くるりんぐる
どっちそっちあっち


2004年11月30日(火)

少し落ち着けば
何事もおさまるの。
ただ
どうしても
疑問符ばかりが先走る。

これもまた
滑稽なからまわりなのかな。


2004年11月29日(月) だから書く

いろんな形。
いろんな気持ち。

畳んで仕舞ったり。
すくす育ったり。

手に負えなくなってみたり。
それでも
支えになってくれたり。

人の数だけ想いさまざま。


2004年11月28日(日) きっと


全部吐き出してしまえば
楽になるに違いない。
でも
どう考えてもそれは
まったく美しくない。


2004年11月27日(土)

小さいころに
あこがれた世界を
いつのまにか通り越して
通り越した世界に再び
強くあこがれる。


2004年11月26日(金)

はじめからわかっていて
何度も自分に言い聞かせて
納得して納得して
それでもなお
どうして?って思う。

このくりかえしは結構きついなぁ。


2004年11月25日(木) たとえ話は飽きたとて

キャラメルソースがかかったぐらいの
甘い甘いデザートが食べたいのに
選んだのは
じゃこと高菜の焼きおにぎり。
おいしくておなかいっぱいになって
からだにもよくて
こっちでよかった。

って思える日とそうでない日。

些細な事ばかり積み重ねて作られる毎日。


2004年11月23日(火)

欲が
悪い事なわけじゃなくて

無理に欲を通そうとすることが
いい事じゃないわけで

それでもきちんと
思う事は伝えた方が
自分のためにはいいわけで

こうしたい
こうなりたい
こうしてほしい
こうありたい

そういう意思は
きちんと磨いて正解だと

私は思うのです。
強く思うのです。


2004年11月22日(月) おいてかないで


あたしの知らないところで
どんどん

いろんなことが進んでいくのは

とても
とても

とても。


2004年11月21日(日)



ただうれしくて。
思ったよりずっと。


2004年11月20日(土)

なにひとつ
人並みにできないそぶり見せても
ただ笑ってる
それだけで

それだけで
もう


2004年11月17日(水)


呪文のようにくりかえす
イロンナカタチガアッテイイ。


2004年11月16日(火) どうなることやら


つまらないほど小さい気持ち。
つまらないけどとても大事。
見ないふりはできなかった。


2004年11月15日(月)





なんかもう
つかれちゃった


2004年11月14日(日)

元気がでると
言われたから
あたしまで元気になれた。


2004年11月11日(木) 妖精要請

どうにかして
この心むきを
思い通りにできないものか。

それならば
意思をもつ
重たいものを背負っても
飄々と飛びまわれるはず。

果たしてそれが
楽な事かはわからないけど。


2004年11月08日(月) 146分の5

なにかが
絶対的に間違ってるって
伝えたいのに
見つからないうまい言葉。

そうじゃない。
そうじゃない。

いつまでもどこまでも
からまわりする想いばかり。


2004年11月07日(日) 上昇

思い切って三つ目を踏むと
二つ目は簡単に思えるみたいな感じで

通り越したら
それはとても楽でやわらかいものになった。


2004年11月06日(土) どん。よく。

あれもこれもって
欲張って
もちきれなくて
落としてしまったもの。
こわれてしまったもの。

きっと縁がなかっただけと
さぱっと割り切って
また欲張って生きてくことにした。


2004年11月04日(木) その人は


とても
素敵な言葉を遣う人でした。

今ここに
その人の愛した音が流れることに
感謝していいのか
憤慨していいのか
もうわからない。


あと少ししか
生きられないと知ったら
あなたは何を思いますか?


2004年11月03日(水) ぞんざいな希望と欲望

それはあたしだって
きちんと正しい
そっち側にいたかったよ。

でも仕方ない。
もう歩き出して
もう止まらない。

というかたぶん
生まれた時から
あたしはいつも
こっち側にいたんだと思う。

それがわかるまで
ずいぶんと
時間がかかったよ。


2004年11月02日(火) あたりまえのように

ぶらんこと
すべり台があれば
それだけでいいって
思った時が確かにあったんだ。

雨あがりの公園の
いちょうの葉っぱは
悲しいほど黄色かったよ。


くるる |おてがみおうち

My追加
エンピツユニオン