みのるの「野球日記」
==すいません、ちょっと宣伝です==

●『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)

新刊が発売になりました。
しらかし台中(宮城)の猿橋善宏先生の
指導法などが掲載されています。
詳しくは、大空出版HPをご覧ください。
http://www.ozorabunko.jp/book/gungun/

●『グラブノート』(日刊スポーツ出版社)
BBA梅原伸宏さんのグラブ本。構成を担当しました。
親指かけ・小指かけの結び方、グリスの入れ方など、
グラブをよりよくするための方法が書かれています。

*ツイッター始めました
@mino8989 です。

2007年10月28日(日) 慶應義塾、関東ベスト8進出


★秋季関東大会1回戦

常磐 000001000|1
慶應 21100002/|6

「少し、腕が下がったかな?」
 1回表、慶應先発・田村のピッチング練習を見て、そう思った。秋の県大会よりも、腕の出所が少し下がっている。
 リリースの角度を変えた田村は安定していた。県大会で見られた力みは、ほとんど見られず、変化球を中心に安定したピッチングを披露。5安打9三振で完投勝利を収めた。

「リリースだけに力を入れることを目指してきたら、腕が少し下がりました」と田村。意識して下げたというよりは、気持ちよく腕を振れる角度が見つかったということか。「力まずに、勝つピッチングをしたい」と続けた。
 今大会は背番号10だが、「只野(エース番号)は自分から見てもいいピッチャー。信頼しています。二人で勝ちたい」。試合中には、二人で笑顔で会話をするシーンも見られた。

 田村は中本牧シニア出身。「中本牧から慶應にくるのは自分が初めてだと思います」。練習が厳しい中本牧では、勉強との両立が難しいという。それでも、「野球と勉強を両立しなさい」という父親の教えのもと、勉強にも力を入れて、慶應の受験に成功した。志望理由は「文武両道に惹かれて」だ。

 次は宇都宮南。勝てば、センバツが見えてくるが、田村はその先も見据えている。「決勝で横浜とやりたいです」。秋の県大会決勝は、身体の状態が万全でなく、登板を見送った。それだけに、決勝での敗戦に悔しさが残る。
 横浜のエース土屋とは中学時代に何度も対戦している。土屋は富士シニアのエースとして活躍していた。「中学時代は、勝っていたんですけど、高校に行ったら…。意識? 正直、結構してますよ」。土屋と田村は、今年の神奈川を代表する左腕。それだけに、ライバル意識を持っている。

 あさっての宇都宮南。エースは右サイド。慶應が伝統的に苦手とするタイプだが…、はたしてどんな展開になるか。
 

 敗れた常磐のエース田中。なかなか面白いピッチャーだった。立ち上がりを攻められ、3回までに4点をうしなったが、左バッターの外角に投じるカーブ(スライダー?)が絶妙のコントロール。カウントも取れるし、見逃し三振も取れる。ボールゾーンからストライクゾーンに落ちてくる効果的なボールだった(主審のストライクゾーンが広くて、打者にはかわいそうな面もあったが…)



2007年10月26日(金) 「中学軟式野球」で見る秋の高校野球(3)

 四国地区では、明徳義塾中出身の南野(のうの)―松村のバッテリーが、明徳義塾高のバッテリーとして活躍している。県大会準決勝では高知中央高を7−0の完封勝ち。決勝では高知高を6−2で下し、優勝を飾った。
 中学時代は2005年全中優勝。南野は中山(現・明徳義塾)との二枚看板を形成していた。松村は強肩が目立っていたキャッチャー。決勝でしらかし台中を破っている。
 明徳義塾中出身のバッテリーが、高校でもレギュラーバッテリーを組んでいるのは、嬉しいこと。鶴川(亜大)−筧(オリックス)以来ではないだろうか。

 九州地区。鹿児島県を制したのは鹿児島工業。エースで5番を任されているのが、鹿児島市立鴨池中出身の内村だ。内村は2005年の全日本でベスト8に進出。個人的には「大会ナンバー1」といっていい、右の本格派だった。
 鹿児島工業では1年夏に外野のレギュラーを奪い、甲子園でも活躍。秋からは本格的にピッチャーを始めたが、なかなか結果が出なかった。本人は、「硬球を投げるとスライダー回転してしまう」と悩んでいたが。
 この秋はストレートで押すピッチングが復活し、準決勝で神村学園に3失点完投勝ち。決勝では樟南を8−3で下した。

 大分を制した明豊高では1年生バッテリーが活躍している。明豊中出身の今宮―阿部だ。二人は、昨夏の全日本少年に出場。初戦で上溝中の奇策、ホームスチールに敗れたが、今宮の速球と阿部の強肩は横浜スタジアムで光っていた。



2007年10月25日(木) 「中学軟式野球」で見る秋の高校野球(2)

(1)で書き忘れたが、青森大会で昨夏の全中優勝投手、二戸市立福岡中出身の下沖が存在感を見せた。現在、光星学院の1年生。秋の初戦、ライバル・青森山田高戦で先発し、9回途中まで1失点の好投を披露。チームは1対2で敗れたが…。全中では130キロ台を連発していただけに、これからの成長に期待したい。

 東海地区では、静岡の代表3校で軟式球児が頑張っている。優勝した常葉菊川高の正捕手は1年生の栩木。浜松市立天竜中の出身だ。秋の御殿場交歓会で初めて見たとき、その強肩に惚れた。今夏の甲子園で1年生ながらベンチ入りを果たすなど、期待大の選手である。
 投手陣の一角を担っているのが萩原。こちらは昨夏、掛川東中のエースとして全日本少年軟式野球大会に出場している。

 静岡準優勝は東海大翔洋高。エースは左腕の望月。東海大翔洋中の出身である。小柄な身体を目一杯使う豪快なフォームが特徴で、2年前の全日本で準優勝を果たした。望月の試合は5試合以上見ているので、思い入れの強いピッチャーの一人だ。
 
 静岡3位は常葉橘高。ここでは、昨夏の全中で144キロを記録した、常葉橘中の庄司がエースに成長。3位決定戦では島田商を完封した。
 また、当時ショートで活躍していた藤沢もレギュラーとして頑張っているようだ。確か、180センチ近い身長があった藤沢。中学関係者の中には、「将来性では、藤沢のほうが楽しみ」という声もあったほど。大器です。

 三重の優勝は宇治山田商。エースは今夏の甲子園も経験した平生。出身は、小俣町立小俣中学校である。いつも取材で御世話になっている、濱口先生の教え子。中3の夏は三重県大会を制し、東海大会第三位に入っている。当時から「三重県ナンバー1投手」の呼び声高く、「ピッチャーとしては江川(ソフトバンク)よりも上」の声があったほど。甲子園では制球難で打ち込まれてしまったが…、悔しさをバネにさらなる飛躍に期待!

 すでに開幕している近畿地区では、郡山高のエース大江に注目。昨夏、奈良・広陵町立真美ヶ丘中学校のエースとして全中ベスト8に進出。変化球の出し入れができる絶妙なコントロールと、頭を使ったピッチングができるクレバーさが目立っていた。当時から、「郡山高校に行きたい」と話していたが、1年秋からはやくもエース。先週、綾羽高校に4−2で勝ち、センバツに一歩近づいた。
 なお、真美ヶ丘中のキャッチャー西山のスローイングも抜群だった。西山は天理高校へ進学している。




2007年10月24日(水) 「中学軟式野球」で見る秋の高校野球(1)

 全国各地で高校野球の秋季大会が行われている。来春センバツの重要資料となる大事な大会だ。中学時代を生で見ていたり、ウワサで聞いていた選手が、多数活躍している。嬉しい限り! 

 東北地区では、東北高校が聖光学院を破り、優勝を決めた。東北高校のエース左腕、萩野は仙台市立館中出身。「館中の萩野すごいよ!」と、しらかし台中の猿橋先生に教えてもらったことを今でも覚えている。宮城選抜でエースを務め、夏の中体連では準決勝(準々決勝?!)進出。しらかし台中に負けてしまった。
 このとき、しらかし台中の正捕手を務めていた鈴木も東北高校へ進んでいる。秋の大会でベンチ入り。レギュラー目指して頑張れ! しらかし台中は全中準優勝を果たしたが、二枚看板の一人、長谷川が利府高校でエース。ショートをやっていた佐藤が古川学園でレギュラーをつかむなど、それぞれの高校で活躍している。

 東北高校に敗れた聖光学院には、仲田という小柄な右ピッチャーがいる。今夏の甲子園でも登板を果たした。彼は、東京・足立区立第九中の出身。中学時代は福士(浦和学院)に次ぐ、二番手だった。仲田を初めて見たのは確か1年生だったが、バランスのいいフォームに一目ぼれ。「彼、いいじゃないですか! 名前、何っていうんですか?」と、当時の監督、永田先生に話していた。
 いろんな縁があって、自らの意志で聖光学院に進んだそう。投手陣の層が厚い聖光学院だが、「エース」の座を勝ち取ってほしい。
 なお、仲田がいたときの足立九中は全中ベスト4。当時の主将・中島は日大三高に進み、主将を務めている。秋は負けてしまったが、春以降の巻き返しに期待。

 東京では、早実、関東一、東亜学園、国士舘がベスト4に残っている。
 国士舘は、エース左腕の丸山が軟式クラブ・小平クラブ、キャッチャーの井上が相模原市立東林中の出身である。3年前に小平クラブの取材に行った際、「うちの左のエースが国士舘に行くんだよ。楽しみにしておいて」と、小平クラブの井上監督から聞いていた。国士舘では1年夏からベンチ入りを果たし、今はエースとして活躍している。
 キャッチャーの井上は、川崎北高・佐相先生の東林中時代の教え子。2年生まで、佐相先生に教わっていた。いつも怒られていた印象があるけれど…。当時のショート松下が、いま川崎北のキャプテン。ちなみに井上も国士舘のキャプテン!

 関東地区では、栃木代表の佐野日大。1番ライトの板倉が小山市立第三中、エースの出井が壬生町立壬生中で、夏の関東大会に出場している。出井は当時から130キロを超える逸材として注目されていた。
 板倉は、よ〜く御世話になっている栃木南中の板倉茂樹先生の息子さん。ということもあり、中1の頃からプレーを見ている。お父さんの英才教育のおかげか(?)、素晴らしいバッティング技術を持っている。そして、努力の虫。中学でも高校でも、誰よりもバットを振っているのが彼だ。中2のとき、手を見せてもらったが、有り得ないほどゴツゴツしていた。関東大会で今夏に続く、2季連続甲子園を狙う。



2007年10月23日(火) 本のメモ(1) 『指導力 清宮克幸・春口廣 対論』

 読んだ本の内容をどんどん忘れていってしまうため(超重要なことは覚えていますが)、気付いたこと、感じたことを日記に書くようにします。自分のメモ代わりに。

 最近読んだのは、『指導力』(松瀬学著 光文社新書)。早稲田大ラグビー部・清宮克幸監督、関東学院大ラグビー部監督・春口廣監督の対論。そのため、非常に読みやすい。が、前半部分は大学選手権の決勝の話が続くので、試合を見ていないときついかも…(ぼくもきつかった)。中盤以降は指導理論やラグビーの将来が語られている。

 この本は、だいぶ前に「ブックオフ」で、400円で買ったが、なかなか読むモチベーションが上がらず…。最近、ようやく読み始め、一気に終えた。

 印象に残ったのは次の2つのこと

<1>
 春口監督が、「反省は試合が終わって、一日経ったら、意味が違ってくる」と言うと、
 清宮監督は、「日にちが経つと、メンタルの反省ができない。日にちが経つと、テクニカルにいってしまう。気持ちの部分にはいかないんですよね」と語っている。

 なるほどな、と。確かにそうだな、と。
 負けたときの悔しさや気持ちの弱さは、時間が経つほど薄くなっていく。「鉄は熱いうちに打て」ではないけれど、気持ちの反省は負けた直後が、一番効果がありそう。たぶん、多くの指導者が感じているとは思うけど、改めて言われると、「そうだな」と。


 話が逸れるのか、つながっているのか分からないが、先月、取材に行った中学校で面白いことがあった。「スクイズ10本連続成功」で練習が終わるという設定で行われたが、スクイズがなかなか決まらない。たぶん、10回近く続けただろう。それでも、決まらない。選手からは「気持ちだ! 気持ち!」の声が飛ぶ。

 それを見ていた先生が、部員を集め、ミーティング。「何で成功しないと思う?」の問いかけに、「気持ちが弱いからです」と部員。「ほんとに?」と改めて聞くと、「下手だからです」。そこで、先生は「そうだろう、技術がないからだろう。だから、普段のバント練習から目的意識を持ってやらないといけないんだよ」と。

 何かができなかったり、失敗したとき、その原因を「気持ち」や「心」に求めてしまうことが多いような気がする。見ていると、気持ちよりも、技術が足りないことのほうが多いのに。確かに気持ちも心も大切だけど、「いま、自分に何が足りないか」、しっかりと見つめて欲しいなぁ、と思ったり。

 以前、刈谷東中の木野先生が、「心も大事だけど、技術が伸びないと、心も成長していかない。心のことばっかり言っていても、成長しない。だから、指導者は技術もしっかりと教える必要がある」と話していた。まさに、そのとおりだな、と。

<2>
 サッカーの指導マニュアルの話になり、サッカーは6歳や7歳向けのマニュアルがすでにある。そこで、清宮監督は、
「どうやったら、『集まれ』と大声を出さなくても、子どもたちが話を聞くのかが書かれている。コーチが話をするとき、子どもをボールの上に座らせると、話を聞くようになるそう」

 ボールが転がっているから、ボールと遊ぶ。でも、ボールの上に座れば、転がるボールはない。だから、話を聞く、という理屈だろうか。
 これを読んでびっくりした。自分は小学校1年のとき(話が古い?)、サッカーをやっていたが、「ボールの上に座るな!」と教えられた。サッカーで覚えているのは、このことしかないぐらいだ。それなのに、わざわざ、ボールの上に座らせてしまうとは…。

 これを野球にたとえると、どんなことだろうか。大声を出さなくても、集まる方法は…。「名将」と呼ばれる指導者の方々は、自分なりのテクニックを持っていそう。




2007年10月22日(月) 慶大・加藤ミッキー

 先日、慶応大学・加藤幹典投手の取材に行ってきました。取材は夕方から。練習後、昼寝をしていたそうで、少し眠そうな加藤投手。最初はローテンションでしたが、徐々に口が滑らかになり、プロへの思いや自身のピッチングスタイルなど、語ってくれました。
 
 2週間前の慶大―法大戦ではさんざんなデキでした。ネット裏から見ていて、明らかにおかしい。ストレートは逆球が多いし、変化球はワンバウンドの連続。「ケガをしているのかな?」と思ったほどでした。
 直接聞いてみると、「バッティング練習を続けているうちに、左手の親指のつけねを痛めてしまった」とのこと。そのため、「握力が思うように入らず、変化球はまったくダメだった」と話していました。東大戦も、明大戦も、同じような状況だったそう。
 変な話ですが、それを聞いてちょっと安心。
 フォームを微妙に変えている影響もあるようですが。

 法大戦後はバッティング練習をやめて、早慶戦のために調整しているようです。もともと、「早慶戦」の雰囲気に憧れて、慶大を志望した加藤投手。今週末が、大学野球人生、最後の早慶戦になります。
 これまでの成績は、
12試合5勝3敗 71.1/3回 防御率 3.15
 (自分で調べたので、正確かどうかは不明)
 最後にどんなピッチングを見せてくれるか、楽しみです。



2007年10月09日(火) 第8回愛知トレーニング交歓会のお知らせ

 毎年12月に行われている愛知トレーニング交歓会の要綱が決まりました。今年は12月23日から2日間、愛知県刈谷市で開催されます。

<12月23日>
1.交歓会
(1)岡崎地区実行委員による提案
(2)相田慎先生(静岡・菊川西中)
    細江中、岳洋中で全中出場経験あり

2.研修会
(1)野田喜紀先生(滋賀・八幡中) 中部日本大会に出場して
(2)久保隆則先生(兵庫・住吉中) メンタルトレーニングについて


3.懇親会

<12月24日>
1.講演会
 山口永介先生(三重・南勢中) 捕手を軸にした、私のチーム作り

2.研修会供淵董璽淙霧修会)
 A:オフェンスの部屋
 B:ディフェンスの部屋
 C:ピッチング指導の部屋
 D:バッティング指導の部屋
 E:チーム作りの部屋
 F:基礎的な野球指導の部屋
 G:メンタルトレーニングの部屋
 (*上記から選ぶことができます)


 今年の講師陣はかなり豪華です!
 相田先生、野田先生、久保先生、山口先生…、みなさん、理論も実績も豊富な監督さん。『中学野球小僧』にも出ていただいております。どんな話が聴けるのか今から楽しみです。

 興味のある方は、ご参加ください!
 愛知でお会いしましょう!

 申し込み方法等、詳細は以下のHPから
 ↓
 http://sports.geocities.jp/aichitre2006/


 < 過去  INDEX  未来 >


みのる [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加