ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2018年07月06日(金) TBSがオウム事件に協力していた悪行はこれからも語り継いでいこう。

過去にない大雨のおそれ 特別警報発表の可能性も 土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒(ウェザーマップ 2018.07.06)

西日本と東日本では、8日(日)にかけて雷を伴った猛烈な雨が断続的に降り、
過去の大雨を大きく上回る記録的な大雨となるおそれがある。今後の雨によっては、
大雨特別警報が発表される可能性があり、
土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒が必要となる。

西日本から東日本に停滞している前線の活動が非常に活発になっている。
この影響で、高知県では降り始めからの雨量が1000ミリを超えているところがあるなど、
西日本と東日本では記録的な大雨となっている所がある。

 前線は、あす7日からあさって8日にかけて東日本から北日本に北上するが、
西日本では8日にかけて停滞する見通し。
 また、7日朝までには前線上に低気圧が発生し、8日にかけて西日本から北日本を通過する見込みだ。

大雨・雷・突風

 西日本と東日本では、広い範囲で土砂災害や洪水の危険度が高まっており、
沖縄でもこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所がある。
 西日本と東日本では、このあとさらに8日にかけて雷を伴った猛烈な雨が断続的に降り、
過去の大雨を大きく上回る記録的な大雨となるおそれがある。

 すでにかなりの大雨となっているため、今後の雨によっては、大雨特別警報が発表される可能性もある。

 西日本と東日本および沖縄では、土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒し、
低い土地の浸水に警戒、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。


大雨特別警報とは

 その地域で数十年に一度の記録的な大雨となっていて、
命に関わる重大な災害が迫っている状況の際に発表されるもので、
最大級の警戒が必要となる。


昨日から降り続く大雨に注意報や警報や避難指示を知らせる通知メールが頻繁に届いていますが、

みなさまのお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

昨日から日曜日にかけて4か月分に相当する雨量が降るということを聞いて、

確かに生きてきた中で経験したことのほどの雨量だと思いました。

降り続く豪雨によって大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

ニュースで豪雨によって牛乳配達の人が流されたと言っていました。

豪雨に限らず台風の時でも新聞や牛乳や郵便がちゃんと届けられますが、

みんな悪天候で大変な事情を知っているので配達を休んでも遅れてもいいのよっていつも思います。

届かないことで怒る人は怒らせておけばいいだけだし。

宅急便も日付と時間指定の荷物や生もの冷凍ものなど消費期限のある生鮮食料品以外なら、

後日の宅配でもいいんじゃないかと思っています。


麻原彰晃死刑囚ら7人死刑執行 早川・井上・新実・土谷・中川・遠藤死刑囚(産経新聞 2018.07.06)

松本・地下鉄両サリン事件などで計29人の犠牲者を出した一連のオウム真理教事件をめぐり、死
刑が確定していた教祖の麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)=本名・松本智津夫(ちづお)=ら

7人の死刑が6日午前に東京拘置所などで執行されたことが、関係者への取材で分かった。
教団が起こした事件の死刑囚は計13人おり、執行は初めて。
上川陽子法相が命令した。平成7年5月の麻原死刑囚の逮捕から23年。
犯罪史上類を見ない一連の事件は大きな節目を迎えた。

 ほかの6人は、早川紀代秀(68)=福岡拘置所▽井上嘉浩(48)=大阪拘置所
▽新実智光(54)=同▽土谷正実(53)=東京拘置所▽
遠藤誠一(58)=同▽中川智正(55)=広島拘置所−の各死刑囚。

 法務省は今年3月、死刑囚13人のうち7人をそれまで収容していた
東京拘置所から、執行施設のある5拘置所に移送していた。

 確定判決によると、麻原死刑囚は
(1)平成元年11月、教団に反対の立場を取っていた坂本堤弁護士=当時(33)=ら
家族3人を横浜市の自宅で殺害(坂本弁護士一家殺害事件)

(2)6年6月、長野県松本市でサリンを散布し7人を殺害(松本サリン事件)
(3)7年3月、東京都心を走る3路線5方面の地下鉄でサリンをまき
12人を殺害(地下鉄サリン事件)−などの凶悪事件を次々に起こした。

 麻原死刑囚はこの3事件を首謀。
このほかの事件を含め13の事件で計26人を殺害、1人を死亡させた。
松本サリン事件と地下鉄サリン事件では、後に被害者が1人ずつ死亡。
一連の事件での死者は29人に上っている。

 確定判決では、一連の動機を「(麻原死刑囚が)救済の名の下に日本国を支配して
自らその王になることを空想。その妨げになる者をポア(殺害)しようとした」と認定している。

 麻原死刑囚は7年に逮捕され、裁判は8年から始まった。
しかし、1審の途中から意味不明なことを話すようになり、最後は何も語らなくなった。
16年の1審の死刑判決後、弁護側は即時に控訴したが、
「麻原被告は裁判を受ける能力がない」などとして控訴趣意書を提出せず、
控訴審は一度も開かれないまま死刑判決が確定した。


麻原彰晃は死刑執行すると殉教者として神格化される恐れがあるから

病気などによる獄中死(自然死)するまでは放置だと予想していましたが、

移送されたことで死刑執行することを法務大臣は決めており、

平成に起きた凶悪な事件のまとめを平成が終わる前にということなのでしょう。

朝に速報が伝えられてからは朝の情報番組を放送中の各局が

放送内容を変えて事件をまとめたVTRなどを放送していたことで、

マスコミは死刑執行が今日行われることを知っていたのではないかということを言う人もいましたが、

麻原を含めて死刑囚が各地に移送された時点で、

いつか来ることは確実なので事前に作っていただけなんじゃないかと。

オウム真理教による数々の凶悪事件ですが、

一番最初に起きた坂本弁護士一家殺害と死体遺棄事件で、

オウムによる被害者の救済や対策をする坂本弁護士と家族を拉致殺害した

この事件でTBSの報道部がオウム幹部に取材VTRを見せたあとに

坂本弁護士一家が行方不明になったことをTBSが正直に警察に話していたら

捜査が進み指示をした教祖である麻原を含めた信者が相次いで逮捕されて、

オウム真理教は解散していたでしょうから、

その後の長野県松本市や東京地下鉄サリン事件なんて

起きなかったんじゃないかと今でも思っています。

TBSビデオ問題(wikipedia)

なぜTBSが取材VTRを信者に見せたのかは謎ですが、

TBS以外にもその後マスメディアの特にテレビ局各局がバラエティ番組やワイドショーなどに

麻原彰晃や信者を面白い人としてテレビに出演させたり、

オウム真理教を変わった集団として面白おかしく紹介するようになりました。

なぜ、異様な集団をちょっとしたブームのように扱っていたのかも謎ですが、

テレビがオウムを利用しオウムは布教活動にテレビを利用するという

マスメディアによる布教活動のようなこの異様な扱い方によって

オウム真理教は信者を全国で増やし肥大化、

カルトへの拍車に貢献したことは確かではないでしょうか。

そして、それによってマスコミも操れるとオウムがテロ組織として暴走する流れになったことも。

TBS含めたテレビメディアがカルト集団がテロ組織として暴走してしまうことへ

間接的に加担していたのを反省して総括をしたのを見た記憶がありませんし、

死刑執行を伝えている今日も自分たちの過ちには触れず

自分たちに非はなかったものとして報道しているのも違和感を覚えました。




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ