水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2020年02月13日(木) 北村薫『パトラッシュ』

北村薫の短編集「遠い唇」(角川文庫)の三話目は『パトラッシュ』。
パトラッシュといったら、アニメ「フランダースの犬」に登場するセント・バーナード犬の名前。
少年ネロの「パトラッシュ…」に続くセリフが反射的に出てきますが、そのパトラッシュのことかしら?
と思ったら、はい、そのパトラッシュをイメージさせる大きな背中の男の人と
同居する女の人のお話です。

謎解きにもいろいろあるんですねぇ。
ふたりの暮らしの中の、ちょっとした謎解き。

帰宅したときにお風呂場で感じた違和感からの推理はお見事。

ふたりの出会いの頃の描写もいい感じ。

とても短いお話なのに、心温まりました。
ほのぼの。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加