堀井On-Line



7786、閑話小題 〜まずはシスコン!

2022年06月25日(土)

   
  * 結婚して4ヶ月目に言われたことは、「シスコン!」
シスター・コンプレックスは、当たれずとも遠からじ…
心の内的構造が、これであるのは、自ら認めるところ! すぐ上の実兄が
存在していたので、クッションがあったが、その影響は大なるものがあった。
生後から、直ぐ上から7人の兄・姉が狭い家で押し合い圧し合いで同居。
今から考えても、それは非常に厳しい家庭環境。まあ、面白いといえば面白い
小説になりそうな日常が、そこにはあった。そこには、住込みの従業員が
加わり、何ともファンタジー的でもあった。

・・・・・・


7785,閑話小題 〜変てこな趣味の動画撮影…?

2022年06月24日(金)

   * 世の中には窺い知れぬ世界が…
 変態趣味の世界が、この世にあるような… レズ、ホモ、3Pプレーとか、
下ネタ世界があるような!「女性が手錠で拘束された状態で、発見された報道、
何やら怪しげな世界が垣間見られる事件のようだ。週刊誌の飛びつきやすい事件。
若い時分には、思いもしない人たちとのクロスがあった。しかし常人の範囲。
同僚の女性二人に居酒屋に誘われ、途中に言われたのが、二人がレズ。
ことと次第では3Pの危ない深い世界。一度、その世界を味わったら、元には戻れ
ないと聞き及んでいたので回避したが、現在から考えると二度とない…? 

≪ 捜査関係者によると、画像は監禁場所となった茨城県常陸太田市の三瓶容疑者
の別荘の地下室で撮影されたとみられ、手錠で拘束された新野さんと三瓶容疑者が
一緒に映っているのが確認された。遺体が発見された別荘近くの山林からは
ビニールテープやコードなども見つかったという。
◉ 一方、新野さんのスマホも別荘に残され、行方不明となった今月5日の午前10時
 頃には、DMで「今どの辺にいます」「こちらに来てください」とする三瓶との
やり取りもあったという。 新野さんはJR水戸駅で三瓶容疑者の車に乗り込み、
別荘に向かったとみられている。
◉ 三瓶容疑者は、新野さんと交流サイト(SNS)で知り合ったとし、今回も含め
 計2回会ったと説明。逮捕直後の調べに「手錠はかけたが合意があり、不当な拘束
ではない」と容疑を否認し、その後は黙秘に転じている。捜査本部はスマホの解析を
進めるなどし、詳しい状況を調べている。 ≫
 ――
▼ 同性愛の傾向があるのが、平均1割という。学生時代の25室の寮では、2〜3人、
 その噂がある男が数人いた。異常より過剰性欲者と見たてると、解りやすい!

・・・・・
7941,チョッと小噺… Uber Eats
2020年06月24日(水)
   * 【Uber Eatsとは?】
 このコロナ禍で、一気に行きわたったUber Eats。YouTubeで知ったが、
大都市圏では、当り前に走りまわっているようだ。爆弾テロの温床になる
可能性を孕むため、危険といえば危険。自宅や事務所だけでなく、街中も可能。
  〜検索すると〜
【Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?】 いつでもどこでも簡単にスマホアプリ
 やウェブサイトから注文することができ、レストランの出来立て料理を配達
パートナーが注文者の元までお届けするフードデリバリーサービスです。
グルメ通のみが知る隠れた名店のメニューやホームパーティーのオードブルなど、
気分やシチュエーションに合わせお好きな料理を選べ、届けてくれるUberEats】
 ー
▼ 4〜500円のようだ。コツを覚えると結構、稼げるようだ。大手の宅配業に
とっては大打撃。登録すると、ナビで一番近いところが有利になるシステム。
大都市だから成立つようだ。時代の産物ということか。
 何処かの国の個人救急車のドキュメントを最近見た。父子が街中に待機して
悲惨な現場に我先と駆けつける。そこには自ずとドラマが生じる。
21世紀は、何やら20世紀とは様変わった時代に突入。朝は、電動自転車で一時間、
ポタリング、昼間からはスポーツジムでエアロをしている自分が、現にいる。
そして、このコロナ禍… こんな黄昏時を生きるとは思わなかった。

・・・・・・
6674,閑話小題 〜TVショッピングの「数の子・松前漬け」
2019年06月24日(月)
   * 知人が買ってみた「数の子・松前漬け」は!
 最近、よく目にする『TVショッピング人気商品!北海松前漬函館セット』
【黒醤油(400g×2)+白醤油(400g×1)+塩辛(60g×1) =4980円 】
 美味しそうなので少し迷ったが、結局、買わずしまい。ところが、知人が、
その広告に乗せられて購入したが、これが期待していたモノとはホド遠い代物で、
これは酷い!と怒るは怒るは。 似た話では、家内の知人の<北海道、カニ食べ
放題ツアー>が、失望ものだったのがある。 
 〜松前漬けのTVコマーシャルでは〜 YouTubeで検索してみると
<贈答用として使用される大きな数の子を使用しているため、歯ざわり・食べ
 ごたえともに大満足の商品です。 主に贈答用で使用される一本羽と呼ばれる
艶・形が優れた良い状態の数の子を贅沢に使用しています。 B級品と比べ、
しっかりとした固さで歯ごたえ抜群! さらに製造工程ででてしまうバラ子も
追加。数の子が5割も入る贅沢な松前漬け!>と。
 ネットの購入者の商品評価は、
<数の子が一袋(400g)に一本しか入ってなく、TVコマーシャルで見るより
かなり見劣りした。味はまずまずといった感じだが、残念な気持ちは否めない>
<数の子どこ?ってくらいしか入ってなくて…はぴねすくらぶさんだから信用
してたのに残念です。 もう二度と買いません>
 ―
▼ ほぼ、知人が愚痴っていたのと同じ評価。改めて、YouTubeでコマーシャルを
 見たが、成るほど美味しそうだ。 そして次々と出てくるイクラや、ホタテ
セットが出てくる。本来、日本海に面した越後地域は、魚と米が美味しいのに…
敢えて北海道のカニを食べに行くまでもない。 美味しい肴を食べ尽した満足感
もまた、人生に大事な要素。 この年齢になると、少し美味けりゃ、皆、同じ!
 誰か曰く、『酒飲みは、酒と肴の美味いのを食べ尽した満足感があるが、それが
無いものには、その欲求は消せない』と… そりゃそうだ! 何ごとも、盛りの
時節がある。その都度、消化してきたかどうか? 

・・・・・・ 
6311,閑話小題〜「知」の読書術 −2
2018年06月24日(日)
           <『「知」の読書術』佐藤優著>
   * 20世紀は今だに続いている
 朝鮮戦争は、今だに続行中であり、北による核実験、大陸弾道弾実験は、
その戦略の一環である。それは、20世紀の延長線上にあり、ソ連崩壊も含めても、
まだ短い20世紀の延長上の出来事と捉えると、この朝鮮戦争危機の一端が理解
できる。決して、北の金王朝が変でも何でもない当然の存在という考えも、
この説から垣間見ることが出来る。

≪ イギリスの歴史学者エリック・ボブズボームが提唱する「長い19世紀」と
 「短い20世紀」という考え方。
・「長い19世紀」とは、1789年のフランス革命から1914年の 
 第一次世界大戦が勃発するまでの時代、
・「短い20世紀」とは、1914年からソ連が崩壊する1991年までを指す。

ソ連崩壊はアメリカ主導のグローバリゼーションの時代に歴史が移行したかの
ように思われたが、21世紀の今日、ナショナリズムや帝国主義が再び世界を覆い
つつある。それで、前世紀の遺物が墓場から戻ってきたかのように思われるが、
その認識は間違っている。世界大戦はいまなお継続しているし、20世紀はいまだ
続いていると言って過言でない。19世紀、いや1648年の「ウェストファリア条約」
の時代にまで遡って、人類の抱えている諸問題の実態を正確に把握しなければ
ならないということ。

 前者が「啓蒙思想の時代」、すなわち理性を用いて知識を増やし、科学技術を
発展させれば理想的な世の中が実現する、という考え方だ。しかし、政治的には
民主主義と自由主義、経済的には自由経済を基盤とする資本主義が発展したが、
最終的に第一次世界大戦という、「大量殺戮・大量破壊」へと帰結した。
 ボブズボームは、ここに「時代の切れ目」を見出した。
・19世紀の市民革命と産業革命(=二重革命)の時代、
・資本の時代、帝国の時代から、破局の時代・黄金の時代・危機の時代の
三期に分かれる「短い20世紀」へ時代は変わっていく。

 ボブズボーム著 『20世紀の歴史 ー 極端な時代』は、その「短い20世紀」
を詳しく分析している。過去の歴史を検証する上で、ボブズボームのように時代を
「意味の固まり」して捉える見方はとても重要だ。…  ≫

▼ 中東、北アフリカ、アジアなどの諸問題は、欧州の世界戦略の一環の政策が
 根にある。それ以前に、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の争いまで、拡大
して考えられる。人種間、民族間、国家間、宗教間の相克の問題でもある。
極東の島国で、その問題を最小の影響で済んできたが、今ではグローバル化は、
それを許さなくなった。それも米朝の真中で、核ミサイルの絶好な標的になる。
 この著書は4年前に書かれたものだが、朝鮮戦争危機にある現在に、書かれた
ような内容。悪いことに、こともあろうにトランプ大統領が選ばれて… 北朝鮮
の懐柔など、中国、ロシアの諸事情からみて簡単な案件ではない。そういうこと!

・・・・・・
5579,突然、余命宣告を受けました ー
2016年06月24日(金)
 『あの世へ逝く力』 小林玖仁男著
   *「虎穴問答」と、余命宣言


7783,閑話小題 〜ストレスが溜まるは… こりゃ!

2022年06月22日(水)



   * 10年以上続けてきた早朝のポタリングを中断して二年…
 このところ、自動車のキーを家内に取上げられて、週一の酒とツマミの買出し
もままならぬ状態。…最後、残されているのが、このブログ書き、ただ一つ。
成るほど、これが華の75歳の壁かと!…まだ、YouTubeが有るから、精神を保って
はいるが、要するに精神も弱っていること! 目出度し目出度しというところか!
 ―
   * ウクライナ戦が長期化ですか…
 目まぐるしくロシア・ウクライナ戦争は変わっている。アメリカも、その結果、
如何で次の政権が変わるため、日本も気。が気でならない。それは中国も然り!
今月いっぱいで、大方の大勢が決まると思いきや、数年は要する可能性もある。
ロシアも、中国からの支援を得たのか、このところ体制を整えてきたようだ。
クーデター待ちもある様だが、プーチンのマジックは健在のようだ!シベリアの
大地は数百年の怨念の海。プーチン、それを知るが故に簡単には引き下がれない。

・・・・・・
4847,閑話小題 ー75歳が死の目安が、級友と一致
2014年06月22日(日)
   * 75歳が死の目安が級友と一致して
 前回、葬式で連合いを亡くしたばかりの同級生のことを書いた。
私が「75歳を死亡年齢に目安に、歯医者以外、病院に行かないことにした」
と他の級友から聞き、曰く、「数年前に、ある病院で検査をしたところ、肝臓
に、オデキがあると言われ、肝臓ガンと覚悟を決め、親戚を集めた家族会議を
して、生前葬の案も出たが、その前に、別の病院で検査を勧められ、再検査を
したところ何もなかった。それから、一切の検査をしないことにした。
母親と父親の死亡年齢を合計し、半分にすると75歳。その年齢の目安と、
病院に行かない方針が同じことに、驚いた」と。しかし、死や、生について
の知識を持っている様子がなく、漠然とした不安が全体を覆っていた。
少しでも、その類の知識を持ったと持たないとでは雲泥の差になるが・・ 
 私の平均余命11年。そのうち介護年齢9年、寝たきり6年とすると、
決して長寿は、私らしくない。下手に治療で死にそこなうと、薬の逆効果で、
拷問のようは束縛の寝たきりか、痴呆症が出てくる。ならば出たとこ勝負。
75歳を目標、目安にした。その分、運動量を多くし、食生活を気をつけて
いるが、いざ、余命を告げられ、目先は後悔をして逝くことになっても・・ 
死に方、自分の選択も有りである。
   * つれづれに
 ー「事業人生を決心して45年」の語り直しーをテーマに、回を重ねて
書いているが、思いもよらない当時の記憶、40数年前の出来事が、昨日の
ように、次々に連動してフラッシュバックしてくる。それだけ、激しい日々
だったが、封印しておいた記憶を見つめ直すのは、当時の自分を慰め、癒すと
同時に、多くの過ちを知り、後悔も出ることになる。それは、それぞれの
行蔵から、自省をすることにもなる。私は何をしてきたのだろう? 
「面白かった!」だけでは済まない、未熟な己が、厳然と、そこにいる。
神様は、人生を自省させるため、老後という余白を人生に与えたようだ。 
 私を含めた大部分には、基礎教養の絶対量が足りてない。だから
「死ぬまで勉強」が必要になる。周辺を見わたすと、それが分かるが、
自分自身になると分からないのが人間の性。
 「羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶」
=「往ける者よ 往ける者よ 彼岸に 往ける者よ さとりよ 幸いあれ 」。 
「往ける者よ」を「過ぎ去りし日の自分」に置換えて、「青き者よ、
幸いあれ!と、祈り直すしかない。成るほど、私は、こんな人間だったか!
と・・  南無阿弥陀仏の念仏は、そのためある! 私もお近い ようで? 
「では、皆様、さようなら!」
 
・・・・・・
7434,閑話小題 〜ユダヤの教え〜 「イヒエ・トーヴ」
2021年06月22日(火)
   * 何とかなるさ、人生は
≪ 日常生活で 言うにいえない逆境に 立たされることがある。
 そんなとき 地獄の底で永遠にもがき苦しむような 絶望に立たされる。
解決の 糸口も 見出すことができず 逆に 泥濘 にはまるかの如く事態になる。
そんなとき、ユダヤの人たちは 「あわてず 待っていれば、そのうちに
しあわせが やってくるだろう」と 信じるのです。なぜかというと
親を信じるがごとく心から 神を信じていれば 神は きっと
私たちの未来を良くしてくださると 信じているからですね。≫
 ▼ …母親の口癖が
<私には幼児の頃に亡くなった父の守護霊がいて何時も守っている。>
 そうとしか、考えられないの!> これを神の力と妄想したのが宗教。
人生を振りかえると危機の連続だった。他者は基本、誰も助けてくれない。
本来、人生とは押寄せる難問、危機を乗越えることと、割切ってしまえば良い。
ならば計決を愉しめばよい。 対事する問題解決は5分5分だが、経験があって
考えるためか、身近の誰かに相談するため、自ずから確率が上がる。
後は時間が解決してくれる。 少なくとも他者に助けを求めない。
自分の問題として解決するしかない。
――
   * 失う哀しみの感情は、得る喜びの2倍は強い
 人間は基本的には保守的で、これが人間の行動範囲を狭める由縁。
そして、ヘドロ化してガスになり、毒素をまき散らす。
< 失う哀しみの感情は、得る喜びの2倍は強い>を、常に意識して
 おかないと… 若い時の恋愛が然り! 哀しみは、喜びより数倍は
内的に深く沁みとおり、後さき繰返すことになる。
逆に<得た喜びは、至高体験は、その過程で失った哀しみの数倍は強い。
あの感激、感動は、何ものにも変え難い。それが、端的に現われ出るのが、
大自然に隠された一期一会として自ずから発する神秘の力。それが内なる、
それと同化した時に現われる大自然の神秘の能力!それが悟りかも。

・・・・・・
7039,閑話小題 〜一日、15万人の感染者
2020年06月22日(月)
   * 初めて聞いた時は
 ニュースで「一日、15万人の感染者」数値を聞いた時に、エッ?と耳を疑った。
一月だと450万人、一年で5400万人になる。2・5%の確率で亡くなるとしたら、
135万人が… 後進国だと医療制度が無いに等しいので、その倍の人が… 
景気に水をさすようで意図的に話題にしない空気が流れているような… 
しかし、現実は現実。
 
≪ 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は19日、新型コロナ ウイルスに
ついて、前日の世界の新規感染者が15万人超と過去最大となり、「 パンデミック
(世界的流行)は加速している」と表明した。 氏は「世界は新たな、危険な
段階に入った」と強調。「多くの人が家にとどまることにうんざりしており、
各国は社会・経済活動の再開を熱望している」と指摘した上で「しかしこの
ウイルスは依然として急拡大しており、致死的だ」と警告した。 ≫
 ―
▼ これで、何故に規制を緩めるのか? 経済無くば、生活が成り立たないため、
 財源が無いなら止むを得ない。厳しいところ。 何しろ、1万、1万2千年前から
の人間の本分の否定?なら、これまた…  問題は、後進国の人たちがスマフォを
持っていること。生々しい残酷なシーンがライブで発信される。これでは暴動が
世界各地で生じる。昨日の朝、チャリで信濃川・土手のコースを一周したが20人位
のグループでマスクをしている人はゼロ。一晩んで、よくぞ変わるものと…
…かく言う私も、先週末に久々に「シネマ館」に。 それでも10人位は入館者が!

・・・・・・
6672,閑話小題 〜教養とインテリジェンスは違う!
2019年06月22日(土)
    * 考えさせられる日々
 3時半に起床。書上げて、去年の同月同日分を読返してハッとした。
18年以上、毎日一文章を書き、公開を続けている。それにより、考えを文章化、
物語化する能力は少しは付いた。 しかし、何かしら足りない基礎知識が…
これは第三者からは丸見え? 気持ちがインテリジェンスばかりに向かい、
人間としての誠実さ、篤実さなどの何か欠けていたのでは? 
  〜去年の同月同日分にある一文〜
【 教養とは生き残るために必要な知恵のことですが、
 インテリジェンス=教養 ではありません。知性や理解力に訳される
インテリジェンスは、極論すればゴキブリや猫に対しても使える概念です。 
しかし人間にしか使えない知恵は、知識に裏付けされてなければいけない。
教養とは「知識に裏付けされた知恵」です。知識に裏付けされた知恵を持つと
いうことは、考えを言語化できるということです。…
 …教養とは疑う力である。自分で考える力のない人間が教養書を読んだ
ところで、色眼鏡で世の中を見るようになるだけだ。… 】
 これからすると、50年以上の読書歴からして、18年間の個人HPでの一日
一文の物語の作成(テーマ日記)の継続の習慣から得た社会現象の解読や、
新たな知識の公開を続けた。しかし国内外の古典などの知識の絶対的不足が
ベースにある? 今さらだが… これが私の何か残された人生の課題か?
何を私は、焦っているのだろう。今さらだが、遊べ、楽しめ、自由になれ!
そして、愛せ! さらに飛べ! それより、少し呆けっとしたら? 

・・・・・・
6309,読書日記 〜「知」の読書術
2018年06月22日(金)
            <『「知」の読書術』佐藤優著>
   * 電子書籍専用端末は別物で持つべし
 この本の圧巻は、第二部の「知のツール」の活用法
  ー第五章 私が電子書籍を使うわけー 電子図書関係への提言である。
≪・まず、本は紙で読め。流し読みや復習は電子書籍専用端末が適して
 いるので、両者の併用を勧める。
・タブレットと電子書籍専用端末は別物で、電子書籍を真剣に考えるなら、
 迷うことなく専用端末を買うことを勧める。そのメリットは、「ネット断ち」
 が可能になるため。どうしてもネットサーフィンなど、他のアプリに…

・過って読んだ本、つまり二冊目の本を買うことです。端末が、「携帯図書館」
 になるから。携帯化にはさまざまなメリットがある。これを持ち歩くと、
 何度も再読が可能になり、理解が深まり上に、知識が定着しやすい。
 著者は、『カラマーゾフの兄弟』をキンドルに入れて、時々読んで、最大の
 山場である「大審問官」について正確に話すことができるようになった。
・また自発光でないので、目が疲れない。
・電子図書は「流し読み」にも向いている。平凡社の世界大百科事典を電子辞書
 で持ち歩く。
  〜教養にカネを惜しまない。
◉ 教養とは生き残るために必要な知恵のことですが、
インテリジェンス=教養 ではありません。知性や理解力に訳されるインテリ
ジェンスは、極論すればゴキブリや猫に対しても使える概念です。 しかし
人間にしか使えない知恵は、知識に裏付けされてなければいけない。
教養とは「知識に裏付けされた知恵」です。知識に裏付けされた知恵を持つと
いうことは、考えを言語化できるということです。
 ―カスタマー・レビューより―
【・そもそも教養というものは、著者の言うところの「情報」や或いは「経験」
 に触れる積み重ねの中で自らの頭で考え、得られたものを言うのであって、
いわゆる教養書と言われるものを読んだから「教養」が得るわけではないはず。
そのときに得られた(と思い込んでいる)「教養」なるものは、単なる「受け売り」。
「教養と情報」の差異よりも、むしろ強調すべきは「教養と受け売り」の違いで
あろう。著者の言うことを真に受けるなら、その教養書を書いた人間の「教養」は
一体どこから得たのかという話になる。こういうところに著者の詐術が潜んでいる。
・また、著者が勧めるようないわゆる教養書はかなりクセの強いものが多い。
大して知識のない人間がいきなりそのような本に接すれば変に影響を受けすぎて、
自分の基礎になる考えがそれによって固まってしまう可能性がある。そして、
そもそもの話で言うなら、情報を集積してそれを自らの頭で分析・解体・統合
(=教養化)することのできない人間が、無理にお仕着せの教養などを身につける
必要はないのである。「マルクスを読んでマルクスを疑う」くらいの知的能力の
あるもののみが教養を身につける資格を有する。 マルクスを読んで「なるほど
なあ、資本主義反対!」などと納得してしまうとしたら、その知識は単なる
「受け売り」であって「教養」とは言わない。
教養とは疑う力である。自分で考える力のない人間が教養書を読んだところで、
色眼鏡で世の中を見るようになるだけだ。】

▼ 私の読書録など、受け売れでしかなかったのか。しかし、タドタドシク、
 書込み、記録し、繰返し読みかえすうちに、自然と身についている実感はある。
誰もが最初は受け売りしかないだろう。

・・・・・・
4480, 宇宙に外側はあるか
2013年06月22日(土)
   ー内容紹介ー    「宇宙に外側はあるか」松原隆彦 (著)
◎ 私たちの住んでいるこの宇宙がここに確固として存在している、
 つまり唯一絶対の存在である、ということは疑いようもなく当たり前の
 ことだと思われるでしょうか。実は、現代の物理学の知識をもって
 この宇宙を眺めてみると、そんな基本的なことさえも疑わしくなってきます。
 いま、人類の宇宙を見る目は大きく開かれつつある。宇宙の何がわかって
 いて、何がわかっていないのか? 宇宙の全体像とは?  
 宇宙の「外側」とは? 人類はどこまで宇宙のことを知ることができるのか? 
 現代宇宙論のフロンティアへと旅立つ一冊。
◎ 目 次 第 1 章 初期の宇宙はどこまで解明されているか
  第 2 章 宇宙の始まりに何が起きたのか
  第 3 章 宇宙の形はどうなっているのだろうか
  第 4 章 宇宙を満たす未知なるものと宇宙の未来
  第 5 章 宇宙に外側はあるか
▼ 宇宙論を分かりやすく解説してあって、私のように最近、興味を持ち
 始めた素人向けの本。村山斉著「宇宙は何でできているのか」と
「宇宙は本当にひとつなのか」のフォローに丁度良い内容。
村山斉の著書は、明快で分かりやすいが、それでも一歩も二歩も踏み込んだ
内容だが、この本の第1章から第4章までは、宇宙論の優しい入門のあらまし。
第5章で、マルチバースがあるかないかに触れているが、ハッキリした説明が無い。
私のような入門者にとって第1〜第4章の方が、噛み砕いてあって、分かりやすい。
 村山斉の二冊を含めた三冊が私にとっての宇宙入門書になるが、としても
何がなにやらである。 プロローグに 
≪ 現代宇宙論が明らかにしたことの中で最も大きな驚きのひとつは、
「宇宙は永遠不変のものではない」という事実。約137億年前に宇宙の始まり
があるという「ビッグバン理論」が確立したことで、このことが明らかになった。
この宇宙に「始まり」があることがわかると、根源的な疑問がたくさん湧いて
きます。≫ がある。 ーその疑問とは、
「宇宙はどうして始まったのか」
「宇宙が始まる前は何だったのか、宇宙が始まる前の宇宙は宇宙ではないのか」
「宇宙に始まりがあるなら、宇宙に終わりもあるのか」
「宇宙に終わりがあるとすると、宇宙の終わりの後には何があるのか。
 次の宇宙が始まるのか」
「そもそも、始まったり終わったりするような宇宙はどこに存在するのか。
 この宇宙よりももっと大きな、何か得体の知れないものの中にこの宇宙が
 あるのか」 等々である。マルチバース、それも10の5百乗の宇宙の存在
 の可能性には驚いた。村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」に詳しく
 書いてあるが、コペルニクスの地動説と同じ位の驚きを与えた根源的な問題
 である。そうこう考えると、再び、人間原理の問題の戻ってきざるを
 得なくなる。 宇宙は面白い! 宇宙お宅のブログにはビックリ。

・・・・・・
5212, 3%の本当に幸せな成功者から学んだこと
2015年06月22日(月)
      『世界の大富豪2000人が教えてくれたこと』トニー野中(著)
  * 世の中全体の一割が成功者、3%が心満たされた人たち
 この本に、【いわゆる「成功者」「お金持ち」と言われる人たちは、世の中
全体の10%ほどいて、7%が「お金があっても時間がないとか、人間関係や、
健康に恵まれておらず、本当に幸せでない」と言われている。】とある。
 別に、金満や、成功者でないとしとも、5人、いや3人に2人は、けっこう
幸せと思っているようだ。 私の場合、会社整理というハードランディングに
近い着陸だったが、ショックによる鬱症対策に、早朝から就寝するまで、好きな、
楽しいと思えるスケジュールを組みこんだ。そうもしないと、自滅する可能性が
あった。いや、現在もである。 それらを、淡々とこなすことで、心身の健康
管理をしている。 このストレスの「苦」は、たやすく消せるシロモノでない。
それをカバーすには、その3〜6倍の「楽」をスケジュールに組み込むしかない。
 著者はテーマで、3%が心満たされる人と決めつけているが、私の見立てでは、
金満でない人も含めると、3割。そのうちの上位の一割の3%が、十分に心満た
されているということか。 金だけは有るにこしたことはない。
 去年の暮れに、【幸福優位7つの法則ー幸福と成功の意外な関係】エイカー著
を取上げたが、その中で、<ボジティブ比〜繁栄と衰退を分ける「ロサダライン」
を、マルシャル・ロサダが発見、2・9013という数字で表した。 これは、業績の
よいチームと、悪いチームにおける「ポジティブな意識」と「ネガティブな意識」
が、2・9013対1以上でなければ、そのチームに成功はもたらされない> 
という法則を取り上げた。大富豪になるほど、その比率が飛躍的に高くなると
著者は言いたいようだ。 世の中を見渡すと、『貧すれば鈍す』か、
その真逆である。上手くいったから、成功したから豊かということではなく、
豊かだから上手くいく。 で、どうした? どうもしません! 全て夢幻。
 ところで面白い時間帯を見つけた。 20時から4時間爆睡後の、0時から4時。
意識し、茫洋として無意識との塀上と見立て過去、現在を浮遊する。
 これ、昼間やると、ボケ!

・・・・・・
5942,閑話小題 〜「ベストエフォート」とは
2017年06月22日(木)
   * 「ベストエフォート」とは


7782, 閑話小題 〜つれづれに…梅雨!

2022年06月20日(月)

    
   * 梅雨真只中ですか!
 空梅雨も問題が残るが、過剰な降雨も… これも日本特有の4季と
割切れば良いのだろう! この時節、腰痛が問題になるが、今のところ、
寝込むほどではない。室内歩行を数日前から始めたが身体には良い。

 このところブログの調子が良くない。今日の遅れは、それもある。


7781,閑話小題 〜この急激の円安は、厳しい

2022年06月19日(日)


   * 年初115円が、135円に
 あれよあれよと年初115円が、135円に! このパンデミックで、かなり痛んだ
日本経済も、この急激な円高に成す術がない。ロシアのウクライナ侵攻が加わり、
輸出立国の日本経済は成す術がない。何故か、株価が連動しないで騒ぎが少ない
のは戦時下だろうか。何か不気味は空気が世界を覆っている。問題は‘ロシアの
政変と、原子核を積んだミサイル’。そして中国の出方になる。こういう時節、 
えてして、大地震、大津波、大噴火が発生しがち! 
 
 それにしても良い時代を生きれたもの!と視点を変えるべきか。
毎日、大して変わらない文章を書き独りの世界で悦に入ってはいるが、
これまた何時まで続くのやら…
 今月の、このテーマを見るにつけ、マイナス傾向のテーマに驚いてしまった。
 〜
≪ そりゃ、欝っぽくになるわ!
 梅雨入り時ですか!
円安が続く
事実は小説より奇なりというが… 
遠くから次なるブラック・スワンの鳴声が…
飽きずに21年も… 
ホンマかいな!
今のところ、後期高齢者の境遇も悪くない  ≫
 ―
▼ 確かに、時代の大きな変り目。時代は、昭和の太平洋戦争の敗戦から、
 ソ連勃興から東西冷戦にかけて、運良くアメリカのウエーブに便乗し、
右上がりを経験し、それも破裂で、経済敗戦の如く立ち場に陥り、再度、
立上りつつある時節。そして、ロシア、日米、イギリス、中国のバランスも、
今や崩れようとしている。そして現在、ロシアが崩壊の一歩手前で、絶妙な
濁流が世界を覆うとしている、

・・・・・・
7431,閑話小題 〜立上げ屋ですか!
2021年06月19日(土)
   * 200〜300%の成功確率が無ければ…
 新潟駅前の学生ショップと、ビジネスホテル兼業のホテルの珍案は、
400〜500%の成功確率の確信があった。その後、情報革命による合理化で、
その業態も陳腐化していったが… 
 初期の勢いと上越新幹線・開通の勢いも相俟って、平日は満室で、客室の
運営に全力を投入し、土・日は学生服販売に重点を置いたのが合理的に働いた。 
撤退には有効に働いたが、駅前に集中したことで、10数年で陳腐化が始まり… 
中越地震や、東北大震災も重なり、最終の5〜6年は青色吐息に…

 Windows95がパソコンにのって普及以来、客足減退は只ならぬ気配はあった。
あと講釈だが、…情報化による断層を見抜き、決断し得なかった己の感覚は、
こんなものか…と、我ながら恥ずかしい限り。しかし破産などの致命的な事態
までは悪化してなかった? としても、NTT株で1億の損失を出し、ワザワザ
第三シングルインの近くの廃墟ビルを購入して始めたカラオケ『どんぐり山』
で1・5億の合計=2億5千万は間接的にマイナスに働いてしまった。  
 正妻が真面目に稼いだ御金を、道楽に貢いだパターンである。
…ミケランジェロのいう…
<幸福を手に入れるのではなくて…「不幸」を避ける>のが筋道。
両親から最も学ぶべき最も重要なことを、「結果が全てが事業」だが、
立ち上げ屋なら、その後の始末は、「転売しかなかった!」のか。
女子と小人、御しがたしということ! 「…たら、れば」は黙すべし!
軟着陸で、ヨロメキはしたが後悔はない。これが己の姿である。
 挫折し涙すればこそ、知りうることが娑婆にはある!の実感の
日々の味わいも、事業の味の一つ。 悲劇も喜劇も紙一重。
 
・・・・・・
7036.閑話小題 〜二代目の電動アシスト自転車
2020年06月19日(金)
   * 朝の散歩を、ポタリングに切替えて11年!

・・・・・・
6306,読書日記 〜良い人生だっただろうか?
2018年06月19日(火)
      『老年を愉しむ10の発見: ドイツ流「穏やかに生き抜く」哲学 』
                    ヴィルヘルム シュミット (著),
    * 「いい人生だった」を言える人生を
 人生を振返り、「いい人生だった」、一日を振返り、「いい一日だった」
と言えるために、最後の4分の1の老齢期を泰然と生きるべしと、著者は言いたい
のである。それも、長年の準備が必要とする。 『いい人生だった!』の言葉を
聞いたのは、私が27歳の時だった。父が余命1年の末期ガンを察知し、その恐怖心
と格闘していた最終に近づいたとき、『ああ、良い人生だった。今度、生まれても
全く同じ人生を生きたい』と突然、話したことを思いだす。その時に、
 私の僅かな死に対する知識、
『哲学でさ、自分って死なないっていうの知ってる。死んだ瞬間、自分が消滅
するでしょ。死体は、もう自分でない。死体を見るのは他者でしょ。
だから自分は永遠に生きると考えられるでしょう。』と聞いた父がハッとし、
『こんな話を聞いたのは初めてだ。死が何か、ここで初めて知った』と正直に
吐露していた。それより、太平洋戦争を跨ぎ、2つの人生を生き抜いてきた人も、
死の前の恐怖心には… で、私も「いい人生だった」― の、この一言を口に
出来るだろか?
≪ ―内容紹介― Amazon
 ドイツ『シュピーゲル』誌で18週にわたりベストセラー1位の話題の書!
年を重ねる中で得ていく「落ち着き(Gelassenheit)」とは何か。
 私は「アンチ・エイジング」より「アート・オブ・エイジング(年をとる術)」を
身につけることが大切だと思う。これは、老化というプロセスを拒否するもの
ではなく、それとともに生きるための術である。―ヴィルヘルム・シュミット
・これから得られる「豊かな実り」とは
・自分に起こる「変化」と折り合いをつける
・「それまでの積み重ね」が花開くとき
・「心穏やかに生きる」のに欠かせないもの
 〜カスタマー・レビュウより
古代ギリシャの哲学者デモクリトスが「朗らかさ」を、
外的な財産や感覚的な満足感に依存しない最高の「内面的な財産」とみなした、
というエピソードが心に残った。
快活さ=平安に満ちた心地よさを持つための土台が「生」についてなどの
スケールの大きい思慮から得られた朗らかさだと。
彼自身、「笑う哲学者」と呼ばれていたほど明るく快活だったという。
快活こそ悟り。≫

▼ 紀元前6Cのピタゴラスの時代より、死に方に対して様々な可能性について
 語られていた。生きているうちから繰返し何度も「死の瞬間」という極限の
地点に立っているつもりで、これまでの人生を振返り、それを自ら評価し、
時に人生の新たな指標をもとめる哲学的修練。
 この数年、何度何度も、死に関する読書の中で自問自答し、夜半に独り、
考えてきた。それを考えることは、自らの人生を振返ることになる。
人生において何が大事だったのか。何を間違っているかの問題に行き当たる。
如何だろう? いい人生とは何か?からすれば、自問自答で満点のはずだが。

・・・・・・
4844,「事業人生を決心して45年」の語り直しー18
2014年06月19日(木)
   * 衣料量販店のコツ
 肩書きは取締役本店店長。通称、「店長」。母が社長で、兄が専務。
家業そのもののパパママストア。出社日から多くの判断が次々と求められたが、
衣料量販店経営など全く知らない白紙からの出発。ところが、その白紙状態が、
結果としてベストに働くことになる。心だけでなく、何事も、空即是色である。
四日市、神戸、桑名、金沢、千葉と渡り歩いてきたが、いずれも、駅前は競争
激化と、新興のチェーン店の進出で、劇的な変化の過程であった。ところが、
当時の豪雪は、現在と比べようもないほど多く、冬期間は、雪の壁が、町を
遮断する特殊の商圏でもあった。そのため、地元百貨店が二店。
金沢の百貨店と、寄合専門店ビルと、実家である衣料量販店と、その支店の
ファッション衣料店が、そして駅に隣接した一等地に大型チェーン店が、
駅前のメイン通りに並んでいた。しかし、豪雪地区のため、他県からみれば、
その波の強さは、穏やか。この本店、規模の割には、「超繁盛店」で全国で
知られていた。その中での、御家騒動は、世間話の絶好のネタ。
 本店の過去のデーターは、全てを前任者が持ち出し、その上に、前任者達の
意をくんだ残留者は無言の抵抗。一週間、二週間経つうちに店内の商品が底を
ついてくる。その中、地元の問屋の一社が、当面、全面協力をしていた。
そうこうするうち、私の知らぬ間に、秋物衣料相場が、値崩れを起こしてきた。
普通なら、導入期に一通り秋物を並べ、次の最盛期に値崩れの仕入れをして、
稼ぐ。しかし、導入期の商品が無い中の、絶妙なタイミングに、東京、大阪へと、
現金を持って初めての仕入れ。何も知らないのに知ったふりの緊張感の中での
仕入れは、今でも忘れられない。そして、何とか値崩れ品の仕入れが終わった。
そして次回は、名古屋、大阪、岐阜へ現金問屋や、メーカーへの飛込み仕入れ。
 その時、思い浮かんだのが、父と中学、高校時代に一緒にまわった記憶。
まずは、一回り目は情報を取り、そのシーズンの流行と、相場を把握。その後、
商品を選び出し仕入れていく。それも現金で。右上り時代の中で、誰も忘れて
いた商売の原点を、動物的直感で綱渡りの瀬戸際で、始めていた。何とか一月が
過ぎた頃、店に高崎の有力衣料問屋の部長が訪ねてきた。店頭の立話しだったが、
現在の経緯と、自分の経歴と、現状を手短に話したところ、『当社として、
全面的に協力します!』という。暫くしてから、その意味を知った。それは
『その窮状を、産地問屋として、当分の間、原価ギリギリで商品を提供します!』
であった。これが大きかった。それに現金を持って産地を歩く、基本的原理を、
父から教わっていたことも大きい。これで、地元の問屋、メーカー、百貨店の
相場を根こそぎ叩き壊す、本来の姿に戻ったことになる。その中、その年末は、
思いもよらない暖冬で、冬物衣料の相場が大崩れをした。他の大型店は、事前
予約の冬物の在庫の山だが、当方の店の中は、予約など無しのカラ。
その中での、大阪、岐阜、岡山、に現金を持っての仕入れ。多くの筋ものが、
半値以下の大量仕入れ。それを、そのまま、小利で売りに出せば、大当たりに
なって当然。 時代の流れもあって、全てが、プラスに働いていた。
激変の中、むしろ既存の常識無視の方が、プラスに働く。

・・・・・・
5574, 突然、余命宣告を受けました ー
2016年06月19日(日)
    『あの世へ逝く力』 小林玖仁男著
   * 自殺願望の八割が、いざとなると
 苦しめるために生かしておくような延命治療なら、そうそうの安楽死を選択
したいが、現実は痛み止めの薬を強くすることで早めに死に導く。安楽死に
ついて、まだまだ議論が足りないようだ。 考えてみれば、人間は穏やかな
自殺か、安楽死の道を歩いている。 自分の死の決断こそ、最期に残された
人間の最大の自由の行使になる。  〜その辺りから〜
≪ 現在スイスでは安楽死が認められていますが、興味深いデータ報吉がある。
 自殺蓄助による安楽死を希望する場合、希望者の医療記録を徹底的に分析し、
生き続けていくのが困難だと判断された場合にのみ致死量の薬が処方される
そうです。しかしここからが驚くべきことなのですが、安楽死のための薬の
処方が可能と判断された患者でも、いざ安楽死可能と分かった時点で"自殺願望"
が弱まるというのです。その割合が何と八割もの人々の自殺願望が急速に冷める。
つまり、「苦しみながら死を待つ。この生き地獄から抜け出すことが可能と
分かれば、この理不尽に社会が理解さえ示してくれれば、我慢もできる」と
言っているのです。やはり、倫理観からも、宗教観から見ても、家族の手前も、
「苦痛だから死ぬ」というのは、どこかでなじめないのかもしれません。
だから、「この苦しみに、大いなる同情と、法的な権利さえくれればそれで
いい。我慢もできる」と。気持ちを分かってさえくれればー。そういうこと
なのではないのでしょうか。≫
▼「苦痛を最小に消え去りたいため、余命を告げられたら、早々、リンゲルの
 大量投与を」と思っていたが、「いざ安楽死が可能になると、八割が自殺
 願望から冷める」という事実。何だろう、これは? 
 〜ところで、私が生死に関する言葉で、気に入ってるのが、
<死ぬことは、生前の自分が存在しなかった状態に戻るだけ>
<遺伝子が私の身体を借りていただけ、それが無くなっても、数限りない
 遺伝子が、何処かの身体を通して生き延びる。「私」など他愛のない存在>
<充実した過去と現在を生きている(きた)なら、死など、恐れることはない>
<死んでしまえば、それまでよ。生きている内、できる内。>
<当人にとって、『死』は存在しない。死んだ瞬間、本人は存在しないのだから>
<宇宙の彼方から地球へ旅に来て、見るだけ見て、するだけして、帰っていく
 のが死である。>  …それにしても、辛いだろうに。

・・・・・・
5939,閑話小題 〜無知は、教養より金がかかる
2017年06月19日(月)
   * 無知は、教養より金がかかる
<教育にはカネがかかる。とはいっても無知にもカネはかかる。
                    〜クラウス・モーザー卿 >
☆ 何とまあ、人生をシリアスに切って捨てた言葉である。
 そう、人は無知で失った方が、知っていたが故に得たことより遥かに多い。 
なればこそ、無知を少なくし、知識など教養を長年かけ蓄積しておかないと。
私の場合、5歳までの、家系としてのベースが貧弱だったということ?
いや、それは99%の人たちに当てはまること。ならば学び続けるしかない。

   *  BE(なる)―DO(する)―HAVE(持つ)
<目標は、この3つのうち『持つ』の部分。スタイルが良くなりたい、恋人や
配偶者といい関係を持ちたい、あるいは百万ドルほしい、こういった目標は
どれも何かを『持ちたい』です。目標が決まると、次に、そのため何をなす
べきか、リストを決めまtす。問題は、スタイルが良くなる、金持ち、BEの状態
になること>
☆ 以前、<上手くいったから幸福になるのではなく、幸福であればこそ
 恐れることなく上手くやれる>という幸福論の一つの道理について触れた。
< BE(なる)の状態なればこそ、―DO(する)のプラス循環の結果、―HAVE
(持つ)になる>  6年前の大きな節目からこの方、見えたのが、マイナーの
人たちの視線。彼らは自らの傷口の膿を、他人の傷口に塗りつける自傷行為の
業の磁力が強い。マイナーのばい菌は、人に塗りつけると、他者のばい菌が、
当人の膿を更に濃厚にする。その毒のため、何人かが倒れていったような。 
自業自得、いや事業自毒。 これは私自身にも当てはまることだが。
 で、当時、直ぐに実行した手順が、2ランク上の習慣づけ。慣れてしまえば、
習慣自体は「第二の天性」となるはずだが… ただ淡々とコナシテいる。
ベストのことは、張りのある充実感と、毎日が兎に角、面白いこと。
 〈・BE=充実感のある日々 −> ・DO=生活習慣 −> ・HAVE=楽しみ〉
『こんな日々の何が楽しい?』かって。 『いいじゃないですか!これで…』
 「知らないバカ」と、「知ってるバカ」と、どちらがマシ?
「知ったかバカ」もいるが、「知ってるバカ」は、まだ、すくいがあるか?
・・・・・・
5209,閑話小題 〜何気ない会話の中で
2015年06月19日(金)
   * 何気ない会話の中で
 先日、中学校の来週の同期会の幹事の打合せの会で、顔は何となく憶えて
いるが、話を1〜2度したかしないかの男が隣席に座って酒を酌み交わす
中で、私が、『以前も話をしたかもしれないが、たしか40年以上、消防隊員
になったと憶えているが・・ 』と語りかけると、次の言葉が返ってきた。
『自分は、当時の花の中卒で、地元の津上製作所に入社。同期の殆どが、
夜間高校に4年通い、高卒の資格をとって地方公務員に転職をしていった。
自分は消防署に勤め変え42年間、勤め上げた。』と、さらりと言った。
15歳で働きながら高校資格をとって地方公務員になり勤め上げるコース。
こういう人生もある。これまでの私の恵まれた?生活環境と、あまりに
掛離れた生活環境に、言葉が出なかった。地道だが、地に足のついた
恵まれた人生である。 問題は、自分の歩んできた人生を肯定できるか
どうか。消防士といえば、火事と救急救命の現場の仕事。そこでは、
様々な露出した人生模様が垣間見れる上、生き死にの瀬戸際に立ち合う。
小さな世界の安穏とした人生を根こそぎ否定してきたが、それも人生。
彼にとって、救急搬送と、消防は、生き死の境目の現場の仕事である。
何か世間とかに捉われていたのは、逆に自分ではないか? 日々、是、
目覚め。それぞれの人生を否定も、肯定もしてはならない!ということ。
数年後?には、私なりの結末(死)が待っている。 貴方もだが・・
 『ああ〜、面白かった!』と、心底から言えるかどうか。
そういえる背景には、いえるだけのエネルギー量が必要だが。駅前の学生ショップと、ビジネスホテル兼業のホテルの珍案は、
400〜500%の成功確率の確信があった。その後、情報革命による合理化で、
その業態も陳腐化していったが… 
 初期の勢いと上越新幹線・開通の勢いも相俟って、平日は満室で、客室の
運営に全力を投入し、土・日は学生服販売に重点を置いたのが合理的に働いた。 
撤退には有効に働いたが、駅前に集中したことで、10数年で陳腐化が始まり… 
中越地震や、東北大震災も重なり、最終の5〜6年は青色吐息に…

 Windows95がパソコンにのって普及以来、客足減退は只ならぬ気配はあった。
あと講釈だが、…情報化による断層を見抜き、決断し得なかった己の感覚は、
こんなものか…と、我ながら恥ずかしい限り。しかし破産などの致命的な事態
までは悪化してなかった? としても、NTT株で1億の損失を出し、ワザワザ
第三シングルインの近くの廃墟ビルを購入して始めたカラオケ『どんぐり山』
で1・5億の合計=2億5千万は間接的にマイナスに働いてしまった。  
 正妻が真面目に稼いだ御金を、道楽に貢いだパターンである。
…ミケランジェロのいう…
<幸福を手に入れるのではなくて…「不幸」を避ける>のが筋道。
両親から最も学ぶべき最も重要なことを、「結果が全てが事業」だが、
立ち上げ屋なら、その後の始末は、「転売しかなかった!」のか。
女子と小人、御しがたしということ! 「…たら、れば」は黙すべし!
軟着陸で、ヨロメキはしたが後悔はない。これが己の姿である。
 挫折し涙すればこそ、知りうることが娑婆にはある!の実感の
日々の味わいも、事業の味の一つ。 悲劇も喜劇も紙一重。

・・・・・・
4844,「事業人生を決心して45年」の語り直しー18
2014年06月19日(木)
   * 衣料量販店のコツ


7780,閑話小題 〜『プラン75』 ―

2022年06月18日(土)



   * 自殺を認める世界に…
 3年近く前の秋ごろに、今までとは異次元の腰痛が起きた。ベッドで上半身を
起すに…痛みに耐え乍ら20分は要した。これが永遠に続くならば、生きていけ
ないと… 少なくとも入院が必要と… 辛うじて、痛みは退いていったが!
<ああ、これが75歳の壁か>と… <やはり、死ぬべき時に死すべし!>かと。
で、これがテーマの映画である。当時、近くの親戚の法事に行って、少しボケが
入りかけた人が、何時も世の中の悪口、愚痴が通例のように語る。それが、老い
の成せる業は解っていても… 
 
 …今はコロナ禍で休会になっているが、20人近くが参加しているが、老いは、
淋しいのだろうが、これまた女性が至って元気。同級会が始ると同時に、数分、
各自のスピーチが始まるが、そこで、言うべきではなかったが、親戚の呆け老人
を引き合いに出して、<75歳で入滅したい>と… ところが後に続くスピーチで、
次々と、「私の連れは、80歳だが、まだ元気。何時までも長生きしてほしい!」
と… 聞きようでは、自分が80歳を超えているなら、これ程失礼な言葉がない。
私こそ、サッさと自殺をすればよい。老醜の極みは自分である。
 
 …75歳超えから既に1年半が経過した。確かに、きつい部分があるが、逆に、
成ればこその、清らかな視線も出来てきた。まあ、行きつくところまでは行か
なくては!

・・・・・・
6668,閑話小題 〜今週のYouTube!
2019年06月18日(火)
   * YouTubeでみる大波の襲来
 土日の週末は、TVはYouTubeを中心にして見ることにしている。
自然とテーマが絞られる。「アフリカの野生動物」「KOシーン」や、
「逃走車の追跡劇」「ムササビ・スーツの滑空」「ドローン・レース」
「バンジージャンプ」‥など。
 先週は、津波などの大波による、事故現場の映像を中心に見た。 
大波に飲まれていく人を、近くで高みの見物している人たち。ところが、
自分たちも、その後、更なる大波の襲来を知らずに… そして次の瞬間、
飲みこまれる。それを見ているうち、1990年のバブル崩壊から、2001年の
9・11テロ、2008年のリーマンショック、東北大震災で、廃業に至った我姿が
重なりみえてきた。『まさかの坂』『ブラックスワン』が突然に現われ、
襲いくる恐ろしさ。自分だけは絶対大丈夫という慢心が知らない内に、
身に付いてしまっている。私の年齢では、『死』の問題。
 で、…

   * 75歳まで、あと一年半!
 最近、高齢者による交通事故が問題視されている。首都圏で交通網が張り
めぐされていればよいが、地方暮らしは車が必要。まさか自分が高齢者に
仲間入りするとは?思いもしなかった。足腰は年々重く、怠くなるにしたがい、
何をするにも億劫になる。マイナスの連環が、老化の特徴。後期高齢者に75歳
まで、一年半! 免許証の返還も、考えなければならない時節。
 社会施設は、あくまで現役を中心につくられている。
「老いるとは無念のコトじゃ!」と天敵の母に宣った病床での伯母の言葉が
浮んで来た。たしか、90歳近かったが。
藤山一郎の『恋はやさし野辺の花よ』じゃないが、『老いは悲し野辺の石よ』
に向かって一歩ずつですか。 それでも生きていること自体を味わないと…
段々と書くことがうさん臭くなる。それでも元気な内ですか。

 ・・・・・・
7430,閑話小題 〜ミケランジェロの言葉
2021年06月18日(金)
   * 否定の道・肯定の道、そして超越の道
 …幸福を手に入れるのではなく、不孝を避けること!…
 
 同時代の天才のレオナルド・ダビンチに隠れたミケランジェロも
多くの名言をのこしている。日本の彫刻師も似たような言葉を残している。
幸福を手に入れるのではなく、不孝を避けること!… 幸福の人たちの
一群は、それを守ること。老いるにつれて、あるタイプの絶対量が減っている。
 <金持…喧嘩せず>で、卑しいのが早々に淘汰される為。これも自然の原理。
常に、人生の変り目に道標を囁いてくれた姉がいた。
 ♦ 夢も長期的に粘れば叶うもの。長期目標を具体的持つこと!
 ♦ グループや相方の選定は「成行きでなく、自分より数ランク上」を選びな。
◉ 余分の大理石がそぎ落とされるにつれて、彫像は成長する。
◉ 美は、余分なものの浄化である。
◉ 絵は頭で描くもの。手で描くのではない。
◉ 私は大理石の中に天使を見た。そして天使を自由にするために彫った。
◉ 天才とは永遠の忍耐である。
◉ 時間の浪費ほど大きな害はない。
◉ どれだけの労力を注ぎ込んだかを知れば、天才なんて呼べないはずだ。
◉ 千の歓びも一つの苦しみに値しない。
◉ 主よ、私がいつも、成し得る以上のことを望むことを許したまえ。
◉ 優れた絵画とは、まるで彫刻のように見えるものである。
◉ 死と愛は、善人を天国へと運ぶ二つの羽だ。
◉ 私がこの芸術の域に達するまでに、どれほどの努力を重ねているかを
 知ったら、芸術家になりたいとは誰も思わないだろう。
◉ 羅針盤は手の中にではなく、目の中に持つことが必要だ。
 何故なら、手が実行し、目が判断するからだ。
◉ 私は、出来うる限り私の命を永らえるために、神が私に与えられた
 芸術分野で働いている、貧しく価値のない人間だ。
◉ まだ彫られていない大理石は、偉大な芸術家が考えうるすべての
 形状を持っている。
◉ おおよそ完全無欠な仕事というものは、多くの小さな注意と、小さな
 仕事とが相集って成る。ゆえに大事を完成するものは、細心の注意と努力。
◉ 真の芸術作品は、神が与える完成の影に他ならない。
◉ どんな石の塊も内部に彫像を秘めている。それを発見するのが彫刻家の仕事。
◉ ダビデではないもの(すべきではないこと)をすべて排除すれば
(すべて否定すれば)、素晴らしいダビデ像を完成することができる。
(素晴らしい人生を送ることができる)。
 
こうした思考法をキリスト教神学の分野で『否定の道』と呼ぶ。

これまで生きてきて思いしるのは、長年かけて地道に築き上げた蓄積が、
些細な逆上せ上りの為に、一瞬で消え去ること屡々。釈迦の説法、屁一つ。

いずれにせよ、
仝興蕕梁減澆聾斥奸箆斥・理性)である。
⊃世聾斥奸箆斥・理性)である。
世界のすべての存在は、言葉(論理・理性)である神によって創られた。
 という3つの命題が、端的な真理として、真理探究の方向性としての
 肯定の道の形式で語られていることになります。    ≫
 ――
▼ <千の歓びも一つの苦しみに値しない> 
 <まだ彫られていない大理石は、偉大な芸術家が考えうるすべての
 形状を持っている> 
人生そのものの格言になるが、

・・・・・・
6305,読書日記 〜『死の準備教育』 ー1
2018年06月18日(月)
             〜『死の準備教育』曽野綾子著より       
   * 死ぬまで5分間我慢する  
 曽野綾子女史の言葉である。死について数多の書物を読んできたが、
この一言は、「強烈」である。 たった、これだけのこと誰が教えてくれた?

【私は弱いから、暗示がよく効いたのである。私はいよいよ或る種の男よりも
強くなり、ますます、女らしくなった。何にせよ、いつ死んでもいいと思うこと。
死ぬまでに5分我慢すれば死ねる、と考えることは、私の精神の安らぎに役立った。
私はその5分間に決して平成ではあり得ないだうけど。】

▼ そうか、5分か! イメージとして、先だった家族に囲まれてボンヤリ
 消えていく。こらなら、イメージコントロールが出来る。面白そうである。
しかし、死期を悟って、最期の5分に至る道は地獄道である。煉獄といういう
のが、それだろうか? 恐怖心がつくり上げた究極の心理状態で、恐れて待つ
より、早く、その5分後先の安楽を期待する方が、気持ちは遥かに楽?
 生まれてきたからには、どのみち、死ななけらばならない。
どのみち、人生、プチッで、終わるのだから。 暗い? 暗黒の中心点を
凝視するしかない、この問題は。そうしないと灼熱砂漠の真只中で慌てるよ。
――
   
   * 死の果たす役割は、平等の『死』である
 死の清算があるからこそ、面白く、味が出てくるのである。死からすれば
全てが夢幻である。人生で、何が面白いかといえば、死ぬからである。その
当り前のことを、我々は忘れてしまい、無駄に人生を過ごす。
 勿体なじゃないか、など微塵も思わない。公平でないところが、奇妙?
【もし人間が平等であるとするならば、それを果たしているのが「死」である。
 誰もが一回ずつ死ぬのである。しかし、日本の教育は死を教えなさすぎた。
…戦争体験をした私は小学校のうちから、否が応でも毎日、死について考える
癖をつけられた。だが、戦後教育では死を考えることがタブーになった。
人が何歳までも生き続けることが医学的に目指すようになり、人が死ぬかも知れ
ない状況をつくる政治は「悪政」とみなされて、批判される。
今は死を覚悟しましょうというだけで、戦争を連想させるとか、貧困を肯定する
とか、批判が出るが、それがおかしい状態である。死は人間の運命であり、人間
の生きかたなんだから。】  

▼ 中学校の古希を祝う同期会で、司会で、「古希を過ぎると、背後にいる死神が
 前から迫ってくるとか云々…」を話していると、『3・10・60・27の法則』の
27%男が、『暗い!』の一言。ハイデッガーって何?は、60+27=87%の問い?…
メメント・モリは、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」。
 【小説】「死を忘れるな」CommentsAdd Star
< イギリスの作家ミュリエル・スパークの『死を忘れるな』。
 登場人物の平均年齢が70歳代半ば以上という高齢者小説。それぞれのところへ
「死ぬことを忘れるな」という謎の電話がかかってくるが、対応はさまざま。
慌てふためく者、警察に訴えて犯人を見つけようとする者、そして穏やかに
それを受け入れる者。生きることは常に死ぬことと背中合わせになっている訳
だが、人生の真っ只中にいると、そういうことは忘れがちである。
だから、「メメント・モリ」。>
 72歳男の心象風景は、「同年代が4分1が亡くなり、残りの半数が介護。
とすると、健常者は8分3の世界」 死は、ある日、突然やってくるのではない。
「生/老/病/死」と、じわじわと前側から近づいてくる。近づけば近づくほど、
その影は色濃く迫ってくる。

・・・・・・
5573,突然、余命宣告を受けました ー
2016年06月18日(土)
            『あの世へ逝く力』 小林玖仁男著
   * 言葉のチカラが、心を救う
 言葉の力は絶大である。【心の傷を通して、あなたの優しさが沁みてくる】
死に直面したから、人と心の優しさを感受できるのである。死に対しても、
[正・中心・一点・無]に向合っていけば、無限の慈愛を得ることが出来る。
後ろ向きになるほど、恐怖心は大きく圧し掛かってくる。あの世に逝くのにも
力が必要のようだ。しかし、全身脱力で。
≪ 恐怖感が薄らいでくると、徐々に死の覚悟らしきものが見えてきました。
 それは友人たちをはじめとする多くの人の言葉に支えられた(ている)からでも
あります。濁流に呑み込まれそうな私を引き上げてくれ、どうかすると叫び
駆け出したくなるほどの際どい精神状態を、何とか押しとどめてくれました。
・「悪魔と取引してでも生きることを考えてみて」 友人。
・「父も間質性肺炎だったが苦しいのは最後の一週間。なら他の死も同じ」友人。
・「これからは、なるべく僕がそばにいて支えるようにします。それに小林さん
 からは、まだまだ吸収したいものがたくさんあるから、横で盗みたいんです」
                           知人の息子さん。
・「神社仏閣は、当時の陰陽師が決めたパワースポット、行けば落ち着きます」
 「我慢せず泣き喚いたほうが楽になる。私が手を貸しますから」ライフコーチ。
・「夕日の没れるが如し(万事休む時である)」鹿島神宮のおみくじ「凶」の言葉。
・「小林さんがどう死を達観しようが、僕はまだ認めないですから」大学の後輩。
・「大変なことがあると自分が大きく変われますよ」占い師。
・「ふるさとに行かれたことはとても良かうたですよ」占い師。
・「小林さんは新しいステージに立った。死を覚悟したから、生を大切に
  生きられます」占い師。
・「気持ちと、運気と、医療と、努力が整えば、より長く生きられます」占い師。
・「求めなさい、そうすれば必ず与えられます」教会の牧師。

・「笑えば必ず、病気は持ちこたえられます」ライフコーチ。
・「もう、ろくでないことなんか、なぁ〜も気にせんでよかと。たっぷり
 お金を用意して世界一周クルーズでも行ったらよか。ところで、死ぬにも
 お金がかかるけたい。あんた大丈夫?」博多の知人女性。
こういう言葉の全部が私を勇気づけ、奮い立たせ、「死の覚悟づくり」を
手助けてくれました。≫
▼ 父親は余命宣告どおり、一年で亡くなった。その間、自分の心と、母親を
 観察をしていたが、最愛の人とはいえ、あくまで他人事。その刹那さの一部も
引受けることなど出来はしない。そうと思わないと、精神のバランスを保てない。
子宮の管に巻かれ息苦しい苦痛の中から産まれ、最期も一人、管にまかれ七転
八倒の中で死んでいく。生まれるも一人、死ぬも一人である。最期の一週間は、
もう生きていたくなくなるほど、苦しめばよい。そう割切るしかない。
 元気な身体と、良好な精神状態で、出来る限り生きたいが、時期がきたら、
早々、逝くのも悪くない。40、50代で亡くなった人には、少し早めに逝かれたと
思っていたが、そうでもなかった? 当人にとって、丁度良かった? 
 偶然だが、で、以下に続く!
――――
5208,「自分」という言葉自体が「自然の分身」
2015年06月18日(木)

・・・・・・
4476, 閑話小題 ーオノマトペ
2013年06月18日(火)
 6月11日のNHKの情報番組「クローズアップ現代」で、「にっこり」「ドキッ」
などのオノマトペの魅力を取り上げていた。擬声、擬音語には、その背後の豊か
な情報を伝達する力があるという。 ーNHKのHPによるとー
≪ 「ぐにゃり」に「ほっこり」。「ぱみゅぱみゅ」に「じぇじぇじぇ」。
 今、私たちの身の回りでオノマトぺ=擬音語、擬態語が急速に増えている。 
  放送では、
* トップスポーツの現場から。「“べちょべちょ”」「“ぬめぬめ”」
* 新製品の開発を模索する企業でも。「“ガシガシ”」
* ロボットの人工知能の研究現場まで、“どどどどっ”
 と熱い視線を集めているのです。人を引き付ける理由は、オノマトペが
持つ音の爆弾とも言われる、“ドキッ”とする力。オノマトペは、普通の言葉
とは比べものにならない豊かな情報量を持っていることが明らかになった。
言語学者は、「普通の言語では、そぎ落されてしまったものが全部、オノマトペ
の中に引きずり込まれて凝縮する。」 大手コンビニチェーン 広報
「“もちっと”ホットケーキや、“もちもち”くるみパンが、人気があります。」
商品名に、“もちもち”と付けると、売り上げが5倍に増える。そんな都市伝説
のようなうわさが、駆け巡っているという。大手コンビニチェーンの広報では、
「“ふんわり”とか、“サクッ”としていない商品は、比較的“もちっと”。」
おいしいを感じる言葉のアンケート調査でも、“もちもち”や、“もっちり”
がどんどん急上昇する一方で、“コシのある”や“舌ざわりのよい”は、
“ひゅるひゅるっと”急降下。短く直感的に伝わるオノマトぺがランキングを
席けん。オノマトペは、“パキッと”堅いイメージのある国会でも増殖・・ ≫
▼ 小泉元首相が、一言コメントで、国民の‘考えない層’の取り込みで世論を
 巧く誘導したが、「一言実感売り手コメント」とも言える。ツイッターの発信は、
現場感覚のオノマトペのようなもの。スマートフォン、タブレットの情報端末も、
現場感覚のオノマトペを親しみやすくしている。早朝の信濃川の土手の、ある場所
で「あ〜あ、清清するな!」と独り呟いているが、これも、それか。 変わった
スナックの名前に、‘ひとり静か’‘それから’‘そこ’‘どん底’などあるが、
オノマトペのニュアンスの店名が増えてくるだろう。で、「面白スナック名」と
検索したら、「まぬけ」「あくびちゃん」「夜光虫」「団地妻」「メロメロ」
「あんたが大統領」「スナックとしま」(池袋にある)「いい娘(こ)銀行」
「居酒屋どんぶり勘定」。 そこで考えついた面白いスナック名・・
{化け猫、寄生虫、からおけ音痴、娑婆娑婆、ここそこあそこ、ノミスケべイ}。
とっておきは、「ま、いいか!」 以前、新潟駅前にあった? 
「へっくしょん」「ずぼずぼ」「プッツン」も?


7779,閑話小題 〜そりゃ、欝になるわ!

2022年06月17日(金)



   * この数年で様変わり
 51歳時に、母親を看おくり、さて、今後、何に集中しようかと考えた。
その結果、好きな秘・異郷ツアーと、来し方の記憶の整理を思いたった。
その道具盾として、丁度、ブログが世界的に流行を始めていたのに乗ることに。
それ以来のライフワークになっている。 
 一日一テーマの文章化は、1千回までは大変だが、己の行蔵をふり返るに
最も有効になる。数年前の自分は、現在の自分と似て非なるもの。 読返すと、
何とまあ面白い。 時代背景に翻弄されている娑婆と、自分が浮上がって
いるところが… この三年近くがコロナ禍のパンデミック! 春先からは、
ロシアのウクライナ侵攻による戦争。情報端末が、それらを正確に記録し、
各末端に送信される。そして、その真実…?が、現地より生で映し出している。
 ―
   * 世界は鬱病患者の群れに…
 日本だけでなく、ウクライナの惨状を、世界各地に配信されている為に、
鬱病症候群に溢れている。あれだけ生々しいのが映像化され、朝から晩まで、
見ると、死と生が裏腹の実態があからさまに見てとれる。 AI付ミサイルが、
機関銃のように、1人の戦士で気楽に撃てる。そして戦車、戦艦が、アッサリと
爆破され撃沈していく。ロシア対NATO軍の代理戦争。時間の問題で、ウクライナ
の勝利がアカラサマに見てとれる。それも100日も経過すれば、気分が落ち込む
のは至極当然。

・・・・・・
7429,閑話小題 〜改めて、ブラック・スワンについて
2021年06月17日(木)
   * ブラックスワンについて
 人生を75年、いや50年を振返ってみて、後半程、その振れ幅が大きく
なっている。 75年間、実際生きてみて、さほど長く生きたとは思えなく、
短いのである。 ある日突然、思いもしない『まさか』の事態が発生し、
それが我々の人生を決定づけることになる。
 東西の冷戦と、ソ連・東欧諸国の崩壊、1987年の世界的株価の暴落。
アメリカ、イスラエルとアラブとの中東戦争。日本のバブルと、その崩壊。
身近では二つの中越地震と刈羽・柏崎沖地震。誰も、そんな予測など…
たて様がない。2001年の9・11テロ、2008年のリーマンショック、2011年の
3・11の東北大震災、2020年のコロナ禍の蔓延。これらは予測不能ばかり… 

 現在では東京直下型大震災、三陸沖地震、富士山大噴火が予測される。…が
これまた不確定要素が強く、現実に直面するとは誰も思わない。日本を取囲む
地政学的位置もあり、隣国が虎視眈々と国境線を狙っている。 現役を退けば
こそ、知り得ないことが見えてくる。有得ないことが現実に起ってくるのが 
ブラック・スワン。その後、これが当然のように幅を利かせて全体を誘導する。
時の権力者は、その不安定な権力構造を維持するために国境争いに目をつけ、
争いを起すのは、何時の時代も同じ。
 このブラック・スワンは、世界中の観光地、そしてサービス業にとって、
青天の霹靂の事態。現在のところ、国からの補助金で命を繋いではいるが、
後は、ワクチン接種の終了後の秋口辺り…待ち。医療体制がある先進国は、
まだしも、アフリカ、中近東、南米、インドなどがワクチン接種が終わるには
時間経過が必要。その最中にオリンピックの強行とは、これ如何に…?

・・・・・・
7034,閑話小題 〜白紙委任状にハンコ押せと言われても 〜3
2020年06月17日(水)
   * 連帯保証人に…
「連帯保証は、連帯だから大したことはない!」という無知の連想に狙いを定めて、
判を押させる極めて初歩的な‘詐欺行為’。それを求めるのが銀行。一番多いのが、
親子、兄弟など親戚関係。そして団地内の知人などが、親密な馴合いを利用して
実印を押させる。何せ、相手はプロの手練手管集団。そこが知恵を絞って、絞め
あげてくる。今日明日の延命のためには何でもするのが人間のサガ。一度、逆流に
嵌り込んむと、そこは地獄。様々な物語が生まれてくる。 
 
 驚いた話を聞いたことが。創作中華料理店の客あしらいの良い‘美人お上’を
15〜6名の某会に招集し、創業の苦労話を聞いたことがあった。それが、聞いた
ことがない異質な内容。〜その後、20年前に末期ガンで亡くなり、店も廃業をした。
【ヤクザ系高利貸しは、<担保がないなら、命を借金の担保に!保険に入って
返せないなら自ら命を絶って、その保険金で返せ!」と。>】
常識外の切り込みから始まった。…まずは成功イメージを想定し、横浜に単身、
女の身で乗り込み料理と店舗運営を学び、次は腕の良い料理人を見定め篭絡、
そのプロセスでタネ銭と、資金協力者を…など話題が異質世界、合理的で、創業の
本質をついている。逆に、連帯保証人探しのプロセスもある。誰を狙うか…? 
親戚、知人、仲間内、あとは‘枕’?。 特に水商売なら、その位は、最低、粉さ
ないと!そこで一番の要がタネ銭。この練り込みが最も重要。そこを曖昧にすると、
創業過程でボロが出る。創業は、縦揺れ、横揺れ、斜め揺れの連続。あとは失敗時
の対処想定の練り込み。「上り坂、下り坂、そして‘まさか’の坂」を事前に想定し、
対策を練り込んでおく。 <事前の一策は事後の百策に勝る>。身内を騙して
連判を押させて、なぞもっての外。
 
 判といえば、45年も以前になるが… 白紙委任状を送りつけ、決算書に必要と
‘サインと判を捺印しろ!’ 幼児の頃から、父親に厳重注意と繰返し聞かされて
いた為、それを理由に断ると、烈火のごとく怒りだした。 引っ掛るか、掛からない
かの石ブツケ。青天の霹靂。有ろう訳がない現実が現われた瞬間!。 TVドラマの
「悪代官様」のレベル。 金銭など欲が絡むと人間は別人格が…。普段から、『死』
と『金』について自由に話題にしておかないと、この別人格に押しつぶされてしまう。
こと実印と実筆のサインで、全てが失われるし、チャンスも膨らむ。捺印は身近の
利害が多いため、骨肉の争いにもなる。  なる程フィールドは娑婆そのもの。

 得たことも…失ったことも、あまりに多い! しかし、面白かった!
一期一会なる一回性だから面白い! この数年間は、超特大のブラックスワンの
到来で、想像を絶する既存のシステムの破壊と、新たな創造が起こるが、そこは
地獄絵でもあり極楽でもある。 まだ他人の絵空事として受け止めているが…

・・・・・・
6667,閑話小題 〜ヨガ・エアロに7年と3ヶ月
2019年06月17日(月)
   * どう?効果があるの?
 数日前のこと、7年の間、ヨガで隣り合せの人に、参加をしたばかりの人が、
『腰痛、少しは良くなってるの?』と聞いていた。 暫し迷った上、
『何ともいえない!』との答え。実感だろう。 私の内なる問答では、
『ジムに8年、ヨガが7年3ヶ月、参加してきた。選択しているコースが、
「平日会員のメンバー」。 <月、火、水、木、土曜日の10〜17時までの
週5日間コース>。 昨年までは、旅行などを除くと、ほゞ皆勤の出席。
今年からは歳相応に週4日にダウンした。参加目的は腰痛対策と、運動量の確保。 
それと誰もが陥るらしい老人性鬱病と痴呆症への予防対策。これに加え早朝の
一時間のチャリ散歩(ポタリング)が加えると3時間の運動の確保になる。
 しかしパソコン前と、ベッドの寄り掛りを加えると一日8時間を過ごすため、
腰への負担は甚大。これでもカバーしきれてない?のが実感。
 …で、私の実感は、
<完治には程遠いが、続けてなかったら現状より悪くなっていた。歳を重ねる
度に、間違いなく衰弱をしている実感は否めないが、それでも三割方は軽く
なった実感がある。SJに通い始めた数年間は、急なストレッチの刺激のためか、
逆に足腰が重く、痛さが増したが、それは改善の過程の兆候。その後は少しずつ
軽くなっている。> でも、上京やツアーの参加の直後や、現在のような季節の
変り目には定期的に病状が現われる。そして、現在、予測通り、出ている。
 ところでSJは、様々な人生を生きてきた人たちが見受けられる。 当初は
戸惑ったが、それも最近では見慣れてきた。ジム内は、雰囲気が明るく、気分
転換のリズムをつけるに効果的居場所。 私には、効果というより、人混みに
身を晒すことが目的。
 ―
ところで、一ヶ月前に所用で日帰りの上京をしてきた。それ以来、治まっていた
腰痛が、今でも続いている。季節の変り目もあるが… 今週に、学生時代の
クラブの寄り合い、来週は大学主催の10年ごとに開催される「卒50周年の集い」
がある。直前まで腰痛の様子をみたが、二週続けた上京は無理と判断。
「50周年の集い」の一本に絞ることにした。

・・・・・・
6304,閑話小題 〜鼻毛を毟り取る
2018年06月17日(日)
   * 鼻孔さっぱり、ノーズクリーン
 半年に一度ぐらい、スーパー床屋に行くが、座ったと同時に「300円で鼻毛を
取りませんか? 粘着ワックスを使って一瞬で鼻毛と角質を取れます。スッキリ
しますよ」と誘われ、300円ならと受けてみた。鼻の穴に少し温めた人さし指ぐらい
のジェル状の塊を入れられた数分後に一瞬で抜かれる。少し痛いが、耐えられる
範囲。で、成るほど鼻孔が、これまでと違う軽い感覚。 抜かれたワックスを
見せてくれたが、数ミリの産毛と角質がビッシリ付いていた。勧めの言葉とおり、
‘鼻孔スッキリ、これは良いわ’の実感。
 さっそくネットで調べると流行ってるらしい。ドラッグでも売っているようで、
自分でも可能。その夜半、寒さもあってか、夜半にクシャミの連発。鼻風邪か?
と思ったが、翌日には治まっていた。人差し指が届く範囲のため、奥の産毛は
残るため、チリから肺が守れるというが、寒さは無理ということ。
――
   * 野本恭八郎
 先日、<牧野の殿様、3万石の世界>のテーマで野本互尊翁について書いた。
戦前、父親が骨董商をしていた際に、津上退助と、野本翁の二人に気にいられ、
多くの骨董品を納めていたと聞いていた。で、ふと、二番目の姉の名が、「恭子」
私が「八郎」は、恭八郎から頂いたのでは?と、思い至ったが、如何だろう。
確か、家に彼の書画があった。父親から聞いてなかったが… 名前には、
様々な親の想いが込められている。フルネームは、最短の物語というが。
  〜ネットのコトバンクによると
【 1852−1936 明治-昭和時代前期の社会教育家。 嘉永5年10月24日生まれ。
 第六十九国立銀行取締役,新潟県会議員などをつとめる。互尊即独尊を説き,
大正4年長岡に互尊文庫を創設。昭和9年には日本互尊社を設立し,全財産を寄付。
昭和11年12月4日死去。85歳。越後(新潟県)出身。旧姓は山口。号は互尊。
【格言など】独尊は互尊と知れ,互尊は独尊と覚れ(信条)

・・・・・・
5937,閑話小題 〜4k8kテレビの世界 −7
2017年06月17日(土)
   * いま話題の「2k、4k、8kTV」とは何?
 家電チェーンのチラシ広告で目につくのが大型薄型TV、とりわけ4kTV。
その上に、4k有機TVである。去年暮れ、寝室に、その4kTVを購入して、
視覚世界が一変して現在に至っている。居間中心だった生活が、寝室に移動し
てしまった。「2k、4k、8kTV」とは何か、その「k」とは何かを検索して
デジカメで画面に使われている解析度「千」の省略用語「k」と、知った。
 〜ネット検索で調べると〜
≪ 現在、我々がみているデジタル放送は、フルハイビジョンといわれる規格で、
 解像度は1920×1080ピクセルで約200万画素相当。今、次世代の規格として注目
されている4K映像は解像度3840×2160ピクセル、約800万画素相当で、フルハイ
ビジョンの4倍の画素数からなり横方向の画素数が約4000ということから4Kと
呼ばれている。実はこの4Kのさらに先をいく、スーパーハイビジョンと呼ばれる
8K映像の研究が現在進められている。8Kは、現在のフルハイビジョンの16倍に
あたる7680×4320ピクセル、約3300万画素という超高精細な映像を実現します。
フルハイビジョンのテレビは、画面の近くに寄ると液晶のドットを視認すること
ができますが、8Kの超高精細なディスプレイではどれだけ画面に近づいても
液晶のドットがわからないほど精細です。そのためそこに映し出される映像が
あまりにリアルに見えてしまい、画面に映った映像と認識できないほどです。≫
 ―
▼ 7年前に購入したTVは、ハイビジョンだったので100万画素とすると、
 寝室の新たなのものは800万画素+40%アップしたもの。とすると、居間の
TVの10倍は鮮明な画面になる。これでは手放しで感動して当然である。
同級会で、それを説明すると、「その結果、何が如何、違って見えるのか?」
と、素朴な疑問。直感的に答えたのが、「大相撲のTV観戦を例にとると、
これまでは、土俵上の力士と行司だけにピントが合っていて、土俵周りまで
関心がいかなかったのが、観客のファッションとか、所作まで鮮明に見えて、
今日は、どんな人が、どんなファッションで、どんな連れと同伴しているか
などを見るようになった。個々が浮き上がって鮮明にみえる」と答えると、
納得したようだ。スマートフォンのカメラ機能で、画素の違いは判るだろう。
8kTVの一般の普及は、7〜8年先のようだ。ところが、今度は「4k有機TV」
が出てきた。8k並みの4kTVと、有機TVの話題は次回に… 

――――
5801,閑話小題 〜4k8kテレビの世界
2017年02月01日(水)
  * 冥途の土産に
・一昨年の暮れ、寝室にWoWoWの二台目契約をしたのと同時に、ブルーレイの
録画機を設置して一年。次は6年半経過したTVを思いきって買換え、はや一ヶ月
経過。居間から寝室にシェルター内の居場所の重点移動になる。一切、家内に
秘密で、新潟駅前の家電チェーンを含めて10軒近く、見て聞いた後、買換え
の結論を出した。少しでも家内に気づかれれば、瞬時に潰されるのは自明。
決めて納入までの罵声の嵐は覚悟の上だが、全身での罵声は覚悟としても、
やはり堪えた。敵は、この機会とばかりに普段の鬱憤を怒りこめてくる。
奥の間は、外界からの雑音が皆無ということも含め、そこは異世界である。
これをベッドでみた後、廊下を隔てた仏間のパソコン前と、居間に向かう時、
何か夢の世界から現実社会に、引き戻されつつ歩んでいる感覚になる。 
・20年以上、年末のNHKの紅白歌合戦を見ることがなかったが、早速、初めから
終わりまで、一睡もすることなく見てしまった。背景がデジタル映像を主体に
した世界に変っていた。
・更に大相撲初場所も、幕下上位から、打上げまで、ほぼ見ていた。 
最近に知ったが、これが8kの試験放送。いやに生々しいはず! 映し出される
力士だけでなく、観客の姿が立体的に鮮明に映し出される。服装、表情を見て
いるだけで飽きはしない。より立体的に、力士も行事も、砂被りの観客も、見る
ことが出来る。4kと8kの違いは、より鮮明に立体的に浮かび上がる画像の差。
・店頭の中年店員が「他は800万画素だが、これは2000万画素の異世界の映像
を映し出している」というのも実感できる。4k8kTVの情報は、東京の従兄が、
葬式で地元に来た時の通夜の席で、「別次元の明るさがあり、鮮明で、臨場感が
違う」と聞いた情報。
・そこで【長岡花火 2016】とYouTubeに入力すると… 過って見たことの映像
世界が次々と出てきた。見方によれば、現場で見るより、華やかさという面では
圧倒的に?まさっている。「4k・8k映像世界とは、これ」と現出された内容。
「人間の視力、聴力をデジタル技術で遥かに超える世界が、TV映像にも出てきた」
ということ。3Ⅾが最近、話題に上がらなくなったのは、対象が立体的になった
ためという。
・グーグルが、ストリートビューを美術館内の芸術作品で始めた。まだ出だし
だが、世界の名画が、パソコン、TVで本物よりも本物らしく映し出される時代
になった。8kの次世代の画面の段階に研究は進んでいるという。あまり長生き
をしたいと思わなかったが、ここで、少し気持ちが変化をしてきている。  

――――
5833,閑話小題 〜4k8kテレビの世界 −3
2017年03月05日(日)
   * 現在も驚愕の日々が続く 〜ドローンで空撮
 昨年の秋に東京の葛飾に住む一回り年上のカメラマニアの従兄から、
「4kTVと、ビデオカメラが如何に素晴らしいか」を教えてもらい、寝室の
6年半使用のTVを少し早めに買換えた。当然、さほど余裕がない立場の身、
家内からの激しいバッシングを受けることに相成った。 従兄が語った
「私は進行ガンで老老介護の日々。生まれるのが10年早かった。ドローンに
8kカメラをつけて、名所の自然を空中から撮ってみたかった!」という悲鳴
に近い口惜しさが直に伝わっていた。そこで一月かけて、4kTVとは如何なる
ものか、家電店を10回近く見て回った。特に「ソニーの‘ブラビア’は別次元
の世界に誘う。4kだが実際は8kに近いしろもの」という殺し文句を数人の担当者
から聞くことができた。 人間の視覚を遥かに超えた4k・8kの画面は、現地
で見るより数倍に視覚能力を持つ。 TV検索によるネットサーフィンで昨日、
行きついたのが、
<ハネムーンに400日! BBCも取り上げた日本人夫婦の仰天新婚生活>の映像。
 そういえば、去年の暮れに話題になりワイドショーで取上げていた。
  〜ネット検索によると〜
【 「一生分の夫婦の話題づくりをしよう」
 そんな一言から、ある夫婦の壮大な旅路が始まった。関西国際空港から飛び
立った2人は400日をかけて地球を一周、48か国を巡った。2人は自分たちのこと
を「ハネムーントラベラー」と呼ぶ。400日間の世界一周旅行は彼らにとっての
新婚旅行だったのだ。新婚旅行で世界一周というのもユニークだが、彼らの旅
にはもうひとつ独特な試みがあった。行く先々でドローンを飛ばし、世界各地の
名所の空撮映像をSNSで公開していたのだ。これをイギリスの国営テレビ局BBCが
報じたことによって、2人はいちやく有名人になった。千貴さんがネット上に
アップした一連の動画の合計再生数はいまや1000万回を超えるという。
400日間もの旅路は夫婦に何をもたらしたのか、そして夫婦を旅にいざなった
ものは何だったのか。2016年8月に日本に戻った。新たな生活を営み始めた2人に
話を聞いた。<ドローンから撮影した絶景はこちら> 】
▼ 従兄も、これを見たのだろうが、写真マニアなら実に無念のはず。
 私が50年かけて51回、合計延べ500日間、予算が3500万円。 
この二人は、予算500万で、400日。家賃3万円のアパートに暮らし、徹底した
節約生活を送り、2年でこの大金を貯めたという。それにドローンに4kビデオ。
何とも羨ましい限り。プログラマ―のため、仕事で路頭に迷うことがないという。
2人の行先の多くが重なる… 毎日、真昼間から寝室に籠り、異世界に入り込む
のも、変といえば変だが、それでも精神は異世界で羽ばたいている。
 〜で、再び、文脈が、去年の同月同日の内容に続く。


7778,閑話小題 ~梅雨入り時ですか!

2022年06月16日(木)



   * 5〜6月の今時分は恒例の腰痛が出る時節。
 今年は、軽い鈍痛で治まっているが!3年ほど前に10年に一度あるか
無しかの重度になり、ベッドから上半身を起すに30分程かかっていた。
長生きも程ほどと感じ入っていった。老いるほどに、弱点が表立ってくる。
毎日毎日、テーマを見つけて何らか書き続けているが、何にも思い浮かばない
時ほど、後で読返すと自然体の思いが伝わってくる。

   * 国内も、世界も、鬱病が蔓延している!
 パンデミックが治まろうとする現在、今度はウクライナ戦争である。
情報化の時代、動画と映像が、リアルタイムで、世界の各時の端末に
配信され、現場の厳しさが、そのまま伝わってくる。権力を持つもの、
持たないもの両者とも、厳しい現実が待ち構えている。世の中、民主主義
で、平等が建前だが、現実は、それからほど遠い。

・・・・・・
7428,閑話小題 〜瞑想とは −2
2021年06月16日(水)
    * 瞑想の定義とは ―
 
≪ ◉ 各々の瞑想は宗教や信念、価値観、生き方と深くかかわる歴史を持ち、
 そうした文脈から瞑想を切り離して単体として考えることは難しく、定義は
困難を伴う。瞑想を広い意味での感覚減弱(脱感作)の技法ととらえようと
する研究もあるが、明白に瞑想ではない感覚減弱の技法もあり、心身への効果
から瞑想を定義することは難しい
◉ 「冥想」「瞑想」と訳されたものも少なくなく、仏教の訳語であっても
 仏教用語が用いられないという錯綜した事態となった。
「瞑想」の英訳には、meditation とcontemplation のどちらかが当てられる。
「冥想」という言葉は、漢語としては、目を閉じ深く思索するという意味であり、
道教に由来する。根源的な真理である大道と一体化するための方法として重視
された。「冥」は「場所に手で幕をかける」「死者の顔を覆う布」の意味で
あり、どちらも覆われて見えない様子、暗い様子を表し、「奥深いところ」
「目に見えない神仏の世界」「深遠な道理」などの意味が派生した。
一方「瞑」は「目をつぶる」「死ぬ」などの意味で、死者のように目をつぶる
という意味である。 ≫
 ―
▼ 10年近く参加しているヨガ。当初、3人いた専門インストラクターは現在は
一人だけ。最近はホットヨガが新設され多く流れていった。
コロナ禍で更に減ってはいるが、腰痛対策に丁度良い。 …無念だが、70歳頃
から、腰痛を含めて体力が年々右下がりに落ちていく。75歳を前後して、激しい
腰痛を何とか乗越えたが、何やら気力まで落ち込んでしまった。
インストラクター曰く…‘ヨガが知らぬ間に日常生活に融け込んだ人をヨギ―’と。
 家内が居間で、急に姿が見えなくなったら、最近、ネット購入したヨガマットで、
今日のヨガ項目の復習と、身体を捩じっている。 …こりゃ、私には出来ない事。

・・・・・・
7032、閑話小題 〜白紙委任状にハンコ押せと言われても 〜2
2020年06月16日(火)
   * まだ少しは信頼していた男が…
◉ 私自身、一度も資金繰りの苦労をしたことがない。幼児の頃から、両親の
 倒産、夜逃げ、連帯保証の受けハンの話題を聞いていた為、お金に対する
恐ろしさが焼き付いていた。「お金は、人を卑しくもするし、あればこそ、
心豊かになる。 事業の立上げも落ち着いた頃、同級会や、居酒屋で久々に
出あった幼馴染が言うことは、
「実兄に連帯保証の受けハンに判を押して破産をした… 一晩泣き明かした。
サラリーマンの給与の一千万は大きい」。それでも何とか生抜いてきた」とか、
『家内が社宅の知人に受けハンをおして、会社を辞めざるを得なくなった。
娑婆の無知が招いたこととしても…」など… 当然、身近でも依頼されたが、
当然、断ることにした。人間、こと金銭になると…人間性がおかしくなる。

◉ 銀行はリスク軽減に、経営悪化に対しは、身内、仲間内の連帯保証を要求。
…借入には短期、長期の二種類があり、短期の書換時に、まず身内の受けハン
を要求。まず連合い、兄弟、親戚の連帯保証にと…執拗に締付けるのは当然。 
会社清算でわかったことは、<倒産が悪いことでない。事業はリスクの塊り。
悪い経営より遥かに「良い倒産」の方が良い。 突然のブラックスワンに気づか
ないのが悪い。この世界的のパンデミック。〈9割、6割減の売上に…耐えろ〉
と言われても、簡単に乗りきれる事態ではない。
 ―
 このパンデミックは8割が致命的な程の深刻な事態。
<止めるに止められない!カッパエビセン>。ある日、突然、一部が表層雪崩
が生じて、それがアチコチ生じて、突然、本格雪崩が生じる。株式・為替市場の
崩壊になる。パンデミックの2波の10月辺りが! 経営者も、個人も、「家訓で
受けハンをしない!」を口癖にすべし。巧妙に親しさを切口に悪質な受けハン
犯罪が身近に行われようとしている。まさか、あの人が! 人間は豹変し、
平気で人を落しこむ動物。 それが娑婆! 何もしても良いのが自由ではない。
何をしてはダメを決めてから、それ以外を自由にしないと!

――――
7032,閑話小題 〜トランプの後ろ姿  

* 史上最低の大統領
 昨日、ニュースで演壇から降りるトランプ大統領の疲れ果てた姿が
映し出されていた。アメリカ全州で人種差別反対のデモが吹き荒れており、
それが世界の都市にも飛び火してしまった。白人至上主義者がアメリカ国家の
設立理念を捻りつぶしてきた反発が根にある。これが世界の実態としても、
露出してはならない問題。これで彼の再選は消えてしまった?。 すると、
一年後には大統領権限で抑まれてきた不正で…檻の中…?
 この新型コロナ騒ぎで、黒人死者が白人の二倍の比率というから、あまりに
残酷な真実が表立った。メキシコ国境に塀を立てて入国拒否とか、露骨過ぎた。
アメリカの民間の健康保険は高額すぎて大部分を占める低所得者には無理。
まず、受付で拒否をされる。こういう疫病の案件でも、後回し…? 
悪いことに、ブラジルのミニトランプ風の大統領が、このパンデミックの中、 
まだ、経済優先を主張。それがトランプと重なり…
 ―
    * ところで経済って、大丈夫か?
 先日、中国のトラック業界の先端の運転手の苦境をレポートしていたが、
それは悲惨。高速道路からトラックをおりることが出来ず、観戦地区のプレート
のため、サービスエリアに入れず、路肩駐車は危険のため、走り続けるしかなく、
意識朦朧とした姿は何とも悲惨。事故一歩手前で救い出されたが… 中国内に
3000万人も存在しているが、その大部分の仕事は皆無状態。今はネットで、
運賃が表示され、買いたたかれるのが実情。 お金が無いため価格崩壊。
これがまだ野球を例えると、二回表の序盤となれば、これから如何なるドラマ
が生じるのか? 日本のファミレス、居酒屋、ホテル、観光地、百貨店、観光
産業のどれを見ても、救いようがない。
 日本人の3割が預金がゼロ。2〜3年もすれば、いや1年で、過半数が預金ゼロ。
現在、誰もスマートフォンを手元に持っている時代。その悲惨さが、そのまま
配信される。まずは10万円の配布をしたが… それも一過性。
 ―
    * どうも緊張感が無くて…
 スポーツジムや、週一の酒とツマミの買い出しに出る時、ついうっかり、
マスク着用を忘れる。ハッとして周囲を見渡すと、全ての人がマスク着用。
逃げるように店外に出ること屡々。本来は、自宅内でも着用すべきだが…
としても、何時どこで、感染する可能性がある。これが21世紀の一現象。

・・・・・・
6303,映画鑑賞 ―『終わった人』
2018年06月16日(土)
    * 終わった人 −3
 今日のシネマ観賞は、『終わった人』。…期待してなかった分、面白かった。   
評価は85点。『終わった人』が、終われなくてジタバタする63歳男の物語。
屋内犬から屋外犬、そして野良犬への生き方にギア・ダウンしていくのは、
非常にエネルギーを要する。群れを性分としてきた人たちの、定年後の私生活に
戸惑うのは当然。しかし、その時節到来は当初から知りえたライフワークの要。
当然、出世コースから外れた時に、価値観の転向を図り、重心を趣味に移行する
か、新たなビジネスに切替えるべきであった。長期戦略が持てない故に、転籍
させられた意味が理解できなかった。 次の問題は、「終わった後」の人生設計
を自らたてれるか、実践コントロールが出来るかどうか。 群れの生活から、
個(孤立)の生活に徹し楽しめるかどうか。この物語は、群れ犬から、孤独犬、
野良老犬への転換の失敗物語。面白いといえば面白い。東大出のエリートの
首輪と、紐を引きづり露頭を迷う姿に、まずは連合いに嫌悪される。
 個々の定年後の準備が、どの程度かは知らないが、サラリーマン系には、
準備が無しが多いみたい。月一に、何処かのスナックか、居酒屋に示し合せた
OB会が必ずあるという。こういう手合いの群れである。現実に溺れ、毒された
御犬様が、突然、一匹狼になって戸惑うのは…自然の理。 
深刻なのは「人生、如何に生きるべきか」の基礎知識部分不足と、小金の有無。
孤独・孤立レッスンの有無になる。群れたままも、また良し。それが彼らの
全世界のため、これはこれで。
  〜あらすじ 
≪ 定年後の人生のすごし方を考えさせられる小説である。
 主人公の田代は、大手銀行の子会社専務として63歳の定年をむかえた。
最終日のチャイムが鳴ると、花束と記念品の祝福を受けたあと、最後の日だけ
の黒塗りのハイヤーに乗りこみ、全社員に見送られながら会社を去った。
 定年退職したらのんびりすごしたい、という人もいる。しかし、田代は会社人生
に悔いが残っていた。彼は東大法学部を卒業し、日本を代表するメガバンクに入行。
39歳で最年少の支店長に抜擢され、その後も銀行で順調に出世してきたが、49歳の
ある日、子会社への出向を命ぜられた。「1〜2年で本部に戻ってやる!」と必死に
業績をあげたが、2年後、51歳のときに「転籍」を言われた。「転籍」とは、親会社
を退職して子会社の社員になることだ。これで本部にもどる可能性がゼロになった。
このまま社員30人の雑居ビルの子会社で会社人生を終わる、と考えたとき、ああ、
俺は「終わった人」なのだと、頭の中が冷たくなった。それから12年。田代は、
「俺は定年の日だけではなく、毎朝夕、黒塗りに送迎されるべき人間だった」との
思いが捨てられないまま定年の日を。経済的に余裕はあるものの、まったく心の
準備ができていない。しかも、身体はまだまだ元気で、時間だけはたっぷりある。
ここから主人公は、絵に描いたような定年退職者のコースを歩む。
まず、妻に旅行を提案して「そんなに長い旅行はつきあえない」と断られる。
(田代の妻は、43歳でヘアメイク専門学校に入り、今は活き活きとヘアサロン
ではたらいている) 歩数計をつけて公園を散歩するが、どうにも楽しめない。
かといって「ジジババが集まる場所」と勝手に思っている図書館やカルチャー
スクールに行くのはプライドが許さない。… ≫

▼ 以下の担任の先生の方が、遥かに深刻。魂の悲鳴である。親は親、子は子だよ! 
 20年ぐらい前に毎朝、土手で自転車に乗りながら、ブツブツ話す、20歳前後の変
な人がいた。後から自転車に乗りながら、聞こえよがしに、『俺は、じいちゃん、
ばあちゃんに潰された。畜生、俺の人生を返してほしい。何とかしてくれ!』と。
 このエリートコースを歩んだ主人公は、真逆で、40代後半まで順調だったが故
に深刻である。新潟駅前でビジネスホテルを30年間、経営をしていたが、二年に
一度あたり、自殺者が出る。当事者として、自殺原因が警察から知らされるが、
燃え尽き症候群の中年が… 人生は、私たちの全く知らない世界を、現に、見る
ことが出来る。現実に溺れた人たちは、悲惨である。
 
以前、こんなことを書いていた。 そこの「サイコ」ちゃん、聞いてる?

――――
2006/05/26
つれづれにー俺に人生は無かった!
 湯沢のイナモト旅館が自己破産をしたと先日の新聞に載っていた。18年前
に中学校の担任の定年祝いを兼ねた同級会を泊り込みで開いた老舗料理旅館。
40歳代前半の同級会が一番良いと聞いていたが、なるほど普段出たことのない
東京に住んでいた面々が5~6名出席をした。総勢25人、丁度総勢の半分が
出席をした。社会的にも、家庭的にも人生のピーク時で大いに盛り上がった。
その東京の在住のうち3人が、7~8年前に癌で亡くなってしまった。
 その時、担任の先生が翌日の長岡のスナックで、
「自分の人生は無かった!」と深刻な顔をして言われた。
(以前にも書いたが)一番寂しい言葉である。
「両親が現在も90歳近くて矍鑠としていて、全てを支配されていた人生。
俺の人生は無かった。本当に辛い!」と。
 60歳直後の鬱病は人生で一番キツイとは聞いていた。そういえば、
亡き義父が鬱病になりかけたのを助けたことがあったが、60歳になると歪み?
が出てくるようだ。私のように元々歪んでいる?と歪みようがないが…
 還暦になってみて、なるほど色いろの問題がシワ寄せに重なるものと思い
知ったが、欝などはほど遠い状態である。 この10年、我武者羅に生きてきた。
綱渡りで生きてきたから‘そう’いう悩みに、ただ驚いてしまった。
――
2013/08/16
閑話小題 ―悲しい酒!

――――
2018年06月02日
終わった人 −2
   * 終われない群像
 一昨日の朝、NHKTVに内館牧子が出演して、映画の『終わった人』について
感想を述べていた。昨日、行ったシネマで、その映画の予告を流していた。
まあ、シリアスで内容は濃い。
 〜内容は二年前に、この随想日記で取上げているが…
【東大法学部卒で大手銀行に勤め、役員レースの手前で出向に出されて定年を
迎えた男が主人公。仕事一筋で生きてきて、終わりを迎えた男のあがく姿を…】

▼ 今さらだが、私自身、27歳で事業を立ち上げ、40年近く、自由気まま?に
 生きてきた。会社清算とはいえ倒産は倒産。万一を考え、シェルターを用意
していた為、最悪の事態を避けることが出来たとしても、「終わった人」。
 で何が悪い!と、自分に尻をめくってみても、何の不具合も利点もないし、
ただ、それだけ。 一般的に「終わった人」は定年になる。 

「自由ほど、不自由はない」をドップリと味わうしかのが宮勤めの性。
じゃあ、如何すれば良かったか? それを認識するしかないのである。現実は!
  内舘は、戸惑う彼らについて、
《まず「終わった人」を認めなくては! 東大出とか、一時はエリート社員
 だったとかを、過去と認めて、再出発しなければならないのに、その逆を
求めている人達。同級会に久々に参加して、美人も不美人も、秀才、鈍才も
横一線になった姿を見て、このテーマを思いついた。》という。
 
 終われない人たちの物語だが、居酒屋、スナックには、その哀れなが一群が
スーツにグリーンか、赤いネクタイをして、過っての仲間の噂話に花を咲かせる。
要するにゾンビの一群。 世間人のなれの果ての哀しき地獄絵。自分の多くが、
重なるから、シリアスに見えるためだが。 二年前の感想文を読返してみて、
成るほどと… 最後の最後は、いや、最期の最期は、自分一人である。
 昨日書いたパタゴニアの初老の言葉、夜這いする御婆さんを取上げ、
「寂しいのよ!」の言葉が、再び過ってきた。こんなもんだよ、世間とは!
と薄ら笑っていられないだろう。

 ホームレスは、普段は寝っ転がってはいない。只管、歩いているという。
――
自問自答: これまで歩いてきた? エッ小走りで? どこに? 忘れた? 
何を? 自分さ。 自分って何さ? そうか、私の、いやアナタの自分は世間様
だもんな。それがどうした。だって、他の世界を知らないからね。それで良いの!
それが全世界だからね。 薄っぺらと自覚しているの? 知るわけないでしょう。
ゾンビは互いに対話、いや会話が出来ないの。だから生きていけるじゃないか?
知ったふりして、知らないのが仲間だもの。 成るほど、終われないはずだ!
◉ 熊、寅: おい! ワシらをおいて自問自答するなよ。出番がないじゃないか。
 大家: お前らが相手に出来る相手じゃないよ。この時ぞと、何を言いだすか? 


7777,閑話小題 〜円安が続く

2022年06月15日(水)


   * 新年には115円、昨年の秋口には105円だった円が、
 ウクライナ戦争以来、円安が続いている。ドル高だけでなく、明かに
中国の台湾進攻を先読みした日本危なし…の懸念もあるような! 中国の
独裁者が、永久独裁を図ってる近隣の戦略行為である。下手をすると、三次世界
大戦の危険をはらむから、日本はリスクが高い。 
 ロシアを発火とする、世界規模の三次世界大戦の勃発からすると、それは他山の
石では済まされない。
  …ネット検索によると…
≪ ■ ――約24年ぶりの円安…止まらない値上げに拍車?
 生活に打撃 コーヒーや菓子も…今後の影響は1ドル140円台、150円近くも…
急速な円安に『打つ手はあまりない』」
24年ぶりに1ドル=135円台前半を記録した日に“ミスター円”
榊原英資・元財務官に聞いた
≪◉「日本売り」で円安になっているわけではないので、危機感は持ってない。
 円安の原因ははっきりしていて、アメリカは金融引き締めをやっている、
日本は金融緩和ですから、当然「ドル高・円安」になります。そういうことで
円安になっているわけですから、非常にはっきりした理由があって円安に
なっているということ。
■ ――「円高の方がプラス」ーー輸出産業にとって円安がプラスと
 いわれてきたが 今回の円安は違うのか?――
かつて、確かに「円安が輸出にプラス」と言われていましたが、いま状況は相当
違っています。日本企業が相当、海外に出て、実際に日本から輸出するのではなく、
現地で生産することが非常に多くなっています。そうなると円安じゃなく
「円高の方がプラス」なんです… かつてロバート・ルービンが「強いドルは
アメリカの国益である」と言ったけど、「強い円は日本の国益」…そういう状況
になってきています。
ーー岸田政権としては急激な円安は望んでいない?
政権としては、いまや円安をあまり望んでいるという感じはないですね。
むしろ「円高の方が望ましい」という判断をいま持っていると思いますね。
ーー「悪い円安」とみる人もいるが
そうは思いません。「悪い円安」というのは、おそらく「日本売り」で円安
になるということですが、そういう事で円安になっているわけではないので、
「悪い円安」だとは思っていません。
 ――
 ――
▼ 何か世界は日々刻々、戦争に向けてひた走っているような!
 特に中国は、世界制覇の野心が、見え隠れする。昨年暮れに車の寿命が消え
伏せたとデーラーに宣言されて、買え替えを決めて、中古市場を見渡したが、
何故か、店頭では、ハッキリ言うと、車の絶対量が減った兆候は全くない。
ああ、これが実態と! 納車と同時に、見えなかった現実がアカラサマに
姿を現してきた。春先の中古車の販売は激減が実態のようである。
 政府、マスコミは、その実態を流さず、外国市場の在庫不足を取上げ、
新規顧客の購買を促すが… 日本も世界も大恐慌に真っすぐ直走ってる!

 ・・・・・・
7427,閑話小題 〜瞑想とは −1
2021年06月15日(火)
   * ヨガの目的が瞑想
 これまで、ヨガについて書いてきた。そのの目的が瞑想と…
で、瞑想とは現実社会に漬けられ、本来の活きる機能と、人間の有り方を
覚醒させるのが瞑想と! …広い意味での感覚減弱(脱感作)の技法ととらえ
ようとする研究もあるが、心身への効果から瞑想を定義することは難しい…
 スポーツ・ジムで、腰痛対策として10年近く「エアロ・ヨガ」パンデミック
までに週4回、それ以降は週に二回参加している。中高年向きにアレンジして
あるが、年齢からしてベストである。 他のジムに通っている‘連合い’が何を
想ったが、週二の割合でヨガ・エアロに参加しだした。幼児頃にバレエに通って
いたこともあり、既に私より様になっている。
 
 …ネット辞書によると以下のようになる。
≪ ♦ 瞑想、冥想(英: meditation、英: contemplation)とは、
 ◉ 仏教から伝わる瞑想、ヨガから伝わる瞑想により内容は異なるが、
・心を静めて無心になること、
・何も考えずリラックスすること、
・心を静めて神に祈ったり、何かに心を集中させること、
・目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことなどとされている。
この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的な
ものから、絶対者(神)をありありと体感したり、究極の智慧を得るような
ものまで、広い範囲に用いられる。現代では、健康の向上や心理的治療、自己
成長、自己向上などの世俗的な目的をもって、様々な瞑想が行われている。

◉ 瞑想を「想像力とイメージの駆使ないし推理能力の使用によって、特定の
 主題・対象について深く省察すること」と考えれば、座禅は瞑想ではないが、
瞑想がより高次の段階に進み「想像力やイメージに頼らず、対象的に省察する
こともしない」ものまで含み、むしろこちらが瞑想の本質であると考えれば、
座禅も瞑想であると言える。 ≫ 

 ――
▼ 様々な個所… 腰とか、足首などの関節の強ばりを解す場合、そこに
 注意を集中させると、効果が上る人間の不思議がある。…ところで
40〜60歳前半の趣味といえば、私にとっての一点豪華主義の50数回の秘・異郷
ツアーがある。 これをテーマにするにあたって、内容を吟味するにつれ、
一回ごとの一連が瞑想に酷似している。目的地で感じた、そこから発する感激、
感嘆に出会って、帰ってくるまでが… 壮大な宇宙の瞑想のような!


7776,閑話小題 〜事実は小説より奇なりというが…

2022年06月14日(火)

閑話小題 〜事実は小説より奇なりというが…

   * 激動期とは、こういうものか…
 次から次へと、ブラックスワンの大きいのが息を切らせずやってくる。
激動期に入ってしまったということ。その正体が「情報革命」である事を忘れ
がちになる。これは±の両面がある。しかし、人生で、これに出あうと出会わ
ないとでは雲泥の差がある。ロシアと、ウクライナの差で、漫画的ですらある。
Youtubeが良い事例になる。文字情報と映像情報では、その質量が全く違う。
 ―
 もし、半世紀前に戻れるなら、動画を持ちこみ、日々の平凡な出来事を
映像として撮ってくる。ロシアの、この度の失態が正に、これである。
映像は解釈をかえせても隠せない。社会主義、共産主義も、解釈云云より、
独裁者の独断の間違いを覆すことが不可能。一つ、道を外すと、それは甚大な
間違えた道を歩むことになる。プーチンも、トランプも、…? あの男達を
正すことが難しい。
 ――
   * 円安が止まらない!
 105円だった円相場が何と135円である。年末までに150円まで届きそうな勢い。
これが石油相場と連動する為、日本は堪ったものではない。ネット検索によると…
≪ 13日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は
 前週末比876・05ドル安の3万516・74ドルだった。物価上昇への
懸念から売り注文が膨らみ、下げ幅は一時、1000ドルを超えた。
 10日に発表された5月の米消費者物価指数(CPI)上昇率が約40年半
ぶりの高水準となった。市場では、インフレを抑制するため、FRB)が
利上げを加速することで、景気が冷え込むとの懸念が高まっている。
 ダウ平均は10日に880ドル安と大幅に下落していたが、13日にも
大きく値下がりし、投資家心理に回復はみられなかった。≫
 ―
▼ 日本や、欧米は高齢者が多く、年金暮らし多いため、消費に直結する。
 株価暴落は、直接、消費を左右する。未だ深刻度は少ないが、真綿で首を
絞めあげるように効いてくる。

・・・・・・
7426,閑話小題 〜誰が護ってくれるのか? −2
2021年06月14日(月)   
      <運のよさは瞑想でつくる/渡辺愛子著
            …意味ある偶然をマネジメントする方法…>
   * 年齢もあるとしても、運が良過ぎ…
 母親が晩年に…『私には守護霊がいて、窮地を何度も助らてきた。』を
繰返し語っていた。 60歳代半ばでリタイアをしたこともあって、人生を
振返ると同じような思考形式になってきた。 あわや大事故とか、重大の
岐路の判断が適切だったリ、事業撤退の分岐点で、冷静に適切な判断をして
いたような…。 この随想日記を続けているのも、その手助けになっている?
このパンデミックも、明かに歴史的ブラックスワン。 重大な人類の岐路の
黒鳥を、どう解釈するか…? 

 40年近く前のこと。経営セミナーで、中山正和の『運の創り方』とかいう
テーマの内容理解しやすい内容だった。
<『般若心経』を暗記しなさい。心を空にして、現象を純粋に捉え、真正面から
 取り組む習慣を身に付けるべし。判断を間違えるのは、純心になれない為!>
 …なる程と納得し、早速、3週間かけて暗記をした後に隙間時間に、ことある
事に唱えていた。 唱えている間は、無心の瞑想タイム… 30歳、40歳の頃は、
「これはと思ったことは何ごとも実施していた。…なる程、確かに判断に迷いが
あっても、間違いは少なかった。要するに、『偶然をマネジメントしなさい、
そうすれば、運気が上向くということ!>

『積善の家に運気が宿る』は、因果応報で…当然の結果。悪いことを重ねると、
運気は下がるのは自然のこと。噂話に明け暮れて、何も考えようとしない人は、
当然、ヘドロ化をしていく。
 ところで、瞑想とは何ですか?って…    …それは次回に

・・・・・・
7031,閑話小題 〜白紙委任状にハンコ押せと言われても 〜1
2020年06月14日(日)
   * まだ少しは信頼していた男が…
     〜御堅い話が続いてので、生臭い話題も…〜
◉ 知人の中では、少し事業を大きくし成上った男が、「受けハン」の狙いを
 かけられたことがあった。その後、当人は亡くなり、会社も倒産したが、私に
とって青天の霹靂。 常日頃から「家訓で(連帯保証金)受けハン」と、第三者
の共同出資や貸し借りをしない!」と公言していたが、それは巧妙に甘言を用い、
某銀行支店長との飲み会を設定されて… ていの良い詐欺? これは…と思いが、
と呆けて意識的に酔いつぶれることに。この男・嫌な臭いが急激に増していた。
程なくガン末期が判明し2ヶ月後、亡くなったが… 以前は誠実な男だった。
貧すれば鈍する…一例。

◉ 他に巧妙なのが…。 兄弟で会社を拡大してきたが、弟が、急に、<俺、社長
 になりたい!>と、強引気味に社長に! ところが、兄の方が、他の役員を抱き
込んでクーデターを起こして本人を首にして、返りざいた。ところが、数年も
しない内に、役員の全員が反旗を立てて、その兄を解任した後にしたことは、資産
売却をして役員が山分け。 ところが、解任された兄が、何と追出した弟に話を
かけて、役員会を開き、役員数人を解任。その会に役員として出席を依頼され… 
 それなりの金銭の裏付けがあればと、気楽に受けたが、「それを文章化をして
判を押して!」の催促に、兄の名を使い、ノラリクラリ。何だと内心穏やからず。
そういえば、幾つか小さな約束を反古された経緯があった。 その時に、親しく
していた友人に、ことの顛末を語ると… <これは最も危ないケース。私も以前、
似た経験をしたことがある。受けハンなど利用するだけした後、報酬を払わず喧嘩
別れを狙っている。始末が悪いのは、それが身について悪意がないこと。…即座に
断るべき! 直に受けハンを要求されますよ>と。…即座に断り、出入り禁止に。
 何れのケースでも言えることだが、信頼を利用する人種!
                           〜つづく
・・・・・・
6664,閑話小題 〜我れらは、可愛い囚人ですか! ―2
2019年06月14日(金)
   * 何とも、はや!
・このシステムから多くのことが思い浮ぶ。 情報・知識管理である。
中央の管理塔を自分として、それぞれ周囲を直接、見えるようにして、
各フロアーごとに分類し、各階をテーマごとに色分け、ナンバリングで分類し、
その中にキーワードを潜らせ、直にも見えるようにする。キーワードが、監視
カメラの役割にして、中央塔はモニターに囲まれた司令塔そのもの。各室が、
今では中央塔に繋がり、各室も交互がネットで繋がっている。ネット社会その
ものの構造を理解するには、これを凝視すれば、その輪郭が見えてくる。

・18年にわたり書き続けてきた、随想日記。22の分類項目がフロアにあたる。
フロアは日付ごとにナンバリングされ、年に一回、同月同日分に部屋のチェック
に入る。各部屋にはキーワードが埋め込まれていて、中央塔の司令塔に繋がって
いる上に、それは世界中のネットとも繋がっている。ある意味で、相互の監視
機能の役割を果たすことになる。まさしく自由の不自由である。
階級社会の恩恵は情報の質量に直接、繋がるが、情報革命は階級の垣根を越えて
直接、恩恵を得ることが可能になった。

・2年半前に、寝室に大型TVを設置し、睡眠を含めると1日の半分は閉じ籠もり。
廊下を挟んだ仏間の一角の二畳の書斎コーナーを含めると、3分の2は閉じ籠る。
アクティブカウチポテト族そのもので、心と魂は、世界を駆け巡る。
 一日、3時間はSJ(スポーツジム)や、ミニチャリで時間を過ごすが、これだけ
座れは解消できない筈と… 奥の院の第一の外側が居間。そして、次が、SJ。
その次が、チャリ。週一のシネマ館とランチ。そして図書館。酒と肴の買出し。
このテーマ日記の作成と、ネット世界の遊泳。 
ところで、『ロッキング・チェア』をネット予約をした。来月納入予定だが、
リクライニングで、前後に揺れる椅子。 まさしく起きて半畳、寝て一畳。

・このベストのチェアをネットで探す過程で、面白いネーミングのベッド、
『人間をダメにするベッド』があった。1・5畳のスペースのシステム・ベッド。
これが笑ってしまうほど便利に出来ている。また、ネーミングが良い。
脚元に机があり、上側が棚になっており… 本棚っぽいコーナーもある。 
独り暮らしには最適な空間。考えてみたら、私の書斎コーナーも似たような。 
何時間、座っていても飽きない居心地の良さがある。だから、このブログが
継続している。これに近くにコンビニがあって、仕事がそこそこ面白かったら、
『誰が、より好んで結婚などするものか』になるのも解る。枕元に27インチの
ネットTVを置いて酒でも飲んでいれば、そりゃ駄目になる。…私も似たようか!

・・・・・・
6301,閑話小題 〜トラ金劇場 〜米朝首脳会談
2018年06月14日(木)
   * 何か変で、チグハグな
 一昨日、閑にまかせてTVで見ていたが、 何だろう? 終わりまでチグハグ
した感が免れない。トランプはトランプ。ロシアに支援をもらって大統領になった
クワセモノが何をしても、こんなもの。あと1〜2年先に政治生命があるかなしかの、
呆け老人。中国、ロシアから入知恵された北朝鮮の思うまま。どこの誰が、核放棄
をする訳がない。その逆に、アメリカが、見逃すわけがない。短期政権と判断の上、
空約束をすればよい。相手は70歳のボケ老人。
 まずは目先のアメリカの攻撃を回避すればよい。トランプは国家最優先より、
白人第一主義者。その男が「極右を政権中枢に集め、いざ戦争!」に怖気ついた
兄殺し、叔父殺しが、中国、ロシアの忠告で、目先を乗越えようとした茶番劇。
それをシビアな金融機関が気づいており、株式、為替相場は、冷ややかな反応。
 北朝鮮は、何時ものプロセスを踏むことで何とかしたが、これで済むわけがない
のは、周知のこと。韓国首都圏の人質(2560万)をとって65年。朝鮮戦争で
400万の死者、これは人口の2割になるというが… それが、いまだに続いている。
中国、ロシアからすれば、脳梗塞状態のアメリカの国力を更に削ぐ機会到来である。
逆に恐ろしい日々が、続くことに。全ての核施設、核ミサイルの位置情報の提出を
求める中で、必ず行き違いが出て、仲たがいで、戦争突入の道筋に入る可能性
が高くなったとも考えられる。夜も寝れなかったという、韓国大統領の恐怖は
如何ばかりか。東京も火の海の可能性があったが… 数百、下手をすると1000万
単位の死者の可能性があるから、それはそれは。
 ――
熊: 面白かったね。大家さんからの下知識があったからね。
寅: トランプ劇場だが、北朝鮮もしたたか。数回にわたり、交渉を重ねて
  徐々に締付けを解除するというけど… そうアメリカも甘くないさ。
大家: 交渉が出来ただけで、今回は良しとしなければ。その前に、TV電話を
  していた」というじゃないか。北からしたら、目先、大成功さ。顔を合わ
  せれば、鬼でも蛇でもないことが分かるし。
八: 表立つと、北朝鮮の疲弊とハリボテが露わになるし、北も大変だよ。
  酷い虐殺と粛清が表立ってくるしね。何が体制保障だよ。
寅: 韓国民の恐怖の辛さも解るよ。とにかく、目先、安泰のようだしね。
熊: この方が危ないってのは俺だって分かるよ。これで「少し安心していい」
  など、絶対ないね。俺だっていいこと言うだろう。
八: 誰かの受け売りだろう。新幹線内で、また無差別殺傷事件があったろう。
  あの男と、北が重ねって見えてさ。孤立してさ、自らを追い込まれ、最後は
  野宿して、情けないけど、独りで死ねない狂った男。実兄と、叔父と、旧来
  の身の周りの人達を粛清し、独り怯える姿は同じじゃないか。殺傷対象が、
  関係ない、一般の国民とね。
寅: 今度は自分が粛清されるかの疑心暗鬼が独り歩き、ますます怯えるさ。
  二回、三回と交渉を重ねるうちに、亀裂がワニの口のように大きく開いて、
  内部が動揺をきたす。とにかく、金も食料も燃料も底をついて、ササクレ
  立っているだろう。アメリカだって、ここは緩めないで、締付けを強めるさ。
大家: 一番、怖いのは、軍事クーデター。自分たちは必要なくなるだろうし。
  それと、粛清さ。とにかく末端兵士の食料が無いんだもの。そりゃ怒るさ。
八: アメリカの戦術は、締付けを解除しないで、ゆるゆるしながら、自壊を
  待つこと。そうだろ、ハリボテだからさ。風雨になれば、その正体が暴露
  されるしね。中国も、あの男を見限っているし。だから、危険度が増した
  ことになったということ。 それとトランプも異常だね。
  ロシア疑惑を大統領特権で恩赦も… とか言いだした? このままじゃ、
  無理だが、朝鮮成敗で恩赦もと見えみえの… まあ今日は、この辺りで。

・・・・・・
5204,教育には「驚き」と「なぜ」が必要
2015年06月14日(日)
    『人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか』 堤未果:佐治晴夫対談
「驚きを立てよ」と、検索を入れたところ、二番目に10年前の私の文章が
出てきた。最後にコピーをするが、成るほど、ネットの世界は恐ろしい。
この文章を書き上げた後に検索したが、前だったら、書かなかっただろう。
以前の内容より、今回が劣って? 書き残しておく秘儀をつくづく実感する。
 * 教育には「驚き」と「なぜ」が必要  (゚Д゚`*)エ〜[なんでぇ!?゚Д゚@)
堤:「氷が解けて水になった」というのが正解で、「氷が解けて春になった」
 がバツになったという話と似てますね。
佐治: 結果だけを重視するのではなく、そこに至るプロセスを加味して判断
 することや、まず相手を受け入れることが大事だと思いますね。
堤: だとすると先生がやってらつしやる宇宙物理学や科学の世界は、
 まさに驚きの連続じやないですか。
佐治: 科学は、「驚き」と「なぜ」です。しかし、「なぜ」と問う前に
 「驚き」がないと科学にならない。いまの親御さんたちは、「なぜ」に最初に
 答えてしまいます。たとえば、きれいな虹を見たときは「わあvきれいだねえ」
 とまず驚いてほしい。それが教育。教育というのは子どもの「なぜ」に火を
 つけることです。本当にいい先生というのは、懇切丁寧に中身の解答をその
 まま教えることではなく、子どもの心に灯をつけることだと思います。
 灯がともれば、ひとりでに燃え続けます。
堤: 先生は、いまの教育には「なぜ」と「驚き」が減っているといいました。
佐治: 教育には、まず「なぜ?」と疑問をもつことが大切です。
 たとえ人にみかんを二個ずつ、三人の人にあげるには、みかんは全部でいくつ
いるでしょう」という問題。普通は「2×3=6」という式で答を出しますが、
ある子は「3×2=6」と書いてバツになり、それが原因で登校拒否になって
しまったという例があります。そこで「どうして3×2にしたの?」と訊いたところ、
「みかんを二つずつあげるのにA君、B君、C君が待ち遠しいといけないから、
とりあえず一人に一戸ずつあげた。それを二回繰り返したから、3×2の式にした」
といいます。やさしい子でしょう。それが学校では間違いとして処理された。
プロセスというのは、考え方の道すじで、それが正しければそれはそれでいい。 
 ・・・(略)
佐治: これまで行なってきた小学校での特別授業を通して感じていることは、
 小学生の感覚はまだまだすばらしい。手遅れになっていません。これが救い。
しかし、中学生になると、とたんにおかしくなる。
堤: 十二歳くらいまでは大丈夫ですか。小学生はまだ、体を使って遊んだり
 しますが、中学に入るとそれが減っていきます。それと関係がありますか?
佐治了体が先か、脳が先かという問題になるんですが、最近の脳科学の立場から
 いえば、体が先だと考えられています。眠らなければ眠らなければと心で思う
 よりも、横になって寝る体制をつくることによって眠りに入りやくなる。
 脳は、そのようにできでいるのだそうです。体が先だということですね。≫
▼ ネット辞書で『驚き』を検索すると、< 予期しない事態の突然の出現に
 伴う強い一時的情緒。プラトン (『テアイテトス』) とアリストテレス
(『形而上学』) は,驚きから哲学が始るとした。デカルトは驚きを基本的6情念
の筆頭におき,他のあらゆる情念に先立って起り反対情念をもたないものとした
(『情念論』) 。> また、< 驚きとは、動物が予期しない事象を体験した
ときに起こる瞬間的な感情をいう。驚きには好ましいものも好ましくないものも
ある。むしろ、怒りや恐怖などの爆発的な感情変化を、分類する以前の状態が
驚きかも知れない。驚いた状態をびっくりしたという。>ともある。 以下参照!  
 以前も現在も、我ながら真面目?なものである。 驚いた!  (゚Д゚`*)エ〜
――――
2005年03月26日(土)
1453, おどろき、そして感動
 「考えるにはどうしたらよいですか?」という純朴な問いかけがある。
この問いかけに対して、いずれの哲学書にも
「おどろき」が「考える」突破口になると書いてある。何でもないことの中にも
新しい発見を見つけ驚くことがその出発点。驚きは、そのまま感動につながる。
その感動が人生を動かす。仏教の教えの中に「驚きをたてよ」という言葉がある。

 < 過去  INDEX  


horii86 [HOMEPAGE]