くるりんぐる
どっちそっちあっち


2003年12月31日(水) みらくる2003

いい事も
悪い事も
笑った事も
泣いた事も
ひとくぎり。

よいお年を・・・。


2003年12月30日(火) 日めくりはあと2枚

そうだなぁ

たとえば
今の
あたりまえにかわす会話の
いちばん最初はどうだったかとか

あるいは
今の
王道とも言えるあたりまえな
しあわせのかたちとか

あとは
ただ
言葉にもできない
漠然としたさびしさとか

それから
明日の
空の移り変わりの色とか

ぜんぶひっくるめて
今年なんです。
何もまとめようとするつもりはなくとも

静かに
流れようとしているのです。




2003年12月27日(土) 雪が降る町



雪が降ったら
空を見上げる。
ひらひらと逃げる雪を
おいかける。

年末はユニコーンを聴く。

冬は
詩的だ。



2003年12月25日(木) ふぅふぅ さまして 適温にする

月と星と雲と
海と森と花と

まるくて
やさしくて
さわやかで
あったかいもの

間とか
すれちがいとか
まちぼうけでさえ

全部が
今の
大好きになれ。



2003年12月24日(水)


流れ星の夢を見ました。

 よいクリスマスを・・・☆


2003年12月23日(火)


きっぱりとした
線をひく。

強さとか
意地とか
見栄とか
頑張りとかでもなく
ただ
あたりまえなこととして

ほめられない。
同情されない。
もしかしたら
見てすらもらえない。

でも線はまっすぐなのだ。


2003年12月20日(土)

マッチをする瞬間が好き。
あの音と
あのにおいと
あの火の色が好き。

心を灯す とか
そんなことではなくて
単純にストーブをつけて
あったかく。
あったかく。


2003年12月18日(木)

その場所に行かなければ
すべては白いのだと
悟りました。

それは意外にも
ほっとするものでもありました。

雪になりそこねた雨粒が
ぽたぽたと
髪に
肩におちてきて

その冷たさに
なにか
救われたような気になってみたりしました。


2003年12月17日(水) たぶんさ

流れだと思うんだよ。

変わろうとしなくても変わっていくものとか。

変えようとしてるのにまるで繰り返してしまうこととか。

そして

その変わってしまったことや
変われないでいることを

違和感感じたり
残念に思ったり
逆に
心地よく感じたりするのも

流れだと思うんだよ。

よくわからないけど。


2003年12月16日(火) さっさとやっておしまいなさい


すこし落ち着いたから
整理整頓できると思うよ。

鍵つき部屋に
あれこれ封印するものと
燃やして灰にするものと
それからやっぱり
手元におくものと。


2003年12月15日(月)

この人のためになら
死ねる
というよりも
この人となら
ちゃんと生きられるという
ほうが
いいような気がするのは
あたりまえで
それはそれとして
きちんと生きてると
いい恋ができるというのは
ほんとうみたいです。

ふーん




2003年12月13日(土) だとしたら

間違いなく
飽きてない。
そうかそういうことか。


忙しく働いて
休日に寝坊したり
時間をやりくりして髪をきったり
ふとみた空の雲の形にきゅんとしたり。

きっと。
あたしは。

しあわせなのだ。


2003年12月12日(金) どんなに寒い夜も


やわらかい言葉をもらった。
ゆたんぽみたいにあったかかった。


2003年12月09日(火) 高みを見て低きに甘んじる

夢はあきらめないけれど
現実はすこしあきらめた。

あきらめる
きらめく
きゃらめる 


・・・・。
まぁ 肩の力はぬいとこう。


2003年12月08日(月)

ひとり歩きする
気持ちに
ふりまわされて
やれやれ。


2003年12月07日(日) さてと。


もすこし自分を
大事にしよう。
もすこし自分に
厳しくなろう。


2003年12月05日(金) 幸せの定義?

おはようとか
おやすみとか
いってくるとか
ただいまとか

こういうことなのかもしれないなぁ


2003年12月04日(木) 冬のみかんのほっとさん

起きては眠って
手紙を書いて
お茶を飲んで
くぐもった声を聴いて
つたない音を奏でて
それから
あったかくして出かけます。

今日もがんばろ


2003年12月03日(水) んー

しんどいくせに
そんな状況を
笑って吹き飛ばしてしまえる
そのパワー
尊敬はするけども。

痛々しい。

モンパチでも聴いて元気だせ。


2003年12月02日(火) ぐぅぐぅ

心地いいと感じる基準が
人それぞれでよかった。

みんな一緒に
同じものをほしがったら
きっとあたしのところへ
くるヒマなんてない。

この音も
この色も
この夢も
このオチも。


2003年12月01日(月) 素直さの反対側

澄んでいる。
だからぐいぐいと
惹きこまれる。
あるいは
濁った部分は
見ないようにしている。

イメージだけを
先行させて
そこに逃げている。

だとしてもそれの
どこが悪い。

星は輝くものと
きめつけて何が悪い。

ひらきなおる稚拙さも
認めてしまえば全部。
流れることでまた
淀みない美しさを。


くるる |おてがみおうち

My追加
エンピツユニオン