てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpast


2018年09月21日(金) ゴジラ担当課が必要なのか

控室のイチ風景。議員と行政職員が議論している。どうしても聞こえてしまう。30分間くらいだったろうか。そのやり取りを市民に見せたら、猝|稔瓩噺世錣譴襪世蹐Α3里に笑える内容だったが、行政の縦割りは納税者の不幸である。

映画爛轡鵐乾献薛瓠H鷯鏤態を受けて集まった行政幹部に対し、主人公の政治家が指示を出す。「ゴジラの生態を調査しろ(要約)。」皆んなポカンとして聞き返す。「ゴジラはどの部署の担当でしょうか?」どこだっていい。行政とは一つの組織なのだ。一緒に仕事をするのだ。



【午前】
事務作業/県庁

【午後】
打合せ(党)/横浜市中区

【夜】
後藤祐一衆議院議員パーティー/厚木市


2018年09月20日(木) 石破茂氏の善戦について

安倍総理が3選を決めた。私の予想通り、石破氏は党員票で善戦した。その理由は簡単だ。格好良かったから。強いものに立ち向かう姿は、いつの時代でも感動を呼ぶ。

昨年の衆議院選挙で、立憲民主党が善戦したのも同じ理由だ。たった1人で結党会見をした枝野代表と、「討ち死に」覚悟で選挙に突入した姿勢が格好良かったのだ。

市民は冷静だ。美辞麗句を並べても、そんな話は聞いていない。何を言っているかではない。言っているの人が誰なのか。政治家の基本的な姿勢こそが問われている。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/横浜市中区
本会議(一般質問)/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団正副団長打合せ/県庁
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/同
本会議(一般質問)/同
来客/同

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2018年09月19日(水) 連絡手段が多すぎる

連絡手段が多すぎる。これが負担になっていると感じる昨今。電話、ファックス、パソコンメール、携帯メール、ライン、メッセンジャー。すべてチェックしていないと、大切な連絡を見過ごしてしまう。

しかし良くない。I T 化のメリットとは、情報交換にかかる負担を少なくすること。現状は、逆行しているではないか。当面は少なくとも、手元の携帯機器内で、すべてが終わるようにして欲しい。妙案はないが。

●今日一日

【午前】
本会議(一般質問)/県庁
行政相談対応(福祉)/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/同
本会議(一般質問)/同

【夜】
会合(党)/横浜市中区


2018年09月18日(火) 2時間待ちの3分診療

薬をもらいに病院に行った。正確に言うと処方箋の前提となる診察をするためだ。比較的すいている時間を狙ったが、それでも2時間と少し待った。しかも診察時間は約3分だ。

年に数回しか病院に行かない私はいい。一方で日々通わざるを得ない方は、この‘待ち時間’が負担になっていること疑いない。

医療の需給調整は難しい。相模原は他都市に比べれば、そのギャップは大きくない。それでもこの状況だ。病院の場所、診察科の数、患者の動向等が、結果として上手くまわっていないのだ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
打合せ(選挙)/中央
事務作業/事務所
行政相談対応(環境)/富士見
地域まわり/中央区内


2018年09月17日(月) 樹木希林さんが残した言葉

「わたしたちは、この世を見るために、聞くために生まれてきた。だとすれば、何かになれなくても、わたしたちは、わたしたちには、生きる意味があるのよ。」

映画「あん」で、樹木希林さん演じる主人公が、最期に残した言葉である。

私なりに長年、人が生きる意味を考え続けながら、段々とイメージが出来つつあったとき、まさにそれを言葉に現わしてくれた。以後、私の人生訓にしているのみならず、人さまにも伝えている。

主人公はハンセン氏病の隔離施設で生活していた。世をあまり見れなかったからなのか、それ故に多くを見たからなのか、推し量るのは劇中の人物に対してにも僭越だ。言葉をそのまま胸に刻んでいる。

●今日一日

終日お休み


ご冥福をお祈りします


2018年09月16日(日) 事業スケジュールと費用計算は必須

団体支部の新年会。相模原のまちづくりについて質問を受けた。リニア新駅、小田急多摩線、専用軌道バス、等々。最近よく同じような話を聞く。

しかし、「いずれも決まっていません。」はっきりそうお応えした。少なくとも行政の施策とは、事業スケジュールと費用計算が明確でなければ、何も決まっていないのと一緒だ。話だけが宙に浮いてしまっている。

今こそ精査が必要。繰り返しだが、スケジュールと費用の明示。その上での丁寧な市民合意。一定期間はかかるが、それは民主主義に必要な時間。致し方ない。焦らずじっくりと。真に責任ある対応を。

●今日一日

【午前】
団体支部バーベキュー/南区東林間

【午後】
支援者訪問/弥栄
街頭活動/淵野辺駅
自衛隊募集相談員会広報活動/淵野辺

【夜】
会合(地域)/相模原
会合(地域)/同


2018年09月15日(土) 全国学生訪華団の同窓会

遡ること27年前。大学2年生だった。先輩から「タダで台湾へ行けるぞ」との誘い。こんなありがたい機会を逃すはずはない。「行きます」と即答した。後から聞いたところでは、人数が若干足りなかったようだ。

総勢60名余り。大方が中国の言葉や文化を学んでいる学生だ。そこに紛れて数名の猯口瓩いた。政治に縁故のあるメンバーだ。台湾国民党による招待で、自民党が企画していた研修だったから。私はそこに紛れた。

そして現在、私は大学2年生の子どもと暮らしている。この子の母親とは、この台湾ツアーで出会った。人生は機会でつくられていく。明日の朝食を自宅にするか、ファミレスへ行くかもでも、その後が変わるのかもしれない。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
打合せ(党)/秦野市

【夜】
全国学生訪華団同窓会/新宿区


訪華団の同窓会なのに何故かモンゴル料理屋


2018年09月14日(金) リーダーはキレてはいけない

リーダーはキレてはいけない。プロは心は熱くても頭は冷静でないと、大切な判断を誤ってしまう。また大人げなくて、率直に言って見苦しい。

自民党の総裁選。他党のことだが、実質は総理大臣の選挙だ。勝敗は決している。安倍氏が3期目の任期をつとめるのだろう。だからこそ注目している。石破氏ではなく、安倍氏がどう振る舞うかを。

初めての討論会が開かれた。石破氏の指摘に対して、皮肉を言ったりムッとしたりしている。残念だ。「石破さんの意見も一理ある。私が再び総理になったら取り入れたい」と、何故言わないのか。それが本当の意味で一蹴するということ。

リーダーには責任がある。批判されて当然。またリーダーが批判されない組織は良くならない。腐敗していく。政治は権力が伴うから余計そうだ。

●今日一日

【午前】
地域福祉課よりレクチャー/県庁
正副団長会/同
立憲民主党・民権クラブ県議団正副団長打合せ/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同
行政相談対応(環境)/同
事務作業/事務所


2018年09月13日(木) 水道管にうわまれているのかな

常宿のコンフォートホテルに深夜入る。部屋に妙な音が鳴り響いている。振動のような感じ。どうも風呂場だ。なるほど水道を捻ると音がする。配管の都合だろう。まあいい。水を使わない時は、静かだから。

するとまた鳴りだした。今度は隣の部屋から。まあそれもいい。しばらく我慢したら止んだ。すると今度は逆の部屋から。これが一番大きい。限界だ。部屋を別の階に代えてもらった。するとまたその部屋でも。もういい。お休みなさい。

●今日一日

【午前】
福祉こどもみらい局よりレクチャー/県庁
健康医療局よりレクチャー/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同
障害福祉課よりレクチャー/同

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2018年09月12日(水) 代表質問の13項目

本会議で代表質問。会派から浦道健一政調会長(横浜市港南区)が登壇した。継続して取り扱ってきたテーマ、また喫緊の課題など、幅広い分野について黒岩知事をはじめとする行政幹部の見解をただした。

1、障がい者雇用率の水増しについて
2、自転車の安全で適正な利用に関する条例について
3、湘南国際村協会の利益還元について
4、ヘイトスピーチ対策について
5、土砂災害対策について
6、企業誘致と雇用創出について
7、かながわアートホールについて
8、県営水道の新しい技術について
9、ネーミングライツの取組について
10、大学入学者選抜改革について
11、職員の年齢構成について
12、受動喫煙防止条例について
13、ライフイノベーションセンターについて

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
立憲民主党・民権クラブ県議団正副団長打合せ/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(代表質問)

【夜】
会合(党)/横浜市中区


てらさき雄介 |MAILHomePage