ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2018年05月16日(水) いつもの北朝鮮だった。

米朝会談中止の可能性、北が言及…南北会談中止(読売新聞 2018.05.16)

北朝鮮は16日未明、同日に予定されていた
南北閣僚級会談を中止すると一方的に韓国に通知した。

 韓国統一省が明らかにした。北朝鮮の朝鮮中央通信は同日、
米韓空軍の定例合同訓練が韓国で実施されていることを会談中止の理由に挙げた。

 同通信によると、北朝鮮の金桂寛キムケグァン・第1外務次官は16日、
米朝関係に関する談話を発表し、米国の対応によっては、
6月12日の米朝首脳会談の一方的な中止の可能性に言及した。
北朝鮮には、米朝首脳会談を前に米韓をけん制し、
交渉を有利に進めようとする意図があるとみられる。

 同通信は16日未明に配信した「報道」で、米韓両空軍が11日に始めた合同訓練
「マックス・サンダー」について、4月27日の南北首脳会談で署名された
「板門店パンムンジョム宣言」に対する「露骨な挑戦」と非難した。


予想よりも早くちゃぶ台をひっくり返しましたね。

だから言ったじゃないですか南北会談の演出だけで評価しちゃダメだと。

これまでのパターンから言って途中で気が変わることなんて想定内なんだから、

核放棄を進めていってから評価したほうがいいって。

中国に何度も行ったりして話していたのも、

交渉を有利に持ち込むためにどうすればいいかの話し合いだったのでしょうね。

北朝鮮は駄々をこねればアメリカが折れると思っているのでしょうが、

トランプ大統領はこれまでのアメリカ政府の対応と違って

検証可能な本気の核放棄を迫っていますから、

このちゃぶ台返しに今後どう対応していくか要注目ですね。




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ