水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2019年04月08日(月) 宮下奈都『初めての雪』

女友達とのふたりだけの温泉旅行で、秘密を打ち明けられる<私>。
友達の名前は<梨香>。

梨香ちゃん!
温泉は良くないわよー!

どうしても親目線になってしまいます。

なんでも話せるからといって、親友とは限らないけれど、
<私>の心の広さに救われます。
ともすれば、重くなる話なのに、なんだか気持ちは明るい方へ。

そして、このお話にも台湾の医者がでてくるなんて。
夢占い?

「遠くの声に耳を澄ませて」はちょっと特別な短編集。
登場人物やその関係者があちらこちらに顔をだす。


2019年04月05日(金) 宮下奈都『部屋から始まった』

黙って座れば、どんな身体の不調もぴたりと言い当てる医者がいると聞き、台湾まで行く依子(よりこ)。
なぜ診てもらうのかといえば、体の芯のあたりがムズムズするかららしい。

うーん。
診察らしい診察もないまま、医者の言葉を鵜呑みにして、貰った薬を飲んでいますが、、
大丈夫でしょうか?

ここではないどこかへ行きたい衝動って、あります。

特にお天気のいい日は遠くへ行きたくなります。

ですが、薬を飲むのはやめて!外国で倒れたら大変よー!

なぜか、ソワソワしてきます。
それは、たぶん、自分にできないことを軽々とやってのける依子が
うらやましいだけ。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加