もんすん日記

2021年09月23日(木) 45歳の日々

エンピツ日記お久しぶり!

3年ほど全くアクセスしない間に、私は45歳(もうすぐ46歳)、息子は14歳娘は11歳になった。
夫はなんと49歳。

この日記を書き始めたのが20代の頃だったから、もうこんな年かと驚きだよ。


昨年は娘が難病発病したこともあり、特に1年が早かった。コロナ禍の中、医療のお世話になった1年。
何度か再発しながらもお薬の力を借りて、ここ半年は落ち着き、学校も日々の生活もすっかり元通りになった。
(もちろんコロナは大敵なので、日々不安は消えないけど)

やりがいという面では物足りなく感じていた仕事、娘の長い入院中は、在宅勤務でもスーパーフレックスでも、
とにかく仕事を続けられればどんな働き方でも許してくれた。本当に有難かった。


そして、昔から食べ物やスピリチュアルに傾倒しがちな実妹はすっかり反ワク陰謀論者に。ちょうど、娘の病気で身体的にも精神的も疲労困憊していた頃に、「子供の病気は、全て親の食べ物や生活習慣が原因。特に障がい者の親は、人に頼るんではなく、心から反省しないといけない」という主張にブちぎれ、ここ半年以上連絡を取っていない。

反ワクではかの有名な「内海聡」なる、医師免許はく奪寸前のエセ医師に心酔していた模様。
この人、ワクチンの利権やらなんやら信者に説きながらも、自分は水素のインチキ機械を数十万で売ってるのよね〜。

うちの親も義母も、3姉妹だけど、他二人とは遺産問題その他の理由で絶縁状態。どうしたら家族で絶縁になるのか、微々たるお金などどうでもいいじゃない?と思っていたら、うちはこういう理由で縁が切れそうになるとは。

実家の問題以外は日々平和。

子供たちも勉強にやる気を出し、相当悩んだ娘の女子友達問題も、気が付けば同じタイプの友達グループで平和に過ごしていて、悩みは吹っ飛んだ。


コロナ禍が落ち着いたら早くどこかへ旅に出たい。そして友達と本や映画、政治や社会問題を延々語り合いたい。

フェスはさすがにいけないけど、ライブは時々出かけていって、コロナ禍の楽しみ方で癒してもらった。

Bonobos、Grapevine、Metafiveが今の私の心の支え。

明日は大阪野外音楽堂でGrapevineなんだ!!楽しみ。とりとめもないけど、今日はこの辺で。


 < 過去  INDEX  


もんすん [MAIL]

My追加