水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2018年10月17日(水) 宮下奈都『転がる小石』

読み終えて、「波照間島」をネット検索しました。
日本最南端の有人島・波照間島をパソコン画面で見れるいい時代です。
たしかに碧い!海と空。
素敵なところですね〜。

『転がる小石』では、波照間島にいる陽子ちゃんから「おいでよ」と電話で誘われ、「私」は陽子ちゃんのもとへ飛んでいきます。
いいなぁ〜そんな女友達。
陽子ちゃんと私が知り合ったのは、パン教室。というのが面白い。
お教室あるあるに、クスっときます。

─すごい人と会うと敬虔な気持ちになるね─
陽子ちゃんのつぶやき、よくわかります。
半端な気持ちでは、売れるようなパンは作れません。
覚悟をきめた人は強いのですよ。
そして、遠くへ行くと、自分のほんとうの気持ちに気づきます。

先日読んだ『アンデスの声』では、エクアドルの首都キトを検索しました。
写真を見ると、小説の印象も深まります。


2018年10月11日(木) 宮下奈都『アンデスの声』

「遠くの声に耳を澄ませて」(宮下奈都 著/新潮文庫)を読んでいます。

読書の秋に 似つかわしい一冊になりました。
短編集なので、気軽に読めます。
短い物語でも、さまざまな思いが広がります。

最初は、『アンデスの声』。
祖父母と暮らしたときの思い出がよみがえるのは、こんなときかもしれない。

生まれ育った地元からほとんど出たことがなかった祖父母のお話。
遥か遠い国の景色を胸に抱いていたなんて……。

やさしい気持ちになりました。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加