水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2020年07月31日(金) 荻原浩『空は今日もスカイ』

『空は今日もスカイ』は、短編集「海の見える理髪店」の四番目のお話。
この短編集は家族を見つめていて、これまでの主人公は大人でしたが、
今度は子どもが主人公です。

小学三年生の茜は、英語を勉強中。
空はスカイ、木はツリー。英語にすれば目に映るものが新鮮に見えてくると、
茜はポジティブで元気があります。
茜の境遇に少し同情していたら、もっと大変な境遇の男の子が登場。

ふたりの冒険にハラハラ。
案の定、心配な展開になってきて、、。
読後感がものすごく もやっと。

この短編集には入れてほしくなかったような気がします。
今までのしっとりとした余韻が飛んでいきました。



水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加