予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2014年01月31日(金) いつの間にか20年

20年前の1月24日、確か・・・

10時にテナントの賃貸契約に調印
11時から墨出し
午後には前テナントからの「壁紙剥がし」「仕切り壁撤去」等が始まり
もう戻れない・・・なんて考えていたように覚えています。

ひとえに、通い続けてくださる患者さま方と、歴代のスタッフのおかげだと心から思っています。
厚くお礼を申し上げます。

この想いを胸に、改めて「予防と審美専門の歯科クリニック」として頑張っていこうと誓いを新たにした次第です♪



2014年01月30日(木) リケジョ

今朝からSTAP細胞のニュースでもちきりですね。

“若い女性の研究者が”という部分がクローズアップされている感もありますが・・・

今までにない発想からの快挙ということでは、天晴れとしか言いようがありませんね。

今後、この研究がどのような方向に向いていくのか、知る由もありませんが、今の小中高生にとって、さぞ励みになることでしょうね♪


個人的には、割烹着自体はともかく、グローブとの隙間から、腕と私服が覗いている点が気になりますが・・・






2014年01月29日(水) 魚食べると脳卒中リスク低下

NHKによると・・・

日頃から魚介類をよく食べDHAなどの成分を多くとっている人は、魚介類をあまり食べない人に比べ、脳卒中で死亡するリスクが40%ほど低いとする研究成果を、厚生労働省の研究班がまとめたのだそうです。

厚生労働省研究班の三浦克之滋賀医科大学教授のグループは、全国の30代から50代の男女合わせて7000人を24年間追跡調査し、魚介類を食べる量が多い順から4つのグループに分けて、脳卒中で死亡するリスクを調べました。

その結果、1日の摂取量がサンマに換算して1匹ほどと最も多かったグループは、その4分の1程度の最も少なかったグループに比べ、脳卒中による死亡のリスクが41%低くなっていたということです。
また、心臓病などを含めた循環器の病気で死亡するリスクも20%低くなっていました。

魚介類には、DHA=ドコサヘキサエン酸など、動脈硬化を抑える効果があるとされる物質が多く含まれています。
日本人を対象にした調査で、魚介類の摂取と脳卒中による死亡のリスクの関係が明らかになったのはこれが初めてで、三浦教授は、「DHAなどの動脈硬化を抑える効果が、こうした結果につながったと思う。循環器病の予防には、魚介類中心の日本の食生活が有効だということが証明された」と話しています。


どんな魚をどう調理するのが、より効果があるのか、まとまると良いですね♪



2014年01月28日(火) 口腔リハビリに注目−2

昨日の続きです。


■「口から食事」回復に診療報酬で評価へ

厚生労働省は平成26年度の診療報酬改定で、胃ろうの患者にリハビリを実施し、口からの食事ができるまでに回復させた医療機関に診療報酬上の評価を行う方針。
どんな医療機関にどんな条件で実施するかは未定だが、安易に胃ろうにしたり、リハビリもせずに放置する現状を是正したい考えだ。

医療経済研究機構が胃ろうを作った病院に行った調査では、胃ろうにした患者の24%はその後のリハビリなどで経口摂取に戻る可能性があった。

だが、介護保険施設に入所した胃ろうの患者で、胃ろうを使用せずに済むようになったのは2%。
また、経口摂取に戻る可能性のある患者に、自院でも退院先でも嚥下機能訓練を実施しない医療機関は19%に上った。

胃ろうは本来、一時的に口から栄養を摂取できなくなった患者が回復するまでの処置。
しかし、事前に嚥下機能評価をせずに胃ろうを施し、リハビリもしないまま胃ろうを続けるケースが少なくないと問題になっている。

日本では、胃ろうの患者は人口100万人当たり657人で英国の55人の10倍以上。
70歳以上の胃ろうの患者も英国が41%なのに対して84%と高い。


■「介護食」市場規模とニーズに乖離

藤田保健衛生大学の東口高志教授の監修で、イーエヌ大塚製薬が在宅介護を行う全国1000人に行った調査では、介護の必要な人が笑顔を見せるのは「話し相手をしたとき」(51%)に続いて、「何かを食べるとき」(41%)が挙がった。

ただ、要介護の状態が重くなるほど食べさせることに介護負担も増す。
「家族と同じもの(常食)を食べている」度合いは、要介護5では17%に落ち込む。

しかし、市販の介護食品がうまく取り入れられているかどうかは定かでない。
民間シンクタンクの調べでは、現在の介護食品市場は1000億円だが、要介護者数などから試算される介護食品のニーズは2兆5000億円と乖離(かいり)がある。
個々の家庭では、介護食の選び方や入手方法で分からない点が多いとみられ、課題は多い。

社会的な取り組みが必須ですね!!!



2014年01月27日(月) 口腔リハビリに注目−1

ある意味、1月14日の続きです♪

産経新聞によると・・・

「ほんの少しでも口から食べたい」「もう一度、口から食べたい」。
胃に管で直接栄養を送る「胃ろう」に疑問の声が高まっているという。
年齢や疾患によって食べる機能には差があるが、再び口から食べるようにしたり、胃ろうにせずに済んだりする取り組みが注目されているとのこと。

東京都小金井市にある日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニックは一昨年10月に開設された。
歯科医で院長の菊谷武・日本歯科大教授らは「口から食べる」治療を外来と訪問で行う。
患者は開設後1年で約1500人に上った。

          乳酸菌飲料を飲む要介護の女性を診察する菊谷院長 ↓

診察ではまず、患者の「かむ」「飲み込む」機能を評価する。
そのうえで食べ物について、
▽どんな形状が適切か
▽どの程度の栄養が必要か
▽どんな姿勢で食べさせるか−
などをアドバイスする。
1人暮らしの患者には機能以外の要素も考慮する。
「スーパーで魚の煮付けを買うなら、ムツなど脂ののった魚が食べやすい。生活に合う食品や入手方法がある」と言う。

この日は、東京都三鷹市に住む要介護4の女性(93)宅を訪れた。
家族は食事量の激減を訴えた。
「すぐに『要らない』ってしぐさをして・・・。昨日の朝はペーストがゆと卵豆腐、昼はデイサービスで半量。夜はおじやを3分の2。食欲が落ちたら、いつもうとうとするようになって・・・」

菊谷院長は女性が乳酸菌飲料を飲む音を聴診器で聞き、「ああ、でも、飲めてますね。むせてもいないし」。
そのうえで患者の様子を見ながら、「日々のことなので、まずは水分を取ることが大事です」と指摘。
女性が取れそうな介護食や栄養剤、その入手場所もアドバイスした。

訪問先は個人宅だけではない。
高齢者施設や医療機関では、栄養士や医療職、介護職らに食べ物の形状、食べさせ方、リハビリ方法もアドバイスする。
クリニックが在宅患者に口腔リハビリを行う意義について、菊谷院長は「患者さんが病院や施設などに移っても、僕らが訪問することで継続的に口腔リハビリを続けられるし、施設や病院スタッフと連携してもいい。地域包括ケアの実現にもなる」。
実際に胃ろうが取れたり、施設との連携で肺炎による入院が激減するケースもあるという。

この日は昼食時間帯を見計らって、調布市の有料老人ホームに要介護4の男性(79)を訪れた。
男性は脳梗塞後のまひがあり、車椅子の生活。菊谷院長は食べる様子を見ながら、「みそ汁のトロミが薄すぎる。3口食べて3口ともむせてるね」と指摘した。

「体重が落ちた」との家族の訴えに対策として、
(1)脂質などの多い食事で栄養効率を上げる
(2)市販の高カロリー・高タンパク食を利用する
(3)おやつを補充して回数を増やす−を挙げ、
「ミキサー食は用量が増えるので、ボリュームの割にエネルギーや栄養分が落ちる。完食しているなら栄養剤をゼリー化したり、ゼリー状の食品をおやつ代わりに足すかですね」と助言。
患者が食品を飲み込む様子を嚥下内視鏡検査(VE)でヘルパーにも見せながら、「誤嚥寸前なので、おかゆをもう少し、もったりさせた方がいいですね」と、声を掛けた。

そのうえで、飲み込む力を上げるリハビリの実施を確認。
「体重が減っている時期はリハビリの効果が出ない。プロテインパウダーなどを食事に足すと栄養状態が良くなり、筋力アップの効果も上がる」とアドバイスした。

だが、口腔リハビリの認知度はまだ低い。
患者が肺炎を繰り返し、病院で「胃ろうにしましょう」と言われてから声が掛かることが多い。

「もう少し早く介入していれば低栄養にも肺炎にもならずに済んだのに、というケースは多い。むせた、体重が減ったという段階でアドバイスできれば、(胃ろうへの)坂道を転げ落ちずに済む。栄養状態が良くなると筋力も上がり、筋力が上がると食べられるようになる。食べる興味がわくと、外出しようかなと思う。食べる力を取り戻すことは、(改善への)きっかけづくりにもなる」と話しているという。

明日に続きます♪



2014年01月26日(日) 代々木公園

最高気温=14.5℃に誘われて、午前中 ↑ に行きました。

紅白共に、梅がほころび始めていました ↓














                    タヌキも日向ぼっこをしていましたよぉ♪ ↑


午後は、とある勉強会の発足記念講演会にGO。



2014年01月25日(土) 開花予想って

大阪府立大学の青野靖之先生によると・・・


『気温のデータと計算式が支えた開花予想』

桜の開花予想は、花見が大好きな日本人にとって注目度の高いニュースです。
残念ながら気象庁は、1955年から続けてきた桜の開花予想を、「民間の気象事業者が気象庁と同じくらいの精度で開花予想をしているため」という理由で、2010年から行わないことを発表しましたが、これまではどのように開花予想をしてきたのでしょうか?

1990年代中頃までは、それぞれの気象台で独自の計算方法を持っていました。
それが東京の気象庁で一括して桜の開花予想をすると決めたときに、ある計算式を採用したのです。


『気温と花芽の生長速度で開花予想を立てる』

ある計算式とは、「温度変換日数」を用いた式のこと。
桜の開花予想には気温の推移が重要なデータとなりますが、気温の推移から桜の花芽の生長速度を割り出し、そこで出た数値を足していって開花予想を行います。

桜の咲く気温は15℃と言われます。
そこで温度変換日数では15℃を標準温度とし、そんな日1日に花芽が生長する速度を「1」とします。
それに基づいて毎日の温度や予想温度を用いて、「それぞれの日にどれくらい花芽が生長するか」を算出します。
このとき、花芽の生長速度が日数で表されるので、これを足していくことで、開花日が予想できるというわけです。
通常、合計が23日から24日になったときに開花します。


『微細な気温変化を反映する桜は、重要な指標植物』

日本列島を開花日が縦断するさまは、「桜前線」と呼ばれ、南から北へ上がっていく様子が一目でわかります。
しかし、地域ごとでさらに細かくみると、開花日には差があることがわかります。
例えば同じ地域であっても、海に近い場所の桜より、街なかにある桜のほうが開花は早いのです。
また西や北西にビルか丘がある桜は、冷たい北西の季節風に当たりにくいため、開花がやや早くなります。

わずかな気温の変化にも敏感に影響を受ける桜は、まさに環境を反映する鏡と言えます。
桜は春の訪れだけでなく、私たちに気候の変動を教えてくれる植物なのです。


奥が深いですね♪



2014年01月24日(金) さくら開花予想、出ました!

ウェザーマップによると・・・

今年の桜は、『平年並みか早く』咲く所が多いでしょう。
ただ、九州から関東にかけて記録的に早い開花となった『去年よりは遅く咲く傾向』です。

このあと2月から3月にかけては、寒い日が多いですが、2月に一時的に高温となる時期があるでしょう。
このため、桜の開花は平年並みか早くなりそうです。

・・・とのことです。



東京の場合、3月24日に開花ということは、4月1日に満開! ってことですね♪



2014年01月23日(木) ラフォーレグランバザール

他の商業施設よりもセール時期を遅らせ、タイトなスケジュールで行われる ↑ 。

タイムセールなうの呟きに負けて出撃してしまいました。


















怒号が飛び交うような(本当に何かのデモかと思う位・・・)館内で散財した後は、↑ ご存知マリオンクレープで一息。



2014年01月22日(水) 健康バクハツ!漢方パワー

今夜放映のNHK探検バクモン

日本随一の“くすりワンダーランド”岐阜県にあるくすり博物館を紹介していましたね。

さて、東洋医学では四診「聞診」「問診」「望診」「切診」で診断するのだそうですが、その中のひとつの「望診」に「舌診」があり、非常に重視しているのだそうです。

空腹時に舌全体の色・形(舌質)や舌苔を観察することで「寒熱」の区別や、「気血のめぐり」の具合、「病気がこれから悪くなるところなのか、良くなりかけているのか」、といったことなどがわかるのだそうで、つまり舌はその人の体質や内臓の状態を映し出す“鏡”であると考えられているのだそうです。

特に“歯痕”がついている場合、血液以外の体液が余分に溜まっている状態(=水毒)であり、水分代謝不良があったり、胃腸が弱っている状態なのだとか。


それって、TCHを意識した生活を送ることで、かなり改善できますよね・・・と思った次第♪



2014年01月21日(火) 乾燥している時期は歯周病になりやすい

今日放映のテレビ朝日系列スーパーJチャンネルから・・・

35歳の8割がかかっているという歯周病の予防法、注意点を紹介していましたね。

乾燥している時期は歯周病になりやすく、歯周病になると最終的には歯が抜ける可能性もあるそうです。

歯周病は自覚症状がなく、予防法としては歯ブラシは軽くなどを意識した毎日の歯磨きが効果的とのことでした。

ご自分流での“予防”ではなく、今の状態に合ったプラークコントロール法、また、間食を含む食品の摂り方について、歯科医院で指導していただきましょう♪



2014年01月20日(月) 高尾山健康登山−2

昨日の続きです。

今回のメインは“シモバシラ”です。

“シモバシラ”はシソ科の多年草で、花も目立たないありきたりの草です。
よく冷え込んだ朝、枯れたこの草の根元を見ると、茎からエラ状に氷が張り出し、まさしく、霜柱となって氷の彫刻を作っています。
これは茎の維管束の中の水が凍って茎の外へと伸びだしたもので、文字通り“氷の花”です。
それがこの植物の名の由来です。



一度これが出来ると茎の構造は壊れていくので、大きいモノは、シーズン当初にだけ見られ、次第に小さくなっていくとのことです。
何れにしても、珍しい冬の“花”でしたよぉ♪


“高尾山のシモバシラ”について詳しくはコチラをど〜ぞ♪



2014年01月19日(日) 高尾山健康登山−1

↑ は、高尾山薬王院が“健康のお手伝い”を第一義に平成11年に開始された「行」。
会員数も年々増えて、10000人にも達したのだとか。
『健康登山手帳』なるものを使い、来山1回毎に1押印していただきます。
ご本尊・飯縄大権現の縁日(毎月21日)に因み21回で一冊終了、「満行」となります。
今日で19度目の押印です。

 ↓ 山頂からの眺めです (反対側には相模湾に浮かぶ江ノ島もよくみえましたよぉ)。



ちなみに、今朝の八王子市の最低気温は−3.2℃。
こんな日!?でも、多くの登山者&参拝者で溢れていた高尾山なのでしたぁ♪

高尾山健康登山”について詳しくはコチラをど〜ぞ♪



2014年01月17日(金) えせTCH

夕刊フジから・・・

とある歯科医院の患者さん。
不調を大学病院の口腔外科にて診察していただいたそうで、MRI撮影もしていただき、結果はTCHと診断されたのだそうです。

パソコンに向かう仕事を毎日7〜8時間長い間続けていて猫背を自覚なさっているのだとか。
常に歯と歯がカチンとついているそうです。
出来るだけ歯と歯があわさらないよう指導致しましたと報告書がきました。

仕事が出来る女は猫背なんて笑えないし、歩きながらゲームをやったら二宮金次郎みたいもいただけません。

TCHは“とっても しーせいが ヘンなのかにゃ〜”でも“トシとった CAT背の ヘンタイ?”でもありませんよね♪



2014年01月16日(木) 今季初の“冬日”

ウェザーマップによると・・・

ここのところ、強い寒気の影響で、全国各地で厳しい冷え込みとなっていますね。

東京都心では午前5時前に気温が−0.2℃まで下がり、今シーズン初めての“冬日”となったのだそうです。



そういえば、昨日の東京は、最高気温が4.4℃までしか上がりませんでした。

でも、雪が降るぞ&降るぞと予報されていた割には、降りませんでしたね。



2014年01月15日(水) 新年会−2

先週に引き続き、立て続けに新年会。

雪が降るかも・・・と朝の天気予報で散々脅かされましたので、早々にご帰還です。



  コレは、決して“結露”ではありません。

  まるで“PM2.5”のようになっています →
  




2014年01月14日(火) “食べる力”は回復する!

今朝のNHKおはよう日本を見ていたら・・・

高齢者とその家族を悩ませている“食べる力”の衰え。
東京の専門クリニックでは、診察とリハビリで多くの高齢者の“食べる力”を回復させ注目を集めています。
「ミキサー食」しか食べられないと諦めていた人も、再び固形物を食べられる。

・・・医療現場の最前線からの報告でしたね。



2014年01月12日(日) 雪遊び

ドライブ気分で、山梨県まで。

             ↓ 途中のR137から見た“夜明け直後の富士山” ↓



モチロン帰りには、お約束のほうとうです。



2014年01月10日(金) 新年会−1

幾つかある新年会のうち、今夜は横浜で。

N先生の誕生会も兼ねて、スイーツ三昧。

コレ → を男性歯科医師6名が(深夜に)パクつきました。

帰宅後は、もちろんプラークコントロールに励みます。









2014年01月09日(木) 今月の参禅−67

“雨は夜更け過ぎに〜♪”
ではありませんが
20時20分頃の横浜は
雪が降り始めましたぁ。


ふ・ふ・ふっ
明日も横浜に出没の予定ですぅ♪













2014年01月08日(水) 体の中から改造! 計画

今夜放映のNHKためしてガッテン

口の中が渇くことで、様々な病気のリスクが高まるドライマウスについての特集でした。


“唾液はきちんと出るのに口が渇くドライマウスとは?”

ドライマウスは、唾液の分泌量が減ることで口内が渇く病気で、歯周病や口の中が激しく痛む口腔カンジダ症などを招いてしまいます。

ところが、唾液の分泌量が正常なのに口が渇く、新型のドライマウスの存在が明らかになりました。

この新型ドライマウスになったAさんは、日中の唾液量は正常なものの、就寝中になると、起きては水を飲む行動を4回も繰り返すほど、口が渇いていました。

実は、Aさんは口が開いたまま眠っていたのです。

Aさんのように唾液はちゃんと出るのに、口が開くことで唾液が蒸発するドライマウスは「唾液蒸発型のドライマウス」と言います。


“口の筋力低下も原因!?唾液蒸発型のドライマウス”

口が開いてしまう原因には、鼻づまりや睡眠時無呼吸症候群、薬の副作用などがあります。

ところがAさんの場合は、驚いたことに口の筋力低下が原因でした。

口の筋力低下は、老化以外にも、やわらかい食べ物ばかりを食べすぎたり、話す機会が少なかったりすることも原因です。

唾液蒸発型のドライマウスは、通常のドライマウスと同じような病気にかかりやすく、誤嚥性肺炎のリスクも高まります。

毎朝口が渇く、口の中がネバネバする、唇が荒れる、口の両端が荒れる口角炎がある人などは、唾液蒸発型ドライマウスの疑いがあるので、歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科などを受診してください。

口の筋力低下が気になる人は、治療の一環としても行われているトレーニングがおすすめです。

詳しいやり方はコチラをご覧ください。



2014年01月07日(火) 春の七草

7種の野菜を刻んで入れた粥は、邪気を払い万病を除く占いとして食べるそうです。

呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。

要は、お正月に疲れた胃を休める七草がゆを食べて、元気に新学期、仕事始めを迎えよう!
冬を元気に乗り切って!!

・・・ということですね。


ところで皆さま、春の七草 →
全部言えますかぁ?
















2014年01月06日(月) いざ、出陣じゃ!

改めまして、あけましておめでとうございます。
今日から新年の診療が始まりました。

小林歯科クリニックは今年も「予防と審美」の専門クリニックとして頑張って参ります。

折に触れて発信していますが・・・

―祥莊燭「対症療法的な」治療ではなく、「お口全体の健康を守り・育て・維持していく」診療が、皆さまにとってどれだけ有益かということをお伝えしていくこと

巷にあふれているようなレベルの「審美歯科」とは一線を画すこと

・・・この2点だけは譲れないものがあります。


新年から堅い話はこのくらいにして
本年もよろしくお願い申し上げます。

   私@小林が着用しているこの甲冑→
   撮影用のレプリカなのですが
   それでも12〜3kg(本物の約半分なのだそうです)ありましたよぉ♪



2014年01月03日(金) 馬の歯

↑ について、豆知識を。

成馬のメスの歯は、全部で36本あります。
オスには、犬歯も生えていますので、全部で40本あります。

ウマは、年をとるにしたがって、歯がすり減ってきます。
そのため、ウマが何歳くらいなのかを判断する時、歯を参考にすることが出来ます。

前歯は、上下しっかりと咬み合わさって、草をカッターのように咬み切ることが出来ます。
奥歯は、平らになっていて、上の歯と下の歯で草をすりつぶします。

草を食べるのに必要なたくさんの歯を納めるために、ウマの顔は長くなったのだそうです♪

また、進化の過程で、ヒラコテリウムやメソヒップスのような葉食性のウマの歯は、歯冠が短かったのですが、メリキップスやエクウスのような草食性のウマの歯は、歯冠が長く、固い草を食べるのに適応したのだそうです♪

                    ウシって書いてありますが、ウマの標本ですぅ ↓












歯槽間縁(しそうかんえん)について・・・

切歯と臼歯の間に、広い隙間があります。
そこに乗馬をする時などに使われる“ハミ”を咬ませると、馬が水を飲む時や餌を食べる時に邪魔になりません。
手綱を引いた時に“ハミ”が当たる口角は、神経が敏感な場所の一つなので、手綱を通じて乗り手の意向を馬に伝えることが出来ます。



2014年01月02日(木) ウマの諺、分かるかな?

馬の耳に念仏
意馬心猿
尻馬に乗る
竹馬の友
老いたる馬は道を忘れず
南船北馬
馬脚を現す
生き馬の目を抜く

“馬”がつく諺や熟語ですが、思いついたのを、ざっと載せてみましたぁ。
皆さま、意味はお分かりですよね♪



2014年01月01日(水) 謹賀新年



 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]