みのるの「野球日記」
==すいません、ちょっと宣伝です==

●『中学の部活から学ぶ わが子をグングン伸ばす方法』(大空ポケット新書)

新刊が発売になりました。
しらかし台中(宮城)の猿橋善宏先生の
指導法などが掲載されています。
詳しくは、大空出版HPをご覧ください。
http://www.ozorabunko.jp/book/gungun/

●『グラブノート』(日刊スポーツ出版社)
BBA梅原伸宏さんのグラブ本。構成を担当しました。
親指かけ・小指かけの結び方、グリスの入れ方など、
グラブをよりよくするための方法が書かれています。

*ツイッター始めました
@mino8989 です。

2005年12月16日(金) 初の大リーガー取材!

 六本木プリンスホテルに行ってきました。カージナルスの田口壮選手の取材です。
 初の現役大リーガー取材だったので、結構びびっていたんですが、田口選手はとても誠実な方でした。受け取った名刺を机の上に丁寧に並べていたし、『野球小僧』も随分熱心に読んでいたし、こんな若造の目を見て、質問に対する受け答えをしてくれました。

 今回は『野球小僧』と『中学野球小僧』のダブル取材でした。
『中学野球小僧』では野球を始めたきっかけから、中学時代、高校時代、さらにはプロ入りしてすぐに味わったイップスの話まで、丁寧に語ってくれました。
 多分、現在の活躍しか知らない中学生もいるかもしれませんが、田口選手はアマチュア時代、名ショートとならし、プロ入り当初もショートでした。が、ショートからのスローイングイップスに苦しみ、外野に転向。そこから、現在の活躍に至るというわけです。

 イップス克服法について、田口選手は「周りの力、手助けが必要」と言っていました。
 たとえば、キャッチボールひとつにしても、大事になるのは受け手。大きく構えてあげること。もし投げ手が暴投したとしても、怒らない。「いいよ、おれが捕れなかったのが悪かったよ」と声をかけてあげるだけで、投げ手の気持ちはかなり楽になると。それが、「ここしか捕らない」という感じで、小さく構えられると、余計投げられなくなると。そんな話をしていました。

 聞きながら、フトこんなことを思いました。
 中学、高校、もちろん大学もプロも怖い先輩っていますよね。先輩―後輩でキャッチボールを組んだとき、後輩が暴投すると、露骨にイヤな顔をする先輩…。これで、スローイングが狂ってしまう選手がいるんですよね。
 トスバッティングのときに、先輩―後輩ペアで「暴投できないというプレッシャーから投げ方がおかしくなってしまった」という某先生は、その経験を生かし、指導者となった今、キャッチボール、トスバッティングともに3年生―3年生、2年生―2年生というように同学年で組ますと言っていました。
 もちろん、試合ではこんな甘いことは言っていられないので、キャッチボールは毎日違うペアでやらせる、先輩も後輩も関係ないという考えのチームもありますけど…。

 イップスというと自分自身の内面や技術に改善策が向けられることが多いですが、今回の田口選手の「周りの力が必要」という言葉には、ハッとさせられました。
 もし、スローイングで悩んでいる選手がいたら(特に、思い切り投げるのが怖いとか、暴投が怖いとか)、受け手の選手の心遣い、気遣いで変わるかもしれません。



2005年12月10日(土) 2005 日本中学生野球フォーラム

 千葉ロッテマリーンズの室内練習場で開催された「2005日本中学生野球フォーラム」へ。

 毎年12月第2週に行われる指導者講習会で、ここ2年の講師は佐相眞澄先生。今年の講師は東海大翔洋中の弓桁義雄先生でした。
 講習会の主な内容は、姿勢や目線の大切さ、キャッチボール、おもちゃを使って覚える野球の動き、三塁エンドランの仕組み、などなど。
 三塁エンドランに関しては、「打者の●を見たら、三塁ランナーはスタートを切る」など、翔洋中の方法を完全に披露していたのが印象的。防ぎ方については、「みんなで考えましょう」と言っていましたが(笑)。

 弓桁先生と話をしていると、よく話題にのぼるのが姿勢について。この日も話をしていたが、「とにかく目線を上げること(=前を向く)。それで姿勢もよくなる」という。
 猫背の子はだいたいが、目線が下を向いていることが多い。そうなると、体が本来持っている動きができなくなり、軸も作りづらい。
地面ばっかり見て、歩いている子っていますよね…。自分も猫背なんで、あまり大きな声では言えませんが…。

 以前、弓桁先生は「たとえば、ピッチャー。マウンドでロジンをつけ終わって、ロジンをマウンドの横に落とす。ここから、『さぁ、いくぞ!』と自分に勢いをつけるように、目線をキッと前に向かせる。これだけでピッチングが変わります」と話していたことがあった。目線が上がるということは、背筋も真っ直ぐになりやすい。

 ある先生は、「胸に目がついていると思って、人と接すると、背筋が伸びる」と話していた。試してみると結構、納得。
 
 昼食をはさんで、午後からはプロ野球OBクラブによる講習会。
 キャッチャーを教えていた元巨人の淡河弘さんが、「キャッチャーのスローイングは右足を地面から離さないこと。これがポイント」と話していた。
 じつは、これは、今回の『中学野球小僧』の取材で、玉城中の山口永介先生もスローイングのポイントに挙げていたこと。初めて聞いたことだったので、新鮮な驚きがあったが、キャッチャーのスローイングでは基本?!

 山口先生は、「うまい内野手を見てると分かる。うまい選手は、絶対に右足を地面にすらして投げる。地面から離れてしまう選手は、高低に送球がぶれている」。
 それを聞いて、内野手の動きを見ると、確かにうまい選手はすらして投げている。スローイングの肝は右足にアリ…と、思ってみたり…。



2005年12月06日(火) 『中学野球小僧1月号』は12月10日発売!

『中学野球小僧1月号』が12月10日に発売されます。
 注目の表紙は、
 http://www.byakuya-shobo.co.jp/kozo/
 をチェック!
 何だか、笑える表紙です。

 是非、書店でお買い求めください!

========

<特集1>100歳まで野球を続けよう!
     野球小僧のハローワーク2006


[提言]
野球王国に生きる
70歳を目前にして今も現役「野球人」!
佐山和夫(ノンフィクション作家)

[プロ選手編]
200勝サウスポー・工藤公康(読売ジャイアンツ)
プロ最年長投手はストレート真っ向勝負!
データとトレーニングから探る「太く短い」野球人生

[プロ選手編]
野球上達のための川相塾<第6回>
 現役選手は「ノンストップ・ベースボール」!
プロ最年長野手の源は猛練習と「川相ノート」

[職業ガイド編]
野球小僧のハローワーク2006
100歳まで野球を続けるための野球関係職業リスト
 100歳まで野球を続ける勢いがある13人を直撃!

★中学野球指導者(元プロ野球選手)
 南渕時高(奈良・ヤングパドレス監督)

★中学野球指導者
 新庄広(神奈川・横浜市立生麦中学校監督)

★高校野球指導者
 松本稔(群馬・群馬県立前橋高校監督)

★大学野球指導者
 田中洋(愛知・愛知学院大学監督)

★社会人野球指導者
 田中伸樹(東京ガス)

★アマチュア野球審判員
 國定薫(東京六大学野球連盟)

★アマチュア野球公式記録員
 梅沢一夫(東京六大学野球連盟)

★プロ球団スコアラー
 宮里太(横浜ベイスターズ)

★プロ球団広報
 梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ)

★新聞記者
 稲崎航一(朝日新聞社)

★カメラマン
 田口有史

★バット職人
 久保田五十一(ミズノ株式会社)

★図書館司書
 小川晶子(野球体育博物館図書室)

[情報編]
永遠の現役プレーヤーたちの戦い
 マスターズリーグとプロ野球OB会

[歴史編]
人類の中でも最も球を投げた男
 サチェル・ペイジ

[メジャーリーグ編]
50歳の現役プレーヤーもいる!?
 メジャーリーグのベテラン選手たち

<特集2>中学球児のための高校野球準備講座
     1年春からレギュラー争いに加われ!


[高校3年生編]
スーパーアスリート
 鈴木将光(石川・遊学館高校→広島東洋カープ)

[高校3年生編]
超高校級キャッチャー
 荒川雄太(神奈川・日本大学高校→福岡ソフトバンクホークス)

[高校1年生編]
2005年、夏の甲子園準優勝投手!
 本田拓人(京都・京都外大西高校)

[高校1年生編]
2005年、夏の甲子園で投打爆発!
 中田翔(大阪・大阪桐蔭高校)

[現場指導者編]
鍛冶舎巧(オール枚方ボーイズ監督)
 上級生のライバルたちに追いつけ追い越せ!
高校1年春から勝負できる最強トレーニング

[元プロ選手編]
江藤省三(ジャパン・ベースボール・アカデミー理事長)
 高校入学までムダにするな!
硬球に対応した体の動きを作ろう

[ドラフト指名選手編]
シニアの無名投手が都立高校からプロへ!
 高江洲拓哉物語
〜最高の舞台で最高の球を

<特集3>中学野球テクニカル
     真冬の実戦! 春に花咲く強化練習メニュー


【走塁&盗塁編】西岡剛(千葉ロッテマリーンズ内野手)
走る意欲を持てば野球が面白くなる!
盗塁王・西岡剛(千葉ロッテマリーンズ)の走塁&盗塁教室
「盗塁は個人記録だけど、とても大切なチームプレーです」

【打撃編 枩通攴┠(東京・開成高校監督)
野球界の常識を破る驚異のバッティング
「正面衝突理論」で長打を飛ばせ!
弱小チームこそパワーをつけて1回10得点を狙おう

【打撃編◆枩郷緝匚圈憤γ痢幸田町立北部中学校監督)
振る力をつけてからトライしよう!
自分の構えで強烈なインパクトを生み出せ
君はどっちだ?「アメリカタイプ」と「日本タイプ」

【投手編】今関勝(フィットネスアポロ社)
元プロ投手が伝授する「目からウロコ」の理論
両目の動きでピッチングが変わる!
体にやさしいフォームとコントロールを得る秘策

【捕手編】山口永介(三重・玉城町立玉城中学校監督)
高校野球へとつながるキャッチャー講座・2
スローイング上達はピッチャーへの返球から
キャッチャーフライを確実に処理できるコツも伝授!

【キャッチボール編】木野昌孝(愛知・刈谷市立刈谷東中学校監督)
全中出場監督が今こそ提唱する
実戦即対応! 技術と心を作るキャッチボール
「100球キャッチボール」でチーム力を磨こう

【守備編】斉藤渡&塚原啓介(長野・松本南リトルシニア監督&コーチ)
相手より1点多く取って守り勝つ野球
中学硬式日本一に輝いた鉄壁守備に学べ
プロ注目投手の秘密トレーニングも大公開

【実戦編】新庄広(神奈川・横浜市立生麦中学校監督)
冬場に実戦感覚を磨く野球部を直撃
工夫満載! 反対ソフト・手投げ野球・生麦リーグ
真剣勝負を楽しんで強くなるイベント型練習法

【トレーニング編 枌羮絏輅検癖叱法高砂市立松陽中学校監督)
春のユニフォーム姿が見違える
一冬で大きくなる完全トレーニングメニュー
常識破りの週休2日で心も体も強くなれ!

【トレーニング編◆枸花龍司(コンディショニング・ディレクター)
鍛えた筋肉を野球に「変換」してこそ成果!
野球がうまくなるための筋力トレーニング講座
やる前の意識とやった後の運動で成果アップ

【ランニング編】金哲彦(ニッポンランナーズ理事長)
全身を鍛えられるパーフェクトな運動
ランニングはキレイなフォームと笑顔から
軽やかに速く走れる魔法のエクササイズ付き

【道具編】ミズノ株式会社/石原創(北海道日本ハムファイターズ・コンディショニング担当)
いいプレーはいい足元から!
キミは足の指をしっかりつかえているか?
地面をしっかりつかんで安定したプレーヤーになろう

<中学野球大会&イベントレポート>
第7回高砂市招待中学校軟式野球交流大会
球団創立70周年タイガースカップ2005
第35回日本少年野球関西秋季大会<ボーイズ>
リトルシニアリーグ各連盟秋季大会
中学硬式リーグ情報(ヤング/ポニー/ジャパン/フレッシュ/サン)




2005年12月05日(月) 第2回よさこいリーグ中学校軟式野球大会

 12月に入り、高校野球は対外試合禁止となるオフシーズンとなりました。
 しかし! 中学野球は季節関係なし。寒かろうが、大会をやっています。神奈川では今日から湘南カップ開幕。そして、高知では、12月26日から3日間、「第2回よさこいリーグ中学校軟式野球大会」が開催されます。

 12月26日って!! 
もう完全に冬、正月モードなんですけど…、そんなときに野球ができるのでしょうか。
 大会を運営する明徳義塾中の狭間善徳先生は、「全然、余裕ですわ。高知は12月でも暖かいですよ」とのこと。ほんとですか…。さすが、四国。

 大会は高知球場や明徳義塾高校の野球場などを使い、3日間に渡り、交流試合を行います。参加は以下の通り、県外14チーム、県内11チームの計25チーム。

<県外>
宮崎・三股町立三股中学校
宮崎・都城市立庄内中学校
熊本・竜北町立竜北中学校
長崎・諫早市立喜々津中学校
福岡・福岡市立高宮中学校
山口・下関市立豊洋中学校
岡山・金光学園中学校
京都・西京ビックスターズ
京都・オール淀川クラブ
滋賀・NBJ滋賀選抜クラブ
和歌山・和歌山市立東中学校
愛知・緑クラブ
富山・富山市立呉羽中学校
徳島・小松島市立小松島中学校

<県内>
明徳義塾中学校
高知県立高知南中学校
高知市立一宮中学校
伊野町立伊野中学校
高知県立安芸中学校
高知中学校
土佐市立土佐南中学校
高知市立介良中学校
高知市立旭中学校
高知市立愛宕中学校
土佐塾中学校

 県外からは宮崎の名門・三股中、徳島の強豪・小松島中など、錚々たるチームが参加します。
 といっても、神奈川に住む自分にとっては、聞きなれないチームもあり…。どんな指導者が率いているのかも、ほとんど分からず。日記を読んでいる方で、「このチームが面白い!」とか「ここの先生は熱い!」とか、ご存知の方がいましたら、ぜひ教えてください!

 迎えうつ地元の高知勢は、こちらも明徳義塾中、高知中、一宮中など、県内の強豪ばかり。高知は、シニア、ボーイズなどの硬式リーグがほとんどないため(ゼロ?!)、野球をやる中学生は必然的に軟式野球部に入部。そのため、めちゃくちゃレベルが高く、身体能力の優れた選手が多い地域なんです。

 そんなわけで、年末は高知へ行ってきます!



2005年12月03日(土) 最近読んだ本…重松清にハマり中

 御殿場招待試合から帰ってきて以来、体調を崩してしまい、プチ引きこもり気味です。4年か5年近く、熱が出ていないのがちょっとした自慢だったんですが、今回でアウト! みなさんも、風邪には気をつけましょう!
 
 さて、今年も残り1ヶ月。
 自分の頭を整理する意味もありつつ、最近読んだ本をまとめてみました。相変わらず、小説が多い。

『声をなくして』               永沢光雄 晶文社
『誰でもたちまち130キロが打てる武術打法』 小林信也 草思社
『ジョッキー』                松樹剛史 集英社文庫
『11文字の殺人』              東野圭吾 光文社文庫
『さまよう刃』                東野圭吾 朝日新聞社
『流星ワゴン』                重松清  講談社
『疾走(上・下)』               重松清 角川文庫
『ナイフ』                   重松清  新潮文庫
『ビタミンF』                 重松清  新潮文庫
『熱球』                    重松清  徳間文庫
『口笛吹いて』                 重松清  文春文庫
『定年ゴジラ』                 重松清  講談社文庫
『エイジ』                   重松清  新潮文庫
『サウス・バウンド』              奥田英朗 角川書店
『和田の130キロはなぜ打ちにくいか』     佐野真 講談社現代新書
『運動神経の科学』              小林寛道  講談社現代新書
家族狩り第一部『幻世の祈り』         天童荒太  新潮文庫
家族狩り第二部『遭難者の夢』         天童荒太  新潮文庫
家族狩り第三部『贈られた手』         天童荒太  新潮文庫
家族狩り第四部『巡礼者たち』         天童荒太  新潮文庫
家族狩り第五部『まだ遠い光』         天童荒太  新潮文庫


 ご覧のとおり、重松清にハマりました。今まで気になる作家だったんですが、なぜか知らないけど敬遠していて、でも読んでみると、これが面白い。登場人物の心情を表す描写がうますぎ。非常に参考になります。小説のテーマも身近なものが多くて、「こんなテーマでも小説が書けるんだ」と衝撃でした。あんな小説を書いてみたい…。

 天童荒太の『家族狩り』にも衝撃を受けました…。題材が重い!

 野球に関する本は、『誰でもたちまち130キロが打てる武術打法』、『和田の130キロはなぜ打ちにくいか』の2冊だけ。どちらも勉強になりました。
来年はもっと野球の本を読まねばと思っていますが、本屋に行くと、ついつい小説に手が伸びてしまいます。

とりあえず、今は『野村ノート』が読みたい。しかし、定価で買うと高い…。



2005年12月02日(金) 午睡=昼寝

 夕方のニュースをボ〜ッと見ていたら、昼休みに午睡(=昼寝)を導入している福岡県立明善高校の取り組みを特集していました。

 高校のHPから抜粋すると…、
http://meizen.fku.ed.jp/zennichi/index_zennichi.html

 昼休み(12時55分〜13時40分)のうち、13時15分から13時30分までの15分間を午睡タイムと位置づけ、BGMとしてモーツァルトの曲を流し、午睡を実施しているという。午睡用の枕まで貸し出している、とのこと。

 羨ましい!!
 昼食が終わったあとの五時間目って、一番眠いですよね。とにかく眠い。そして、寝る(笑)。授業なんて、受けていられる状況ではありません。集中力なんて、どこにもない。
 そんな状況なら…、と明善高校が取り入れたのが、この「午睡」。昼寝を取り入れたことで、午後の授業に対する集中力が上がり、成績もアップしたとか。

 ネットで調べていると、こんなHPも見つけました。
http://members.jcom.home.ne.jp/mikedo/SE075_Good_sleep_eleven.htm

 驚いたのは、久留米市周辺の高校生の平日の睡眠時間が平均6時間1分、休日前夜が8時間43分とのこと。
 平日は6時間1分ですかぁ…。ぼくは8時間寝ないと、やっていけませんけど…。
学生って、忙しいですよね。。

 部活動で朝練がある生徒は、睡眠時間がもっと減るのでは?
 中学校にも、お昼寝タイムの導入はいかがでしょうか?!

 朝練といえば…、
朝練があると2時間目が終わった頃から、とにかくお腹が空く。自分の学生時代はそうでした。で、2時間目が終わったあとに、早弁をしていた記憶があるんですが。
 高校になると、朝練がおわったあとに、オニギリを食べたり、2時間目のあとにパンを食べたり、結構自由にできるんですが(できない?!)、中学校だと、なかなか難しいよう。

 とある先生は、朝練のあとにオニギリを食べさせようと試みたそうですが、学校側から拒否されたそう。でも、絶対にお腹空くって!
 ならばと、ウィダーインゼリーを…と思ったそうですが、コレもNG。
「お昼休みしか、食べ物を食べてはいけない」と。
 ウィダーインゼリーは食べ物に入るとの見解。

 体の発育や精神的なことを考えると、朝練が終わったあとに、あるいは2時間目が終わったあとにでも、何か食べるといいと思うんですけどね…。そうすれば、もっと体も大きくはるはず!

 先日、取材に伺った高砂市立松陽中(兵庫)は、放課後練習が終わる前、または終わったあとに「オニギリを食べさせる」と言ってました(これも、学校によっては、できないところがありそう)。
「練習が終わって、家に帰って、すぐに塾に行く子が多い。そうなると、ご飯を食べる時間がなくて、お腹が空いた状態で塾に行くことになる。それでは、体も大きくならないし、集中できない」と顧問の中上雅文先生。
 やっぱり、学生は忙しい…。

 全然関係ないけど、高校のとき、友達が通っていた河合塾は授業中のドリンクOK。ぼくが行っていた予備校は、ドリンクNG。河合塾が羨ましかった…。



 < 過去  INDEX  未来 >


みのる [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加