水野の図書室
Diary目次過去を読む
いつもありがとうございます。2019年も折り返しですよ。


2019年06月14日(金) 宮下奈都『足の速いおじさん』

家庭教師をしている<私>は教え子から公園にいる足の速いおじさんの話を聞きます。
初めは聞き流していたものの、そのおじさんが今は音信不通になっている<私>の叔父さんではないかと考えるようになっていくお話。

断片的なエピソードがつながっていくドキドキ感とソワソワ感に、なぜか懐かしい感情を思い出します。

今はどこで何をしているんだろうと、ふと思う人が誰にでもいるでしょう。

逆に、今は疎遠になった人が、私を思い出すことなどあるでしょうか。

足の速いおじさんが家に戻らない理由はなんとなくわかります。
プライドがありますよね。

でも、元気な顔を見せてあげて。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加