水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2017年04月07日(金) 村山由佳『約束』

「短編工場」(集英社文庫)の掉尾を飾るのは、村山由佳『約束』。
12編の「短編工場」の中で、一番、心に残りました。

今も、まだ、心がざわざわしています。

昭和61年。
田舎町の小学校で仲良しだった、僕ら4人のお話し。
いつも一緒に遊んでいた4人なのに、ひとりが難しい病気で入院します。
何とか病気を治したいと考えた僕たちが考えたことは──。

あぁ、小学生だから、考えたことを実行に移せるんですね。
10歳の頃は、人生の中で特別な季節なのだとしみじみ。。


私も何か大切なことを忘れているような気がします。







2017年04月05日(水) 熊谷達也『川崎船(ジャッペ)』

新年度を迎えました。
新社会人になられました皆さま、おめでとうございます。
無理のないよう、頑張り過ぎないよう、充実の毎日を過ごしてください。


『川崎船』は、漁師の若者 栄二郎が主人公です。
沿岸漁業の小さな村で漁師の跡継ぎとして育った栄二郎。
戦後、漁船が手漕ぎから機械船に移っていく時代、栄二郎も機械船が欲しいのに、耳を貸さない頑固な父親。
反発する気持ち、わかります。

方言満載なので、その時代のその村を訪ねたような読後感。
いつの時代も、親は子どものことを考えています。





水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加