目的地は、いつも新しい自分なんだ」ということ。 52年前から此の方、
何時も、旅行先で、それまで背負った肩の荷を振り落としてきた。 旅先で、
新しい何かに出会い、こころと、魂を刺激され、今までの自分に向き合い、
新たな気持ちで歩み出してきた。 異なる世界で、感動し、そこから逆照射して
みる日本と自分。その背景は私が過ごしている日常世界。そこに戻っていく返り
旅の機内の中で、新たな視線で、自分を見つめ直す感覚。それは外国でなくても
可能だが、差異の感覚が大きいほど、それまでの自分と、その世界をクッキリと
浮びあわしてくれる。
 
 最初の欧州旅行の衝撃度の大きさは、その後の人生に大きい影響を与えた。
それを経験した100人が集い、11名が経験談を一冊の本にしている。
ここで… 『叩き壊された日本製の当り前』の実感が記されている。
知らなかった世界で出会ったのは、見知らぬ自分。そして新しい視点の私自身と、
ちっぽけな日常。 取分け面白いのが第一フライトと、帰路フライトの機内。
第一フライトは期待と不安で胸が裂けそうになり、帰路フライトは、満ち足りた
気持ちと安堵の感で… 還暦とは、良くいったもの。 ハイライトも過ぎて、
帰路に流れが変わり、「下り坂、最高!」の気持ちに切り替わる頃。

 数年前に亡くなった従兄。 20年位前の法事の席で、
『あなたの話の全てが現実的でない!』と、怒るように話しかけてきた。
500mの生活圏から、数年に一度、市外に出るか出ないか。日常世界が、現実と
しか思えないようだ。 読書習慣がないため、言語を通したイメージ世界を、
想像出来ない。一歩外に出る勇気を無くしてしまったようだ。その歪んだのが、
先日、映画評でテーマにした『ジョーカー』。 
 若い時節に経験した挫折感。茫然として、気力も何もかも失われ、ひたすら
暗い気持ちで時を過ごす。残っているのは、それでも、残っているのは、それ
まで経験してきた充実感と両親から貰った温み。

・・・・・・
4601, 読書という体験  ー3
2013年10月21日(月)
          「読書という体験」 岩波文庫編集部 (編集)
  * 読書欲のすすめ ――「本をものにする、これは快感だ!」齋藤孝著
 前回の藤原正彦の授業内容がアップダウン方式に対し、斎藤孝は、読む本を
受講者自らが選び、直接、受講生同士が、情報を交換させる方式。一長一短が
あるが、融合も可能。 読書の質量を増やすに非常に効果的である。ーその辺りー
《 私は今、「読書しない人間撲滅運動」を展開している。といっても、
 明大の教職課程の授業での話だが、これがなかなかいい線まで来ている。
読書をしないのは、受講生約四百人中残り五人ほどになってきた。この場合の
読書しない基準は、一週間何も読まなかったというケースだ。一週間ごとに
何冊読んだかをチェックする。週二、三冊読む者も30%を超えるほどになった。
やり方は簡単だ。一週間に読んだ本をコメント付きのリストにして書いてきて
もらい、それを持って教室内を自由に動き回り、学生同士で情報交換をして
もらう。これは効く。教師が本をすすめるだけでなく、学生同士の方がむしろ
刺激が強い場合もある。大いに本を読んでいる人間と出会って話を聞くと、
自然に読書欲がかき立てられる。おすすめ本の情報交換は読書のきっかけづくり
にはもってこいだ。「本を読む読まないは個人の自由だ」と言う学生がいる。
私は、「本を読まない人間には教師になる資格はない」と言い切ることにして
いる。本を読み、勉強し続け、知識を得る喜びを常に味わい続けている者からは、
知識に対する「あこがれ」の熱気が発散される。それが生徒たちの向学心に
火をつけるのだ。私自身が、そうした読書好きの先生たちから多くのいい影響
を受けてきた。授業のはじめに、そのとき読んでいる本の内容を楽しそうに
紹介する先生がいた。本を律疏むことがどれほど楽しいことであるかが、
その話しぶりや表情から伝わってきた。本は買って、線を引きながら読むもの。
本は自分のものにすることが大事。全部読み切れなくても気にすることはない。
途中で倒れても、読んだことにしてしまう。とりあえず読書の目安は文庫百冊。
並行的に何冊も読みすすめる。スポーツと同じ。量が大事だ。人から借りた本
は本気で読めない。本が自分のものにならないと身を入れて読むことができない。
本を自分のものにしてしまうのだ。読んでいるときには微妙な判断力を働かせ
ながら読んでいるものだ。...》
▼ 一週間に読んだ本の学生同士の情報交換方式は、素晴らしい。ネットで、
 この直の方法を兼用すれば、更に良い。その点、私たちの時代より、現在の
方が遥かに知的レベルが上がっているはず? 各自に読書日記専用のブログを
持たせ、イントラバックさせれば良いが、教室内で、手書きで、自由に、直接、
交換するところがミソ。知人のブログは読みやすい、のと同じ。一二年間、
このブログが続いているのは、久々に会う知人が、思いのほか親しげに、評論し、
励ましてくれる要素が大きい。読んだ感想を文章化する効用は非常に大きい。
それも同級生同士はライバル心がある為、本の選定から、読み方、受け止め方、
すべてが変わってくるはず。少ないブログの愛読者の中で、誰かブログを公開
して欲しいが。何とか千回、続ければ病みつきになる。 底の浅さの公開は
勇気がいるが、所詮は、こんなもの、と開き直ればよいだけ。

・・・・・・
6065,閑話小題 〜割合で理解する法則 〜1
2017年10月21日(土)

 法則ではないが、『世界がもし100人の村だったら』がヒットしたのは、
100という数字は、比率として、簡潔に世界の実態を示してくれる。

世界には63億人の人がいますが
もしそれを100人の村に縮めるとどうなるのでしょう。
100人のうち

52人が女性です
48人が男性です

30人が子どもで
70人が大人です
そのうち7人が
お年寄りです

90人が異性愛者で
10人が同性愛者です

70人が有色人種で
30人が白人です

61人がアジア人です
13人がアフリカ人
13人が南北アメリカ人
12人がヨーロッパ人
あとは南太平洋地域の人です


 ここで、まず思いつくのが、パレートの80:20の法則。 その20を更に、
20:80の4対96に絞り込む「96:4の法則」。「仕事の成果の8割は、費やした
時間全体の2割の時間で生み出している」で考えてみよう。成果の8割は費やした
時間全体の2割の時間で生み出しているかもしれないが、成果へのきっかけ
(コツや、的確なアドバイスなど)になったのは、その2割の時間のなかの
さらに2割。つまり全体を100としたときの4にすぎない。

   * パレートの法則(80対20の法則)
 簡単に言うと、全体の20%の要素が、大きく影響を与えているというもの。
•売り上げの8割は全顧客の2割が生み出している。
•離婚件数の80%を離婚経験者20%が占めている。
•蟻の群れのうち、真面目に働いているのが80%、働かないのが20%。
例えば、あるサービスを利用する「全体の上位20%が利益の8割を占めている」
ということになり、顧客全員の満足度を増やそうと努力するよりも、上位20%
の顧客満足度を上げるよう努力したほうが賢明であるということもできます。
▼ まず受験校に入る。で、20%に。そして早慶、国立一期校で4%が目安に。
 そして一流企業に入り、1%の仲間入り。 逆に下位はヤクザ者か犯罪者に。
義務教育最終年の人達も、この数字のとおりになっている。ノンフィクション
の読書に、これを適応すると、「目次、はじめに、終わりに、一章の冒頭と、
最終章の1ページと、図示・統計ページ」で、8割がた理解できる。

   * 10000時間の法則
 マルコム・グラドウェルが提唱した法則で、偉大な成功を収めた起業家や
世界的に有名なスポーツ選手など、何かの分野で天才と呼ばれるようになる
人達に共通しているのは、10,000時間というこれまでに打ち込んできた時間が
関係しているというもの。では今から新しいことに挑戦したとして、どれくらい
で天才や一流になれるのでしょう。 例えば、マジックをこれから始めて、1日
3時間練習するとしたら、約9年後には一流ということなります(あれ、意外と早い)
▼ この随想日記のエネルギー投入。 6050のバックナンバー×2〜3時間=
 12000〜18000時間になるが、一流など、ほど遠い。せいぜい、珍獣の戯言で
しかないのは、基礎工事が軟弱のため。珍獣でも‘獣は獣の考え方がある’程度。

 ・・・・・・
6430,閑話小題 〜アメリカ上院、下院総選挙 〜1
2018年10月21日(日)
   * アメリカ中間選挙
 アメリカ議会選挙、アメリカのみならず、世界にとっても重要な選挙。
ソ連時代のKJB上りのプーチン大統領の息のかかった泡沫候補が、その力を
借りて大統領になってしまい、泡沫ゆえの政治的素人が、アメリカ第一主義と
称して白人第一主義を打ち出し、露骨な貿易保護主義を世界に押付け始めた。
これがアメリカ白人の本音。 しかし移民の国アメリカの建国精神とはチト
違う。 本音は建て前を自己否定するもの。 それを表に押出すと、建前の
世界の警察が、実は強盗に他ならぬ本性を丸出しになる。この二年、トランプ
の政治手法を目の当りにしたアメリカ国民が、どう判断を下すのか、非常に
興味のある選挙になる。 いくら何でも〈トランプがそこそこ善戦〉は無い
と思うが… そこで、ネット検索で、改めて議会選挙の状況を検索してみると…

≪ アメリカの中間選挙は4年ごとの大統領選挙の中間の年に実施されます。
 ことしの中間選挙は11月6日に行われ、
・100ある上院の議席のうち35の議席、
・435議席ある下院のすべての議席、
・そして50の州のうち30の州で知事選が行われます。

☆ 中間選挙は、大統領の任期のちょうど中間に行われることから、大統領選挙
 からの2年間の実績や、大統領を支える与党の評価を問う「国民からの審判」
とも言える選挙です。中間選挙が終わると、次の大統領選挙の候補者選びに向けた
駆け引きが表面化することが多く、11月の中間選挙は2年後の2020年の大統領選挙
に向けた前哨戦とも位置づけられています。
☆ 議会上院は100議席のうち、現在、与党・共和党が51議席、野党・民主党は
 同じ会派に所属する無所属の議員2人を含めると49議席で、与党と野党の差は
2議席となっています。 今回の中間選挙では、このうちの35議席が改選され、
非改選の議席と合わせて過半数を確保した党が多数派となります。
☆ 一方、435議席すべてが改選される議会下院は、現在、共和党が236議席、
 民主党が193議席、空席が6議席。過半数は218議席のため、野党・民主党が
多数派となるためには、25議席以上の議席の上積みが必要となる。

中間選挙は歴史的に、政権与党に厳しい審判が下ることが多く、過去30年間に
行われた中間選挙の結果を平均すると、政権与党は上院で4議席、下院では
およそ22議席を失っています。

こうした中、共和党が上下両院のどちらかでも過半数を維持できなければ、
トランプ大統領は難しい政権運営を迫られます。そのうえ議会で、いわゆる
「ロシア疑惑」などをめぐってトランプ大統領の弾劾を目指す動きが勢いづく
ことも予想され、2年後の大統領選挙にも大きく影響することになります。

逆に、共和党が上下両院で過半数の議席を維持すれば、トランプ大統領は
「信任を得られた」として政権運営に大きな弾みがつくうえ、共和党内からの
支持もより取付けやすくなるため、安定した政権のかじ取りで、次の大統領
選挙での再選も視野に入ってきます。中間選挙の結果、与党・共和党が引き続き
上下両院の過半数を維持できるのか、それとも野党・民主党が両院のどちらかで
多数派を奪還し、政権与党と議会の多数派が「ねじれ」の状態となるのか。
トランプ大統領は、任期の折り返し地点でアメリカ国民からどのような審判を
受けるのかが焦点となります。

しかしトランプ大統領の人気は根強く、共和党支持者の間のトランプ大統領の
支持率はこの1か月の世論調査でも8割を超えています。この人気にあやかって、
不法移民対策や貿易問題でトランプ大統領と同じ主張をする「ミニトランプ」
ともいえる候補者も増えています。こうした状況に伝統的な保守派の間では、
共和党の「トランプ化」が進み、長年の伝統が失われるという懸念の声も
上がっています。 ≫

▼ 数日前にみた映画は、ブルース・ウィリアム『デス・ウィッシュ』。
 これが明らかに白人第一主義者のトランプを擁護するような露骨な内容。
流れからして、共和党の惨敗になるのだろうが… 黒人大統領の後に、
クリントンの女大統領選出を拒否したのは分からないでもないが…これでは? 
頭も尻尾も、その上にハラワタ(白人下層)も腐ってしまったアメリカ。
ロシアも、中国も、北朝鮮も、共和党惨敗を先読みしていたとしたら…
アメリカ保守層からしたら、頼りなさそうな民主党より、少々、頭が軽く
とも、頼りに有りそなトランプの選択も…  でも惨敗だろう!
                      ーつづく


7885,閑話小題 〜つれづれに ウクライナ戦争 −6

2022年10月20日(木)

   * ドローンの進化した変型もの
 ドローといえば、小型だが、それが、最大の大きさのものが、最近、
見られる。それも三分の一、十分の一、百分の一のものまで! そのため、
静かに滑空するのではなく、堂々と街中を通り抜ける。テロは、脅しを目的に
するが、これは彼らからしたらかっこうである。ロシアでは、新兵が弾よけに
される。それを知ってか、最近、ロシアからの脱出が続いているようである。
逃げ込んでくるのは仕方がないが、新しい住民が、独立運動をしかねないため、
招かざるを得ないお客の存在になる。プーチンは国内外で嫌悪の対象になって
しまった。
 ドローンといえば、最近は空中だけでなく… 戦車型ドローン…?
頑丈に出来ていて…簡単に爆破されない逸もの。 対峙した相手の戦車が、
張りぼてのように破壊されるが、特殊鉄鋼のためか、直撃をうけても、何とも
なく、次々と撃破していく。成るほど考えるものだ!
ドローンと言えども、殺人兵器! 音もたてずに、どこもなく飛来し、破壊し
軽量のため、分解が可能。細かく解体でき、現地で組み立てて、至近距離から
攻撃可能。敵方からすれば、恐ろしい。

・・・・・・
7553,閑話小題 〜中国の政情が変… -中国・国家戦略
2021年10月20日(水)

   * 孫子の兵法 ―鶴翼の構え
まず第1番目は… パンデミックから始まり、
2番目の不動産バブル崩壊。
3番めがウィグル族など他民族の隷属化。
極め付けが4番目の宇宙ミサイルの実戦配備? 

 最近は実践戦闘がほぼ無い中国の世界戦略…
他国からみれば、何とも強引で味わいが全く見当たらない。
今でも米国トランプの白人主義の後遺症が続く中で、狙い時かも。
 としても、これが計画的としたら悍ましい。モンゴル人が一時でもあれ
ユーラシア大陸を支配したけに、中国・一国支配も有りうること。 
 初めに取上げた戦略が果たして意図的だったか如何か…
近年…アメリカは中国に大きな隙を与え過ぎ。あれだけ広い国土をもてば、
それは卑しいのから鷹揚なのが居て当然。
 ――
   * さて衆院選挙が始まった…
 元市長、前県知事、元県知事と、地元5区には、面白い面子がそろった。
私の主観からいうと、消去法からして、何でまた、前、元県知事をおす理由が
全くない。駅前開発など、20,30年スパンの再開発で、固定化していた市内を
活性化した恩恵から考えると、やはり、元市長になる。 長岡市民には、
大きな歪みがある。あまり目立ち過ぎると、足を引っ張りたくなる性癖の
プライドがある。元武士階級とか、何代前は流れ者とか、淀んだヘドロのそれ! 
‘3・30・67%’の法則からいうと前市長は、67%層を甘くみた。プライドだけ
は高くて、濃度は薄い彼らの生態が解らなかったのである。5区の行く末より、
話題として面白ければよいだけの人々の生態が…である。 まあ、ここで
これで止めておこう。

・・・・・・
7159,閑話小題 〜 なる程、世間様を娑婆というが…
2020年10月20日(火)
   * 老い先が短くなると…
 老い先が段々と短くなると、過っての危機を今更ながら思いだす。連帯保証
の『受けハン』や、役員の就任など、私の無知、経験不足を狙われたことなど。
報酬次第と安請け合いをしたが、実は、お家騒動のイザコザの泥除け役。
社内の人たちを上手く使っていたが、それも限界となり、私に、その役割に…
引っ掛け、未遂を思いだす。連帯保証は数千万から一億規模だが、私にとっては
大金。恐ろしいのが、その事態の重さを当人が知ってか、知らずか! その前に
何度か、営業で、何度か誑かされた経験があり、それは上手く切抜けられていた。 
 さてと迷っているうちに、ある手練手管の経営者の知人に、その懸案を相談すると、
<自分も煽てられ、気楽に役員になったが、どんどん深みに嵌り酷い目に
あった。何時の間に、受け判や、保証人に引きこまれますよ!>と!
 そこで調べると、それはそれは… その人は亡くなってしまったが、
悪意はないが、その辺は手練手管!文章化した文案を手書きを持ってくるように、
要求すると、その都度、言葉を左右に、その場を離れようとする。
口約束で、その場を濁し、約束を履行しないのが常套と、元部下から教えて
貰った。
 
 誠実そうな人物だが、空口約束で惚けられた経験があったため、直に忠告に
危険性に気づいたが… 
資金を引出すには、骨董ネタか、手形の裏判か、役員に引入れ連判をとる
方法がある。…連帯保証ほど汚い手口はない。そういう場面は、何回か経験
しているが、幼児の頃から両親に、その手口を聞かされてきた。
酒を飲まされ、手練手管でノウと言えない設定をして巧妙に迫ってくる。
普段から、<家訓に、裏判や、共同経営の話に乗らないのが家訓>と、繰返し
話していても、その辺りをすりぬけ巧妙に迫ってくる。騙す気を二重三重に
オブラートを掛けてくる。現場から離れて、暫く経つと、それらの場面が、鮮明
に思いだされ、見えてくるのが、こういう経験! 何が悪いかといえば、それら
を熟知した金融! 

 人品卑しからぬ人が、似つかわしくない立場にいた。 本人曰く…
『某○○大学を出て出世コースにいたが、妻が社宅の知人に頼まれ、自分に内緒
で、連帯なら大したことがないと騙されて、気楽に連帯保証の受け判を押して
しまった! その為に、現在、汚れ役の、この仕事をする羽目になった。』
 よく、聞く話である。 親族の倒産劇で、直に弁護士が、債権者に私が名を
連ねているか否かを聞くという。難敵の私から落せと金融機関が迫るのが当然、
解るが…   次回は、手元にある『債権者の一覧表』について…
 『エッ、彼方のではありません! 2人とも故人です!』

 ・・・・・・
2019年10月20日(日)
6793,映画評 〜『ジョーカー』 −2
    * 人間の悪の原点とは
 重く、息苦しく感じるのは、人間の原罪を目の当たりにする内容だから。
誰もが内に秘める狂気が何かをキッカケに呆気なく爆発する。ヒットラーに
しろ、スターリンも、こういう狂気を秘めていた。多かれ少なかれ人間には、
傷があり、それが膿んで心を歪めている。 ジョーカーこと「アーサー」は、
心優しさが、実は自分を苦しめさせている。恐ろしいのは、このピエロの
殺人鬼に底辺の人たちが喝采の浴びせ、英雄視されること。人生を真面に生きる
ことは、「狂気」に生きることか? 一人の人間の中には、生命誕生以来の
経験が刻まれている。弱肉強食の結果、それぞれが特徴を生かした結果が、
現時点の自分が存在している。我々は、この小さな肉体の中に、知識という
情報を詰め込まれて、満ち溢れた欲望で窒息しそうに生きている。ある意味、
既に生まれ落ちた時から人生が決まっている。問題は母親。「親の顔が見て
みたい」…それである。

 その時、アーサーのジョーカーが、トランプ大統領に重ねってみえたのは、
これ如何に!

   〜ネットに、要所をついた評論があった〜
≪ ジョーカーは父親の暴力によって笑病を発症したと記載しましたが、
 この事実が明らかになるのは劇終盤。のちのジョーカーこと「アーサー」
は、年老いた母と二人暮らしをしています。
 この母は市議選に立候補した「トーマス・ウェイン」に過去、仕えていたこと
があり、ウェインから援助をしてもらいたいと、たびたび彼に手紙を送っています。
トーマス・ウェインは、のちのバットマンであるブルースの父です。
 中盤にさしかかり、母親がトーマスに宛てた手紙をアーサーは盗み見しました。
そこには、トーマスと母の間にできた子供がアーサーで、アーサーはトーマスの
息子であることが記載されており、アーサーは驚愕すると同時に激怒。
母を問い詰めて母からトーマスの息子である旨を聞き出します。
自分はトーマスの息子だと知ったアーサーは、トーマスのもとへ行きますが、
トーマスから「いかれ女がいう戯言である」「母親と関係を持ったことはない」
「お前はあの女の養子だ」と殴られ、追い返されてしまいました。

 トーマスから母親が精神病院に入院していたことを聞いたアーサーは、
トーマスが言っていたことが本当かどうか、病院で記録を確かめます。
その記録には、
・アーサーが母と血のつながりのない養子であること
・アーサーは母の恋人の暴力で頭部に損傷を受けたこと(これが原因で笑病に
 なったとは記載されていませんが、おそらくこれが原因)
・母がそれを全く止めなかった(ネグレクト)
・父は本当にトーマスではなかったなど…知りたくもない事実が記載されていた。

また、衝撃の事実が判明したころアーサーが付き合っていたと思っていた相手も、
アーサーが薬の副作用で幻覚を見ていただけで付き合っておらず、彼は独り
ぼっちであることを思い知らされる。仕事もリストラされ、信じていた母に
裏切られ、全てをなくしてしまったアーサーはジョーカーにならざるを得な
かったのかもしれません……。

 結局ジョーカーは再度つかまり、精神病棟にいれられてしまいます。
しかし、面談が終わり、部屋から出てきて廊下を歩くジョーカーの足跡は血に
染まっていました。このことから、ジョーカーは誰かを殺し、病棟から出よう
としている?のではないかと思わせる終わり方をしています。 ≫

 ―
▼ 暴発殺人から始まった異常殺戮の当人に感情移入に入っている自分に
 驚いてしまう。 〜ジョーカーとは。
1 しゃれや冗談をいつも言う人。道化者。
2 トランプで、道化師の絵などが描いてある番外の札。最高の切り札、または
 手元にない札の代用として使う。「ばばをひく」の「ばば」。
あたりの悪い「はは」を「ババ」とは、これ如何に? 人生には、どん底に
幾回か陥ることが… その時の、気分が、このジョーカーを貫いていた心地か。
 アーサーの「病気故に笑うことをコントロール出来ない」という症状。
笑いが止まらくなって狂い死ぬケースも。一気飲みをして泥酔した同僚が、笑い
だして、死ぬのではないかと…ゲラゲラと笑いが止まらなくて、本当に苦しそう
だった。最後は疲れて寝入ってしまって事なきをえた。 それまで付いていたも
全てが、その時に落ちた? 

・・・・・・
6064,閑話小題 〜負と、正のエネルギー
2017年10月20日(金)
  * 負のエネルギーと、正のエネルギー
 何処の社会にも、より「負のエネルギー」を背負った人と、「正のエネルギ―」
を背負った人が存在する。「負のエネルギー」を背負った人は、負に呼応して
近づいてくる。己の負を他の負にチューニングをする技術は高度? 人生一般に
恵まれなかったダークなればこそ…。逆に「正のエネルギー」の強い人が存在する。
 NHKTV「グローズアップ現代」で、3人の高校野球のスラッガーを特集していた。
彼らに見てとれたのが、強力な「正のエネルギー」。〜NHKのブログによると…
【・清原和博の大会最多本塁打記録を塗り替えた広陵高校の中村奨成選手。
・甲子園出場は逃したものの、高校通算最多とされる本塁打数を更新した
 早稲田実業の清宮幸太郎選手と、
・通算65号で清原の記録を超えた履正社・安田尚憲内野手。
3人の超高校級スラッガーたちに見えてきたのは、親がかりの、たぐいまれなる
素質と努力がある。現代高校野球の劇的な「進化」。他に、両親や監督
の連携もあるが、「正のエネルギー」に満ちている。】
 素直で、前向きで、明るく、健康的な心身。「正のアドバンテージ」がベース
にある。 (幸福優位7つの法則ショーン・エイカー著)によると、
【 ハーバード大の優秀な一群への調査で、「ハピネス・アドバンテージ
(幸福優位性)は、「成功が幸せの周りを回るのであって、幸せの周りを成功が
回るのではないことを示すという「ロサダライン」の法則がある。
<心理学者であり、ビジネスコンサルタントであるマルシャル・ロサダが発見した
重要な数字。「2・90対1」。「メンバー間のポジティブな相互作用とネガティブ
な相互作用の比率」が最低でも「約3対1」の割合が必要。このライン以下だと、
チームの仕事ぶりは一気に落ち込む。調査では「6対1」が理想。ポジティブな
フィードバックとやり取りが、職場の生産性を上げ、業績を上げてくれる。】

▼ この生活習慣や行動パターンが、豊かな人生への道になる。通ってるジムで、
 3月に一度は不快な事象で休みたくなる。 その時、内語で「少なくとも3倍は
プラス要素があるはず」と思い考えると、全く、その通り。何か判断を迫られ
たとき、この「3対1の法則」を当てはめると良い。とにかく、決断は先延ばし
にしたくなるが、後になるほど、数倍のエネルギーを要する。
 動物は狩るもの、狩られるものの両面がある。前者は失敗しても、次の機会が
あるが、後者は、そこで終わる。だから負の最悪事態にとらわれる。しかし、
何事も、より正のエネルギーを増やそうとすれば、より多くの負の危険を乗越え
なければ。 歪んだ老人や病的後ろ向きの人の歪んだヘドロのような視線。
その人自身と先祖が積重ねてきた「負の遺産」そのもの。 老いるにつれ、
この負の遺産である毒が溜まってくる。 このドブ掃除には、知らないこと、
面白そうなこと、好きなことをみつけ、自分に注ぎ込み続ける必要がある。
老いるとは無念だが避けて通れない独り道。だが宵の独り宴会?も、工夫で、
楽しくなるもの。 今の私は、スケジュールの御蔭で何とか、「6対1」を維持。
時々、3月に一度は大揺れ? になるが、せいぜい全治3日間。 この程度は、
平凡な日々のストレスに、丁度良い按配。
 〜追い書き〜
これも偶然だが、面白いことに、文脈として去年の文章に丁度よく続く。
かくいう私も愚痴をつぶやく哀れな老人。
 
<恋はやさしい 野辺の花よ>から、<老いは悲し 野辺の愚痴よ>ですか。
――――
5697,閑話小題 〜愚痴言う老人
2016年10月20日(木)
  
   * 愚痴言う老人
 とある法事に出席する度に、いつも聞こえてくるのが、✖の愚痴と小言。
 不快だったこともあり、その幾つかを 記憶している。
・「後期高齢者の名前が気にくわない。」
 「免許証の返納も、私たちには嫌味としか聞こえない。」
   私も、あと4年になると解らないでもないが。
・「最近の若者はなってない。」 
 この言葉、数千年前のエジプトのピラミッドに書いてあった
 人類永遠のテーマの事実を知らないためか、平気で人前で言う。
 永遠のテーマといえば、旧約聖書の「カインとアベル」の、長男カインと
 父アダムとの親子対立。 最近、飲み会で、「長男と二世帯同居をしたが、
 これが大きな誤りだった。」と愚痴るから、「それ、旧約聖書にも出てくる、
 人類永遠のテーマで、タブーは元もと分かっていたこと。」と諭すと、
 「全く知らなかった!」と宣う。
・「昔は、本当に良かった。それにしても、生きづらい世の中だ。」
 この言葉は、老化状況をはかる物差の言葉、これを言いだしたら、
 認知症の初期?現象。
・今回の通夜では、「あの人、リタイアをして威張れなくなったので、
 その怒りを周囲にぶつけている。」これは、一線から退いた万人にいえる
 ため、誰も良い気持ちがしない。 特に私には?
そうこう、書きだしてみると、さほど酷い愚痴でもない? しかし70〜80歳を
超えた愚痴は、毒を含んで生なましく語るため、聞こえた人の心に黒く残る。
 読書習慣なしで、「世間話」に明け暮れしてきた人生がうかがえる。
もしかして、ここで書いてきた怒りの籠った内容、こんなものでない?
老化は日々進んでいく。 問題は、その自覚と対策。今さら遅いか?
つくづく老いて思うことは、長年かけた教養の程度。下は見えても、上から
視線は見えないから始末が悪い。「・・ったく」と思うことが、あまりに多い。
こうして他者を批判するのは、所詮は、内なる己を、自分の仮身を語っている
に過ぎない。 4年前に、「老いの鬱屈」についての書評があった。
故人の家の法事で、この人の愚痴を聞いたことや、多くの半ボケ老人を
目の当たりにして、以下の本を図書館で見つけて、テーマにしたようだ。


7884,閑話小題 〜三次世界大戦の可能性が!

2022年10月19日(水)

   * ウクライナ戦争で見えてくる武器性能は…
 寝室のTV前で、連日、YouTubeを見ていると、最近の戦闘場面がリアルで、
迫真度が高くなっている。これまではウクライナが一方的に、ロシアをたたく
画面が多かったが、しかし、その趨勢は変わらない。それにしても残酷である。

 軍用車の荷台に乗っているロシア兵をミサイルで撃ち込む。そして、彼らは
車と供にバラバラになり空中に飛び散る。それが数十台も… 最初は、気分が
悪くなったが、それも慣れ、何とも思わなくなる。ロシアは裁判の手続きをした後に、
その場で射殺する度々、ケースもある。
 
 ジェットへりや、飛行機も、撃たれても、電磁波が防御して、爆発しない。
そこで、二発撃つと、二発目が追撃をして叩き落とす。最近、出てきたのが、
狙撃兵による狙い撃ち。ライブ風で見ている分には? ナカナカの迫力。
空中を両軍のジェット機、ジェットへり入り乱れた空中戦も見応えがある。
NATO側の投稿が多いためか、一方的な虐殺に見えないでもないが! としても、
迫力がある。高性能TVの画面は、その本質まで見せるというが、ロシアは、その
点… 甘いようである。一つ間違えると、北海道が主戦場の可能性もあった!

・・・・・・
2020年10月19日(月)
閑話小題〜7552、〜何故か不思議な東京の感染者数
   * 米国、欧州のコロナ禍に本格的な第二波が…
      〜パリなど夜間外出禁止に、新型コロナ第2波のフランス〜
 出来っこない東京オリンピックに何故に拘る? 衆院を解散し、与党議員を
増やしたいためか? 欲望と、腐敗の政治の世界から這い上がってきた首相が
故に何をしでかすか… 何でも有り? 即効性あるワクチンなぞ、即席で配布
できないぐらいは、誰でも解っていること。パンデミックは、最悪の事態に
向って確実に拡大し続けている。地球規模の災害は既に起ってしまった。 
 腹を括って、逃げるが勝ち! 転でバラバラに逃げるかの境目。
以下のニュースは、何も今さら! 

【 フランスのマクロン大統領は14日、パリを含む地域圏とマルセイユや
 リヨンなど8つの大都市圏で17日午前0時から4週間、午後9時〜午前
6時までの外出を禁止すると発表しました。違反した場合、日本円にして
1万6000円の罰金が科されます。
 マクロン大統領は「ロックダウンはどうしても避けなければならない」と
述べ、感染拡大の抑止効果が見込める夜間外出禁止に踏み切ったと説明。
公共交通機関は運行していて許可証があれば通勤などは認められますが、
レストランなどは午後9時の閉店を迫られることになります。
「自由が制限されたロックダウンにならないだけ、まだ良かったのかも」
                          (パリ市民)
「営業にならないから店を閉めようと思っている。飲食店には大惨事だ」
                        (レストラン店長)
 フランスでは14日も一日の新規感染者が2万人を超えていて、
マクロン大統領は6週間程度続ける意向も示しています。
その前にスペインの首都マドリードで感染拡大抑制に向けたロックダウン
(都市封鎖)措置が数日中に再導入された。  】
 ―
▼ この春先、北イタリア、スランス、スペインでコロナ禍で、都市封鎖が
 実施され、その後に米国、日本に飛び火した、この流れはアジア・アフリカ
にも飛び火。日本でも11月の中旬にかけて、同じような非常事態宣言が起る
こと必定。島国で、比較的に安全と言われる、日本も、第二波で、感染拡大は
避けられない。景気は更に、落ち込むことに。問題は、何処かの国の??が、
戦争を仕掛ける心配がある。実に危ない! 中国陰謀説がまことしとやかに
流され勃発的に、何処かのホビット〈親指人形)がミサイルを撃ったことにし…  
 東京が200人前後。その百倍がパリのの感染者数というから… 衛生観念の
違いとはいえ、二桁とは、これ如何に?

・・・・・・
6792,映画評 〜『ジョーカー』
2019年10月19日(土)
   * 気持ち悪くて正視できなかったが、そこが面白い!
 バッドマンの悪役ジョーカーの由来を演じたドラマで、内容は暗い。
決して軽くない精神疾患を抱えも何とか生きてきた大道芸人だった男が、
ある時、爆発する。精神疾患?の映画といえば、明るく切ない内容
「フォレスト・ガンプ 一期一会」がある。長い人生の中で誰もが
精神的に傷つき、それを乗越えてきた。真面に生きるほど、それは深い。
身近に、その事例を多く見るが… 因縁が悪い方向に逆回転すると、
それは駄馬も駿馬に変わる。その時節は、早々に倒れて、時が過ぎ去るのを
待てばよいものを…  見ていて、何かしら、内なる暗いエネルギーが頭を
もたげてきそうな感覚になりげそうな。この映画の暗さに、途中で席を立ち
たくなったが、此処は踏ん張りどこと、堪えていたら、そこが狙い何処の
ようで、次々と、殺戮が始まって、狂った主人公の世界に引きづりこまれて
いった。成るほど、これは面白い!と、思わせてくれた。このピエロ殺人に
下層階級が、ジョーカーを英雄視し、喝さいするところが観客の一員として、
何とか慰めてくれる。 見ようかどうか迷った末に見たが、導入1時間は、
きついとしても、見るべき映画。もしかして『アカデミー賞』が貰えるかも? 
 それだけの力作を感じとれた。         評価は、90点。

   〜あらすじ〜
孤独で心の優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)は、母の「どんなときも
笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を心に刻みコメディアンを目指す。
ピエロのメイクをして大道芸を披露しながら母を助ける彼は、同じアパートの
住人ソフィーにひそかに思いを寄せていた。 そして、笑いのある人生は
素晴らしいと信じ、底辺からの脱出を試みる。

 ――
▼ 物語の力を感じさせる映画。社会の底辺で、母親の面倒を看る精神疾患の男。
 誰も、自分たちには注意を一切、むけてくれない孤立した人たちが群れるのが
大都会。そこで、一度、底辺に落込んだら… だからピエロ姿の殺人者に対して、
同調者が英雄に祭り上げる社会風刺そのものが味がある。 劇場から出てきた
中年女性同士の会話が、『さっぱり、理解できなかった』と。 遺跡巡りが
好きな人が、『家内が、こんな工事現場のような石組の何が良いの?』と
不思議そうに言うがごとし。 ここで、フッと浮んで来たのが、『悪魔の代弁者』。
そこで連想した言葉が、『悪魔の大便』。 そう、あの男どもが、そうか?
 いや、自分のことですか。これを、ある人物に的を絞ったテーマにしたら…
当人、一生の傷になる? 頭に浮かんだだけで、まずは20〜30人は軽く出てくる。
人生の30%は、影として、マイナスが歴然と存在している。それも絶対必要条件!

・・・・・・
6428,閑話小題 〜過去の同月同日と再会して
2018年10月19日(金)
   * 誰だろう、過去の不思議な自分は
 現在乗っている二代目の電動アシスト自転車。既に5年も乗っていたことに
驚いている。3月末から11月末まで8ヶ月間、雨が降らない限り、連日、一時間、
信濃川の二つの大橋を一周して帰ってくる。前の自転車は5年。これが5年になる
から、10年になる。前のは、5年でボロボロ。しかし現在のは、ブレーキ修理と、
パンクが一度。タイヤ交換の時期に来ているが、あと数年は持ちそうだ。
以前のは、小型の『マウンテンバイク』。現在のはクロスバイク。マウンテンと、
シティバイクがクロスした中間。シティバイクを、通称『ママチャリ』という
のに対し、『パパチャリ』という。道路で見かける本格的アマチュアが乗ってる
のが、『ロードバイク』。競技用のバイクが『トラックレーサー』という。
 ロードバイクに乗っていた男が、猛スピードで道路の真中を、電動アシストを
乗っていた男を怒鳴りつけたくなるのも分からないでもないが… 
自転車は、確かに危険な乗り物。その対策として、コースを土手と、バイパスの
側道を9割以上にして、原則7時までに限定。一度だけ、雨道で転倒した以外は、
ほぼない。自転車とはいえ、乗ってしまうと、危険に対するギアが切り替わる。
一つ間違えれば死の危険が伴う。だから、面白いのだが。
 毎朝、一テーマで、一文章を書上げ、過去の文章を書上げていると、
<何だろう、誰だろう。この過去の不思議な自分は?>と思うことしきり。
この文章も、書上げた後に、過去文を読返して、5年前の同日の内容を読んで、
急遽、変更して書いたテーマ。

・・・・・・
4599, 閑話小題 ー二代目・電動アシスト自転車
2013年10月19日(土)
   * 二代目・電動アシスト自転車
 ブレーキが前後とも壊れ、来春予定していた電動アシスト自転車を購入して
から、一ヶ月足らずになる。これまではマウンテンバイク(MTB)だったが、
今度ものはクロスバイク。値段は4年間で電動アシストの普及もあり、全体的
にみて3〜4割は値下がりをした。MTBはスポーツチェーン店の通販で買った
中国製。やはり故障続きであった。しかし、電動アシストの楽しさは十二分に
味わうことができ、既に1万キロは走った。冬期を除いた毎朝、一時間、年間
200日は乗るので、一回百円とすると、償却は済んだことになる。
実感としての価値は、300円〜500円はある。で、新しいクロスバイクは、
値段が二倍、一日200円になるが、価値は充分にある。雨の日にスリップして、
転倒したが、車さえ気をつけ注意をすれば、それほど危険でない。毎朝、
10キロ以上は乗って5日に一回の充電で済んでいる。クラッチを最大の重さ
にして、電力を使うパワーにして乗っているが、ロードレーサー並みの速さ。
少しオーバーに表現すると、地上を走る車輪付きのグライダーか、水上を走る
ミニエンジン付きヨットという感覚である。で、兼用して乗るつもりだったが、
一度MTBに乗ったが、もう乗る気がなくなり、昨日、知人に引取って貰った。
 
・・・・・・
5696,‘我慢内燃説’
2016年10月19日(水)
           <20歳からの人生の考え方ー外山滋比古著>
  * 我慢の善用活用、‘我慢内燃説’
 他の著書の中に、「キズをのり越える努力が、人を大きくする」がある。
<青森で朝市に寄ってリンゴを買った。私が、「キズのあるリンゴの方が甘いん
 ですよね」と言うと、おばあさんが「東京の人のようだけど、よく御存じで。
みんなに 嫌われているキズのついたリンゴ。傷をかばおうとして、力を出す
のであろう。無キズのリンゴよりうまくなる。キズのないリンゴがなまけて
いるわけではないが、少しいたんだ方が、おいしい。>
 人間も似ている。秀才は、傷なしの特上のリンゴ。天才は傷だらけだが、
特質の能力がある。このリンゴから例えると、よく理解が出来る。 
 ここで、「我慢の善用活用、‘我慢内燃説’」を述べる。 〜p-139
≪ 我慢を通せば、病気になるし、我慢をしないと無作法で反社会的になる。
どうしたら、悪玉我慢を善玉我慢に転化できるか考えどこ。長い間、考えた末、
ひとつの解決法を得た。 それを‘我慢内燃説’と勝手に命名した。
我慢のストレスは、ガソリンのようなもの。そのままで不用意に火を近づければ、
引火する恐れがある。我慢をガソリンとすると、そのまま発散すれば、その場限り
になる。じっと我慢すれば、内圧が高まって、ストレス化する。その内圧を燃焼
すれば、恐ろしいほどの力が生まれる。いつまでもストレスをためておくのは
愚かなこと。充分に高まったら、目的のため噴出させる。発噴とは、その内燃
を元に大きなことをうごかせる心的活動だと考えることが出来る。 ≫
▼ リンゴの自然治癒力と、我慢の善用活用、の作用は似ている。
 人生の節目時は、破壊から創造への変化への我慢時。それまでのプラス、
マイナスが、同時に覆い被さってくる『真実の時』。 その時、溜まった
エネルギーが新たな変化を生む。創造にはなくてはならない条件である。
既存の自分を一度、ゼロにして、新たな目標にむかう節目時である。
<順境には枝を、逆境には根を張れ!>という諺がある。リタイア時期を
過ぎても、枝にしがみついて人、例えば森元首相や、石原慎太郎のような人を
みるにつけ、人生の不条理を見る思いになる。人生も見切り万両である。
 でないと、人生にとっての「死に損ない」になる。

・・・・・・
4966,閑話小題 〜ある男の動揺
2014年10月19日(日)
   * 80までは生きれると思っていたけど!
 ある飲み会で一年ぶりに出会った男が出会いがしらに、
「最近、切腹をした。もう長生き出来そうもない。片足、いや両足を
棺おけに入った。80歳までは生きると思っていたけど!」と悲鳴。やり手?
だが、人の弱点を見ると見境なく攻撃をする性格で、三年半前の私の倒産劇
以来、三度の会で、続けて露骨な嫌味を言っていた。三度目の会で、目前の座席。
早速、私への攻撃が始まった。「俺は学が無いので、哲学などは分からないが〜」
と、薄笑い。その言葉には(その様は何だ)との皮肉が込められていた。
それまでの二度は、聞き流していたが、この言葉にはカチッときた。 
5年程前の話になるが、本人の趣味の茶器づくりが認められ、銀行のロビー
に飾られ本人が有頂天だった頃、その人と親しい知人から、「あの男、私生活も、
茶器づくりりも、仕事もスランプらしい」と聞いていた。たまたまポタリング
をしていると、車が停まり、当人が話しかけてきた。それが偶然、本人の会社前。
「まあ、お茶でも飲んでいけや!」と誘われるまま、事務所に行ったところ、
応接室に茶器が並んでいて、素人としてはナカナカの出来栄え。
「何でもよいから一つくれないか」というと、快諾。その数日後、自慢の豪邸?
に家内と行くことになった。その時の茶器の御礼に何かと考えた時思い出した
のが彼のスランプ。 初心者用に噛み砕いた哲学を説く池田昌子の
「14歳からの哲学ー考えるための教科書」を持っていった。それを逆手に
とって、皮肉を言ってきたのである。酒の勢いもあって「茶器は、作者の魂の
顕現そのもの。 あなたが茶器づくりなどでスランプというから、ヒントにと
本をあげたのだ!スランプ解消には『魂そのものが何か』が分からなくては
ならないはず・・ 『魂を叩き込むとは、自分の持っている全てを作品に
叩きつけることだろう。』」と、怒鳴りつけていた。 其処にいた、
ほかの何人かも、私の言葉に同調。その直後、幹事が会の予算が足りないと
当人に資金補助を頼みに来たところ、内ポケットの数万を私の前に投げつけた。
もし金に貧していたら深く傷ついただろうが・・ あまり経験出来ない面白い
遣り取り。それから一年ぶりの再会で、これ。 余命数ヶ月?に感じられた
深刻な様相だったが、それは恐ろしいだろう! 哲学の最大の問題は「死」。 
 余命を突然告げられ、まず考えるのが、 
☆死ぬとは、如何いうこと?
☆自分が本当に消え去るなど有得ない!
☆自分の生き様は、これで良かった? 等々、心は七転八倒。 
 最後の最後は当人の心奥の問題だが。 去年の5月の随想日記、
4429,ー「死ぬのが怖い」とはどういうことか?ー前野 隆司著の
「死の恐怖を克服する七つの登山道とは」を読めば、少し気が休まるだろうに。 
 こういう類は予習しておくしかない。他人事でないのが、この内なるブラック
スワンの死の問題。 先日、ある30人位のツアーでのデナーの席で、三年前に
旦那を亡くした還暦過ぎの女性と、70歳過ぎのアマチュアカメラマンと、家内と
同席をした時の話。 還暦過ぎの女性が旦那を見送った具体的話題をして、
本人もガン持ちと告白した。その女性が私に「変な話をして御免なさいね!」
というから、「別に全く問題はないです。この年齢になら言葉として表現するか、
しないかですよ」と、答えた。 70過ぎのカメラマンも奥さんを最近見送り、
自分も何時、再発するか分からない、と達観?した様子だったが、内面は
穏やかではなさそう。 即興になるが、「男は黙って、サッ、コロ、キエル」。 
そして誰も居なくなる。 死の問題、一に準備、二に準備!である。
こういう話は、語りだせばキリがない!

・・・・・・
4224, 閑話小題 ー地軸様 
2012年10月19日(金)
   * 地軸様
・・・・・・
6063,閑話小題 〜「真理とは何?」
2017年10月19日(木)
   * 「真理」? 所詮は「?理」だろうに
「真理とは、事実の中の真実と瞬時に思う言葉」という冗談とも思える言葉が
印象に残っている。 〜ネット検索によると
【真理とは、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤り
 なく認識されたことのあり方。真実とも。
真理は、現実や事実と異なり、妨害・障害としての虚偽・誤謬を対義語として
おり、露わさ、明らかさ、隠れなさに重点がある。そのものありのままであり、
あらわであり、その本質が覆われていない、という意義に関しては、哲学的には
本質主義や同一性とも関わりが深い。
西欧哲学において真理論は論理学や認識論においてとりわけ主題化される。
 真理論の歴史は、古代ギリシアに始まる。人間を尺度とする相対的なものの
見方に反論する形で、永遠性・普遍性を有する真理の概念が生まれた。
このような絶対性を内実とする真理概念は独断主義を生み、これに対する防衛・
反抗が懐疑主義を生んだ。 そのどちらにも陥らず、確実な知識の基礎付けを
求めて近代の認識論が始まり、その後、真理の担い手が思惟・観念・判断、命題、
「事物」等のいずれであるか、について議論がなされてきた。
・現代論理学では真理の担い手は命題であるとされ、真と偽を合わせて真理値
 という。
・論理学で、「Pは○か○でないかのいずれかである(○であり、かつ○でない、
 ということはない)」という形をした文は○の内容に関係なく正しいので、
 これは「形式的真理」と呼ばれ、思惟と思惟自身の一致と定義される。
・このような形式的な形相についてではなく、質料について真理が語られるとき
 は「実体的真理」という。
・判断について真理が語られるときを「認識論的真理」といい、
・存在について真理が語られるときを「存在論的真理」という。
現代の真理概念は様々な形で修正を受け、相対的な傾向を強めている。】

▼ ニーチェ『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである 』
 現象、事実、真実、真理と掘下げていっても、いずれも解釈だけでしかない。
とはいえ、事実、現象の世界だけにとどまれば、その世界だけの住人になり、
現象に右往左往するしかない。ステップをして右往左往する手もあるか?
哲学の命題の一つの「真理」なんぞ、ここで語り尽くせるものでない。 
 脳の奥から、< お前らのは、「珍理」だろうに! >の声。


7883,閑話小題 〜つれづれに −4

2022年10月18日(火)



   * 最近、何やら… 時代が変わり目に入ったようだ!
 円が149円を超えて、円安基調が良くない。輸出業には追い風だろうが…
やはり、台湾を巡る戦いの影響がある。近年のウクライナ戦争は、明日の日本と
重ねてみるのが妥当になる。地政学的に日本列島が存在しないと考え、…想定
すると、日本の立場が鮮明に見えてくる。イギリスに似ているが、ちっと違う。
真面目な気質と、太平洋の湿気が日本列島に吹き付ける。海の幸、山の幸の恵み
こそが第一の資源。そして、同質性がある。

 ロシアが自滅を始めたが、世界は、一日で変化する。この変化に対応するには、
日本列島を3〜5分割した州にして連邦化し、思い切った分権と、再統一にしな
ければなるまい。独裁者は、まず近隣を支配して、人民を奴隷化し、搾取を狙う。
日本など、その対象にされて然るべき国。従順で、独創性が少ないため、大勢に
従うしかない。どうも背景にある情報化が、時代を変えようとしている。
星の彼方から旅行に来て、そろそろ、逸れも終わりの時節に入ろうとしている。
面白かったが、もう一つ烈火が足りなかった? 烈火とは何か?捨身である。

・・・・・・
6063,閑話小題 〜「真理とは何?」
2017年10月19日(木)
   * 「真理」? 所詮は「?理」だろうに
「真理とは、事実の中の真実と瞬時に思う言葉」という冗談とも思える言葉が
印象に残っている。 〜ネット検索によると
【真理とは、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤り
 なく認識されたことのあり方。真実とも。
真理は、現実や事実と異なり、妨害・障害としての虚偽・誤謬を対義語として
おり、露わさ、明らかさ、隠れなさに重点がある。そのものありのままであり、
あらわであり、その本質が覆われていない、という意義に関しては、哲学的には
本質主義や同一性とも関わりが深い。
西欧哲学において真理論は論理学や認識論においてとりわけ主題化される。
 真理論の歴史は、古代ギリシアに始まる。人間を尺度とする相対的なものの
見方に反論する形で、永遠性・普遍性を有する真理の概念が生まれた。
このような絶対性を内実とする真理概念は独断主義を生み、これに対する防衛・
反抗が懐疑主義を生んだ。 そのどちらにも陥らず、確実な知識の基礎付けを
求めて近代の認識論が始まり、その後、真理の担い手が思惟・観念・判断、命題、
「事物」等のいずれであるか、について議論がなされてきた。
・現代論理学では真理の担い手は命題であるとされ、真と偽を合わせて真理値
 という。
・論理学で、「Pは○か○でないかのいずれかである(○であり、かつ○でない、
 ということはない)」という形をした文は○の内容に関係なく正しいので、
 これは「形式的真理」と呼ばれ、思惟と思惟自身の一致と定義される。
・このような形式的な形相についてではなく、質料について真理が語られるとき
 は「実体的真理」という。
・判断について真理が語られるときを「認識論的真理」といい、
・存在について真理が語られるときを「存在論的真理」という。
現代の真理概念は様々な形で修正を受け、相対的な傾向を強めている。】

▼ ニーチェ『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである 』
 現象、事実、真実、真理と掘下げていっても、いずれも解釈だけでしかない。
とはいえ、事実、現象の世界だけにとどまれば、その世界だけの住人になり、
現象に右往左往するしかない。ステップをして右往左往する手もあるか?
哲学の命題の一つの「真理」なんぞ、ここで語り尽くせるものでない。 
 脳の奥から、< お前らのは、「珍理」だろうに! >の声。


7882,閑話 小題ー自由について 〜3

2022年10月17日(月)

   * 自由からの逃亡
 人間は自由になるほどに、孤独になやまされる生きもの。
独裁者は、その辺りを熟知して、軽蔑しつつ、心の闇をつく。
ヒットラーは、単純な言葉の繰り返しで、思考能力を削いでしまう。
一時期、日本では小泉元首相が多用していたが… 

 ハイル・ヒットラーを右手で上げて同一動作を集団でさせて熱狂させる。
思考したくない3分の2の人たちに、仲間意識を共有化させるのが、目的。
羊の管理を、管理人の言葉と、犬ころで枠組み合わせて誘い込む。
一度慣らせば、あとは犬だけでコントロールが可能に… 城下町社会と
その手法はかわりない。駅前に、床屋、自転車屋があり、駅前食堂がある
のと同じ構造である。その平凡の繰り返しで生涯を終えようが、無事に生涯
を終えるのが望み。頼まれもしないのに、ひたすら互い監視して、その枠組を
守ろうとする。それが数十年、数百年も続いているのに何ら周辺の身分構造
に縛られて汲々としているだけ。3/30/67%の社会構造の下位層の意識。
下位ほど、その差別が強くなる。そこは意識が高い、低いはない。
小狐がウロウロし、卑近な噂を語り合う世界でしかない。それこそが己の
不自由をつくる。 何でもないことを、何でしょうかね〜!

・・・・・・
7550,閑話小題 〜中国の政情が変… ?  ―
2021年10月17日(日)

  * 中国というより習国家主席が変である
 二代、10年の国家主席を禁止している法律を変更して、永久主席制度を
自らつくり上げて、権力維持を画策している習主席。このパンデミックを
逆手に利用する姿は、何ともあさましい。 中国版、バブルを容認した
張り子のトラも、その正体は白日に曝されようとしている。これは、そのまま、
日本国内だけでなく、世界中の経済破綻、恐慌に繋がる可能性がある。
この世界動乱を先読みしてか、国内では総選挙に入った。動乱には保守系が
絶対有利になる。中国も、台湾、尖閣列島問題がクローズアップされ、
世界の視線をアヤフヤにする動きを始めた。

≪  ☆ 中国の現状は「かなりの危険水準」
◉  不動産大手・中国恒大集団が経営危機に陥っており、同社の破綻と
 中国版リーマン・ショックへの警戒感から、世界的な同時株安も発生した。
中国はこれまで著しい経済成長を実現してきたが、不動産価格は経済成長を
さらに上回るペースで上昇を続けてきた。 同社は積極姿勢が裏目に出て過剰
債務状態に陥っており、資金繰りが厳しくなっている。本社には理財商品
(中国の金融商品)の償還を求める投資家が押し掛けるなど混乱が生じている。
中国の不動産バブルは80年代に発生した日本のバブル経済とよく似ている。
好景気と株高を背景に、不動産向け融資が拡大し、賃料に見合わない水準まで
価格が上昇した。日本のバブル崩壊の引き金を引いたのは、土地の総量規制など
政府による引き締め策だが、実は中国当局もこれに近い政策を実施している。
 ―
◉ 習近平政権は8月に行われた共産党の中央財経委員会において「共同富裕」の
方針を示し、大企業や富裕層に対して富の再配分を強く要請した。
最終的には不動産税や相続税の導入を検討しているとされ、意図的に不動産取引
を抑制しようとの意図が感じられる。恒大集団の経営危機説も、当局が同社の
物件を抵当の対象から除外するという噂がきっかけだった。 ≫
 
 ――
▼ 日本は30年前に、バブルとバブル崩壊で、経済規模をスリムにしてある。
 その変り目の激しさは、島国なればこそ。これに加えて21世紀から大掛りに
始まった地震などの天変地異、リーマンショック、世界的テロが加わり、動乱に
入ってしまった。それに、このパンデミック! そして、中国の動乱が加わる。
                           〜続く
・・・・・・
7156,閑話小題 〜 世界中の仕事が、創業的立場に!
2020年10月17日(土)
    * マイナス思考から何も生まれないというが…
 世界中が凍りついている様相。パリでも、コロナ禍の影響で、今日から
夜間の営業時間の自粛が始まる。 観光地は秋のレジャーに向けて、壊滅的
打撃になる。 フランス、イタリア、スペインは、日本の数ヶ月後の姿。
何やら怪しげな空気が漂ってきた。 日本も、世界も、このパンデミックは、
創業的出直しに立たされた。タクシーの‘買い物代行’とか、コンビニの宅配、
<Go To○○> 何でも有りに… 『タラ、レバ』など言っていられない事態! 
居酒屋も弁当宅配の時代。 何ともいかん! 一年前と、コロナ禍の現在は、
隔世の感がある。良き時代は終わったというのも、御隠居の立場故に言える話!
地元の『新潟交通』が「客数が4割減少! 値上げを申請!」というニュース。
これも公共なるが故に、いえること! 
 
 再度、5万円の給付が…のフェイクニュースが流れたが、フェイク…?
10万円の緊急の配布で、何とか社会不安が起きてないが、これも、次の大波で
悲惨な結果に…。 これまでは、表立ってない、失業問題も、年末にかけての、
二波、三波の大津波で、一挙に表立ってくる。今までは、飲食、サービス業が
受皿になっていたのに、ここが、壊滅なら、如何ともしがたい。
 小規模事業者も、家族、資金問題から全てを捨て逃げ出す訳にもいかない。
特に柏崎・刈羽原発で潤ってきた地元・長岡は二重苦、三重苦で悲惨である。

 ――――
2667, 結論で読む人生論 ー3
2008年07月24日(木)
 今東光の毒舌が、この本に次から次へと出てくる。今度、図書館に行って
この本を借りてくるつもりだが、これを読んでおけば充分? とにかく、面白い。
何で面白いか? 悩みなど言っていられるのは可愛いいだけ。自分を、くそ坊主
と割り切れば、「所詮は悩みなど欲と嘘の織り成す妄想」と割り切って、好き放題
いえる。自分を、くそ坊主と自覚できるかどうかが分かれ目になるが。
  −ー
≪ 「眠れないんだったら、眠らなけりゃあいいじゃねえか」
 「別のブスを探しな、おめえの顔に合ったよ」
「手のつけられねえほど愚鈍であるよ、てめえという男は!」
「てめえがみじめそのものなんだよ」
「生意気なこと言いやがって。親のスネ齧りのくせして、チンポだけ発達してやがる」
「バーカ。そんなこと、医者に聞けばいいじゃねえか。オレがわかるわけねえだろう」
「ぶっ殺してやりたいよ」
「何とぼけてんだよ、こん畜生は!? 何のために兄貴に生まれたんだ!?」
「けったくそ悪いガキだぜ、てめえも」
「バカか、てめえは」「張り倒すぞ、この野郎!」
「人生で一番大事なものは、あくまでも正直であり、誠実であり愛情であるんだ」
「愛のないような人間は人間のクズでな」「ひとりの女を不幸にするよりは、
 てめえが不幸になる方がいい」。

極めつけは、これ。
「おめえは一人のいい女を見つけたら、それにひれ伏すような謙虚な気持ちに
 なれ!そこから出発するんだ。恋だの愛だの言う前に、まず己を空しゅうして、
 謙虚になってひれ伏す。愛する人の前にひれ伏すという気持ちにならなければ、
 女を愛することもできないし、女にも愛されない」。 
「自分(人間)はどうして生きなければならないのだろうか?」の21歳学生の質問。
・利いた風なことをいう者には東光は容赦ない。
「バカとちがうか、こん畜生は? 生きているのに“生きる義務”もねえもんだ。 
 いやならとっとと死にゃあいいだろう。そんなこっていっぱし物を考えていると
 思ってるのはバカだよ。生きるのは何も義務でもないし、運命でもない。
 オレたちは命のあるだけ生きるだけのことだ。努力によって生きてるわけでも
 ありゃあしねえ。それでどうせ死ぬんだとか、あとには何も残らねえとか、
 そんなくだらねえことを若い身空で考えてよう。たしかに残らねえよ、おめえ
 みたいなバカ者は!その生きる義務とやらをさっさと放棄して死んじまえ! 
                          ──『極道辻説法』
・おなじように、「人生ってちっとも面白いと感じたことがない」に、
「つまらなかったらさっさと自殺していいんだと思う」十九歳の学生に。
「自殺より、最初に人生についていうと、全部の人間に聞いてみな、『おまえの
 人生、つまってるか?』って。みんな「つまらねえよ」って言うよ。そのつまら
 ない中で、どうしたらつまるか、つまり、つまるものを見出していく発見だ、
 この能力を養わなかったらどうにもならねえんだよ、人生は。どこへ行ってても
 つまるものを発見するという能力をまず養う。能力というより、そういう努力
 をするということだ。(略)それでもつまらなかったら、さっさと死んじまえ。
 オレは別にとめやせん。生きてる意味を放棄したんだから、勝手に死にゃあ
 いいさ。」 ──同書
最後に、「死んだらどこへ行くのか?」という十八歳の学生へ。 
「そんなことわかるかい!」。  ≫
 ーーー
これを読んでいると、悩むのが馬鹿馬鹿しくなる。言葉は何時までも残るという
のが解る。本当に言葉は大切だ。その中に感情と理性が入るからである。 
最後は人間性ということだ。

・・・・・・
6790,閑話小題 〜セブンイレブン
2019年10月17日(木)
    * 勝ち組、セブンイレブンのリストラ

・・・・・・
6426,読書日記 〜冴えたジョークは人生における立派な教養である
2018年10月17日(水)
          『バーカウンターは人生の勉強机である』島地勝彦著 
   * 下ネタ・ジョークならシマジ
 あとに、開高とのジョーク対談の幾つかを
< 靴のジョークを一つ。
 ・ピカピカの革靴を買ったアントニオは、まるで魔法の革靴を履いたように
女にもてた。今夜はローザを誘って深夜のドライブに出かけた。Hな気分になった
彼は、ローザに素っ裸になるように促し、ことを始めたため、天にも昇る気分に
なり、運転を誤り、道端の木に衝突。ローザは外に放り出されたが、無傷。
アントニオは無事だったが、運転席に閉じこめられた。その先には丁度、ガソリン
スタンドがあった。彼はピカピカな片方の靴をかろうじて脱いで、ローザの大事
なところを隠して助けをもとめてくれと頼んだ。 ローザは片方の靴で股間を隠し
ガソリンスタンドに走った。『すみません。彼が出てこれなくなったのです』と
恥ずかしそうに言うと、店員のオッサンは驚きながら、股間の靴をみて言った。
『そこまで入ったら、俺には無理だな… 』 

・海で遭難して10年、無人島にいた男。ある日、彼は水平線の彼方に小さな点を
見つけた。その救命イカダの乗っていたのはウェットスーツの金髪美女。
『あなた、この島で何年も煙草を吸っていないの?』
『10年だよ』と男。女はポケットから煙草を取りだして与えた。
次に彼女は『シングルモルツを飲まないで何年経つの?』。『10年だよ』
男は「美味い!」と叫んだ。
今度はジッパーに手をかけ、妖艶な微笑みを浮かべて問いかけた。
『男の本当の愉しみを忘れて何年経つの?』 男は歓喜の表情を浮かべて叫んだ。
『まさか… 、そこにゴルフクラブを入れてきたのか?』

・女が行きづりの男と一夜明かすことになった。
コトが終わったあと、女が男をバカにする口調で言った。
『あなたのセックスはお粗末だわ』 男は憤慨して言った。
『なんだと! 20秒でおれのことが分かるわけがないだろう」

▼ ジョークだけは、通じない人には「茹でてない乾麺に醤油をかけて、
 そのまま差し出された」ようなもの。会話の楽しみには、ジョークの舞台と、
登場人物のイメージを、互いに差し出し、受け取る感性が必要となる。
内的素養は、長年かけておかないとカラカラの萎びた感性になってしまう。

<人生相談こそ、ジョークの最たるもの。 そう思いません!>

――――
2666, 結論で読む人生論 ー2
2008年07月23日(水)       
 「結論で読む人生論 ―トルストイから江原啓之まで」勢古 浩爾 (著)
                            
  * ー三十年ぶりの、今東光の毒舌ー
 順不順でなるが
{第6章 人生の価値、人生の意味ーなにはなくともこの糞坊主ー今東光}
が面白い。 久しぶりに今東光の毒舌にお目にかかった。亡くなって30年
近くも経つだろう。
  ーまず、その部分ー
【 人生なんて、そんなにむずかしいものか。じつにさまざまな考えがあって少々、
食傷気味である。もしかしたら、人生論が人生をむずかしくしているのではないか。
たしかに人生には山があり谷がある。悲喜こもごもである。
だが結局、生まれて、生きて、ただ死ぬだけのことではないか。どう生きるかは、
それぞれの計らいでいいではないか。ここまで見てきたさまざまな人生論はあまり
にも近寄りがたいし、荒唐無稽すぎるし、立派すぎる。もっとスカッとしたものは
ないのか、とお嘆きのあなた、これがあるのだ。その男が生存中は、なんだ
この濁声の坊主は、と多少の反感を持っていた。が、わたしはいまでは今東光を
尊敬している。そう、今東光和尚である。聞いていただこう。
 *「正しい人生」とか「何とかの人生」なんてものはないよ。本人にとっての
人生しかないんでね。自分にとっての人生しかないんだ。おめえが十八なら、
「十八の人生」というものしかないよ。それしか、オレは言いようがないね。
(略)だから、自分にとっての人生で、自分が、これが正しいと思って闘って、
勝つか負けるか、これだけだよ、人生なんて。──『毒舌身の上相談』集英社文庫
 *「バカ正直だと損をする。もっとずるく悪賢く立ち回れ」なんてよく人が言う
けど、その言っている野郎が、ずるく悪賢く立ち回って成功しているかっていうと、
絶対にそうじゃねえんだな。 そんなのはダメなんで、真実火の玉になって人生を
渡っていって、社会にぶつかっていくんじゃなけりゃあダメだよ。人がよすぎて
結構じゃねえか。そんなタワ言ぬかすような野郎なんぞ相手にするな!─同書
 *「人生始めたばかりでスランプに落ちたら、死ぬまでスランプだぜ、馬鹿野郎!」
「おめえみてえな野郎は一生、女を本当に愛することができねえよ。女を捨てて
自慢してるような野郎は、人間の屑もいいところだ」
「そんな夢みたいなこと考えてねえで、てめえのキンタマのフクロのシワでも
のばしてた方がよっぽどましだぜ、この野郎!」。 ──『極道辻説法』集英社
 *二十三歳の学生が近所の中三の女学生の家に半年間、毎日毎日いたずら電話
をかけた。どうしても彼女に自分が好きだということを知ってもらいたい。
おれはどうしたらいい? 自首すべきだろうか、という質問に対する傑作回答
「自首するより死んだ方がいい。悪いことは言わん。死にな。23歳にもなって
そんな電話かけたりするバカなら自首するより死んだ方がいい。自首すりゃあ、
恥をかくからね。恥かくより死んだ方がいいよ。切に自殺をお勧めいたします。
                      ──『毒舌身の上相談』 】

後記)「死にな」がいい。「悪いことは言わん」「お勧めいたします」がいい。
 現在、これだけのことを言ったら「馬鹿たち」に袋叩きにあう。だから誰も、
こういうことはいえない。だから懐かしいのである。今東光が現在の若者、特に
負け組みといっている連中。
◎ 私が今東光に変わって言ったとしたら、こうなるだろう。
「この馬鹿野郎が!何が負け組みだ。そうしたのは御前自身だろう。
何が格差社会じゃい笑わすな。 手前に能がないのさえ自覚しないから、
   能がないままにしてきたのだろう。 知恵を使え知恵を。その程度のことは
幼児でも使っているじゃねえか、馬鹿野郎。知恵が無いとぬかすなら、足と手を
倍以上使え。御前に覚悟も知恵も無いことを自覚もしてねえで何が格差だよ。
いいじゃねか、格差も。もし、格差をつけられたと思っている連中、あんなもの
ゴミみたいなものじゃ。御前よりはマシぐらいだよ。そんなことより、知恵を
使え知恵を、この馬鹿が・・・」 てな具合になるか。    ーつづく

・・・・・・
3558, 「プレイボーイの人生相談 1966-2006」
2010年12月22日(水)
         「プレイボーイの人生相談 1966-2008)
 まずアマゾンの内容紹介から :真の教養人による人生相談の最高傑作!
古くは柴田錬三郎、今東光、開高健、最近では松本人志、リリー・フランキー
など錚々たるメンバーによる、時代は変わっても決して色あせない珠玉の人生訓
や哲学を集めた記念碑的1冊!
ーー
いや、面白い本を図書館で見つけた。どのページをランダムに開いて読んでも、
ニヤリとさせられる。やはり、まず見るのは今東光である。べランメイ調で
甘っちょろい若者の悩みを切って捨てている。
  * つまるものを探せばいい
● 質問:
≪厭世主義つていうのか、オレは人生っててちっとも面白いと感じた
ことがないんだ。よく「自殺は敗北だ」なんていうけど、つまらない映画
だったらさっさと途中で出ていっても敗北でもなんでもないと同じで、人生
だってつまらなかったらさっさと自殺していいんだと思うけど、これでも
やっぱり「人生に負けた」ことになるんですかね。
 ー死ぬのは平気なんだけど負けるのは大嫌いな男より。≫
● 解答:
≪自殺より最初に人生についていうと、全部の人間に聞いてみな、
「おまえの人生、つまってるか?」って。みんな「つまらねえよ」って言うよ。
 そのつまらない中で、どうしたらつまるか、つまり、つまるものを見出して
 いく発見だ、この能力を養わなかったらどうにもならねえんだよ、人生は。
 どこへ行ってもつまるものを発見するという能力をまず養う。
 能力というより、そういう努力をするということだ。織田信長がある日、
 手をたたいて人を呼んだ。おそばの小姓が「ハイッ」と入ってきて、おじぎ
 して「ご用は?」「なんにもない。帰れ」。またポンポン……。
「ご用はっ?」、何人来てもみんな「帰れ」そして「帰れ」。そうしたら最後、
 森蘭丸が入ってきた。信長がじっと見てたら、すっと来て、おじぎをする前に、
 小さな糸くずが落ちているのに気づいた。それを指でつまんでから
「何のご用でございますか?」。「呼んだのは、その糸くずを拾わせるためじゃ」
 これで信長は、「蘭丸というやつは注意深い、偉いやつじゃ」というんで
 登用した。他のやつはみんな落第よ。信長ばかりじゃない。会社だって、
 学校だって上役、先輩も全部、やはりそういう人間を要求してるんだ。
 それ考えりゃあ、つまらない人生もつまるようにできる。オレも「坊主の世界
 はつまらん、つまらん」とも言ってるけど、つまるようにいつでもやってる
 から、忙しくて面白くてな、愉快でたまらんのだ。それでもつまらなかったら、
 さっさと死んでしまえばいい。オレは別にとめやせん。生きてる意味を自分で
 放棄したんだから、勝手に死にゃあいいさ。 ≫

▼ 独り遊びが出来れば、人生は面白いはず。その代表的なのが読書。 
 最近はTV、パソコン、屋外スポーツがある。


7881,閑話小題 〜自由について 〜2

2022年10月16日(日)



   * 自由について
 親元から離れた特権の時間の過ごし方の最良な選択。一度その世界に踏み込む
と、別世界になる。を離れた都会生活で、まず直面するのが自己規制。 それも、
有り余る自由時間の過ごし方。何も規制がないと人間は良からぬ事を考え自堕落
な日々を過ごす。そこで仕方なく積まれている書籍を読むが、これこそが、学生
時代の最良な時間。別に、お堅い文学全集でなくてもよい。マンガ本で、手塚治
の「火の鳥」でも良い。そのネタ元は休講などで閑を持て余した仲間との喫茶店。
結構、勉強になる。「田舎の学問より、都の昼寝!」は、実体験すみ。
 夏休みなどで、アルバイト代を稼ぐためアルバイトで時間を過ごす人が多いが、
良からぬ遊びがいつの間にか身につく。サルトルは、人間は『自由な刑に処せら
れている』というが、これは、遠い刑期で何をするかを考える学生の特権である。
これから逃げるために、同質の連中が群れるのは、自然の道理。異質なら良いが、
同質なら、何の意味もない。地方の学生には、こういうのが多い。
成程、人間は自由になれば不安になり、孤独にサイ悩まされる。無駄の多い暇は、
それを自覚する、最適なチャンスでもある。

・・・・・・
7549,閑話小題 〜シネマ観賞 ―『デューン 砂の惑星』
2021年10月16日(土)

   * ストレス解消に有難い映画!
 老いるほど、内向きになっていく昨今。週一の… 壮大な宇宙モノか、
ギャングモノを観る傾向になる。短編の実録のユーチュブばかり見ている
日々の中で、宇宙の壮大に、身を委ねるのも必要なこと。時どき、知らずに
ストレスの穴深く、陥りそうになる。老化からくる、それは甘くはない。
 総選挙が始まり、そこは戦場の真只中。<まあ、よくやるよ!>が実感。
シネマ、私にとって奥の院の寝室のTV,そして、近くのSJ【スポーツジム)、
週2〜3回の昼飯のランチ、週一の酒とツマミの買出しの小さな世界…も、
慣れると、それはそれで快適。 
 …とは言え75歳の壁は、これまでの壁とは異質。何やら怪しげな物忘れ、
解釈、判断に疑問を持つこと屡々。 

≪ 『DUNE/デューン 砂の惑星』鑑賞。IMAXレーザーGT。
 原作や過去作に触れず丸腰で臨む。異世界創造の映像が凄くてここまで
来たな感はあるがシャラメアップはじめ役者陣顔圧も負けていない。ハンス・
ジマーの音楽は個性的だし作品にあっていたがやたら鳴ってる感じもあり逆に
印象が弱くなる。
 ゆったりとした話し運びは長大な古典SF感に酔えるがどうしても世界観紹介
に終始してしまうのっぺりさもあった。壮大な前振りのようなPART1。とにかく
IMAXで楽しめて良かった。
< IMAX版砂の惑星ネイチャードキュメンタリーのような感じも。気になった
のが選民が白人で虐られし民が有色系なこと。次作があれば良いと思えるといい。
それを含め現代的批評性をほぼ感じなかったが、どうもヴィルヌーヴがやりたい
のはそういうことでは無いようだ。 掴めてないところもあるし面白さが増し
そうなのでさらにDUNEを知り咀嚼していこう。 ≫
 ――
▼ シネマには、週一の幽体離脱のような経験が可能にする力を持つ。
 肉体に、社会に縛られて不自由な束縛から、一歩二歩、外界に飛び出る
ことも必要になる。自由、平等、博愛も考えてみれば妄想のようなもの。

・・・・・・
7155,閑話小題 〜免許換えの時節に
2020年10月16日(金)
   * あと3ヶ月で免許の書換え
 75歳まで、あと3月になった。それに向けて認知症検査があり、その結果、
講習を受けてきた。‘眼鏡の買換えの必要性あり’で、早速、「メガネスーパー」
で有料の検査をうけて、自宅用と外出用の二つを注文することに。
 最近マスコミに、検査を有料だが、詳細まで検査をしているという広告を頻繁
にみていた。 なる程…、自動車免許用の眼鏡の買換え需要用に、有料で逃道を
提示して俎板にのせて注文を仕留めるシステムと思い知った。2つで10万円は、
年金暮らしには厳しいが、仕方がない。 この10年来は、「ジンズ」「眼鏡市場」に、
切替ていたが、久々の眼鏡店は、少しエキサイティング! 時間と、年金が飛ぶが
如きに飛んでいく。 <来店戦術に、有料検査>とは、考えたもの!
 ―
   * ライデンの楽勝の筈だったが…
 アメリか大統領選挙、ライデン候補の楽勝の筈だったが… 得体のしれない
アメリカのこと、何やら強烈な??をうってくる筈! トランプにとって、
落選=バッシングは、それは過酷である。ここまで、アメリカの裏表をサラケ
出してくれただけでも、世界にとって、アメリカにとっても、長い目でみて、
良しである。日本と韓国は、法務大臣の首のすげ替えに失敗したが、アメリカは
今のところ上手く進んでいる? あと数週間、アメリカのドタバタ喜劇が愉しめる!
 
 数千万、数億人を抹殺した、ヒットラー、スターリン、毛沢東は、酷いことを
したもの。 地上に悪魔と、その協力者が徘徊している! 自由、公平、博愛の
名目を元に… このコロナ禍も何やら悪魔の臭気が、漂っている! 時の権力者
にとって願ったり叶ったり。そこで果して22世紀は、やってくるのでしょうか? 

・・・・・・
6789,閑話小題 〜台風19号談
2019年10月16日(水)
   * スポーツジムの台風の体験談より…
 マスコミは、最悪の地区向けに、東北大震災の大津波の到来並みに警報を
出していた。何か数千、数万の死者が出そうな… 命拾いをした被害者は、
異口同音に、「まさか、ここまで危険とは思いもしなかった」と。
この位でもよいのでは? でも、外国からみたら、一日だけ、ワールド・
ラグビーが中止で、「何、これ!」だろう。

 台風騒ぎの後、初めてスポーツジムで、さすがに普段より少し少なめ。
 ヨガ・エアロの行列に並んでいると、いつものグループの人たちの世間話が...
・大きな声で言えないが、千曲川の堤防決壊がなかったら、県内、とりわけ
 中越地区の信濃川沿岸に、 あの水が流れ込んでいた。(これは、1人、
 TVの前で私も呟いていた…)
・どの位の水位か、興味本位で俺も高見の見物?に行ったが、濁流が満杯の
 信濃川は、見ているだけで怖ろしくなる。あれが決壊すれば、それこそ、
 市内は泥の海。 ただ、俺のような野次馬が多いのにも…
・近くの栖吉川、全く数位が少なかった。これは、万一の場合に流すつもり?
 やはり千曲川の決壊… 風は思っていたより吹かない、雨台風ということ。
 大したことがなくて良かった。今朝は晴れ、何時もの信濃川沿岸に行こうか。

 ところで、この騒ぎで気づいたことがある。
日本列島は数百年来の台風被害のため、強固な防災公共事業列島になっている
のでは。もし、これが東南アジアだったら、数百、数千人の死者が出ていた?
 としても、温暖化の直接的災害が、こうも、露骨に日本に来るとは。
そういえば、オウム教の死刑の執行直後に、名古屋、首都圏を通り抜けた
台風があった。これまで、台風の直撃が少ない地区だけに、教祖様の怨念?
かと彷彿させられた台風。台風15号と、この19号も、首都圏直撃。
 毎年の行事にならなければよいが。

 千曲川の水害で… こういうの、仏教的にみて、 他山の石として胸をなで
おろすのが一番、良くないというが。 …これだけは、自然の成せること? 
ワールドカップのラグビー関係者からして、一日だけの中止で終わって良しと
思うのは仕方がない。 オリンピックに台風直撃のシュミレーションには、丁度
良い材料と課題を与えてくれた。

 ところで、こういうのって続くから〜 気を付けないと、本当!

・・・・・・
6425,閑話小題 〜わたしにとってドモリは武器である
2018年10月16日(火)
          『バーカウンターは人生の勉強机である』島地勝彦著
   * 『意識が稲妻、舌は蝸牛』なら持てるは!
 『プレーボーイ』元編集長で100万分雑誌に育てあげ、集英社の社長を最後に、
10年前にリタイア、現在は新宿伊勢丹に2014年に『サロン・ド・シマジ』という
店を開いて現在に至っている。連載していた架空の雑誌の立ち飲みバーを現実に
開店させたもの。週末には本人が現にシェーカーを振っているというから幸せな
ことだ。 で、先日、図書館で、この本を見つけて借りてきたが面白い。
島地といえば、開高健とのジョークバトルが繰り広げられた名対談集、
『水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』が面白かった。それをキッカケに
ブラック・ジョークを探し求めた時期があった。 …20年になろうか。

≪ マスターの流暢な説明を聞きながら、90歳の瀬戸内寂聴は20代の秘書に
 負けず杯を重ねた。すらすらウイスキーの蘊蓄を披露している最中に、突然、
瀬戸内さんが言った。「マスター、今夜はつまらないわよ。どうしてドモッテ
くれないの。あんたの吃音には色気があるんだから」
 そう、マスターは生来のドモリである。カ行とタ行に弱く、素敵なレトリック
が浮かんでも舌の上で音にならないで死んでいく。
その昔、同期の現作家がドモリで、初任給を懐にすし屋に行ったときのことだ。
2人ともトロが食べたいときに、「ト」が口から出てこない。
「おまえ頼んでくれと…」というと、「ええと、ええと…」と口ごもる。
「海老ですか?」と板前に言われ、海老を6匹も食べることになったそうだ。
マスターは、ドモリをカバーするため、幼いころからたくさんの言葉を学んだ。
「ためらう」を「逡巡」という言葉に置換えて話した。自然と語彙が増えたこと
からこそ、編集者としての仕事がこなせたのかもしれない。そんなマスターに
開高健さんが、『意識が稲妻、舌は蝸牛」という言葉を贈ってくれた。
「そういえば、瀬戸内さんが90歳で書き下ろした『月の輪草紙』を読返し、
驚いたことに清少納言の最初の夫がドモリだった。
「あれは私の創作です。どうしてもドモリにしたかったのです。明治生まれの
アナキスト大杉栄は女にもてました。それはドモリだった。『き、君のことが、
好きなんだ』なんて言われたら、女性の母性本能に直に火が付く。昭和初期の
‘編集の神様’と呼ばれた斎藤十一も、そしてあなたもドモルところが魅力的
なんです。男がペラペラ喋るのは軽薄にみえてなりません」 
聞いたか全国のドモリで悩んでいる紳士成年諸君、そういうことだ。今日から
自信を持って生きるんだ。コンプレックスを武器にした時こそ、人間が大人に
なった瞬間である。 ≫

▼ 「弱点を強みにかえる」というと、思い当たる節が幾つかある。
 ・話下手を逆手にとって、聞き役になる。そして褒める。複数の美人に何気
 なく三回褒め、後は距離をおく。意外なことに、美形を直接、褒められない
のが現実。その後は無関心に。中の上から上の女性は心の内で殆ど、絶世の美人
と確信している。逆にいえば、飢えた男どもの目線に敏感。だから、意識した
距離感が必要になる。何か何時の間にか、美人扱い管理の話になった。 
 で、この本も、下ネタを含めて、なかなかな。 次回か、次々回に…


7880,閑話小題 〜自由について 〜1

2022年10月15日(土)

   * また…自由について
 これまで何度か自由について書いてきた。さしずめプーチンなら、暗殺になる。
字、そのままに‘自らに由る’と、‘束縛からの解放’がある。その第一歩が、
まず家族からの自由になる。そして結婚し連れ合いの縛りが出てくる。
学生時代は、まずはコンサートへの誘い。兄姉から、簡単に相方は決めることは
ないと実感していた。一人を得るとは、一人以外から、断ち切られることと!
 だから、一人だけの分を… で半端すぎ、学生時代の最終の女性の確保に失敗。それが良かった! 独身時代は、その時々に相応しい相手が立ち現れてきた。美形をとるか、相性の良いのにするか… 話が逸れてしまったので…元に戻す。
 自由といえば「教養」。教養を積むほど自由が増すと言うが…
如何だろう?自由の徒の逆と言えば独裁になる!まずは心の自由が増す。
プーチンを見て、気の毒な感がする。
 
 ▼ 大自然の懐に飛び込み、魂が感動し我を忘れている状態が自由!
 ▼ 幸福感に満たされ至福の状態
 ▼ 芸術作品に忘我の念になってる状態
 ▼ 薬物により、トリップした事態

 それでは、上記の薬物以外で経験したのは… 
海岸で、パラシュートを背負いボートにひかれ空を飛んだ状態。
鳥の飛行状態とは、斯様なことかと! 何とも人生は軽いことかと!
一つ間違えると、そこに死が!軽さの底に、重さがシッカリと存在していた。

・・・・・
7548,閑話小題 〜まあ何とか、なら〜な!
2021年10月15日(金)
   * シネマ観賞 〜『キャッシュトラック』
 面白いが、これはネタばらし前のこと。クールなジェイソンが、面白い様に
ギャングを正確に撃ち殺す場面は圧倒的だが… 息子の敵討ちのための、内部
潜入なら話は別物になる。このコロナ禍でうっ屈している大衆向きの物語。
残酷過ぎるが、それもまた前菜でしかないと思わせるところが無いでもない。

【 LAにある現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社。
 日々、現金輸送車(キャッシュトラック)を運転するのは、特殊な訓練を受け
厳しい試験をくぐり抜けた強者の警備員たち。そこに雇われた新人パトリック・
ヒル(ジェイソン・ステイサム)、通称“H”試験をぎりぎりで合格した彼は周り
から特に気に留められる存在ではなかった。しかし彼の乗ったトラックが強盗に
襲われた時、驚くほど高い戦闘スキルでそれを阻止する。彼は一体何者なのか?
周囲が疑心暗鬼に陥る中、全米で最も現金が動く日“ブラック・フライデー”
に集まる1億8,000万ドルの大金を狙う強奪計画が進行していた… 】
 ――
▼ <大手企業の社長や役員<ボス>が変装し偽名を使い、素性を隠して自社の
 現場に潜入。ラストに、ボスが現場で関わった従業員たちを本社に呼びだす。>
のギャング版!
『もしかすると、パトリックも実は正義の皮を被った犯罪者なのだろうか。
 これを見る上で、パトリックの本心を探っていくことが物語の確信を迫る上で、
非常に重要になってくる…』 悪が悪をもって、制する。考えてみれば、現代の
医療制度、薬品と同じこと。
 ――
  * 何ともならないのが、このパンデミックの恐ろしさ! 
 スペイン、ポルトガルなどの『バール文化圏』は、生活の一部に沁みついて
いるため、それは大変の筈。日本も居酒屋文化や、カラオケ文化が全国隅々に
存在している。その上に、バー、クラブという文化まである。社会的成功を収め、
まず行くのが高級クラブ。その最たるところが銀座界隈、そしてサラリーマンの
メッカの新橋、新宿にあいなる。それが、このパンデミックで世界の隅々まで
凍りついてしまった。ある意味で、最後の受け皿の世界。傍目を気にしなければ、
3,4Kを厭わなければ、何とか生きていけたが、それが破壊され、年金生活者の
息抜けの場も少なくなっている。ならば、公園も、危険視され…

 ・・・・・・
2020年10月15日(木)

7154,閑話小題 〜コロナ禍の元、娑婆
閑話小題 〜コロナ禍の元、娑婆の具合は? 〜2

   ♦ 例年の5割以下の売上続く
 広島は工業都市、景気に大きく左右される。 原爆を直撃したこともあり、
県民性が虚無的で、享楽的な傾向にある。学生時代の知人から「原爆手帳」を
見せてもらったことがある。 私の実家も戦災で消滅しているが、性格は用心
深いのは、この辺りからきている?

≪◉ 地場居酒屋チェーンの店長も「売上が例年の5割以下の状況が4カ月間続き、
 今もお客が少ないので通常午前3時までの営業を午後10時までに短縮している。
とくに第二波後の8月は、店を開けても誰も来ない“どん底”状態だった。
昼営業に切り換えるといっても、夜の街は昼間の人通りが少ないので意味がない。
5〜6人いたバイトも半分に減らした。9月からはウーバーやウォルツなどの
宅配アプリと契約してテイクアウトをやろうと思っているが収支は未知数だ。
先が見えないのが苦しい」という。
◉ 定食屋の店主は「税理士の話ではこの地域ですでに700店が廃業したという。
 廃業は3〜6カ月前に家主に申告するのが慣例なので、12月末から年明けに
かけてさらに多くの廃業店舗が出ると予測される。一度やめてしまえば立て直す
のは難しいし、その影響は仲卸や生産者にも広がっている」とのべた。
また「感染者が一人でも出れば知事が記者会見するほどの大騒ぎをするのに、
どうして保健所や病院での検査体制を充実させ、誰でも気軽に検査を受けられる
ようにしないのかが不思議でならない。できることは除菌シートやアルコールを
置く他に手立てがないのに、県は感染防止のポスターを送ってきただけ。
宮島でもGoToトラベルで観光客が押し寄せたが、お年寄りも土産物店は
感染者が出るのを恐れて店を閉めているという。こんなことを続けている間に
流川は廃業店舗だらけになってしまう」と厳しい表情で警鐘を鳴らした。
 ―
▼ 私の経験からして、地元の夜の巷の売上は均して5割、悪いところで2〜3割!
 年越で判断するか否かが半数以上だろう。年配が多いため、年金暮らしで、
凌ぐことになるが、人好きのため、それは厳しく、寂しい日常になる。
蓄えは使い果たし… まだ、生活保護があるため、何とか生きていける!
何が辛いかといえば、<人生の果てに、手持ち資金が無いこと!> 

・・・・・・
6788,閑話小題 〜書家・武田双雲
2019年10月15日(火)
   * あの一字が、相撲の立合いのエネルギーの瞬時と…
 昨日の早朝、ポタリングに行こうか迷った末、ポタリング(自転車散歩)の
予定を中止、何気なくニュースを見ていると、書家の武田双雲のインタビューを
中心とした取材があった。 3年前、本人がブログを更新し、発達障害のひとつ
であるADHD(注意欠陥・多動性障害)の可能性があることを明かした。
 ブログのタイトルは「たぶん僕は今で言うと精神の病気?」。
冒頭、アップルの創業者スティーブ・ジョブス氏がADHDだったと。 本人曰く、
<“たぶん、僕もADHD。度合いはわかんないけど。たとえば学生の時、
椅子を作る授業ど僕だけ完成せず、まったく椅子にならなかったり、裁縫が全く
できない、何度頑張っても三角おにぎりも、箸もちゃんと握れない、黒板の文字
がすぐにゲシュタルト崩壊していく。授業が次の科目に移ってることがわから
なくなるなど。まわりが就職活動してることの意味がわからなかった。
三回ともバイトはすべて首。学校では人と合わなかったけど両親やまわりに
それをよい個性と受け入れてくれる人がいて恵まれてよかったなぁと。>
 武田さんは熊本県生まれ。3歳から書道家の母に師事。東京理科大卒。
NTT入社後、25歳で書道家になった。NHK大河ドラマ「天地人」などの題字や、
書のパフォーマンスで知られる。

 インタビューの中身は、なかなか奥行きが深く、ハッとする言葉が続く。
◉ 両親が私に対して、誰とも比較することなく、その時々のハプニング全てを
 肯定してくれていた。
◉ 書家として生きていくため、駅で書を売る覚悟で目立たない隅に座した。
 相手の欲する字を書こうとしたが、その為の色紙が無いことに初めて気づく。
 そこから始まった。自分の書いた字に興味を持つ人は誰一人いない。
◉ ある邂逅が自分を変えた。20歳代の女性が、「さっき、彼氏と別れてきた。
 何んでもいいから書いて欲しい」と。その時に、『愛』という字を書いたが、
 その墨が下にたれて涙のようにみえた。 気持ちが伝わったのか、女性は、
 号泣した。そして、思いの外のお金を頂いた。
◉ 発達障害を隠さないのは、障害と言葉はマイナスと受け取られるが、
 そのマイナスの中に、膨大なエネルギーと、御宝があることを知っている。
【 口先でなく、事業整理に入り、成るほどと思うバッシングにあった。
 大した時間が経過しない内に、悪魔の代弁者の彼らが、己の膿を、そのまま
 表出しているに過ぎないことを… 「自分の傷口の血を、相手の傷口に、
 擦りつけている」だけのこと。会社整理は、資本主義社会では経済的敗北者。
 『創業者なればこそ、当初から覚悟の上… で如何した!』がベースの
 一つにある。マイナスの結果も、これまた受入れられるのが創業者の強み。】
◉ 書道教室で、小学生に想いのまま、字を書かせる。双雲は、「楽しく!」が
 人生のモチーフ。それを常日頃、来ていた女生徒が、ラッコを書いた。
 その理由を聞くと、『普段、楽しめといっているから、楽っ子、ラッコを
 思いついた』と… 
◉ 『AI』の時代なればこそ、自分のような発達障害の才能が求められる
  
 ――
▼ 学生時代、ゼミ仲間の卒論テーマが、『年齢による価値観の変遷について』。
 結局、あまりに深く、未提出で、責任をとってゼミを止めていった。
面白そうなテーマで、概略として考えてみる必要がある内容。因縁の「因」と、
「縁」の、年代別の変遷になるのか。 段々、棺桶に近づくにつれて、純心に
物事をみれるようになる。そして、その視点で自らを省みて「何とまあ!」
一人赤面。 先日、河川敷や、公園で何する風もなく、ボ〜ッとしている
老人に何をしているかインタビューをするインタビューが、これ傑作。
「面白くなかった人生、サッサと死にたい」とか、「こうしているのが好き」
失うものもないためか、本音を語る。もう少し、哲学的なものもなし。
しかし、発達障害で、「いま、ここ、わたし」の世界しか持ちようがないが
故の、特別な才能が深く掘り下げる特別の才能も授かる。

・・・・・・
6424,旅行の話 〜パックツアーの構造 ―5
2018年10月15日(月)

     * 事例で見ると…
・『エジプト・トルコ10日の旅』が、その最たる事例。 
 ローマで乗り継ぎ、カイロから、ナイル川沿岸にある3千数百年前の遺跡群を
周り、カイロに戻り、ピラミッドをみた後、トルコのイスタンプールへ。そして
アンカラからカッパドキアの地下都市を早朝から深夜までの過酷なコース。
 その過酷の日程を何とも思わせないのが、遺跡が物語る歴史の広がりと、深み。
エジプトといえば、ナポレオンのエジプト遠征で「兵士諸君4000年の歴史が
見下ろしている」の演説。1798年、ナポレオンが行ったエジプト遠征の翌年八月、
ナイル河口のロゼッタという町の近くで塹壕を掘っていた工兵が黒石の断片、
ロゼッタ・ストーンを発見。 この断片には、BC196年に発布された
プトレマイオス五世を讃える諸行事の規定が、二種の書体のエジプト文字と
ギリシア文字の三書体で繰り返し記されており、これを手掛かりに、フランスの
シャンポリオン(1790〜1832)が、エジプト文字の解読を成功させた。
ナポレオンの戦略は失敗に終わったが、石の発見は大きな功績となった。
・エジプトから息をつかさず、トルコのイスタンプールへ。世界で最も美しい
モスクと評され、トルコを代表するブルームスク寺院は、オスマン帝国時代1616年
に建造されたもの。そして、アンカラから、カッパドキアの地下都市群へ。異教徒
の侵略から逃れるためにキリスト教徒が、奇岩群に隠れるように造られた地下都市。
この旅行で初めて、その存在を知ったが、宗教間の争いの過酷さが垣間見えた
信じ難い光景。ピラミッドに、ラムセス?のミイラ、アスワンからルクソール
までのナイル川沿岸に点在する古代遺跡、そしてトルコの遺跡。 僅か10日で、
背中に重い歴史を背負いこんだ感覚になってしまった。ツアーなればこそ可能
にしてくれた事例。世界は広い上に、深い歴史が、地下深く埋ずもれている。

 ネットサーフィンの、このコースのコピー。
私はエジプトからトルコの逆の10日間のコース。観光内容は全く同じ。

 ――――
≪ 阪急交通社(トラピックス)の「エジプト・トルコ 周遊11日間」、
 まずはエジプト編です。

(1日目)
21:25 中部国際空港よりエティハド航空でアブダビへ。(所要時間約12時間30分)
 ※北京で約1時間駐機  (機内泊)

(2日目)
06:20 アブダビ到着。
09:30 乗り継ぎ空路、イスタンブールへ。(所要時間約4時間45分)
13:15 イスタンブール到着後、バスでチャナッカレへ。(320km6時間)
 ダーダネルス海峡は、フェリーで移動。
20:30 ホテル到着。   (チャナッカレで宿泊)

(3日目)
07:30 古代都市トロイへバス移動。(約20km1時間)トロイ遺跡観光(1時間) 
 観光後、ベルガマへ。(約230km約4時間) アスクレピオン観光 トルコ石の店
 で監禁 クシャダスへバス移動。(約205km3時間)
19:30 ホテル到着。 (クシャダス宿泊)

4日目
7:30 ホテルを出発、エフェソスへ。(約20km/約1時間)エフェソス遺跡観光 
 革製品のお店で監禁 その後、パムッカレへ。(約185km約3時間)
 ヒエラポリス遺跡、石灰棚観光後、アフィヨンへバス移動。(225km3時間30分)
20:30 ホテル到着。 (アフィヨン宿泊)

5日目
07:30 ホテルを出発し、コンヤへ。(約223km約3時間30分)
 メブラーナ博物館観光  ※入場観光 インジェミナーレ神学校観光後、
 カッパドキアへバス移動。(約230km約3時間)
 途中☆陶器のお店で監禁。18:30 ホテル到着。 (カッパドキア宿泊)

6日目
05:30 バルーンツアー又は4WDサファリ カイマクル地下都市観光 
 ギョレメ野外博物館観光 ※入場観光
 ウチヒサール パシャパー デヴレント エセンテペ トルコ絨毯の店
 観光後、アンカラへ。(約280km約3時間30分)
19:30 ホテル到着。(アンカラ宿泊)

7日目
07:30 ホテルを出発し、イスタンブールへ。(約450km約6時間30分)
 トプカプ宮殿 ※入場観光 アヤソフィア ※外観のみ グランドバザール
20:00 ホテル到着。(イスタンブール宿泊)

8日目 08:00 ホテル出発。ボスポラス海峡クルーズ ブルーモスク※入場観光
 アヤソフィア ※ 外 観 の み !!!!!
14:00頃 イスタンブールより空路、カイロへ。(所要時間約2時間)
14:30  機内食が本日の 夕 食 ! :
 ここまでトルコ編
http://4travel.jp/traveler/masa00394/album/10764996/
---------------------
 ↓ここから エジプト編

16:00 到着後、ホテルへ。途中、パピルスのお店で監禁
17:00 ホテル到着。(カイロ宿泊)

9日目
08:30 ホテル出発。
 クフ王のピラミッド ※入場観光
 スフィンクス カフラー王のピラミッド メンカフラー王のピラミッド
 金製品のお店 メンフィス遺跡 ※入場観光 サッカラの階段ピラミッド
 ダハシュールの屈折ピラミッド 赤のピラミッド
 観光後、カイロへ。(約80km約1時間30分)
21:00 ホテル到着。(カイロ宿泊)

10日目 08:00 ホテル出発。エジプト考古学博物館観光 ※入場観光 
 観光後、空港へ。
13:50 カイロより空路、アブダビへ。(所要時間約3時間10分)
19:00 アブダビ到着。
21:30 乗り継ぎ空路、エティハド航空にて帰国の途へ。
 (所要時間約10時間25分)※北京経由。(機中泊)

11日目
13:55 中部国際空港到着後、解散

――――
エリア: カイロ(エジプト)
同行者 一人旅 一人あたり費用 25万円 - 30万円 交通手段 観光バス
利用旅行会社 ツアー(添乗員同行あり) 旅行の満足度 4.0
 観光 4.0 ホテル 3.0 グルメ 3.5 ショッピング 2.5 交通 3.0 ≫

ーー
▼ これを見ているだけで多くの刺激的逸話が次々と想いだされる。
 字面からすれば何とことはないが、現実は早朝から目覚まし時計換わりに
聞えてくる奇妙な祈りの声。それに、レストランでは食器を投げるように差し
出すボーイ。西欧・キリスト教圏と、イスラム圏の常識は全く違っていた。
 深夜、カイロに到着した時、現地ガイドになりたての若い女性が、興奮した
口調で、『恐らく、イスラム圏に入るのは初めてと思いますが、今までの常識
の全てを横においてください。一度、ホテル外に出たら、釣り銭は、シツコク、
間違いを言わない限りマトモに戻ってきません。親切にされたらタカリの類です。
交通事故も、轢くより轢かれる方が悪いのです。サービスの観念は、ここには
ありません。有るモノが、ないモノに施すのは当然のことで、感謝も何もない
のがイスラムの考えです。怒るだけエネルギーの損失です。ここは異国です!』

追記: 異国体験といえば、日々、経験する城下町異界が面白くなってきた。
   異界を異界として認知すれば、良いだけ。何処も凝視すれば異界だが… 
  たった10日間で、これだけ重厚な世界を知ることが出来る! 知らないのも
 悪くないが、知ることも良い。異様が実は、異様でも何でもない。異様なのは
己の頭の内側。問題は、そのことを早々に気づくこと。 〜北アフリカ・中近東
の三点は、ここと、『イスラエル』と『ヨルダン、シリア、レバノン』にした。

―――
1996年2月
エジプト・トルコ感激の旅  
ーエジプト編ー ・


7879,閑話小題 〜円安さらに進行 147円台に迫る

2022年10月14日(金)


   * フっと気づけば、円安が続いている!
 何だろう、この円安は? 
《  * 円安さらに進行 147円台に迫る G20で為替介入説明へ
                 10/13(木) 0:46配信
 この夏、ドルは絶好調である。日本円とユーロは対ドルで過去20年間で最低
の水準まで下落し、長い間1ドル以上の価値があったユーロは現在ほぼ同じ水準
で推移している。連邦準備制度理事会の貿易加重ドル指数はCOVID-19の流行開始
によるパニックの中で2020年3月に到達したピークをほぼ取り戻している。実際、
アメリカとその貿易相手国のインフレを調整すると、すでに高くなっている。
 ー
《 アメリカは過去40年間で最高の年間インフレ率を記録し、金融危機以来
 最悪の貿易収支を記録している。それにもかかわらず、このような事態が
起こっているのだ。いったい何が起きているのだろうか。今後、ドルは急落
するのだろうか。為替レートは説明するのも、ましてや予測するのも非常に
難しいが、世界の主要通貨の動きには4つの主要な要因が影響している。》
その 長年の経験から分かったことは、為替相場の変動の要因の約7割は
「金利によるもの」という。つまり、為替相場は「金利次第」であり、これが
金融商品の為替相場取引の「特徴」と考えています。為替相場は2つの金融商品
の比較(ドル円の場合、通貨ドルと通貨円)という仕組みのせいもあり、金利差
こそが主因となります。今回の131円まで行った大相場は、まさに金利差による
もので、主役は日本と米国の中央銀行です。
 そもそも金融政策の最も重要な目標は「物価の安定」です。それも先進国
では数字まで決まっていて「2%」、どのような先進国でも「2%」なのです。
日本の中央銀行「日本銀行」の総裁は財務省出身の黒田東彦氏です。
日本の消費者物価上昇率は2.1%となり、目標値に達しました。しかし、
黒田氏は、金融政策決定会合などでも、日本の経済はまだ脆く、利上げに
耐えられないとして、超低金利を今後も当面維持することを表明しました。
一方、米国の中央銀行FRB(Federal Reserve Board※注1)は中央銀行として
非常に珍しい目標を持っています。雇用の最大化と物価の安定の2つです。
雇用の最大化は景気指標ですが、物価と景気の両方を目標に持つ唯一の中央銀行
なのです。 米国の失業率は3月に発表された2月分から3%台の完全雇用の状態と
なっていて、物価の目標のみに集中できる環境です。また、5月に発表された4月
の米国の消費者物価上昇率は8.3%と高い結果でした。》
 ー
▼ アメリカの金融支配で、ロシアが弱った抱け、日本がマイナスを背おされた!
 このパンデミックも加わり、決して甘くはない非常事態である。

・・・・・・


7547,閑話小題 〜時間だけは、刻々と過ぎ去っていく!

2021年10月14日(木)

   * また現金給付…?
 総選挙を前に、自民党などから一律、10万円の一律給付の案が出てきた。
国民からしたら、貰わないより、そりゃ貰えれば良いに決まってるじゃないか>
になるが、あまりに露骨な政権与党の選挙向け買収… 何やら怪しげな空気が
漂っている。 「与党ボケにも程がある!」の一言になる。前回の現金給付の
良否の総括がしてあるかの問題に繋がる。安倍・麻生の傀儡政権の底の浅さが、
そのまま露呈している。 …酷いものだ。居酒屋、スナックなどで細々と生計を
たててきた、商店主の顔が目に浮かぶ。としても、、この繰返しは限度がある。
 ――
【 岸田文雄首相は11日のテレビ東京番組で、新型コロナウイルス対応の経済
対策に関し「現金の給付は実現したい」と表明した。18歳までの子どもに一律
10万円相当を給付する公明党の案に「反対しない」とした上で「詳細は与党と
協議し、具体的に決める」と述べた。賃上げ実現に向け法人税の控除率を引き
上げる方針も示した。自民党総裁選時から、税制などを通じ賃上げを誘導する
政策を主張していた。観光支援事業「Go To トラベル」の早期再開にも
意欲を示した。ただ「ワクチン接種と経口治療薬の普及の様子を見ながら考えな
ければいけない」として、再開時期の明言は避けた。】
 ――
▼ 日々刻々、自己変容していくコロナ禍の行方は、学者すら予測がたたない
 のが現実だろう。銀座や新橋などのスナック、居料理屋も同じ。閉店をした
時点が、大底の可能性がないでもない。ここは思案のしどころ、まずは補助金と、
蓄積してきた資金で目先を凌ぐしかない場面が目に浮かぶ。


7878,閑話小題 〜YouTubeは凄いが…さらに!

2022年10月13日(木)

   * 阿部元総理の国葬が終わったが!
 真面目に取り扱う問題ではないと、解りつつ、それにしても得体の知れない
不快感が残った案件。一番の被害者は改選される自民の参院議員、ここで
刷新されるのも仕方がないと、恨み辛みが出てきそうである。
 これにオカルト集団の集団詐欺が絡めめば、破壊的負けは仕方がない。
政治とは、こんなものでしかない。こんな判断しか持てないのが,現総理と
割り切るしかない。ところで、創価学会と、この怪しげな宗教団体の違いは、
何でしょうか? キリスト教の世界を美しく現物として描き出したのと、
仏教の日蓮宗の世界の違いですか?終戦直後から首都圏を中心に田舎から都会に
押し出された純朴な青年を中心に、田舎の再生を夢見た理想像を現実化した
夢の世界を描き出して見せたのが、創価学会。それなりの骨組みがある。
親鸞、日蓮、法然など蒼々たるメンバーが存在する。時代が、彼らを育てた。

・・・・・・
閑話小題 〜激動期の真只中に
2021年10月13日(水)
   * リタイアして10年あまり…
 娑婆が激動期に入って暫く経ったが、世情は甘くはない。リタイアをしたため
世情に疎くなった。 年齢も75歳を超えて感覚が日毎、下がってきたのが気になる。
数年前の配偶者控除をしてなかったことに家内が気づき、手続きをしたら、10数万
も還付されることになった。当然、家内の小遣いになったが… 
…これに自民党が、選挙目当てに現金給付を加えると、以前なら旅行のタネ銭に
なるが、今では、その気力も湧いてこない。7〜8年前に買った中古車の調子が良く
ないための買換えですか。それともブルレイの買換え? 75歳超えの問題は、
気力が出てこないだけでなく、内向きになることである。
 ―
   * 夜半から雨音が
 昨日から夜半と雨が降り続いるが、秋の雨は気分が沈みがちになる。
リタイアの身には税務署なぞ遠い存在。昨日、一昨日と家内に促がされて、
総合庁舎にある税務署に行ってきたが、その立派なつくりに吃驚。自己存在の
確証のため「箱物」を政治家は造っておきたいというが…それはそれで良いのか!
国債は、国外から融通しなければ、幾らでも発行しても問題ないとYouTubeで、
学者が述べていたが、その枠が満ちた後に如何なることか? 老いを重ねるほど、
老政治家の害悪が気になる。ツケの借財は、当人が消え去った後に、誰かが払う
ことになる。「永久国債』に振り替えり、誰も問題にしなければ済む問題だが!
輪転機を刷れば済む問題といえば、それまで…? 
 落語に、<二人で目先の金の貸し借りをして、酒を飲みほして、誰も損をして
ないじゃないか>と嘯くのと同じじゃないか! どんどん、永久国債化して誰も
見ぬふりをすればよい! ということか。ある日、ハイパーインフレになり…
 
 〜さて今日は、歯医者の予定!
・・・・・・
7152,閑話小題 〜歯槽膿漏
2020年10月13日(火)
    * 閑にまかせて歯医者通い
 閑にまかせて、この10年近く虫歯と歯槽膿漏の治療に定期的に通ってきた。
この春からは3〜4ヶ月に一度、数回通うだけになったが、それでも、小まめに
通った御蔭か歯槽膿漏がホボ完治。永久歯の6割は残っているから、まあ良しと
しなくては。(平均で60歳なら6割、70なら7割、80歳なら8割は入歯)
 コロナ禍から以来、毎日、数回、丹念に口内を濯ぎもしている。 

 口内は、胃液、鼻汁、歯垢などが入り混じり黴菌の巣窟! 10年前からは、
暇で余裕時間が充分あり、歯垢とりに定期的に通いだした。以来、年に一度は
みる妙な夢をみなくなった。その夢は、歯がボロボロ抜け落ちる夢。 
歯の腫れが夢で警告をしていたようである。
 
 倒産した知人の3人とも、久々に訪ねてきた時に、驚かされるのが歯が皆無。
歯医者に行く余裕がないためと承知していた。‘不景気になると、まず歯医者
に行かなくなり、その結果、廃業が続く’と… ギリシャ経済危機の時に、
街中で失業した歯医者のインタビューに肩を落として応じていた。
 
 会話の3分の1に噂話を減らすことを意識しておかないと…
その殆どが、尾ひれ、端ひれ付きと、意識の何処かに置いて置かないと… !

ところで、10年前の事業清算時に、根掘り葉掘り、内幕情報の仕入れにきた。
その時に、まず聞いてきたのが「残存の歯数と、虫歯の状況」。なる程と!

 城下町には、こういう手合いが、多く存在する。総・内幕情報屋!である。
淀みが、そうさせるのだろうが! 当然、私が通うSJにも、一定数は存在する。
まずは群れ、仲間になる。そして、我が物顔に世間話を披露する。過っての
社会的身分で、自然と序列が決まっている。せめて、ジム内では、その世界
から超然としていれば!というのも、私の主観でしかない! コロナ禍以来、
その群れ同士のジャレアイが、減ってはいるが! 家内は群れ派。それでも、
郊外のランチや、市内の御店の状況を詳しく入ってくるようだ!
 
 面白いことに、それぞれの珍奇な話題に仲間内の共通見解を成立させる。
それを他の仲間内に語る! その物語の、9割はネジ曲がっている要素で
成立っている自覚がないこと。 その辺りがスケスケに丸見え! 群れて
しまえば、同調圧力で、そのレベルの仲間に同化され、その内から一歩も
出れない岩場の山椒魚になり、何も見えない彼らの「普通」に縛られた
「世間人」になる。彼らの「普通」は、舟にヘバリついた牡蠣。その重さで
身動きが出来ず、沼底に沈んでいくしかない。その牡蠣のついた舟でしかない
私が、何も言う資格もない! 何故に、ここまで、狭い日本で世間嗜好を嫌う
のかというと、その要素を自ら含むため。一生かけて、削ぎ落としても、
落とし切れない城下町育ちの体臭が身に沁みついているため。

・・・・・・
2015/06/04
千年ぶりの「大地動乱期」に入った日本列島
   * 「南海トラフ巨大地震」について、

・・・・・・
2011/10/04
正常性バイアスと同調バイアス
・・・・・・
2015/06/04
千年ぶりの「大地動乱期」に入った日本列島
   * 「南海トラフ巨大地震」について、
 2011年の東日本大震災以後、日本列島はいつ、どこで地震や噴火が起きて
もおかしくない「活動期」に再び入った。13年には小笠原諸島の西之島近くで
海底噴火があり、溶岩は島をのみ込んで陸地を広げてきた。昨年は御嶽山噴火が
あり、57人が死亡。阿蘇山の噴火もあった。御嶽山噴火から半年、その間に
噴火が次々と起こっている。これは「大地変動の時代」が始まったといことか?
 火山学者で京都大教授の鎌田浩毅が、『新潮45』の去年の11月号や、近刊
『地震と火山』で、1100年前の貞観地震から、大噴火と、「南海トラフ地震」の
可能性を取り上げている。被害は東北大地震の10倍以上と。 〜その内容とは〜
≪「南海トラフ巨大地震」は、10年ほどの誤差があるにせよ、地球科学的に
 発生時期が予測出来る唯一の巨大災害で、その予測は2030年代。
現在は2015年だから15〜20年後になる。 1100年前の地震は
869年 貞観地震(三陸沖)M8.4 大津波
878年 相模・武蔵地震(関東諸国大地震)M7.4 直下型
887年 仁和南海地震(南海トラフ沿い)震度7 巨大津波が発生。
 この貞観地震が3.11に似ていて、9年後にそれぞれ起こった。
これを単純に現在にあてはめると、2011年(3.11の年)の9年後2020年は
東京オリンピック、9年後は2029年に南海トラフという計算になる。・・
 「3・11」以降の日本列島が千年ぶりの大変動期に突入したことは、日本人の
共通認識として必要なことではないかと考えている。二〇三〇年代に起きる
可能性の高い南海トラフ巨大地震は、一〇年ほどの誤差があるにせよ、地球科学
的に発生時期が予測できるほとんど唯一の巨大災害である。こうした、言わば
「虎の子」の情報を活用し、必ずやって来る激甚災害を迎え撃たなければならない。
南海トラフ地震が首都圏を直撃した場合には、国家機能が麻痺する恐れもある。
さらに江戸時代のように、巨大地震の数ヶ月後に富士山が大噴火した場合には、
地震と火山災害が同時にもたらされることになりかねない。
事実、両者の複合災害によって幕府がしばらく疲弊したことが記録に残っている。
南海トラフ日本列島で生きのびる巨大地震が「3・11」の20兆の損害より一桁
大きいダメージを与えることは必定で、日本経済が破綻するだけでなく世界金融
危機を招くと予測する専門家も少なからずいる。今後の日本にとって喫緊の課題
は、その激甚災害をいかにして減らすかである。こうした大きな流れの状況下で、
今回の御嶽山噴火が起きたのである。地球科学者としての視点からは、大地が揺れ
火山が噴火する現象は、日本人にとって避けられない事態である。今後、災害に
対する正確な知識を事前に持ち、ネットを活用しながらリアルタイムで情報を
得つつ、刻々変化する自然現象に向けて手を打たなければならない(拙著
『地震と火山の日本を生きのびる知恵』を参照)。 加え、過度の不安に陥って
しまうのではなく、「正しく恐れる」ことも求められる。今回の噴火をきっかけ
として、我々の大地が千年ぶりの変動期に入ったことを、読者の方々の人生と
仕事のスケジュールに組み込んでいただきたいと切に願う。≫
 また、「サンデー毎日」緊急報告の下では、こう書いている。
≪ 御嶽山噴火は『大動乱時代』の幕開か?
 地球科学者たちは、3年半の東日本大震災以後、日本列島の地盤が長期的に見て、
変動期に入ったことを、各種の観測でつかんでいた。いわば、「3,11」が引き
起こした1000年ぶりの『大地動乱の時代』である。 御嶽山が活動期に入り、
富士山や箱根山などの活火山の地下にあるマグマが、いつ活動を再開しても
不思議ではない状態にある。過去の歴史を振り返ると、海域でマグニチュード9
という巨大地震が発生すると数カ月から数年以内に、近隣の火山の噴火を誘発
する事例がある。20世紀以降、全世界でM9クラスの巨大地震は6回起きたが,
その全てで、地震の数日もしくは数年後に噴火が発生。 869年に起きた
「貞観地震」と極めてよく似ている。9世紀には、地震と火山の多い特異な
変動期にあったが、それは貞観地震をきっかけに始まった。3,11以後、
日本列島は9世紀同様の『大地動乱の時代」に入ったに違いない。・・ ≫
▼ 爆発的な噴火を起こした鹿児島県の口永良部島。噴火直後に火砕流が発生、
 海岸線にまで到達した。気象庁は、噴火警戒レベルを3(入山規制)から、
5(避難)に引き上げ、町は全住民に避難指示を出した。レベル5に引き上げ
られたのは、気象庁が平成19年に噴火警戒レベルの仕組みを導入して初めて
のことだ。桜島、阿蘇山、箱根山など全国各地で火山活動が活発になっている
日本列島。日本人の特性、喫緊の問題以外は楽観的で、「正しく恐れる」こと
から目を背ける性向がある。リアルなドラマ仕立ての『日本沈没』の様相に!
5年後には、東京オリンピックもあることだし、起こった時は、起こった時と!

・・・・・・
6786,閑話小題 〜何故にまた、巨大災害が続くのか? −2
2019年10月13日(日)
    * で、台風19号、どうなった
 先回は、台風15号の二日後に、巨大災害をテーマにした。
その一か月後に、今度は超大型の台風が神奈川から東京にかけて直撃。
被害は、まだ判断は出来ないが、ワールドカップの開催の真只中、国家威信を
かけた大会だけに、大きなロスになる。継続するか如何か、頭が痛いテーマ。
 早朝、恐る恐る災害の実害をニュースで見たが、死者数千、数万人の最悪の
事態はないようだ。としても、時が時だけに…? 一週間、遅かったら?
 この原因は、天災というより、人災。背景には、温暖化にある。時の権力者
は将来の世界より、現在の世界の利益を優先する。8年半前の東北大震災で、
原子炉の危険が見直さることになったが、それでも、まだ全く甘い。
 地元の影響は、台風の渦が、逆時計回りで東北から吹き込むため、県内への
影響が出るというが。 …問題は信州の千曲川の洪水が、そのまま信濃川に流れ
込み洪水になる可能性。 被害規模によっては、ワールドカップ・ラグビーと、
来年の東京オリンピック開催中止の可能性もあったが、何やら大丈夫そうな。
 最悪地区の住民向けと、一般と分けた上で、判断しなければならないのも… 
この位で丁度、いいのかも! としても、毎日毎日、天災が次々と続くもの。
非日常が、日常とは、これ如何に。やはり、首都圏、とりわけ、下町には
永住すべきでない。実際に、スマフォの写真・映像が、現場の生々しいのが
公開され、世界に向け、公開される。 さて、その迫力ある情報は如何に?
 ところで、地元・長岡の信濃川の水量が心配になるネット検索すると、
「長岡大橋・水道町」と、「長生橋」のカメラの写真が出てきた。
で、ほぼ満杯。 とすると、千曲川の洪水が流れ込むとしら、どうなる?)
  
両親の人生訓を要約すると、
『人生を、仕事を、道として楽しみなさい。仕事を楽しんだカスが、資産と余裕。
取組んだ何ごとも、楽しみになるまで追求する』になる。 人生の王道といえば、
「よく学び、よく働き、よく遊べ」がある。他に加えるなら、「よく楽しめ」
を加えたいが、「よく」の中に、楽しみが入っている? 
とすると、「よく休め」が考えられるが。 
   ★ 自分の人生を存分に楽しめ!  〜p−26より
≪ < 生きよ・・ おのれ自身たれ・・ 楽しめ・・ 愛せ! >
 私たちに、いつも決まってついてきて、影のように離れない“お供”がいる。
 それは「自分自身の死」。“この客人を恐れることも、あるいは 自分の
 利益のために利用することもできる。どちらを選ぶかはあなたしだい”と。
“ 死は永遠であり、生は息つく間もないほど短い。そこで自問してみよう。
・「本当にやりたいと思うことをしないでよいのだろうか」
・「自分の人生を他人の望むとおりに送ってよいものだろうか」
・「ものは貯めるに値するほど大切だろうか」
・「やりたいことを先延ばすのが賢明な生き方といえるのだろうか」
 おそらく、その答えはほんの数語にまとめることができよう。
  < 生きよ・・ おのれ自身たれ・・ 楽しめ・・ 愛せ! >
 自分の死を恐れてもかまわないが、それは無益なことだ。
 一方、死を効果的に生きるための助けとすることもできる。
  ロシアの文豪トルストイによって描かれたイワン・イリイチの言葉
  (『イワン・イリイチの死』)に耳を傾けてみよう。
 彼は、ことごとく他人中心に過ごし、体制に適合するために自分の人生を
 自由に生きることを放棄してきた一生に思いをはせながら、万人を平等に
 する死神を待っている。
【 もし私の一生がすべて誤りだったとしたら・・・・」
 以前には到底考えられなかったことが、つまり人生を過ごすべくして
 過ごしてこなかったということが結局のところ真実なのかもしれないと、
 ふと思った。これまで、ほとんど感じとれない程度の衝動は即座に抑え
 つけてきたが、そういう衝動のほうが本物で、それ以外は偽物だった
 のではないか。職責も、生活や家庭の切り盛りも、社会的あるいは職務上
 の関心も、みんな偽物だったのかもしれない。こういうものを一切合財
 しっかり守ろうとした私は、突然自分が守っているもののもろさを感じた。
 守るべきものなど何もなかったのだ。
 自分の人生に積極的に働きかけるべきか、自分自身で選択すべきか
 などと思案し、考えあぐねたときは、こう自問してみることだ。
 「私はいつまで死んだような人生を送るつもりなのだろうか」】 ≫
――
▼ ハイデッガーが、「世間人」が、あまりに『死』から、目を背けて
 いることを指摘。「死の哲学」を真正面から取り上げた。ガンで死の
恐怖を平気で口に出している男に、「死」について薀蓄の話をすると、
近くの世間人が、いわく有り気に、『暗い!』と宣う。 受けを狙った
のだが、顔色からみて、重症病気もちのようだ。だから、聞く耳持たない、
いや、持ちたくないのである。   
「本当に人生でやりたいことがあったのか?」
「他人の顔色を窺い、その価値観に従った生き方を良しとして」
「ものを貯めることに汲々するのが生きる値すると信じ」
「やりたいことを先延ばしをする」を良しとする生き方だろう、お前さんは! 
舟底に牡蠣の貝殻(常識)を一杯つけて身動きが出来ない人たちの一員。 
誰でもない、私自身ではないか! もっと酷いのは、気付いてない貴方か?


7877,読書日記 〜新…幸福論(ディストピア禍の)

2022年10月12日(水)

 作者の意思で、‘目次を概要にしている企みを感じることがある。
この本が、これである。それも問いになっているところが面白い。
太平洋戦争から今まで、平和を享受してきた日本も、その歪みが、この
ディストピア禍として露出した。グローバル化には、脆弱な骨格である。
島国は、平和の時代には理想的に働くが、いざ地球という星の大気圏には、
あまりに不都合になる。 一項目の文章が突き刺さってくる。
 
 私に幸せがやってきてとどまりますように
 あなたに幸せがやってきてとどまりますように
 世界の生きとし生けるものに、幸せがやってきて
               とどまりますように。
  そこで、
 …にっこり笑ってハンカチーフ!が丁度良い言葉になる!

第1章 前提条件:心はない
 パンデミックという人類滅亡リスク/資本主義は限界を迎えたのか?
/日本というガラスの城/「ウェルビーイング産業」への転換を/
自殺を「悪」と切り捨てていいのか?/日本人が見落としがちな「無意識」
の利他性/心はすべて、幻想である/意識は「記憶のための劇場」である/
「脱人間」という不安の超克 etc.
 ー
第2章 必要条件:死を想う
 心がなくて本当によかった/いま死んでも、あとで死んでもたいした違いない
/ふたつの本能――「怒り」と「共感」/他者を「許す」ことはなぜこんなに
難しいのか?/一生の長さはたったの0.1ミリ/人間には、過去も未来もない/
わたしたちには「いましかない」し「いまはない」/主観的には死は存在しない
/あなたは本当に「あなた」なのか? etc.
 ー
第3章 幸せの連立方程式
 生きてよし、死してよし/幸福学――幸せは原因にも結果にもなる
/「ありのままに! 」――他人と自分を比べない/「やってみよう! 」
――主体的に生きる/「なんとかなる! 」――未来を信じる/
「ありがとう! 」――ともに生きる
/戦いのエンジンから愛のモーターへ/「ルールに従う」という思考停止
/サイエンスとしての倫理学 etc.
 ー
第4章 解:わたしは、地球であり宇宙である
 地球の一部以外の何者でもない/蔓延しているのはウイルスか、それとも
人間か?/人類は「安心安全」かつ「不幸」になった/「一番大切なこと」を
一番大切にしよう/中心に無がある国、日本/近代科学が見つけた、近代的
価値観の限界/そして、東まわりと西まわりが出会うとき/すべてを包摂する
「ウェルビーイング資本」主義 etc.

第5章 分岐点:愛するか、滅びるか
 心の地動説/「世界中の生きとし生けるものを愛す」ことは可能か?/人間と
いう合体動物/世界はあなたである/世界を100パーセント愛することを
イメージしよう/敵は消え去る/「自利利他円満」というひとつの円/あなたが
幸せでありますように etc.

 ーー
▼ 悪意に充ちた独裁者は、世界を世界大戦に導いていく! 
 突っ走ると手がつけられなくなる。これが現状。自ら歴史的人材と勘違い。
ヒットラー、スターリンとの共通点は覇権主義。この繰り返しが歴史になる。
特に大衆は無知とくれば、これほど容易い天下取りは他に無い。僅か100年前と
同じ鐵を踏まんとする。そして始まり始まり!犠牲になるのは人の良い、大衆。

 ・・・・・・
7545,閑話小題 〜地元の衆院選挙の行方は…
2021年10月12日(火)

   * 地元・新潟5区の行方は
 前県知事、元県知事、前長岡市長の三つ巴の熾烈な衆院議員選挙になった。
私の市民感情は、実績を積み上げ、県知事選挙に臨み破れてしまった候補の
勝利が本来、あるべき結果だが… 歪な市民感情を持つ地元民がどう判断する
ことやら! 消去法からして、やはり、元市長になる! 長岡地区も、幹から
枝に格落ち。 柏崎・刈羽原発が休止の中で、如何に再生するかの瀬戸際。
 ―
   * プロ野球のドラフト会議
 これはという目立った逸材も見当たらない中でのドラフト会議の結果は、
こんなもの!指名球団の重複選手の名前から、結果の良し悪しを想定する
しかない。巨人が混迷している状態で、如何に活性化できるか…?
【 赤坂英一 (スポーツライター)
巨人はドラフトで指名した7人中6人が投手で、11連敗した外れ1位から3位
までの上位3人が大学・社会人。長年のクジ運の悪さとともに、投手陣再建が
急務という危機感がはっきりと表れた選択だった。
 即戦力ナンバーワンの西日本工大・隅田知一郎の交渉権を西武にさらわれた
ことで、巨人の補強の焦点はFA選手に移る。とくに、中継ぎ屈指の実績を誇り、
今季国内FA権を取得した中日・祖父江、又吉がターゲットとなることは確実だ。
なお、中日側では、今年で3年契約が切れる主砲ビシエドも狙われるのでは
ないかと警戒しているそうです。今季途中、日本ハムからトレードで獲得した
中田が不振だったので、決してあり得ない話ではない。今後も巨人の動向から
は目が離せません。】
 ―
▼ 巨人・原監督の辞任論が、なかなか出てこないのは如何だろう…不思議!
 後半の、或る日の采配で、何やら不可思議な現象があった。あと一人で勝利
投手になる場面で、突如、ピッチャー交代をした場面があった。誰が如何みても
不自然な交代で… <トレードされてきた中田に「巨人は冷徹な采配」を見せ
つける材料にしたのでは…>と思わせる場面。・・・あれ以来、巨人がふるわなく
なったようだが… 

・・・・・・
7151,閑話小題 〜リモート化は、個性尊重に…
2020年10月12日(月)
    * また、やってしまった!
 2〜3年に一度ぐらい、書上げた、この日記の全てが消えてしまった。
そこを気を奮いたて、再び、書きだすのも大変だが、気力の鍛錬になる。
今回のは、トランプ大統領選挙の、現時点の予測! 落選間違いなしの中で、
どの様な手法を使うのか…  ロシア、中国、北朝鮮にとって、このまま、
大統領のままが、絶対に有利!…云々と! 書いていた。これを書き続ける
には、気力と、体力と、習慣のフローの勢いが絶対に必要である。
喝かつな気持ちで、気力を奮いたて書上げた文章の方が良いのが分って
いるから、こうして書けているが、それだけ、大した内容でなかったと、
納得する自分も情けない!
 
 このコロナ禍で、仕事が、いや全てが根底から問い直されることになった。
自分特有の個性を発進しないと、この情報化の中で、埋没してしまう。
群れ社会の日本人は、リモート化には弱いが、それなりに、適応している?
ようだが。リモート化には、別に文章化が必要ではない。要するに、感覚の
鋭さが求められるが、そこに、映像の水面下に、文章化が必要となる!
それが無いと、烏合の衆の一人でしかない。
 力量のある写真家の文章に、心うたれることがある。1000分1秒の切口には、
その背後の文章が必要となる。絵画も、書もしかり。
 ――
    * ネット注文した同じ商品が再び送付
 まあ、面白い! ネット詐欺である。要するに…
< 一回目の注文は、特別価格で、二回目以降は、三倍の価格で送付します。
 解約には、2万数千円かかります。後で連絡をします…>さて警察の反応は?
そこで、住所を調べると、そこには、存在してない! メール一通の警告で
済ませるが、念のため警察に届けることに… ただ一日、不快な気分である。

・・・・・・
6785,閑話小題 〜つれづれに哲学 =悪魔の代弁者
2019年10月12日(土)
   * 悪魔の代弁者
 「正・反・合」を、物ごとの決定などの判断に使おうというのが、
教会の聖人の「聖列加入の判定」で使われてきた。
  〜ネット辞書には…
《・すべての教会の中でもっとも不寛容なローマ・カソリック教会が、
  聖人の聖列加入の際にすら、「悪魔の代弁者」を招き入れ、その声に辛抱
強く耳をかたむけるのである。 人々の中でもっとも聖なる人々でさえ、 悪魔が
述べうる当人にとって不利なことがすべて知られ、そしてはかられるまでは、
死後の栄誉を認められぬものらしい。 ミルは、「不寛容で知られるカトリック
でさえも、ある人が偉大な人物であったかどうかを確かめるためには、非難を
一切封じるのではなく、かえってあらゆる非難を論駁することが最善の手段と
考えている」という例を挙げ、言論の自由の重要性を説いている。
 ―
 ・「わざと反対する人」と呼ばれる、反対意見を検討する場を設けることで、
 新たな視点が生まれ、意思決定が強化されたのは、合理的と言えば合理的。
カトリック教会による聖人認定(列聖)は、最初の1000年の間、かなり場当たり
的に行われていたため、「聖人の大安売り」とも言うべき状態に陥っていた。
この状況を改善し、聖人の神聖さと正統性を守るために設けられたのが、
「悪魔の代弁者」である。この仕事は、列聖の候補として挙げられたあらゆる
証拠や、履歴書に対して徹底的な反対意見を述べることで、各候補者が軽く聖人
となることを防ぐことにあった。このように、「執行役の判断が間違っている」
という前提から物事を考える役職を常設することで、ローマカトリック教会は
その後の聖人認定を極めて厳格・適切に進めることができた。
この「悪魔の代弁者」を、組織運営に組入れようというのがレッドチーム。…》
 ―
▼ 大きな決断をしようとする時に、独り自問自答する。その時に、内なる
「悪魔の代弁者」が、「誰か、本気で否定してくれる人がいないか?」と独り
呟くことが多々あった。 夫婦の場合、ドチラかが正・反になり、合を形成
していく。社会主義圏が、資本主義に対して、一時期その役割を果たしていた。
これが良好な役割なら、まだいいが。「悪魔の小間使い」になるケースが…
 何処にもいる、『内幕情報屋』。大都会とか、逆に田舎で燻って一生を
過ごしてきた輩。居酒屋や、街角での立ち話で、他者の浮沈みをネタにする
あれ等、世間人。ドブ沼に湧いたボウフラ。 現象の中の構造を話すなら、
まだしも、伝わる過程で、歪んだ話題を事実と思い込む『悪魔の小間使い』
 現在の野党が、歪んだ『悪魔の代弁者』に成り下がっているようだ。
アメリカの属国下では、仕方がないとしても。自民党を正す正論そのままを
言っていればいいものを。言葉尻を狩るしかない姿が、そのまま現れている。

・・・・・・
6421,閑話小題 〜落合と関口の問答から
2018年10月12日(金)
    * 問題は、充実していたか! 
 〜まずは、この日曜の2人のトークから〜  (ネット検索)
≪ 7日放送の『サンデーモーニング』で、関口宏が西武ライオンズの優勝に
 ついて失言を行い、物議を醸した。元ロッテオリオンズで3回3冠王を獲得した
落合博満氏が登場。 冒頭から早速プロ野球の話題となり、関口が
「西武なんだけど、胴上げのシーンがありますか?ちょっと見せてください。
優勝決めたシーンが情けなかった。負け試合ですよねえこれ。負け試合で胴上げ
しなきゃなんないから、もうひとつ盛り上がりに欠けたのかなと私は感じました」
と西武優勝を貶めるような発言。 これに対し、コメンテーターの落合氏が、
「いや、関口さんねそういうけども、勝とうが負けようが胴上げはいいんですよ」
と制す。そして、自分は「負け、雨でゲームがない、引き分けで優勝が決まった
ことがある」と諭す。関口は落合氏に対し、「気分は変わらないものですか?」
と質問すると、「1年間戦ってきてそこで優勝ってのは恥ずかしいような気も
しますが、頭から外れます」と断言。これには関口も黙ってしまう。≫

▼ その時、会社清算をして少し経って気持ちが落ちついてきたと同時に、
『これは、私の人生にとってベストの結果では!』の考えになっていった。
家訓の一つ、『何ごとも万一に備えろ』を前提に、創業の設計図にシェルターを
仕込んでいたこともある。 最後の数ヵ月は如何であれ、20歳で創業を決意して、
準備15年、実業30年、合計45年の人生を振返りみれば、この上なく面白く充実。
こんなことで、否定されるものではない。 そのことを落合が、ずばり
『勝とうが負けようが胴上げはいいもの!』と…  土砂降りの胴上げも?
 私の場合、結果は如何であれ、仕込んであったシェルターで助かったが、
これだけスリルとサスペンスに満ちた45年の人生。溝沼の蚊が飛び交っていても、
蚊よけスプレーをかけておけば何とことはない。としてもシツコク、痒いが…。
 この充実感と、装置産業の利点、時間リッチの御蔭で、幾つかのライフワーク
を満喫できた。最後の最後まで冷や汗の連続だったが、全てをかけた充実感の味
は格別。 小さな物語でも、起業の面白さ、自分を抵当にした博打は、想像を
絶した醍醐味がある。 長嶋、野村、イチロウ、松井の人生、想像を絶する程
に面白味があっただろう。甘じょっぱいというより、激辛の味?喉がカラカラ?
 本人しか分からないが!

・・・・・・
5689,自分のための人生 〜
2016年10月12日(水)
      


7876,閑話小題 〜閑をもてあました時は…YouTube

2022年10月11日(火)

   * 何故に,かくもロシアは弱いのか
 このところ、部屋に閉じこもってYouTube三昧である。
特にロシア対ウクライナ戦争の戦闘ライブである。当初は,その生生しいのに
辟易したが、それも慣れてしまえば、気の毒に謎の感情は消えてしまう。
旧態依然のロシアのジェットへりと戦車…対 組み立ての戦闘ドローンと、
ジャベリングの戦い。経費対、コストは10〜100分の1でしかないウクライナ側の
方が一方的に戦闘効果を出している。宇宙の衛星から情報を取り入れて、戦闘用
のドローンに情報を送信してロシアのジェットと戦車攻撃を仕掛ける。これでは
勝てるわけがない!  
 
 問題はプーチンを初めとしたロシアの佐官、将軍が、それに気づいていない。
で…プーチンは、将軍クラスを前線に出すが、何を知らないかを理解できない。
現場の戦闘員は、すべてを捨てて逃げるしかない…何も知らない、そのクラスの
人たちは、黙るなしかない漫画のような世界。最新の戦車とジェットへりは、その
機能を生かすことなくウクライナ軍の成されるまま!
この情報化時代の、大きな問題が、そのまま現れ出ている。全体主義は、一見…
情報化に適しているようだが、現実は真逆である。ソコは、自由が見当たらない。
その辺りが、社会主義の難点になる!人間たる由縁はまずはK自由で明るいこと。

・・・・・・


7875、閑話小題〜やはり、まずは自由ですか!

2022年10月10日(月)

閑話小題 〜閑をもてはやした時は… YouTube

   * 何故に,かくもロシアは弱いのか
 このところ、部屋に閉じこもってYouTube三昧である。
特にロシア対ウクライナ戦争の戦闘ライブであるが、そこに展開されるのが
ロシアの惨敗の映像。 何故に,かくもロシアは弱いのか? このところ、
部屋に閉じこもってYouTube三昧である。特にロシア対ウクライナ戦争の戦闘
ライブ。当初は,その生生しいのに辟易していたが、それも慣れてしまえば、気の毒な感情は消えてしまう。旧態依然のロシアのジェットへりと戦車…
対 組み立ての戦闘ドローンとジャベリングの戦い。経費対、コストは10〜100分の1でかないウクライナ側の方が一方的に戦闘効果を出している。宇宙の衛星から情報を取り入れて、戦闘用のドローンに情報を送信してロシアの
ェットと戦車攻撃を仕掛ける。これでは勝てるわけがない!  
 
 問題はプーチンを初めとしたロシアの佐官、将軍が、それに気づいていない。で…プーチンは、将軍クラスを前線に出すが、自らが何を知らないかが
理解できない。 現場の戦闘員は、すべてを捨てて逃げるしかない…何も知らない、そのクラスの人たちは、黙るなしかない漫画のような世界。
最新の戦車とジェットへりは、その
機能を生かすことなくウクライナ軍の成されるまま!
この情報化時代の、大きな問題が、そのまま現れ出ている。全体主義は、一見… 情報化に適しているようだが、現実は真逆である。ソコは、自由が
見当たらない。その辺りが、社会主義の難点になる!人間たる由縁はまずは
自由で明るいこと。

旧態依然のロシアのジェットへりと戦車…対 組み立ての戦闘ドローンと、
ジャベリングの戦い。経費対、コストは10〜100分の1でしかないウクライナ側の
方が一方的に戦闘効果を出している。宇宙の衛星から情報を取り入れて、戦闘用
のドローンに情報を送信してロシアのジェットと戦車攻撃を仕掛ける。これでは
勝てるわけがない!  
 
 問題はプーチンを初めとしたロシアの佐官、将軍が、それに気づいていない。
で…プーチンは、将軍クラスを前線に出すが、何を知らないかを理解できない。
現場の戦闘員は、すべてを捨てて逃げるしかない…何も知らない、そのクラスの
人たちは、黙るなしかない漫画のような世界。最新の戦車とジェットへりは、その
機能を生かすことなくウクライナ軍の成されるまま!
この情報化時代の、大きな問題が、そのまま現れ出ている。全体主義は、一見…
情報化に適しているようだが、現実は真逆である。ソコは、自由が見当たらない。
その辺りが、社会主義の難点になる!人間たる由縁はまずはK自由で明るいこと。

・・・・・・


7874,閑話小題 〜大谷の出現には驚き!

2022年10月09日(日)

   * 大谷の出現は何でしょうか?
 イチロウには驚いたが、大谷も驚いてしまった!何だろうあれは?
あたかも漫画本の世界である… 一過性だろうと思っていたが、違うようだ。
表だってはないプログラムがあるのだろうが…としても、これまで数多の
大リーガーが存在した中で、NO1の可能性がある! 情報化の時代が
生み出した鬼っ子…か! YouTubで江川と掛布の対談で、二人とも無条件で
褒めていた! ピッチャー、バッターと分けて、それぞれ評価しないと、評価
しないと無理と…」 それだけ未知数という。
 ●江川: ピッチャーだけでも、登板後、4〜5日かけて身体を休めないと,
次の登板は難しいのは経験上、分るが,その間にバッターで出場するのは無謀だが、
それを平気でやってのけている。その上に,走塁の為の身体つくり。 走塁の
練習もキツイため、誰もしたがらない!
 ●掛布: あのアッパースイング!土台が出来てないと…無理!
 あれを平気でやれるんだが、バッターからみれは、異常としか言えない、
脱帽である。一人の選手として,到底,評価は無理、江川君と二等分をして
評価しないと,難しい。
 ー 
 ▼ 『21世紀以降の時代の現象なのだろう!』 プーチンの核脅しもしかり!
  若い人たちは,この真っ只中で生き抜かなければならないから… 
 生きた時代が大当たりは、老いたモノの老いた言葉!でしかない。
 
・・・・・
7542,閑話小題 〜総選挙が始まった!
2021年10月09日(土)
   * 甘すぎる国民
 明治維新以来の藩の子孫が支配する血筋が、現在も支配する民主国家日本。
そこに面白い人材が出てきようがない。前首相の菅も、安倍様のポチに過ぎな
かった。仕方がないのか。 …保守ボケ、野党ボケが国会論戦からスケスケ。
野党に政権を渡すと、中学の生徒会レベルと、かくあらんと、見せつけられ、
如何しても、支持に回れないのが現状。とはいえ、談合が、堂々と罷り通って
よいわけでない。その闇取引と、検察のイタチごっこの典型が日大裏金問題。
韓国が、稚拙が故の表ざたになり、大統領交代で、監獄に繋がれる。
目立たし目出度しのハッピーリタイアは皆無。研究者はその縛りの比較的
少ないアメリカの研究所に行くパターン。一時は認可事業を通して、利権が
バラまかれていたが、それも世論で自由化。弱肉強食の論理が、不平等と、
格差を広める… 勝って何ぼの世界は増々強くなる。
 ―
   * 何やら不思議では… ?
何やら不思議なコロナ禍の感染者数の激減は、政治的思惑があるのでは…
そんなワケがあるワケがない。ワクチン効果とはいえ、ここまではいくら何でも
遣り過ぎ! 一歩、外からみれば、その不思議さに露骨に反応する!

≪ 産経新聞 【ソウル=時吉達也】
◉ 日本で新型コロナウイルス感染者が大幅に減少し、緊急事態が解除された
ことに対し、韓国では日本の状況改善を疑問視する声が上がっている。 
韓国では厳しい防疫対策が長期化しながらも感染者数が横ばいで推移しており、
一部では日本政府が公表した感染者数が改竄されたとする報道も展開された。
1日当たりの新規感染者数は、日本が8月下旬の2万人台から今月4日には
約600人まで急激に減少したのに対し、韓国は約3カ月間、1000〜
3000人台が続いている。
◉ 「自民党選挙で勝つのに、一番負担になるのがコロナだ」。韓国で最も人気が
高く、与党幹部らもたびたび出演する時事ラジオ番組「金於俊(キム・オジュン)
のニュース工場」で4日、左派系の時事評論家、金於俊氏は自民党政権が10月
31日投開票の衆院選で勝利するため、PCR検査数を減らし感染者数を抑制
しているとの持論を展開した。金氏は「1カ月で感染者が10分1になるなんて
ことはない。そんなやり方があれば世界はとっくにコロナを撃退している」と訴え、
「政府が詐欺行為を働いてはいけない」と非難。主張の根拠は示さず、
「日本メディアも(日本政府の不正を)指摘できずにいる」とした。
◉ 保守系の中央日報は日本国内の急激な感染者数減少について「(日本の)
専門家も明確な説明を出せずにいる」と指摘。ワクチン効果や人口移動の減少が
複合的に作用したとの分析を紹介した上で、「検査の減少による『錯視効果』」
の可能性にも言及した。
韓国では1日当たりの新規感染者数が1000人を超えた7月上旬以降、首都圏
の夜の飲食店利用が原則2人までに制限されるなど厳しい防疫対策がとられてきた。
日本に対する根拠のない「不正集計」などの主張が登場する背景には、事態が
好転しない国内状況へのいらだちもあるとみられる。 ワクチン接種率は日本が
1回目71・7%、完了61・5%(5日時点)に対し、韓国はそれぞれ
77・5%、54・5%(6日時点)となっており、大きな違いはない。≫
 ―
▼ この記事を見る限り、非常に説得力がある。このまま世知辛い日本の世論が、
 見過ごすわけがない。おかしな現象が、中央に近づくほど、世界が見えづらく
なること。
 
・・・・・・
7148,閑話小題 〜まあ、面白そうな…行末は?
2020年10月09日(金)
  * トラちゃん劇場の、その後!
 コロナ禍を利用した大統領本人の感染と、ホワイトハウスの集団感染とは、
ブラックジョークもいいとこ! オマケにメラニア夫人のヌード写真がアメリカ
地元紙のトップ記事で二日連続、掲載されてしまった。 エログロを地に行った
大統領ならではのスキャンダル! これでは再選は無理。他にも大きなイベント
があって、然るべきか、高見の見物になる。<ホワイトハウスの集団感染で、
選挙の延期!>のアイデアは悪くないが、これまでの彼の所業、すべての言動、
判断が、自らの再選が最優先が露出し過ぎが、それを許さない!
大統領の座と、権力の魔力で、ますます変になったトランプ大統領、その末期は?
 
 ところで最近、 ヌードモデルだったことや、元コールガール説もある
メラニア夫人が、そのヌード写真とともに話題になっている。いくら何でも、
アメリカのファースト・レディが売春婦?とは、これ如何に? 
風貌からして判断すると、さもありなん? これでも、再選の可能性が残る
アメリカという国は、恐ろしいといえば、恐ろしい。

 世界は、白、赤、黄、黒色の格差が歴然としてある。それを堂々と主張する
トランプ劇場の岩盤は分らないでもないが… 自由、平等(公平、博愛というが、
それは建て前。世界の現実は、不自由で、差別で、憎しみが前提にある。
それが端的に見えるのが、国際線の飛行機に乗れば分ること! エコノミー席は、
ファーストクラスと、ビジネスクラスの重りでしかない。待合も特別室が存在し、
別入口があって… それは金さえ払えば誰でも、その権利を得ることが可能!
当り前のことが、年齢とともにクッキリ見えてくるのも、老いの厳しさ!

・・・・・・
6782,閑話小題 〜「美」を感じる心が魂 −2
2019年10月09日(水)
       <文芸春秋 令和元年6月特別号/新連載 第一回 「醜」>
    * 玉三郎かく語りき ―2

――――
2003/09/20
《V・E・フランクル》について
十数年前にフランクルの「夜と霧」を読んで感銘した。
そして数年前、春秋社の以下の彼のシリーズをむさぼり読んだ。
人生丁度まがり角であったためであろう。
その意味の深さー絶対的人生の肯定に魂を揺さぶられた思いであった。
彼の「意味」発見のための3つの問い
「私は、この人生で,今何をすることを求められているか」
「私のことをほんとうに必要としている人は誰か。
 その人は、どこにいるのか」
「どの誰かや何かのために、私のできることには、何があるか」
この3つを常に念頭において生きることが,『なすべきこと』
『満たすべき意味』を発見するための手がかりになると、
フランク心理学では考えている。

特に以下の分析のは深く納得をした。

ー自己超越のための3つの意味(価値)ー
1・創造価値: 創造行為を通して得られる意味
          =仕事・子育て・学問・芸術
       ー力への意志
2・体験価値: 体験を通して得られる価値・意味
          =自然・芸術・愛
       ー愛への意志 
3・態度価値: 運命に対し模範的な態度を取ることで得られる価値・
        意味ロゴスの覚醒=対象との一体化
        ※自身が何らかの喜びに満たされていること
       ー知への意志 
人生には発見されるべき価値や意味がある
 (1)意志への自由 (いかなる境遇でも自由意志を持つことができる)
 (2)意味への意志 (意味と目的を発見し充足するのは人間の努力である)
 (3)人生の意味  (創造・体験・態度生きる姿勢の中に意味を見出す)
  ー生きることは価値判断(学習)と選択の連続である

ー私が読んだ本は以下であるー


 
・・・・・・
7148,閑話小題 〜まあ、面白そうな…行末は?
2020年10月09日(金)
  * トラちゃん劇場の、その後!
 コロナ禍を利用した大統領本人の感染と、ホワイトハウスの集団感染とは、
ブラックジョークもいいとこ! オマケにメラニア夫人のヌード写真がアメリカ
地元紙のトップ記事で二日連続、掲載されてしまった。 エログロを地に行った
大統領ならではのスキャンダル! これでは再選は無理。他にも大きなイベント
があって、然るべきか、高見の見物になる。<ホワイトハウスの集団感染で、
選挙の延期!>のアイデアは悪くないが、これまでの彼の所業、すべての言動、
判断が、自らの再選が最優先が露出し過ぎが、それを許さない!
大統領の座と、権力の魔力で、ますます変になったトランプ大統領、その末期は?
 
 ところで最近、 ヌードモデルだったことや、元コールガール説もある
メラニア夫人が、そのヌード写真とともに話題になっている。いくら何でも、
アメリカのファースト・レディが売春婦?とは、これ如何に? 
風貌からして判断すると、さもありなん? これでも、再選の可能性が残る
アメリカという国は、恐ろしいといえば、恐ろしい。

 世界は、白、赤、黄、黒色の格差が歴然としてある。それを堂々と主張する
トランプ劇場の岩盤は分らないでもないが… 自由、平等(公平、博愛というが、
それは建て前。世界の現実は、不自由で、差別で、憎しみが前提にある。
それが端的に見えるのが、国際線の飛行機に乗れば分ること! エコノミー席は、
ファーストクラスと、ビジネスクラスの重りでしかない。待合も特別室が存在し、
別入口があって… それは金さえ払えば誰でも、その権利を得ることが可能!
当り前のことが、年齢とともにクッキリ見えてくるのも、老いの厳しさ!

・・・・・・
6782,閑話小題 〜「美」を感じる心が魂 −2
2019年10月09日(水)
       <文芸春秋 令和元年6月特別号/新連載 第一回 「醜」>
    * 玉三郎かく語りき ―2

――――
2003/09/20
《V・E・フランクル》について
十数年前にフランクルの「夜と霧」を読んで感銘した。
そして数年前、春秋社の以下の彼のシリーズをむさぼり読んだ。
人生丁度まがり角であったためであろう。
その意味の深さー絶対的人生の肯定に魂を揺さぶられた思いであった。
彼の「意味」発見のための3つの問い
「私は、この人生で,今何をすることを求められているか」
「私のことをほんとうに必要としている人は誰か。
 その人は、どこにいるのか」
「どの誰かや何かのために、私のできることには、何があるか」
この3つを常に念頭において生きることが,『なすべきこと』
『満たすべき意味』を発見するための手がかりになると、
フランク心理学では考えている。

特に以下の分析のは深く納得をした。

ー自己超越のための3つの意味(価値)ー
1・創造価値: 創造行為を通して得られる意味
          =仕事・子育て・学問・芸術
       ー力への意志
2・体験価値: 体験を通して得られる価値・意味
          =自然・芸術・愛
       ー愛への意志 
3・態度価値: 運命に対し模範的な態度を取ることで得られる価値・
        意味ロゴスの覚醒=対象との一体化
        ※自身が何らかの喜びに満たされていること
       ー知への意志 
人生には発見されるべき価値や意味がある
 (1)意志への自由 (いかなる境遇でも自由意志を持つことができる)
 (2)意味への意志 (意味と目的を発見し充足するのは人間の努力である)
 (3)人生の意味  (創造・体験・態度生きる姿勢の中に意味を見出す)
  ー生きることは価値判断(学習)と選択の連続である

ー私が読んだ本は以下であるー


7873,閑話小題 〜100年前の平均年齢

2022年10月08日(土)


   * 何と…100年で40年も長生きに
 この100年で…平均寿命が2倍に増えていた。
男が42・1歳、女性が43・2歳。幼児期の死亡率の高さからみても、
数歳落るだけ。徴兵制度があったことを含めルと、こんなモノか!
仏間の 仏壇の奥には…祖父、祖母の写真があるが、祖父が54歳、祖母が
58歳で亡くなったが、写真は80歳後半である。祖父は日露戦争に、かり出され
何とか生き延びてきたという。その時の実家は赤貧で、それが、明治,大正、
昭和の時代の実家の家訓になっている。数代…骨董屋で格式を重んじる家で、
母親が,家庭格差を理由に小姑に虐めのそれは厳しかったと聞いて育ってきた。
貧しさは家族を暗くする傾向が強くなる。それがそのまま、生涯を支配する!
ロシアが卑しく野蛮なのは,寒さと、貧しさが由来する。実は日本にも南北
問題が存在する! 北海道、東北は貧しく、関西、九州は豊かの傾向が強い。
 関西を中心に社会実習をしている若い時に、表日本と、裏日本では、人種が
違う事に気づいていた。人間性の温みの温度差!それそのままが人間性に出て
しまう。地元でも◎◎ものと言う表現がある。端的なのが…書くのを止めておく!

・・・・・・
7541,閑話小題 〜日大の背任事件関連で…
2021年10月08日(金)
   * 何でまた、この時節に
 安倍、菅政権の終わりを待っていたかのように、検察が手入れに入った。
アメフト関連で中途半端に終わったため、メンツを潰された検索は、二人を
徹底的に追求することになる。この総選挙では絶対的マイナスネタになる。
アベノミクスは、誰の目にもバブル的要素が強い。その総括をするには、
現在の自民総裁は弱すぎる。時節的にみて、あまりにタイミングが悪い。
何様の下ネタご結婚の目を逸らすに適当なネタとも冷笑してはおられない。
 疑惑のメンツと背景は刑事ドラマの『相棒』を彷彿させる。
としても、長期保守本流の膿は、濃厚のようだ。
 理事長の私物化そのもの。これも、次の第三次世界大戦への戦時体制に向け
ての体制つくり…ですか。

≪◉ 日本大学医学部付属板橋病院の建替え工事をめぐる背任事件で、外部に
 流出したとされる2億2000万円のうち、設計を発注した理事が約6000万円を
受け取っていた疑いがあることが分かった。
 東京地検特捜部が資金流出の主導者とみているのは、日大理事で関連会社
「日本大学事業部」の役員を務める井ノ口忠男氏(64)。田中英寿理事長(74)
の側近中の側近といわれる人物だ。
井ノ口氏は日大側から委託を受け、設計事務所に発注した24億円のうち、2億
2000万円を都内の医療コンサルタント会社(東京都港区)に送金するよう指示。
この会社は大阪市の医療法人グループが2014年に設立したペーパーカンパニーで、
株式はグループ理事長のY氏(61)が保有している。

◉ 「日大アメフト部OBの井ノ口さんは2003年、大阪でゴルフ関連の会社
『チェススポーツ』を設立しています。トーナメントの運営に関わり、広告
代理店を営む実姉のHさんとともに大会の窓口になっていた。2人は大会
スポンサーを務める大阪のレジャー関連会社の経営者に食い込み、タイガー・
ウッズのチャリティーマッチを手掛けるなど、まさに仕切り役でした。
お姉さんは女傑という表現がピッタリの人で、2人とも有力者に取り入るのが
抜群にうまかった。両社は順調に業績を伸ばし、井ノ口さんは北新地の近くに
7階建ての自社ビルを所有するほど。お姉さんの会社もリーガロイヤルホテル
などが立ち並ぶ中之島のオフィスビルの高層階に事務所を構えるなど、急成長
しました」(大会関係者)
  ○ 機を見るに敏なきょうだい
 ところが数年前、井ノ口氏とスポンサーの関係が悪化し、契約が更新されなく
なった。そこで井ノ口氏とHさんが新たに目を付けたのが、日大だった。
17年、日大の評議員になったばかりの井ノ口氏は、いきなり理事に抜擢された。
井ノ口氏は、大学外部から物品を調達する日大事業部を実質取り仕切っていた。
15年に約16億円だった事業部の売り上げは17年に約70億円まで跳ね上がり、
井ノ口氏の貢献が田中理事長に認められた。
「ここでも姉のHさんがその力をいかんなく発揮します。田中理事長が唯一、
頭が上がらないといわれる妻・優子夫人に気に入られ、弟を理事にさせたうえ、
お姉さん自身も日大の広報・宣伝を任されるまで食い込んだ。弟の昔からの
友人で、医療グループ理事長のY氏を優子夫人に紹介したのもお姉さんです。
その縁でY氏は田中理事長が元監督だった日大相撲部の後輩にあたる力士、
遠藤の後援会会長に就任した。田中理事長とともに、日本相撲連盟の副会長を
務めています」(日大の元評議員)≫








7147,閑話小題 ~解体ビルの崩壊
2020年10月08日(木)
    * スポーツジムで聴いてきた話
 < 地元の結婚式場の「青善」の解体工事で、ビルが崩壊したらしいよ!」と、
誰かが興奮気味にいう。6月から解体工事に入っていたのが、何かの拍子で自壊
したらしい。新ビルの建て替えのようだ。 ビル内の解体が進んでいた骨組み
が自壊したようだ! その爆音と振動が尋常ではなかったと…
そこには、幸いなことに工事関係者が屯してなく、事なきをえた。
 
 50年も以前の話だが、大手通りの実家の古ビルを建替えたことがある。
<隣地ギリギリに建てられたビルを如何解体するのか?>である。
問題は如何に撤去するか? 何と、4Fの各階の同じ個所に穴をあけて、最上階
から壊したコンクリートなどの廃材を1Fに落としていくには驚いた。
大都会では日常だろうが! 素人には、この知恵は出てこない!
 ―
    * 歯医者の待合で…
 一月ほど前に、スーパーで、既に故人になっていた知人の‘連れ’の
姿を50年ぶりに見たが…言葉の表現に窮するほど生活やつれした様相… その
ショックが未だに覚めないうちに、今度は高校の同級生を20年ぶりに、歯医者の
待合で見かけたが、実年齢より10歳は老けこんでいた。顔色は青白く、歩く姿は
ヨチヨチ歩き! もしかして、自分も同じではないのか? 
 70歳を過ぎると成る程、片足を半分、棺桶に入ったような!感覚が。
後期高齢が ま近かなら…仕方がないのか! ここは、気の持ちよう。
急速の、老いの落下に意識をして踏ん張れるかどうか? ジムで、ヨガや、
ランニングを続けているが、8歳年上の御老体、弱ってきた様子もなく、
踏ん張っている。運動量の質と、持続が、そのベースにあるようだ!

・・・・・・
6781,閑話小題 〜「美」を感じる心が『魂』 −1
2019年10月08日(火)
        <文芸春秋 令和元年/6月特別号 新連載 第一回「醜」>
   * 玉三郎かく語りき
 大自然の絶景に魂がうち震えた経験を何十回、いや何百回もある。
大自然の絶景に、天空のオーロラに、時に、ふと邂逅した若い女性美に、
我を忘れて魅入ってしまった瞬間、「ああ、この感覚とは何だろう?」と。
それは、その人により違うが、それは生物の本能に備わっているものか。
 脳科学の用語に、クオリアという「主観的体験が伴う質感」の言葉がある。
もっと簡単に言うと、今まさに、私の眼に映っている「赤」を赤と感じること。
「美」を感じとる質感は、その最たるもの。
 幼児期に親の責任として、芸事や、絵画や、芸術のシャワーを浴びせる義務
がある。 その意味は、このクオリアのベースを構築しておくということ。
 「美」を感じる心は、逆に「醜」なる人間が感じる原罪のようなものと…
以下の文章は、著者・真山仁から抜粋した内容。
 ――
 美の達人と誰も認める認める歌舞伎の坂東玉三郎に、その「醜」について
尋ねた時に返ってきた言葉が…
◉ < 醜さというのは、人間だけが感じる原罪のようなもの。例えば、宇宙や
 自然界に、醜さというものは存在しない。あるがままに、そこにあるだけ。
それを美しい、醜いというのは人間だけ。」>
< さらに、残酷なのは、地球上の生物の中で人間だけが醜い。>
夕陽や、森の中の木漏れ木などの、自然現象を美しいと感じ、得意になる。
しかし、その歓びは、自らが醜い、美しいと自覚するがゆえというのは、確かに
残酷の話だ。 21世紀に入って、美の真髄に感じる人が少なくなったと。
玉三郎は嘆く。

◉ < 美を感じる器は、私は魂だと思います。自らの醜さを自覚した上に、
 魂のあり方で美を感じとる必要があります。ところが最近では付和雷同して
いるだけに見える。つまり理解した気になっている。
 「インスタバエ」で美を誇る人たちは、その好例ではないだろうか。
ちょっとおしゃれな場を切り取って、それを他者に自慢するため発信する。
美とは現象の一部分を切り取り誇るものではない。
人間の根源的な部分=魂で感じとってこそ、美は輝きを放つ。
美を追求する人は、己の醜さを自覚している。

 ――
▼ 51歳時に、いや40歳半ばに、何やら人生の折返しの時節を実感した。
 ホモ・ハーベン(働き人間)から、ホモ・ルーベン(遊び人間)への転換。
これは、何度も書いてきたので省くが、その一つが、秘・異郷ツアーを通して、
今までの生き方を変えてしまうこと。 その行先で、感動することで、小さく
凝り固まった、それまでの人生を逆照射すること、それは、玉三郎の舞踏による
解放と同じ経験であった。魂の解放である。魂の解放といえば、個々の死も然り。
 その前に、65歳時の会社清算が同じ。 これは現に経験して解ったこと。
何かの引力から素っ飛ぶ感覚。 そこに、何も解っちゃいない、下衆の何とか!
こちとら、娑婆の柵から、素っ飛び、飛躍しているのに、柵の中の住人の何とも。
 それらは、創造価値、体験価値を経過した後に、態度価値に至っていたから
平然?と受けられたこともある。 実はよれよれ? あと講釈だから、まあ。
岩盤がなければ、やはり、厳しい事態。 何とか、こころ安らかに居る。
 最後は自分がつくり上げた魂の岩盤。 それは他者を愛する心根ですか。
人間の本質は『醜』ですか。ならば、他者も、自分も許せる! ったく。
 
 〜で、これも偶然で、文脈として丁度良いのが続く〜 …としても不思議。
・・・・・・
6417,読書日記 〜『60歳からの人生を楽しむ技術』 ー1
2018年10月08日(月)
             『60歳からの人生を楽しむ技術』渡部昇一著 
   * 人生を楽しむコツとは…
 51歳で、痴呆症だった母親を5年半の介護の後、看おくり、さて私の人生を
如何に生きようか自問自答したとき、<30年分の余生を、還暦まで圧縮する、
3倍濃厚に生きるべし>との内なる声が聞こえてきた。何回も書いてきたが、
それまで続けてきた
<秘・異郷ツアー>の行先の難度を1ランク上げ、回数も2年に3回のペースを、
 年2回に!> …他には
<個人用HPを開設し(当時はブログの出だし)、乱雑にしてきた情報管理
 をネット上に移行すること> にした。
これで60歳からの人生を‘気楽’に愉しむことが出来るようになった。
とすると、それまで楽しみを味わい尽くしておかなければならないことになる。
これを言っては身もふたもないが、とはいえ人生をそう気楽に楽しめる訳がない。
何事も準備、60歳までに30年分を凝縮出来たのは、それまでの30年以上の読書
の集積などの準備があったため。更に21歳時に、1ヶ月の欧州旅行の楽しみの
極致の味を経験したこともある。それと両親の晩年の人生への取組を後ろ姿から
学んでいたことも。 楽しみは、自ら創造するしかない。その為には内的に、
外的な準備が必要となる。人それぞれだが、こと楽しみ方では、無知に近い人が
まりに多い?… それでも知らないより知っておくべき遊び方が提唱されている。
 〜本書のエキスは、巻末にまとめられている。
次回からランダムに幾つかの各章を取上げてみるが… 
楽しみ方は、質の高い至高体験の味を経験すること。ある程度蓄積の質量が
高まると、「楽しみ自ら」が、知らずと擦り寄ってくる。最後に残るのは、
『楽しかった!』という実感だけ。そう思ったら、心の中で繰返すこと。

【  まとめれば ― 25のアドバイス

[基本的心がまえ]
  ◎晩年は「賢明さ」より「楽しさ」が大切
  ◎時間はたっぷりあるので焦らなくていい 
  ◎文科系の世界に生きがいを見つけるのが賢明
  ◎「自分もああなりたい」という存在を思い出そう
  ◎平凡な人の平凡な教訓が役に立つ

[自分のテーマを発見するには]
  ◎自分の能力が生かされることは何か
  ◎若い頃にやり残したことは何か
  ◎何をしている時が楽しいだろうか
  ◎願望は紙に書いて貼っておこう
  ◎実現の手段は考えなくていい

[不安から脱出するには]
  ◎心配性の人は水泳を習いなさい
  ◎15歳に戻ったつもりでスタートしよう
  ◎本当のあなたとは「あなたの意志」のことです
  ◎自分の自由にならないことは諦めよう
  ◎将来のことを考えて今日を生きなさい
  ◎恍惚となる時間を増やそう

[さあ、トレーニングを!]
  ◎カラオケで記憶力を鍛えなさい
  ◎毎日、音読する習慣を付けよう
  ◎脳の活性化のために舌の運動をしよう
  ◎「職務」を作って忙しく生きよう
  ◎「歩行禅」で脳と足腰を同時に鍛えよう
  ◎腹を減らして身体を刺激しよう
  ◎真向法で身体を柔らかくしよう
  ◎毎日、30分昼寝をしよう
  ◎寝室を分けて1人で寝よう

「あとがき」で、
<95歳まで生きれば、たいていの人は苦しまずに死ぬ。生への執着、未練も
 なくなるし、死への恐怖もなくなる。正に聖人、高僧の心境で、そうなればお経も
バイブルもコーランも不要になる。こんな観察にもとづいて、60で定年になった
人も、95歳をめざしてもう35年頑張ろう、ということを主張したかった> …

<若い時にお寺に入ったり、修道院に入れば、精神的・肉体的煩悩が多く、修行も
 辛いであろう。正にそれが功徳にもなるのであろう。しかし凡人が俗世で生きて
いくことにも、寺や修道院とは違った苦労が多い。お寺の中と世間の中と、どっち
の苦労が多いかわからないと昔の日本人は考えた。だから俗世間で苦労しながら
生計を立て、子どもを育てたような人が死んだ時、戒名を与えて、お寺の中の修行者
だった人なみに待遇して、あの世に送ってやるということを発明した
(戒名の起源はこのようなもので、日本独特の風習だという)>…

<老人は肉体的には成長できない。むしろ身長などは縮まる。しかし祈りや、
 黙想や、読経などにより、精神的には最後まで成長できるのである>


7872,閑話小題 〜独裁者の奢り

2022年10月07日(金)





   * ますます拗れが加速する!
 ロシアにとって、間違っても負けを認める訳にはいかない。
原爆を親指人形(北朝鮮)に撃たせて目先を混乱させるしかない!
プーチンも,振り上げた拳のやり場にタジロイデいる。何とも不安そうだが、
ロシアも困ったモノ。ロシア避難民の受け入れ先がないからである。下手に
受け入れると、プーチンの介入の口実になる。
 …ネットの投稿に
<独裁者が、戦争の失敗を、現場の軍人に責任転嫁するのは良くある話
それで、軍部と、独裁者の間に大きな溝ができるのもよくある話。
そんなんでうまくいかないのは、歴史が証明してる。
この状況、戦争末期のナチスドイツみたい。プーチン本人は、大ロシアの復活、
スターリンに成りたいのかもしれないが、どう見ても、劣化版のヒットラー。
反ファシズムを訴えながら、ヒットラーの同じ轍を踏もうとしてる。
軍部の反プーチンの動きは、その立場を危うい者にするかもしれない。
どう見ても、お先真っ暗のはずだが、ヒットラーとの最大の違い、核の存在
が状況を複雑にしてる。プーチンが追い込まれるからといって、簡単には
喜べない。逆に脅威がますのが、困った話。>
 ーー
▼ そうそう長期間にわたり現在のバランスは保てない。表だってはないが、
 ドラマ紛いの陰惨な殺戮が繰り広げられているようだ。あれは,重度の薬物
漬けに近い状態。おぞれているのが裏切りによる暗殺。もし暗殺された折には
大陸間弾道ミサイル発射のプログラミングが発動されているのが自明の事実? 

・・・・・・                         


7871、閑話小題 〜何でまた、否定ばかりするのか?

2022年10月06日(木)

   * 他人様の事じゃないが!
  YouTubeの対談で、ある有名人が曰く、
<一般にいうと… 大部分の人は、まずは出来ないことを考えて何もしないで、出来ることを考える思考経路を自ら潰している! 自らを、その場に
置き、それを見据えると,出来ないと思っていたことが、出来るようになる。何なんでしょうかねえ?これ! > 
 ー 何度か書いてきたが、中校の担任が定年祝いの同級会で、両親に
監視されていたため…壁がなかった。その虚しさは、たまったモノではない。
自由奔放に生きている御前をみると、ましい。失敗だらけの中で、蠢くのも
悪いことではない。そこに変化が生れるからだ!』 
 アメリカ合理主義的生き方3S、4S…スペシャル、スタンダード、
シンプル、セクシー?の真逆に縛られ、何も出来なかった人生! 
逃げ場のマンションを持ったが…息苦しさは同じ。 ー

最柊的に子供が住む近くに引越して行ったが 蠢く虫?からすれば何をお言いでになるが!それでも、揚げ足をとるしかない輩からすれば,遙かに真とも。
王陽明からすれば、温和しい羊より,オオカミになり、羊を食いちらし、
一杯いっぱい生きるべし!ということか! 肯定、肯定、絶対肯定!

 ・・・・・・
7539,閑話小題 〜‘エッ’…何なに!  −

2021年10月06日(水)
◉ ベネターの論証の核心は「誕生害悪論」とでも呼べるもので、それは
「この世界に生まれてくることは、誰にとっても、生まれてこないことより、
必ず悪い」という主張です。 まずは時代背景と、出生の良し悪し。
北朝鮮で生をうけて、金王朝・絶対主義の洗脳を親・親戚縁者から受けて、
疑問を持つことが許されないならば、「誕生害悪論」も受け入れざるを得ない。
生れたきて此の方、一番良かったことは何?という問題設定し考えたことが
あった。その結論は…<私として、両親から生まれてきたこと!> 
せめて自分だけでも、そう思うことしかない。

◉ <恒産なくして恒心なし>は、四書の一つの『孟子』に基く故事、慣用句。
「生活の経済的基盤がしっかりしていなければ、信念に貫かれた安定的な精神を
保つことはできない」ならば真逆の<誕生祝福論>も考えられる。誕生そのもの
を喜ばれ祝福され蝶よ花よと育てられたのと、その真逆の環境で育てられたの
では雲泥の差が出来て当然。分類される直前の義務教育直前の中三のメンバーが、
60年後にもスライドしている現実。…例外もあるが、その曲線は歳をおうごとに
拡大する。 世の中には… 「3,30,67%の法則」が存在している。
それを乗越えるのは至難の業がいる。幸せの人は、何があっても、幸せの生涯が
待っている。 まあ、その真逆も…ある。変えることが出来ないのが、宿命。
努力で変えられるのが運命。その見極めを何処につけるか!

◉ このコロナ禍も、30〜40年続くだろう激動の一環の一つ。割切るしかない。
 大変な時節に入ったようだ。それにつけても、良い時代に生きてきたと実感
する日々。その変化する中で、自らも変化するしかない。 チャレンジ、闘い、
その結果の変化の繰返しの中で、生きていくしかない。
やはり、何処か『誕生祝福論』が付いてまわっている。

・・・・・・
7145,映画評論 〜『浅田家』 ―2 家族写真、あれこれ!
2020年10月06日(火)
   * 写真は1000分の1(刹那)空間の切取り!
<家族写真は大事>を、昔から実感していた。街には必ずといってよいほど、
一軒は写真館があった。「7・5・3」とか、法事の記念写真の習慣があった。
この映画のテーマが 家族写真をモチーフにしているため、味わい深かった!
 幼児頃から両親の膝元で、聞かされた四方山話が私の人生の基礎になっていた。
大学時代は友人に…、結婚をした直後m家内に「老成している」と言われて
ドキッとしたことがある。数多の危機や節目を乗越えられたのも、このお陰。
壁になってはいたが、人生の最終場面でも、危機管理を事前に手配していた為。 

 父親から学んだことは、「ライン(塀)」を自分の周囲に囲んでおくこと。
これが【閑】の「【門】としての塀になっていた。とすると【木】が己!
こういう知恵は誰も教えてくれない。「木」は行蔵、知識、情報。家と庭の
草木を加えて家族になる! 家族写真と、家族の集合写真は違う。この辺りを
気づいた主人公は人気となり売れっ子になる! スマートフォンで、写真、
映像を気楽に撮れ、保存可能な現在、羨ましい限りである。個々人の基礎
知識の底上げになってしまった!
 
 20年近く、このテーマ日記を書き続けてきたが、蓄積する度に手応えが
増していった。家族写真を、家族の節目時に取り続ければ、そのまま人生の
ドラマになる。魂は、その時々の集中から生まれる。相撲の立合い!そして
数秒で大部分の勝負が決する「美」を、そこにみる。 今回の家族写真の
テーマは、1000分の1の瞬間に、背景にある家族事情と、個々の魂の構造が
組込込んであることを教える。

・・・・・・
6779,閑話小題 〜今の時代に…何?
2019年10月06日(日)
   * 今どき、耳を疑うような汚職が
 今どき関西電力上層部の汚職事件が… 。何か深い闇が広がりを感じる事件。
検察からのリークか? 内部告発か。その贈賄側の主役の当事者が、この春に
亡くなっていた。病死のようだが、事件が事件だけに、自殺か、他殺かと頭に
よぎる。 韓国・闇政治の世界を他山の石と笑っていられない。これだけ露骨
な汚職をマスコミが、感知出来なかった報道関係者にも責任が? 
政治家絡みもあってか、関西というと …? 反応が鈍い。
 ―
   * ワールドカップのラグビーが面白い
 昨夜、TV観戦を楽しみにしていたが、その直前、爆睡してしまい目を覚ました時
に終わっていた。快勝していたから悔しさ倍増。あまりラグビーをみなかった私が、
このワールドカップをキッカケにファンになったのだから、好い加減なもの。
自国に関わらず、強豪同士の試合が、心に余裕を持てる分、楽しめる。
 世界一位をかけ、自国の名誉のため、死力を尽くして戦うのだから、面白いに
決まっている。2mもある大男が集団同士でぶつかりあう。ルールも見ている内に、
解ってくる。ルーツは、「サッカーに興じていた男たちが、我を忘れて、手に
持ってゴールに向かったのが始まりだから、ルールのベースはサッカーに。
ラグビーの選手ほど、収入面で割の合わないスポーツはない。名誉のため、
戦っているため面白さが倍増する。ハリウッドのドンパチと違うのはこの辺り!
 ―
   * 最近、このアップが遅れる訳
 10日ほど前から、このアップが遅れるのは、何故かネット接続が不調に
なるため。あれやこれやで、9時過ぎに、ネットの電源と配線をリセットし、
パソコンもゼロにして… そのストレスたるや。ただ、諦めず独り淡々と
粘るしかない。そのストレスの対処は、慣れしかない。慣れてしまえば…

・・・・・・
・・・・・・
4211, 異郷日記 ーアフリカの不思議の力
2012年10月06日(土)
  * ライオンの魂       「異郷日記」西江雅之著
 アフリカ、アメリカ、中国、東南アジアに住んでいた頃の逸話は、生々しく
惹きつけられるものばかり。アフリカでは、今でも魔術が信じられている
ところが多いというが、芯から信じれば、それは現実。ー以下も、その一つー
≪ 不思議な力を持つものには、以前に出会ったことがある。東アフリカで
 生活をしていた頃のこと。村人の話によると、雄のライオンのなかには、
死ぬ瞬間に自分の魂を勢いよく口から吐き出すものがいるという。普通の
姿勢を保っている状態では、ライオンの口は下を向いている。死ぬ瞬間に
吐き出される魂は、地中深く埋まってしまい、人の目に触れるしとはない。
ある猟師はライオンに出くわしてしまって正面から撃った。その瞬間に
ライオンも自らの魂を吐出した。その魂が飛ぶスピードは弾丸並みであった。
そこで、猟師とライオンは相討ちとなり両方とも死んでしまった。
まことしやかに話すというのではない。本気で語っているのである。
東アフリカの多くの地域では、ライオンの魂は貴重品である。
それを家に置いておいたり、携帯していたりすれば、戦争に行っても
弾には当たらない、旅に出ても強盗に襲われない、病魔も近づかない・・
などなど、如何なる災害からも身を護ってくれると信じられている。
ある時、わたしはそのライオンの魂なるものを村人から手に入れた。
直径三インチほどの毛玉のようなものである。わたしの目には、それは
どうやらライオンが食べた動物のうぶ毛が腸のなかで結石のようになった
もののように見えた。とにかくそれを持って町に帰り、嬉しくなって
近所の人にそのことを話したら、なんということか、その後の何日か、
わたしの部屋は狙われ続けて、すベての害から身を護れるはずのものを
手に入れた途端に、それまでは一度もなかった害の恐しさを経験する
ことになったのだ。ライオンの魂は、それほど素晴らしく、安全を求める
人心を惑わすほどどのものなのだと、わたしは納得した。 ≫
▼ 「所有すると、その家に不幸があると言われる高村光雲の像を一時期、
 購入して所有したことがあったが、何故か不幸が続いて気持ちが悪くなり、
売ったことがある・・云々」という逸話を父から聞いた話が妙に記憶に
残っている。私の高校の知人が写真家をしているが、仏像の写真集で写真を
撮っているときに不思議なことの連続だったという話も聞いた。
それと、このライオンの魂の話は少し違うが、こういう話を聞いて信じるか、
信じないかだけである。現在、「神は妄想である」という遺伝学者の本を
読んでいるが、これが面白い! 裸の王様の一神教の信者の愚かさ、
信じる者は救われるか! 逆か?
・・・・・・
6050,「老人の壁」 〜読書日記 −2
2017年10月06日(金)
            「老人の壁 :養老孟司 , 南 伸坊 (著) 」
   * 生まれ変わる快感!
 人生とは、「生まれ変わる快感」が突き動かしている、という切口で
 振り返えみると、納得する。
・21歳の7月の30日の欧州旅行で、それまでの固定観念の壁が崩れてしまった。
  「世界は広く、深い」という実感。あの時に、生まれ変わっていた。
・翌年、武澤ゼミで、現象の中にある真理を科学的に解明する訓練を一年間させ
 られた。 いま流行りのオープンハウスに近い25人の寮生活。他者の私生活と
 内面そのままが現われ出る中での、互いの葛藤の経験も生まれ代わりの一つ。
・それから51回の秘異郷を中心とした旅行も、その都度、「生まれ変わって
 帰ってきた」。ロッキー山脈を遠望して、「何、これ! ここは地球?
 これを見ないで死ぬと死なないとは天と地の差。それにしても!」と…  
 40、50歳代に、このような感動を数多く出来たのは、「生まれ変わる快感」
 の味を知ったため。このブログの記述と公開も、日々、生まれ変わるため。
  〜その辺りから抜粋〜
≪(南)真面目な人は、お手本通りにやろうとする、そうするとうまくいかない
  ことがストレスになったりする。いわゆる評価じゃないものが見えてくれば、
  やっている途中も、やっていること自体が楽しい。そういう、自分が楽しむ
  方向を見つけられればいいですね。
(養老)自分が知らなかったところに行き着けば、自分が変わり、世界が突然、
  変わってしまう。「それまでのわたしは、そのことを知らなかった」という
  発見です。世界は広くて、そんなことはたくさんある。それを覚えると、
  年を取らない。だってそうでしょ? しょっちゅう生れ変わってんだもの。
(南)世間で言われる正解というものがあると思うから、つい後ろの解答ページ
  をみてしまう。それをやると、もう楽しくなくなる。僕は「わかった嬉しい」
  と思っていたけど、今までと違う人になることが嬉しいんですね。
(養老)虫なんかしょっつう見ていると「ええ?こんなふうになっているよ!」
  と仰天する。病みつきになって、やめられない。1人でいて、ほっておかれ
  ても何も気にならない。 …
(養老)本当は、勉強や学問ってそういうもので、自分が知らなかったことに、
  気づくという、それだけでなんです。そういう楽しみを持たない人が増えた
  としたら気の毒ですよね。今の親や教師に真面目な人が多いから、その快感
  を教えられる人が少ないんじゃないですか。
(南)それまでちゃんとした答えだけでやってきた人が先生になってしまうと、
  それは教えられないですね。正しい答えじゃなくて、わかった!ってときの
  快感ですもんね。
(養老)案外、古典なんかにちゃんとあって、ゲーテも「死んで生まれ変われ」
  などと書いています。前の自分がいなくなって、新しい自分になるという
  ことです。確かに近代生活の中できちんと生きていたら、そういう楽しみは
  妨害される可能性がかなりたかまる。学んだり発見する喜びは内面にあって
  他者の評価によらないし、それが人を若々しくしたり幸福にするというのは、
  当り前のことなんでしょうけど。 ≫

▼ 書き続けていると、そして、同月同時の過去文を読返していると、当時の
 己と、現在、読返し、時間をおいた自己対話が「自分」ということに気付く
ことになる。そこに年々、生まれ変わっている「自分」が見て取れる。知らない
人からみたら、今でも内面は激しく変わっているのだから、「大変な人」だが、
それが至極当然のこと。穴倉も、岩場の外の、内海も、外海も、大して変わりは
しないとはいえ… 少々、危険でも、外海も出ればこそ、何らしか、想像を
絶した世界が広がっている。

・・・・・・
 
・・・・・・
6415,読書日記 〜神さまって、そもそも何?
2018年10月06日(土)
          『砂漠と鼠とあんかけ蕎麦』山折哲雄:五味太郎・対談
   * 神様はなぜ必要か
< 五味: 神様はなぜ必要なんでしょうか?
 山折: 対話者が必要なんだな。人間同士ではちょっとレベルを超えた対話者。 
    そういう上位のパートナーを人間は本質的に必要としている。
 山折: 母親と子供、父親と子供の関係で一番大事なのは、やはり聞くこと。
    それで解放されていく。仏教は、最終の重大問題にしたのではないかと。
 五味: 「人というのは罪を犯すものだ」という形で、それをどう救済して
    いくかという感覚で立ち向かうビジョンと、初めから殺すな、盗むな、
    何するなって止めていくタイプと、あります。
 山折: そう、殺すな、嘘いうな、盗むなという黄金律を守る流れと、
    聞いて聞いて聞くことに徹する流れと、二つあります。
 山折: 五味さんの胸をすくうような次の一言、
    「神さまは無神論者だと思いますよ」 これは本当に驚きました。…
    無神論者の神であるなら、宇宙の秘密を読み解くなど朝飯前のこと、
    ビッグバンに火を点けた張本人もまた無神論の神だったかもしれない。
 ―
▼ アラブ人用に、AC/610年にモハメッドがイスラム教を立ち上げた。
 その源流は旧約聖書があり、モーセの律法を行動規律とする。ユダヤ人を
神が選んだ民として考え、終末論とメシアの到来を信じる宗教。奴隷として、
エジプトに従属していたユダヤの民が脱出してイスラエルの地に帰国した、
その時からアラブの民と摩擦が生じ現在まで至っている。キリスト教は、
その亜流で、新約聖書の教えがある。仏教はインドの風土が生んだ宗教。
 
 ―
 山折: 砂漠の民は、考え抜いて手段を発見しないと死滅してしまう。
    風土に圧倒されてしまう。我々は何も考えなくとも、豊かに生活
    しているわけです。森と川、森の幸と、川の幸、これだけ恵まれて
    いるのは世界でも日本だけ。ものを考える必要が無い。
 五味: 翻って、生き抜くための精神力みたいな意味での宗教と、ぼんやり
    している時に出てくる宗教とは、似て非なるものですか。
 山折: 一神教というのは「信じる宗教」、天上の彼方に永遠の絶対神が
    存在するかしないか、それを信じるか信じないかが決定的な問題。
    だけど、我々の豊かな自然界が存在する世界では、そこに身をひたし、
    自然に共感していけば、充分に救われる。僕は、「感ズル宗教」と
    言っている。
 五味: そんなことを言っていたら、砂漠では死んでしまう。
 山折: ものを考える必要がない。だから感じていればいいわけ。
 ー
▼ アラブ人用に、AC/610年にモハメッドがイスラム教を立ち上げた。
 その源流は旧約聖書があり、モーセの律法を行動規律とする。ユダヤ人を
神が選んだ民として考え、終末論とメシアの到来を信じる宗教。奴隷として、
エジプトに従属していたユダヤの民が脱出してイスラエルの地に帰国した、
その時からアラブの民と摩擦が生じ現在まで至っている。キリスト教は、
その亜流で、新約聖書の教えがある。仏教はインドの風土が生んだ宗教。
人間は、何はともあれ孤独の存在。最期は死に直面し、絶望の中で死ぬ存在
である。死だけではない、何かを決断する時、孤独の際に立つしかない。
内なる世界で自己対話で決断するが、その時に、内なる対話の相手に、
過去の人たちの苦悩と、解決策の集約した答えを神が導いてくれるか、
どうかでは雲泥の差がある。神の代わりが、愛してくれた両親でもよいが、
熟練してる、神様が相手なら、最善に導いてくれるはず。神の魂と同化し、
その知恵なら間違いは最小で済む。私の現在の対話相手は、毎日読返す、
このブログの同月同日の、かって書いた文章。
  


7870,閑話小題 〜何とも娑婆は面白いもの!

2022年10月05日(水)



   * 外はドンヨリした曇り空
 異常気象が続いているが、これに寒さが加われば、気持ちまで沈む。
そこを気を取り直して… …最近、忘れることが多くて、連れに、脳神経の
外来に半強制的に行かされ、脳ドックをしてきたが、血圧も少し高い範囲で、
それも治療範するほどでもなく、全く正常との結果に終わった。それを連れに
報告すると、`薬でも山ほど持たされ帰って来ると思いきや、ニコニコした
結果報告に『… …』の反応。実のとこ私も同じだったため、疲れがドッと
出て半日ほど寝込む。この20,いや30年間は早朝から、この随想日記を書き
あげ、一時間ほどの電動チャリか散歩と、朝風呂に入り、万全の私的生活その
ままが、脳のレントゲンに映し出されていた。
 それも65歳を区切り、70,75歳の峠を越える度に、腰と二の足に,怠さが
出て、スポーツジムのエアロも、ギリギリ付いていくのがいっぱい。
私の現在地は、飲酒の不節制もあり、既に鬼門に入ってもよい時節。まあ、
しゃあ仕方ないと割り切るしかない。でも、最後の最後に,プーチンの
最後の乱れも何とも見応えがある。

・・・・・・
7538,読書日記 〜『人生の特別な一瞬』長田弘著
2021年10月05日(火)
 
人生として、ごくありふれた日常の中にあると… 
人生で体験、経験を重ねる以前に『人生の特別な一瞬』を経験するがよい。
 『人生の特別な一瞬』を、21歳時に、欧州一周ツアーに参加して魂に電撃を
受けた。 当時の感想は…<冒険映画で、財宝が隠されている谷間に転げ落ちて
金銀の輝きにあたふたした自分がいた。> パリ・凱旋門とシャンゼリー通り、
セーヌ川、エッフェル塔があり、ルーブル美術館には、ダビンチのモナリザの
絵画があり… 何もかもが眩いくらいに光り輝いていた。…初回性ショックの
連続だった。それまで頑なに取囲んでいた殻が、完全、消滅していった。

 人生には横に流れる時間と、縦に流れる時間がある。そのクロスの濃い奴を
特別な一瞬というが、「時間が止まる」感覚になる。 これは意識すれば、
つくれるから、ある特定の人に集中が可能に… いそいそと秘・異郷ツアーに
行くのは、この特別の一瞬を味わうため。別に地球の果てなど行かなくても、
コンサートや、歌舞伎でもいい。特別の一瞬は、その人の経験として行蔵に残る。
 〜mazonの「感想」が簡潔で良い〜
<「人生の特別な一瞬というのは、本当は、ごくありふれた、なにげない、
 ある一瞬の光景にすぎないだろう。
 …ほとんど、なにげなく、さりげなく、あたりまえのように、
そうと意識されないままに過ぎていったのに、ある一瞬の光景が、そこだけ
切り抜かれたかのように、ずっと後になってから、人生の特別な一瞬として、
ありありとした記憶となって戻って来る。」と…>

<…元日に読むのにふさわしい本だった。新しい一年が始まったので、
 去年までの自分の中の言葉を新しくして、新鮮な気持ちで毎日を過ごしたい
という想いを後押ししてくれる珠玉の言葉に溢れている。 これを読むと
「人生の特別な一瞬」はどこにでもあることが分かる。雑木林、五月の海、
旅先での雨。このようにありふれたものと出会いを特別な一瞬に変えるためには、
常に開かれて瑞々しい心を持っている必要がある。そんな心を持つの簡単では
ない。しかし、この詩集はそれを可能にしてくれるのだ。>

<…長田弘さんの「一瞬」の豊かさを、静かに浴びるような読書。
わたしも自分の一瞬を書き出してみようかな、と思う。そう思うだけで、
満ち足りた気持ちになってくる。 そして、こんなこと書いている今のことを、
いつか特別な一瞬だった、と振り返る時がくるかな、と思う。>   

<「海はわたしたちに、目を上げて、水平線を見はるかすことをおしえる。
 目を伏せることでなく。」「人生は完成ではなく、断片からなる。」>

<『断片のむこうにある明るさというか、ひろがりだった。』 
 …誰かの歌に『ここではないどこか』というのがあった気がするが、長田さん
のこの32編は『旅』(遠くても近くても、又、誰かの『旅』でも)からの
『その一瞬』だった。好みはそれぞれの心の中の川・無言の風景・もう一度ゆき
たい場所・・歳歳年年もいい。わたしは心の中で『ここではないどこか』をいつも
欲している。けれど何処へも行かれないのを知っている。だから、読書では自由に
想像の翼を広げている・・         >

 ―― 
▼ 最近になって、『人は生きてきたように、死んでいく!」を実感する。
 私のような愚鈍の人間は、一杯一ぱい生きるしか能がない。満足などする
必要がない人種とは、違うということを青年期までの挫折で知っていたから
こそ、未練なぞあろう筈はない。 今だからこそ言えることだが!

・・・・・・
7144,閑話小題 〜どうなってる?  〜2
2020年10月05日(月)
    * 一年経過したが、その後は?
 ―茨城県境町若林の民家の一家殺傷事件―
 何やら得体のしれない事件。<茨城県境町若林の民家で会社員の小林光則さんと
妻の美和さんが殺害され、長男(13)と次女(11)が重軽傷を負った事件… >
気がつけば一年も経過したにもかかわらず、未だに犯人の手がかりがない。
県境にあり、警察も捜査が絞れないのだろうが! 大きい犯罪は無いが、こそ泥
は屡々あったことから、明かに近隣に住む者と見られ、解決は早いと報じていた。
一年も経過すれば、事件は風化を始める。
 ―
    * 数日前は、認知症の3時間講習!
 70才代に入った3〜4年程前から、何やら、物忘れが多くなった。
そして一昨年の暮れの新潟駅周辺での『忘年会』で、冷酒の過飲もあってか、
ブラックアウトになり、頬と唇を裂傷してしまった。その裂傷が治りかけた、
10日ほど前には、早朝のポタリングで自転車が転倒し右睫毛下を二堕裂傷。
 ―
    * 去年・同月同日のテーマ
 書上げて、去年のテーマを読返すと、恐ろしい文章が出てきたが、現在の
パンデミックは、さらに恐ろしい事態! 大したことが無いと楽観視していた
ブラジル、英国、アメリカのトップも被災。漫画的と笑っていられない。
本人だけでなく、国民が最大の被害者になるため、見逃すことができない。
書いた時点で、これよりも遥かに深刻なパンデミックが起きようとは…
そして、そのツケは近未来に必ずまわってくる。
問題は、このレベルでおさまるか、100年前のレベルに拡大するかの、
見極め! 流れは後者!
・・・・・・
6778,閑話小題 〜南海トラフの大地震と津波の脅威!
2019年10月05日(土)
   * 30年以内に交通事故が起こる割合は24%
 今後30年以内に「南海トラフ」地震の起こる割合が70%に対し、
30年以内に交通事故が起こる割合は24%。火災の羅災率は1・9%。これに対し、
ほぼ100%が保険をかける用心深さに対して、あまりに楽観的過ぎる日本人。
<今後30年以内に「南海トラフ」地震の起こる割合が70%>は、実は非常に危険
な事態で、東北大震災を経験してきたのにも関わらず一時期、マスコミが
面白おかしくつくり上げた話題としか捉えられないのが現実。私が20歳、いや
30歳代としたら、首都直下を含め、名古屋、大阪に住んでいたら、吾が身に
対する保険として、直ぐにでも引越すのが妥当… にしても何だろう、
人口の過半数が対象地区になり、報道機関も煽り立てることは良識に反する?
周囲も今さらと騒がないからである。まずは、直下型と、南海トラフが重なった
東京のど真中の○○から、行動として見本をみせるべきでは? それを推し
進めるべきが首相では? 在住のインテリと称する知識人では?
「そう言われるまで、解らなかった!」と、聞えてきそうだが、実は私も!
 
・・・・・・
6414,閑話小題 〜巨人の次期監督は
2018年10月05日(金)
    * 高橋監督辞任で…
 巨人の高橋監督が辞任を表明、受理された。 球団の内部環境が悪いのは
分かるが、巨人の純粋培養のスター選手の監督選定に問題がある。
座卓犬は監督にそぐわないのは自明。二度の原監督の失敗?に懲りず3度め? 
同じ轍を踏まないと思うが、ギャラリーとしては、俄然、面白くなってきた。
・内部昇格とすれば、安倍と、元投手の斎藤が考えられるが、同じ穴の貉。
 やはり、外の水を飲んだ、松井秀喜、桑田、江川、中畑などが、頭によぎる。
・現実的なのが、桑田監督。次期監督含みで松井副監督、江川バッテリーコーチが
 面白い。松井も、江川も監督以外は断るだろうが… 今さら晩節を汚さないと。
・変わったところで、野村監督の息子が如何だろう。黒子としての親父と一体と
 するには、無理があるか。親父が許さないだろうが。
・もう一つ、インテリジェンス(地頭)が良いイチロウが面白い! 
 世界ブランドが汚れるから、断るだろうが…
・ネットニュースで、『後任に原辰徳が4年ぶりに指揮を執るのが有力(報知)』
 とあるが、あまりに新鮮味がない。
等々かんがみ観ると、ヘッドコーチに川相の桑田佳祐が、的を得ている?… 
ドン様に実権があるなら、江川になるが、その辺の事情はどうだか?
優勝争いなど、如何でもよいなら、イチロウ監督、江川ヘッドコーチが絵になる。
 
★ 他チームの監督が最も薄気味悪くなるのは、篠塚、川相、安倍。 
 取組み易いのは采配データー豊富の原元監督。 …まさか、ないと思うが?


7869,閑話小題 〜平穏だったか、劇的だったか?

2022年10月04日(火)

閑話小題 〜平穏だったか、劇的だったか?

   * 今年も、あと3ヶ月…
 今年もパンデミック絡みの延長線上だった。ロシアのプーチンが、保身のため
のウクライナへの攻撃。そして計算外の反撃に遭い国家存亡の危機にたっている。
戦争ともなれば,行き着くところが核使用になる! ロシア軍は強いどころか、
あまりに弱い。ならば核弾頭ミサイルもじさないと強気だが、何とか、落とし
どこを狙っているのが見えみえ。政府内部は、暗殺とクーデター前夜の様相だが、
独裁国家なればこそ代わり手がない。秘密警察上りのプーチンも,今のところ成す術
がみつからない。暗殺手法だけで世界を手玉にとった男も、追い詰められると,
このざま!
 パンデミックも、その実態は、検査数により幾らでも数字は作られる代物!
‘死ぬのは死ぬと割り切り、有耶無耶’こそが解決するのが最後の手段。
これも仕方がないのか。
 それにしても、ロシアも酷いもの。パンデミックを素地として,ウクライナに
領土侵犯し、強引に至る。北海道に軍を進めたようなもの。日米の軍事同盟が、
それを阻止したが、あの元社会党の女議員の間抜け面が、思い浮かぶ。

・・・・・・
7537, 閑話小題~ ‘エッ’…何なに!  −
2021年10月04日(月)

   * パンデミックの考え方
 「生まれてこなかった方が良かった」は、群れる人間的弱さの補充するために
群れるしかない苦肉の策でしかなかった論に行きつく。 情報の量と質が、
人間社会の良否に大きく依存してきたのが、情報化社会のネット環境の改革、
改善で世界の情報が結ばれて、均質化されるようになってしまった。このパンン
デミックが、その歪んだ社会を寝こそ均質化を促してしまった。良質の情報が
地球上に一瞬のうちに行きわたり、豊かにしていく時代の到来である。
その結果… 飢えの心配が無くなり、産業が、世界各地に均質して行きわたる
結果をもたらす時代の到来が、20〜30年もしない内に到来する。
 ――
  * 何やら妙なる習主席の言動が…
 パンデミックが終わろうとする現在? 中国共産党の奥の院(軍部)で、前政権
一派の粛清が始まろうとしている。社会主義の恐ろしい本音が、対立者を粛正する
ことは歴史的事実が知らしめている。経済成長も、このコロナ禍で終わり、異常な
中国経済のバブルの化けの皮が表立とうする昨今、反対勢力の芽を潰さなければ、
現政権が自滅するしかない。 反対勢力の溜り溜った不満が爆発寸前状態は、解ら
ないでもないが…  演劇としても一番面白いところになる。そのトバッチリを
受けるのが一般大衆。このパンデミックの事の真相の全体像が現われつつある。
この内部権力闘争の火種が、台湾有事にならないといいが。 朝鮮も…中国も海を
隔ても、虐殺も厭わない実に恐ろしい国である。朝鮮のみならず、中国で動乱でも
起きようとしたら… 中東のヨルダンみたいに、脆弱な体質が露わになる。

・・・・・・
7143,映画評論 〜『浅田家』 ―1
2020年10月04日(日)
   * 家族写真
 アメリカものに、これはというのが見当たらないこともあって、この映画を
選んだが、これがナカナカ見応えがあった。見終わった後に、そのままを家内に
話すと、「これって秀作で話題になった映画よ!」と宣う。私が見るというので、
ネットで調べていたようだ。
 一回り(12歳)年上の葛飾に住む従兄が、親戚の葬式の御斎の隣席で、
『あと10年は長生きをしたい。カメラとドローンの進化で画面、映像の世界が
様変わり、直に最新のTVを購入したが良い!』と言われて、早速、居間と寝室の
TVを高画質大型TVに切替えて3年経過するが、この言葉そのまま! 写真好きで、
何かの特許を取得したお陰で、生活の最低保証があり、生涯、好きな写真を撮り
続けた人生を送っていた。子供の頃から青年期には年代ごとの家族写真があるが、
ほぼ従兄が撮ってくれたもの! 

  〜まずは、あらすじより〜
≪ 幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、
 昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が、家族全員を巻き込んで、
消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権…。それぞれが“なりたかった職業”
“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニーク
すぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞!
受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく
軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる―。かつて撮影した家族の安否を
確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々
の姿だった。
「家族ってなんだろう?」「写真家の自分にできることは何だろう?」
シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、
津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア
活動に励む人々と出会う。彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ
嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》
を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。
「私も家族写真を撮って欲しい!」 それは津波で父親を失った少女の願いだった―。
「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」の病院での父・長男・次男
の怪我と看護師の母による家族写真が最後の方に映し出される。≫
 ―
▼ 20歳代に、自己コントロールが出来なくなるため、断片的としても、節々を
 書いてきた。しかし、写真は、ほぼ撮って無かったのが、残念である。気持ちに
余裕があろう筈はなかった!

・・・・・・
4209, アラン 幸福論
2012年10月04日(木)
             『アラン 幸福論』 合田正人著
 アランといえば幸福論で、まず思いつく人。幸福論と言えば、スイスの
ヒルティ、イギリスのラッセル、アランの幸福論など「世界三大幸福論」。
アランのそれは93の断章からなっていて、かみくだいた、「幸福小咄」
「幸福のコラム」といった軽いもの。とはいえ、ちゃん哲学に関するもの。
かれの幸福論は、観念論というより、あくまで日常生活に立脚して
幸福への指標を導き出した文学的にも優れたものとして読まれてきた。
アランは、「人は誰にでも幸福になれる」そして「人生の主役になれ」、
そのために「ダンスのように人と付き合え」、
最後に「幸福になることは義務である」と断言している。 
  ーここで紹介されている断章の一部よりー  〔 解)は、私の主観 〕
・よい天気をつくり出すのも、悪い天気をつくり出すのも私自身なのだ。
という言葉のとおり、「哲学は、生についての省察である」という立場から、
幸福は誰かに与えられるものではなく、「自らの意志と行動によって
つくりだすもの」であると説いた。
・不幸になったり不満を覚えたりするのはたやすい。ただじっと座っていれば
いいのだ。人が自分を楽しませてくれるのを待っている王子のように。」 
      解)王子のようにただ待っているだけの人が何と多いことか。
  待つだけでなく、不平不満を言い、人のせいにする大多数のように。
・自分で自分を不幸にし、その不幸を伝染、増大させていく人々こそが
本物の不幸をもっと不幸にしていく」 解)正反対もいえる。
・よい天気をつくり出すのも、悪い天気をつくり出すのも私自身なのだ。
                 解)だから人生は意思の格闘技である。
・快楽を抑制したから人間は幸福になるのではなくて、幸福であるから
快楽を抑制することができる。 解)金持ち、喧嘩せず。
・喜びは行動とともにやってくる。 解)行動の行は決心、判断の意味がある。
 自分の勘を信じて行動をし続けよ、ということ。
・幸福は自分の手作りである。解)時間をかけ、ライフワークを続けることか。
・幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ。 解)自嘲も笑いか?
・未来に幸福が見えているなら、すでに幸福である。 
        解)おもしろそう!楽しそう!と思うことから何事も始まる。
・悲観主義は気分に属し、楽観主義は意志に属する。 
      解)意志が濁ると意地になる。楽観6の悲観4の割合が丁度よい?
▼ アレンではないが、「幸福になる五ヶ条」が目前のパソコンに貼ってある。
「一、今日一日、親切にしようと思う」
「一、今日一日、明るく朗らかにいようと思う」
「一、今日一日、謙虚にしようと思う」
「一、今日一日、素直になろうと思う」
「一、今日一日、感謝をしよと思う」である。
                  これがいざ実行となると難しい。
・・・・・・
6413,読書日記 〜人生の黄金律
2018年10月04日(木)
          『砂漠と鼠とあんかけ蕎麦』山折哲雄:五味太郎・対談
    * 「殺すな」「盗むな」「嘘つくな」
 なかなか面白い対談集である。 
 まずAmazonの紹介内容からして惹きつけられる
< 考えることの面白さを思い出させてくれる、過激でキュートな対談集!
 ここまで言ってしまって、いいのだろうか?
絵本作家と宗教学者が、「神さま」について、延べ30時間にわたり、
とことん語りあった白熱の対談。
 ・そもそも「神さま」って、何?
 ・日本人は宗教を「感じる」民族
 ・「祟り」は日本のお家芸
 ・グローバリズム=「ノアの箱舟」戦略
 ・海とキリストと親鸞
 ・エコロジーと言うなら、間伐材で火葬せよ
 ・滅びる覚悟を持て=「無常」戦略…etc. >
 ――
カスタマー・レビューが簡潔に要点を書いている。
<絵本作家の五味太郎と宗教学者の山折哲雄の不思議な組合わせの対談集。
 対談のきっかけは、1995年の某TV番組での司馬遼太郎と山折哲雄の対談。
「神道とはどういう宗教なんですか?」と司馬が質問すると、
「あれは宗教ではありません、生活の礼節ですよ」と山折が軽く答えるのを
五味太郎が見て(この人はすごい!)とその瞬間から恋に落ちたらしい。
五味は早速「神って、いったい何ですか?」と聞いてみたくて山折に対談を
申し込んだ。という経緯で成立した、延べ30時間にわたる対談をまとめた
モノがこれ。
五味の素朴な疑問に対して、古今東西の知識を縦横無尽に駆使して答えを探す
山折のやり取りが見物です。ホントに山折先生、博識です。
一神教と多神教、その成立の背景は風土の違いによる、という指摘には納得
させられた。>

▼ 実を言うと、前回のテーマの『閑話小題 〜まず聞いてやること!』
 の‘ユング心理学の真髄’のネタは、この本である。ここで、(そもそも
「神さま」ってなに?)の素朴な質問を、哲学宗教学者がアッサリと答える。
安易なればこそ、奥行きが深くなる。山折は、日本の近代にとって、20世紀
は夏目漱石の時代だったいう。 唐突に、「殺すな」「盗むな」「嘘つくな」
という、いわば人類的な黄金律を破り続けてきたのが人間という、強烈な認識
を文学作品にあらわした、これが漱石という。
 ところが、21世の現在、これらが真に問われる問題に直面している。 
北朝鮮の金様は、実権把握のため、恩人の叔父、実兄、身近な幹部を処刑。
ロシアのプーチンも、スパイ上りの昔とった杵柄で、対抗馬を処分。
アメリカのトランプは、次つぎ露呈するスキャンダルに平気で嘘を重ねる。
「殺すな」「盗むな」「嘘つくな」の真逆、「殺し」「盗み」「嘘の上塗り」
を地にいっている。まだ憶えているが、中二の頃、隣の席に平気で嘘をいう
男がいた。この頃は危ない御年頃、少年から青年に一歩足を踏み込む時節。
フランスでは授業に哲学を取入れて、考える基礎を叩き込む。多人数家族で、
末っ子もあって、「他人の陰口と嘘は、絶対タブー」の暗黙の了解があった。
それは、子供の世界でも同じ。捻じれていても、嘘はつけない、つかないのが
当り前だったが、こういうのが、居るんだと。それと印刷屋の子供が、映画
の入場券を家から盗んで、ばら蒔いているのもいた。振り分け前なればこその
世界だからである。奇妙なことに、アンハッピー組は、ほぼ亡くなっている。
改めて、「殺すな」「盗むな」「嘘つくな」は、黄金律だが、悪口、陰口で、
「間接的殺人?」をし、「知恵は盗む」し、「尾ひれはひれの嘘話」を酒の
肴にしているのが常。それが全世界に近い人が、三分の二? その下位の
三分の一の約二割に、マイナーの八割が集中することに気づかない。
上辺の社会的役割に関係ないのは、金、トラ、プー、習の顔ぶれで分かること。
「何を偉そうに!」と思うのは当然だが… じゃあ、ヒトラー、スターリン、
毛、ムッソリーニの悪行と比較して、遥かに低いと見てとれるでしょうが… 

 いや、話の飛躍すぎ? 10の500乗の他宇宙の存在など知識が、
そう言わせているんじゃないですか? 

・・・・・・
3844, 正常性バイアスと同調バイアス
2011年10月04日(火)
 日曜日のNHKスペシャルで「巨大津波 その時ひとはどう動いたか」
が凄い!と家内から聞き、録画を見ることにした。 その内容は、
≪「津波が来るかもしれない」という時、人は何を考えどう行動し、
 何が生死を分けるのか。≫ が テーマ。
ここで正常性バイアスと同調バイアスが、多くの犠牲者を出してしまった
ケースを炙り出していた。そこでネット辞書で調べると
【 正常バイアスとは、外界の強烈すぎる刺激に対して、理知的動物がそれを
 心理で抑制して、慌てないようにしてしまうこと。当然、日常性を保護する
ために必要な措置だが、度が過ぎると「本当の危険」に対しても、「煙はやがて
収まるだろう」とか「今の地震が全てで予震などではなく、もっと大きな地震
などやってこない」とか、暴風雨被害や津波、テロ等々あらゆる事態に対して、
緩い判断をしてしまいかねない。現代は謎を駆逐した明るい社会である。が、
そのために殆ど無感覚者と化し、まさにこれが原因で被害が甚大化している。】
とある。また同調バイアスは、
【大災害のとき、人は大多数の人と同じ行動をとる(ことで判断を誤る)】
▼ ここで、「いざとなった時の人間の判断は、鈍い」ことを浮き彫りにする。 
 そこで気づいたことは、この千年に一度の大地震と津波を察知して直ぐに
逃げる判断は、一般的に難しいという事実である。この大津波から連想される
のが、リーマンショック。これは数百年に一度の経済大震災であり、その本格的
大津波=大恐慌が今年から数年かけて、世界中を大混乱に陥れる大惨事の震災。
その影響は、まずG8の中で一番弱体化している日本の地方にやってきている。 
それが、次に欧米の株式の大暴落がくるのは必定。 日本の大多数の中小企業
と鈍い大衆には、それが他山の石としてしか見えてない。 地球規模の大津波
(ハイパーインフレ)が目先に来ているのが現実とし受けとめることが出来ない。 
何故か? 正常性バイアスと同調バイアスが働いているからだ。
その先取りしてしまったこともあり、それがよく見える。 思わず耳を疑う言動
に唖然とすることしばしば。「御前のところは低地だが、自分のところは上
(業績の見通しは悪くない)、偉そうなことを言っているが、その様は!」と。 
私から見れば「 それは数年の時差でしかない、数キロ先に過ってなかった
大津波が来ているのに、当方の崩壊の立ち話をしているだけ」という単純な
視線が冴えてくる。 色いろなシェルターや近くに裏山があるから、大丈夫の
ようだが・・人は人の智慧がある? 轟音をたてて、そこに来ている事実を、
「正常バイアス」と、鈍い連中間の「同調バイアス」が、動物的直感を狂わす。
 ドルとユーロの暴落は2年ほど前から始っていて、まだ下落の道半ば。 
株式の暴落も始まっている。 リーマンショックの上に半年前の東北大震災。 
この費用は増税で賄うしかない。 その各家庭の預金は、回りまわって、
アメリカ国債と日本国債にいっている。それも暴落することになる。 
ギリシャ国民の、あの鈍感さは察知しても、自国になると!  
偶然だが、以下に、日本の近い将来を暗示する内容が取り上げてある。
韓国ドラマが受けるのも分かる。 以下の状態を経験する以前に、
隣はカルト国家がある。

・・・・・・
5316,閑話小題 〜本を読まないのはケダモノと同じ
2015年10月04日(日)
     藤原正彦・レポート〜「読書と教養」が大局観を育てる〜
  * 読書と教養が大局観を育てる
 


7868、閑話小題〜 読書日記〜 <『孤独論』

2022年10月03日(月)

   * <逃げよ、生きよ> 田中慎弥・著…
【“公休は無縁です。特に今のように「書く」仕事がメインになると、
連休はやり残した仕事をやる“残業期間”になるため、全く休めません。
 コラムでは散々「豊かな働き方」について書いているのに、私自身が豊かさ
とは程遠い働き方をしていたとは情けない限りなのですが、フリーランスは
しょせん末端の出入り業者です。先のことを考えれば考えるほど「今ある仕事
をきちんとやらなきゃ」と働きづめになってしまっていたのです。
 しかし、今回は「休もう!」と強く決意。働き方改革のおかげで、
「連休明け締め切りで!」といったオーダーも激減したので、4月29日の
TVとゲラチェックを最後に、5月6日までしっかりと休みました。
 完全休暇を目指したので、一切仕事のことを考えない、メールも見ない、
仕事関係の人とは連絡をとらない7日間です。】
 ▼ 20歳の頃に起業を決意してから,この方まで、孤独と真正面に向き
あっている。その第一が群れないこと。毎日、自らと向き合い、コツコツと
己の目的に向かって歩くこと。これほど、孤独業は辛いとは想いもしなかった。
そして挫折を味わう度に、凍り付くような寒気に襲われていた! 絶対に後悔
しまいと決めていたのに…  一晩の遊びで堕胎し...子供が出来て、それ故に、
会社を辞めざるを得なかった若い従業員が、20歳の娘と思われないキリッとした
顔つきで、気持ちの整理をつけるために退社するが、堕胎した子供への罪の償いを
生涯をかけて償うと誓いました。… 背筋が寒くなるほど、その哀しみと罪の
気持ちが伝わっていた。堕胎は一シュ殺人のため… 魂までの傷を残す…! 

 ・・・・・・
6776,閑話小題 〜電動マッサージボール −2
2019年10月03日(木)
    * その後の「電動マッサージボール」は? 
◉ 「電動マッサージボール」は、その後の如何なったかというと、一日も
欠かさない生活の一部となり、主に寝室でTVを見ながら使っている。大きさが
ソフトボール大で、充電方式で無線でに携帯できるところが良い。腰痛持ちで、
運動不足気味?が故に、1時間は使え、その効果が実感できる。健康機器として
久々のヒット。 
 
◉ 表面がゴム状で、ソフトボール大。 3儡岾屬領海付いていて、1儖未
粒が付いている。これをベースにして、他の機能を付けた新たな商品化が出来る
のではと考えてみた。 例えば、ステレオ、補聴器、360度の球形TVとか、人間
応対型AI、照明機器。デジカメも面白いし、パソコン端末も… ドローンの腹に
持たせると、これまた。移動型監視カメラも。製品開発担当なら、このアイデア、
ピンと来るはず。地球も考えてみれば、球状。何か人を引き付けるものがある
のでは? 鷲の頭に球状のカメラ付きヘルメットを被せて、撮影も。
野球審判の頭にカメラを付けたTV中継は、スポットで時どき行われている。
卓球の玉とすれば、充電式ホッカイロも。

◉ 球形の飛行機といえば、気球が思い立つ。ケニアの早朝サファリで乗って
みたが、思いの外、安定していて恐怖感はゼロ。ヌ〜の群れや、ライオンが、
怖ろしいのか、二匹が必死に逃げていくのを追いかけたり、空からサファリも
ある。 砂漠の真中で、銃で野生動物から襲われないようにガードマン付きの
朝食も何とも優雅。そこで、サファリカーに乗換て、次のサファリゲームへ。
そうこう、人生を考えると、『遊び』『働き』『学び』『休息』の4つと
分けてみると、遊びが飛び抜けていたようだ。
とすると、男より女性が得意になる。若いうちは、特にそうか。但し、親から
自立できているかどうか! これは男も言えるか。

◉ 話を電動マッサージに戻す。10数年前、腰痛が重くなり、様々な対策を。
海老反りマシーン、腰叩きパッション、土台振動マシーン、居間では、
低反発座布団。ベッドでは、低反発枕にシート。久々に健康機器売場で
驚いたのが、以前は「キワモノ」扱いだった、それらが主役に。ある意味で、
このマッサージボールは、その集約した機器のように思えるから不思議。。

・・・・・・
6412,閑話小題 〜まず聞いてやること!
2018年10月03日(水)
   * ユング心理学の真髄
 17年半の間、休むことなく、一日一テーマのレポートを書いてきた。
その日に書き残しておきたいこと、未来の自分に、親しい友人に、語りかける
ように、その為には、まず自分が理解し、納得した情報、知識を刻印するつもり
で書き続けてきた。およそ集中した1万5千〜2万時間を入れてきた。
 ある本に、
<ユング心理学の神髄は「聞く人間がいないと必ず狂気を発する、不安定になる。
 それがさまざまな犯罪を発生させる原因になっている。>の言葉に、ハッとした。 
カーネギーの6原則の一つ、このテーマ日記、何かしら心に残った知識情報を物語
にし、誰かに知らしめることで、毎日、生じては消えていくワダカマリの毒消し
になっている… 刑務所内で人知れずに犯してきた犯罪者が、つい仲間に話して
しまうのは、己の良心の呵責の狂気に陥いることから、逃れる為ではないか、と。
 ―
 ほぼ犯罪に近いと思われる内幕情報屋は何処の社会に存在する。彼らは、
その類稀なる嗅覚で、それぞれが持っている傷を何食わぬ顔で、聴き出し、
静かに触れまわることを業とする。問題は、その醜態の己に気づかないこと。
対話の基本は、まず相手の話を聞くこと。その後に、自分の話を語ることが、
基本。とすると、‘聞き手は相手に話す時を与えることになる’ 誰もが、自分
の話を聞いて欲しいのである。で、私は、毎日、3時間かけて、一テーマを物語に
して静聴して貰っていることになる。成るほど、感謝しなくてはならない。
少々、馬鹿丸出しでも、聞いてもらえる、読んでもらえるだけで充分。
 
 デール・カーネギー著『人を動かす』に「人を好かれる六原則」がある。
1.心から関心を寄せる
  a.人は自分のことばかり考えている
  b.相手に関心を引くのではなく、自分から関心を寄せる
2.笑顔: 非言語コミュニケーションは嘘をつかない
3.名前を憶える: 名前が言葉で一番心地よく重要
4.良い聞き手になる。相手が自分のことを話すように促す
  a.話し手を満足させる
b.相談されたら聞き役に徹する
5.相手の興味があることについて話す
6.褒める: 相手が自分のことを重要だと思えるようにする
a.初対面で褒める
b.とにかく褒め

 以上だが、この中で最も重要なのは、まず「良い聞き役になること」。
内幕情報屋は、この人間の持っている弱点を利用する。噂話は自らを最も
卑しめる犯罪的行為。どれだけ魂の殺傷行為を繰返したか、それが分からない。
「悪い聞き役」である。 ネット社会は、それが瞬時に拡大するから恐ろしい。
ある意味で、私も「ネット内幕情報屋」に成り下がっているのかも…
自他の、魂と心の境界を超え、語りかけるためもある。毎日、聞いていただける
だけでも、救われるが、<多くの人を傷つけていることを自覚しろ!>と、兄に
忠告された。自らの心の傷の血を、知らずに、誰かの傷口に擦りつけている。
現代人、とりわけ、都会人の心の内は『孤独の群衆』。求めているのは、他人
の温もり。それも{不幸の味は蜜の味」の温みを。だから、あのようなのが、
闊歩できる。誰の心にも「内幕情報屋」がヘドロ化して住みこんでいる。 
 本来は、「男は黙ってサッポロビール」だが… 

・・・・・・
4950,「嘘みたいな本当の話」
2014年10月03日(金)
  * 「嘘みたいな本当の話」の書き方   
           『嘘みたいな本当の話』内田樹、高橋源一郎:選者
 この内容に似たテーマの文章を幾つか書いてきた。空中離脱や、ジンバブエ
の鉄橋からのバンジージャンプや、意味ある偶然の一致の経験、などなど。
それもあってか、もの足りないが、その軽さと、切口も悪くはない。
≪ 投稿された中での選定の基準のひとつは、「奇妙な後味の残っているもの」
 と、「そういうことってあるよね」感のあるものという。これは随想そのもの
にも言えるが。例えとして、次の古典的なショートショートが良い!
≪「地球最後のの男が、最後に残ったシェルターで、いま死を迎えようとして
いた。すると、ドアをノックする音がした。」 これを選者の内田樹が読んだ
のが、中学校の時で、半世紀も忘れてなかった。そして、いまでも、
「人間とはあらゆる修辞的装飾を剥ぎ取った場合に何ものか」という定義を
試みるとき、この条件設定をしてしまう。それだけこの「奇妙な味」は僕の中に
内面化してしまったことになる。もうひとつ、「そういうことって、あるよね」
と言うのは人間の可能性を押し広げる重要なキーワード。
「成瀬さんて、空中浮揚するらしいよ」「うん、そういうことってあるよね」 
そういう感じで使います。・・ つまり、「奇妙な後味」も「そういうことって、
あるよね」も、どちらも自分が「人間とはこういうものである。世界はこういう
もので成り立っている」とリアルかつクールに考えていることの
「ちょっと外側」を感じさせ、結果的により精密に、かつ奔放に自己観察を
するきっかけになるものだということになる。・・ ≫
▼ ものを考えたり、文章化をする時、この二つの基準が、何が大切かを
 考えさせる。「嘘みたいな本当の話」のネタは、考えれば幾らでもある。
モノゴトをじっくり観察すれば、何事も「嘘みたいな本当の話」になる。
問題は、気づくか気づかないだけ。だから精密に、奔放に観察するしかない。
そこに、奇妙に味わいが出てくる。「本当のような嘘の話」が、小説だが、
その間逆をショートショートで書くのだから、それなりの観察が必要だ。
・・・・・・
5315,投資も人生も長期思考で!
2015年10月03日(土)
     【澤上篤人×出口治明対談=投資も人生も長期思考で!
                           新潮45・3月号】
   * 戦後40年が特別の時代だった
 {戦後からバブル崩壊をするまでの35年間が、地球史上、稀なる高度成長期
にあった。その時代に生まれ出たこと自体が、幸運中の幸運で、現在の長期不況
が当り前と思った方がよい」という論は、充分に実感できる。私の事業立上げが
丁度、天辺だったことになるが、その時は、そのことを知りえようがない。
だから準備期間の15年の方が、実業期間より面白かったのは、右上がりの
経済環境の所為もあったことになる。長期設備投資の事業もあって、長期的
思考を求められたが、見切り時期が最終段階になってからだった。それでも、
表層雪崩の段階で決断したが、甘かったことは間違いない。 〜その辺りより
≪ 出口: 朝起きて、今日も頑張ろう、今日も楽しいなと思っていれば、
 それが最高のライフワークバランスだと思うので。人間にとって何が
 いちばん楽しい人生かといえば、やりたいことをやることです。
澤上: 出口さんが言われたとおり、好きなことをやるのがいちばん面白い。
 今までは日本経済が伸びてきたから、みんな右肩上がりに成長してきた。
 ・・大企業、中企業、小企業、町工場、それぞれが右肩上がりの三角形の
 どこかに乗っかっていた。だから、生きていけたし、落ちこぼれもなかった。
 でもその右肩上がりの三角形はもうないんです。大企業でも潰れるし、
 逆に小さな会社が何回もチャレンジしてのし上がることもある。
出ロ: 二十世紀の後半は、冷戦があったというのがまず大きい。
 世界でいちばん豊かなアメリカが、日本に脛をかじられても怒らなかった。
 僕がサラリーマンだったころ、日本がアメリカの繊維産業を潰したとか、
 次は鉄鋼産業や自動車産業も潰すんじゃないかと。昔だったら戦争です。
 でもアメリヵがなぜ本気で怒らなかったかといえぱ、冷戦という枠組みで、
 日氷の存在が貴重だったから。これはラッキーでした。  ・・・(略)
出口: 高度成長には自分で行動しなくても、みなと同じように働いていれば
 自然に成長するのです。めちゃくちゃ楽ですよ。日本は一九九〇年のバブル
 崩壊まで三十五年間、実質七%成長していました。七%成長というのは、
 十年間で、経済規模が倍になる数字です。給料もそれに近い形で増えます
 から、とんなに幸せなことはないのです。
澤上: それが先ほどから言っている右肩上り三角形です。企業に勤めて、
 真面目に働いて、自分でも頑張っているような気がしている。
 でもよく見てみると三角形に乗っていただけ。その大前提が全部なくなった。
 そうすると一人ひとりが自分で考えて-行動するレかない。でも、それは実は
 経済の原点なんですよ。これだけ幸せな状況が続いたのは日本だけです。
 世界には全く例がない。日本がやっと世界の常識と同じになったんです。
出口: ええ。戦後の日本が特別だというのは、中国の歴史を見ても分かります。
 中国では、平和で成長して、みんなが幸せだった時代を盛世と名付けています。
 漢の文景の治と、唐の貞観の治と開元の治、そして清の康煕帝の時代です。
 四千年の歴史のなかでたった四回しかなくて、しかもそれぞれが平均すると
 二、三十年です。二十年戦争がなくて、経済も良くてというのは、本当に
 世界中を見わたしてもめったにない。だから「あの頃はよかった」とか
 思わずに、戦後は宝くじが五回くらい連続で当たった特別な時代だと思った
 方がいい。今が普通だと。≫
▼ こと人生と、事業の万一の備えは、してきたが、50歳代に、捨身で
 余生30年分を圧縮した生き方をしたのが良かったと実感してる。
両人の言うとおり、奇跡的な良い時代背景に生きてきた。これだけは自分の力
の及ぶ領域でない。この時代に生きただけ充分、結果?何ぞは如何でもよい。
まったく時代背景の豊かさにに鈍いのが多い! で、偶然、以下の文章に続く。

・・・・・・
6047,一億総貧困時代 〜読書日記 −1
2017年10月03日(火)
「前書き、後書き、目次」を図書館で一読して借りてきたが、一つ間違えれば、
私も、この具体例の一員になっていた可能性が充分あった。ネット時代、
情報は一瞬にして世界を駆けめぐり、ベストにエネエルギーが集中するため、
大方は一強多弱の弱者になり、貧富格差は広がるばかり。義務教育の最終年の
中3のクラス・メンバーを想いだすと、玉石混合の社会の縮図であった。 
 ・戦災孤児で、寺男のような生活を…
 ・継母と折り合いが悪く…
 ・居酒屋の店の2Fの6畳の部屋に…
 ・父親が土方で、休日は、その手伝いが日課…
・ 昔・遊郭の真ん中で育ち、やがてヤクザに… それが更に…
その大方が、既に亡くなっているか、看護生活に入っている。
逆に上位数人は… 順調な?人生を歩んでいた。
 〜まず、内容紹介より


7867,閑話小題 〜〜何とか10月!

2022年10月02日(日)

閑話小題 

   * 今年の夏場は…そして秋口は!
 このところ毎年のように天候不順で8,9月が荒れる…今年も例外なく
最後まで大荒れだが、そこには恵みを伴う。柏崎…刈羽原発が起因する説も
あるが、資源の少ない日本には必要である。その密度は尋常ではない。
柏崎・刈羽原発の再開も視野に入ってきた。稼働せざるを得ないのが本音!
   ーー
   * ロシアが原爆投下の瀬戸際に
 これまでの,ウクライナ侵攻の惨敗で,引くに引けないプーチンは、
最期の拠り処の核弾頭ミサイルの発射をすると見て、よい。狂ったのを
大統領に選部ぶと、こうなる!との見本になる。そして、この決断?こそが、
パンデミックの◎◎が,プーチンの証明にもなる! この程度なのがロシアの
大統領ということ。まあ、その後のいく末が見もの。



7866,閑話小題 〜やってきた10月

2022年10月01日(土)

 ところで、過去文を読み返して、数年間の当時の自分と出会っている感覚が
我ながら面白い。ほぼ毎日、こんなことを、繰り返し、ぼこぼこと脳の底から
沸き上がってきている。 人間なれば、多かれ少なかれ、事象が少し違えども
似たようなものか? 過去に垂直に立ち上がった自分との邂逅も書き残す
秘儀ということ。 残るのは垂直に立ち上がった永遠の純粋の「わたし」。

・・・・・
2015年10月31日(土)
5343,閑話小題 〜電動アシスト自転車を乗り始めて6年
  * 電動アシスト自転車を乗り始めて6年
 6年前の、この31日分の文章をみると電動自転車のことが書いてあった。
まる6年間乗ったことになる。年間200日×6年=1200日。さらに一回15キロ
として1万8千キロ走ったことになる。地球半周近くになる。2年前に、4年間
乗ったマウンテンバイクから、現在のクロスバイクの乗り換えたが、今では
早朝の日常生活の一部になっている。それまで、殆ど、自転車に乗ることは
なかった。しかし、これを乗りつけると便利な代物。 しかし、何故か街中で
見かけることが思ったより少ない。買換えの時期に来ているママチャリに
電動アシストを家内に勧めても、「近くだから必要ない!」の一言!
試乗を1〜2度しても、いま一つピンとこないようだ。あくまで、スーパー
の買い物の手段としてしか見てないため。乗っていること自体を楽しむ、
着想が持てないため。こうした感動を書き残していると、当時の光景が、
そのまま伝わってくるからよい。
 
――――
2006/07/31
1945, 満水の阿賀野川河口でカヌーに乗る
                    (。^0^。)オッ
 豪雨で満水の阿賀野川河口でヨットカヌーに乗った。
大学時代のゼミの後輩Mさんが、最近ヨットカヌーに凝っていて、
「今度、是非カヌーを乗ってみませんか」と誘われていた。
先日行われた「新潟県活性化の会」を仕掛けている人だ。

 来県の前日の27日に電話があり、
「車の上にカヌーを乗せて東京の自宅から来たい」という。
天気予報では豪雨注意報が出ていたので、「カヌーなど絶対に無理」と
言ったが、それでも車の上にカヌーを乗せてやってきた。
「出来ないとしても、帰りの道すがら何処かの河で浮かばせるから!」
という。好きな人はそういうものだ。

 天気予報では豪雨、絶対にこんな時にカヌーなど不可能と、
服装などの準備は全くしていなかった。
一昨日の29日の朝、どういうわけか打って変わった穏やかな天候になった。
(前夜半はかなり降ったようだが)

 前回にMさんが来て、一緒に飛行場周辺を見て回った時に、
阿賀野川の河口がカヌーの最適の場所と目を付けていた。
当日そこに行ってみると、数日の豪雨のため河は溢れていた。
しかし、Mさん「平気で大丈夫です、乗りましょう」という。
    
 この玩具みたいなカヌーでこの河口を乗りまわるなど、とんでもないと
思ったが、本人は「平気、平気、何でもないですよ」という。
そして、ドンドンカヌーを組み立て始めた。    (o_o ;)

 岸沿いを漕ぐのかと思いきや、どんどん河の真ん中の主流に出て、
そして対岸まで行ったしまった。         \(゜ロ\)
当然この満水の中、他のボートは1隻も見当たらない。
沿岸にはモーター・ボートが20艘ほどあったが、この洪水一歩手前
の中、誰も乗るはずがない。      ヽ(///>_<;////)ノ

 始めは少し恐怖があったが乗っているうちに、恐ろしさが全くなく
なってきた。地元の人からみたらとんでもことであろうが・・
それにしても、面白い!
豪雨のため大きな流木が彼方此方流れてくるが、それを避けながらボート
を操るのだ。 ふと気づくと2時間近くたっていた。

 そして、午後は寺泊の海岸に移動、再びカヌーを浮かべた。
また河とは違ったスリルがある。風が不意に舞うのと、海流の動きを
みながら操る。河とは全く違う面白さがある。

 Mさん、「このカヌーあげましょうか」というが、
私が乗りこなせるものではない。 丁重にお断りをした。

Mさん、ヨット歴をいれると30年は舟に乗っているという。そりゃそうだ。
あの川幅のある阿賀野川の満水の中、流木を避けながらヨットカヌーを乗り
こなすには長年の経験が必要だ。
    
 Mさん、その日は遅くなったので急遽、長岡に宿泊。
殿町を深夜まで飲み歩いた。( ^^)/▽☆▽\(^^ )  
そして、翌日の15時過ぎまで午前・午後カヌーを楽しんで16時に東京に
帰っていった。やってくる前日、知人の通夜があり、数時間しか寝ないで
新潟にきたというから、凄いエネルギー!これも、能力というのだろう。
   ー阿賀野川の満水の河渡りは、一生ものの思い出になった!ー
                (@´∀`p★)゜*。
――――
2006/08/01
1946, 満水の阿賀野川河口でカヌーに乗る−2
            Good☆':.*^ヾ('c_'ヽ,,)*.:'☆Morning

 その日(7月29日)の夜、松下さんと長岡市の駅近くの「一心堂」という
スナックで飲んだ。そこで、「阿賀野川の河口で帆付きのカヌーで向う岸に
渡ってきた」と、酔っ払いの自慢話。ところが、マスターとスタッフが、
そこをよく知っていて、「大きな川の河口は恐ろしいところで、あそこでは
エンジン付きの舟以外は誰も乗らない。知らないだけで、とんでもないこと。
何も知らない子供が、寝ている虎の背中に乗って遊んでいるようなもの。
少しでも川の流れが変化したら、どうなったことか・・・」と、呆れていた。

 翌日、会社で近くに住む人に話たところ、もっと厳しい指摘。
「あそこは海の波と川の波がぶつかり合っていて、いつどういう波が来る
か分らないところ。毎年何人か人が死んでいる。そのため誰も泳ぐ人もいない
危険地帯。この豪雨の翌日にカヌー遊びなど危険とかいう問題ではない。」
流木が多く流れていて危なそうだと思ったが。
誰も泳いだり、ボートなどに乗ってないはずである。
松下さんは海が主流で川では乗らないといっていた。
さらに大きな川や、その河口も初めてと言っていた。
知らぬが仏だったのか。たまたま、そのような幸運なTPOSを遭遇したのか。

 カヌーも経験すればするほど深い世界であり、のめり込んでしまうという。
一人でカヌーを持って川に行き、組み立て、そこで遊び、また解体して車に積み
込み、一人で帰ってくるのが良いという。こういう趣味を持っているのは羨ましい
限りである。おまけに、河口湖に別荘を持っていて、そこでカヌー遊びなど・・・
人は人、我は我だが・・・ こういう羨ましいと思った時、自分の趣味を持って
いると、余裕を持てるからよい・・・
「趣味は、その人をそのまま現す」というが、そのとおりである。
永年かけて一人で自分の世界を作り上げていくプロセスを楽しむもの・・
人がとやかくいう世界とは別物。

 ――
(ところで、一心堂というスナック開業70年という店。
私の母とマスターの母が同級生。その上、私の兄とマスターも同級生ときている。
こういう老舗が地方都市には多いが、最近どんどん廃業している。
このテーマと関係ないが)
                 バイヾ( ̄ー ̄ヾ))))

・・・・・・
2018年10月31日(水)
6440,読書日記 〜やさしさね
           「やさしさ」という技術 2015/12/3
                   ステファン・アインホルン (著),
   * やさしさは、気づかいから… 
 10年前に、人生の終止符の目安にしてきた75歳まで、あと2年3ヵ月。
この年齢で、ガンで余命2〜3年か、脳梗塞で寝たきり状態のはずだが、腰痛が
少し辛いぐらいでいたって元気。事業の新潟駅前シリーズで縁あった営業関係者
たちが、この10年で次々と亡くなっている。そろそろ順番が来そうだが…
全く、その兆候がない。 75歳が男にとって大きな節目。そこで心の底から
〔 いや面白かった! やり残し、言い残しはないし、後悔は多々あっても、
 抱えて逝くに丁度良い質量。『自分の人生、これで結構気にいっている!』 〕
と、言えるかどうか。自分への「やさしさ」は、実に良かったといえる行蔵を
蓄積してきたかどうか。この本の副題が「賢い利己主義者になるための7講」。
<賢い利己主義者> 利己主義には、何やら賢くないの意味が含まれるが、
少なくとも集団第一主義より遥かに良い。賢いに「考えている」の意味が
含まれるため。
 
 <20歳で起業を目指す>と決心した時から、利己主義、個人主義の傾向が強く
なったが、当然といえば当然。当時の時代の趨勢からしたら、個人主義に
なるということ。 これは我が道を行く孤独業でもある。自分の周囲に垣根を
つくり門を構えて、出入りを制限。そして家の奥間で、自問自答。
それが慣れるほど社会が面白く見えるが、嫌な奴と誤解される。嫌な奴そのもの
になる。常に森の上から、自分と、環境を観る視線があるからである。それが
現在まで続き、このブログの17年半の継続に繋がっている。 
 それは、まず自分の立ち位置をはっきりさせる、まず自分に優しくなることに
他ならない。自分への優しさは、他人へ直につながる。
「内が白で、外側が黄色の日系ハワイ?、?をバナナと」いうが、大都会なら受け
入れられても、個人主義は、まだまだ拒否反応が強い。
それが現在ではスマートフォンなどの情報化で、内側は白基調の混濁色に… 
 面白くなってきている。

―― 
内容紹介(Amazon)
 北欧で社会現象となった世界初の「やさしさ学」講義。

なぜ、見返りを求めない行為があなたの得になるのか?
なぜ、「高い収入」や「名声」を求める人ほど幸福度がダウンするのか?
なぜ、多くの動物が「思いやり」や「やさしさ」を持っているのか?
ノーベル賞の選考委員会を擁する世界トップ医大・カロリンスカ医科大学で
「学生が選ぶ最優秀教授」に輝やいた名医が、わかりやすく、感動的に語る!
「死ぬ前に後悔しない人生」を確実に手に入れるための名講義、日本上陸。

◎やさしさは誰でも身につけることができる「技術」である
◎「高収入」「名声」を求める人ほど幸福度が低い
◎銀メダル選手より銅メダル選手のほうが満足度が高い
◎他人に目をかけられることは心身の健康に不可欠
◎他人を褒める人ほど出世する
◎衝突は百害あって一利なし
◎やさしさは個人にとっても社会にとっても大きな「得」をもたらす


▼ 先日、学生時代からの酒友と10数年ぶりに地元の長岡駅周辺で酒席を共に
 した。73歳になろうとした現在でも、1年2ヶ月ぶりに、社長交代で現場に
呼戻されて今も現役という。社長直属のコントローラ役の便利屋的存在か。
20〜50歳代が占める中で大変だろうと思うが…。声は小さく、掠れ気味だが、
絶対肯定的なオーラが出ていた。 一軒目の居酒屋では、出てくる料理に
箸をつけると、次々と「美味い!」と。特別サービスセットもあり、値段から
みて好感が持てた、そのまま、「良い店を紹介して貰ってありがとうと…」と。
そして二軒目のスナックでは、隣の客と、直ぐに馴染んで… そして、何気なく
褒めたおす。地元の否定的空気に慣らされて馴化してしまった自分と比べ?
早々のリタイア肯定派の見方が、ここで軽く躱されてしまった。
 群れるのも、人によって、必要条件、絶対条件も、あるのでは! 
家のスペースが小さい為、居心地が悪いこともあるというが。
卓上の大型犬が、再度、働き出た直後、夫婦して働きに出て散歩時間が
激変をしたためかストレスで亡くなってしまったというから、犬が逝くか、
当人かだったと、ブラックジョークも忘れない。
 
 やさしさ〜 人生で一番足りなかったのかも。
末っ子はやさしさを受けて当然と思いがちで、与え方が苦手。
何やら褒めることが第一歩は分かってはいるが… 

 < 過去  INDEX  未来 >


horii86 [HOMEPAGE]