うらにっき。


OLD INDEX NEW BLOG PHOTO MAIL


現状報告。(実はあんまり・・・・
2009年09月12日(土)


思わしくないんですよ。)
 
 
 
と、表のブログを休みにしたら裏に登場。こんにちは。(笑
 
体調のこと、リアルに記せるのはこちらなのでね。
表のブログを休む理由を「仕事と腰痛」にしてますが
実はパソコンの前にあんまり座っちゃいけない理由第一位は
「出血」です。
仕事は金曜にはひと段落着いてます。(苦笑
腰痛は温湿布貼っておけば数時間単位のPC作業くらいならこなせます。
 
 
そうなんですよ〜。(だから、どうなんだ?
 
術後1回目の診察(前回の。院長先生にみてもらったの。)では
出血は「全く!」といっていいほどなかったのに
その翌日からさらさらオリに色が付き始めて
それが徐々にベージュとなりピンクとなり・・・と濃くなっていって
診察から4日後くらいでは「これ、明らかに血じゃね?」状態。
しかも、生理でくるようないかにも「溜まってたのが降りてきたよー」ではなく、さらさら。
たぶん生理ではないと思うし・・・。(周期的に早すぎる。)
術後から続いている「さらっとしたオリ」の分泌がなければ
明らかに鮮血なんだろうと思わされるような、そんな「血」なんです。
量も徐々に増えてます。
 
昨日、術後2回目の診察に行ってきたのだけれど
「出血はしてるけど、おかしいところからの出血じゃないし、
これくらいの量なら大丈夫」とは言われたんです。
が。
「これ以上量が増えたり、塊がごろっとでてきたりしたら
す ぐ に 、見せに来てね!」と。
その上で
「今は焼いたとところが瘡蓋になっていよいよ剥れようとしているところで
一番出血しやすい時期だから・・・ 用 心 し て ね ?」と、
念を押されてしまいました・・・。
直接患部に塗布するタイプの粉の止血剤も降ってもらったんだけれど
効き目ほとんどないようで、
診察の2時間後から出血再開。
その後も順調に(?)出血し続けております。
 

術後数日出血がなかったのはおそらく止血剤(飲み薬)効果かと。
その後の出血は・・・
すぐに血ー出る私なら想像の範囲なのかもしれない。先生にとっては。
なんせ、この手のタイプの手術はよく手がけていらっしゃるんだけれど
「夏海さんは『やっぱり』、術中の出血も普通の人より多かったんよ」とのことで。
私も冗談で「やー、私血が出やすいから〜。手術中も血がいっぱい出て、
止血の為に術部を焼く時間、長くかかるかもですね〜」って言ってたんですが
冗談じゃなかったようです・・・・。(凹
どうりで術後からこっちふらふらするなーと思ってたのよ。
絶対貧血も出てる。
 
 
と、いうわけで一応、
いまさらながら安静にしてみよーかなー、と思ったわけです。
仕事も落ち着いたしね。家は片付かないけど。(><;
でも、術後2週間目の「危険な時期」を越えるまで、
出来るだけ寝てようかと。
当然仕事のチェックはしないといけないから一日一度はPCも立ち上げるし
さすがに洗濯と料理だけはサボれないから
最低限の家事はするけど。(といっても超手抜きだけどね)
 
出血がまさかのまさかで「早すぎる生理」だったら
ありがたいんだけれどね〜。
手術でびっくりしちゃって早まっちゃった・・・とか。
ないかな?ないよねー。(^^;
 
昨日から「横になっていてもできる娯楽」を再開させました。
本はまだダンボールの中なので・・・ゲーム。
いまさらながらにFF-2。途中で放棄してたのよね。
最初からやり直してみる。
安静してるうちにクリアできるかしら。(苦笑
 



   
 + Skin by Simple junkie +   +