サッカー観戦日記

2011年01月31日(月) 11年プリンスリーグ関西出場チーム決定

府  県 1 部 リ ー グ
兵  庫 ヴィッセル神戸ユース
兵  庫 滝川第二高等学校
大  阪 大阪桐蔭高等学校
滋  賀 滋賀県立野洲高等学校
兵  庫 神戸市立科学技術高等学校
京  都 京都橘高等学校
大  阪 ガンバ大阪ユース
和 歌 山 初芝橋本高等学校

府  県 2 部 リ ー グ
大  阪 近畿大学附属高等学校
奈  良 奈良育英高等学校
滋  賀 滋賀県立草津東高等学校
京  都 京都府立洛北高等学校
兵  庫 神戸国際大学附属高等学校
奈  良 奈良県立郡山高等学校
大  阪 関西大学第一高等学校
京  都 東山高等学校 
滋  賀 滋賀県立水口高等学校
奈  良 奈良県立法隆寺国際高等学校
兵  庫 兵庫県立須磨友が丘高等学校
和 歌 山 近畿大学和歌山高等学校

+++++++++++++++++++

今年は多分2部はあまり追えないだろう。
セントラル開催があれば、全チームチラッと追うだろうが、
印象以上のことは分からないでしょう。



2011年01月20日(木) ビーチサッカー日本代表候補 トレーニングキャンプ(1/27〜1/31 @沖縄/北谷)メンバー

ビーチサッカー日本代表候補 トレーニングキャンプ(1/27〜1/31 @沖縄/北谷)メンバー

ビーチサッカー日本代表
スタッフ
監督
ラモス 瑠偉 ラモス ルイ RAMOS Ruy
【(財)日本サッカー協会】

ドクター
新城 宏隆 シンジョウ ヒロタカ SHINJO Hirotaka
【琉球大学】

アスレティックトレーナー
田中 祐介 タナカ ユウスケ TANAKA Yusuke
【三宅スポーツマッサージ】

選手
Pos. 氏名 英字表記 
生年月日 身長 体重 所属

GK
中野 豪士 ナカノ タケシ NAKANO Takeshi
1979.02.25 176cm 65kg 愛知BOBO/MSU

照喜名 辰吾 テルキナ シンゴ TERUKINA Shingo
1984.09.08 177cm 77kg ソーマプライア

宜野座 寛也 ギノザ トモヤ GINOZA Tomoya
1985.04.02 179cm 65kg 東京レキオスBS

FP
河原塚 毅 カワハラヅカ タケシ KAWAHARAZUKA Takeshi
1975.02.01 174cm 64kg ソーマプライア

牧野 真二 マキノ シンジ MAKINO Shinji
1976.05.29 180cm 73kg LEON福岡

若林 邦広 ワカバヤシ クニヒロ WAKABAYASHI Kunihiro
1978.04.06 173cm 67kg アヴァンチ大阪

望月 隆司 モチヅキ タカシ MOCHIZUKI Takashi
1978.04.19 178cm 72kg G.C.Nerine

田畑 輝樹 タバタ テルキ TABATA Teruki
1979.04.16 178cm 73kg 東京レキオスBS

新垣 隆 アラカキ タカシ ARAKAKI Takashi
1979.05.26 167cm 71kg ソーマプライヤ

尾田 博文 オダ ヒロフミ ODA Hirofumi
1979.12.30 173cm 75kg 東京レキオスBS

當間 正人 トウマ マサヒト TOMA Masahito
1981.03.16 180cm 68kg ソーマプライア

大坪 直樹 オオツボ ナオキ OTSUBO Naoki
1982.04.19 176cm 63kg LEON福岡

永山 宜秀 ナガヤマ ギシュウ NAGAYAMA Gishu
1982.06.08 170cm 67kg アヴァンチ大阪

小牧 正幸 コマキ マサユキ KOMAKI Masayuki
1982.08.30 175cm 65kg SPOSiC JAPAN

鈴木 俊多 スズキ シュンタ SUZUKI Shunta
1984.01.01 175cm 65kg ソーマプライア

上原 朋也 ウエハラ トモヤ UEHARA Tomoya
1984.03.22 165cm 60kg ソーマプライア

中川 敦人 ナカガワ アツト NAKAGAWA Atsuto
1985.05.17 175cm 60kg ア ヴァンチ大阪

後藤 崇介 ゴトウ タカスケ GOTO Takasuke
1985.06.04 173cm 70kg 東京レキオスBS

山内 悠誠 ヤマウチ シュウセイ YAMAUCHI Shusei
1985.09.09 186cm 78kg G.C.Nerine

瀧口 貴史 タキグチ タカシ TAKIGUCHI Takashi
1986.11.28 173cm 68kg 東京レキオスBS



2011年01月19日(水) スーパー少女プロジェクト トレーニングキャンプ(1/21〜23@J-GREEN堺)メンバー


スーパー少女プロジェクト
スタッフ
GKコーチ
西入 俊浩 ニシイリ トシヒロ
【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ/東京電力女子サッカー部マリーゼ】

川島 透 カワシマ トオル
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

坂田 恵 サカタ メグミ
【(財)日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ/FC ALEGRE CAMINHO】

山邊 由美 ヤマベ ユミ
【(財)日本サッカー協会 ナショナルトレセンコーチ/INAC神戸レオネッサU-18】

選手
ポジション GK
小高 愛理 コタカ エリ
1995.05.10 171cm/55kg 大分トリニータレディース

小林 由依 コバヤシ ユイ
1995.05.26 164cm/56kg AGUA FCレディース

井上 ねね イノウエ ネネ
1995.06.28 175cm/62kg JFAアカデミー福島

伊藤 千央 イトウ チヒロ
1995.10.18 164cm/53kg 神戸フットボールクラブレディース

福村 香奈絵 フクムラ カナエ
1995.12.14 164cm/51kg スフィーダ世田谷FC

藤田 涼加 フジタ スズカ
1996.01.01 162cm/46kg 西条中央スポーツクラブひうちドリームス

海野 華菜 ウンノ カナ
1996.01.29 161cm/60kg 常葉学園橘中学校女子サッカー部

犬飼 綾乃 イヌカイ アヤノ
1996.01.30 166cm/54kg 名古屋FCレディース

大宮司 晴菜 ダイグウジ ハルナ
1996.04.04 168cm/64kg クラブフィールズ・リンダ

木付 優衣 キツキ ユイ
1996.04.11 162cm/53kg AC.MIKAN

楮原 智夏 カゴハラ チナツ
1996.06.09 178cm/61kg SC鳥取プエデU-15

清水 栞 シミズ シオリ
1996.10.17 162cm/51kg 浦和レッズジュニアユースレディース

平尾 知佳 ヒラオ チカ
1996.12.31 169cm/64kg JFAアカデミー福島

福永 絵梨香 フクナガ エリカ
1997.08.19 162cm/54kg 高槻フットボールクラブ

熱田 菜緒 アツタ ナオ
1997.09.12 158cm/45kg Belle Kids Football lub

松本 真未子 マツモト マミコ
1997.10.09 157cm/45kg 浦和レッズジュニアユースレディース



スケジュール
1月21日(金) トレーニング/フィジカルテスト
1月22日(土) トレーニング
1月23日(日) トレーニング



2011年01月16日(日) 大阪高校新人戦2回戦 槻の木−履正社

全国高校サッカーは終わったが、ユースウォッチャーにオフシーズンなどない。決勝の前に既に新人戦は始まっている。新人戦はシードがほとんどないので、序盤から好カードが組まれることもある。2回戦でいきなり槻の木−履正社の好カードがある。昨年も序盤で金光−阪南大高という好カードがあったが、それに匹敵するカードだ。そういうわけで会場の槻の木高校グラウンドに足を運ぶ。

第1試合は金光大阪−茨木。終盤15分を観戦。スコアは3−0。金光が一方的に攻めるが、崩しきれない。金光はここ2年間強力なチームだった。昨年度は前田晃一、旧チームは福森直也というCBが固く、攻撃陣も柔軟に崩すことが出来た。ずっと攻めていたため新チームのCBの力量は分からないが、攻撃陣は期待ほどではなかった。結局3−0で試合終了。金光大阪が勝利した。

この会場は奥谷先生の指導か、場内放送で選手名を紹介してくれる。大冠高校でもそうだった。監督が変わって、大冠では放送が無くなったが……。以前と違い、放送も聞き取りやすくなった。ただゆっくり紹介してくれなかったことと、用意したボールペンのインクの出が悪かったため、あまりメモできていない。

大阪高校新人戦 2回戦
槻の木高校−履正社高校
11時 槻の木高校グラウンド 土 天気雪 

槻の木          履正社
−−−十番−−九番−−− −−−十一−−九番−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−七番−−−−−
八番−六番−−七番−十一 −二番−−八番−−二十−
五番−四番−−三番−二番 五番−三番−−二四−十三
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

槻の木高校
GK  1 ハシモトショウ
DF  2 ヤブチタツヤ
    3 ヤギュウコウタ
    4 ミヤケユウト
    5 ??コウタロウ
MF  6 フジイヒロキ   
    7 ヤマザキハヤテ
    8 ??シュンヤ
    9 ワダタロウ
FW 11 モリカズアキ
   10 クボナオキ

履正社高校
GK  1 カナザワシュンイチ
DF  5 ??
    3 ??
   24 オ
   13 オカモトリオ
MF  2 タナカ??
    8 キダマサヒコ
   21 ??
    7 ミナトリョウ
FW  9 ??
   11 トミサカヨシキ

槻の木高校は高槻の高校にしてはあまり繋がない。むしろ鍛え抜かれた走力を武器に、終盤に強い印象がある。序盤からスペースを突いていく。対する履正社はバックラインから丁寧に繋ぐスタイル。4−3−3の印象が強いが、メモを取ってみると2トップだ。14分、履正社・9番が右シュート、11番詰めるも届かず、左に外れる。履正社9番のシュートはなかなかいい。17分、履正社、左FKにファーへ20番が飛び込みシュート、上に外れる。決定機。23分、槻の木・8番が左クロス、ファーで11番フリーでシュートも左に外れる。決定機。34分、槻の木・10番のミドルがバーを直撃するが、その前にファウル。終了間際、カウンターから槻の木10番が左ナナメに走り受けて、中に入った8番が左シュートも上に外れる。決定機。前半は0−0で終了。

ハーフタイムで履正社・13オカモトリオ→Ε泪┘ワトモスケ

後半7分、履正社・9番が槻の木DFのミスをカット、左シュートもセーブ。決定機。11分、履正社・11番トミサカヨシキ→21ミヤカワユウキ。12分槻の木10番から左に出しクロスは6番に届かず。10番は周囲が見えていて、技術もしっかりしている。13分、槻の木、左60度25mFK、7番狙うも壁。13分、履正社・7番決定的シュート、GKセーブ。更に右CKを5番がファーでヘッド、左上に飛ぶが槻の木GKキャッチ。槻の木モリカズアキ→17番ヒロセコウタ。更にΕ侫献ぅ劵蹈→14番。双方攻め気十分ながらミスが出て、チャンスにならない時間帯が続く。31分、履正社・9番が槻の木DFのバックパスをカット、カバーが入りきらないうちにシュートも右に外れる。履正社9番はキックがしっかりしていて、正確で強いシュートが撃てるいい選手。32分、槻の木・10番が強烈なシュート、GKかろうじてはじくも、ゴール方向に飛び、DF5番がライン上クリア。33分、履正社・5番の左クロスを7番ヘッド、左に外す。決定機。結局0−0でタイムアップし引き分け。次戦進出はPK戦に委ねられた。

槻の木7番、セーブされ失敗。
履正社21番、右隅に成功。
槻の木3番、右上に成功。
履正社20番、左に成功。
槻の木10番、左を狙うもセーブされる。失敗。
履正社6番、左上に成功。
槻の木4番、GKが同じ方向に飛ぶが成功。
履正社2番、右に成功。

PK2−4で履正社が3回戦進出を決めた。

終盤は槻の木が走力を武器に押していたが、その割りに決定機は少なかった。槻の木10番や履正社の9番が大きな脅威となっていたが、互いに決めきれず。ともに大阪でも上位の力があると思う。

小雪が降っていたが晴れていたのでそれほど寒くなかった。選手にとってそれほど悪くないコンディションだと思う。



2011年01月14日(金) U-17(FIFA U-17ワールドカップ2011)日本代表候補

U-17(FIFA U-17ワールドカップ2011)日本代表候補
トレーニングキャンプ(1/22〜28@宮崎)メンバー・スケジュール

U-17日本代表
スタッフ
監督
吉武博文 ヨシタケ ヒロフミ YOSHITAKE Hirofumi
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
菊原志郎 キクハラ シロウ KIKUHARA Shiro
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/東京ヴェルディ】

GKコーチ
大橋昭好 オオハシ アキヨシ OHASHI Akiyoshi
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

サポートコーチ
江尻篤彦 エジリ アツヒコ EJIRI Atsuhiko
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

選 手
Pos. 背番号 選手名(アルファベット表記)
生年月日 身長 体重 所属

GK
川田修平 カワタ シュウヘイ KAWATA Shuhei
1994.04.05 184cm77kg 大宮アルディージャユース

牲川歩見 ニエカワ アユミ NIEKAWA Ayumi
1994.05.12 191cm72kg ジュビロ磐田ユース

山田元気 ヤマダ ゲンキ YAMADA Genki
1994.12.16 184cm70kg 京都サンガF.C.U-18

阿波加俊太 アワカ シュンタ AWAKA Shunta
1995.02.07 185cm74kg コンサドーレ札幌U-18

DF
早川史哉 ハヤカワ フミヤ HAYAKAWA Fumiya
1994.01.12 170cm56kg アルビレックス新潟ユース

鈴木隆雅 スズキ リュウガ SUZUKI Ryuga
1994.02.28 178cm63kg 鹿島アントラーズユース

川口尚紀 カワグチ ナオキ KAWAGUCHI Naoki
1994.05.24 175cm67kg アルビレックス新潟ユース

岩波拓也 イワナミ タクヤ IWANAMI Takuya
1994.06.18 185cm67kg ヴィッセル神戸ユース

秋山大地 アキヤマ ダイチ AKIYAMA Daichi
1994.07.28 171cm63kg セレッソ大阪U-18

江井亮太 エネイ リョウタ ENEI Ryota
1994.09.28 178cm64kg 清水エスパルスユース

植田直通 ウエダ ナオミチ UEDA Naomichi
1994.10.24 185cm70kg 大津高校

新井純平 アライ ジュンペイ ARAI Junpei
1994.11.12 172cm59kg 浦和レッドダイヤモンズユース

高木大輔 タカギ ダイスケ TAKAGI Daisuke
1995.10.14 168cm64kg 東京ヴェルディジュニアユース

MF
室屋成 ムロヤ セイ MUROYA Sei
1994.04.05 172cm59kg 青森山田高校

野沢英之 ノザワ ヒデユキ NOZAWA Hideyuki
1994.08.15 175cm61kg FC東京U-18

喜田拓也 キダ タクヤ KIDA Takuya
1994.08.23 167cm54kg 横浜F・マリノスユース

堀米悠斗 ホリゴメ ユウト HORIGOME Yuto
1994.09.09 165cm57kg コンサドーレ札幌U-18

石毛秀樹 イシゲ ヒデキ ISHIGE Hideki
1994.09.21 169cm56kg 清水エスパルスユース

秋野央樹 アキノ ヒロキ AKINO Hiroki
1994.10.08 173cm62kg 柏レイソルU-18

吉野恭平 ヨシノ キョウヘイ YOSHINO Kyohei
1994.11.08 180cm63kg 東京ヴェルディユース

望月嶺臣 モチヅキ レオ MOCHIZUKI Reo
1995.01.18 164cm58kg 野洲高校

林祥太 ハヤシ ショウタ HAYASHI Shota
1995.02.24 171cm57kg 京都府立久御山高校

菅嶋弘希 スガジマ ヒロキ SUGAJIMA Hiroki
1995.05.11 177cm65kg 東京ヴェルディジュニアユース

石川大貴 イシカワ ダイキ ISHIKAWA Daiki
1995.10.01 180cm74kg 名古屋グランパスU15

FW
鈴木武蔵 スズキ ムサシ SUZUKI Musashi
1994.02.11 183cm67kg 桐生第一高校

中島翔哉 ナカジマ ショウヤ NAKAJIMA Shoya
1994.08.23 162cm51kg 東京ヴェルディユース

神田夢実 カンダ ユメミ KANDA YUMEMI
1994.09.14 175cm62kg コンサドーレ札幌U-18

ブーゾアモス ブーゾ アモス Buzo Amosu
1994.09.15 170cm58kg FC東京U-18

南野拓実 ミナミノ タクミ MINAMINO Takumi
1995.01.16 166cm55kg セレッソ大阪U-18

松本昌也 マツモト マサヤ MATSUMOTO Masaya
1995.01.25 165cm56kg JFAアカデミー福島

選手変更
1/25
DF 秋山 大地(AKIYAMA Daichi)
セレッソ大阪U-18 1994年7月28日生 
理由:ケガの為

DF 爲山泰志(TAMEYAMA Taishi)
宮崎県立宮崎大宮高校 1994年1月8日生 175cm/72kg

1/19
FW 南野 拓実(MINAMINO Takumi)
セレッソ大阪U-18 1995年1月16日生
理由:コンディションを考慮し招集を見送った

MF 秋野 央樹(AKINO Hiroki)
柏レイソルU-18 1994年10月8日生
理由:ケガの為

FW 北川 柊斗(KITAGAWA Shuto)
名古屋グランパスU15 1995年6月1日生 177cm/65kg

DF 平澤 俊輔(HIRASAWA Shunsuke)
JFAアカデミー福島 1994年4月11日生 178cm/66kg



スケジュール
1月23日(日)練習試合 vs 宮崎産業経営大学
14:00 国際海浜公園エントランスプラザ

1月25日(火)練習試合 vs 宮崎産業経営大学
15:00 国際海浜公園エントランスプラザ

1月27日(木)練習試合なし



2011年01月10日(月) U-22日本代表の中東遠征メンバーとスケジュールについて

U-22日本代表の中東遠征メンバーとスケジュールについて

U-22日本代表
スタッフ
監督
関塚 隆 セキヅカ タカシ SEKIZUKA Takashi
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
小倉 勉 オグラ ツトム OGURA Tsutomu
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

アシスタントコーチ
武藤 覚 ムトウ アキラ MUTO Akira
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

GKコーチ
藤原 寿徳 フジワラ ヒサノリ FUJIWARA Hisanori
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

フィジカルコーチ
里内 猛 サトウチ タケシ SATOUCHI Takeshi
【(財)日本サッカー協会 ナショナルコーチングスタッフ】

選  手
Pos. 氏名 アルファベット表記
生年月日 身長 体重 所属

GK
守田 達弥 モリタ タツヤ MORITA Tatsuya
1990.08.03 191cm 82kg 京都サンガF.C.

安藤 駿介 アンドウ シュンスケ ANDO Shunsuke
1990.08.10 185cm 79kg 川崎フロンターレ

DF
實藤 友紀 サネトウ ユウキ SANETO Yuki
1989.01.19 178cm 71kg 川崎フロンターレ

薗田 淳 ソノダ ジュン SONODA Jun
1989.01.23 182cm 78kg 川崎フロンターレ

比嘉 祐介 ヒガ ユウスケ HIGA Yusuke
1989.05.15 168cm 68kg 流通経済大学

鈴木 大輔 スズキ ダイスケ SUZUKI Daisuke
1990.01.29 181cm 78kg アルビレックス新潟

高橋 峻希 タカハシ シュンキ TAKAHASHI Shunki
1990.05.04 169cm 68kg 浦和レッズ

濱田 水輝 ハマダ ミズキ HAMADA Mizuki
1990.05.18 185cm 80kg 浦和レッズ

丸橋 祐介 マルハシ ユウスケ MARUHASHI Yusuke
1990.09.02 178cm 73kg セレッソ大阪

岡本 拓也 オカモト タクヤ OKAMOTO Takuya
1992.06.18 174cm 71kg 浦和レッズ

MF
山崎 亮平 ヤマザキ リョウヘイ YAMAZAKI Ryohei
1989.03.14 171cm 66kg ジュビロ磐田

青木 拓矢 アオキ タクヤ AOKI Takuya
1989.09.16 179cm 73kg 大宮アルディージャ

山本 康裕 ヤマモト コウスケ YAMAMOTO Kousuke
1989.10.29 177cm 76kg ジュビロ磐田

清武 弘嗣 キヨタケ ヒロシ KIYOTAKE Hiroshi
1989.11.12 172cm 66kg セレッソ大阪

山村 和也 ヤマムラ カズヤ YAMAMURA Kazuya
1989.12.02 184cm 75kg 流通経済大学

水沼 宏太 ミズヌマ コウタ MIZUNUMA Kota
1990.02.22 176cm 69kg 栃木SC

東  慶悟 ヒガシ ケイゴHIGASHI Keigo
1990.07.20 178cm 69kg 大宮アルディージャ

山口  螢 ヤマグチ ホタル YAMAGUCHI Hotaru
1990.10.06 173cm 72kg セレッソ大阪

宇佐美 貴史 ウサミ タカシ USAMI Takashi
1992.05.06 178cm 69kg ガンバ大阪

小野 裕二 オノ ユウジ ONO Yuji
1992.12.22 170cm 62kg 横浜F・マリノス

FW
永井 謙佑 ナガイ ケンスケ NAGAI Kensuke
1989.03.05 177cm 74kg 名古屋グランパス

指宿 洋史 イブスキ ヒロシ IBUSUKI Hiroshi
1991.02.27 194cm 80kg CEサバデルFC(スペイン)

不参加選手
02/07
實藤 友紀 (SANETO Yuki)
DF 川崎フロンターレ所属 1989年1月19日生
理由:ウイルス性腸炎



スケジュール
2月9日(水) 19:15 U-22日本代表 vs U-22サウジアラビア代表
2月12日(土) 15:30予定 U-22日本代表 vs U-22バーレーン代表

(2011/02/02更新)



2011年01月04日(火) バーモントカップ第1日(とりあえず2試合だけ) 

3年ぶりにバーモントカップ・全日本少年フットサル大会に足を運ぶ。大会初期は参加チームがろくにフットサルのやり方を知らなかったが、少しずつフットサルの練習をしっかりしているチームが増えてきている。フットサルは交代自由だ。登録全員の名前を書くのは手間なので、主にスターターを記した。

バーモントカップ 全日本少年フットサル大会
江南南サッカー少年団−山形FCジュニア
9時 駒沢屋内球技場A 

江南南は全少で全国制覇したこともある埼玉の強豪である。

江南南          山形FC
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
−−萩原−−−−佐藤−− −−−−−進藤−−−−−
−−−−−−−−−−−− −−−渡辺−−登坂−−−
−−松本−−−−牛山−− −−−−−早坂−−−−−
−−−−−笠原−−−−− −−−−−奥山−−−−−

江南南サッカー少年団
GK  1 笠原諒   6年 146/35
FP  5 牛山皓暉  6年 148/36
    8 松本泰志  6年 153/38
   10 萩原大智  6年 153/40
    7 佐藤佑哉  6年 151/38

山形FCジュニア
GK 15 奥山翔   6年 142/40
FP  3 早坂拓海  6年 147/37
   10 登坂信裕  6年 156/43
    7 渡辺巧   6年 143/35
   11 進藤陸   6年 165/47

最終スコアは7−2。江南南は能力は高いが、どうやらまったくフットサルを研究していない。山形も雪国なのにフットサル慣れしていない。というわけで、典型的な体育館サッカーだった。




続く試合に登場したラックガールズは女子チーム。開会式で触れられたが、この大会には主に男子のチームの中で、女子も毎年出場している。しかし女子単独チームの出場は初めてだ。私は日本サッカー全体を俯瞰したいという気持ちがある。だからなるべく多くの種類の大会に足を運びたいし、JFAオフィシャルサイトに掲載されている全国大会の試合結果はどんなカテゴリーでも目を通す。全国大会じゃなくても結果を知りたいと思っている。そんな中北信越女子リーグにRUCKレディースとRUCKガールズというチームがあることも知っていた。レディースが中学生以上、その下部組織のガールズが小学生チームということも調べて分かった。丸岡のチームだし、なんとなくレベルが高い印象があった。そういうわけで、この機会に観戦する。

バーモントカップ 全日本少年フットサル大会
丸岡ラックガールズ−山形FCジュニア
9時45分 駒沢屋内球技場A 


丸岡           岩瀬
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−北川−−−−− −−−安部−−鈴木−−−
−−−高尾−−山本−−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−田中−−−−− −−−森合−−本田−−−
−−−−−鵜飼−−−−− −−−−−誰々−−−−−

丸岡ラックガールズ
GK  1 鵜飼真也子 6年 155/42
FP 10 田中悠香  6年 155/41
    8 山本華乃  6年 153/35
   11 高尾茜利  6年 142/32
    9 北川夏奈  6年 168/54

岩瀬FC
GK  ?
FP  5 本田裕也  6年 145/35
    8 森合隆太  6年 155/50
    2 鈴木大葵  6年 155/50
    9 安部光留  6年 155/50

丸岡のスターターは高尾さんの代わりに横山夢花さんだが、ほぼ表記のメンバーで固定していた。すぐに両者フットサルの練習を十分積んでいることが分かる。丸岡は田中さんが後方から確実なキープ力と正確なパスで散らし、山本さんがバランスの取れた技術で起点となり、高尾さんがキレある突破でかく乱し、長身ピヴォ北川さんが前線で起点となり、スピードもあって流れてはアラの飛び込みを誘う。一方で背番号8〜11番が示すようにおそらく全員攻撃的な選手で、無理に人数をかけて攻めてはカウンターを浴びてしまう。岩瀬FCは流動的にポジションを変え、バランスを保ってカウンターから加点、最終的に0−4となり、岩瀬FCが勝利した。前の試合と比べて両者フットサルをよく練習している様子が伺え、レベルが高い試合だった。


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]