まれ日記

2003年03月30日(日) 日の出を拝む

前日、9時なんかに寝ちゃったせいで朝の4時半頃に目がさめた。なので、日の出を拝もうと決意。

犬吠埼は本州の最東端にあるので、本州で一番早く日の出が見れる場所なのだ。ホテルのロビーに「日の出の時間は5時29分」と書いてあったのを見ていたので、せっかくだからと一時間ばかり待ってみることにした。

待っている間、ずーっと打ち寄せる波を見ていた。水平線のあたりは日の出一時間前でも十分明るくて夜空に向かってキレイなグラデーションが描かれていたよ。

あいにく水平線のあたりが多少曇っていて時間になってもすぐに太陽は見えなかったけど、雲の隙間にポツンと光るオレンジ色の穴が開いたと思ったら見る見るうちに太陽が姿を現したよ。そのオレンジの光の色がすごくキレイでさ。例えるなら・・・線香花火の火種の色、バーベキューのときの炭火の色って感じかな。見てても全然まぶしくなかった。

普段日の出を見ることなんてないので、とても感動したよ。来てよかった、って思いましたー。



2003年03月29日(土) この海は〜ぼくらの海さ

千葉県の犬吠埼へ旅行に行った。

宿泊先のホテルの部屋の窓からは窓から一面海が見えて、すぐ左手に灯台なんかも見えたりしてロケーション的にとてもよかった。露天風呂は太平洋の荒波がすぐ近くまで迫ってきて、すごかった。ちょっと寒かったけどね。基本的には、言うことナシだった。唯一、携帯が圏外になってしまうのが難点といえば難点だったけど。

刺身とか食べまくって日本酒飲みまくって9時頃には寝ちゃったよ。



2003年03月28日(金) 回復

熱は朝には下がっていて、普通に出勤できた。
3月末で会社を辞めちゃう人の送別会があって「ちょっと体調的に無理かなー」って思って欠席しようとしたんだけど、仕事終わった後、強制的に連行された。
体調悪くても酒が普通にウマかったのがフシギだった。



2003年03月27日(木) 発作

久しぶりに偏頭痛の発作が。

発作が来る前には必ずその前兆がある。おれの場合は、目の前が真っ白になってしまうのだ。

まぶしいモノを見た後、目に残像がしばらく残るでしょ?それに近いな。発作が来る前は、まぶしいものを見た後でもないのに目の中が残像だらけになる。残像が消えた頃強烈な頭痛が訪れる。ヒドイときは吐き気まで。

3時過ぎ頃までは我慢したけど、ひどくなる前に会社早退しました。

家に帰って寝ていたら、熱が出ちゃいました。そんなに高くなかったけど。37度7分。



2003年03月26日(水) untitled

世の中には理解できないことっていっぱいあるね。
一生懸命理解しようとしても理解できない。
悔しいし悲しかったりもする。
これって思い上がりなのかな?



2003年03月25日(火) 春休み

明日から春休みかあー。子供はいいなー。春休みがあって。

会社に入ると、夏休みや冬休みは取れても春休みってナイもんね。春休みほしい。



2003年03月24日(月) 日なたの窓に憧れて

気絶〜しそうなー♪
思いからハナ垂れて〜〜♪

これってもしや花粉症の歌だったのか?んなワケねーか。



2003年03月23日(日) Lになっちゃってから1年か・・・

去年の3月23日といえばコピッツの初ライブだったんだけど。あれからもう1年て・・・はやいなあー。

あの頃に比べるとコピッツもだいぶうまくなったなー、って思うよ。モチロン、おれのドラムもね。あの頃に比べたらだいぶマシ・・・って思う。細かいテクニックとかパワーとかは学生のときと比べると衰えているかもしれないけど、表現力は最近になってだいぶ向上したなって・・・自画自賛。



2003年03月22日(土) パラディドル〜

2回目のドラムのレッスンがあった。前回はシングルストローク(一つ打ち)をひたすらやったんだけど、今回はダブルストローク(二つ打ち)の練習。ということでいくつかのパラディドルをやった。

パターン的にはやりなれたものが多かったんだけど、二つ打ちをする際に「一打目のバウンドを感じつつ」二打目を打つようにと言われた。そう言われてしまうと意識しすぎてできなくなってしまうのが、おれなのである。ドラムって結構難しいモンなんだな、と改めて思ったりして。

次回も頑張ります。



2003年03月18日(火) 気がつけば

ふと気づいてみたら

一時期あんなに悩まされていた不眠症が消えてなくなっていたよ。

というか、最近は眠いね。むしろ。

春だからかなあ。



2003年03月16日(日) ウタタネ

書くことがないので夢の話を。

午前中、うたた寝した。

某観光地を女の子と二人で歩いていたら、いつの間にかはぐれてしまい、気がついたら一人でなぜかマンションの非常階段をのぼっていた。そしたらいきなり黒服の男達が出てきて、拉致されそうになった。連れ去られる直前に目が覚めた。汗びっしょりだった。

寝る前に観光地のエリアマップを眺めながら、なんとなくテレビの北朝鮮ミサイル関連ニュースを見ていたのが良くなかったらしい。



2003年03月14日(金) ホワイトデー

ホワイトデーでした。ここ数年、「ホワイトデーってナニ?」って感じである。わーははは。

ここのところ派遣社員のトレーニングリーダーを任されることになり仕事が忙しい。残業も結構遅くまで。平日は家に帰るとメシも食わず風呂入って寝るだけの毎日だよ。なのでダイエット効果かなり高いよ。泣ける。



2003年03月12日(水) ここで一曲

今日の〜仕事はつらかった〜〜〜♪
あとは〜〜〜焼酎を〜あおるだけ〜〜〜♪

って曲知ってる?古い曲で。「山谷ブルース」っていうんだけどさ。今日はこんな感じ。

酒飲んで寝たいところだけど、平日禁酒続行中だし飲むと朝起きられなくなるだろし。

このまま寝マース。



2003年03月11日(火) 旅行に行きたい

ということで、3月末に千葉県の銚子の犬吠埼に行ってきます。なんとなく海を見ながら温泉に入りたくなったので。

ここのところちょっと仕事もたてこんでいるので、リラックスしてきたいなあ〜。楽しみ楽しみ。



2003年03月09日(日) 超ショック・ブレックファースト

どれくらいショックかというと

ショック・ショック・ショック
ショック・ショック・ショック
ショックーー
ショーーーーーーック!!!

というくらいショックなことを聞かされた。


春だねえ〜。新しい季節がやってくるねえ〜。



2003年03月08日(土) ミカンズ

「ミカンズの集い」ということで、コピッツ3回目のライブがあった。もうそろそろ貫禄とかが出てきてもいい頃なのだが・・・相変わらずのズッコケぶりで。でもなんか「ライブをした」っていう充実感がとてもあった。音は百万語の言葉よりも雄弁に語る。聴いていただいた人には分かってもらえたと思うけど、あれがコピッツなのです。説明はいらないね。今まで何十とバンド組んできたけど、その中でも特に好きなバンドの一つですよ。

自分のドラムについて。今回のライブで改めて思ったのは、ライブ本番の雰囲気って「珍プレー」をイロイロ生み出す不思議な力があるんだなってこと。今までにやったことのないフレーズをこの四本の手足が勝手に創り出してしまうのだよ。本人の意思とは無関係にね。ただその「即興フレーズ」が曲の雰囲気に合ったものならいいんだけど、とてつもなくダサいものだったり曲の雰囲気を壊すようなものだったりすることもあって。今回もいくつかそんなダサダサフレーズを生み出してしまったおれなのでした。まだまだ修行が足りませんです。


今回のセットリスト
.好團
▲潺ンズのテーマ
Fなたの窓に憧れて
ぅ蓮璽箸帰らない
ノれ星
Ε┘好ルゴ



2003年03月07日(金) 臨時最終練習

コピッツの最終練習があった。もともと予定されていたものではなくて、急遽組み込んだものである。今までベースのほしちゃんが仕事が忙しくて一回しか練習にこれなかったんだけど、ライブ前日は時間が取れるということを聞いて「集まれる人だけ集まって練習しよう」ってことでスタジオ予約したんだけどね。結局全員揃いました。

ただ・・・一応9時〜12時で予約したんだけど、コータ君は11時前に新宿を出ないと電車がなくなるし、ほしちゃんが登場したのは10時過ぎだったため、全員揃って音出したのは正味1時間ほどでした。でもライブ前に全員でスタジオ入れてよかった。

コピッツのライブは3回目だけど今まで一番不安が大きいな。でもここまで来たらもうそのままやるしかないよ。開き直ってやりますよ。

今回のライブは結構遠方から見に来てくれる人もいる。一番遠い人はなんと愛媛県から来てくれてしまう。山形のムギさんの教え子も見に来てくれるかもしれないらしい。わざわざ来てくれる人に楽しんでもらえるようなライブにしたいなあ。



2003年03月05日(水) Mare Island

ここのHPの「マーレ・アイランド」ってタイトル、ホント結構テキトーにつけたんですよー。前いたチェリハでの登録名が「mare」だったこともあって、「まれ島」を英訳するとMare Islandかなって。

ところがだね。Mare Islandって実在する島の名前らしいのだ。「メア・アイランド」って読むらしい。アメリカのカリフォルニア州にあるんだって。大戦中は海軍基地だったらしい。

こんなことを偶然に発見して、なんかうれしくなったよ。偶然てホントはきっとぼくらの周りに満ちてるんだろな。気づかないだけで。



2003年03月04日(火) ぶちこわせ!

ドラムのレッスンに行ってきた。第一回目の記念すべきレッスン。

まず「テキトーになんか叩いてください」と言われたので、それこそテキトーにオーソドックスな8ビートなど刻んでみた。それをジーッと見つめる先生の目。

まずスティックの握り方のクセを指摘された。そしてそれに伴うストロークの軌道と腕の振りの注意を受けた。さすがプロのドラマーである。言うことがイチイチ的確だ。

そしてあとはひたすら「完璧なシングルストローク」の練習。いかにして美しいシングルストロークを完成させることができるか。これがダブルストロークの出来さえも左右するという。

いきなりスティックの握り方まで指摘されたのにはさすがにヘコんだが、でもいーのだ。この段階からやり直すためにおれはこの学校に入ったのだ。

今まで積み上げてきたものをいったん壊して、また一から積み上げていきたい。最近のおれってば、ずっとそんな心境だったので。これがおれの望んでいたものなのだ。

練習しよっと。

次回レッスンは3月22日の予定〜。



2003年03月02日(日) ミカンズ最終練習

お昼からコピッツの練習があった。一応ライブ前の最終練習ってことで。今回もベースのほしちゃんは参加できず。

数々の不安を抱えながらも本番突入。あと、ライブ前日に任意参加の全体練習があるけど平日だし、まぁアテにはならんしね。本番どうなっちゃうんだろう。不安でもあり楽しみでもあり、という感じ。

バンドをやるのはいろいろ楽しいけど、スタジオ練習にはスタジオ練習の楽しみ、ライブにはライブの楽しみ方ってあるんだと思う。ライブの出番直前っていうと緊張のあまり「なんでこんなライブに出ることになっちゃったんだろう」ってついつい思ってしまうこともあるけど、それもまたライブの楽しみのひとつなのかも。日常生活でそんな極限の緊張状態を経験することは、そうはないし。非日常的時間と空間。それがライブに出演することの醍醐味かな。

今はライブを前に静かに燃えてます。待ってろよ〜シルバーエレファント〜〜。



2003年03月01日(土) いえろーえばりーず

ライブでした。大学のサークルのイベントでね。場所はいつもの恵比寿ギルティー。

今回はYellow Everlysっていうバンドで出演しました。オールディーズと数曲のオリジナルで合計15曲。15曲やってもMC入れて50分足らずで出番が終わってしまいました。昔の曲って短いのな。

Yellow Everlysってバンド自体、もともとドラムナシの編成で活動してるバンドなのでドラムはホントに脇役なんですよ。黒子に徹して、地味にリズム刻んでました。その分、普段より冷静に叩けたというか、自分のドラムのイヤなところとかも全部感じながら叩いてました。

また緊張して途中でスティック落としたりして。あんまりデキはよくなかったけど、まぁ仕方ないかなと。

コピッツのムギ、シー、コータの3人が見に来てくれたけど。楽しんで帰ってくれたかなあ。

そして打ち上げでは会計係を任されてしまい、その打ち上げには出演者、オーディエンス含め60人近くも参加したのでお金集めるだけでも大変だったよ。

つかれた。でもやっぱりライブはいいね。


 < 過去  INDEX  未来 >


mare

My追加