水野の図書室
Diary目次過去を読む
皆さま体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2021年09月24日(金) 行成 薫『おむすび狂詩曲(ラプソディー)』

短編集「本日のメニューは。」の2番目のお話『おむすび狂詩曲』。
今の時代を映していて、ドキッとする人もいるのではないでしょうか。

『おむすび狂詩曲』の舞台は、おむすびやさん『おむすび・結(ゆい)』。
出勤前のサラリーマンが寄るのはわかりますが、ここでおむすびを朝食として食べる女子高生、ひかり。
なぜ、家で食べないのかといえば、母親の料理が「マズメシ」だからで、お弁当がヒドイ!
ひかりの母親はお弁当をSNS映えするためだけに作っているのです。
味より色、見た目ファースト。食べる人のことなんて考えていない。

そんな母親がある朝、自分の娘がおむすびやさんに入るのを見たら、
相当ショックですよ。まして店主と娘が母娘のように親しくなっていたら…
母親と娘の関係って、難しいのでしょうか。
店主にも娘がいますが、店が繁盛したことがあだになり今は疎遠に…。

ふたりの母親と娘たち。
ラストは温かい気持ちでいっぱいになりました。

ちなみに「本日のメニューは。」の本のカバーイラストがおにぎりです。





水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加