てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpast


2019年03月16日(土) あれから一年が経った

あれから一年が経った。月日とは不思議なものだ。彼との記憶はより鮮明になって来るが、悲しいと思う気持ちは和らいでくる。だから人間は生きていけるのだろう。

夜は偶然にも高校のプチ同窓会。八王子のレストラン。後輩が多かったので、ほぼ初対面という感じ。それでも楽しかった。しこたま飲んでしまったが、悪い酒ではない。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/富士見

【午後】
小田急多摩線延伸・上溝駅設置促進協議会総会/上溝
友人墓参り/新宿区

【夜】
高校有志同窓会/八王子市


2019年03月15日(金) 机とロッカーを片付けて

「また会おう。」そう言って別れた。控室から退出する議員を見送るたびに、その方との思い出が頭をよぎった。同じ部屋で仕事をしてきた。楽しいことや苦しいことを共にしてきた。ケンカもした。

卒業式などで挨拶する時、いつも言うことがある。後ろを振り返る必要はない。思いを残すこともない。ここでリセットだ。ひたすら前に進んで欲しい。今日も団長として、同じ気持ちだった。

そして私自身も、机とロッカーを片付けた。それがケジメである。激動の4年間を一緒に過ごした同志、そして県議会と県庁の協力者に感謝する。ありがとうございました。さようなら。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(討論及び採決)/同

【夜】
事務作業/事務所


撮影時に、ウルッときました


2019年03月14日(木) 何故選挙広報だけが県庁なのか

過日も書いた通り、選挙の立候補届を初めて自分で書いている。すると極めて役所らしい、形式主義に陥った書類の束だ。またその中で選挙広報の提出だけが、県庁で受付となっている。先日その理由を問い合わせてみたが、納得のできる回答ではなかった。

私のような現職はいい。県庁に来ているから。しかし新人で、かつ県内でも遠方の方は大変だ。訂正箇所があったら、往復するのだから。地方議員の成り手が不足している。現役で働いている人が立候補しやすいように、小さくてもできる改革があるはずだ。

●今日一日

【午前】
団長会/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
行政相談対応(教育)/横浜市中区
選挙公報事前審査/県庁

【夜】
打合せ(議会)/県庁


2019年03月13日(水)

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内


2019年03月12日(火)

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
正副団長会/同
厚生常任委員会(質疑)/県庁

【午後】
厚生常任委員会(質疑及び意見発表及び採決)/県庁


2019年03月11日(月)

●今日一日

【午前】
予算委員会/県庁

【午後】
予算委員会/県庁


2019年03月10日(日) 定数17に25人以上が出る激戦

相模原市議選が激戦になっている。中央区選挙区は定数17に、25人以上が立候補する様相だ。立憲民主党と、党派をこえた友好議員の当選に向けて、全力を尽くしていきたい。

いつも市議会本会議の質問項目をチェックしている。事前にホームページで公開される。これをじっと見てみると、地域で何が問題になっているのか、またそのことに個々の議員がどう向き合っているのか、概要がわかる。

政令市になったからこそ、市議会議員との連携は大切だ。その為には選挙を共に乗り越えて、信頼関係を構築することが肝要だ。県議選と同じ日程だからこそ、しっかりコラボしていきたい。

●今日一日

【午前】
森繁之市議事務所開き/上溝

【午後】
団体月例会/町田市
自衛隊入隊・入校者激励会/中央


2019年03月09日(土) 大規模開発は一旦立ち止まって

支援者に誘われて橋本の公民館まつりに参加した。さて公民館は駅ビルの上に入っている。ここに移転新設する際には、地域から反対意見が出たのを覚えている。駐車場やバリアフリーの観点から、使いにくいという声を今も聞くことがある。

今相模原市長選挙で、私が支援するもとむら賢太郎氏は、「大規模開発は一旦立ち止まる」と言っている。大賛成だ。工事が大きいほど、着手したら途中で変更がきかない。真に利便性の高い施設とは何か、その議論が第一だ。財源は後からついてくる。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
橋本公民館まつり/緑区橋本
打合せ(党)/海老名市


2019年03月08日(金) 二十歳の誕生日

子供の二十歳の誕生日。私は特に何もしていない。しかし眼前にその大きな体を見ると、やはり親として感慨深い。

二十歳。自分で振り返った時に、よく覚えている。彼もまた、今のことを記憶し続けるのかもしれない。

今後も飾るつもりはない。寺崎雄介という人間の生態を、余す所なく見せていく。それが大切だと信じている。

●今日一日

【午前】
予算委員会/県庁

【午後】
予算委員会/県庁

【夜】
事務作業/事務所


2019年03月07日(木)

●今日一日

終日地域まわり


てらさき雄介 |MAILHomePage