A Thousand Blessings
2004年1月〜最新ひとつ前に戻るひとつ先に進む


2007年07月29日(日) 噛み切って咀嚼せよ指令

東儀 秀樹が吹く屁みたいな篳篥(ひちりき)の音に
せっかくの日曜日の朝が邪魔されて。
おっと、勘違いされたら困る。僕は雅楽を否定してるんじゃないよ。
ポップスと共演しただけで音楽の国境を越えたと思い込んでしまうあの単純思考が
何とも表現者としてレベル低っ!って思うだけでさ、雅楽特有の楽器には何の恨みもない。
ポップスの奥義に一生触れることのない奴なんだろう。
結局、彼の考えは常に雅楽目線のポップス見下しだから。
それがこんなに分かりすぎるほど分かるというのに、彼の音楽を有難がる連中には
それが見えないという面白さ。だからこそ、インチキ商売も成り立つわけで。
いいと思うよ。金を使うのは個人の勝手だから。
東儀 秀樹には音楽文化の発展に障害となるほどの毒もないから、
まあ、横で屁をこかれて不愉快になる程度で済むけど(笑)。
とりあえず、あのノッペラボーな表情でまじめに音楽を語る番組を朝から見せられたくないわな。
日曜なんだから。

あの番組のかつての司会者の黛敏郎は大政翼賛ウヨク野郎で、
くっだらねーウヨク思考を始終ちらつかせていたが、
それでもまあ、彼自身があれだけ凄い音楽を創れる人だし、音楽に対して確固たる信念もある、
それがあの番組を見させてしまう理由になっていたのだが、
今はもうほとんどただの音楽好きを自認する善良な人々のお慰み番組へと堕ちているな〜。
「内容のない音楽会」ってタイトルに早く変更すべき。いますぐ、すべき。


CDショップの店頭に積み上げられたヒーリング物の山のなかから、
「今夜はこれで癒されようかしら・・。」なんて一枚選んで購入してしまう
寂しいOLの現実はそれはそれでリアルだが、でもあのクズの山にはクズ以外ないことに
早く気づかなきゃ、ダメよ。


とりあえず、くるりを聴け。スガシカオを聴け。あらきゆうこを聴け。チェット・ベイカーを、
マイルス・デイビスを、ジェリー・マリガンを、アトミックを、デレク・ベイリーを、
ビリー・ホリデイを、オーティス・レディングを、ブライアン・ウィルソンを、
アレサ・フランクリンを、ジョニ・ミッチェルを、グレン・グールドを、マーラーを、
シベリウスを、エドガー・ヴァーレーズを、プーランクを、アイヴスを、ジョー・マネリを、
オーネット・コールマンを、小谷美沙子を、聴け。


ヒーリングCDマニアの嗜好(思考)って・・・、
テレビのグルメ番組で、どいつもこいつも「柔らかい〜!」って、
柔らかい肉こそが旨い肉だと思い込んでいる、あれとそっくり。
何度も何度も噛んでいくうちに旨みが分っていくもの。なまじ柔らかければ、すぐに飲み込んで
あっという間にウンコだろうが。


味わい尽くせよ。音楽を。
耳で聴くだけじゃダメ。口に含んで、舌で舐めまわし、歯を立てて、
固さを確かめ、最後に噛み切って、咀嚼せよ。 

そして、飲み込むのだ。
 





2007年07月28日(土) 編集CDR 【 あらきゆうこの音 】


土曜日の朝の素晴らしいひととき。
音楽について語り合った3時間。
一週間の仕事の疲れや私生活でのさまざまなイライラが消えていく。


メールが届く。

≪たぶん、寝てるね。起こしたらごめんね。≫

起きてるよ。。。 着信の3秒前に目が覚めた。
そういうことってある。電話がかかる前にベルの音が頭の中で鳴ったり。
3秒先の未来を見てしまっているのだろうか?
何にしても素敵な瞬間だ。


君はおそらくはじめてスタジオ・ミュージシャンの名前を覚えたんじゃないかな?
あらきゆうこ。
僕が今、一番気に入っている女性ドラマー。
そして、君もあらきゆうこが一番のお気に入り。

「あらきゆうこが大好き!彼女の演奏はすごく気持ちがいいの」

何て素晴らしいこと!
ミスチルが好きで、スガシカオが大好きで、オフコースもユーミンも
桑田も当然好き。なのに、くるりのやっている事は理解できないから好きではない。
それでもくるりの才能に敬意は評している、そんな君はあらきゆうこが大好きなのか。
思わず抱きしめたくなるほど、嬉しい。




あらきゆうこの参加したレコーディングで僕が気に入っているものを選んでみた。
彼女の演奏は聴いた瞬間に彼女だと分かる。
独特な≪間(ま)≫。そして、≪音≫。
テクニックを誇りながらも、それを聴かせるのではなく
あくまでもテクニックは単なる手段として用いるのであって
彼女が最終的に僕ら伝えたがっていることは、きわめてアーチスティックな衝動。
つまり、自己表現としてドラミングなのである。
巧い演奏家は腐るほどいるが、旨みのある演奏家は驚くほど少ない。
まるでジェフ・ベックのギターのように、聴いた瞬間にあらきゆうこと
分るドラムの音だなんて。それはすごいことだ。

編集CDRの最後に入れた、オリジナルカラオケ。
僕が考える≪最もあらきゆうこらしい音≫ということで
あえて収録した。綾瀬はるかの声をカットすることで
さらにドラムの音がリアルに聞こえると思う。
まるで、ケネス・バトレーみたいな音。そして間。



 

オリジナル編集CDR 【 あらきゆうこの音 】




1 元ちとせ/青のレクイエム

2 元ちとせ/甘露(アムリタ)

3 YUI/Good‐Bye Days

4 Salyu/風に乗る船

5 Salyu/彗星

6 Salyu/landmark

7 福耳/惑星タイマー

8 ポラリス/月の恋人

9 ポラリス/Fast&Slow

10 綾瀬はるか/交差点days

11 スガシカオ/愛について

12 くるり/飴色の部屋

13 くるり/ハイウェイ (サントラ・ヴァージョン)

14 綾瀬はるか/ピリオド (インストゥルメンタル)


 


2007年07月25日(水) ばらの花










音楽が再び聴こえはじめると
いろんな事に気づいてしまう。

くるりのベストパフォーマンスが実は正式メンバーではなかった
あらきゆうこ女史が叩く「飴色の部屋」のタイコ(間奏部、右手の独特なタイム感覚のシンバル)
であるとか、同じくくるりの「ジュビリー」に「ムーン・リバー」と「ウィズアウト・ユー」の残像が見えたり、
スガシカオが突然「友部正人だ!」って思えたり、
両者とも「愛について」というタイトルの曲を書いていることに思い当たったり、
スガシカオが引き算の音作りなら、くるりは足し算の音作りであることを
一生懸命説明したり、実は、くるりははちみつぱいで、
同時にみんなのうたとカート・コバーンの合体であると膝をたたいて喜んだり、
聴けば聴くほど、僕が一番好きなのは実は桜井ではなく岸田だって思えてきたり、
世の中の音楽の95%を占める聴くに値しないくだらないクズのなかで
ひたすら美しくあろうと自らが輝き続けるくるりの音楽とスガシカオの音楽を
大切な女性にプレゼントしようと思い立ったり。


僕の切ない思いで不器用に包まれて。一本のばらの花を添えて。。。。
 


2007年07月24日(火) 編集CDR 【 春風〜くるりの世界 】





 
くるりというより、くるくるぱーだったころのおれ





くるりの岸田繁はロマンチストである。
それはもう悲しいくらいのロマンチストぶりで、
同じ資質を持っているであろう僕としては、聴いていて
時々心の奥の粘膜がヒリヒリ痛む。
それでも、その≪痛み≫を確かめたくて、岸田繁の世界に何度でも入っていく。


そんな≪痛み≫を体感させてくれるアーチストはほとんどいない。
他には、スガシカオと桜井和寿、曽我部恵一に御大の桑田佳祐くらいか。
でも「常に」という風に限定すれば、岸田繁とスガシカオだけかもしれない。
もちろん≪痛み≫の裏側には≪快感≫も潜んでいるのだが。


くるりをはじめて意識したのは7年前。
アルバム『図鑑』に収録された「街」を聴いた時だ。
その声、そのサウンドに一気に引き寄せられていくその先で
岸田繁の詞の世界に出会った。



     夕暮れのスーパーマーケットの前で吸うタバコや
     それを見て微笑む愛する君のまなざしも
     青すぎる空を飛び交うミサイルがここからは見えない

                    「街」より


 
このロマンチシズム、あるいはセンチメンタリズムに溺れてよいものか?と
迷いもしたが、その答えを出す前に溺れていた。
以後、岸田繁の世界に深く潜行していくことになる。
彼は日本有数のメロディーメイカーであり、音の収集家でもある。
ある種の音楽オタクと言ってもよいかもしれない。
彼が視線を向けたその先にある音のカタチを
僕らがすべて同じように自分の耳でとらえるためには
それなりの知識と経験が必要かもしれないが、
それでも、まずは歪にポップで、豊かな情感あふれるメロディ・ラインに
身を委ねながら、彼の詞の世界を味わってみよう。


CDRのタイトルはすぐに決まった。
くるりのベストパフォーマンスであり、岸田繁の最高傑作である
「春風」(2000年にシングルのみでリリース)から取らせてもらった。




    揺るがない幸せが、ただ欲しいのです
    僕はあなたにそっと言います
    言葉をひとつ、ひとつ探して
    花の名前をひとつ覚えてあなたに教えるんです

    気づいたら雨が降ってどこかへ消えてゆき
    手を握り確かめあったら
    眠ってる間くちづけをして、少しだけ灯をともすんです

    シロツメ草で編んだネックレスを
    解けないように
    溶けてなくなった氷のように花の名前をひとつ忘れて
    あなたを抱くのです

    遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう
    ここで涙が出ないのも幸せのひとつなんです
    ほらまた雨が降りそうです

    帰り道バスはなぜか動かなくなってしまいました
    傘を探して、あなたを探して
    遠く汽車の窓辺からは春風も見えるでしょう


                「春風」より


  

くるりとスガシカオ。
今の僕にとって最も大切な音楽。

このCDRもあなたに捧げよう。
選曲はマニアックになりすぎず、さりとて表層を撫でるだけではなく。

切ないけれど悲しくはない、思いをこめて。
二人の間に音楽があることに感謝しながら、僕はいつものように微笑むよ。


 




オリジナル編集CDR  【 春風 〜くるりの世界〜 】


1 別れ
2 飴色の部屋
3 ばらの花
4 春風
5 BIRTHDAY
6 東京
7 ハイウェイ
8 花火
9 街
10 ロックンロール
11 ワンダーフォーゲル
12 虹
13 BABY 機。味錬孱邸。截錬奸   
14 HOW TO GO
15 THANK YOU MY GIRL
16 水中モーター (2004年ライブ)
17 グッドモーニング
 


2007年07月23日(月) スガシカオの色










「心配なことがあるの」

「なあに?」

「スガシカオは残れるかな?」

「どういう意味?」

「彼の音楽って、どれも何となく色のイメージが似通ってるじゃない?
 もっといろんな色の曲が書けないと飽きられるんじゃないかな?って。」

「そういうことかぁ。それは心配ないな。」

「どうしてそう思えるの?」

「彼の音楽の色ってさ、≪青≫だと思うんだ。」

「うんうん」

「でも青にもいろんな青があって、ある時はそのまま青空の≪青≫だったり、
 別のある時は蒼ざめるの≪蒼≫だったり、紺碧の≪碧≫になったりするんだ。」

「うん。わかる、その感じ。」

「僕は彼の音楽にいろんな種類の色を求めてはいないんだよ。
 というより求める必要がないくらい、彼の≪青≫という色には
 さまざまな濃淡があって、僕はその違いを楽しむだけで
 十分満たされるんだよ。」

「そうなんだぁ。そうだよね、濃淡はそのまま音楽の印象の違いになるよね。
 みんな似てる感じがしても微妙な味わいという部分では
 全部違うってことね?」

「そういうことだね。青の深度がそれぞれちがって、
 明るい青なら“午後のパレード”少し暗めの青なら≪夏陰≫、
 もっと深い青になると≪黄金の月≫みたいな?
 そんな風に全部違っていくんだよね。だから、彼の音楽は一色だけど、
 バリエーションはものすごく豊富でそれぞれが価値あるものなんだ。」

「私たちは、色の種類を多く持ったひとを凄いって思っちゃうけど違うんだね?」

「ううん、それはそれで凄いことさ。桑田は天才だと思うだろ?」

「思う。。」

「そういうことさ。いろんな才能があるってことだね。僕ら聴き手の耳と意識を
 いつもニュートラルにしていればどの才能に対しても反応できるからね。」

「頑張ろうっと!」

「うん。」

「ちなみに、あなたが一番好きな色も・・・」

「そ、青だよ♪」

 


2007年07月22日(日) 愛について











明日も6時起き。


シカオちゃんの話をしよう。友だちの話をしよう。家族の話をしよう。
仕事の話をしよう。ラーメンの話をしよう。携帯の話をしよう。
健康の話をしよう。思い出の話をしよう。昨日の話をしよう。
明日の話をしよう。未来の話をしよう。


最後に、愛について話そう ☆

 






♪ Oh!baby ぼくは君に 話しかけてる
  あの日のように いつものように

ぼくらが もう少し 愛についてうまく
話せる時がきたら くらしていこう
すばらしく すばらしく 毎日が過ぎて
悲しみに出会う時は 涙を流そう ♪


           
                 「スガシカオ/愛について」より
 


2007年07月21日(土) アシンメトリー




≪青空はメロディも歌詞もいいね。奇跡は前から好きだし・・・。

 アシンメトリーもかなりツボ。やっぱり夏陰は素晴らしく、キュンとしてしまう。

 光の川はドライビングソングとして心地いいし。

 Progressの鼓動のリズムも大好き。8月は出だしが最高。

 春夏秋冬は王道よね。愛についてはお気に入り。真夏の夜の夢も捨て難いし・・・。

 ☆ 素敵な音楽をありがとう。。。♪≫












その言葉だけで、明日も見知らぬ誰かのために
笑顔になれる気がする。朝に、僕と挨拶を交わすだけで、
その日一日が誰かの希望になれたらいいな。


明日も6時起き。
すぐそこで足踏みしてる真夏に向かって自転車を走らそう。

携帯にメールの着信音。
「おはよう!今日もいいことあるといいね。。」
「ありがとう!君も無理しないでね。。」

こんな風にして、それぞれの一日が始まる。


2007年07月20日(金) Burnie’s Tune










僕は、すごいことになってる。音楽が憑いている。かなり強引に聴きまくる準備完了。

まさに蘇生乱暴。



「ジェリー・マリガン&ザ・コンサート・ジャズ・バンド/
 アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」
「ジェリー・マリガン/オリジナル・カルテット他」(2CD)
「ジェリー・マリガン/ナイトライツ」(何を今さら。というなかれ)
「小谷美沙子/OUT」
「THE TRAVELING WILBURYS」(3CD)
「ポール・マッカートニー/追憶の彼方に」
「ジョニ・ミッチェル・トリビュート」
「スガシカオ編集CDR」
「マイルス・デイビス・コンプリート・ジャック・ジョンソン・セッションズ」(5CD)※再検証物件
「ベスト・オブ・くるり」※再検証物件



まずはこの辺をとっかかりに。



寄せる想いと音楽の希望、
それを前後の両輪に。

真夏に向かって、おいら走るのだ!
 


2007年07月16日(月) オリジナル編集CDR 【 黄金の月〜スガシカオの世界〜 】









こっちのブログとあっちのブログに同時投稿です。
みなさんお元気でしょうか?
ちっとも更新されないのに、熱心に覗いてくださる方に申し訳なくて。
すみません。。

だいぶ、元気になりました。
安心してください。

あるべき姿で待つ未来に生きるために、努力している毎日です。
大切なひとのために、何かをしてあげたい。
それだけを考える日々です。
思いを寄せるということが、すでに僕自身のシアワセとなっているわけですから、
見返りなど求める必要もないのです。

ただひとつ求めるものがあるとしたら
それは、コトバ、でしょうか。

「ありがとう」の一言で、僕は何もかも肯定したくなります。

もちろん僕も、「ありがとう」を忘れません。

 




オリジナル編集CDR 【 黄金の月〜スガシカオの世界〜 】




1 青空

2 奇跡

3 アシンメトリー

4 夏陰

5 光の川

6 夜空ノムコウ

7 Hop Step Dive

8 Progress (Family Sugar Version)

9 黄金の月

10 秘密

11 サナギ〜theme from xxxHOLIC the movie〜

12 あまい果実

13 8月のセレナーデ

14 春夏秋冬

15 愛について

16 真夏の夜の夢




DVD『Shikao & The Family Sugar ~FAN - KEY PARADE '07~ in 日本武道館 』(特典ディスク付)
計210分を一気に観た。僕がここ3年間に購入したライブDVDの中でもほぼトップに位置する
とてつもない傑作!文句をつける部分は一箇所もなし。何もかもが素晴らしい。
スタジオ盤で聴きなれたナンバーがほぼすべてパワーアップされていて、スガシカオ自身の
歌唱も自信に満ち溢れ、実に堂々としている。見た目よりもずっと逞しい人なんだな、と痛感した。

ドラムスの沼澤尚とベースの松原秀樹の実力については今さら説明の必要もないが、
それにしてこの二人の力量は尋常ではない。今の日本のいわゆるスタジオミュージシャン系の
リズムセクションでは山木秀夫(ドラムス)〜美久月千晴(ベース)と双璧ではないかと思う。
そんな沼澤&松原が、スガシカオの音楽が放射するオーラを何倍にも増幅していく。
ライブという空間においては、最も正しい方法で音楽の再構築が行われたことになる。
いわゆる、別もの、というやつである。

ではスタジオ盤のスガシカオが迫力でライブに劣り、音楽が小さく感じられるかというと、
これもまたライブに対する別ものという感覚でとらえるべき独特な世界なのだ。
つまり、スガシカオはスタジオとライブで二つの顔を使い分けていることになる。
スライ&ザ・ファミリー・ストーンの傑作アルバムに『フレッシュ』というのがある。
同じスライの『暴動』と並んでおそらくスガシカオに最も影響を与えているアルバムだと推測するのだが、
そのアルバムの録音というのが実に密室的で、外に放射するのではなく内にそのエネルギーの
行き先を求めていく感じ。それはやがて、13年後のプリンスの『パレード』へと受け継がれていくことに
なるのだが、スガシカオも、そのような密室的な録音が醸し出す
ある種のエロティックかつファナティックな世界に強く依存していくタイプのアーチストなのだろう。
そこに、僕は魅力を感じている。言ってみれば、それがあるから、スガシカオのスタジオ盤は
僕にとってかけがえのないものになっているわけだ。

彼には素晴らしいベストアルバムがあり、その選曲と多くの部分で重なるが
僕が編集CDRを作る最大の意味は曲順にある。
このCDRを大切な人に聴かせたい。そう思うとき、僕は何時間もかけて
選曲し、曲順を決めていく。その作業は実に楽しいものであり、
また音楽と正面から対峙する格好の機会でもあるのだ。
大切な人を喜ばせたいと思う気持ちと僕自身に音楽を聴く喜びを思い出させたい気持ち。
それが同時に存在するかけがえのない時間ということ。。。





響 一朗

My追加