ふつうっぽい日記
もくじ過去


2022年09月14日(水) ただの愚痴で終わらせないように

昨晩は、午後10時過ぎに就寝。
いつもより早目である。
さらに、朝起きるのも少し遅くなった。
随分と寝てしまった。

ここ1年ほど、腕時計をして寝ている。
睡眠の状態を知りたいから、というのもある。
そう、睡眠の記録ができる腕時計というわけだ。
アラーム機能もあり、振動で伝えてくれる。
その振動が、今朝は夢と連動されていて、異常な脈打ちだ、と、焦っていた。
そこで目が覚めて、アラームであることを意識したのだった。

ーーーーー
最近、たまたま見つけたロール型ペンケース。
時間差で2色買った。
一つは、万年筆を入れ、一つはボールペンを入れている。
賢いことに、このペンケースは立つことができる。
なかなか便利である。
万年筆のペンケースは、ロールタイプで実は5つ以上所有している。
立つことのできるペンケースには、所有しているそれぞれのロールタイプから、選抜して収納してみたのだった。定期的に、選抜を変更しようと思っている。

万年筆との出会いも、たまたまだった。
街の雑貨屋で『万年筆のお手入れの仕方』という映像が小さな画面で流れていて、足を止めたのだった。
それまで万年筆は所有してなかったと思う。
なんだかお手入れは、難しいと思っていたけれど、今では、ふつうである。
最初に買った万年筆は、パイロット製。
ラッキーなことに、「お手入れセット」という付録を付けてくださったのだった。
小さな箱に、青いスポイドとお手入れの仕方の冊子が入っていた。
それから、万年筆は増殖していき、インクも増殖していき……。
「インク小屋」という収納もあるほどだ。
まぁ、この収納は、CDが収納されていたのだけれど。
大阪、神戸、東京など訪問する時は、文具屋を散策するのが楽しみなのであった。


ーーーーーー
近い将来になるのか、ずっと先になるのか、消滅してしまうことになるのか、分からないが「愚痴」を聴くことになりそうだ。
「聞かされる」という表現は避けたいと思って、「聴く」とした。
身近な人に語る、ということもやったらしいが、「辞めればいい」と一掃されるらしい。

メッセージが固まったままなのだろう。
語るコトバは、ほぐされたいのだ。
語る言葉は、始めは固い、痛い。
語られていくほどに、ほぐされていく。
そのほぐされたコトバは、“はじめ“からわかってはいないのだ。
自分の、語る人の内部に埋まっている。
光を当てなければ、掘り下げられない。
聴く側は、「光」を灯す役なのだ。
その「光」は、“特別“ “特殊“であるほどいい。
特殊とは“専門“的である。
学術的というのとは、少し違う。
あくまでも、カッコ“ “付きの“専門“である。

それぞれは“専門“的に関わってはいるが、環境はちがっている。
対人、人に関わることを自分の環境で、ある意味、勝負しているのだ。
それでも、時は違えど、状況を同じく関わった者同士の中には、“専門“としての道が共有されていると感じるのだ。

ただの愚痴で終わるか、聴き手としての「光」の質向上や、新たな「光」との出会いにつながるだろうと期待するのか。
ただの愚痴で終わらせないように、サポートするような強さを育んでいきたい。
自分の中に。


KAZU |MAIL