てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpast


2020年07月08日(水)

●今日一日

【午前】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【午後】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【夜】
会合(地域)/横浜市西区


2020年07月07日(火)

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会(質疑)/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団会議/県庁
行政相談対応(子育て)/同
厚生常任委員会(質疑)/同

【夜】
厚生常任委員会(意見発表及び採決)/県庁
会合(議会)/横浜市中区


2020年07月06日(月) 数か月振りの立憲民主党支部常任幹事会

数か月振りに党総支部の常任幹事会を開催した。主催者は支部長である私自身。この間の様々なご報告と、今後の活動について話し合った。

厳しいご意見も頂いたが、それこそが良し。立憲民主党も、私自身もチャレンジャー。大きな相手に立ち向かっている。向上心が失われたら勝負にならない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【午後】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【夜】
党県14区総支部常任幹事会/相模原市中央区中央
会合(党)/同


2020年07月05日(日) 友人の誕生日祝いで集まったメンバー

友人でもある支援者の誕生日祝い。駅前の居酒屋さんで盛大に開催された。集まったメンバーも飲食店の経営者が多い。

コロナ下でその経営は厳しいはず。久しぶりに元気な顔を見れた方もいて安心した。同じ地域で生きている者同士、今後も協力していきたい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【午後】
地域まわり/衆議院神奈川14区内
街頭活動/相模大野駅南口

【夜】
打合せ(選挙)/相模原市中央区中央
支援者誕生日祝い/相模原市中央区相模原


相模大野駅で街頭活動です


2020年07月04日(土) 藤井裕久先生と最初に出会えた運

明治大学に入学して、即雄弁部に入った。先輩に「国会議員に会ってみたい」と頼んだ。「お前の地元の議員は誰だ」と聞かれた。「藤井裕久さんと、甘利明さんと、加藤万吉さんです」と答えた。

「よし藤井裕久さんはツテがあるので紹介しよう」と言ってくれ、その翌週には衆議院会館の事務所で面会した。会うだけのつもりだったが、結果として学生ながら事務所をお手伝いすることになった。

生まれた初めて会った議員が藤井裕久先生である。一番最初に本当の政治家に出会えたことは、今に至る私の政治活動に大きなプラスとなっている。運がいいとしか言いようがない。

●今日一日

【午前】
打合せ(選挙)/相模原市中央区中央
事務作業/事務所

【午後】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【夜】
会合(地域)/相模原市緑区橋本
支援訪問/相模原市中央区上溝


2020年07月03日(金) 宇都宮健児さんを応援している

都知事選挙が最終版を迎えている。私は宇都宮健児さんを応援している。立憲民主党の方針であり、政治家としての私自身の考えでもある。

日本の歴史上、現職の都知事が選挙で敗れたことはない。だからと言って、皆んなが手を引いてしまえば、投票する有権者が不幸になる。選択肢をつくる責任が、少なくとも政党にある。

直接の運動は東京都連のメンバーがやっている。自治体選挙で、他の地域から大量の応援隊が行くことは、逆にマイナスになることもある。相模原の地から、東京に暮らす知人に依頼していく。

●今日一日

【午前】
街宣車(リース)受取り/相模原市中央区中央

【午後】
地域まわり/衆議院神奈川14区内
外国人実習生研修センター候補地視察/相模原市中央区相模原

【夜】
会合(地域)/相模原市中央区相模原


2020年07月02日(木) 県医師会と立憲厚生部会の意見交換

県医師会の皆さんと意見交換した。コロナ患者を受け入れた病院のみならず、受けなかった病院も経営が悪化している。それもかなり酷いレベルだ。このままでは医療崩壊すると、切実な声を聞いた。

これまでの政権は、医療の「コストカット」と「ダウンサイジング」を目指してきた。しかしそれは間違いだった。医療の「余裕」は「ムダ」ではない。切り詰める方向を転換する日露尾がある。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
行政相談対応(コロナ)/県庁
行政相談対応(教育)/同
県医師会と立憲厚生部会の意見交換会/横浜市中区

【夜】
支援者訪問/相模原市中央区上溝


2020年07月01日(水) 公共交通に過度な効率性を求めるな

久しぶりに新幹線に乗った。まあまあの乗車率だが、自由席でも十分座れた。人が乗っていようといまいと、たくさんの便を走らせていることに、鉄道現場で働く皆さんの使命感を感じる。

JR東労組を通じて、現場の様々な声を聞くことがある。実は駅でも経費等を切り詰めていて、民間の関連会社に委託されている駅も多い。実は相模原市内でも「直営」の駅の方が少ない。

公共交通に過度な効率性を求めれば、結果困るのは利用者であり市民だ。企業側の採算ベースだけを信用してはいけない。むしろ国や自治体は、その防波堤になる必要がある。

●今日一日

所用


2020年06月30日(火) パタヤ、マラテ、東大門

繁華街自体が好きな訳ではない。好きなのはあくまで酒。美味しく飲める店を探して、様々な繁華街に辿りつく。まさに個人的な勝手な好みである。

北新地、すすきの、新宿はいい。ミナミ、仙台、渋谷は余りいかない。パタヤ、マラテ、東大門はいい。シーロム、マカティー、南大門は余りいかない。

●今日一日

終日所用


2020年06月29日(月) オール330円の赤坂亭で

都内で会合があった。終了後に一人で、久しぶりの店へ。赤坂見附駅からほど近い、その名も「赤坂亭」最近ご無沙汰しているが、以前はよく行ったものだ。

全てのメニューが330円。いつも混んでいてワイワイしている。基本ツマミを食べながら飲むが、おじさんになったので量は減った。赤ウィンナーと、げそわさで、チューハイを頂いた。

●今日一日

【午前】
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【午後】
街頭活動/相模原市役所前
地域まわり/衆議院神奈川14区内

【夜】
会合(党)/都内


げそわさです


てらさき雄介 |MAILHomePage