水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2016年12月09日(金) 乙一『陽だまりの詩(シ)』

命には終わりがある。
モノだって、劣化していく。
いつか必ず、終わりがある。
ロボットにも寿命がある。

ロボットは感情をもつのか?死を理解できるのか?

乙一の『陽だまりの詩(シ)』は、やわらかく温かい。
「詩」と書いて、「シ」。タイトルが巧みだ。


自分が死んだときに埋葬してほしいと、作られたロボットが、「私」。
ご主人をなくした「私」のこれからが、気にかかります。



水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加