予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2006年12月31日(日) おせち料理

お正月につきものの「おせち料理」、今日準備中のご家庭も多いのでは。
そもそも「おせち」とは節日に作られていた御節供(おせちく)のこと。
御節供は宮中の節日に、神前へ供える祝いの食物やご馳走のことで、この御節供が「おせち」と略されて正月料理だけを意味するようになったそう。
重箱に詰められる料理は黒豆、かまぼこ、紅白なます、田作り、栗きんとんなどが盛り込まれ、日持ちする事と共に五穀豊穣と家族の安全と健康、子孫繁栄を願ったのだそう。
諸説ありますが、↑が最も有力でしょうか。
ご参考までに♪

今年もご愛読ありがとうございました。



2006年12月30日(土) 旅の疲れは温泉で・・・

長旅の疲れは、温泉で癒しましょう・・・ということで、↓の坊ちゃん列車に乗って道後温泉に行きました。












2006年12月28日(木) 代行輸送

昨夜、定刻で東京駅を発車したサンライズ瀬戸
ところが、6時(モチロン朝です!)過ぎの車内放送・・・
本四備讃線の内、瀬戸大橋区間が強風で通行止めの為、岡山で運転打ち切りという旨。

耳を疑うその内容。
ん〜ん、眠い!
でも、天候にはかなわない・・・身支度を整えている間に岡山駅到着。

さて、ここで大問題が発生。
代行輸送についての車内での放送、そしてホームでの放送、何れも大間違い。
五転六転する放送の度に、乗客達は、大荷物を抱えて右往左往。
乗客達が問い合わせても、駅員達は詰め所に逃げ込む始末。
乗客達が聞きたいのは、運転打ち切りのお詫びではなく(天候のせいだということは充分承知しているのだから)、今の状況は&この先は・・・といった情報のハズ。
しかしながら、放送の内容は・・・後は勝手にしろ!と言わんばかり。
旅の途中で放り出された感のみ。

尼崎の事故の教訓がまるで生きていない・・・このだらしない会社=JR●日本、きっとまた近いうちに何かしでかしてしまう気がすると実感したのは私@小林だけではないはず。

で、2両編成のギュウギュウ詰めのローカル線を2回乗り継いで、やっとの思いで四国フェリーに乗船。
橋を列車が通れない位の強風・・・当然ながら船は揺れる&揺れる。

高松ではうどんが待っていてくれました。









 ↑左から・・・
    急遽乗船した四国フェリー、船内から見た“屋島”、ジャコ天ぶっかけうどん(冷)



2006年12月27日(水) ご用納め

今日が、今年の最後の診療日になりました。

このブログ・・・
Web上でのコメントやトラックバックを受け付けずに、ご意見は全て直メールにてご連絡いただくタイプで・・・
私@小林の日々の出来事が1/3
ニュースなどからの抜粋が1/3
歯と歯茎の健康への最悪リスク因子である「タバコの害」を皆さまに知っていただくことが1/3
という構成で成り立っています。

ともあれ、皆さま、良い年の瀬をおすごしください。
今年もご愛読ありがとうございました。



2006年12月26日(火) 情けないぞ、厚労省!

読売新聞によると・・・

厚生労働省は今日、喫煙率を引き下げるための数値目標の設定を見送ることを決めたそうだ。
なんと、たばこ業界などの反発に配慮したためで、代わりに「喫煙をやめたい人がやめる」という目標を「健康日本21」の中間見直しに盛り込むことで誤魔化すという。
2000年の「健康日本21」策定時にも、数値目標を設定しようとして断念した同様の経緯があったらしい。

喫煙率の数値目標の新設は、厚労相の諮問機関・厚生科学審議会の専門部会で検討されていたもの。
04年の喫煙率(男性43.3%、女性12.0%)を、「男性30%、女性10%」にするという案を軸に論議が進められていたが、一部委員と、たばこ業界が猛反発していたという。

一部委員とは何者でしょう?・・・まさに昔の言葉でいう“売国奴”ですね。
厚生労働省・・・目先の献金ばかりに目がくらみ、国民の健康について一体何をどう考えているのでしょうねぇ?
全国で5万人もいるという職員の中には良識のある人はいないのか?・・・実に情けない!



2006年12月25日(月) Merry X'mas

今日が本当のクリスマス。
でも、一般にはタダのウィークディ。
11月11日に飾り付けをして今日で55日目。
正月用飾り付けにモデルチェンジ。
グッズの絶対数はもちろん、華やかさでチョッピリ負けてしまうのは気のせいでしょうか。

皆さま、クリスマスはいかがお過ごしになりましたか?



2006年12月24日(日) Merry Christmas

今年は、人混みを避けたクリスマスを、という訳で東京オペラシティへ。
高さ12mのメインツリーの傍らではヘブンアーティスト(=大道芸人)による演奏やパントマイムなどのライブが・・・
都内で穴場をお探しの方にはお勧めかも。

皆さまに、Merry Christmas!










                 ↑何れも公式HPから↑



2006年12月23日(土) メリークリスマス











↑午前中、散歩の途中で見かけた“もちつき”の風景です。
  もう、年の瀬なのですね。

右の2枚は・・・
夕方、買い物に出掛けた渋谷・東急本店の店頭では、雪が降り(関東エリアのスキー場での人工雪=氷のツブ!?とは異なり、泡立てた石鹸のようなイメージです!=せっかくの雪がよく写っていないようでr(≧ω≦*))、ゴスペルコンサートも開かれていました。



2006年12月22日(金) うがいと手洗い、そして

昨日↓“手”のことを書いたので、今日も“手”の話題を・・・

一方で、その大事な手!?を無駄遣いしたという話。
○レステのし過ぎで欠場した大リーガーもいるそうで・・・
米大リーグ、ア・リーグの優勝決定シリーズで3試合を欠場したデトロイト・タイガースの中継ぎエース、ジョエル・ズマヤ投手(22)の右手首から前腕にかけての炎症は、ビデオゲームのしすぎだったことが判明したそうだ。
これって、罰金モノですよね。

でも、もっと大事なことは
そうです。
うがいと手洗いの励行です。
コレは、今、大ハヤリのノロ・・・やインフル・・・だけでなく、一年中を通してのことですよね。
うがいと手洗いの後は・・・そう、休養です。
今日は冬至。
柚子湯で温まりませんか?



2006年12月21日(木) 女性のストレス「夫の手を握ること」で解消

     手をつないで歩くシュワルツェネッガー米加州知事夫妻(先月7日、ロイター)↓

ロイターが伝える米研究によれば・・・

幸せな結婚をしている女性が、ストレスを感じた際に夫の手を握ると、ストレスが即座に解消されることが、脳のスキャンではっきりと示されるという。
研究は、結婚生活が良好と見られる16組のカップルを対象に、神経科学を専門とするバージニア大のジェームズ・コーン博士らが行ったもの。
同博士は、ロイターに対して、夫の手を握るという行為が女性のストレスの程度に与える影響の大きさに驚いたと話す。
同博士は「関係が良好であれば、傷が早く癒え、病気になる頻度も低く、長生きすることは、これまでにも分かっていた。しかし、親密な関係が精神面に及ぼす利点を量的に測ったのは、今回の研究が初めてのことだ」としている。
研究は、「サイコロジカル・サイエンス」誌12月号に掲載されたという。

既婚の女性の皆さまは実感されますか?



2006年12月20日(水) 電車内迷惑行為ワースト1は

毎日新聞によると・・・

電車内迷惑行為ワースト1は3年連続で「座席の座り方」――。
日本民営鉄道協会が大手私鉄16社による「駅と電車内の迷惑行為ランキング」のアンケート結果(700人が回答)を発表したそうだ。
それによると、平日と土・休日の全時間帯を通じ、迷惑と感じているのは「座り方」で12.9%。
わずかの差で「携帯電話の使用」が続いたらしい。
4年前まで3.7%で8位だった「ヘッドホンステレオの音漏れ」が11.3%と3位に浮上したという。
次いで「乗降時のマナー」「荷物の持ち方、置き方」「電車内で騒ぐ」「女性の化粧」の順だったとのこと。

「泥酔状態での乗車」は全時間帯で12位だが、午後10時以降になると20.6%で断トツだった。

マナーの改善度について、46%が「変わらない」と回答したが、「以前より悪くなった」は「改善された」の2倍にあたる31%と、依然として迷惑乗車が後を絶たないことを裏付けたそう。

皆さまは・・・大丈夫ですよね?
私@小林が感じる迷惑行為=口や服などからタバコの悪臭が漂ってくることかな・・・もう最悪です!



2006年12月17日(日) 新宿サザンテラスで

新宿に買い物行ったのですが
いつの間にか世間さまはクリスマス一色になっていました。








 ↑左の3枚は公式HPから転載
   一番右側は流れ星が願いを女神に届けてくれるという!?シャイニングキャッスル↑
          (もちろん、女神が願いを叶えてくださるかどうかは別ですが・・・)



2006年12月14日(木) これも“県”の不祥事!?

毎日新聞によると・・・
 
秋田県庁本庁舎地下1階の喫茶室が喫煙可能な喫茶コーナーに改修され、思わぬ波紋を呼んでいるという。
来庁者も含め誰でも利用可能だが、実態は庁舎内の禁煙化で屋外に追いやられていた喫煙派職員の「隠れ家」状態。

県人事課によると、喫茶コーナー(約30)は今月5日オープン。
食事や喫煙もできる喫茶室が7月末に閉鎖され、県が約70万円をかけ改修した。
コーヒーなどの自動販売機のほか、灰皿と空気清浄機、いすなどが置かれた。
職員は今年4月から庁舎内での喫煙が禁止され、屋外で「一服」していたが、寒さが厳しくなり、喫煙派の一部は喫茶コーナーに集まるようになったというもの。「来年度以降は室内を仕切るなど、完全分煙化を進めたい」としている。

“庁舎内での喫煙が禁止”なのに“室内を仕切って分煙化”、何か矛盾していませんか?
これって、ある意味、●島・●歌山・●崎・●阜・●崎・etc 一連の不祥事と同レベルという気がしてなりません。
ちなみに、滋○県庁には、悪名高き喫煙ルームがいまだに存在しているのだそうです。
そういえば、愛○県知事が全館禁煙の病院内で喫煙していたという悪事が発覚したこともありましたね。

良識のある官公庁って、いったいどこにあるのでしょうねぇ?



2006年12月13日(水) 表参道akarium−2

表参道akariumがスタートして昨夜で一週間。
以前の表参道のイルミネーションを知る皆さま方からは、残念ながらどうも不評の声しか聞こえてきません。
リニューアルされたモノしか見たことのない方々からは、どう映っているのでしょうねぇ。



                    ↑でも“お約束”の場所から・・・



2006年12月12日(火) 今年の漢字に「命」

1年の世相を表す「今年の漢字」が「命」に決まり、今日、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主が特大の色紙に揮毫(きごう)した。

秋篠宮妃紀子さまが悠仁さまを出産された一方、いじめによる子どもの自殺が社会問題化、飲酒運転による死亡事故が相次ぐなど、生まれた命、絶たれた命、奪われた命、そして、命の不安への膨らみが理由という。

日本漢字能力検定協会(本部・京都市)が1995年から年末に全国公募。
今年は9万2509票のうち、「命」が8363票を占めたそう。
2位は「悠」、3位は「生」だったとのこと。



2006年12月10日(日) 冬仕度

オジさま方何をしているかお分かりですか?
そう、雪吊りといわれているモノです。
23区内ではなかなかお目にかかれませんが・・・
コレに雪が積もるとこのように(←どうぞクリックを!)なります。

いよいよ冬に突入ですね。



2006年12月05日(火) 表参道akarium−1

今夜〜来年1月8日までの毎夜(17:00〜22:00、大晦日のみ終夜)、表参道の約1kmにわたる欅並木に、和を感じさせる柔らかなあかりを発するLED(発光ダイオード)の塔「akari(アカリ)」(高さ:6m、幅・奥行:1.2m)60基を設置するそうです。

98年を最後に中止された「表参道の風物詩」イルミネーションの復活!?と見る向きも多いようですが、試運転?を何回か見ましたが
・・・ん〜ん、チョッとねぇ???
と思ってしまいました。
皆さまの感想を是非!お聞かせくださいね。

     ↑akarium公式ホームページから想像図です



2006年12月03日(日) 診療所作り

エっと思われるような表題ですが・・・
H会の分科会のメンバーの取り組み方の発表会を聴講した。
今日の演者は5名の先生方。
地域などの環境は皆、違っても
従来型の診療スタイルとは異なり
歯や歯肉を大切にしたい気持ちは皆同じ・・・

←会場だった“北とぴあ”から
      “飛鳥山公園”を臨む



2006年12月02日(土) 流行語大賞

今年1年間に流行した言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞2006」が昨日発表された。

大賞は「イナバウアー」と「品格」で、トップテンには「ミクシィ」(mixi)や「脳トレ」も入ったという。
トップテンにはこのほか「エロカッコイイ」(エロカワイイ)、「格差社会」、「シンジラレナ〜イ」、「たらこ・たらこ・たらこ」、「ハンカチ王子」、「メタボリックシンドローム」(メタボ)が入っているとのこと。

新語・流行語大賞は、「現代用語の基礎知識」読者審査員のアンケートから、上位60語をノミネート語として選出。
審査委員会でトップ10語と年間大賞語を選ぶもので・・・
候補語には「ユーチューブ」(YouTube)や「GyaO」、「ググる」、「番号ポータビリティ」などIT関連の用語や、「ツンデレラ」など一般には耳慣れない語句もラインアップされていた。
また、「はてなダイアリーキーワード」から現代用語の基礎知識に転載された言葉からは「エビ売れ」(エビちゃん)、「メガドル」などがノミネートされていたという。

いつのまにか、師走なのですねぇ。



2006年12月01日(金) 子パンダの虫歯チェック

Record Chinaによると・・・

四川省臥龍(がりゅう)市のパンダ研究センターで今年生まれたパンダの子どもたちが、暖かな日和に誘われて散歩にでかけたそう。
普段は嫌がってなかなか歯の検査を受けたがらない子も、今日は機嫌よく口を大きく開き、チェックを受けているとのこと。

いやぁ、一度“抱っこ”してみたいと思うのは、私@小林だけではないハズ!?


 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]