ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2017年09月24日(日) 難民に偽装した武装勢力が攻撃してきたらの話

麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 武装難民対策(朝日新聞 2017.09.24)

麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、
朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、
「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。
射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。

 麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。
動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。
10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。
さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。

 防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している
「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。

 麻生氏は先月、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。
結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、
いくら動機が正しくてもダメなんだ」と発言し、撤回していた。


まず、この記事について1点申し上げたいことがあります。

昨日23日配信の段階では、

『麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策』という見出しの記事でした。



これでは麻生副総理がまるで難民には射殺もありえると言ったような文言になります。

朝日新聞が「武装難民」を最初は「難民」という表現で見出しに掲げてたのは

過激な物言いもする麻生氏なので実際に言ったかのようなイメージを植えつけ、

選挙前に批判を集めマイナスイメージを作ろうとしたのではないでしょうか。

ある程度燃え上がったらこっそり正しい表記にするといういつもの手口で卑怯なことこの上ないです。

そして、この記事によって、

「難民は有無を言わせず射殺なんて恐ろしい」とか言ってもいないことまで

ご丁寧に付け加えて批判しまくるいつもの左派リベラル系の人たち。

「武装難民なんてありえない」とも言っていますが、

1999年には日本の漁船に偽装した船に北朝鮮の工作員が乗り入国しようとした

能登半島沖不審船事件がありましたし、

2001年には九州南西海域工作船事件という、

北朝鮮からの不審船と海保が銃撃戦となり爆発し沈み、

のちに引き上げられた船からは大量の武器も発見されるということもありましたので、

武装難民なんてありえないこともなく、

現実に武装しておらずとも、

これまで民間人に偽装した工作員が入ってきて日本人拉致を行ってきたのも事実で、

実際に朝鮮半島有事となり北朝鮮から難民が大量に押し寄せてきた場合、

欧州などで難民に偽装したイスラム過激派がテロ行為を行うというニュースが頻繁にあるように、

北朝鮮難民に偽装した破壊工作員や特殊部隊に敗残兵や逃亡兵が

攻撃してきた場合にどうするか政府は考えておく必要があります。

また考えうるものとして、

北朝鮮が武装難民を送り込んできても銃とかの目に見える形での武装ではなく、

化学兵器テロを行うほうの武装だった場合はもっと被害が大きくなります。

今年、金正男氏がマレーシアの空港で毒物によって暗殺されたのも、

別々の容器に分けられた薬物を空港で混ぜてVXガスを作り出したという話です。

そういった事態が日本だって起こりえないとも言えないので、

化学兵器は対処が難しいので政府はそこまで対応を考えているのか心配です。

それに難民に偽装した武装勢力なんてものが居なかったとしても、

大量の難民を保護し受け入れるわけですから治安対策も考えおく必要もあります。

欧州でも難民によって治安が悪化したというのはよくある話なので

綺麗ごとだけではすまされないのが現実です。

麻生氏の発言を否定するのではなく、

これまでの北朝鮮の行ってきた行動に照らし合わせて考えるべきではないでしょうか。



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ