航宙日誌
『革命戦記』と輝&Ark☆の珍道中?

2014年01月27日(月) 隠蔽するのかっ!!

 と、竜崎署長が吠えるっっ! 『隠蔽捜査』ドラマ・スタート☆ 前節、『刑事のまなざし』も見てたので、その予告が入った時はそりゃ、喜びましたよ。署長=杉本哲太さん&伊丹刑事部長=古田新太さんのW主演☆ でも、このキャストにはちょっと吹いた^^(『あまちゃん』だからじゃないよ)
 この作品、上川さん舞台の前にも、2サスで二話まで映像化されとります。そん時は最年長ライダーな陣内孝則さん&ギバちゃんこと柳葉敏郎さん(踊るとは随分、違う警察官僚)のコンビでしたが──実は杉本さんも出てたんですよね。戸高刑事役で♪ 輝も再放送のお陰で、第二話『果断』は見てるので、何か笑えるんだよねぇ。方や、バリバリの警察官僚《キャリア》と方や、現場の刑事。当然ですが、見事に演じ分けています。
 一方の幼馴染みの(を強調する)刑事部長な古田さん。……個性派役者は間違いないけど、原作のイメージではない、かなぁ。何か、色々と違うものを目指しているのかもしれない?
 それでも、掛け合いを見ていると、十分に『隠蔽捜査』の世界観を作り上げているかと楽しみではある。そう、まぁ、楽しみではあるんだけどね。
 一人だけ、何故、いる? と思わざるを得ない人が……。生瀬勝久さん演じる上条総括審議官って──原作に、いないよな? 何本か、読んでいないの雑誌掲載の短編があるから、もしかしたら、どっかに出てるかもしれないけど、少なくとも、原作の文庫化済みの巻には出てないんだよね。オリジナル……だと思うんだけど、これがまた生瀬さんなだけに、妙に存在感がありすぎて、原作好きから見ると、変に浮いてしまって見えるのが逆に苦痛。いや、いなくてもいいでしょ、この役割、無理に振らなくてもいいでしょ、てな感じで。
 やたらと、幼馴染みコンビ(特に署長)に絡んでくるし──でも、そこで尺取るなら、新聞社の福本さんとの絡みの方とかをちゃんと、やってくれよーっ★ ってね。
 まぁ、原作未読者にはこんなジレンマみたいな感覚は無縁なのかもしれませんけどね。生瀬さん自身は好きな俳優さんだよ。去年の大河も『空飛ぶ広報室』とかも良かったよ。でも、この作品にはちょっと……。これ以上、妙な設定は作らんでほしいよ。

 薩摩男な牛島さんが『相棒』の大河内さんで、プチ・ビックリ☆ 同じリーゼントにメガネのキャリアだけど、大河内さんがオープンにしようとする監察官なのに対し、牛島さんは警察組織大事で、隠蔽もやむなし、のお方。ちょいと、新鮮でしたね。
 『相棒』キャラといえば、疾うに卒業した鈴木沙羽姉さんが署長の奥様役でした。おっきい子供二人の母親でもありますが。

 ところで、ドラマもスタートしたのに、原作文庫化の続刊が出ませんTT 毎年、一月発刊だったので、楽しみにしてたのに……。既刊本もTVシリーズ宣伝の帯がついてるから、てっきり出ると思ってたのに。何故、出ないんだー。しかも、次は第四巻。お気に作の『転迷』のはずなのにぃ。……それとも、二月?



2014年01月12日(日) 一年の総決算?

 前年は新年を迎えたと思ったら、あっとゆー間に一年が過ぎ……本当に早いものです。ま、早く感じるようになっちゃったなー、というものですがね☆ おまけに新年もあっあっとゆー間に松の内も終わり、もう中旬──困ったもんだ。
 昨年の輝は上半期下半期、どころか、下半期の半分くらいまで、創作活動では完全に低迷でした。PC&ポメラまでが調子悪かったためもありますけど、輝自身の環境やら、体調やらも宜しくなかったからでしょうね。
 そんな中でも、映画には今年もかなり行きました。歩いても行ける近場にあるのが有り難いですね。さて、2013年は何本か?

1月 『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章』 『大奥〜永遠〜』
2月 『特命戦隊ゴーバスターズ VS 海賊戦隊ゴーカイジャー』 『ストロベリー・ナイト』
3月 『機動戦士ガンダムUC episode6』 『コドモ警察』
4月 『相棒シリーズ X DAY』 『宇宙戦艦ヤマト2199 第五章』 『名探偵コナン 絶海の探偵』
5月 『相棒シリーズ X DAY』 『スーパーヒーロー大戦Z』
6月 『舟を編む』 『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章』 『二流小説家』
7月 『俺はまだ本気出していないだけ』 『真夏の方程式』
8月 『終戦のエンペラー』 『タワーリング・インフェルノ』 『仮面ライダー ウィザード & 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージカル』 『宇宙戦艦ヤマト2199 第七章』
9月 『ATARU』
11月 『SPEC 結〜漸の章〜』
12月 『SPEC 結〜爻の章〜』 『ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE』 『清洲会議』

 えー、『相棒』は二回観賞、『ライダー&キョウリュウジャー』は二本立てなので、作品数とするなら、26本……去年の20本を軽く越えました。まぁ、『ヤマト』で数稼いだ感もありますがね。
 でも、見ての通り、観賞なし、もしくは一本しか見ていない月もあります。それが9〜11月って……まんま、執筆を再開し、復活しかけていくのと完璧に重なるんですよね。
 書けない頃はせめて、映画くらいとか、刺激も欲しくて、行ってたところもありますからね。それにしても、我ながら、見事なくらいに判りやすい傾向☆
 もっとも、書くようになった後の12月も案外、凄い。師走だとゆーのに、ほぼ週一^^; 一月に入ってからも、既に一本観てますし。

 傾向と対策? 邦画とアニメですねぇ。今年は洋画が二本だけ、しかも、一本はリバイバル作品で、もう一本は日米合作で、日本語も普通に飛び交ってました★
 特撮も結構、観るけど、まぁ、当たり外れはありますかね。『VS』と戦隊単体は短いけど、中々、面白かった。特にTVは見ていない『ライダー』が思いの外に★ 詳しくは当時の日誌参照。
 でも、特撮ヒーロー勢揃いの『大戦』は……初めてだったけど、ヒーロー多すぎて、今一だったかな。殆どが変身後の姿しか出てこないから――戦闘シーンはそりゃ、迫力もあるし、お子さま方は喜ぶのかもしれないけど、ああも一方的になるのはどーかと;;; 敵方にも色々あったり、時には戦隊のメンバーとも当然、ぶつかり合ったり、逆に心の交流も垣間見せたり……そんなドラマがどうしたって、描けるわけがない。
 総ヒーロー夫々の必殺技、同時炸裂!! にはちょっと、引きました。さすがにお子さまにアレ見せつけたのは、やりすぎじゃないかなー、と心配になりましたよ。
 ヒーローのコラボは好きだけど、ある程度、数を絞り込むべきですね。
 コラボといえば、アニメでの『ルポンVSコナン』――『ルパコナ』は最初のTVスペシャルから、巧いこと話を組み立ててましたね。よもや、時代も舞台も違っていたはずの二作品が両立するとは正に目から鱗。

 TVドラマの続編も多かった。『ATARU』は映画だから、というわけではなく、長編物として、スッキリ纏めていました。映画だからと言うことでは世界まで舞台を広げたことくらいですか。
 『SPEC』は……頑張って、最後まで追っかけはしましたが、よもや、あんな方向に話が進むとは全く予想もできず;;; 警察物といえるのかね? 一応、前作に当たる昔々の『ケイゾク』も見てましたが、昔すぎて、細かいところは当然、覚えておらず(再放送してたけどね)、特にレンタルとかでの復習もしなかったけど――今回の映画の最後の最後で突然、飛び出した「アサクラ」って、何? 誰?? と疑問に思っていたのですが、数日後、それこそ突然、思い出しました。『ケイゾク』に出てたよね、アサクラって。
 もっとも、それ気付いたところで、じゃあ、何者よ? という疑問が解けるわけではないのだけど。

 『相棒』スピンオフ作品『X DAY』――輝一押しのイタミンこと伊丹憲一刑事主役なので、二回観しました。一年を待たずに、TV放映されたのには驚きましたがね。
 現実化しても不思議ではなさそうな事態を巡り――その真実は知ることはなくとも、自分に出来ることにはしっかりと向き合っていこうとする姿勢は見事でした。僅かに揺らいだのが、まさかのアノ刑事部長がイタミンに「頼む」と縋りつくとゆー★
 まだ三浦さんもいたしねぇ。シミジミ……。

 今年の一本目は『利休にたずねよ』でした。『永遠の0』も観たいし、『キョウリュウジャー VS ゴーバスタターズ』も控えているので、中々、大変です。
 そんなこんなでの創作活動は現在ではそのカラフルな奴ら『キョウリュウジャー』のお陰で、結構、書くことは書いてます。もっとも、簡単お手軽なPixivにばかり、上げていて、サイト向けが止まってますけどHtmlにするとはソフト使っても、それなりに面倒。まぁ、地道にやっていこうかと。
 書ける限りは書き続けていきたいですからね。ただ、夏の体力に全く自信がなくなったので、夏コミの申し込みは見送ります。夏行けなければ、冬の申込書も買えないので、冬もいいとこ一般参加となると、もう、サークル参加は難しいのかな、と。
 それだけに、ネットでの活動だけでも、もうちっと続けたいものです。


 <Prev  INDEX  Next>


輝−Hikaru− [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加