くるりんぐる
どっちそっちあっち


2003年11月28日(金) カリメロ協奏曲

なぜ苺なのという
豆にすればという
あの会話が一番
あたし的にツボでした。


2003年11月27日(木) さくっと


忘れることの
上手な人に
なろうと思えば
なれるものかな


2003年11月26日(水) 雨があがった

あの
どんよりした同じ空とは
思えないほどのこの青さを見て
空を飛びたいなんて
つい思ってしまう。
思ってしまう自分は
強欲だとも思う。

まず歩けるということが
どれだけの
安心かを
しみじみ考えてみる。
考えてみてなお
やはり今この空を飛べたら
寒くて意外とつまらないながらも
きっと気持ちがいいだろうと思う。


2003年11月24日(月) シンプルであること

こねくりまわした理屈なんかぽい
婉曲な言い回しもぽい

のびして
肩ほぐして
それからまた悩むとしても
まだまだ時間はありそうな感じ。

直で行け!



2003年11月21日(金) ココアでもいかが

いっぱしに
がんばったような気になって
自分を手厚く甘やかす
この感覚が
ほんのり心地いい。

甘さは人を
だめにもするけれど
元気もくれるから


2003年11月19日(水) イルミネーション

プラチナにともる
街の灯を
全部自分の
味方につける

(2002・10・1)


2003年11月18日(火) 湯気のむこうにみえるもの

音符ゆらゆら。
白い空気。
大げさな厚着。
子供だましのお菓子。

少しうっとおしいほどの
安心。




2003年11月17日(月) からんころんと音がする空虚

もしも とか
不安定なところに
大きい感情をおいても
ぐらついてあたりまえなのに。

先を急ごうするあたし。
気がつくと
それ以上に先をいくみんな。

多くは
望んでいないのです。
それがたとえ
無意味な強がりだとしても。


2003年11月15日(土) ブロッコリズム

ともすれば
うれしさもかき消してしまう
ややこしい感情を
まるめてぽい。

とまどわず
素直によろこぼう。


2003年11月14日(金) くらげほどの意思

夢ぐらい
見てもいいかと思うけど
さめた世界が
案外
悪くないことも
頭のどこかにおいといて。


2003年11月13日(木) カフェ・ラテのために

どんよりと
まだ明けきれない
早朝に灯る
コンビニのあかりに
ほっとする。

もしかして
私は
さびしいのだろうか。


2003年11月12日(水) にっこり

そんなのごくごく
あたりまえ。
って感じの日常気分。

これこそ特別な
とびきりの感情かも。


なんにしても
笑うことはいいね。
笑顔になるのも
笑顔みるのも。


2003年11月10日(月) まあ なんというか。

何がどうして
どうなったから
そんな気持ちになったのか
ちゃんと書けよおい。あたし。

とか思ったり。


楽しいことも
うわんってことも
会話の流れですから。

ワンクッションおいて
いちいちそれに振り回されないでいようね。あたし。


2003年11月07日(金) 気持ちおいつけ


雨があがったのに
さしている傘みたいな
まぬけでおいてけぼりな気分。

今日は空が青いよ。


2003年11月04日(火) てくてく

ほんの少しの経験と
ただ生きてきた長さだけで
言ってあげられることなんて
たかがしれている。
けれど
これだけは
あたしにも言えるかもしれない。

存在だけで
価値はあるのだということ。
迷って悩むことに
無駄はないのだということ。


2003年11月03日(月)

いっしょにいたい
意味なんてただ
追い求めても
きゅんとなるだけ

     (2001・10・30)


くるる |おてがみおうち

My追加
エンピツユニオン