駄文日記

2005年02月28日(月) 「空の境界」・・・月記

1月の月記で書いた「エンジェルハウリング」の10巻が
手にはいらないため、旦那から「空の境界」の上下巻を
借りて読破しました。

この著者の奈須きのさんは、もともと、人気同人ゲームの
シナリオを担当している方で、この小説は同人で出してい
た物に手を加えたものだそうです。

描写が一部グロかったりして読みづらい所もありましたが、
かなり読み応えのある本でした。



2005年02月01日(火) 泣けるぜ。(月記)

ということで、2月はバイオ4にハマっていました。

本来、私はホラーゲームは恐いからという理由で、
苦手だったのですが、このバイオ4、メインの敵が
ゾンビから、人(寄生されていますが)になった為、
出来るようになりました(オイ)

しかし、このバイオ4、舞台がスペインのとある
山村ということもあり、当然敵である村人たちは
スペイン語を話しているのですが、その台詞の中に
空耳ちっくなモノがあるのですよ。しかも、かなり、
おまぬーな、台詞に聞こえたりするのですよ。
気づいたのは、某ゲーム雑誌のせいなのですが、
なんというか、その所為で恐怖度半減といった感じです。
ハッキリいうと、笑えてしまうんです。

それだけにも留まらず、今回の主人公のレオン君も
けっこう、やってくれてます。台詞がイカしているんですよ。
バイオ2の時と比べて、性格も砕けたというか、なんというか、
「この6年間で何があったの?」とツッコミを入れたく
なるような変わりっぷり。しかし、2枚目になりきれていない
ところが、また良い感じだったりします。

旦那はこのひと月で2回クリアしたみたいですが、私は、
まだ前半で止まっています。だって、やっぱり、恐いですから、
ねぇ?


 < 過去  INDEX  未来 >


広岡たのも