てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpast


2018年04月26日(木)

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
相模原シティライオンズクラブ例会/相模原


2018年04月25日(水) 強制不妊手術に対する県の補助金

旧優生保護法のもとで、強制不妊手術に県が補助金を出していた問題で、担当課から経緯の報告を受けた。県立公文書館から資料が発見され、新聞が報道したことで明らかになったのだ。二度と同じことを繰り返さないために、まずは事実確認をしっかりするよう求めた。当局とのやり取りは継続的に行うつもり。

さて改めてこの法律を見てみると、まさに非人道的な内容である。背景にある優性思想はナチスドイツと変わらない。戦後もこれが残り続けていたことは驚愕だ。障がい者に対するあり様は、社会の進歩を図る鏡と認識している。共生社会に向けて、政治が果たさなければならない責任は大きい。

●今日一日

【午前】
打合せ(地域)/中央

【午後】
医療課からレク/県庁
行政相談対応(福祉)/同
がん・疾病対策課からレク/同
事務作業/同

【夜】
東京ガス労組神奈川地域支部イベント/横浜市西区
事務作業/事務所


2018年04月24日(火) スウェーデンの認知症状ケア

認知症フォーラムに参加した。スウェーデンの先進的なケアについて、幅広い関係者から事例が発表された。教育システムが特徴的で、そのやり方の普及啓発もイベントの目的のひとつだ。同国から王妃もお越しになり、その名の通り福祉立国として世界に進出している凄みを感じた。

福祉を産業にする。それしか高齢者社会を乗り切る術はない。一方でこの言葉はもろ刃の剣。民間資金を入れることによって、公の責任を回避しようという話になっては本末転倒。介護保険制度は矛盾が多い。また運用する中での課題が地域に溢れている。今後も世界の事例を研究していく。

●今日一日

【午前】
認知症フォーラム・ジャパン2018/東京都港区

【午後】
認知症フォーラム・ジャパン2018/東京都港区

【夜】
会合(地域)/藤沢市


一日お勉強でした


2018年04月23日(月) 山下町ジョナサンから地元JN

朝5時半に自宅を出発。関内へ。早く着いたので山下町のジョナサンで朝食を採る。そして控室。諸々の事務作業がある。ITの時代だが、地元相模原ではダメで、県庁に行かなければ出来ないこともある。

午前10時からは連合神奈川の政策委員会。行財政について、組合員の皆様と情報を共有する。今後まとめられる狎策制度要求瓩蓮∋笋砲箸辰討盪温予颪任△螢丱ぅ屮襪澄事前の協議に参加出来るのはありがたい。

県議会控室に戻り、夕方まで会派内外の打合せ。また地元市民から頂いているご相談の対応、更に行政当局からレクを受けて意見を言う。この瞬間こそ、自分は議員なのだと嬉しく感じられる。

夜は、民権@かながわの設立総会。尊敬する。藤井裕久先生が会長である。政治の生々しい話から一線を画し、理念と政策を勉強する機会は重要である。今後も日程の可能な限りは参加したい。

相模原に戻った後は、行きつけのJNファミリー。ホッと一息。体が大きいので、大きな湯船は嬉しい。ふと横を見ると、知った人である。「こんばんは。寺崎です。」「ああ寺崎さんも来るんだ。」「はい。実は会員です。」

以上。今日もお疲れ様でした。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
連合神奈川政策委員会(行財政)/横浜市中区
打合せ(党)/同上

【午後】
来客/県庁
打合せ(議会)/同
行政相談対応(福祉)/同

【夜】
民権@かながわ設立記念講演会/横浜市中区
打合せ(党)/同上


第2回定例会の準備です


2018年04月22日(日) 相模原市パークゴルフ協会総会

相模原市パークゴルフ協会の総会に初めてお招き頂いた。練習・競技会場の常設化等、様々なご意見とご要望を頂くことが出来た。ご高齢の方が多いことを踏まえると、まさに県が進める健康長寿施策とも合致する。

これまでも同協会のことは知っていたが、これ程大勢の会員がいて、かつしっかりした方針があるのは驚いた。やはり現場に出向くことは重要だ。一方で聞いただけでは意味がない。実現に向けて具体的に動いていく。

●今日一日

【午前】
相模原市パークゴルフ協会総会/松が丘
相模原市ダンス協会総会/中央

【午後】
支援者主催カラオケ舞踊愛好会/富士見
事務作業/事務所
大沢洋子相模原市議狃佞里弔匹き瓠辛抻慮
地域まわり/緑区内


ありがとうございました


2018年04月21日(土) 玉木雄一郎氏と後藤祐一氏の話

後藤祐一衆議院議員の集いに参加。目的は2つ。1つは希望の党の代表である玉木雄一郎氏の話を聞くこと。2つは現在の政治状況について、後藤祐一氏がどう受け止めているかを確認すること。

さて玉木雄一郎氏の講演は良かった。登場する時も颯爽とした感じだ。官僚出身の匂いがしない。またテレビで見るより魅力的に感じた。難しい内容の部分も含めて、ずっと笑顔だったのが印象的に残った。一方で我が党の枝野幸雄代表の話は感動的だが、流れと表情が暗くなるのが気になっている。

後藤祐一氏の認識については、違う点と一致する点があった。まずは違う点。希望の党が失敗したのは、昨年の選挙で負けたからではない。その時点では立憲民主党と同じ位の得票と議席を獲得している。現在潰える結果となったのは、選挙後にその支持に応えられなかったからだ。明らかに気合いが足りなかったと思う。

一致するのは、これからの野党の在り方。民進と希望の新党は立憲民主党と同じでは意味がない。外交や安全保障で違いを出して、それぞれが頑張った方が、結果として野党全体が強くなる。まさに我が意を得たり。くっつくとか離れるとかよりも、それぞれが足元を固めて頑張っていく時だ。新党入りの表明はなかったが、中枢で活躍されることを期待している。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
支援者訪問/中央
事務作業/事務所
後藤祐一衆議院議員狃佞里弔匹き瓠晋木市


2018年04月20日(金) 無知の知

教育の専門家と酒を飲んだ。色々なご意見を聞かせて頂いた。勉強になった。議員は現場にはいない。一方で現場に影響を及ぼすルールを決めている。だからこそ市民と現場の声を、謙虚に受け止める構えを忘れてはいけない。

私は3年連続で厚生常任委員会に所属している。しかし医療福祉の課題は多岐にわたり、知らないことの方が多いと痛感する日々だ。専門的な知識を得る努力に加えて、無知の知を忘れないことが肝要と思う。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(相続)/相模原
支援者ご親族告別式/南区古淵

【午後】
地域まわり/中央区内
打合せ(広報)/事務所

【夜】
会合(地域)/高根


2018年04月19日(木) 初めてのウナギ屋とサムギョプサル屋

ソウルに行くこと数十回。今はもう新規開拓をほとんどしない。しかし今回は2軒挑戦した。まずは明洞のウナギ屋だ。1匹3,200円だから少々高いが、目の前で焼いてくれる。また日本のウナギよりも油が少なく、パリッとしていてツマミになる。次回また来てみようと思った。

またサムギョプサル屋。ネットで見つけた店の住所をタクシーに渡して連れていってもらった。ケジャン通りの並びだった。2人だったので大き目の豚肉が2本。焼いているうちに小さくなる。他の料理と同じくニンニクと唐辛子を使って食べた。牛とは違った柔らかさがいい。

●今日一日

終日所用


2018年04月18日(水) 陳情政治は、もう止めよう

森友・加計問題は、安倍自民党政権だけの話ではない。長く続いてきた陳情政治の、まさになれの果てだ。国・県・市の政治関係者は、今回の犹件化瓩鮗けて、皆んな思うことがあるはずだ。

総理や国会議員はもちろんだが、首長や地方議員等の犖⇔麓圻瓩斑里蟾腓い世ら得をする、そういう時代は終わった。 世が変わったということを、認識しなければいけない。議員も、また市民も。

●今日一日

終日所用


2018年04月17日(火) スキャンダルで政権を倒しても

長きに至った安倍政権が窮地にある。もはや支持率が大幅に向上することはないだろう。あっけないものだ。これまでもアベノミクスや外交の誤りは大きかったが、結果としてそこではなく、スキャンダルで命運が潰えようとしている。

さて民進党と希望の党が新党をつくる。こちらも厳しい環境と思うが、かつての同胞達である。張って欲しい。しかし野党が弱い理由を、数の少なさに求めるのは本末転倒だ。市民の支持があれば数は増える。支持がないから弱いのだ。何故そうなのかこそ考える必要がある。

これは立憲民主党や他の野党も一緒。市民生活がこれだけ疲弊しているのに、政権交代しようという声は少ない。野党よりも自民党の方が、まだましだと思われているのだ。その評価から逃げてはいけない。

スキャンダルで政権を倒しても、その先は一体どうなるのか。かつての民主党も、そのスキャンダルで政権を失ったのだ。政治の身内同士のどうでもいい話より、市民生活に寄り添う政策を訴えるのが王道だ。

●今日一日

終日所用


てらさき雄介 |MAILHomePage