水野の図書室
Diary目次過去を読む
皆さま体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2022年06月29日(水) いしいしんじ『サラマンダー』

祖父はゆっくり本を読む。
本とおじいちゃんがいれば、他に何もいらないという僕。

あぁインテリのおじいちゃんなんだなあ。
と、誰もが思うでしょう。

ところが、このおじいちゃん、本を読むのが遅いのは、読むのを楽しんでるからじゃない、
などと言い出します。
エッ!?そうなの?おじいちゃん…と引き込まれるのが『サラマンダー』。

そして、おじいちゃんは60年前に住んでいた海辺の町の話をします。
そこからは古い映画を見ているよう。
せつなくて、胸の奥がチクりとします。

少年時代の甘酸っぱい思い出は忘れられないのでしょう。

古本屋の響きも郷愁を誘います。





水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加