てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpast


2022年05月20日(金) 戸塚区政80周年のプレートが

朝の街頭活動は横須賀線の東戸塚駅だった。地面にプレートが埋め込んである。「2019戸塚区政80周年」というもの。おかしい。横浜が政令市になったのは、そのずっと後のことだ。「区政」がその前からあったということか。

今日は県議会の開催日だった。戸塚選出の議員は立憲にいないので、横浜市の他区の選出議員に聞くと、「戦前から区があった」とのこと。

なるほど。知らなかった。区とは政令市の行政区とばかり思っていた。地方議員21年とうたいながら、不勉強のそしりは免れない。さて自治のない時代の区とはどういうものだったのか。神奈川も都市制度の議論が始まっている。調査研究をしなくては。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/東戸塚駅

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団会議/神奈川県庁
本会議(採決)/同

【夜】
夜の街頭活動/戸塚駅


2022年05月19日(木) 参議院挑戦の今日一日

今日の流れを正確にご報告したい。

5時30分、関内駅前のビジネスホテルを出る

6時30分〜8時30分、南武線武蔵中原駅で街頭活動

9時30分、横浜線淵野辺駅に到着

相模原事務所で作業

床屋

クリーニング受け取り、自宅に置く

相模原市内支援者挨拶まわり

途中ポスター張替え

15時代の電車で関内へ

17時30分、神奈川県行政書士会横浜中央支部懇親会

18時30分桜木町駅街頭〜20時

20時〜21時、街宣活動打合せ

22時、関内駅前のビジネスホテル到着

●今日一日

終日参議院選挙事前準備活動


2022年05月18日(水) 中学の恩師と高校の同級生のパートナー

霊感とか、何かのパワーとか、信じる方ではない。しかし今日は驚いた。参議院の挑戦は、まさに時を得た「ご縁」なのかもしれない。

たまプラーザ駅に立っていた。マイクは使わずビラを配っていた。すると、ポンと肩と叩く人がいる。「寺崎」と後ろから声をかけられる。振り返ると、中学時代の恩師だった。詳細は割愛するが、音信普通になっていた。二言、三言立ち話をした。お勤めの場所は聞いたので、いずれ訪ねてみたい。

その後鷺沼駅に立った。女性が恐る恐る私に話しかける。「寺崎さん、明大付属の八王子ですか」と聞く。「同じ学校ですか」と聞き返す。すると「いえ、私の夫が寺崎さんの同級生です」と。疎遠になっている高校バスケ部の友人のパートナーだった。同じく少し立ち話をした。

清々しい気持ちになった。実は今日程ではないにしろ、この2か月弱で様々な出会いがあった。明日もまた頑張れる。楽しみだ。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/山手駅
監査委員協議会/神奈川県庁

【午後】
所用

【夜】
夜の街頭活動/鷺沼駅


2022年05月17日(火) 築60年のマンションは知らなかった

朝は洋光台駅に立った。篠原豪衆議院議員をはじめ、地元神奈川1区の議員さんにお世話になった。

さて駅前に大型のマンションが複数建っている。築60年をこえているとのこと。驚いた。「築50年マンション」の問題については、これまでも地域で相談を受けたことがある。それを上回っている。

参議院の挑戦は、21年の地方議員の活動を基礎にしている。その間に聞いてきた、国民生活に身近な声だ。しかし知らないことは、まだ多い。全県まわりながら痛感している。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/洋光台駅

【午後】
立憲民主党県議団会議/神奈川県庁
本会議(提案等)/同


2022年05月16日(月) 淵野辺駅のホームドアがきっかけ

どうしてもやらなければならないことがあり、選対に無理を言って、一日相模原で時間をとってもらった。おかげ様で大方は終了。しばらくは県内を飛び回っても大丈夫そうだ。

夕刻からは淵野辺駅に立った。県議として「ホームドアの設置促進」に取組み、また参議院挑戦の演説でも訴えているのは、元々淵野辺駅の近隣の市民からご要望を頂いたのが、きっかけだった。

●今日一日

終日参議院選挙事前準備活動


2022年05月15日(日) 身体全体で33市町村を受け止める

ロングラン街頭活動@本厚木駅。後藤祐一衆議院議員をはじめ、多くの仲間にご協力頂いた。

本厚木は生活圏内。今日も自宅から30分もかからずに到着した。仕事やプライベートで訪れること多々。思い出もたくさんある。そこでマイクを持って立っている。

参議院の候補予定者になる前。本当に出来るかどうか考えたとき、不安のひとつが「地元感」だった。全県をエリアとする以上は、全県を地元と受け止めなければならない。口だけではダメ。身体全体で受け止め切れるかどうか。

大丈夫だ。日々思いが強くなっている。県内33の市町村を地元として、そこに暮らす住民の声を聞いていける。

●今日一日


終日参議院選挙事前準備活動


2022年05月14日(土) 後藤祐一衆議院議員の会で伊勢原市長から

後藤祐一衆議院議員の国政報告会@伊勢原市にご案内頂いた。伊勢原の文化会館は数年振りだ。駅から歩いて景色を楽しんだ。

嬉しかったのは高山松太郎市長さんが、そのご挨拶で私寺崎に触れて頂いたこと。「県議会で一緒だった」と。高山さんは自民党の県議だった。私もマイクを持たせて頂いたので、「高山さんは超党派の同期会の会長だった」とお話した。

地域の課題を受け止めようとしない政府与党に強い憤りを持つ。一方でその地域課題自体に党派性はない。間違ってはいけない。

●今日一日

終日参議院選挙事前準備活動


2022年05月13日(金) 一瞬でパシパシと撮られるのは難しい

少し前に、新聞社の写真撮影があった。候補者一覧で、記者会見の場に出たら、急にパシパシと撮られた。準備していなかったので、緊張していたと思う。ある新聞社の、その写真を見た。ダメだ。怖い。顔が引きつっている。元々自信はないが、それにしても写りが悪い。

そこで再撮影を依頼した。本日、県庁内の県政記者クラブで実施。また次々にパシパシと撮られる。しかし前回とは違う。心構えがある。また事前にどういう顔がいいか、トイレの鏡を見つめながら検討。その成果は見ていない。選挙が始まった時にわかるのだろう。

●今日一日

終日参議院選挙事前準備活動


2022年05月12日(木) 平塚市内の自転車は楽しかった

午後からは平塚市内だ。地元の米村和彦県議と久保田聡市議が、事前の準備をして下さっていた。集合場所の昼食会場は、地元の老舗の旅館である。地元の皆様と有意義な意見交換が出来た。

その途中の会話で、あることに気が付いた。これから自分は、自転車に乗るようだ。ありがたいことに私は、私自身の日程作成に、ほとんど関与していない。決められた場所へ行き、ひたすらにビラを配りマイクを持つ日々。

さて自転車。嫌いではない。過去の選挙でも毎回やっている。しかし出来るかどうか不安がよぎった。齢50歳。前回の県議選は無投票だから、実に7年振りということになる。気合いしかないな。

恐る恐るペダルを漕ぎ始める。するとどうだ。楽しい。本当に楽しい。旗を立てて、走りながら手を振る。ご通行の方も手を振って下さり、車から応援のクラクションが鳴る。

良かった。参議院選挙の準備活動で、自転車に乗れるとは思わなかった。またやりたい。この日記を見てくれている選対メンバーがいたら、是非お願いします。

●今日一日

終日参議院選挙事前準備活動


2022年05月11日(水) 中井やまゆり園の真相解明は県自身で

現在も県議会議員である。今日は厚生常任委員会の閉会中審査があった。テーマは、県立中井やまゆり園の虐待等の事案について。行政当局から報告を受けていて、何とも言えない気持ちになった。力が抜ける、という表現が正しいだろう。

中井やまゆり園は県の直営施設だ。津久井やまゆり園ような指定管理ではない。民間の事業者ではなく県自身が運営しているのだ。何故そこで。どうして発見出来なかった。

障がい者施策について「県の考え方」や「知事の姿勢」には、多くの意見を言ってきた。しかし職員、特に現場の職員の仕事に、異議を差しはさんだことはない。残念である。まずは事実解明。

第三者の手を借りる必要はない。県自身で、県の間違いを点検するのだ。その先にこそ解決策がある。

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会/神奈川県庁

【午後】
厚生常任委員会/神奈川県庁


てらさき雄介 |MAILHomePage